MAツール

MA(Marketing Autmation)とはマーケティングの一部を自動化できるツールです。新規リード(見込み顧客)の獲得増と、リードを優良顧客に育てる施策、ならびに顧客データの分析ができます。


例えばサービスページに2回訪問したユーザーにポップアップを表示して、資料請求へ促すことも簡単です。メルマガ内のボタンをクリックしたユーザーのみに、3日後に別のメルマガを送ることも設定1つでできます。


マーケターの時間を奪っていた複雑な設定や、セミナーに来てくれた顧客への追客もスムーズです。ただしMAツールにはたくさんの機能がありますし、各社でMAツールの仕様が異なるため、しっかりと比較検討しましょう。

MAツールをもっと見る

CRM(顧客管理システム)

CRM(Customer Relationship Management)とは「顧客関係管理」の略であり、顧客の個人情報や行動履歴を分析し、自社と顧客との関係性を強化するシステムです。


CRMに社内の顧客情報が集約されるため、マーケティング部門から営業・販売、サポート、経営層まで、全社員で同じデータを共有できます。各部門が別々で顧客情報を把握していたときよりも、一貫した戦略を打ち出しやすく、顧客ロイヤルティの向上につながるでしょう

メール共有システム

メール共有システムとは、問い合わせ窓口やフォームに届くメールを複数人で閲覧し、返信できるシステムです。担当者間でメールを一元管理することで重複対応や確認漏れを防げます。


レポート機能や誤送信防止機能など豊富な機能を活用して、カスタマーサポートやヘルプデスクの業務効率化、対応品質の向上を実現することが可能です


メール共有システムにはメールでの問い合わせに特化した製品と、電話やLINEなど、さまざまなお問い合わせ経路に対応した製品があります。細かな機能は製品によって異なるため、しっかりと比較して自社にあった製品を導入しましょう。

名刺管理ソフト

名刺管理ソフトとは、紙の名刺をデータ化して保管するためのツールです。スマホやスキャナから名刺の情報を取り込むと、手持ちのデバイスで一括管理ができます。

Excelでの管理と違い顧客情報を入力する時間がかからず、また紙媒体のように場所をとることもありません。業務の効率化を図り、顧客情報の活用に比重を置くためにソフトを導入する企業が増えています。

ただし名刺管理ソフトには法人向けと個人向けがあり、機能面での差が大きいため注意が必要です。

見込み顧客の育成や営業力のアップを目指すなら、法人向けかつ自社のニーズに合った機能の製品を選ばないといけません。「人脈ツリーが表示されるものがいい」「商談の議事録を名刺と一緒に保管したい」など、欲しい機能をできるだけ明確にしたうえで比較しましょう。

名刺管理ソフトをもっと見る

チャットボット

チャットボットとはユーザーからの問いかけに自動で回答するプログラムです。Chat(会話)をBot(ロボット)に任せることで、ウェブ上で24時間接客をし、人的コストを減らします。


お問い合わせページでは即座に回答して顧客満足度を改善したり、販促ページではベストタイミングで資料請求フォームを提示して新規見込み客を獲得したりと、使い勝手がよいです。AI技術の発展に伴って、チャット上で柔軟な会話ができるタイプもあり、多くの企業が導入に踏み切っています。

チャットボットをもっと見る

CMS

CMS(Contents Management System)とはコンテンツ管理システムの略称で、Webサイトの作成や管理を一括で行えるツールです。


HTMLやCSSといったWebサイト制作に関わる専門知識がなくても、簡単にページ作成や更新ができます。企業が自社サイトやオウンドメディアを構築して運営する際、CMSを利用することによって制作コスト、運用コストの削減が可能です。


CMSは大きく3種類に分けられます。無料で利用できるオープンソース型、使いやすく商品化された有料のクラウド型とインストール型です。大規模なサイト向け、知識が完全にない方向けとさまざまなため、しっかり比較検討して自社にあったCMSを導入しましょう。

CMSをもっと見る

SFA(営業支援システム)

SFA(Sales Force Automation)とは顧客情報、商談履歴、進捗状況を入力することで、セールス部隊の生産性を向上できる営業管理システムです。SFAの導入事例では「課題を見つけやすくPDCAを早く回せた」や「ベストタイミングで顧客と商談できる」という成果が集まっています。

 

従来の営業スタイルでは本人の経験に頼って、業務が属人化しがちでした。しかしSFAでは活動報告を蓄積していきます。それを自動分析して、ホットリードやボトルネックを数値に落とし込み、ネクストアクションを可視化できるわけです。

 

ただSFAを利用する1ユーザー当たりの月額費用は1,000円前後~数万円と幅広く、製品差があります。チーム全体で営業プロセスの効率化を目指すことは変わりませんが、特に使い勝手と機能には大きな違いがあり、経験の浅い担当者でも状況把握が簡単にできるかどうかは重要でしょう。

