ミツモア
MAツール比較25選!おすすめ製品の特徴や機能を紹介

MAツールおすすめ25選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

MAツールとは

MAツールとは、新規顧客獲得に向けたマーケティング活動を自動化したり管理したりするツールのことです。顧客情報の取得や管理、コンテンツの自動配信やウェブサイトのアクセス解析など各種機能を搭載しています。


見込み顧客獲得から育成、選別までの一連の流れをツール上で一元管理でき、ひとりひとりの見込み顧客に対するアプローチ状況も可視化されます。


MAツールの運用は、マーケティングと営業の各部門における連携強化や商談獲得数の最大化、人的コストの削減など様々な効率化につながります。




MAツール選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。業種や欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想のMAツールが見つかります。

MAツールおすすめ25選

KARTE
KARTE
株式会社プレイド

0.0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 豊富なシナリオテンプレートを用意
  • 様々な観点から分析して顧客理解を深められる
  • ノーコードでサイト内の編集が可能

KARTEは、Webサイトやアプリのマーケティングを支援するサービスです。他社施策をもとに作成されたシナリオテンプレートが用意されています。Webサイトでは300以上、アプリでは100以上あって1から作る必要がないため、すぐに実装可能な上、成果にもつながりやすいです。

顧客の行動はリアルタイムで反映され、ログとして蓄積されていきます。またユーザー行動を動画や図などで視覚的にわかりやすく把握・深堀ができるのもうれしい点。様々な切り口から分析して、Webサイトやアプリ内のユーザー体験改善に役立てられます。

また専門知識が必要なサイト管理・改善も、ノーコードで編集可能です。ABテストなどもすぐ行えるため、リソースの心配をすることなく効果検証が行えて、実装までの時間短縮も期待できます。

導入実績
JTB、クレディセゾン、アルペン、オールアバウトなど
更新日:2024-01-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Marketing Cloud Account Engagement
Marketing Cloud Account Engagement
株式会社セールスフォース・ジャパン

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 見込み顧客を徹底追跡し、適切なスコアリングでホットリードを見極める
  • フォームもメールもドラッグアンドドロップで直感的に作成
  • 導入済みのSalesforce社のツールとシームレスに連携できる

見込み顧客のデータ、メルマガやキャンペーンの反応を分析し、自動でスコアリングしてくれます。その結果パーソナライズ化された施策が打てますし、優先度を付けて営業担当者に引き継ぐことも容易です。

独自に進化したフォームやメルマガのビルダーはとくにコードを意識することなく、作成可能です。テンプレートが多数用意されているため、あとはマウスで素材を組み合わせて、文字を追記するだけで顧客に届けられます。

『Account Engagement はじめてガイド』や隔月開催のユーザー会など安心・充実のサポート体制や、毎年3回の機能更新(無償のバージョンアップ)によって顧客の成功を強力に支援します。

導入実績
富士通、大日本印刷、パイオニア など
更新日:2024-01-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SHANON MARKETING PLATFORM(シャノン マーケティング プラットフォーム)

0
レビュー数
0
円
100000円~
  • LPや資料の請求フォームなどを簡単に作成できリードを獲得できる
  • 顧客のステータスにあわせたメールを送れる
  • スコアリング機能で顧客の見込みを数字で判断

リードの獲得に重要なLPやフォームをすぐに作成できるため、資料請求フォームやウェビナーの開催がしやすくなります。またユーザーの属性にあったコンテンツを表示してくれるため、リードの獲得に繋がりやすいです。

新規顧客や既存顧客、以前にメールを開封した顧客など、それぞれのステータスに応じてステップメールや一斉配信メールなどを送れます。またメールの開封率やURLのクリック率といった結果を確認できるため、効率的なマーケティング施策を実行できるでしょう。

一元管理された情報をもとに顧客の見込み度合いを点数で見える化。数字で顧客の見込みを判断できる分かりやすさだけでなく、急上昇したスコアの計測や、競合などの不要な顧客情報が浮上しないようにスコアの増減が可能です。

導入実績
SONY、東洋経済新報社、早稲田アカデミーなど

関連記事:SHANON MARKETING PLATFORMの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

更新日:2024-01-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
BowNow(バウナウ)
BowNow(バウナウ)
クラウドサーカス株式会社

0
レビュー数
0
円
0円~
  • MAの機能をシンプルにまとめ、誰でもすぐに使える
  • 期間制限なしのフリープランでもリード数1,000件まで対応
  • 導入実績7,500社以上、継続率98.4%を達成(※1)


BowNow(バウナウ)はホットリードである今すぐ客を特定し、かつ見込み客や潜在層にもアプローチできるMAツールです。マーケティング部門は確度の高いリードのみを営業部門に渡せるため、アポ獲得率が改善できます。


