ミツモア

営業・マーケティング支援を探す

MAツール

MA(マーケティングオートメーション)とは顧客管理をしながら、見込み顧客の獲得を自動化できるツールです。集客後の見込み顧客を優良顧客に育てる施策、ならびに顧客データの分析もできます。


例えばサービスページに2回訪問したユーザーにポップアップを表示して、資料請求へ促すことも簡単です。メルマガ内のボタンをクリックしたユーザーのみに、3日後に別のメルマガを送ることも設定1つでできます。


マーケターの時間を奪っていた複雑な設定や、セミナーに来てくれた顧客への追客もスムーズです。ただしMAツールにはたくさんの機能がありますし、各社でMAツールの仕様が異なるため、しっかりと比較検討しましょう。

CRM(顧客管理システム)

CRM(顧客関係管理)とは顧客の個人情報や行動履歴を分析し、自社と顧客との関係性を強化するシステムです。


CRMに社内の顧客情報が集約されるため、マーケティング部門から営業・販売、サポート、経営層まで、全社員で同じデータを共有できます。各部門が別々で顧客情報を把握していたときよりも、一貫した戦略を打ち出しやすく、顧客ロイヤルティの向上につながるでしょう

メール共有システム

メール共有システムでは、複数担当者での重複対応や確認漏れを防げます。

名刺管理ソフト

名刺管理ソフトとは、紙の名刺をデータ化して保管するためのツールです。スマホやスキャナから名刺の情報を取り込むと、手持ちのデバイスで一括管理ができます。

Excelでの管理と違い顧客情報を入力する時間がかからず、また紙媒体のように場所をとることもありません。業務の効率化を図り、顧客情報の活用に比重を置くためにソフトを導入する企業が増えています。

ただし名刺管理ソフトには法人向けと個人向けがあり、無料と有料では機能面の差が大きいため注意が必要です。

見込み顧客の育成や営業力のアップを目指すなら、法人向けかつ自社のニーズに合った機能の製品を選ばないといけません。「人脈ツリーが表示されるものがいい」「商談の議事録を名刺と一緒に保管したい」など、欲しい機能をできるだけ明確にしたうえで比較しましょう。

チャットボット

チャットボットとはユーザーからの問いかけに自動で回答するプログラムです。Chat(会話)をBot(ロボット)に任せることで、ウェブ上で24時間接客をし、人的コストを減らします。


お問い合わせページでは即座に回答して顧客満足度を改善したり、販促ページではベストタイミングで資料請求フォームを提示して新規見込み客を獲得したりと、使い勝手がよいです。AI技術の発展に伴って、チャット上で柔軟な会話ができるタイプもあり、多くの企業が導入に踏み切っています。

CMS

CMSとは、コンテンツ管理システム(Contents Management System)の略称です。Webサイトのページを構成するテキストや画像をシステム上で管理することで、HTMLやCSSなどの専門知識なしにページを作成したり更新したりできます


フロント担当者がWebサイトを更新できるようになり、ランニングコストの削減やサイトの更新速度アップにつながるでしょう。その他ページデザインの統一や、SEO対策もできるのがメリットです。

これからWebサイトを作成したい企業、リニューアルに伴いCMS導入を検討している企業に向け、おすすめのCMSと選ぶポイントを紹介します。しっかりと比較検討し、自社にあったCMSを導入しましょう。

SFA(営業支援システム)

SFA(営業支援システム)とは顧客情報、商談履歴、進捗状況を入力することで、セールス部隊の生産性を向上できる営業管理システムです。SFAの導入事例では「課題を見つけやすくPDCAを早く回せた」や「ベストタイミングで顧客と商談できる」という成果が集まっています。


従来の営業スタイルでは本人の経験に頼って、業務が属人化しがちでした。しかしSFAでは活動報告を蓄積していきます。それを自動分析して、ホットリードやボトルネックを数値に落とし込み、ネクストアクションを可視化できるわけです。