 

無料で使えるSFAはほぼ存在しないことから、導入前の検討が欠かせません。国内外大手7社以上の中からメジャーな製品を紹介し、比較するポイントを解説します。


オンライン商談ツール

オンライン商談ツールとは「インターネット上で営業活動や顧客とのミーティングができるツール」のことです。社内向けのWeb会議システムと異なり、組織や個人の営業力強化につながる機能を複数備えています。


例えば録音機能や文字起こし機能は、商談の振り返りや社内研修に活用することが可能です。商談中はトークスクリプトを相手に見せずに確認できるので、営業に不慣れな人にも役立ちます。


オンライン商談ツールを選ぶ基準や注意点を押さえて、営業活動を効率化しましょう。

DMP

DMP(データマネジメントプラットフォーム)とはインターネット上に蓄積されている膨大なユーザーデータを一括管理、分析し、マーケティング施策の向上(CRMへの情報提供や広告表示の最適化)のために利用するツールです。 ユーザーデータの内容としては、自社サイトに会員登録した際の情報(性別、住所、年齢など)やユーザーがどのようなサイトを閲覧していたか(車に関するサイトをよく見ているなど)などが含まれます。

DMPをもっと見る

Web接客ツール

Web接客ツールとは、サイト上でユーザー1人ひとりに合わせたコミュニケーションを行い、顧客満足度やCVRの向上を図るためのツールです。コミュニケーション方法はツールにより異なりますが、大きく分けてサイト訪問者にメッセージを表示するポップアップ型と、訪問者の疑問に答えるチャット型の2種類があります。


サイト上で購入してもらうECサイトだけでなく、見込み顧客の獲得を目的としたBtoB向けのサイトでも活用が広がってきました。製品ごとにコミュニケーション手段も機能も違うため、しっかりと比較検討して自社にあったWeb接客ツールを導入しましょう。

Web接客ツールをもっと見る

SNS分析(ソーシャルリスニング)ツール

SNS分析(ソーシャルリスニング)ツールとは、ソーシャルメディア上のあらゆるデータを収集して分析することで、効率的なSNS運用を行え、消費者のニーズを把握できるツールです。インプレッションやユーザー属性を正確に把握して投稿内容を決めたり、ユーザーの生の声を集めて自社サービスに活かしたりできます。


Twitter、Facebook、Instagramなど各SNSの分析に特化したツールから、複数のSNSをまとめて管理できるツールまで種類はさまざまです。SNSの特徴を理解し、効果的に情報分析をすることで、自社のSNSマーケティングやサービス改善に活かしていきましょう。

ウェビナーツール

ウェビナーとはウェブ(Web)とセミナー(Seminar)をかけ合わせた造語です。リアルタイムで放送したり録画した動画を配信して行う、インターネット上のセミナーや講演会を指します。


新型コロナ感染症をきっかけに従来のオフラインセミナーの代わりとして注目され、多くの企業によって集客やリード獲得のために実施されてきました。従来のセミナーと比べ「会場準備が不要」「参加者の移動が不要」「簡単に録画・録音が可能」といった特徴があります。


ウェビナーツールは集客からアフターフォローまで、ウェビナー運営をサポートしてくれるツールです。参加者の管理や視聴率の分析、セミナー中のアンケートも実施できます。

予約システム

予約システムとは、顧客がwebサイトなどを通してオンライン上で予約ができ、事業者がその予約を簡単に管理できるシステムです。直接来訪やFAX、電話、メール、webサイトといった様々な媒体を介した顧客の予約情報の一元管理もできます。予約業務にかかる手間を削減できるうえ、24時間予約受付が可能になるため予約の取りこぼしをなくし、予約数の向上を見込めます。美容院や美容サロン、病院、飲食店、ホテル、カルチャースクール、セミナーといった幅広いサービス事業者に利用されており、私たちの日常にとけこんだシステムとなっています。

予約システムをもっと見る

データベース

データベースソフトとは社内のさまざまなデータを集め、効率的に整理し、保存、管理するソフトウェアです。データベースの処理に特化しているため、紙やエクセルで管理するよりも膨大なデータの一元管理が可能になり、情報の追加、削除、検索も容易になります。また、エクセルやスプレッドシートに比べてセキュリティの精度高く管理できるのも一つの特徴です。 データベースの種類が多い中で、多くの企業で使用されているデータソフトは主に「データベース管理システム (DBMS)」のことを指しています。その中で一般的に広く利用されているデーターベース管理システムは「リレーショナルデータベース(RDBMS)」といい、行と列を用いた表でデータを管理するリレーショナルベースのシステムとなっていて、1970年代に考案されて以来、その便利さ故にずっと利用され続けています。

データベースをもっと見る