背景画像

不用品回収

不用品回収を無料見積もりでお得に!プロの業者を見つけましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
110万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
325億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

不用品回収の料金相場

ここでは事業者に頼む場合の不用品回収の料金相場について説明します。複数点の依頼ができる積み放題のプランや、1点から回収ができるプランなど回収して欲しい点数や品目から、ピッタリのプランを選びましょう。


大容量・積み放題プラン

4tトラック80,000~100,000円

2tトラック

39,000~45,000円

軽トラック
10,000円~20,000円


家具

ベッド5,000~10,000円
マットレス
3,000~5,000円
ソファ
5,000~8,000円
テーブル
2,000~5,000円
椅子
1,500~3,000円
自転車
500~2,500円


家電

冷蔵庫5,000~10,000円
洗濯機
5,000~15,000円
電子レンジ
500~2,500円
扇風機
1,000~3,000円

どの地域でお探しですか?

不用品回収業者の料金体系・費用相場!何にいくらかかるのか?

そもそも不用品回収業者の料金がどのように決まるのかがすごく分かりづらいですよね。ここでは基本的な料金体系や、何にいくらかかるのかを解説します。


不用品回収は「単品回収」と「定額パック(プラン)」の2種類があります。

種類      単品回収
定額パック(プラン)
費用相場
合計で1万~3万円程度であることが多い。
各費用をまとめて1.5万~5万円程度であることが多い。
内容
「冷蔵庫とエアコン」など個別に選んだアイテムを回収してもらえる。

トラックの大きさによって費用が異なる。  
トラックに詰められる分だけ回収してもらえる(金額は一定)。

ただしこれはあくまでも相場です。「どの不用品回収業者に依頼するか」「どんなアイテムを回収してもらうか」などによって金額は変わるので、目安程度にしてくださいね。


金額の内訳としては以下のようなイメージです。

  1. 基本料金
  2. 品目別回収料金
  3. その他の諸経費

※定額パックの場合は、これらがまとめられていることが多い。


ここからは内訳や定額パックに関して解説。何にいくらかかるのか具体例を説明していきます。

①基本料金

基本料金はその名の通り、不用品回収を依頼すると必ずかかる基本的な料金のこと。出張費用と考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。


基本料金の多くは以下のようなものが含まれています。

  • 車両費用
  • 人件費

など。基本料金の相場は5,000円程度です。


ちなみに業者によっては「基本料金」と「車両費用」「人件費」を分けて表記していることも。また「基本料金」という名前ではないこともあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

②品目別回収料金

品目別料金とはアイテム別の回収費用のこと。一般的に大きいものや重いものなど、運びにくい品目の回収費用が高くなる傾向にあります。

品目金額相場
備考
マットレス
4,000~8,000円程度
マットレスはサイズが大きくなればなるほど、回収費用も高額に。
3人がけのソファー
8,000円~
ソファーは大きく重量もあるため、搬出の難易度は高め。処分費用はマットレスよりも高くなりやすい。
タンス
2,000~1万円
大きくて重いタンスの回収費用は高め。ただタンスのタイプによっては安価な場合も。
テレビ
3,000円~
中古市場で需要があるため回収費用は比較的安い。場合によっては無料の場合も。
冷蔵庫
5,000~1万5,000円
サイズが大きいほど費用も高くなる。
エアコン
3,500円~
室外機付きだと少し高くなる。また場合によっては取り外し費用がかかる。
洗濯機
6,000~1万円
大きさによっても変わる。
サーフボード
3,000円~
スノーボードの処分費用も同じくらい。
電子レンジ
1,200円~
オーブンや炊飯器なども同じくらい。


例えばエアコンと洗濯機の回収をお願いする場合、品目別料金が1万円以下ですめば安い方といえるでしょう。しかし基本料金や、次に解説する諸経費(エアコンの場合は取り外し費用など)を含めると2万円近くになることもあります。


また「電子レンジのような小さい品目だけなら安いのでは?」と思うかもしれませんが、基本料金が別途かかることを忘れないようにしてくださいね。


ちなみにアイテムの回収費用は、後述する定額パック(プラン)を利用すれば安く抑えることも可能です。そちらもぜひ参考にしてみてください。


最低回収料金に注意!


