ミツモア
簡単ステップで引越し業者が見つかる!料金や口コミを比較しましょう

引越し

簡単ステップで引越し業者が見つかる!料金や口コミを比較しましょう
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

ミツモアで引越しの見積もりを一括比較

引越し業者の相見積もりはミツモアにお任せください。ミツモアで見積もりするメリットは次の3つです。

1. 簡単な質問に回答するだけで、最大5件の見積もりが届く


いくつかの質問に回答するだけで、見積もりを申し込めます。最大5件の見積もりが届くので、他社との比較検討もしやすいのが魅力です。価格面はもちろん、口コミでサービスの品質もしっかりチェックできます。


価格や対応、サービス内容など、さまざまな角度から自分に合った引越し業者を見つけられます。最大5件までなので、見積もり後に何件もの営業電話がかかってくる心配もありません。


2. 見積もりが届いた業者にチャットで事前に問い合わせ可能


ミツモアなら見積もり後の業者とのやり取りも手軽です。チャットで事前に問い合わせられるので、「メールや電話は面倒」と不安な方も安心してご利用いただけます。


見積もりで気になったところは、本格的なやり取り前に確認するのが失敗しないコツです。ミツモアなら気になるところだけを気軽に質問できます。


3. 多くの口コミを確認できるため安心して依頼できる


業者選びで重要なのが口コミ情報です。ミツモアには実際にサービスを利用された方の口コミが豊富に掲載されています。「担当者はどんな人だろう」「きちんと対応してくれるか心配」と不安な方も口コミを参考に選ぶと安心です。


どの地域でお探しですか?

引越し見積もり額の相場表(時期・荷物量・距離別)

引越し先が決まって、次は引越し料金をなるべく安く抑えたい」

「格安で口コミもいい地域の引越し業者の料金を知りたい」


引越しの見積もり相場の決まり方を知らないと、いざ業者に見積もり額を提示されても、正しい料金がわからず損をすることもあります。


引越し費用は「時期 × 荷物量 × 距離」によって大きく変わります。下の表では通常期と繁忙期、荷物量が変わる人数、0~500kmの輸送距離別に、ミツモアの実際の取引データをもとに費用相場を算出しました。ぜひ引越しの概算料金として参考にしてみましょう

通常期(1~2・5~12月)

通常期は引越し業者のスケジュールに空きがあることが多く、日程の都合がつきやすい時期です。引越し費用は繁忙期より20~30%安く済むでしょう。スケジュール調整ができて、費用を抑えたい人はこの時期に引越しを検討しましょう。



少量単身2人暮らし
3人暮らし
4人暮らし
5人暮らし
全平均
28,722円
37,415円
54,169円
69,182円
78,423円
90,500円
0〜15km

同市区町村

25,872円
31,450円
49,448円
61,933円
72,059円
86,690円
15〜50km

同都道府県

27,288円
33,613円
50,095円
70,070円
84,353円
86,738円
50〜200km

同一地方

33,904円
41,049円
60,983円
75,507円
80,960円
93,093円
200〜500km

近隣地方

69,115円
74,536円
97,518円
104,315円
128,486円
139,521円
500km〜

遠距離

86,438円
104,207円
120,504円
157,748円
179,059円
209,512円

繁忙期(3~4月)

繁忙期は多くの人の移動が伴うライフイベントが重なることから、引越し業者のスケジュールが過密になりやすいです。引越し費用は通常期より20~30%高くなる傾向にあるので、少しでも費用を抑えたいという方はなるべく早めに予定を組みましょう。



少量
単身
2人暮らし
3人暮らし
4人暮らし
5人暮らし
全平均
36,070円47,043円70,415円86,983円100,277円119,585円
0〜15km

同市区町村

32,529円39,543円62,172円77,870円90,601円108,996円
15〜50km

同都道府県

34,310円42,262円72,985円88,100円106,058円129,056円
50〜200km

同一地方

42,628円51,611円86,675円94,936円121,792円157,047円
200〜500km

近隣地方

86,899円93,716円122,611円131,156円161,548円195,421円
500km〜

遠距離

106,399円131,021円151,511円198,338円225,134円263,423円


関連記事:引越し費用が安い時期は?曜日や時間での違い、業者の選び方も紹介

引越し業者の見積もりを安く抑えるコツ

引越し業者に依頼すると相応の費用がかかります。しかし、工夫次第で数万円程度と、安く抑えることもできます。損をしないために、ここで紹介する引越し業者の見積もり金額を安く抑えるコツを参考にしてみてください。


