ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

給与計算ソフトを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを比較できます
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

給与計算ソフトとは

給与計算ソフトとは従業員の勤怠実績をもとに給与計算を自動化するシステムです。給与計算はミスの許されない業務である一方、それ自体が事業成長につながるわけではないノンコア業務。ここを効率化したいという方も多いのではないでしょうか。


ただ「給与計算の業務効率化にはそもそもどういう方法があるのか」「自社にあった給与計算ソフトとはどのようなものなのか」といった点は悩みどころ。そこで給与計算の業務効率化で考えるべきこと、給与計算ソフトの選び方とおすすめの給与計算ソフトについて、徹底的に解説します。


給与計算ソフトは割増賃金や手当て、所得税なども自動算出してくれるため、業務効率化につながります。さらに税制改正や社会保険料の料率変更に自動で対応したり、給与明細の電子化機能でペーパーレス化を進められたりすることも特徴の1つです。自社に合う給与計算ソフトを比較しましょう。

給与計算ソフトおすすめランキング!【2022年最新版】

ミツモアの「ソフトウェア診断」において、最もおすすめ回数が多かった給与計算ソフトをランキングにしました。ランキング結果は2021年7月〜2022年6月の期間を対象にしています。



1位:ジョブカン給与計算

第1位は株式会社DONUTSが提供する「ジョブカン給与計算」です。パートや正社員などさまざまな雇用形態ごとにユーザーグループを作り、それぞれの給与規定に合わせて複雑な給与計算を行える機能性が人気を集めています。1ユーザー当たり月440円というコストパフォーマンスも魅力的で、先々の従業員数が読めないベンチャー企業も導入しやすいです。


2位:マネーフォワード クラウド給与

第2位は株式会社マネーフォワードが提供する「マネーフォワード クラウド給与」です。マネーフォワードシリーズとの連携が魅力的で、勤怠情報の自動取り込みや会計ソフトへの給与仕分けの連携が便利という口コミが寄せられています。またマネーフォワードの製品以外にもKING OF TIMEやSmartHRなどと連携できて、拡張性が高いことも人気の要因です。


3位:jinjer(ジンジャー)給与

第3位はjinjer株式会社が提供する「jinjer(ジンジャー)給与」です。誰にでもわかりやすい操作画面ながら、細かい給与体系までが設定できると評判です。また専任のスタッフが自社の課題解決のサポートをしてくれる点でも人気があります。


第4位以降は「給与奉行クラウド」と「freee(フリー)人事労務」が続きました。いずれの製品も数多くの導入実績を誇り、毎月の給与計算業務を効率化できます。まずは「一般的に人気な製品から検討を進めたい」という方は今回のランキングもぜひ参考にしてみてください。

給与計算ソフトの比較ポイント


自社に合った給与計算ソフトを選ぶ際には、次の4つの比較ポイントを重視しましょう。また中小企業におすすめの給与計算ソフトを比較大企業・中堅企業におすすめの給与計算ソフトを比較個人事業主・小規模法人向けの無料で使える給与計算ソフトを比較などでは、事業規模ごとに絞って、給与計算ソフトを比較できます。


費用や料金体系が自社に合っているか

料金体系は月額定額制の製品もあれば、ユーザー数に応じた従量課金制の製品もあります。また一定のユーザー数までは無料で、その後課金が始まる製品もあります。


現在の従業員数と今後の従業員数の増加見込みを踏まえて、自社にあった料金体系を選びましょう。また自分の業界にあった製品を使うことも選び方の1つです。


関連記事:飲食店におすすめの給与計算ソフトとは?選び方とメリットも紹介

関連記事:建設業が給与計算ソフトを導入するなら?選び方とおすすめ3選を紹介

関連記事:病院におすすめの給与計算ソフトは?メリット・デメリットもチェック


既存システムとの連係は可能か

給与計算では勤怠情報の入力や従業員情報の更新、経理との連携など、関連業務が多く発生します。従業員数が一定規模以上なら「勤怠管理システム、会計ソフト、労務管理ソフト」と連携することで業務効率化の相乗効果が得られるでしょう。


