ミツモアロゴ

相続税申告に強い税理士

相続税の申告であわてないために遺産や遺言の把握を!相続税申告に強い税理士を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

相続税申告に強い税理士登録数、日本最大級!

相続税申告に強い税理士探しはミツモアで。

相続税は、税理士の腕次第で、大きく金額が変わる税金です。

さらに相続税の計算方法や、相続税の申告は、遺産の種類や遺言の内容によっても異なるので、相続人が自分たちだけで対応するのは困難です。

土地の相続税、相続放棄の方法など、複雑で専門的な知識が不可欠です。かしこい相続の手続きについて相談してみましょう。

相続を専門とする有能な税理士におまかせすれば、大幅な相続税対策が可能になりますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

相続税申告に強い税理士の相場

381,800

標準相場

248,200

リーズナブル

583,600

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 相続対象の土地・建物の数(場所が離れている、数カ所に点在しているという場合は、交通費等の経費が必要な場合があります)
  2. 相続財産の総額(相続財産の総額の0.5~1%程度に設定されていることが多いです)
  3. サポート範囲(財産評価、相続税申告書の作成だけでなく、相続税の節税サポートなどを依頼すると価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

実際の依頼例

相続税申告に強い税理士を探しています
T様

相続財産
土地・建物
土地・建物の数
1か所
希望業務
節税対策提案
プロの方へのメッセージ
公正証書遺言の作成もお願いできるのでしょうか?

5人の相続税申告に強い税理士から見積もりが来ました

平均価格
260,000円
相続税申告に強い税理士A
相続税申告に強い税理士A
Aと申します。 監査法人、外資系の税理士事務所等で実務経験を積みその後外資系の銀行・証券会社で経理・財務等の責任者としての実務経験を踏まえて、業務等を行うことができます。
相続税申告に強い税理士B
相続税申告に強い税理士B
はじめまして、Bです。相続対策、遺言書作成へご対応いたします。当方、夫が同事務所内で行政書士をしており、一緒にご対応できます。公正証書遺言の場合は、遺産総額によって料金が変動します。詳細な情報提供いただければ、具体的な金額のご提示ができます。
相続税申告に強い税理士C
相続税申告に強い税理士C
ご相談段階では無料でお受けします。全体の相続財産の把握及び税額シミュレーションなど、書面で報告書を提出することを受任する場合は、基本報酬は税込〇〇円からとなります。 遺言の作成は、パートナーの司法書士と共に対応させていただきます。 ご検討ください。
相続税申告に強い税理士D
相続税申告に強い税理士D
はじめまして!Dと申します。 当所は創業60年を超える会計事務所です。単なる税務申告にとどまらず、経理代行・給与計算・金融機関に提出する事業計画作成・事業承継等の経営に関する総合的なサービスをワンストップで提供しております。 相続税申告のご参考のお見積りをお送りいたします。相続対象の資産や業務範囲によって変わってきますので、ご参考までに。財産の一覧表などをいただければ正確なお見積りが可能です。 公正証書遺言の作成も他の事務所と連携して作成可能です。 ぜひ一度ご相談ください。
相続税申告に強い税理士E
相続税申告に強い税理士E
相続対策を得意としております。 ホームページをご覧頂けたらと思います。 よろしくお願いいたします。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?

相続税申告の相場費用

相続税の申告書作成 財産総額の0.5~1.5%

ミツモアでの見積もり例

【相続税申告書の作成】相続遺産~5000万円 対面打ち合わせ希望

400,000円

【節税対策提案】土地、建物1箇所の節税対策相談 
260,000円
【財産評価】現金、預金、不動産1箇所の財産評価 
95,400円

どの地域でお探しですか?

