ミツモアロゴ

税理士を見つけよう

税理士を見つけよう

税理士に相談をしたいけど費用が心配!そんなあなたにぴったりの見積もりをお届けします!
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

税理士登録数、日本最大級!

税理士を探しましょう。

企業や個人事業主の会計処理は、顧問税理士に依頼すれば安心です。

日常の記帳代行から決算や確定申告の処理まで、複雑な業務を全ておまかせできるので、負担が削減できます。

また、専門的な税金の相談にもていねいに対応してくれるので、大きな節税効果が期待できます。

さらに、会社設立の手続きや、相続税の手続きなど、会計処理や税金に関わる疑問も、経験豊富な税理士にしっかりサポートしてもらいましょう。

気になる費用も、まずは見積もりを取って確認してみるといいですね。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

税理士の専門領域

税理士は税理士試験に合格した国家資格保有者が名乗ることができる役職です。税という文字がつくことからもわかる通り、税金にかかわる領域に専門性を持ちます。税の領域は制度が複雑なため、会計知識や顧客の業界知識など、広い知識が求められる業種です。資金調達や節税の方法など、中小企業や個人事業主のTopの方が頭を悩ませる課題に寄り添って、事業の成長を一緒に考えてくれるのがよい税理士の条件です。

税理士の具体的な業務内容

税理士法で定められている業務は以下の通りであり、税理士の顧客の求めに応じてこれらのサービスを提供します

  • 税務申告・申請・届出や税務調査対応を納税者の代理として行う「税務の代理」
  • 確定申告書や消費税、各種控除などにかかわる「税務書類の作成」
  • 税額の計算、将来の試算や節税アドバイスなどの「税務の相談」
  • 財務書類の作成、会計帳簿の記帳などを行う「財務にかかわる仕事」

「税務の代理」「税務書類の作成」「税務の相談」は法律に明記された税理士の独占業務となっております。

税理士と会計士の違い

税理士と会計士はともに企業の財務面をサポートすることを生業とする業種ですが、法律で決められた独占業務に違いがあります。税理士の独占業務は税務業務は中小・ベンチャー企業、個人事業主と一緒に処理を進めるものが多いため、税理士は中規模の顧客が中心です。一方、会計士の独占業務は監査業務で、大企業は監査を受けることが義務となっているので、大企業顧客が中心となりやすいです。両者ともに、会計・税務知識が豊富ですが、顧客の層が少し異なるので、どちらに依頼するか迷ったときは自身と近い規模の顧客がいるのかを確認すると安心です。

税理士の選び方

税理士を探す際に確認するべきポイントは、依頼したい業務によって異なります。依頼する業務が決まっているという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

共通で確認したほうがいいポイントは以下の3つです。


自身と近い規模・業種の顧客を持っているか

一口に税務業務といっても、事業の規模、業種が異なれば、内容は大きく異なるものです。飲食業に強い税理士にIT企業の相談をすると、確認事項が増えてしまします。多くの税理士がHPで実績を公開していたり、初回相談無料だったりしますので、どのような顧問先を抱えているのかを確認してみてください。


料金と含まれるサービス内容の説明が丁寧か

最近は当初想定していたよりも多くの金額が請求された、ということはすくなくなりました。しかし、サービス内容が想定と違った、というトラブルが起きています。手間にはなりますが、金額だけでなくサービス内容を詳しく理解した後に、依頼することをおすすめします。


心から信用できる人か

税理士を変更する理由として、多数を占めるものが、人柄が信用できないから、というものです。会社のお金にかかわる話をするので、本当に信用できる人でないと安心して任せることができません。人柄を確かめる方法はありませんが、なるべく会社の代表社が直接面談して、人間を見極めることに時間を使うべきだと考えます

税理士の全国の数

税理士は日本全国で約8万人おり、そのうち約半数が関東・近畿地方の大都市圏に登録しております。税理士試験の受験者数は減少傾向にあるものの、登録税理士数は増加傾向にあります。また、約6,000程度の事務所が税理士会に登録されており、事務所ごとに特徴があるので、税理士選びはなかなか大変です。

税理士の原状

税理士の平均年収は約720万円程度、平均年齢は40歳を超えております。年収は過去10年で安定して700万円を超えており、独立開業すると上がる傾向にあります。平均年齢は非常に高いですが、国税庁を退官した方が税理士として開業するケースが平均年齢を引き上げております。

ミツモアを利用した依頼者様の口コミ集

大島様 確定申告の税理士

評価 5.0

電話で相談させて頂きました。簡潔にとても分かりやすく、聞きたいことを教えてくださいました。確定申告だけのサービスではなく、色々と頼めると聞いて安心しました。アフターフォローもしっかりして頂いて、これからもお世話になりたいと思います。

依頼した背景は、確定申告について、副業にかかる税についてや制度についてこれから副業を始める上でどのようなことができるのか相談させて頂きたかったのと、場所も川崎に事務所があるため、立地もよく足を運びやすいと思い連絡させて頂きました。