すでに別のシステムを導入している企業は、給与計算ソフトとの連係ができるかを事前に確認しておきましょう。


自社の求める機能が備わっているか

給与の自動計算機能はどの製品にもあるため、製品差はありません。一方で業務効率化につながる機能には違いがあるため、自社の求める機能が備わっているかに注意しましょう。特に機能差が出るポイントは以下の3つです。


  1. 給与明細の電子化ができるか
  2. 自動で法令改正や料率変更に対応できるか
  3. 年末調整やマイナンバー管理は給与計算ソフトでできるか、外部システムとの連係が必要か


また勤怠管理や経費管理といった給与計算以外の機能の有無も、製品によって大きく異なります。給与計算のみでなく、他の業務もまとめて効率化したいときは、必要な機能が備わっているかを確認しましょう。


サポートが充実しているか

給与計算ソフトを自分で使いこなせるようになるまでに不安がある方は、サポート体制が充実している製品を選びましょう。サポート体制は24時間365日の製品もあれば、電話やメールは受け付けない製品もあります。


また次のボタンから「業種、従業員数、自動化したい項目」といった簡単な質問に答えるだけで、あなたにピッタリの給与計算ソフトを無料で診断することもできます。

中小企業におすすめの給与計算ソフトを比較

中小企業向けの給与計算ソフトは、給与計算に関する機能について大きな差はありません。明確な違いは連携可能なソフトの種類、料金体系、サポート体制などです。いずれの給与計算ソフトも無料のトライアルができるため、具体的な使用感や機能詳細を試してみると安心です。


中小企業におすすめの給与計算ソフト比較表(表は右にスクロールできます)


製品名
弥生給与給与奉行クラウド
freee人事労務
ジョブカン給与計算
マネーフォワードクラウド給与
jinjer給与
月額料金年間8万円(ベーシックプラン)5,500円
4,378円
+
1名550円
(ベーシックプラン)
1名440円2,980円
(スモールビジネスプラン)
1名550円
連携サービス(勤怠管理システム)
タイムパック
ShiftMAX
※CSV形式で取込可
14製品(HRMOS勤怠、KingOfTime、TouchOnTime、RecoRu、kinconeなど)
※CSV形式で取込可
ジョブカン勤怠管理9製品
(マネーフォワードクラウド勤怠、HRMOS勤怠、KingOfTime、TouchOnTime、ReCoRu、kinconeなど)
※CSV形式で取込可
jinjer勤怠
連携サービス(勤怠管理システム以外)
弥生シリーズ (販売 / 会計)、人財箱NEO、Web給金帳クラウド、PSD労働社会保険、データ管理の達人
奉行シリーズ、マイクロソフトオフィス、カオナビ
Slack、オフィスステーション、SmartHR、LINEWORKSなど
ジョブカンシリーズマネーフォワードシリーズ、オフィスステーション、SmartHR、カオナビ、Paymeなどjinjerシリーズ※その他出力フォーマットあり
給与の自動計算機能



給与明細の電子化機能
連携で可能


法令改正や料率変更への自動対応機能
×(無償アップグレード対応)


賃金台帳などの法定帳簿との連携機能



年末調整機能


連携で可能
マイナンバー管理機能


連携で可能
連携で可能
給与計算以外の機能
社会保険対応(月額算定変更対象者の抽出)など
社会保険対応など
社会保険対応
勤怠管理
労務管理
など
社会保険対応など銀行振込機能など社会保険対応(月額算定変更対象者の抽出)など
無料トライアル

(30日間)
(30日間)
(1カ月間)
※機能制限あり
(無制限)
※5名まで
(1カ月間)
サポート
電話
メール
電話
電話
メール
チャット
要問合せメール
チャット
メール
チャット