ただSFAを利用する1ユーザー当たりの月額費用は1,000円前後~数万円と幅広く、製品差があります。チーム全体で営業プロセスの効率化を目指すことは変わりませんが、特に使い勝手と機能には大きな違いがあり、経験の浅い担当者でも状況把握が簡単にできるかどうかは重要でしょう。


無料で使えるSFAはほぼ存在しないことから、導入前の検討が欠かせません。国内外大手7社以上の中からメジャーな製品を紹介し、比較するポイントを解説します。


オンライン商談ツール

オンライン商談ツールとは「インターネット上で営業活動や顧客とのミーティングができるツール」のことです。社内向けのWeb会議システムと異なり、組織や個人の営業力強化につながる機能を複数備えています。


例えば録音機能や文字起こし機能は、商談の振り返りや社内研修に活用することが可能です。商談中はトークスクリプトを相手に見せずに確認できるので、営業に不慣れな人にも役立ちます。


オンライン商談ツールを選ぶ基準や注意点を押さえて、営業活動を効率化しましょう。

DMPツール

DMP(データ管理プラットフォーム)では、ユーザーの行動履歴を蓄積・分析して確度の高い施策を実行できます

Web接客ツール

Web接客ツールとは、サイト上でユーザー1人ひとりに合わせたコミュニケーションを行い、顧客満足度やCVRの向上を図るためのツールです。コミュニケーション方法はツールにより異なりますが、大きく分けてサイト訪問者にメッセージを表示するポップアップ型と、訪問者の疑問に答えるチャット型の2種類があります。


年々市場規模が拡大するECサイトだけでなく、見込み顧客の獲得を目的としたBtoB向けのサイトでも活用が広がってきました。製品ごとにコミュニケーション手段も機能も違うため、しっかりと比較検討して自社にあったWeb接客ツールを導入しましょう。

SNS分析(ソーシャルリスニング)ツール

SNS分析(ソーシャルリスニング)ツールとは、SNS上に投稿された膨大な情報を集めて分析するためのサービスです。ツールから得られたデータを元にSNS運用を行うことで、フォロワーやコンバージョンを獲得しやすくなります。


Twitter、Instagram、Facebookなど各SNSの分析に特化したタイプから、複数のSNSをまとめて管理できるタイプまで、ツールの種類はさまざまです。インプレッション数やユーザー属性を的確に捉えて、自社専用のSNSマーケティングで集客増を実現しましょう。

ウェビナーツール

ウェビナーとはウェブ(Web)とセミナー(Seminar)をかけ合わせた造語です。リアルタイムで放送したり録画した動画を配信して行う、インターネット上のセミナーや講演会を指します。


新型コロナ感染症をきっかけに従来のオフラインセミナーの代わりとして注目され、多くの企業によって集客やリード獲得のために実施されてきました。従来のセミナーと比べ「会場準備が不要」「参加者の移動が不要」「簡単に録画・録音が可能」といった特徴があります。


ウェビナーツールは集客からアフターフォローまで、ウェビナー運営をサポートしてくれるツールです。参加者の管理や視聴率の分析、セミナー中のアンケートも実施できます。

予約システム

予約システムとは、顧客がwebサイトなどを通してオンライン上で予約ができ、事業者がその予約内容を簡単に管理できるシステムです。美容院や美容サロン、病院、飲食店、ホテル、カルチャースクール、セミナーといった幅広いサービス事業者が利用できます。

直接来訪やFAX、電話、メール、webサイトといった様々な媒体を介した顧客の予約情報の一元管理が可能です。予約業務にかかる手間が削減されるうえ、24時間予約受付やオンライン決済が可能になるため予約の取りこぼしを削減します。

データベース

データベースとは社内のさまざまなデータを集め、効率的に整理し、保存、管理するソフトウェアです。


データベースの処理に特化しているため、紙やエクセルで管理するよりも膨大なデータの一元管理が可能になります。情報の追加、削除、検索が容易で、エクセルやスプレッドシートに比べてセキュリティの精度高く管理できるのも特徴です。


