ミツモアロゴ

優良な不用品回収業者の選び方|料金相場や違法業者の特徴について

ぴったりの不用品回収業者をさがす
最終更新日: 2020年08月19日

不要品回収業者を利用したいけど初めてで不安!法外な料金を請求されたりしないか心配。

そんな方に、この記事では正しい不要品回収業者の選び方や悪徳業者の見分け方はもちろん、不要品回収の種類についてもまとめて解説していきます。

信頼できる不用品回収業者かどうか知るには「許可」をチェック

不用品回収には許認可が必要

引越しの際に出た不用品をすぐに処分したい、使っていない家具や家電を手間なく処分したい、遺品整理で出た大量の不用品をまとめて処分したい。

そんな時は不用品回収業者を利用すると大変便利です。

しかし、世の中には不用品回収業者を名乗る業者がたくさんあるので注意する必要があります。

では安心して利用できる業者かどうかどのように見分けることができるでしょうか。

「一般廃棄物収集運搬業許可」があるか?

まず、その基準として挙げられるのは然るべき許可を取得しているかです。

そもそも、不用品回収業をはじめるには、各自治体から「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得していなければなりません。

不用品回収業者は、一般家庭から回収した不用品の中から有価物を選別した後、廃棄物を処分しなければなりませんが、その処分をするにあたり「一般廃棄物収集運搬業許可」が必須となります。

まず、この許可を持っているかどうかチェックしてみてください。

リサイクルショップの場合は「古物商許可」があるか?

その他に、不用品の買取りをしてリサイクルショップを運営する業者であれば都道府県の公安委員会から「古物商許可」を取得している必要があります。

白物家電を回収する場合は「産業廃棄物収集運搬許可」があるか?

また、家電量販店やリサイクルショップと提携して家電リサイクル法4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)の回収をするため「産業廃棄物収集運搬許可」を取得している業者もあります。

このような許可を取得していない業者はすべて違法行為になります。

安心して利用できる業者であれば、業者のホームページに事業内容とともに取得している許可が記載されているのでこちらも確認することをおすすめします。

選んではいけない不用品回収業者の特徴

警戒すべき不用品回収業者の特徴

では、安心して不用品を処分するために、選んではいけない不用品回収業者の特徴について見ていきましょう。

トラックで近所を巡回している

時折、「家庭内の不用品を回収します」と呼びかけながら各地域を巡回している軽トラックを見かけたことはありませんか?

そのような業者は無許可で営業している業者がほとんどです。

作業をした後に搬出料や運搬料と称して高額な料金を請求してきたり、回収した不用品から換金できる金属類だけを取り出して不法投棄をしたり、そのようなトラブルが後を絶ちません。

各自治体のホームページでも違法な不用品回収業者を利用しないように注意喚起がされています。

不用品の処分に困った場合は、まずお住まいの市区町村に相談して見てください。

会社の住所が確認できない・許可番号がない

悪徳業者のほとんどが会社の所在地が確認できなかったり、連絡先が固定電話ではなく携帯電話だったりします。

優良な不用品回収業者であれば、回収時にトラブルが発生した際には適切な対処が取れるよう、連絡先や住所を記載しているはずです。

近年ではほとんどの業者がホームページを持っているので、それが無いか連絡先が載せられていない業者は要注意です。

また、前述にもあった各事業内容に応じて「一般廃棄物収集運搬業許可」「古物商許可」「産業廃棄物収集運搬許可」の許可番号がしっかり記載されているかどうかも信頼できる業者のポイントになります。

トップページか会社概要などに記載されていることが多いので、こちらもぜひチェックして見てください。

チラシで無料回収を謳っている

巡回する軽トラック同様、よく目にするのが「なんでも無料回収します」というチラシです。

このような広告を出している不用品回収業者にも注意が必要です。

いざ回収を依頼すると、回収は無料だが処分に料金が掛かると法外な金額を請求してきたり、出張料や交通費といった名目で料金を請求したりします。

そもそも廃棄物を回収してもらうためには、処理手数料やリサイクル料など必ず支払うべき料金が発生するので、「無料」と謳っている業者は怪しい業者であると判断して良いでしょう。

引っ越し直後に突然訪問してくる

悪徳業者の中にはアポなしで突然訪問してくるという手口があります。

そのような不用品回収業者も怪しいと思って間違いありません。

不用意に家に入れると押しが強いので、どんどん荷物を回収していき、運搬料や処分費用などと理由をつけて法外な費用を請求してくる可能性があります。

換金できそうな物を物色して必要な物まで強引に持ち去っていくケースもあります。

優良な不用品回収業者がアポなしで訪問してくることはないので、絶対に家の中に入れないように注意しましょう。

後悔しない不用品回収業者の選び方

良い不用品回収業者を見極めるには?