コツ① 引越し業者に運んでもらう荷物量を減らす

少しでも料金を安くするためには、荷物を必要以上に増やさないことが大切です。荷物の量が多いほど料金は上がり、とくに必要な人員数やトラックの大きさ・台数が増えると料金が一段階上がります。


1-1. 不要なものを処分する

事前に不用品を処分することで費用を抑えられる可能性があります。主に「リサイクルに出す」「不用品回収サービスを利用する」「フリマアプリで販売する」などを行うと引越し費用に充てられ、さらに安くできるでしょう。


1-2. 自分で荷物を運ぶ

隣の町や市など、自家用車で行ける距離に新居がある場合は、休日を利用して事前に自分で荷物を運んでおくのもオススメです。冷蔵庫など大型家電は困難ですが、段ボールに詰めた荷物は業者でなくても持ち運べます。自分で運べない大型家具・家電のみを運んでもらって荷物を減らしましょう。


1-3. 宅急便・宅配便で荷物を送る

段ボールや専用の梱包グッズに包めるものは、宅急便や宅配便サービスを利用するのもおすすめです。荷物1個あたり数千円かかる場合もありますが、引越し業者にまとめて運搬を依頼するよりも安く済むことがあります。キャリーケースやゴルフバッグなども専用の梱包材で包むと引き受けてもらえます。


コツ② 引越し時期・日にち・時間帯を調整する

引越し時期の融通が利くのであれば、料金が安くなる時期を選ぶのがおすすめです。閑散期でなくとも曜日や時間帯によっては安くなることがあります。それぞれ時間帯などの自由度が低い分、通常よりも割安で引越しを依頼できるプランです。スケジュールに余裕のある方は、ぜひ検討してみてください。


2-1. 引越しする時期を調整する

引越しでは、繁忙期(3~4月)と休日に料金が高くなる傾向があります。繁忙期を避けると引越し費用を10,000円以上安くすることができるため、余裕がある方はこの時期以外の引越しをオススメします。


2-2. 混載便や帰り便の日にちにする

混載便や帰り便を使えば、事業者側の人件費や燃費を節約できる分、引越し料金を抑えることができます。混載便とは、ほかの利用客とトラックのスペースを共有する方法です。タクシーの相乗りのように、同じ方向へ引っ越す方の荷物と一緒に1台のトラックに積まれます。トラックの空きスペースを借りるので、車両のレンタル代が浮く分、料金が安くなる仕組みです。帰り便とは、ほかの利用客の荷物を届けたトラックが会社へ戻るときに荷物を載せてもらう方法です。帰りの便は、トラックの中が空になるため安く引き受けてもらえます。


2-3. お得なフリープランを利用する

引越し時間にこだわりがない方には、時間帯を指定せず引越し業者にお任せする「フリープラン」を推奨します。フリープランとは、引越しの時間帯を指定せずに依頼する方法です。引越し業者の空き時間に作業してもらう代わりに料金を安くしてもらえます。ただし、引越し業者の予定が決まり次第、日程が案内されるため、2日前など直前に大まかな時間帯を知らされます。


関連記事:安く引っ越しするなら閑散期がおすすめ!メリットデメリットを解説


コツ③ オプションの有無を確認する

快適な引越しにするためには、オプションの活用もオススメです。プランによって契約できない場合もあるので、事前に引越し業者に確認しましょう。


3-1. 単身パックを利用する

単身パックとは、決まったサイズのコンテナボックスに荷物を入れて、ほかの人の荷物とともに輸送してもらうサービスのこと。ただし荷物量が多くなるとむしろ費用がかさんでしまうため、シェアハウスへの入居や1人暮らしなど荷物の少ない方にオススメです。


3-2. エアコン・洗濯機の着脱を依頼する

エアコンや洗濯機の着脱は、オプション扱いとなっている業者がほとんどです。依頼時はオプションサービスを付け忘れないよう注意してください。また、取り外し・取り付けがセットではなく別々のサービスとなっているところもあります。


