ミツモアメディア

顧問社労士の記事一覧

どんなに収益を上げている企業でも労働問題や年金問題があれば企業価値が下がる可能性があります。従業員が生き生き仕事をするために労働問題や年金問題のプロである顧問社労士に任せてみませんか?顧問社労士のページでは、労働問題や年金問題に不安を持っている人のために「顧問社労士は何をしてくれるのか」、「顧問社労士を雇うための費用」、などの記事が乗っています。顧問社労士を雇って労働問題や年金問題を解決しましょう
【社会保険労務士】顧問料とスポット依頼の費用相場~社労士に相談できること&メリットとは?
この記事を監修した社労士社会保険労務士(社労士)とは?社会的役割と業務範囲社会保険労務士は弁護士や税理士などと同じく、一定の業務を行う権限が法律で与えられた士業のひとつです。トラブルの解決は弁護...もっと読む
人材開発支援助成金を活用しよう! 各コースの対象者や受給額、申請方法などを解説
優秀な人材を獲得することが難しくなっている現状においては、いかに自社で優秀な人材を育成していくかが重要になってきています。人材育成のために研修などを実施する場合には、厚生労働省の人材開発支援助成...もっと読む
高齢者を雇用した時などに受給できる助成金まとめ
この記事では、高齢者の雇用にかかわる助成金にはどのようなものがあるのか、また、それらの受給要件や受給額などついて解説しています。高齢者の雇用にかかわる助成金とは?国は高齢者の安定した雇用を確保す...もっと読む
勤務間インターバル制度と助成金について解説
ソフトバンクなど大企業が導入を発表して話題となった「勤務間インターバル制度」。「勤務間インターバル制度」は2019年4月1日に施行されたき方改革関連法に基づき、労働時間等設定改善法が改正されて定...もっと読む
【令和2年度最新版】障害者雇用に関する助成金まとめ
障害者雇用に関する助成金には、障害者を雇い入れた場合のほか、障害者のために雇用環境を改善した場合などさまざまな場面で支給されるものがあります。一定規模以上の企業が障害者を雇用することは義務であり...もっと読む
【2020年度最新版】外国人を雇用した際に受給できる助成金まとめ 受給額や要件など
人手不足の解消などをめざし、日本政府は外国人労働者の雇用を推進しています。しかし、新たに外国人を雇用する資金の余裕がない、初期投資に見合う安定した労働力の確保につながるかどうかが不安といった悩み...もっと読む
【2020年最新版】人材確保等支援助成金とは 受給額や要件について解説
人材確保等支援助成金とは、従業員の定着を図るために雇用管理の改善や生産性向上などに取り組む企業に支給される厚生労働省の助成金です。この助成金は人材が不足しているときに、まずは現在就業している従業...もっと読む
【新型コロナ関連】雇用調整助成金の対象者や助成率、申請方法について解説
雇用調整助成金とは経済上の理由によって事業活動の縮小を余儀なくされた事業主を支援するものですが、現在、政府はこの雇用調整助成金に新型コロナウイルス感染症の特例措置を設けて対象を拡大しています。こ...もっと読む
トライアル雇用助成金とは? 受給金額や申請方法について解説!
採用コストの削減や短期間で退職してしまうような入社後のミスマッチを防ぐための対策というのは、企業の人事部や採用担当者の頭を悩ませる大きな要因の1つであると思います。特にせっかく時間をかけて採用し...もっと読む
年次有給休暇の付与日数の計算方法を解説 付与の条件や取得方法は?
正社員やパートタイマー、アルバイトなど様々な雇用形態の従業員を雇っていると、有給休暇の付与日数や付与の条件がそれぞれ異なるため、わかりづらくてお困りの方も多いと思われます法律の改正による有給休暇...もっと読む
年次有給休暇管理簿の作成・保存が義務化! 基礎知識や作成方法について解説!
年次有給休暇管理簿とは働き方改革で、年10日以上の年次有給休暇が付与される従業員に対し、「年5日の年次有休休暇の確実な取得」が義務付けられ、取得日を基準にした管理方法のための書類として「年次有給...もっと読む
通勤災害の認定基準とは? 請求書の記入方法もわかりやすく解説!
通勤災害は、主に自宅と会社との間で発生するものであるため、社内や現場などで発生する業務災害と違って独特な認定基準があります。また、実際に通勤災害が発生したことにより、該当従業員が労災保険から給付...もっと読む
年次有給休暇の計画的付与とは? 年5日の取得義務化に対応!
年次有給休暇の年5日取得義務について、法律で定められている対応方法は、従業員ごとに意見を聴き、5日分を指定して取得させることですが、従業員が自ら申請して取得した日数や、計画的付与によって取得した...もっと読む