例えば「名刺データをすべて取り込み、セグメント切って分析する」「Webフォームを作成してホワイトペーパーのダウンロードを促す」「お問い合わせページで離脱したユーザーのみを抽出する」など、BowNowの使い方は多様です。


しかもリード数1,000件やPV5万件までなら、月額料金0円でずっと使えます。さらにメルマガを配信したいならライトプラン、リード数が増えたらスタンダードプランなど、大手企業のように売上が増えてきたときに別のプランに切り替えれば、導入時のコストで悩むこともありません。


導入実績

伊藤忠ケーブルシステム、エン人材教育財団、マクセルなど


関連記事:Bow Nowの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

更新日:2024-01-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
KARTE Message(カルテメッセージ)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • メール・LINE・アプリプッシュなどマルチチャネルに配信 
  • カスタマージャーニーに基づいて適切な配信ができる 
  • 専任担当者とカスタマーサポートチームによる手厚いサポート 


KARTE Message(カルテメッセージ)は、メールだけではなく、LINEやSMS、アプリプッシュなど、マルチチャネルの配信に対応しています。適切な人に適切なタイミング・内容の配信をして効果を高めることができるでしょう。


シーンに合わせたメッセージ配信を自動化できるカスタマージャーニー機能も備わっています。例えば、初期ユーザー利用促進、休眠ユーザーの復活などによって、顧客を理想の状態に導くことができます。


KARTEはサポート体制も充実しており、専任担当者だけでなくカスタマーサポートチームも加わって活用方法や施策設計をサポートしてくれます。たとえば、基本的な仕組みや実践的な使用方法などをプログラム形式で受講できる導入プログラム、新規担当者や他部署向けのトレーニング・勉強会、定例ミーティングなどが挙げられます。また、チャットやオンライン講座フォーラムでのサポートもあるので、安心してサービスを利用できます。


導入実績

TSIホールディングス、SmartHR、集英社など

更新日:2023-10-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SATORI(サトリ)
SATORI(サトリ)
SATORI株式会社

5.0
レビュー数
1
円
162800円~
  • コンテンツやフォームを作成し、顧客データを管理できる
  • リード獲得から育成、分析までオールインワンで対応可
  • 個人情報がわからない匿名顧客にもアプローチできる
  • 国産のMAツールとして認知度が第1位
  • ユニ・チャームやアデランスなど1,000社以上の導入実績

SATORI(サトリ)は見込み顧客を獲得できるMAツールです。「SATORI」を使えば、ランディングページはもちろん、ポップアップやプッシュ通知なども自社のウェブサイト上に簡単に設置できます。これらを好きなタイミングで表示させて、特定のページに誘導しましょう。

問い合わせフォームや資料請求フォームも「SATORI」で作成できます。各フォームに入力された個人情報は、「SATORI」のデータベースに登録されるため、手動で別のSFAやCRMにデータを移すといった煩わしさもありません。

1度訪れたユーザーにはリターゲティング広告で再誘導をかけるもよし、メールマガジンで購買意欲を促進させるステップメールを送るもよしで、さまざまなマーケ施策に取り組めます。

何より、他社にはない「SATORI」の強みは、まだ個人情報を取得していないアンノウン(匿名顧客)にアプローチできることです。1度訪問したアンノウンをトラッキングすることで、アンノウンでもホットリードを見極められることが特徴です。さらにアンノウンのIPアドレスから企業名を判別できるリストも付いています。
 
公益社団法人日本マーケティング協会に所属するSATORI株式会社の「SATORI」は、GoogleやFacebookなどの広告と連携できて、レポーティング機能も充実した革新的なMAツールです。


関連記事:SATORI(サトリ)の評判・口コミ | 料金体系や基本機能の解説も

更新日:2022-07-15
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
職種
職種名
マーケティング
業種
業種
IT・インターネット
企業規模
企業規模
小規模企業(100%)
非公開ユーザー

進化するSATORIで自社のアンノウンマーケティングも進化できる。機能改善続々でフォローイベントも充実。
Engage Cros
Engage Cros
エンバーポイントホールディングス株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 圧倒的に使いやすいUIでBtoBとBtoC両方に利用可能
  • 豊富な実績と充実したサポート体制が整っている
  • 制限や追加料金なしでリアルタイムにデータ連携

Engage CrosはMAとしては後発です。だからこそ他社ユーザーのペインポイントを解消できるように開発されました。わかりやすいUIで圧倒的な使いやすさを誇ります。運用の負荷に悩むマーケター思いのMAです。さらにBtoC、BtoB問わず双方で使用できます。