コツ④ 依頼する引越し業者を入念に選ぶ

依頼する引越し業者は、自分の希望に合ったところを選びましょう。料金や知名度のみに頼らず、実際のプラン内容やオプションサービス、口コミも参考に選ぶのが重要です。


4-1. 相見積もりをとって比較検討する

引越し業者によって基本料金や人件費などの費用が異なるため、同じ条件でも事業者によって見積もり価格に差が出てきます。そのため相見積もりをして複数業者を比較することで、より安い価格での引越しが実現できるでしょう。


4-2.大手より地域密着の引越し業者を選ぶ

近~中距離引越しの場合は、大手より地域密着事業者を選ぶほうが見積もり額は安くなります。サービスや保証内容の差にバラつきはあっても、口コミを参考に自分に合った業者を選べば地域密着型の引越し業者を選ぶメリットは大きいです。



メリット
デメリット
大手の引越し業者
  • サービスや保証が手厚い
  • 長距離の引越しに対応
  • 口コミ情報が豊富
  • 料金が高くなる傾向
  • 料金交渉が難しい
  • あまり融通が利かない
地域密着の引越し業者
  • 引越し費用が安い傾向
  • 条件が合うとさらにお得
  • 細かな要望が利きやすい
  • 長距離引越しが難しいことも
  • 口コミ情報が少ない
  • トラブル発生時の対応に不安


4-3. 値引き交渉をする

閑散期をはじめ他の利用客が少ない時期に限りますが、値引き交渉を試す人もいます。また、空き時間の作業など安くなる方法を教えてもらえる場合もあります。


関連記事:失敗しない引っ越し業者の選び方・相見積もりのポイント!安いかつ信頼できる業者を見つけよう

単身・家族プランの引越し業者を比較

単身プランと家族プラン別に、料金が安くて評価が高い全国のオススメ引越し業者の一部を紹介します。CMで有名ではなくても、地域密着型の優良引越し業者はたくさんいます。

単身プランが割安で口コミ評価が高い


引越し業者名所在地料金
いまだ運送
兵庫県尼崎市
幌付き軽トラック

10,000円~

LINAS ライナス
埼玉県上尾市
東京都20km圏内
12,500円〜 
NEXT ROOM
愛知県春日井市
13,000円~
ブライト引越センター
広島県福山市
15,000円〜
ファミリー引越センター
東京都豊島区
21,000円〜


家族プランが割安で口コミ評価が高い


プロ名所在地料金
MMPサービス
埼玉県越谷市
2トントラック・2名
27,500円~ 
ブライト引越センター
広島県福山市
39,000円〜
ファミリー引越センター
東京都豊島区
57,000円〜
株式会社盛田運送
東京都八王子市
60,500円〜


工夫すると格安になる引越し業者


プロ名所在地
料金
ラッキィ・キャット
福岡県福岡市
依頼者が荷物を運搬する低額プラン
6,600円~(平日)
8,800円~(土日)
サクセス札幌(山崎正次)
北海道札幌市
軽トラ引越しのみ・90分
8,250円~
いまだ運送
兵庫県尼崎市
幌付き軽トラック・小規模引越しのみ
10,000円~
引越のりゅうちゃん
大阪府大阪市
単身と学生のみ・〜20km圏内
10,000〜20,000円
赤帽ホープ運送
大阪府守口市
軽トラ・大阪市内限定
13,750円〜

どの地域でお探しですか?