業者によっては最低回収料金を設定している場合もあります。最低回収料金とは回収費用が一定の金額に達しなければ、回収してもらえないシステムのこと。

例えば次のようなケースです。

  • 「回収費用が6,000円に満たない場合、品目がいくら少なくても6,000円かかる」
  • 「回収費用が合計8,000円以上にならない場合は依頼できない」

電子レンジ1個だけの回収を依頼したい、といった場合は最低回収費用を超えられず、かなり割高になってしまいます。またそもそも依頼ができないこともあるので注意してください。

③諸経費(オプション料金)

ここまで解説してきた基本料金・品目別回収料金に加えて、以下のような費用がかかることがあります。

  • 処分費用
  • 梱包費用
  • 機器の取り外し費用
  • 駐車場料
  • 見積もり費用

業者によってはエアコンのクリーニングや部屋の清掃など、さまざまなオプションを用意していることも。こうした回収以外のサービスを依頼すると別途料金が加算されます。


どんな費用がかかるか・いくらかかるかは業者によって異なるので、事前に確認が必要です。心配な場合は回収予定のアイテムを伝えた上で「他にどんな費用がかかることが予想されますか?」と聞いてみるのも良いでしょう。

不用品回収業者の定額パック(プラン)の費用相場

多くの業者では、不用品をまとめて回収すれば費用を安く抑えることのできるお得なプランを用意しています。


例えば以下のようなものです。

プラン費用相場
備考
軽トラック1台に詰め放題
1万4,000円前後
1K相当の部屋におすすめ。 
1tトラック1台に詰め放題
3万3,000円前後
1DK・1LDKなどの部屋におすすめ。
1.5tトラック1台に詰め放題
4万円前後
1DK・2K・2DKなどの部屋におすすめ。
2tトラック1台に詰め放題
5万5,000円前後
2DK以上の部屋におすすめ。

例えば洗濯機と冷蔵庫の回収を単品で依頼すると、2万円前後かかることが一般的です。このような時に軽トラックプランを利用すれば、詰め放題で1万4,000円とかなりお得ですよね。このように1品ずつ回収してもらうよりも回収費用が安くなることがほとんど。たくさんの品目を処分する場合におすすめのプランです。


ちなみに定額プランには以下のような内容が含まれていることが多いでしょう。

  • 梱包・整理作業
  • 基本清掃
  • 廃棄物の処理

プランに含まれている作業には原則費用がかかりませんが、この場合も他にどんな費用が発生する可能性があるかを確認しておきましょう。


業者によっては事前に見積もり調査を行い、最適なプランを用意してくれるところもあります。

不用品回収業者の費用が高くなる(安くなる)要因は?

続いて回収費用が高くなってしまう要因、そして安くなる要因をご紹介します。思わぬところで費用が増減することもあるので、事前に予習しておきましょう。

回収品の大きさ・重さ

まずは回収するものの大きさや重さです。②の品目別料金に影響を与える部分ですね。回収するものが大きくなるほど、また重くなるほど回収が大変になるため費用はかさみます。


また「あまりにも重い」など少し特殊なものに関しては、別途人件費や車両費などを請求される可能性もあります。どのような場面で費用が発生するかは業者によってバラつきがあるので、事前に確認しましょう。

リセールバリュー

費用の大部分は大きさや重さで決まりますが、価格が決まる要素はそれだけではありません。実はその商品を中古品として販売した際、どれだけの価値が生まれるかという「リセールバリュー」も大事なポイントです。


特に家電製品や趣味の品などは、クリーニングや修理を行えば再び販売できるケースが多め。そのため大きくて重いものでも、高い市場価値が生まれそうであれば回収費用が安くなることもあります。


最も分かりやすい例を挙げると、液晶テレビの回収費用はどの業者でも非常に安く、条件によっては無料で回収してもらえることも。テレビの需要は安定しているため再販に適しているんです。

出張距離

回収業者の所在地から回収場所までの距離によっても、料金が変わることがあります。引っ越し業者が距離によって料金が変動するのと同じイメージですね。


ただ最近だと「一定のエリア内であれば料金は一律」「エリア外であればそもそも回収を行わない」という業者も。出張距離による料金の変動は一般的ではなくなりつつあります。

その他の予期せぬ費用

その他にも予期せぬ追加費用がかかってしまうことがあります。


例えばエアコンの取り外し料金。エアコン自体の回収が安くても、取り外し費用がかかって結局思ったよりも高額になってしまった、といったケースも。他にも家や周囲の状況(エレベーターの有無、道幅の広さなど)によって料金が変動することもあります。


そのためできる限り「他にどんな費用がかかる可能性があるか」を質問し、信頼できる回答が得られたところにお願いしましょう。

注意!こんな不用品回収業者は費用が高額になる危険性が!