提供元のエンバーポイントホールディングスは、20年以上マーケティングツールの提供をしてきました。(※)企業と顧客の接点を支援し、メールマーケティングでは豊富な実績があります。とくに運用時の負担や悩みまでケアしたサポート体制は利用企業から高評価です。

リアルタイム性に強いのがEngage Crosの特徴です。企業側のアップロードをトリガーにデータ連携をおこなうことができます。他社のMAでは、データのタイミングが制限されていたり、追加料金が発生することもあります。


導入実績

楽天、JTB、東急電鉄など


※エンバーポイントホールディングス株式会社(2023年9月時点)
更新日:2024-01-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ecforce
ecforce
株式会社SUPER STUDIO

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • CRM施策の効果を、最速で高めるEC特化のMAツール
  • シナリオのプリセットで、導入直後から勝率の高いCRM施策を実施可能


ecforce maはecforceと簡単に連携が可能なため、煩雑なデータ連携が不要です。ecforceのデータを活用した顧客セグメントで、それに応じたCRM施策の実行・分析の自動化が可能です。

また、効果があるシナリオがプリセットされているため、導入後すぐに効果的なCRM施策を実行できます。効果は売上ベースで計測可能。施策の結果を基に、高速でPDCAの運用が可能です。

更新日:2023-09-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Beerfroth
Beerfroth
株式会社ジード

0
レビュー数
0
円
4950円~

  • 顧客管理、営業管理まで行えるMAツール
  • サイト訪問ユーザーのログを取得し分析できる
  • ポップアップ表示やチャットボット連携が可能


Beerfroth(ビアフロス)はCRMやSFAの機能も備えたMAツールです。潜在顧客育成からリピート率の向上まで、Beerfroth上で一元管理できます。


Beerfrothではサイトに訪れたユーザーの訪問経路や足取りのデータを取得し、分析することができます。見込み顧客の興味がわかるので、購買へと繋げる戦略を立てるのに役立つでしょう。


メール配信機能はもちろん、サイトに訪れたユーザーへポップアップを表示したり、チャットボットと連携して見込み顧客への対応を自動化したりできます。潜在顧客へのアプローチを効率化でき、他の業務に人員を割けるでしょう。


導入実績

宇都宮さつきロータリークラブ、宇都宮商工会議所など

更新日:2023-02-02
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
b→dash(ビーダッシュ)
b→dash(ビーダッシュ)
株式会社データX

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • データマーケティングツールで業界第1位(※)
  • CDPからMA、BIまで様々な機能でマーケティングを実施
  • シナリオ設計もメルマガも大量のテンプレートがあるから簡単

b→dash(ビーダッシュ)はとにかく使いやすさを追求したMAツールです。従来は「データ統合したくても項目がバラバラで手間がかかる」「データ抽出できるのはエンジニアしかいない」といった状況でしたが、誰でもプログラミングなしでデータの連携、加工、取込、統合、抽出までを一気通貫で実行できます。

CDPやMA、BI機能を搭載しユーザーの属性情報や行動ログの取得、施策の実施、多様な分析が可能です。データドリブンでカゴ落ちやF2転換を促進するメールコンテンツやSMSの配信を自動化できたり、複雑なコードは一切不要でメールやLINE、アプリPush等のクロスチャネルでのシナリオ設計、流入チャネル別一気通貫分析などがおこなえます。

またテンプレートが充実しています。メール1つでも、キャンペーン期限リマインド用、本会員登録メリット紹介用、おすすめ物件紹介用のように何十種類ものテンプレートが用意されています。申し込みフォームやweb販促バナーでも同様で、担当者のリソースを消耗させません。

導入実績
クレデイセゾン,JUN,阪急阪神百貨店,小田急不動産, LAVA International,東京スター銀行, エアトリインターナショナル ,ナノユニバースなど

※ ITR「ITR Market View:SFA/統合型マーケティング支援市場2019」


関連記事:b‐dashの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

更新日:2024-01-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Probance(プロバンス)
Probance(プロバンス)
株式会社ブレインパッド

0
レビュー数
0
円
180000円~
  • チャネルが異なるオフラインの行動も一元管理できる
  • F2転換のために個別にレコメンドやクーポンを配信する
  • 優良顧客のアップセルや休眠顧客の掘り起こしも自動運用
  • 運用に自信がなくても、設計段階からデータ分析までサポート


異なるチャネルの顧客行動を同時に追跡できます。ウェブサイトの購買履歴データ、LINE公式アカウント、メルマガ、ウェビナー参加、イベント参加、ダイレクトメールなどを横断したアクションも統合して管理するため、適切なタイミングで見込み顧客に近づけることが強みです。