関連記事:中小企業が給与計算ソフトを導入するなら?メリットと注意点も紹介

中小企業におすすめの給与計算ソフト6選

  • 勤怠管理との連携で、紙で起こっていた小さなミスを防ぎながら作業時間を大幅削減
  • 勤怠情報収集、給与計算、明細書作成、給与振込をペーパーレスで一気通貫管理可能
  • IT化に抵抗がある方でも、わかりやすい画面ですぐに慣れ、サポート体制も充実


紙やExcel上で給与計算をしていると、短時間で正確に作業を終えることは難しいです。freee人事労務なら給与計算に必要な従業員の勤怠データと自動で連動しており、給与振込や明細書作成もペーパーレスでWeb上で完結します。アナログよりも転記時間や人為的ミスを減らせるでしょう。

 

freee人事労務は誰にでも使いやすい画面レイアウトが特徴です。さらに目的に合わせて余分な機能を省いて、自社に最適なツールへとカスタマイズできます。

 

また口座情報や入出金データなどは暗号化して保管されますし、金融機関と同等の通信方式で個人情報の流出を防げて安心できるでしょう。現場の労務や人事の課題を手っ取り早く解決するには、サポート力でも定評があるfreee人事労務がおすすめです。

基本情報給与自動計算、明細書電子化、年末調整、マイナンバー管理、勤怠管理、人事労務
連携可能システムfreee会計
SmartHR
オフィスステーション
IEYASU
kincone
Touch on Time
レコル
LINE WORKS
slack
導入規模少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態クラウド
無料トライアル無料プランあり
導入事例ラクスル、代々木アニメーション学院、医療法人社団 慶実会など


関連記事:freee人事労務の評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じた機能や料金の特徴

更新日:2022-09-09
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
  • 初心者でも簡単に始められる給与計算ソフト
  • プライバシーマーク取得でセキュリティ対策も安心
  • 満足度95%でサポート体制が万全


給与計算ソフトの導入にあたって、難しそうな初期設定に不安を感じている企業でも問題ありません。マネーフォワードクラウド給与は事業者と従業員の情報を各5項目ずつ入力するだけで利用開始できます。初心者でも簡単に、安心して始められる給与計算ソフトです。


マネーフォワードクラウド給与はプライバシーマークを取得しており、個人情報を適切に保護していることが認められています。また従業員のメールアドレスや口座情報は暗号化して保管されるため、個人情報の流失のリスクが低いです。


導入後のサポートとしてチャットやメールといったツールが用意されており、不明な点はすぐスタッフに尋ねられます。チャットサポートの満足度は95%(※1)と質の良さが保証されていて安心です。有償の導入支援サービスもあるため、初めて給与計算ソフトを導入する企業でもスムーズに運用できるでしょう。


基本機能給与自動計算、明細書電子化
連携可能システム
マネーフォワード クラウド会計・確定申告
マネーフォワード クラウド経費
マネーフォワード クラウド勤怠
マネーフォワード クラウド社会保険
マネーフォワード クラウドマイナンバー
マネーフォワード クラウド人事管理
マネーフォワード クラウド年末調整
導入規模
少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態
クラウド
無料トライアル
30日間
導入事例
ウイングアーク1st、hachidori、浜崎海運株式会社/朝日石油株式会社など

※1 2020年6月 株式会社マネーフォワード調べ

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
  • jinjerの他システムと連携して給与計算をラクにする
  • 月額1人当たり500円と低価格で導入しやすい
  • 自社の課題に合わせた専任のサポート体制が決め手


毎月の勤務情報を給与計算ソフトに入力するのが面倒だという企業へ、jinjer(ジンジャー)給与は同社の人事管理システムや勤怠管理システムと連携し、必要な情報を自動で反映するため便利です。また給与明細や源泉徴収票はWeb上で発行でき、紙で出力する労力が要りません。


jinjer給与の料金プランは月額1ユーザー当たり500円と導入しやすい手ごろな値段設定です。人事管理システムや勤怠管理システムも、jinjerシリーズであればそれぞれ月額1ユーザー500円以内に収まります。低コストで利用できるため、個人事業主や中小企業にもおすすめの製品です。