ここまで違法な回収業者の特徴について見てきましたが、きちんと法律に則って営業している優良な不用品回収業者もたくさんあります。

次に、後悔しない業者の選び方について見ていきましょう。ポイントは4つあります。

料金体系をチェックする

不用品回収業者の料金体系は大まかに二つに分けられます。

1,基本料金(運搬にかかるガソリン代など)と品目ごとの回収料金

例えば、冷蔵庫やエアコン、たんすなど単品で重量物の運び出しを依頼したいときは、品目ごとのサービスを利用すると安く手間を掛けずに処分できます。

ただし、エアコンの取り外しはオプションになるなど、別途料金が発生する可能性があります。

不用品の個数が少なく、それ以上増えることがない方はこちらのプランで十分と言えます。

2,積み放題の定額制パックプラン

処分したい不用品が複数ある場合や個数が定まっていない場合は、定額制のパックプランを選んでおくほうが無難でしょう。

業者側もパックプランを戦略の一つとしてアピールしている場合が多く、実際プランも豊富にあります。不用品の量に応じてプランが選べます。

また、エアコンの取り外しや梱包作業費もパックプランの料金に含まれている業者や見積もり後の追加料金がなしといった業者もあるので、お得にサービスを利用できます。

回収可能な品目を確認する

不用品回収業者といっても、どの業者も同じように回収してくれるわけではないので事前に回収可能な品目を調べておく必要があります。

特に、ゴミ屋敷のようなところの不用品回収の場合は、生ゴミや汚物、悪臭がする物が出てきます。

そのような一般家庭ゴミの回収は、前述の「一般廃棄物収集運搬業許可」が必須となるので、回収が不可となっている業者もあれば、まとめて回収してくれる、またはオプション追加で回収してくれる業者もあります。

実際の作業事例を見て選ぶ

優良な不用品回収業者の多くは、自社のホームページに実際の作業例を掲載しています。

作業前と作業後の画像や動画はもちろん、利用目的や利用したプラン、部屋の広さ、作業人数や所要時間まで詳細に掲載している業者もあります。

不用品回収業者を初めて利用するという方も多いので、そのような方が実際の作業事例を見るなら不安が取り除かれ、安心してサービスを利用することができます。

口コミを確認する

実際の作業例とともに確認しておきたいのが利用者の口コミです。

こちらも業者のホームページを見るとお客様の声が掲載されているのでチェックしてましょう。

内容はもちろん、お客様の声が頻繁に更新されているなら、それだけ利用者も多いということなので安心して利用できる業者であると判断できます。

さらにお客様からの声をしっかりと受け止めているので、業者側のお客様に対する姿勢もうかがい知ることができます。

また、口コミサイトなどで業者の評判を検索することもできます。

その際、良い口コミだけでなく悪い口コミもチェックできるので、どんな人がどんな状況で利用したのか知ることができるので、ご自身が依頼する際の参考になるかも知れません。

事業者毎の不用品回収種類と選び方とは?