見込み顧客は徹底的に分析します。顧客情報、購入履歴、商品マスタのデータを加工することで、たとえば「昨年7月に5,000円のワインを注文したセグメント」に対して、同時期に人気のワインランキングのメルマガを配信することも簡単です。


初回購入したお客さまをF2転換させるために、Webページならバナーを個別最適化してプル型で誘導、さらにメルマガや通知でプッシュ型の追加施策を実行しましょう。CRMの機能もあるため「6カ月使っていない」や「メルマガを開封していない」といった休眠顧客もわかります。


またMAツールを使いこなすには戦略策定、シナリオ設計、データ構築、システム連携が欠かせません。このようにデータドリブンで進める上で、運営元のブレインパッドのメンバーがサポートしてくれる体制が整っています。


導入実績

WOWOW、パーソルキャリア、高島屋など

更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
MOTENASU(モテナス)
MOTENASU(モテナス)
株式会社FID

0
レビュー数
0
円
100000円~
  • 顧客1人ひとりに合わせたマーケティングで顧客に特別感を与えられる
  • 集客から販売促進、売上と顧客の管理まで自動化できる
  • SMSやLINEでの配信機能によりコンテンツの開封率が高くなる

消費者行動分析に基づいた、顧客ごとに最適化されたマーケティング活動を行えるため、顧客ごとに最適なコミュニケーション手法でアプローチできます。また非会員や一般会員、有料会員などお客様の属性に応じて異なるLPやコンテンツの表示も可能です。

広告の効果測定やA/Bテストにより顧客の分析を細かくでき、広告施策の最適化に繋げられます。既存のWebサイトでお客様が問い合わせや申込みを行った場合でもシステム上にデータが残るため、導入後に複数のツールを使う必要はありません。


MOTENASUは通常のメール配信に加えて、SMSやLINE、アプリでのプッシュ通知など開封率の高いチャネルでもコンテンツを配布できます。LINEはメールに比べコンテンツ開封率が4倍(※1)になるため、配信内容を見てもらえる人数が大幅に増えるでしょう。


無料トライアル
スマホ対応
カスタマイズ性
セキュリティ通信の暗号化、IP制限
導入実績ゲンナイ製薬株式会社、株式会社矢場とん、SAURUS JAPAN株式会社など


※1 FID調べ(2022年10月時点)

更新日:2022-11-09
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
HubSpot Marketing Hub(ハブスポット マーケティング ハブ)

0
レビュー数
0
円
5400円~

  • Web接客から広告運用までオールインワンで顧客を引き付ける
  • 複雑なマーケティング業務を1カ所に集約できる
  • 無料版でメールマーケティングからフォーム作成まで試せる
  • 海外企業でも日本語のカスタマーサポートが充実
  • 世界120カ国10万社以上(※1)、国内ではHISやDeNAも導入


オウンドメディア、ブログ、広告、SNS、動画といったあらゆるチャネルにて、ユーザーを引き込むコンテンツを作成できます。リードに転換するためのLP作成ツールやフォーム作成ツールも搭載しており、HTMLやCSSがわからない人でも安心です。


メールマーケティングでは顧客のセグメントに合わせて自動でコンテンツを最適化します。誰でも理解できるように、A/Bテストなどの分析レポートはグラフィカルで見やすいです。


またHubSpot Marketing Hub(ハブスポット マーケティング ハブ)はフリープランが用意されています。無料でも制限付きでフォーム作成ができますし、1カ月2,000件までのメール配信、リターゲティング広告からウェブチャットまで一通りは体験できる仕様です。


MAツールの担当者が「使いこなせなった」とストレスを感じることもありません。常時電話とメールによるサポートを受けられますし、日本語にも対応済みです。世界中で導入されていることからドキュメントやコミュニティも豊富にあり、安心できるクオリティです。


導入実績

スズキ、スバル、Sansanなど


※1 HubSpot社調べ(2021年11月時点)

更新日:2023-11-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
GENIEE MA(ジーニーMA)
GENIEE MA(ジーニーMA)
株式会社ジーニー

0
レビュー数
0
円
100000円~
  • シンプルな操作性とわかりやすい画面デザイン
  • 複雑なMAツールの機能を初心者が使えるように設計
  • メルマガ配信に加え、LINEやプッシュ通知などにも対応


MAツールを導入したマーケターの悩みの1つに「機能が使いこなせない」があります。それがGENIEE MA(ジーニーMA)フォーム作成、ポップアップ作成、シナリオ設計、顧客管理、スコアリングなど、多くの機能が搭載されていながら、そのどれもが使いやすく定着率は99%(※1)です。