データベースの種類は多いですが、多くの企業で使用されているデータベースソフトは主に「データベース管理システム (DBMS)」のことを指しています。その中でも「リレーショナルデータベース(RDBMS)」という、行と列を用いた表でデータを管理するシステムが普及率が高いです。1970年代に考案されて以来、その便利さ故に長く利用され続けています。

メール配信システム

メール配信システムとは、メールマガジンや案内、組織のお知らせなどを登録しておいたメールアドレスに一斉に送信するサービスです。メールの作成から配信設定、アドレス管理までをシステム上でできるので、配信にかかる手間を減らせます。


また送信後の効果測定機能を活用して、メール内容や配信設定の改善に役立てることも可能です。改善を繰り返せばより効果的な配信が可能になるので、メールで販売促進を狙う企業には必要な機能でしょう。


メール配信システムを選ぶ際には、配信件数やHTMLエディタの使いやすさ、効果測定機能の豊富さなどさまざまなポイントがあります。価格体系も多岐にわたるので、自社の使いみちに合った製品を選びましょう。

ホームページ作成ソフト

手軽にホームページが作成できる専用ソフトは、すでに多くの人に利用されています。ホームページを構成するHTMLやCSSなどのコードを書けなくても、簡単に文章と画像のアップロードや、デザインの変更が行えることがメリットです。


直感的な操作性でWebサイトを運営できるため、すぐに自社ホームページの立ち上げられます。ネットショップの開設やブログの作成ができたり、SEO対策やSNS連携といった自社ホームページへの流入増加につながる工夫を実施しやすいのも特徴です。


ただしホームページ作成ソフトには無料と有料版があり、有料版も月額費用500~7万円と幅広く、製品によって機能差が大きいです。そこで国内大手20社以上の中からメジャーな製品を紹介しながら、比較するポイントを解説します。

動画配信システム

動画配信システムとは、用意した映像やライブ動画を特定の人に向けて発信できるシステムです。細かなセキュリティ機能を備える点でYoutubeなどの動画配信サイトとは異なります。


社内研修や社内報、マニュアル共有などのために法人で活用されることが多いです。動画販売や社外へのコンテンツ公開にも役立ちます。


配信先の限定や視聴分析も簡単です。視聴者はパソコンやスマートフォン、タブレットで、インターネット上のサイトやアプリ内で再生します。


データ容量や料金、機能は製品によって異なるため、よく比較検討して自社にあったシステムを導入しましょう。

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールでは、Webサイトに訪れたユーザーの行動を確認できます。

コールセンターシステム

コールセンターシステムとは、顧客からの問い合わせを受け付けてサポート対応を行う「コールセンター」の業務を効率化するシステムです。

自社の環境や製品・サービスに合ったコールセンターシステムを導入することで、顧客への対応力を向上させられます。

従来の電話だけでなく、チャットやメールなどによる顧客との接点を増やすオムニチャネル化や、顧客情報の収集を行ってこちらからアプローチをかけるアウトバウンドマーケティングへの応用が可能です。

コールセンターを運用している、もしくは今後導入予定の企業は、専用のコールセンターシステムの活用すると、対応品質向上、オペレーションコスト削減に繋げられるでしょう。コールセンターシステム導入のメリットや基本性能の解説に加えて、比較ポイントと選び方を紹介します。

SEOツール

SEOツールとは、SEO対策のために必要なデータを集め、サイトの改善に活用できるツールです。


多くの人がGoogle検索を利用する現在、集客において大変重要なSEO対策。SEOツールを利用すれば、自社サイトの状況が明確になるため、改善の指標が定まりやすくなります。