不用品回収業者は不用品をまとめて回収してくれる便利な存在ですが、中には悪質な業者もいます。


悪質回収業者による被害でありがちなのは「事前に提示している金額が安すぎる・もしくは無料で、後から高額な追加料金を請求する」というケース。内訳を聞くと「手数料」や「ガソリン代」などがかかったと説明することがほとんどです。


そのため基本料金や回収費用が安いという理由だけで選ぶのは危険なんです。


もちろん不用品回収の費用は状況によって変わるので、HPなどに詳しく記載できないことも多いでしょう。料金が細かく記載されていないからといって全てが悪徳業者になるわけではありません。依頼前に問い合わせをしたり、見積もりで具体的な金額の内訳を出してもらったりすることが大切です。

失敗しない不用品回収業者の選び方!なるべく安い費用で依頼するには

ここまで説明してきたように、不用品回収の費用は「どんな業者を選ぶか」によって大きく変わります。場合によっては不当な費用を請求してくることもあるので、安く信頼できる業者をしっかり見極める必要があります。


次のような点に注意すると良いでしょう。

  1. 見積もり費用がかかるかを確認する
  2. 複数の不用品回収業から見積もりを取り比較する
  3. 見積もり時に金額の内訳を詳しく説明してくれるかを確認する
  4. 一般廃棄物収集運搬の許可を得ているかを確認する

選び方①:見積もり費用がかかるかを確認する

まずは依頼前に「見積もり費用」がかかるかどうかを確認しておきましょう。何も記載がない場合、別途見積もり費用を請求されるケースも。


ウェブサイトのどこにも見積もり費用に関する記載がない場合には、事前に電話やメールで問い合わせることをおすすめします。

選び方②:複数の不用品回収業から見積もりを取り比較する

不用品回収の料金や内訳は、業者によって大きく異なります。そのためたった1社のみの情報をもとにすると、それが適正なのかが分かりません。


そこで不用品回収を依頼する場合は、複数の業者から見積もりを取るのがおすすめです。ここでいう見積もりは正式な金額でなくても構いません。「何にお金が発生するのか」「それはいくらなのか」をある程度把握できればOKです。


「業者Aでは基本料金の他に車両費用や駐車場費用がかかるが、業者Bは基本料金のみ」といったケースも多いので、比較すれば適正価格が分かります。品目別の回収料金や、プランの料金を比較することでより安く依頼できるようになりますよ。


「とはいえ複数の業者に問い合わせるのは面倒」という場合は、ぜひミツモアを利用してみてください。ミツモアは郵便番号や求める条件を入力するだけで、その地域で活動している不用品回収業者から見積もりが取れるサービスです。最大5社が無料で金額などを提示してくれるので、費用や内訳・サービス内容を比較してより最適な業者にお願いすることが可能です。


またミツモアでは良質な業者のみ厳選して登録しており、利用者の口コミも確認できるため安心して業者選びができますよ。見積もりは無料なので、まずは料金を確認するだけでも大丈夫。ぜひ一度使ってみてくださいね。


ちなみにミツモアでの平均的な回収費用は、総額約1万5,000円となっています。

どの地域でお探しですか?

選び方③:見積もり時に金額の内訳を詳しく説明してくれるか

悪質な業者は出張費用や手数料・駐車料金などを加算し、高額な費用を請求してくることもあります。特に「まとめて○○円」など、一括で金額を提示された場合は要注意。内訳が分からないと、予期しなかった費用をどんどん付け足されてしまう可能性があるのです。


そのため見積もり時には以下の点を確認するのがおすすめです。

  • 回収を依頼したいアイテムや数などを伝える
  • 何にいくらかかるのかを聞く
  • その他費用が発生するとしたら、どんなものがあるのかを聞く

人間やましいことがあれば無意識に隠すもの。しっかりと内訳を示してくれない業者は避けた方が無難です。


ちなみにミツモアでは無料のチャットで質問することもできます。各社に同じ質問をして、回答内容を比較してみましょう。

選び方④:一般廃棄物収集運搬の許可を得ているか

家庭から出る不用品や廃棄物を回収するためには「一般廃棄物収集運搬」の許可が必要です。不用品回収業者を営む上で必須といえる資格ですが、中にはこの許可がないまま事業を行っている業者もいます。


こうした業者は不用品回収後に換金できそうなものだけを持ち帰り、それ以外は山の中に不法投棄することも。しっかりした業者を選定するには、この許可を持っているかどうかの確認を行いましょう。


許可を持っていない業者は、所在地をぼかすために住所を記載していないことも多いのでチェックしてみてください。

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?