引越し業者の口コミ

累計評価

4.9(4240件)
2023年2月1日更新
引越し業者を利用された方の口コミの平均点と累計数を表示しています。
しば

5.0
1か月前

まずお伝えしたいのは、対応・値段ともに本当に大満足の引越しになりました!他の方にも自信を持ってオススメします! いつもは大手の引越し会社にお願いしていましたが、今回見積もりが高かった事もあり初めてミツモアで引越し業者を探しました。ネットで引越し業者を探すのは初めてなので不安もありましたが、引越道さんは迅速に見積もりをいただき、費用も一番安かった(最終的には大手の半額以下で収まりました)のでご連絡しました。 実は事前に他のネットサービスでも業者を探したのですが、その時の業者さんは忙しかったのか丸一日返信が返って来なくてとても不安な思いをしました。引越道さんはこちらがご連絡した直後に返信をいただき、夜にも関わらずすぐに電話で細かい打ち合わせをしていただけたので事前に確認したかった事も確認でき、安心してお願いする事になりました。 お電話での説明も丁寧で分かりやすく、特に今回頭を悩ませていた大きな和ダンスの処分も引き受けていただける事になり大変助かりました。引越日の2日前に処分する和ダンスを引き取りに来ていただきましたが、若くて感じの良いスタッフさんがテキパキ運び出してくれました。 引越し当日も事前に一本電話をいただき、運び出しもとてもスピーディー。特に新居に持っていく方の和ダンスは中の荷物を入れたままなのでとても重かったと思いますが、それも嫌な顔せず元気に運んでいただきました。 スタッフさんもお二人とも若いのに本当に感じが良く、言葉遣いも丁寧でとても気持ちの良い対応でした。 今回は依頼から引越日まで4日という急な引越しで不安でしたが、引越道さんのおかげで本当に大満足の引越しとなりました。前述した通り、事前にもらった大手の引越会社の見積もりの半額以下で収まったのも大変ありがたかったです。 もし私と同じように「ネットで依頼しても大丈夫…?」「大手の引越し会社じゃないけど大丈夫…?」と迷われている人がいれば、引越道さんなら全力でオススメできます。まだ小さい会社だそうですが、だからこそ若いスタッフさん達が元気に丁寧に対応してくれます。 改めて、今回は大満足の引越しをありがとうございました!

依頼したプロ引越専門便利屋 引越道
大久保

5.0
1か月前

今回初めて利用させて頂きましたが、り2tトラック積み込み33,000円プランでした。他会社と比べても安く、口コミの多さで選びました。 到着後、運搬荷物の確認、壁の傷防止取り付け、梱包、運搬で1時間ほどでした。 作業の手際がよく、ハキハキとコミニュケーションをとりながら進めてくださったので、あっという間でした。 作業中大きな音がして心配になっても、しっかりと説明をしてくれるので、とても真摯で直向きに客と向き合える方なんだなと好印象でした。 運搬先到着後も、手際良く運んでくださり、こちらの伝えミスで二度手間になってしまった、洗濯機の水抜きの要望も快く受けてくれました。 大手企業から独立して、これからこの会社を盛り上げていきたいんだと、志が高く、眼差しが覚悟を物語っていました。 知り合いが引越業者を探していたら迷いなく進められる会社です! 見積もりが安すぎて不安なところがある方もいると思いますが、ここの会社は手際の良さと、信頼は間違いないです。 是非、迷いなく利用してください^_^ 今回は、ありがとうございました!

依頼したプロ引越専門便利屋 引越道
コスパ破壊級のサービスプレーヤーです

5.0
2か月前

これまでは大手の引越しセンターに 依頼していました。 費用を抑えて依頼したいこともあったのと、 引越し依頼をすると各業者様から 鬼電がかかってきてくるのにも 霹靂していたので 今回は費用的にもマッチングした 高田さんに依頼しました。 依頼して大正解! ⭐︎業界20年以上のベテラン ⭐︎長い手足を駆使して荷物をしっかり運ぶ ⭐︎愛想抜群 ⭐︎色々現場で相談しながらすすめてくれる ⭐︎難易度が高い引越しにも対応 また、あの引越し費用は 破格だと感じます。 あの人よかったねー という事はあっても 次に引越し頼む時はまたお願いしたい!! と思わせる売れっ子デリバリーマン 忙しい方なので 出来るだけ細かく荷物の状況を 3日前くらいには伝えておく事を お勧めいたします。 荷物量は特に大事です。 私はミスってしまったので 余計な負担をかけてしまいました💦 福岡で引越しを検討している方は 是非検討ください。

依頼したプロ高田圭介
太郎

5.0
1か月前

先日引越しをしていただきました。 最初はせっかくの引越しなので大手業者に頼もうとしてましたがやはりお値段が少し高かったので、色々調べてたところ大石運送さんがでてきました。 大手引越し業者での経験もあるとの事でお値段もかなり安かったためお願いしました。 安かった分不安もありましたが、作業をしてる姿に感動致しました。 そんなに高価ではない家具や家電も一切手を抜かず持参して頂いた資材を手際よく使われて丁寧に梱包していただき気がつけばあっという間に部屋が空っぽになっていました。 届け先でもひとつひとつ置き場所を聞いていただき家にも傷がつかないよう丁寧な作業でした。本当にこの値段でいいのかな?と思えるくらいでした。 大手業者での経験は本物でこれから引越しの際は是非お願いしたいです。 知人にも自信を持って紹介致します。 引越し業者に悩んでる方は是非大石運送さんでしてみてください! 本当にオススメです!!!!