SEOツールには無料ツールと有料ツールが存在し、ツールによってキーワード分析や検索順位分析などできることはさまざまです。おすすめのSEOツールとあわせて、SEOツールの種類や選び方を紹介します。

プッシュ通知サービス

Webプッシュ通知サービスとはスマートフォンやタブレット、パソコンのユーザーのブラウザ上にキャンペーン告知やニュース速報などの通知を送信できるサービスです。


ユーザーがアプリやブラウザを開いていなくても通知を送信できるため、ユーザーのアクティブ化施策の実装といったマーケティング活動の一環として使われます。ニュース速報や限定セールなどの緊急性の高い情報もすぐにユーザーの端末に通知可能です。


ただし全くコストのかからないサービスから有料のサービスまで幅広く、製品によって特徴は異なります。おすすめの製品を紹介しながら、比較するポイントを解説します。

FAQシステム

FAQシステムとは、ユーザーの疑問と回答(FAQ)を作成し、蓄積されたFAQから求める答えを探せるようにするシステムです。

利用場面は大きく3つに分けられます。1つ目が顧客の疑問をサイト内で解決に導く場合、2つ目がオペレーターが電話対応中に参照する場合、3つ目が社内における情報共有を行う場合です。

ユーザーが求める答えを機械的に探すために使用される点で、対話形式で回答を提示するチャットボットとは異なります。FAQシステムは長文での丁寧な説明に適していて、チャットボットは短文での簡潔な説明に適している仕組みです。

以下ではシステムごとに比較し、導入するメリットや主な機能を説明します。FAQシステムについて知識が少ない方でも、自社に最適なシステムを見つけられるでしょう。

データマイニングツール

データマイニングツールとは大量のデータを分析および加工して、データごとの相関関係や傾向を抽出するツールです。


企業や組織には商品の購入履歴、サービスの利用履歴、その日の天候や気温など膨大なデータが蓄積されています。これらの膨大なデータの掘り起こしを、データマイニングツールではAIや機械学習などを用いて行います。


データマイニングを行う目的は「ビジネスで有効活用するため」です。データごとの相関関係や傾向を知ることで、企業や組織における経営活動に有効な手を打つことが可能になります。


データマイニングの有名な例として「おむつを買った人はビールも買う傾向がある」があげられます。一見して相関関係はないように見えますが、販売データを分析すると相関関係があることがわかりました。そしておむつ売り場の近くでビールも一緒に売ることで、売上を伸ばしたというものです。


このようにデータから相関関係や傾向を見つけ、ビジネスで有効活用するために用いるツールがデータマイニングツールです。

DWH(データウェアハウス)

DWHとは「Data WareHouse」の略で、社内の複数のシステムから情報を集め時系列順に蓄積するシステムです。集められたデータは分析ツールを通して、経営に関わる意思決定や業務改善に役立てられます。

DWHがデータベースと違うのは、情報が時系列に全て保存されることです。データベースでは基本的に最新の情報のみが保存されますが、DWHは原則データを削除しません。また集めたデータを効率よく取り出せるようテーマ毎に分類し、データの統合を行うのも特徴です。

ビッグデータを高速処理する高い性能が求められるため、DWHは導入費用が高くなりがちです。「顧客管理を徹底したい」「既存のインターフェースと同じもので運用したい」など求める機能を明確にしたうえで比較・検討しましょう。

ABM

おすすめのABMツールについて、製品の特徴とおすすめポイントを紹介します。

テキストマイニングツール

テキストマイニングツールとは、大量のテキストデータから必要な情報を自動ピックアップし、内容を分析できるツールです。

「テキスト(=文章)からマイニング(=採掘・発掘)する」という意味で作られた用語であり、自然言語処理技術の発展と共に広がりを見せました。
特に、近年ビッグデータ分析の重要性が高まっていることで、テキストマイニングも注目を集めています。

Twitter・Instagram・Facebookなど各種SNSや、LINEなどのメッセンジャーツールを介しておこなわれるテキストコミュニケーションを分析することで、より時代のニーズに合ったマーケティングや経営判断ができるようになりました。