自社に合ったシステムの設定を行いたいが、自分たちで細かい設定ができるか不安だという企業もあるでしょう。jinjer給与は専任のスタッフが自社の課題をヒアリングし、運用に携わってくれるため安心です。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整
連携可能システム
jinjer勤怠
jinjer人事
jinjerシリーズ全般
導入規模
少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態
クラウド
無料トライアル

※1 jinjerシリーズ

更新日:2022-09-09
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 異なる雇用形態の給与計算がラクにできる
  • ジョブカンシリーズとの連携で手作業を削減
  • 12万社以上の幅広い企業に導入されている人気シリーズの製品(※1)
  • 5名まで0円の無料プランを用意


パートや正社員、それぞれ異なる雇用形態に合わせた計算を行いたいという企業は、ジョブカン給与計算を利用すると良いでしょう。「月給か日給か」「支給日はいつにするか」など、給与規定に合わせたユーザーグループを作成し、複雑な給与計算をラクにします。


ジョブカン給与計算を同社の勤怠管理システムと連携すると、システム内の勤怠情報をワンクリックで取り込めるようになります。毎月定時刻にデータを取得するよう設定することも可能なため、管理者が入力したり毎回CSVファイルをインポートしたりという手間は必要ありません。


中小企業から大企業まで幅広く導入されている人気シリーズの製品で、実績があるため安心です。チャットや電話でのサポートが付いた30日間の無料お試しがあり、自社に合っているか確かめられる点で、初めての企業でも失敗せずに導入できるでしょう。


また5名まで無料で使えるプランがあります。無料プランでも、機能面で質問がある際はメールや電話サポートを利用できるため、じっくりと利用してから有料プランを検討可能です。無料プランでは会計ソフトや勤怠システムといったジョブカンシリーズのAPI連携、年末調整、チャットサポートは利用できないので注意しましょう。それらを試したい場合は30日間全機能を利用できるお試しプランでの利用が可能です。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整、マイナンバー管理
連携可能システムジョブカン勤怠管理
ジョブカン労務HR
その他ジョブカンシリーズ
導入規模
少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態クラウド
無料トライアル無料プランあり(5名まで、無期限)
導入事例株式会社Wiz、dely、行橋整形外科など


※1 株式会社DONUTS調べ(2021年11月時点)

更新日:2022-08-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
給与奉行クラウド
株式会社オービックビジネスコンサルタント
iEシステム月 5500円~
iAシステム月 9000円~
iBシステム月 17000円~
iSシステム月 23000円~
株式会社オービックビジネスコンサルタント
給与奉行クラウド
iEシステム月 5500円~
iAシステム月 9000円~
iBシステム月 17000円~
iSシステム月 23000円~
  • 業務時間が7 割削減した企業もあり(※1)
  • 社会保険労務士や税理士との情報共有がラクになる
  • セキュリティ水準が高く安心して使える
  • 会計簿記などの専門知識を有するスタッフによる手厚いサポート

勤怠情報の入力や給与明細の配布を煩わしく感じている企業へ、給与奉行クラウド給与計算に関わる手順を一括デジタル化し、7割もの業務時間を削減します。勤怠情報の転記作業や給与明細の発行作業をなくすことで、経理担当者の負担が大幅に削減できるでしょう。


専門家ライセンス用のライセンスが1つ無償で付属しているため、顧問の社会保険労務士や税理士にチェックしてもらえます。給与計算のデータを送付する手間は必要はありません。毎月の社会保険労務士や税理士とのやり取りを効率化したい企業におすすめです。


給与奉行クラウドは世界でも高く評価されている、Microsoft Azureというサーバーを基盤としています。月間稼働率は99.9%を誇り、安定した運用が可能です。情報はすべて暗号化して保存しており、セキュリティ水準が高く安心して利用でき
ます。


24時間365 日対応可能なサポート体制も給与奉行クラウドの特徴です。利用にあたってわからないところがあっても、会計簿記などの資格を取得したスタッフが疑問や相談に的確に回答してくれます。