依頼したプロ大石運送
ys

5.0
28日前

隣県への単身引っ越しで御世話になりました。 お見積りいただいた会社さんの中から ・料金の内訳がシンプルで分かりやい ・口コミ件数が多く評価も高い ・金額もお見積りいただいた中で最もリーズナブル という点でAMICALさんを選びましたが大正解でした。 事前のチャットでのやりとりも丁寧でしたし、当日の作業も迅速かつ丁寧で、こちらが気づかないところにも気づいてくださり安心して作業を見守るのみでした。 また、荷物量の見積もりが甘く前日夜に段ボールが足りないという事態になりましたが、チャットで相談したところ当日段ボールを持ってきてくださりました。 何から何までとても助かりました。 今まで何度か引っ越しをしてきましたが、こうした親切さ、サービス面、金額面、いずれもトップの会社さんです。 また引っ越す際はお世話になりたいと思います。 この度は誠にありがとうございました。

依頼したプロAMICALサービス

引越し料金カレンダー 2023年2月・3月・4月の安い日

引越し見積もり料金の安い日がわかるカレンダーです。引越し料金は2月と3月ではかなり開きがあり、土日祝日と大安は高めになります。すぐに引越したい方は直近で安い日を探して、引越し日に余裕がある方はなるべく先の日付を指定することが、引越しの見積もり料金を抑えるコツです。


2023年2月の引越し料金カレンダー
2023年3月の引越し料金カレンダー
2023年4月の引越し料金カレンダー

引越し費用は月によっていくら変わる?【単身・家族別】

引越し費用の相場は月によって異なります。せっかく引越しをするなら、おトクに引越したいですよね。以下は単身・家族別に引越し費用の相場を月別比較したグラフです。

月別の単身/ 家族 引越し費用相場

多くの人にとって新生活が始まる3月、4月は引越し業者の繁忙期です。通常期の相場と比べて、単身引越しは9,000~11,000円、家族引越しは4,500~6,000円ほど高くなります相場が比較的安い7月、8月、11月に引越しを依頼すると、おトクに引越しができるでしょう。

平日/ 土日/ 祝日で引越し費用はどう変わる?【単身・家族× 県内・県外別】

引越しは距離や時期、さらには人数(荷物量) によって相場が変動します以下はミツモアが行った調査を反映したグラフです。ご自身に当てはまる項目を参考にして、引越しの計画作成に役立ててください。
平日/ 土日/ 祝日 の費用相場(単身/ 家族、同一都道府県/ 越都道府県別)

引越しをするベストな曜日は?


引越しをするベストな曜日は、祝日を避けた「平日」または「土日」です


近距離・長距離引越し問わず、平日と土日での価格の違いは大してありません。しかし全項目において、祝日に引越しをする場合は費用が高くなる傾向にあるため費用を抑えたい方は平日または土日に引越しを行うのが良いでしょうどうしても祝日でないと都合がつかない場合は、相見積もりを取って、自分の希望予算に合った事業者を見つけることをおすすめします。

単身引越しが一番安いプランは?