手動でテキスト分析するより圧倒的に早く、かつ確実な作業ができるため、現在多くの企業でテキストマイニングが導入されています。

アプリ開発ツール

アプリ開発ツールとは、度なプログラミング技術がない方でも、デフォルトで用意されている様々な機能を組み合わせることで、簡単にアプリ開発を可能とするツールです。

これまでは自社の独自機能を搭載したアプリを開発する場合、通常のシステム開発と同様に知見と実績のある外部ベンダへ委託するケースが多くありました。しかし、外部委託は多くの費用がかかり、時には要件の認識齟齬などで遅延や追加費用が発生してしまいます。

アプリ開発ツールを利用することで、1からコーディングする必要がなく、自社のリソースでもクオリティの高いアプリが開発可能になっています。また、工程管理やデータ分析などの便利な機能も多く、自社で開発する上での不安点を解消してくれます。

開発予定のアプリや開発者のスキルに合わせて適切なツール選定ができるよう、おすすめの製品や選ぶ際のポイントを説明します。

o2o

O2Oとは「Online to Offline」の略称で、「オンラインとオフラインをつなぐサービス」として使用されているシステムを指します。オンライン上のサービスからオフライン店舗へ顧客を誘導するのが一般的で、例えばSNSやGPSの情報を頼りにアプローチをかけたり、実店舗で使えるクーポンをインターネットで配布したりといったことがO2Oの手法です。

O2Oとよく比較される施策に、「オムニチャネル」があります。オムニチャネルとは、顧客に複数の購買ルートと購買ができる場所を提供し、さまざまな手法で購入が行える環境を整備する施策です。

多くの顧客にアプローチするオムニチャネルと異なり、O2Oは「オンラインからオフライン」という特定のルートに限定した施策のため、ターゲットを明確にできるのが特徴です。

BIツール

BI(Business Intelligence)ツールとは、社内にある膨大な量の情報を収集・分析・視覚化することで、スピーディーで効果的な意思決定やアクションに繋げることができるツールです。ビジネスが加速化する近年では、BIツールによる異変の察知やダッシュボードでの予実管理、迅速な資料作成は大きなメリットとなるため、導入検討をする企業・個人が増えています。


ただしBIツールは導入までに時間のかかるツールであり、データを設定するなど導入前に行う作業も多いです。導入後に効果的に活用するためにも、何を分析して何に活用したいのか、どんなデータを取り扱えるのか、分析の自由度や簡単さをよく確認しましょう。

ノーコードツール

ノーコードツールとは、プログラミングのスキルが無くとも、簡単にWebサイトやアプリケーションを作れるツールです。プログラムの動きをあらかじめ設定する「コード」を使わずに開発に着手できるため、プログラミング知識のない人やエンジニア不在の企業に特に重宝されるようになりました。

設定画面上から必要な機能をピックアップしたり、デザインや動きを選択したりするだけで自社オリジナルのアプリケーションが開発できるため、今後DX化がさらに促進されることを考えれば、早い段階から導入しておいた方がよいツールだと言えるでしょう。

現在では1からコーディングするより効率的であるとして、ノーコードツールを活用するエンジニアも増えています。

ECサイト構築サービス

ECサイト構築サービスとは、ネット上での商品販売に必要な商品管理や決済、顧客管理などの機能を提供し、自社で全て1から開発する手間やコストを省いてくれるサービスです。

店舗を持つことなく顧客との接点を増やすことができ、売り上げ拡大に直結するECサイトの構築は、どのような会社でも一大プロジェクトになるでしょう。

各社で欲しい基本機能は似通っていても、ブランドイメージや事業規模、商品の種類などによって画面のデザインやマーケティングに関わる機能には要件の違いが出ます。導入時にどのようなECサイトを用意したいかを明確にし、サービスごとに比較しましょう。