ミツモアで相続税を税理士に依頼するメリット

  1. 調査、作成の時間削減

相続手続きに必要な書類収集、調査にかかる時間は膨大です。専門家に任せることにより大きな時間の節約になります。

2.申告漏れのない申告

相続手続きには様々な書類を揃えることが必要となります。申告漏れのない正しい書類を作成します。

3.相続税の節税対策の提案

相続の方法により、相続税が大幅に変わってくることがあります。専門家がより節税効果の高い相続をサポートします。

4.税務調査の立会い

申告書の作り方により、税務調査が入ることがあります。税理士は税務署、税務調査の窓口として対応します。

相続税申告の流れ

1.相談

お問い合わせをいただきましたら、対面にて相続税の申告スケジュールをご説明いたします。相続税を概算で計算し、節税対策、遺産分割、納税方法について説明します。


2.業務内容確認・契約

必要な業務のご説明をさせていただき、お見積もりをご提案させていただきます。調査、書類作成、申告、相続税の節税対策までを含めたお見積もりを提示し、ご契約書を確認いただきます。


3.資料収集・申告書作成

契約後、必要な調査、書類の収集、作成、関係機関への連絡、申告書の作成をします。相続人となるご親族にもご連絡し書類作成にご協力を頂きます。


4.申告書提出

すべての書類を揃え、各関連機関に申告書を提出します。名義変更、登記変更等、必要な相続業務を実行します。税務署、関連機関に書類を提出後は税務署の税務調査立会いや問い合わせの対応をいたします。

どの地域でお探しですか?

相続税申告書の作成

相続税の申告は、個人でも税務署へ行けば申告する事が可能です。法定相続人の数で一人当たりの相続財産を計算し、どれくらいの相続税が課されるのかを計算します。相続人が複数存在する場合は、その相続人全員の申告が必要です。被相続人の相続財産がどれだけあるのか、預貯金の様にわかりやすいものもあればそうでないものもあります。いかに正確に把握できるかが正しい申告をするためのポイントです。

相続税の節税対策

相続税の節税対策には、贈与という方法が一般的です。生前に贈与を行う事で、実際に相続が発生した際には、課税となる相続財産を減少させておく事ができます。また、小規模企業宅地の特例や相続時精算課税制度の適用などがよく知られているところです。また、新しく創設された事業承継税制が節税対策としてあります。

遺産分割協議書の作成

相続の最大のポイントは、遺産分割協議書が作成できているかどうかという点です。これが作成できていなければ、そもそも相続税の申告を行うことができません。誰にどの財産を渡すのか、土地であればその広さであり預貯金であればその金額を明確にしているのが遺産分割協議書です。

財産評価

一番多いのが、今ある土地や家屋がどの程度の価値があるのかわからないと言ったケースです。家屋は年々価値は減少していき結果的に評価がつかない事もありますが土地の場合は違います。広さや路線価により適正に評価をすることで、初めて相続財産としての評価を行うことができます。

納税資金対策

相続税は誰でも課税されると言ったものではありません。計算した結果、納税が必要ではない人もいますが、予想以上に必要となるケースもあります。資金がない場合どうすればいいのか、納税資金対策も現金だけでの納税方法ではなく、物納という形も検討していく中で納税資金対策を行います。

争族対策

相続は別名争続とも言われるくらい、最も揉め事が起こりやすいものです。それは特に、思っているほど財産がなかった場合や納税資金が全く足りないと言った場合に起こりやすいとされています。争族対策も専門家を通じて行うことができます。揉め事に発展する前に相談するところを作っておく事が先決です。

どの地域でお探しですか?

税務調査対応

税務調査は税制に詳しい者が対応することが大切です。調査は申告してすぐにくる場合もあれば、数年経ってからくるケースも珍しくありません。調査に対して中立な立場で追徴課税などにならないように適切な対応が必要となります。

相続関係説明図作成

被相続人が出生したところからさかのぼり戸籍を収集します。本籍、戸籍謄本、住民票除票、登記事項証明書などの書類を揃え、そこから戸籍上の相続人を確定します。また、相続人の関係がわかるように相続関係説明図を作成します。

相続財産目録作成

相続財産調査において確定した財産を種別ごとにまとめ、総額、評価額を算出します。これに基づき相続財産目録を作成します。不動産、預貯金、株式、出資金、負債等が含まれます。この財産目録から遺産分割協議を進めるため、漏れのないように分かりやすくまとめる必要があります。