単身引越しをご検討の場合、コンテナや段ボールのサイズがあらかじめ決められている「単身パック」がおすすめです通常期の場合、相場は以下のようになります。輸送距離が長くなるほど、単身パックの利用がお得です。

単身引越し/ 単身パックの相場

ミツモアのプロの中では、以下の3事業者の価格が相場と比較して最も安いです。見積もりを取られる際は参考にしてみてくださいね。

1. 引越のりゅうちゃん

引越のりゅうちゃんは大阪府大阪市に所在する引越し業者です。旧居〜20km圏内の単身引越しは10,000~20,000円と、相場よりも6,000~16,000円程度お得に引越しができます。


2. リフォード引越しサービス

リフォード引越しサービスは東京都世田谷区に所在する引越し業者です。軽トラック1台12,000円~、2tトラック1台18,000円~と相場よりも3,000~9,000円程度お得な単身引越しパックを提供しています。


3. LINAS ライナス

LINAS ライナスは埼玉県上尾市を拠点とし、引越しサービスを提供している事業者です。単身引越しの軽バン満載パックは20km圏内12,500円~と、相場よりも9,000円程度お得に引越しすることが可能です。

引越し見積もりの種類

引越し業者からもらう見積もりには「概算見積もり」と「正式見積もり(訪問見積もり)」の2種類があります。それぞれの違いについて解説します。

概算見積もり電話やインターネットで必要な情報を伝えて費用を算出する
正式見積もり(訪問見積もり)
実際に家に訪問し費用を算出する

見積もり金額が正確に出せるのは「正式見積もり(訪問見積もり)」ですが、概算見積もりには気軽に概算費用を知れるというメリットがあります。特に近頃はプロ独自のシステム利用によりその場で費用が知れるため「まずは概算でもいいから費用を知りたい」という方は積極的に利用してみるとよいでしょう。概算見積もりの後に気に入ったプロがいれば正式見積もりをお願いするという流れもおすすめです。

引越し見積もりはいつ依頼すべき?

見積もりは、引越し日から逆算して最大3カ月前から依頼可能ですが、多くの人が引越しの1カ月前〜前日の午前中までに見積もり依頼を出しています。しかし3〜4月の繁忙期では希望の日程が取れない場合があるため、引越しが決まり次第すぐ依頼する方が安心でしょう。

見積もり時に引越し業者に伝えるべき情報

見積もり時に引越し業者に対して主に下記の情報を伝えます。スムーズに進められるよう事前に情報を用意しておきましょう。

  • 新居の情報
    • 郵便番号・住所
    • 建物の階数
    • エレベーターの有無

引越し費用は輸送距離によって変わるため、住所は必須となります。またエレベーターの有無や建物の階数も費用が変わる要素の一つになるため、あらかじめ伝えられるようにしておきましょう。

  • 引越し日、希望時間帯

引越し日や時間帯によって料金が変動することがあるため、希望する日にちと時間帯を正確に伝えましょう。

  • 荷物の内容

家具や家電などの内容・荷物量を伝えます。これらは、最適なトラックのサイズや人員数を確定させるために必要です。またピアノや骨董品、ペットのように、運搬の際に特別な配慮が必要なものの有無も事前に申告してください。

  • 引越し作業の内容・範囲

梱包や荷解き、エアコンの着脱作業をお願いするか、電気工事はどうするか等を伝えます。また、エントランスや玄関、エレベーターに乗らない大きさの荷物がある場合は吊り下ろし作業が必要なため、引越し先の搬入ルートも確認しておきましょう。


ミツモアならいくつかの質問に答えるだけで最大5社からまとめて見積もりが届きます。簡単に複数の事業者を比較できるので、ぜひ利用してみてくださいね

その他の注意点

見積もりを取るうえで知っておきたい注意点をいくつか紹介します。思わぬトラブルを防止するためにも、以下に注意しましょう。

  • 年末年始は休業の事業者が多い

年末年始は引越し業者も休業していることが多いです。引越しを行うことも見積もりを依頼することも難しいので注意しましょう。もし依頼できたとしても割増料金がかかる可能性が高いため、可能な限り年末年始の引越しは避けると良いでしょう。

  • 契約後のキャンセルは早めに

契約後にキャンセルする場合、引越しの3日前まではキャンセル料がかかりませんが、引越しの前々日からはキャンセル料が発生します。キャンセル料は「引越し当日なら50%以内」「前日は30%以内」「前々日は20%以内」です。「引越し日程の延期」も同様の扱いになるため、キャンセルまたは日程変更をする場合は必ず3日前までに連絡し、無駄な費用の発生を防ぎましょう。ただし見積もりの段階では正式な契約は結んでいないので、キャンセル料金も発生しません。

引越し時のやることリスト

引越しに伴って必要となる手続きは多く、初めて引越しをする方にとってはなかなか大変に思うことも多いのではないでしょうか。

 