導入実績

アールストーン、ロス・アジア、アスカなど


※1 日本マーケティングリサーチ機構調べ(2020年3月期)

更新日:2022-07-20
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ネオマーケティング
ネオマーケティング
株式会社ネオマーケティング

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • BtoBマーケの売れる仕組みを構築
  • HubSpot認定パートナーとして導入・運用をフルサポート
  • 戦略立案から施策実行までワンストップで伴走


ネオマーケティングでは、コロナ禍でも売上2倍を実現した自社のマーケティングノウハウをパッケージした「新規顧客獲得の仕組み」を顧客企業向けに構築します。


そのために、BtoBマーケティングの戦略立案からMAツール含むインサイドセールスの導入・運用支援、営業組織作り、マーケティング施策の実行までワンストップで伴走します。


そのほかにも、デジタル広告やLP・コンテンツ制作、メルマガやウェビナーの自走へ向けた仕組み作り、認知拡大のPR施策など、顧客企業を支援するさまざまなメニューを用意しています。

更新日:2024-01-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
配配メールBridge
配配メールBridge
株式会社ラクス 配配メール事業部

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • kintoneやSalesforceと開発いらず/低コストで連携可能!
  • 商談獲得に特化した実用的な機能を搭載
  • 導入活用支援とノウハウ提供で誰でも使える!


配配メールBridgeは追加開発不要でkintoneやSalesforceと連携できるメール配信サービスです。連携後は顧客リストを取り込みステップメールを活用して自動追客が可能です。

システム導入後商談獲得に向けて、開封チェックやセグメント配信、各種配信レポートなど多様な機能を活用できます。効果測定データは外部システムにも送信可能です。

専任のサポート担当による導入支援を提供しています。またメールマーケティング支援担当による情報提供があり、集客・売上向上に向け新たな施策を実施できます。

更新日:2023-12-20
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
HubSpot導入支援
HubSpot導入支援
株式会社SEデザイン

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • 包括的にHubSpot導入を支援
  • コンテンツマーケティングの戦略や運用など全領域をサポート
  • 企業に最適なチームで伴走支援


HubSpot導入支援では、メディア構築やコンテンツ制作など、ツールにとどまらない領域も含めたプランニングをおこないます。包括的にHubSpot導入を支援し、具体的に設計、構築、企画/実行、改善の4つのフェーズでサービスを提供します。


提供元のSEデザインの前身は出版業です。そこで培ったコンテンツの編集力により、質の高いコンテンツの開発が可能です。さらにコンテンツマーケティングのノウハウを活かし、ペルソナやカスタマージャーニーの設計といった幅広いサポートが受けられます。

企業に最適なHubSpot運用チームを編成し、課題解決のサポートをします。HubSpotに精通した専任のディレクターが中心となり、各専門領域に特化したメンバーが企業と伴走し、支援します。
更新日:2024-01-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Adobe Marketo Engage(アドビ マルケト エンゲージ)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • オンラインからアナログまで全方位で顧客との接点をカバー
  • マーケティング初心者でもしっかりと数値を残せる使いやすさ
  • リードナーチャリングやROI分析で特に高評価
  • パナソニックやキヤノンなど全世界5000社以上(※1)が採用


導入企業からは「月30件だったアポ獲得が230件に増えた」や「デジタル部分が自動化されたことでアナログ作業に集中できた」といった声が集まっている、Adobe社のMAツールです。


プル型とプッシュ型の施策を各セグメントで実施し、顧客行動をクロスチャネルで分析、収益プロセスとレポート分析を可視化することで、リードが獲れずにアポも獲れない状態を減らします。


メールマーケティングではトリガーを設定して自動配信できるため、ベストタイミングを逃しません。モバイルマーケティングでリアルタイムの位置情報からプッシュ通知ができますし、ソーシャルマーケティングでもブランディング強化に向け機能が満載です。


オウンドメディアやWeb広告ではユーザー体験を重視しながら、コンバージョン率を高めてくれます。匿名のサイト訪問者もリードに変えるコールトゥアクションを促すことが特徴です。さらに見込み顧客を育成するために、個別最適化されたデジタルコンテンツで関係構築をしていきます。


導入実績

ソニー、日立製作所、みずほ銀行、旭化成など


※1 Adobe社調べ(2021年11月時点)

更新日:2022-07-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Oracle Marketing Cloud(オラクル マーケティング クラウド)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • ホットリードを見つけ出し、見込み顧客にアプローチできる
  • 70種以上の特徴、60種以上のシグナルで顧客管理
  • A/Bテストや多変量テストにも対応
  • ソフトウエア会社として世界第2位(※1)の企業


世界トップクラスの企業Oracleが提供するMAツールです。BtoBマーケティングを最大限に効率化し、リードタイムを短縮させます。顧客ロイヤルティを高めて、売上増の機会を創出する機能が対数搭載されており、主に大企業向きの製品です。


導入実績

パナソニック、DELL、ボーダフォン・グループなど


※1 2019年時点

更新日:2022-07-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
List Finder(リスト ファインダー)
List Finder(リスト ファインダー)
株式会社Innovation & Co.

