ミツモアロゴ

動画制作会社を見つけよう

動画制作会社を見つけよう

上質でインパクトのある映像制作が必要なら、プロの動画制作会社に依頼しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

動画制作会社登録数、日本最大級!

昨今、CM目的以外でも、企業や自治体のPR動画や教育目的の動画など、様々な場面で動画が使われています。いざ動画制作を依頼しようとも、どこに依頼すればいいものができるか分かりづらいですよね。


事業者や会社によって得意な分野などがありますので、本稿ではおすすめの動画制作事業者&会社と動画制作のいろはについてお伝えします。

動画制作依頼で知っておきたいこと

今や動画を活用した企業や店舗のPRが欠かせない時代。しかし、初めての動画制作。聞きなれない専門用語が多く、不明点や疑問点で山積みになってしまいますよね。


まずは、動画制作会社に依頼する前に知っておきたい基礎知識をここで把握していきましょう。「何から始めるべき?」「どんな効果が期待できる?」「費用はどのくらい?」という疑問やお悩みもここで解消できます。


専門用語を知ってミスマッチを回避

動画の制作は、web動画や映像制作を得意としている会社に委託依頼するのが一般的です。まずは動画制作をスムーズに依頼できるよう、動画に関係する専門用語を確認していきましょう。


では始めに、動画の代表的な種類を見てみましょう。一般的に宣伝用の動画は「PR動画」とひとまとめに表現されがちですが、動画の内容によって、例えば「PV」「DPV」「MV」と区別されます。


PV(プロモーションビデオ)販売促進用の動画
DPV(ドキュメンタリープロモーションビデオ)
ストーリー性を持つ訴求力が高い動画
MV(ミュージックビデオ)
音源や歌詞に合った動画


これらは耳にしたことがある略語ではないでしょうか。動画制作会社に依頼を出す際は、「誰に」「何を」「どんな風に」伝えたいかを明確にし、自分が作りたい動画がどの種類に当てはまるのか聞いてみると良いかも知れません。


動画制作会社によって得意分野も異なるので、依頼時にミスマッチを回避するためにも、希望する動画の内容をクリアにしておきましょう。


次に、「制作する動画はどんな大きさで、何を使って表示(再生)したいのか」思い浮かべてください。


例えば「どこにいてもどんな端末を使っていても視聴可能な動画」をご希望だとします。


これを専門用語にすると「最適なアスペクト比で表示できるマルチデバイスに対応させた動画」と言い換えられ、より鮮明な動画を求めるなら、「高い解像度とビットレートの調整が必要」と付け加えられるのですが、いかがでしょうか。


中にはときどき耳にする用語もあるかと思いますが、ここで意味を再確認しておきましょう。


頻繁に使われる基本的な用語を把握し確認しておけば、動画制作を依頼する会社との打ち合わせも効率よく進みます。


マルチデバイス動画を様々な端末で利用できる状態
解像度
画像の密度を示し、単位はピクセル
アスペクト比
画像の縦横の比率
ビットレート
1秒間に使われている動画のデータ量


これらの用語を知っていると、動画制作会社からきた提案の内容がよく分かって、満足いく内容の動画が出来上がるはずです。


企業のPR動画はココで使える!

次にPR動画を利用するメリットをご紹介します。


主なメリットはこの3つ。

  • 動画は文章を読む必要がなく、視聴者にアピールポイントをダイレクトに伝えることができる
  • 静止画に比べメッセージ性が高く、豊富な情報を正確に伝えることができる
  • 言葉や音が伝わらない状態でも視覚にアピールできる

つまり、企業がPR動画を制作すれば、受け取り手に自分の伝えたい情報を正しく伝えやすく、かつ外国人や小さな子供などを含めた幅広い層にメッセージを伝えられます。


例えば店頭や受付など人目に留まる場所で動画を流せば、不特定多数の人にアピール可能であり、潜在ターゲットの獲得や見込み顧客の維持、顧客離れ防止にも効果的です。


PR動画をより効果的に活用するには、YouTubeなどの動画サイトやTwitterやFacebookといったSNSへの投稿も欠かせません。


単にwebサイトへ動画を掲載するよりも、SNSの活用はより多くの人の目に触れるチャンスが広がり、制作した動画が一躍話題となれば会社や店舗にとって大きな宣伝効果を得られます。


また、近年「採用動画」とよばれる企業の魅力をPRする動画を制作し、優秀な人材集めに取り組んでいる会社も増えているなど、動画はアイデア次第で幅広く使えるのです。

動画制作会社の料金・依頼方法は?