ここでは引越しに際して必要となる手続きを時系列順でまとめました。大まかな流れを把握して、引越しスケジュールを立てるのに役立ててみてください。


引越しを決めたらすぐやること


チェックリスト 備考・注意点
□退去日・入居日を決める&賃貸物件なら解約の手続き
解約手続きが遅れると、余分に家賃を払わなければいけなくなる可能性があります。
インターネットや固定電話の住所変更
引越しの1ヶ月半前を目安に手続きを進めておくと、滞りなく使用できる可能性が高いです。
旧駐車場の解約と新規駐車場の契約を行う
引越し1か月前が一般的ですが、契約によって異なるので確認をしてみてください。
□子どもの転校手続き特定の期限はありませんが、書類の発行と提出が必要になるため早めに行うと安心です。
□相見積もりを取って依頼する事業者を決定
繁忙期の引越しは予約が取りにくいので、早めの行動をおすすめします。


関連記事一覧

インターネットの手続きについて詳しく:引っ越し時のネット回線手続きは?いつから始めて何をすべきか解説


引越し1か月前〜2週間前までにやること


チェックリスト備考・注意点
□ガス・水道・電気など各種ライフラインの使用停止/開始手続き
手続きを怠ると、余分に旧居での利用料金が請求される可能性があります。
(必要に応じて)印鑑登録の廃止手続き

自治体によっては転出届の提出のタイミングで、登録を削除してくれる場合もあります。

勤務先への住所変更の届け出
税金納付や手当の受給を適切に行うのに必要な手続きです。
不用品・粗大ゴミの処分
オプションサービスで不用品処分ができる引越し業者もいます。
梱包資材を調達し、荷造りをし始める
使用頻度の低いものから荷造りを始めましょう。事業者から無料で梱包資材をもらえる場合もあります。


関連記事一覧

梱包資材の調達について詳しく:引っ越し用ダンボールはどこで手に入る?無料でもらえる場所と注意点

印鑑登録の変更について詳しく引っ越しをしたら印鑑登録も住所変更を!詳しい方法を知っておこう

不用品の処分について詳しく:引っ越しで不要な家具を処分する方法は?依頼できる業者やポイントも

電気に関する手続きについて詳しく:引っ越し前に電気の解約と契約を!当日つかない場合の対処法も紹介

水道に関する手続きについて詳しく:引っ越し時の水道手続きはどうする?解約と契約方法、注意点を解説

ガスに関する手続きについて詳しく:引っ越し時にガスの手続きはどうする?気になる疑問の答えを解説


引越し2週間前〜1週間前までにやること


チェックリスト 備考・注意点
転出する市区町村での手続き
転出届の提出は転出日の14日前から可能。
郵便物の転送手続き
インターネットから手続きができます。URLはこちら
各種サービスに登録している住所の変更手続き
Ex. NHK、携帯電話、通販、新聞の配達先など
普段使わないものから荷造りを始めておく
引越し後1カ月以内に新住所を伝えるのがマナー。日頃から付き合いがある方に向けて作成を始めましょう。
□引越し葉書を用意する
突然の来訪に備えるためにも早めに準備しておくのをおすすめします。
□新居の家具配置を考える
新居での家具配置を前もって決定しておくことで、当日の搬入がスムーズに進みますよ。


関連記事一覧

転出する市区町村の手続きについて詳しく:引っ越しするなら転出届の手続きを!具体的な流れや持ち物をチェック

住所変更の手続きについて詳しく:引っ越しで住所変更するものを総まとめ!手続き方法もチェック

郵便物の転送手続きについて詳しく:引っ越したら郵便物の転送手続きが必要!方法と注意点を解説

引越しはがきについて詳しく:引っ越しハガキの書き方は?マナーや例文、無料テンプレートも紹介


引越し1週間前〜前日までにやること


チェックリスト備考・注意点
引越し挨拶品の用意・旧居での引越し挨拶
引越しの直前はバタバタするので、消耗品や日持ちをするお菓子などを予め用意しておきましょう。
万が一に備えて電子データのバックアップを取っておく
電子データは引越し業者の補償の対象外であることが多いので、バックアップは忘れずに取っておきましょう。