選んだ決め手は、価格はもちろんのこと、確定申告にかかる自分の仕事(帳簿作成など)の少なさが魅力でした。あとは、なにより的確なアドバイスです。なにが難しくて、なにがやり易いのかはっきりと伝えて下さったため自分の背負うリスクを最小限にすることができそうです。


柴田様 相続税申告に強い税理士

評価 5.0

祖母の相続についての相談をさせて頂きました。私の家族関係や状況などを深くまで理解して頂き、その上でまず私達が何をすべきなのか、またどういった解決策があるのかを分かりやすく教えて頂き今後の見通しを立てることができました。祖母の相続に関しての状況が複雑であったため、紙に書いて説明して頂きとても分かりやすかったです。また、気さくな方でとても話しやすく疑問点が全て解消できたので満足しています。


法人企業(匿名)様 顧問税理士

評価 5.0

決算書の作成をどこに依頼するかさんざん探した結果、三橋先生が一番良さそうでしたのでお願いしました。

やりとりの際は迅速なレスポンスで、不明点の説明もわかりやすく非常に助かりました!

ありがとうございました!


溝江様 生前贈与・相続税対策に強い税理士

評価 5.0

たいへんに満足しています。見積もりをお願いした際には、詳細な見積もり(消費税も表示)を送って頂き安心して依頼することができました。所長のプロフィールを拝見すると、税務署で主に個人担当、国税でのご経験もあるとのことで、税務のプロ中のプロです。申告書の作成も的確、詳細で「美しい」、正にプロフェッショナルの仕事と納得しました。頼りになる税理士さんだと思います。

実際の依頼例

顧問税理士を探しています
東京都目黒区上目黒のH様

重視するもの
予算内におさまるか予算内におさまるか
事業形態
合同会社
業種
サービス業
具体的な業種
カメラマンです
創業時期
1~3年
月間の売上
30万円未満
経理方針
その他(決算書のみお願いできるのでしょうか?)
希望業務
税務書類の作成(決算書・確定申告書・年末調整など)
税理士探しの状況
税理士にお願いすべきかどうかも含め相談したい
現在の税理士の有無
いる:変更の理由(毎月の顧問料が高いです。データーを送ってるだけで、特に売り上げが凄くある会社ではないので、決算のみお願いできないかと)
プロの方へのメッセージ
現状をお話した上で決めたいと思います。 よろしくお願いいたします。
5人の顧問税理士から見積もりが来ました
平均価格
109,400円
顧問税理士A
顧問税理士A
Aと申します。 見積額は、いずれも消費税別途で、 決算書作成と法人税申告で 〇〇 年末調整 〇〇 です。 消費税申告が必要になったらプラス〇〇です。 いずれも会計データは御社で入力の場合です。 何かご不明の点がございましたらお知らせください。
顧問税理士B
顧問税理士B
はじめまして。Bと申します。 決算時のHさん作成の帳簿の確認と、申告書の作成・提出、年末調整及び法定調書作成の金額となります。(取引数等によって多少前後することがあります。) 当事務所でも使用しているので、データの連携も問題ありません。 事務所はXXのため近くはありませんが、通常の連絡は電話やメール等で可能かと思います。 顔を突き合わせての打ち合わせは決算時の1、2回程度を想定しています。 ご検討、よろしくお願いいたします。
顧問税理士C
顧問税理士C
月額〇〇円(消費税別)で 月々のデータチェック 決算 申告 簡単な会計と税務のご相談をお受けします お支払いは 3月ごとの自動引き落としになります 条件  毎月のデータ:入力した 仕訳データ 試算表をメール又は データで頂きます=当社の無料ソフト=クラウドシステムの使用をお勧めします
顧問税理士D
顧問税理士D
お見積りをお送りさせて頂きます。 Dと申します。 依頼内容を拝見させて頂きました。 年1決算(決算のみ)の金額としての見積り金額です。 詳細については、ご面談をさせて頂いて決めさせて 頂きたいと存じます。 ご検討をよろしくお願い申し上げます。
顧問税理士E
顧問税理士E
はじめまして、Eです。 どのように業務が行われているのか、お伺いさせていただき、最終的にはご提案したいと思います。 ご相談段階では無料とさせていただきます。 顧問契約を締結する場合の月額顧問報酬を目安をお知らせいたします。また、決算に伴う税務申告書の作成は税込○○円となります。 なお、会社設立に関して業務が発生する場合は、共同オフィスを運営しているパートナーの司法書士案件としてご対応させていただきます。 よろしくご検討ください。

税理士に依頼する場合の相場~税理士監修~

顧問弁理士約30,000円~50,000円 / 毎月
株式会社設立(定款印紙代+定款認証手数料+謄本交付手数料
+登録免許税+税理士手数料+司法書士手数料)

約200,000円~350,000円

融資・資金調達の着手金+成功報酬
約20,000円~50,000円+調達金の2%~5%
法人税節税の月額顧問料
約20,000円~60,000円
相続税申告
遺産総額の約0.5%~1.0%
相続税対策(税務調査立ち合い)
約30,000~60,000円/日当 * 調査日数
事業承継(組織再編計画)
約200,000円~2,200,000円
確定申告(青申告)
年間売り上げ 500万円以下の方、約60,000円~100,000円/1000万円以下の方、約100,000円~150,000円/3000万円以下の方、約200,000円