動画制作の基礎知識をつけた次は、動画制作のプラン作成をしましょう。イメージ通りの動画を制作してもらうためには、事前に動画制作のプランを用意する必要があります。


「依頼者側は何を準備すべき?」「動画制作の料金は?」「完成までの流れや作業時間は?」といった事前準備から、完成までの流れを確認していきましょう。


動画制作依頼前に依頼者が準備するものは?

「動画制作は初めてなので、実績のある制作会社に全て委託してしまう」という選択肢もあります。しかし企画の提案から動画の編集まで全ての作業を制作会社に委託するには、それなりの予算が必要です。


限られた予算の中で、より満足できる動画を完成させたいなら、手間や時間を惜しまずしっかりと事前準備をしましょう。事前準備からこだわって制作された動画は仕上がりも別格です。


まずは動画制作を依頼する前に、作りたい動画のテーマや内容、ターゲット層を明確にしましょう。


豊富な情報を正確に伝えることができるのが動画の魅力とご紹介しましたが、動画には適度な長さがあり、内容を盛り込みすぎるのは逆効果です。

  • 視聴後にどんなアクションを起して欲しいのか
  • 制作した動画を用いて何をしたいのか
  • 感じて欲しいこと
  • 伝えたいこと

といった目的をクリアにしましょう。


また、参考になる動画やイラストを用意すれば書面や口頭で伝えるよりも、色合いや雰囲気など具体的な仕上がりイメージを制作会社と共有しやすくなります。


動画制作の料金はどうやって決まる?

動画制作を依頼する際に一番気になるのは、やはり費用だと思います。


「予算内で動画制作ができるのだろうか」「動画制作の料金体系って?」「何にどれだけ費用がかかるの?」と疑問に感じている方も多いはずです。


動画制作は、人件費と機材やスタジオ利用などにかかる費用から算出されます。動画制作の料金の中で最も大きな比重を占めるのが人件費です。


制作にはプランナー、カメラマン、デザイナー、エディター、ナレーター、照明、ビデオエンジニアなどといった技術者が携わり、撮影の規模によってはより多くのスタッフが必要となります。


「動画の長さが短ければ安い」と勘違いされがちですが、長さが短くても企画から撮影、編集までに多くのスタッフが関わり、スタジオ利用や品質のクオリティにこだわれば費用もより高くなるもの。


できるだけ費用を抑えて動画を制作したい場合には、既存の画像や動画を活用し、編集だけをプロに依頼するといった方法もあります。


また、動画の制作会社の中にはパッケージ料金の設定があったり、オプション料金を明確にしている会社もあるので、委託する際には必ず複数社へ見積もりを依頼しましょう。


動画制作の費用相場

動画制作を委託すると、どの程度の費用がかかるのでしょうか。参考までに、3分前後の動画制作を依頼する際に必要な費用を見てみましょう。

  • カメラマン1名・カメラ1台 100,000円/日~(撮影機材費含む)
  • スタッフの追加や出演者の追加 30,000円/人~
  • 動画編集 10,000円/時間~
  • ナレーション 20,000円/本~

総じて計16万円ほどの費用が相場のようです。


動画制作はカット数や時間などの条件や、クオリティによって費用に差が生じます。費用対効果に優れた魅力的な動画を制作するためにも、実績のある制作会社へ依頼をしましょう


完成までにかかる時間は?