基本機能給与自動計算、明細書発行、年末調整、マイナンバー管理、勤怠管理
連携可能システム給与明細電子化クラウド
年末調整申告書クラウド
マイナンバークラウド
法定調書奉行クラウド
総務人事奉行クラウド
労務管理電子化クラウド
勤怠管理クラウド
導入規模
少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態
クラウド
無料トライアル
30日間
導入事例
医療法人正和会、サッポロドラッグストアー、花の舞酒造など

※1 OBC調べ(2022年1月現在)

更新日:2022-10-03
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
セルフプラン初期費用 88000円~
ベーシックプラン初期費用 88000円~
トータルプラン初期費用 121000円~
弥生株式会社
弥生給与 22
セルフプラン初期費用 88000円~
ベーシックプラン初期費用 88000円~
トータルプラン初期費用 121000円~
  • 従業員規模100名までの企業が対象
  • 部門ごとに管理できる
  • あんしん保守サポートが1年間で提供

弥生給与は、従業員100名までの企業を対象にした、インストール型の給与計算ソフトです。規模拡大に伴い給与計算事務が煩雑になってきたときや、部門ごとの人件費管理に使えるソフトを探しているときにおすすめです。給与計算・賞与計算・年末調整・社会保険事務などに対応している点は小規模パッケージと変わらず、利便性に優れています。またインストール型のため法改正や税制変更に自動で対応はしていませんが、法改正に対応した製品を何度でも無償提供しているため安心でしょう。

部門設定ができるため、部門ごとの人件費を可視化したいときに最適です。複数の事業所ごとに細分化して登録すれば法定調書や社会保険手続き書類を提出する際にもデータを参照しやすくなり、業務効率改善に貢献していくでしょう。部門ごとの予算に合わせて賞与計算するなど、実務に特化した機能が搭載されていることもポイントです。


またあんしん保守サポートの1年無料、もしくは特別価格での提供を実施(※1)。電話やメールでのサポート、マイナンバー相談、ネットワークサポートなどが含まれているため、初めて給与計算ソフトを導入する場合に向いています。


関連記事:弥生給与の口コミ・評判!できることや注意点を解説!自社に最適なのかを判断しよう


※1 2022年8月現在

更新日:2022-08-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

大企業・中堅企業におすすめの給与計算ソフトを比較

大企業・中堅企業向けの給与計算ソフトは、福利厚生を一元管理する機能があったり、多岐にわたる労働条件を管理できたりと、大企業に合わせた機能があることが特徴です。


大企業・中堅企業におすすめの給与計算ソフト比較表(表は右にスクロールできます)


製品名GLOVIA(グロービア)きらら 人事給与
COMPANY
POSITIVE
月額料金
13,200円~
要お問合せ
要お問合せ
連携サービス
(勤怠管理システム)
システム内連携
COMPANYシリーズ
POSITIVEシリーズ
連携サービス
(勤怠管理システム以外)
システム内連携
COMPANYシリーズ
POSITIVEシリーズ
給与の自動計算機能



給与明細の電子化機能



法令改正や料率変更への自動対応機能



賃金台帳などの法定帳簿との連携機能



年末調整機能



マイナンバー管理機能



給与計算以外の機能
社会保険対応
人事管理など
社会保険対応
福利厚生対応
退職金計算など
社会保険対応
給与業務進捗管理機能など
無料トライアル
要お問合せ
要お問合せ
要お問合せ
サポート
要お問合せ
要お問合せ
要お問合せ


関連記事:大企業におすすめの給与計算ソフトとは?選び方からおすすめまで紹介

大企業・中堅企業におすすめの給与計算ソフト3選

  • 自社の給与規定に合わせて柔軟に給与計算ができる
  • 給与と人事システムを統合し、人材情報が一目でわかる
  • 富士通が開発したシステムで安心・安全を守る
  • クラウド型とパッケージ型の両方を提供