Webデータベース

Webデータベースとはインターネットのブラウザを介して情報を検索、参照、登録、更新できるデータベースです。Webデータベースのサービスでは、データベースそのものの作成や、情報を取り扱うためのアプリケーションの作成など任意の加工を施せるものがあります。


クラウドで提供されるWebデータベースでは、自社に直接データベース環境を構築する必要がありませ

ん。結果的にWebデータベースに関する専門知識・環境の必要性がなくなり、導入の簡略化が進んでいます。


ブラウザにアクセスすればデータベースを活用できるため、複数人のメンバーで同時に操作することが可能です。あらゆる環境で柔軟にデータ活用が行えるシステムとして、Webデータベースは企業に欠かせないものだと言えるでしょう。

CTIシステム

CTIシステムとはComputer Telephony Integrationの略でコンピューターと電話、FAXを統合するシステムのことです。顧客管理システムであるCRMと連携し、顧客情報を元にした適切な電話対応が実現するためコールセンター業務の質の向上に役立ちます。


また電話回線を介さずインターネット上での通話が可能なので、テレワークでの導入も進んでいます。多様化する働き方の中で、電話業務を主とする企業にとっては欠かせないシステムです。CTIシステムの特徴や選ぶポイントを押さえて、電話業務を効率化しましょう。

イベント管理システム

イベント管理システムとはイベント開催に関わる各種の情報や業務を一元管理できるシステムです。イベント前後での参加者に対するアプローチはもちろん、イベント開催時の受付機能やリアルタイムで出欠確認ができる機能を備えています。

ただし、顧客情報の管理に特化したサービスやイベント業務の効率化に特化したサービスなど、イベント管理システムの種類は多いです。自社が求めるニーズや価格帯・扱いやすさなどを意識して、システムを選びましょう。

日程調整ツール

日程調節ツールとは社内外問わずさまざまな人たちと、電話やメールで何度もコミュニケーションを取らずに日程調整が終わるツールです。連携しているカレンダーから候補日を自動抽出したり、開催日時を自動登録したりできるため、ダブルブッキングの防止にもなります。

メールや電話で日程調整するとなると、1つのイベントのために膨大な時間と手間がかかってしまい、業務効率は良くないことがほとんどです。しかし近年、日程調整をする事案が増加傾向にあるため、日程調整ツールを導入して業務を効率化したい企業が増えています。

しかし日程調整ツールには予約受付型と候補提案型の2種類があり、さらに無料や有料のもので大きく機能差があります。新規顧客とのビジネスチャンスに繋げることに重きをおくのか、社内の日程調整を行いたいだけなのか、などによっても必要な日程調節ツールが異なります。

自社にはどんな日程調節ツールが必要なのか、どんな機能が欲しいのか、明確にしながら比較しましょう。

EFOツール

EFOツールとは、ユーザーが使いやすいように入力フォームを最適化することによってコンバージョンを改善していくことを目的とした「入力フォーム最適化ツール」です。


入力フォームは購入に至る前の最終段階であり、入力のしづらさが購入してくれるかどうかを左右するといっても過言ではありません。入力フォームの仕様がひどい状態だと、ユーザーも使いづらさを感じて途中離脱してしまう可能性が高くなるでしょう。


そこでEFOツールを導入することによって、ユーザー目線でフォームを見直すことで結果歴に離脱率を減らせる他、導入した後もサポートが受けられる上にサイトの利用状態の細部まで確認できるメリットがあります。

クッキーレス対策ツール

クッキーレス対策とは、サードパーティクッキーを使わなくてもマーケティング施策ができる仕組みのことです。ユーザーが訪れた際に自社サイトが発行した「ファーストパーティクッキー」は問題ありませんが、他社サイトが発行した「サードパーティクッキー」の再利用はできなくなります。このサードパーティクッキーの代わりとして、クッキーレス対策ツールを利用することが有効です。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。