ミツモア

動画制作会社を見つけよう
動画制作会社を見つけよう

思いどおりの動画制作ができるようプロが懇切丁寧にサポート。ミツモアならあなたの作りたいを叶えます。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
110万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
325億円以上

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

動画・映像制作会社登録数、日本最大級!


昨今、CM目的以外でも、企業や自治体のPR動画や教育目的の動画など、様々な場面で映像・動画が使われています。いざ映像・動画制作を依頼しようとも、どこに依頼すればいいものができるか分かりづらいですよね。


事業者や会社によって得意な分野などがありますので、本稿ではおすすめの映像・動画制作事業者&会社と映像・動画制作のいろはについてお伝えします。

どの地域でお探しですか?

動画制作・内容別の費用相場

動画制作の費用といっても、制作する動画の内容によって相場は大きく異なります。まずは内容別にどれくらいの費用が必要なのか、相場を見ていきましょう。動画制作における内容別の相場を表でまとめてみました。

内容相場
1. プロフィールムービー・エンドロール制作
5~6万円*
2. ミュージックビデオ制作
5~15万円
3. インタビュー動画制作
1〜15万円
4. 不動産紹介動画制作
3〜10万円
5. Webムービー制作
20~80万円
6. 会社紹介動画制作
20〜100万円
7. テレビCM制作
50〜300万円


各ジャンルの解説

1. プロフィールムービー・エンドロール制作

プロフィールムービー・エンドロール制作にかかる費用はおよそ5~6万円です。


ただしこれはあくまでご自身で外注業者に依頼した場合のみ。結婚式場経由で依頼する場合はおよそ15~30万円ほどが相場です。


また撮って出し(その日に撮影した映像を未編集のまま公開すること) ムービー制作の場合は~15万円ほどが相場です。


プロフィールムービー・エンドロール制作にかける費用をなるべく安くしたいなら、ご自身で良質な事業者を見つける必要があります。

2. ミュージックビデオ制作

ミュージックビデオ制作の費用相場はおよそ6~10万円です。これはソロ(1人) 撮影の場合のみです。バンド(3~5人) の場合であれば10~12万円が相場です。

【内訳】

撮影費用:ソロ 3~6万円/バンド 6~8万円、編集費用:2~6万円、演出費用:要見積もり です。その他に、企画から依頼したい場合の「企画費用」、スタジオを使用する場合の「スタジオ費用」、エキストラを使用する場合の「アテンド費用」などがあります。

3. インタビュー動画制作

インタビュー撮影にかかる費用相場は1〜15万円です。インタビュー撮影時間の長さや機材、動画に差し込む素材などの数によって料金が変わります。

インタビュー動画の撮影を依頼する場合は、事前にどんな目的で使用するのかを明確にした上で依頼することが大切です。

カメラマンとインタビュアーといった人件費がかかる他、場合によってはアシスタントが数名付くこともあります。アシスタントの数でかかってくる費用も変わるので、見積もりの内訳を確認することを忘れないようにしましょう。

4. 不動産紹介動画制作

不動産PR撮影の費用相場は、3万円〜10万円です。

ロケーションが限られているため、時間パックとなっているケースが多いです。

基本的には、カメラマンやアシスタントの人数追加、ディレクション、カメラ台数追加、撮影時間延長、照明機材一式の導入によって料金が変わります。室内に限らず、物件の外観や周辺環境など撮影の範囲が広くなると、また別料金が発生する可能性があります。

物件によっては、ドローンなどを使用した撮影が必要となることもあり、その場合はドローン撮影の申請手続きや撮影機材の費用が加わります。

5. Webムービー制作

Webムービー動画撮影の費用相場は、20万円〜80万円です。

主に動画のクオリティや長さによって料金が異なってきます。音響効果、ナレーションなどのオプション追加によって費用が加算されていくケースがほとんどです。

Webムービーは、文字通りWeb集客に効果的な手法と言えます。その分、動画の閲覧者を惹きつけるサムネイルや動画編集が必要です。

Webプロモーションやマーケティングスキルなども必要となることがありますので、マーケターなどの人件費が発生するケースもあります。

6. 会社紹介動画制作

会社紹介動画撮影の費用相場は、20万円〜100万円です。

Webムービー同様に動画のクオリティや長さによって料金が異なります。またオフィス内の紹介動画や社員のインタビュー動画など、求める内容によっても必要な料金が変わるでしょう。