0
レビュー数
0
円
39800円~

  • 法人営業やBtoBマーケに最適な機能を多数搭載
  • MAツールを活用するための運用支援サービスあり
  • 国産のMAツールで導入アカウント数は1,600(※1)を突破


List Finder(リスト ファインダー)は従業員規模が10人未満の企業から500名以上の中小企業までに支持されている、国産のMAツールです。特にBtoB企業に強く、シンプルな画面設計は日本人好みに作られています。


一部の企業においては、一般的なマーケティングオートメーションを導入したところ「成約増につながらなかった」という経験があるかもしれません。その原因のほとんどがMAツールを使いこなす人的リソースが足りないことです。そのためList Finderではコンサルが無料であることに加えて、LP制作やメルマガ制作を代行する運用支援サービスを実施し、成果を出すことに重きを置いています。


導入実績

三菱電機システムサービス、東芝ITサービス、住友ドライブテクノロジーなど


※1 株式会社Innovation & Co.調べ(2021年11月時点)

更新日:2022-07-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
i:Sales(アイセールス)
i:Sales(アイセールス)
アイセールス株式会社

0
レビュー数
0
円
250000円~
  • 営業が直接数値を上げるためのMAツール
  • 見込み顧客の行動履歴をダッシュボードで可視化
  • LP作成やフォーム作成、シナリオ作成も標準搭載
  • 使いこなすためにコンサルがサポート


マーケターのための集客・分析ツールではなく、セールスが営業力を強化するためのMAツールです。一般的なMAツールに搭載された機能はもちろん、アポ率や成約率を上げることも目的に、営業目線で細部まで作りこまれています。

更新日:2022-07-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Campaign Studio(キャンペーン スタジオ)
Campaign Studio(キャンペーン スタジオ)
アクイアジャパン合同会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • カスタマージャーニーをジャーニービルダーで作成できる
  • リアルタイムで顧客を分析し、見えにくいニーズをくみ取れる
  • 顧客をセグメントで分けて、より刺さる施策に落とし込める


オウンドメディア、ペイド、オフラインイベントなど、別のチャネルの顧客行動をつなげて、カスタマージャーニーを作成できます。見込み顧客の次の動きは機械学習で分析し、ベストタイミングで施策を実行できることが魅力です。

更新日:2022-07-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Infusionsoft(インフュージョン ソフト)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • MAのみではなくCRMSFAの機能を備えている
  • 多数のアプリケーションと連携して、施策を実行できる
  • コンサルティング会社から経営者まで世界15万社以上(※1)が導入


Infusionsoft(インフュージョンソフト)を使えば、CRMに見込み客を登録して、MAで購買意欲を育成、SFAでセールスのパフォーマンスを分析できます。サイト訪問数やメール開封率の解析から、行動履歴別にセグメントを分けることも可能です。


※1 FunTre株式会社調べ(2021年11月時点)

更新日:2022-07-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Liny(リニー)
Liny(リニー)
ソーシャルデータバンク株式会社

0
レビュー数
0
円
5500円~
  • LINE公式アカウント専用のMAツールで、販促と顧客管理ができる
  • 顧客の嗜好性を汲み取って、反応率が向上する
  • 経済産業省や金融庁などを含め、導入企業数3,500社(※1)を突破

LINE公式アカウントがあれば30分で運用をスタートできます。友だちを集める機能、友だちを分析してメッセージを送ったり、クリック率やクーポン利用率を計測する機能などが豊富です。さらにLINE公式アカウントをアプリのようにカスタマイズできる機能も無料で使えます。


導入実績

東京都、明治大学、森永製菓など


※1 ソーシャルデータバンク株式会社調べ(2021年11月時点)

更新日:2022-12-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Kairos3(カイロス3)
Kairos3(カイロス3)
カイロスマーケティング株式会社

0
レビュー数
0
円
16500円~
  • 名刺を一元管理し、メルマガ配信と連携可能
  • カルテでサイト訪問回数やメルマガ開封率などを分析する
  • 関心度ランクをもとに見込み顧客に優先順位を設定