動画制作には、企画から完成まで1ヶ月~2ヶ月程度を要するのが一般的です。内容によっては、さらに時間がかかるケースもあります。


これから動画制作会社を選定するのであればさらに時間が必要なので、期限が決まっている場合はゆとりをもってスケジュールを組みましょう。


動画制作の流れ

それでは動画制作の具体的な流れを見ていきましょう。


1.制作会社とのヒアリング

依頼主と制作会社との打ち合わせ。希望する内容や予算などを制作会社へ提示。


2.制作会社からの提案

ヒアリングした内容を元に制作会社が企画や構成の概要を作成し、見積りやスケジュールなどのプランが提案される。


3.発注

制作会社から提案されたプランや見積りを確認し、問題がなければ正式に発注。


4.シナリオ作成

プランを具体化しシナリオ作成。


5.動画の制作

撮影が必要になる場合は、撮影場所の下見(ロケハン)や撮影許可の申請、モデルや役者のキャスティング開始。イラストを使用する場合は、イメージのすり合わせやラフ画・下描きなどのサンプルの作成。


6.仮編集

シナリオを元に、撮影した動画や制作したイラストを仮編集。仕上がった仮編集動画がニーズやイメージに合った仕上がりとなっているかを依頼者が確認。


7.編集

修正点を踏まえ、テロップの挿入や動画の加工。編集内容文字の間違いがないか、依頼者が再度確認。


8.MA(Multi Audio)

ナレーションの収録やBGMの挿入。


9.メディア作成・納品

希望の納品形態に合わせ動画が納品。


満足できる動画を制作するには、「実績や知識、経験のある制作会社を選定できるかどうか」重要です。

実際の依頼例

ミュージックビデオ制作を探しています
大阪府吹田市泉町のY様

重視するもの
予算内におさまるか予算内におさまるか
内容
演劇
その他(詳細をご記入ください):○○のライブ
動画の長さ
2時間前後
担当範囲
撮影
撮影ポイント
1箇所
用途
その他(詳細をご記入ください):販売するかも知れない
受取フォーマット
CD/DVD
予算
5-10万円
希望の日時
XX月XX日土曜日
他の日時は不可
プロの方へのメッセージ
DVDのカバーや写真も付けてXX巻作ってほしい
5人のミュージックビデオ制作会社から見積もりが来ました
平均価格
97,200円
ミュージックビデオ制作会社A
ミュージックビデオ制作会社A
はじめまして。Aと申します。 是非私共でご対応させて頂ければ幸いです。 当方にて撮影しましたライブサンプルとなります。 https://XX 是非、ご検討の程よろしくお願い致します。
ミュージックビデオ制作会社B
ミュージックビデオ制作会社B
お問い合わせありがとうございます。 Bです。 弊社は演劇、ミュージカル、オペラなどの舞台撮影を行っている会社です。 ご要望として、重視される部分が予算内という事ですので、1カメでの引きメインの撮影をご提案します。 会場がどちらなのか不明ですが、小劇場であれば1カメでもどうにか撮りきれるかと思います。万が一の予備機も1台立てる予定です。 DVDのパッケージデザインに関してですが、フライヤー等の印刷データがございましたら、御支給ください。 支給物がもし何も無ければ、デザインの別途費用が必要です。 では、ご検討をお願いいたします。 何かご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
ミュージックビデオ制作会社C
ミュージックビデオ制作会社C
はじめまして^ ^ イベントのDVD撮影ということでご応募させて頂きました^ ^ パッケージのデザイン料含めての料金になりますのでご検討よろしくお願いいたします^ ^
ミュージックビデオ制作会社D
ミュージックビデオ制作会社D
はじめましてDと申します。 演劇撮影の場合の4K固定カメラ含むXXカメの場合の撮影料金です。 市内でしたら交通費込で結構です。 XXX円程度まででしたら4K固定カメラ含めXXカメ目も可能です。 簡単な編集でしたら料金内でさせて頂きます。 写真をつけるといのは内容によりますのでご相談としますが ジャケット付基本XX本納品可能です。
ミュージックビデオ制作会社E
ミュージックビデオ制作会社E
Yさま はじめまして、Eと申します。 よろしくお願いいたします。 映像制作会社と広告写真スタジオを運営しております。 弊社の映像制作部門ではTVCMからPV、舞台・ライブ撮影など、幅広く請負っており、特に舞台公演の撮影は得意な分野になります 概算のお見積りとしてXXX円+消費税にて提案させていただきます (出張撮影、編集、録音とトールケースパッケージXX本) それではご検討の程よろしくお願いいたします。 ご連絡お待ちしております。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?