何人分のインタビュー動画を撮るかによって、撮影にかかる時間や人件費も変わってきます。あらかじめ誰にどんな質問を答えてもらうのかなど、決めておいたほうがよいでしょう。

7. テレビCM制作

テレビCMの費用相場は、50万円〜300万円です。

テレビCMの映像制作は、企画費用や撮影・編集費用、タレントの出演料などがかかります。またテレビCMに関しては、映像制作費の他に放映費も必要となりますので注意が必要です。

テレビCMにおいては、どんなタレントを起用するかによって費用が大きく異なってきます。当然のことながら、著名なタレントに依頼するとなれば、高額な出演料が必要となります。

自分たちがCMとして伝えたい内容(サービスや商品)に合ったキャストを検討することが大切です。
どの地域でお探しですか?

動画制作の依頼の際に準備しておくもの

かけたコストに対して最大限成果を発揮してくれる動画制作をおこなうために、依頼する際は下記のことを最低限決めておきましょう。でなければせっかくかけたコストが水の泡になってしまう恐れがあります。依頼前にこれらについて担当者同士でしっかりと話し合いをし、詳細を制作会社に伝えられるようにしておきましょう。動画制作は事前の準備で良し悪しが決まるといっても過言ではありません。


  1. 動画制作の目的
  2. 動画制作の予算
  3. 動画制作の納期


細かく解説します。


 1. 動画制作の目的

「誰に」「どのようなメッセージを」「どのように伝えたいか」を明確にします。動画制作を行う目的は何なのか、ひとくちにPRといっても、会社・サービス・商品の認知拡大が目的なのか、ブランドイメージの向上が目的なのか、はたまた店舗・サイト等への集客が目的なのかで、必要なアプローチが大きく異なります。これが明確になっていないと、誰にも刺さることのないボヤっとした動画ができてしまいます。せっかくかけた費用や労力をドブに捨ててしまうようなことはしたくないですよね。あらかじめしっかりと決めておきましょう。


 合わせてあるといいもの

  • 動画制作のKPI・・・視聴者数/動画再生数/広告のクリック数等のうち、動画制作によりなにをどのぐらい叶えたいのか明確にします。これにより動画制作会社から精度の高い提案を受けることができるでしょう
  • 動画の長さ・・・30秒、60秒、120秒、5分 等ざっくりで構いません。動画時間の長さで伝えられるメッセージ数が変わるので、どんなメッセージを何個入れたいか、あわせて明確にしておくとよいでしょう
  • 配信する媒体・・・動画配信をおこなう媒体は複数あります。それぞれの媒体に適したターゲット層があるので、どのような層にアプローチしたいかで配信媒体を見極めましょう。適切な媒体が分からなければマーケティングの上手な制作会社に聞くとよいでしょう


 2. 動画制作の予算

動画制作の予算を決めておきましょう。予算が決まっていなければ、制作会社からの提案もボヤっとしがちで作りたいものが作れません。また動画制作においては修正等により追加料金が発生してしまうことがあります。上限が決まっていないと、追加料金が発生した際に思わぬ額まで高騰してしまう可能性があります。予算が決められないといった場合は、どのような動画を作りたいかを制作会社に伝え、予算感をヒアリングするとよいです。その際、複数の事業者から見積もりを取る「相見積もり」がおすすめです。


 3. 動画制作の納期

「最低でもこの日までに完成させたい」といった納期を決めておきましょう。前述の予算とあわせて納期が決まっていれば、制作会社はできる限りの最適な提案をしてくれます。また納期に関しては、動画の修正が何度か発生してしまうことを考慮し、余裕のあるスケジュールを組んでおくとよいです。


その他あると尚良いもの

下記のものを事前に動画制作会社に共有しておくと、動画のクオリティが上がりやすくなります。

  • 参考動画・・・作りたい動画のイメージに近いものがあれば、共有しましょう。プロ側がどういった動画を作りたいのかが汲み取りやすくなり、話がスムーズに進みます
  • 自社資料・・・作りたい動画のテーマに関するもの(会社・商品・サービス)の自社資料があれば共有しましょう。動画を作るうえでの良い参考資料になりますし、「一見、これ必要ないかも」と思われる資料でも意外な訴求ポイントにつながるかもしれません