リクルートライフスタイルや幻冬舎など、大小さまざまな1,500社以上(※1)の企業に導入されています。「従来のハガキではなくメルマガによってファンになってもらった」や「セミナーを主催して、商談につながった」といった自社課題が解決できるBtoB向けMAツールです。


導入実績

LIXIL、センチュリー21、LIFULLなど


※1 カイロスマーケティング株式会社調べ(2021年11月時点)

更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

MAツールの選び方【比較のポイント】

ぴったりのMAツールを選ぶうえでおさえておきたい、7つのポイントを解説します。


マーケティング課題に対応する機能が搭載されているか

MAツールを選ぶ際に大切なのは自社のマーケティング課題と搭載機能の対応性です。


MAツールに搭載されている機能は顧客情報の管理やメールの作成・配信、ランディングページの作成やアクセス解析機能などさまざま。課題が明らかになっていないままにMAツールの導入だけを進めても、各機能で期待できる効果を最大限に発揮することはできません。


「解決したい課題の優先度が高いかどうか」「重視したい改善点はどこなのか」「課題に対応する搭載機能は自社でも使えそうかどうか」このような観点から各ツールを比較するのが、ぴったりの製品を見つけるいちばんの近道となります。


【マーケティング課題と搭載機能の対応例】

課題
機能効果
・顧客データが散財していて最新情報を把握できない・マーケティング施策への顧客反応がイマイチリード管理
・顧客データの管理効率化
・各顧客のステータスに合わせた施策立案
・リードの受注確度がわからない・商談に踏み込むタイミングがわからないスコアリング
・見込み度の高低を可視化
・ベストタイミングのアプローチで案件創出
・リードの行動が不明瞭
・施策の実施に手が回らない
シナリオ作成・リードの行動を可視化
・施策の自動化による効率化
・配信メール作成のノウハウ不足
・メール配信のリソース不足
・メルマガが読まれない
メール作成/配信・テンプレートを活用したメール作成効率化
・自動配信による作業効率化
・顧客属性や状況にあわせたメール配信による接点獲得
・ランディングページ・フォーム作成のノウハウ不足
・ランディングページ・フォーム作成のリソース不足
・Webにおける顧客との接点が存在しない
ランディングページ/フォーム作成・テンプレートを活用したランディングページ・フォーム作成効率化
・自動配信による作業効率化
・Web経由の顧客接点獲得
・受注率の低下
・ユーザーの離脱
レポーティング/ダッシュボード・データドリブンなアプローチによる受注率向上
・コンテンツの改善による離脱防止
・広告管理の煩雑化
・広告の効果がわからない
広告連携・一括管理を通じた管理コスト削減
・効果測定に基づく施策の改善・立案


外国産の製品に代表される高機能なMAツールであればあるほど、活用難易度は高くなる傾向にあります。


操作画面を比較したり無料トライアルやデモ体験を実施したりして、実際の操作性に触れてから導入に踏み込むのがおすすめです。


サポート体制が充実しているか

MAツールを選ぶ際はサポート体制の充実度もチェックしておきましょう。


MAツールは搭載されている機能数が多く、すべての機能を使いこなすのは至難の技です。また設定や運用方針の変更など、つまずきがちなポイントを挙げると枚挙にいとまがありません。


導入したMAツールをうまく活用して最大限の成果を発揮するためには、ツールのことをいちばんよく知っているサポート担当者の力を借りるのがいちばん効率的です。


チャットやメール、電話などのオーソドックスなサポートはもちろん、専任の担当者によるマンツーマン体制を取っている提供会社も存在します。


初期設定や運用を進めるうえで、自社で対応しきれなさそうな部分をカバーできるサポート体制を取っているツールを選ぶとよいでしょう。


【運用代行やコンサルティングに対応しているケースも】


中にはマーケティングオートメーションの運用代行や、コンサルティングに対応した提供会社も存在します。自社対応できるリソースが十分でない場合や、自社でWebマーケティングの知識や経験が豊富でない場合は強力な力となるでしょう。


自社製品やサービスのペルソナに基づいたカスタマージャーニーの設計や、顧客との的確なコミュニケーション戦略の立案は、MAツールの成果を最大化するうえで欠かせないスキルです。


戦略立案から戦術へのブレイクダウン、そしてツールの活用術をマスターした後に、担当者のみの運用へとシフトするのもよいでしょう。


費用対効果のバランスがよいか

MAツール選びでは費用対効果のバランスも意識しておきたいポイントです。


基本的にMAツールは初期費用と月額料金の2軸で料金がかかることがほとんど。そしてマーケティングで成果を得るためには、施策の実施と効果検証、そして改善のサイクルを中長期的に回していくことが求められます。