関連記事一覧

データのバックアップについて詳しく:パソコンの引っ越し方法とは?安全に運ぶための梱包方法・データのバックアップなど解説

挨拶品の用意について詳しく:引っ越しの挨拶品で渡すお菓子は、どうやって選ぶ?渡し方のマナーや、定番のお菓子を紹介


引越し前日にやること


チェックリスト備考・注意点
□前日まで使っていたものの荷造り
いざ荷造りを終えてしまったものが必要になった時に取り出しやすいよう、搬出前まで封をしないでおくのも1つの手です。
冷蔵庫や洗濯機、テレビなどを運搬できる状態にしておく
冷蔵庫や洗濯機は運搬してもらう前に、水抜きをしておく必要があります。


関連記事一覧

引越し前日の動きについて詳しく:引っ越し前日に済ませたい作業とは?確認したい事項と過ごし方も紹介


引越し当日に旧居でやること


チェックリスト備考・注意点
(必要に応じて)ガス栓を閉めるのに立ち会う
基本は立ち会い不要ですが、旧居の構造によっては立ち会いが必要になるケースがあるので確認しましょう。
引越し作業員との打ち合わせ、作業確認
引越し業者へ特に気をつけて欲しいことなど、トラブルにならないよう細かい要望を伝えておくことをおすすめします。
旧居退去時の掃除・忘れ物チェック
旧居退去時の掃除を丁寧にすれば、敷金が多く返ってくる可能性があります。
エアコン、照明器具の取り外し作業立ち会い
エアコンや照明器具を取り外した後に出た細かいパーツを無くさないように管理しましょう。


関連記事一覧

旧居退去時の掃除について詳しく:引っ越し時に払う退去費用とは?負担する範囲や減額のコツを解説


引越し当日に新居でやること


チェックリスト備考・注意点
□ガス・水道・電気が使用できるか確認
ガスの開栓には立ち会う必要があります。(電気・水道は立ち会い不要)
□引越し業者に料金の支払い
料金を支払う前に荷物の状態を確認しておくと、後々の面倒なトラブルを予防できます。
□新居のご近所さんへ挨拶回り
1軒家であれば両隣と向かいの3軒に、集合住宅の場合は上下階と両隣の住人に挨拶するのが一般的です。


関連記事一覧

近所への挨拶回りについて詳しく:引っ越しの挨拶・マナー!訪問タイミングや範囲・挨拶の言い方・手土産の渡し方【例文あり】


引越し翌日以降にやること


チェックリスト備考・注意点
□転入する市区町村での手続き
期限:引越し後14日以内
□印鑑の登録申請
転入届の提出と一緒に行えば、役所に行く手間を減らすことができるのでおすすめです。
子供の学校の転入手続き
エリアや通う学校の種別によって必要な手続きは異なるので、事前に確認しておきましょう。
金融機関の登録情報やマイナンバーカードの住所変更
マイナンバーカードは転入届提出後90日以内に変更しないと失効します。
自動車やバイクに関連する登録内容変更手続き
特に運転免許の住所変更は忘れると、身分証明書として使えなくなることがあるので注意しましょう。
□各種手当・保険・国民年金の住所変更及び申請
手続き期間:引越し14日前~引越し14日後(国民健康保険)
□荷解き、使用済み段ボールの処分
引越し業者に段ボールを回収してもらう場合は、引取日時に間に合うように荷ほどきを済ませておきましょう。
ペットの登録変更手続き
手続き期限:引越し日から30日以内
(必要に応じて)パスポートに関する手続き
本籍地や名前が変わるときには、一定の手続きが必要です。


関連記事一覧

マイナンバーカードの手続きについて詳しく:引っ越したらマイナンバーカードの住所変更を!通知カードの場合は?徹底解説!

保険の手続きについて詳しく:引っ越したら保険証の住所変更が必要?手続き方法を詳しく解説

転入する市区町村での手続きについて詳しく:引っ越したら住民票をすぐに移そう!手続きの方法と重要性を解説

車関連の手続きについて詳しく:引っ越したら必要な車の手続き手順まとめ!期限を過ぎたらどうなる?

引越し関連のよく読まれている記事

引越し関連のよく読まれている記事をまとめました。