不用品回収の方法は様々

処分費用をできるだけ安くしたいという方もいれば、不用品が多いためとにかく手間をかけずに処分したいなど、利用したい状況は人によってさまざまです。

ここからは事業者ごとのメリット・デメリットを比較しています。

不用品回収業者に依頼をする前に、ご自身の状況や処分したい品物などによってどのように使い分けることができるか見ていきましょう。

不用品回収サービス

不用品回収業者を利用するメリットは、とにかく手間が少ないことです。

これは、よく自治体の粗大ごみ回収と比較される点です。

依頼をすればこちらの都合の良い時に回収してくれますし、不用品がたくさんある場合や重量がある物であっても自宅から運び出してくれます。

片付ける時間がなくて困っている方、重たい物が持ち出せない高齢者や女性に大変便利なサービスです。

また、他の事業者より回収してくれる品目が多いので、遺品整理やゴミ屋敷の片付けなど、不用品をまとめて処分したい方にはおすすめです。

デメリットは、料金が高いことです。

こちらも自治体との比較になりますが、自治体と比べて平均2〜3倍の料金が掛かると言われています。

また、オプションを追加するとさらに高額になるため、費用の面でトラブルにならないよう事前に料金を確認しておくことが必要です。

自治体による粗大ごみ回収

自治体で不用品を回収してもらう最大のメリットは、料金の安さと安心感です。

自治体の場合、処分費用の一部に税金が充てられているため安く処分してもらえます。

営利を目的としていないので、処分費用を不当に請求される心配もありません。

また、どこに住んでいても同じサービスが受けられるのも自治体ならではの安心感です。

デメリットは、不用品回収業者に比べて手間がかかることです。

事前にゴミ処理券を購入して、指定された場所・時間に自力で運び出さなければなりません。

また、自治体によっては一回で出せる粗大ごみの個数が決められている場合があります。

さらに、家電リサイクル法の対象となっている4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)は回収してもらえない点もデメリットとして挙げられます。

引越し業者

引越しを予定している方は、引越し業者に不用品の処分を依頼することができます。

引越し作業と同時に不用品を回収するため、出張料金が掛からない分お得に不用品を回収してもらえます。

また、不用品の引取りだけ別の業者に依頼をするという手間も省けます。

ただし、引越し事業者により引取りが可能な品目は異なり、引取りしてもらえない場合もあります。

不用品が多いという方は、不用品回収業者の利用をおすすめします。

リサイクルショップ(不用品買取サービス)

不用品の中で、貴金属や高級ブランド品、自治体で回収してもらえない冷蔵庫やエアコンなどの家電製品は、リサイクルショップを利用することができます。

ただのゴミとして捨ててしまうだけではもったいないですし、まだ使用できる物であれば再利用されてエコにもなります。

物によっては思わぬ値段で売却できることもあるので、まずは無料査定などで買取金額を調べてもらいましょう。

ただし、貴金属やブランド品は使用状態や市場価値によって価格は変動します。

また、家電であれば年式が新しいものほど高額買取されるので、売却すると決めたらなるべく早いうちに買取してもらうようにしましょう。

また、各リサイクルショップで買取できる物や買取金額も異なります。

ホームページで買取強化している物や得意としている買取分野をチェックしてみてください。

不用品回収業者をより正しく選ぶなら見積・比較をしよう

良い業者は見積もりで見分ける

不用品回収業者を利用する時は、必ず複数の業者から見積もりを出してもらいましょう。

各業者の見積もりを比較することにより、不用品回収の料金相場を知ることができます。

また、見積もりを見た時に、不用品回収に詳しくない人でも分かりやすい明細かどうか確認してください。

例えば、出張費や作業代など、それぞれの項目の内訳を詳細に記載しているかです。

さらに、明細を見てわかりにくい項目があった時に誠実に応えてくれるかどうかも業者を選ぶポイントになります。

無料で見積もりを出してくれる業者もあるので、そのような業者なら気軽に見積もりを依頼できます。

見積もりの内容と業者の対応をしっかりと比較してご自身の納得のいく業者を探してください。

ミツモアでプロの不用品回収業者を見つけよう

上記で複数の業者に見積もりを出してもらうことをおすすめしましたが、一社一社見積もりを出してもらうのは面倒だなと感じるかもしれません。

そんな時は、ぜひミツモアの一括無料見積もりサービスをご利用ください。ミツモアなら最大5社の中からあなたにぴったり合う不用品回収業者を見つけることができます。

利用したいサービスや住んでいる地域に絞って業者を探すこともできますし、チャット機能を使えば、細かな要望を気軽に相談できるので、よりご自身の希望にマッチした業者を見つけることができます。

ミツモアでは、不用品回収やハウスクリーニング、ベビーシッターや七五三の写真撮影など生活に密着したサービスの一括見積もりから、弁護士や税理士などあまり利用する機会がない業種の一括見積もりまで行うことができます。

そのほかにもさまざまな業種・サービスの一括無料見積もりが可能です。ミツモアで簡単・無料見積もり体験をしてみてはいかがでしょうか。

ミツモアで不用品回収業者を依頼する