確定申告(白申告)

約30,000円~100,000円
税務相談(1時間)
約10,000円~

ミツモアでの見積もり例

月顧問料<個人事業主で月額売り上げが100~500万円のお客様の例>
21,600円/月
会社設立手続き支援+税務・経理の相談
 216,000円
創業融資の資金調達 
<株式会社で月額売り上げが30~50万円のお客様の例> 
調達金の2.5%
税務申告書作成報酬 
<株式会社で月額売り上げが50~100万円のお客様の例> 
12,000円/年
財産評価+相続税申告書の作成
<相続財産が総額5000万のお客様の例> 
500,000円
税務申告書等作成報酬 
<税務申告書等作成報酬>
120,000円/年
税務相談初回無料

どの地域でお探しですか?

ミツモアで税理士に依頼するメリット

1. 対応の早さ

ミツモアを通じて依頼するメリットの一つは、早急な依頼にも対応が可能であることです。急な依頼にも迅速に対応致します。

2. 適格な申請

税理士に依頼すると、会社のことを良く理解している専門家の心強い手助けを得ると同時に、税務のノウハウを教わることが出来ます。

3. スムーズな手続き

税務のプロである税理士にアドバイスをもらい、または、税理士が代理人となり、ミスなく申請を進めることが出来ます。

4. 親身なサポート

税務問題についてはどのような相談でも受け付けます!何か税務公署に関する問題にもすぐにサポート対応することが可能です。

サービスの流れ

1. 相談・事前調査

税理士に依頼する、お客様の依頼内容・予算を含めた詳しい要望を電話やメールで伺います。システムを通じて、税理士の方の意見を聞くことが出来ます。

2. 税理士を選任

具体的な見積もりや条件を考慮し、自分にあった税理士を選任することが可能です。税理士の方に依頼内容を伝えます。

3. 契約成立

自分の選任した税理士と、詳細な依頼内容に基づいて、相談し、契約を結びます。税理士は要望を聞いて手続きのために会社について把握します。

4. 書類作成・手続き開始

書類作成や手続きを始めるために、必要書類を集め、申告書や申請書、決算書を作成します。相談や対策の場合、税理士のノウハウを教わることが出来ます。

どの地域でお探しですか?

顧問税理士

顧問契約を交わした税理士は顧客の事情に精通し、各顧客に応じて税務について適切なアドバイスをします。顧客と頻繁にコミュニケーションをとることで、企業に誰よりも近い存在となるため、税務調査への対応や経営分析などの税務以外の相談をすることができます。

会社設立・起業開業

会社設立する際に一番相談相手になってくれるのが税理士です。税理士の方によっては、複雑な会社設立の手続きから、設立に必要な資金、融資を受けるための事業計画書、各種届出書の作成・提出、公的補助金などの申請まで幅広くサポートしてくれるので、起業という門出に心強い味方を得ることができます。

融資・資金調達・助成金

専門の知識を持つ税理士は、事業計画書作成から金融機関との面談まで、資金調達のための手助けをしてくれます。資金調達のためには、様々な方法がありますが、大きく分けて、出資・補助金・融資があり、これらを得る際に、税理士がついていることで通過率が上がると言われています。一から親身になって、事情を把握し、サポートしてくれる税理士を探しましょう!

法人税の節税

節税とは、税制度を利用することによって、決められた範囲内で、税金を払い過ぎないようにすることを指します。税金は当然支払うものですが、控除や経費として計上することで、支払う税金額を節約することができます。定められた節税に詳しい税理士の手を借りて、税金を過分に支払う事態を回避することが大事です。

相続税対策・相続税申告

国家資格を有する税理士の業務のうち、相続税対策についての相談は、税理士のメイン業務と言えます。普段の生活で身の回りにない税金の問題に直面した際に、これを迅速に解決するためには、比較的安価で簡単に、一から相談できる税理士の存在が必要不可欠です。

事業承継支援

事業承継とは、事業にまつわる株式、役職、各種財産など「人」「資産」「知的財産」を譲受人に譲渡することです。近年、経済成長を支えてきた中小企業の経営者の引退に伴う後継者不足が問題となっており、M&Aによって事業を譲渡する方が増えています。贈与税、会社法の分野に強い税理士が、世代を超えて、事業を発展させるため架け橋となってくれるでしょう。

確定申告

確定申告とは、一年間得た所得を計算し、申告することで、一年分の納税額を支払うことを意味します。年末の忙しい時期に、領収書や請求書をまとめ、一年分の所得を割り出すという綿密な作業を、税理士に依頼することで、手間なく、遅滞なく、正確に確定申告をすることが可能です。

税務相談

税理士は、税務官公署に対する申告・申請・請求・不服申し立て等の税金の相談にのることが可能です。一人では、解決できない税務問題に直面した際には、税の専門家で経験値が豊富な税理士に相談し、アドバイスをもらって迅速に且つ正確に解決しましょう!

どの地域でお探しですか?