つまり、月単位ではなく、年単位での投資をはじめから考慮したうえで費用対効果を考えておく必要があるといえます。


MAツールを使いこなせないままに投資費用がムダになってしまうようでは、元も子もありません。その結果、マーケティングに対する社内評価や期待値が下がってしまうのは最も避けたいパターンです。


上位の料金プランのほうが使用できる機能が多いものの、最初からそこに首を突っ込む必要はありません。まずは使いこなせる範囲の機能数と料金プランからスモールスタートで運用して、実践の中で改善とアップデートを進めていけばよいのです。


マックスではなくミニマムから始めて、費用のバランスを徐々に整えていくのがおすすめです。


同規模・同業種の導入実績があるか

MAツール選びで迷ったときは、同規模・同業種の他社で導入実績があるかどうかを確認するとよいでしょう。自社で運用して成果を出せるのかどうかを判断するひとつの指標となります。


同規模・同業種であれば、似た課題や改善点、戦略や戦術を持っているケースが多いです。他社の導入実績から、見込み顧客の傾向や状況、マーケティングやセールスにおける成果やリソースなどをチェックしてみましょう。そうすれば、自社の状況と照らし合わせることで「自社でも使えそうかどうか」を判断しやすくなります。


各製品の公式サイトに用意されている「導入事例」のコンテンツは特に有効な情報源です。実際に活用した先駆者たちの声を参考にして、活用方法の解像度を上げていきましょう。


ビジネスモデルとツールの相性がよいか【BtoB・BtoC】

MAツールは自社のビジネスモデルに適したツール選びが大切です。


企業を相手にする「BtoB」と消費者を相手にする「BtoC」では、想定される見込み顧客の量や質が大きく異なります。そのため、マーケティングやセールスにおけるプロセスやアプローチにも違いが生じます。


つまり、MAツールは利用を想定したビジネスモデルにあわせて機能が搭載されているといっても過言ではありません。


例えばBtoB向けのMAツールでは、セールスへのリード情報連携機能が充実していたり、SFAと同様に案件管理ができたりします。


一方でBtoC向けのMAツールでは、メールマーケティングの自動化機能やWebコンテンツの管理などの機能に長けているケースが多いです。


双方の要素を網羅したツールもあるものの、基本的には設計思想がどちらかに向いていることがほとんどです。製品の導入実績などもあわせて参考にしつつ、自社のビジネスモデルに合った製品を選びましょう。


SFA・CRMなど外部ツールと連携できるか


MAツールを選ぶ際はSFAやCRM、名刺管理ソフトなど外部ツールとの連携性も考慮に入れておくとよいでしょう。


Salesforceに代表される外部ツールとの連携機能を搭載しているMAツールを選べば、自社の運用体制や管理方法をそのままにマーケティングオートメーションの運用を始められます。これから業務フローのデジタル化を検討している場合でも、移行をスムーズに進められるでしょう。


顧客情報の引き継ぎや連携をシームレスにすればするほどマーケティングや営業活動が密につながり、成果創出に向けた施策の策定や実行を効率的に進められます。


とはいえ、管理している情報の部分的な連携やすべての情報の移行、ツールをあえて並行活用するなど、運用のバリエーションはさまざま。組織の状況に応じて最適な運用方法は異なります。


MAツールの情報を起点にマーケティングからセールスまでの活動を一元管理したい場合は、ぜひチェックしておきたいポイントだといえます。


製品提供元のセキュリティレベルが十分か

MAツールを提供している製品提供元のセキュリティレベルも見逃すわけにはいきません。


ほとんどのMAツールは、顧客情報を製品提供元のクラウドサーバー上で管理します。重要な個人情報であり、会社の財産ともいえる顧客情報を守るためにも、ベンダーのセキュリティレベルはあらかじめチェックしておくと安心です。


「Pマーク」「ISMSクラウドセキュリティ認証」を取得している製品提供元であれば、安心して利用できる証拠です。


必要であれば、社内の情報システム部門や法務などの各部署と連携しつつ、セキュリティ要件を満たしているかどうかを製品提供元へ事前確認しておくとよいでしょう。

ぴったりのMAツール選びはミツモアで

ミツモアロゴ

MAツールは製品によって特徴や機能もさまざま。「どのソフトを選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。


そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりのMAツールが見つかります。


ぴったりのMAツールを最短1分で無料診断

業種や欲しい機能などの項目を画面上で選択するだけで、最適なMAツールを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。


ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。実際にかかる金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。


診断結果は最大5製品!比較・検討で最適なソフトが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬソフトとの出会いもあるかもしれません。


ミツモアなら、ぴったりのMAツールがすぐに見つかります。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。