パートやアルバイト、業務委託など多様な雇用形態を採用している企業でも心配ありません。GLOVIA(グロービア)きらら 人事給与はあらかじめ用意された項目や計算式をもとに、自社の給与規定と異なる部分だけを修正して自動計算の設定ができます。


給与管理と人事情報の管理を1つのシステムで行うことができます。経営で不可分な2つの管理を1つのツールにまとめられるため、別製品の追加を検討する必要がなく、さらに経営管理をスムーズに進められるので便利でしょう。


GLOVIA きらら 人事給与は富士通が開発したシステムで、安心・安全なセキュリティを確保しています。ログインやアクセス履歴を管理して不正アクセスに対応していて、誰がいつどんな機能を利用したのかをチェックすることが可能。その他にもバックアップデータを遠隔地のデータセンターで管理することができるので、災害対策やデータ漏えい対策として利用できます。長く安心して使い続けられるシステムです。


さらにクラウド型とパッケージ型の2つの導入形態を提供します。クラウド型では、データを富士通の高セキュリティのデータセンターで厳しく管理。さらに法改正への対応やサーバー管理も一括して任せられます。クラウド型とパッケージ型で、自社に適した形態で導入可能です。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整、人事労務
連携可能システム

マネーフォワードクラウド経費

経費キャッシュレス

@Tovas(あっととばす)

勤怠管理システムADVANCE勤怠

Navisia労務管理システム

i-Compass WEB給与明細

導入規模少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態クラウド/オンプレミス
無料トライアル
導入事例日新興業など
更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
COMPANY(カンパニー)
株式会社Works Human Intelligence
基本プラン要お問い合わせ
株式会社Works Human Intelligence
COMPANY(カンパニー)
基本プラン要お問い合わせ

  • 大手法人に導入されていて、社宅管理や財形貯蓄なども対応
  • 人事管理から給与計算までを一貫してこなす
  • 社会保険の電子申請、福利厚生の加入状況も一括管理
  • 海外給与計算機能あり


大手企業向けの給与計算ソフトを探している企業におすすめです。通勤交通費、財形貯蓄、持株会、貸付金、社宅管理もスムーズに入力でき、福利厚生の加入状況も一括管理します。


COMPANY(カンパニー)は人事管理から給与計算まで、シリーズ内で一括で行える労務管理クラウドです。同シリーズの勤怠管理システムと連携して、自動で出退勤の情報を取り込めるため、勤怠情報の同期にかかる時間を大幅に削減できるでしょう。


社会保険に関する手続きは、e-Gov電子申請にてウェブ上ですべて完結。退職金のシミュレーション、確定拠出年金や確定給付年金の掛け金、それらの提出用のデータも作成できます。


また海外子会社に赴任している従業員がいる場合も、赴任地情報や赴任期間、家族帯同の有無などの管理可能です。その情報を活かして海外勤務手当やハードシップ手当などにも対応できます。山崎製パンやコニカミノルタなど、大手企業での導入実績が多数あることも安心できるポイントです。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整、退職金計算、勤怠管理、マイナンバー管理、人事管理
連携可能システムCOMPANYシリーズ
導入規模大企業
提供形態クラウド(オンプレミス可)
無料トライアルデモあり
導入事例三井化学、トッパン・フォームズ、日本貨物鉄道、山崎製パンなど

更新日:2022-09-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
POSITIVE
株式会社電通国際情報サービス
基本プラン要お問い合わせ
株式会社電通国際情報サービス
POSITIVE
基本プラン要お問い合わせ
  • 4万名の給与情報を10分以内で処理できる
  • 10万名を超える大手グループ企業でも十分なパフォーマンス
  • 支社ごとの給与計算にも対応

4万名の給与情報を、9分台で処理する高いシステムパフォーマンスを有する、大企業におすすめの給与計算システムです。10万人を超えるグループ企業でも満足のいくサービスを提供してくれるでしょう。ANAホールディングス株式会社や株式会社JTBといった大手企業で導入されているため安心です。


支社ごとに違う給与計算にも対応しており、汎用性に優れています。大規模で複雑な給与計算が必要な企業には最適です。
更新日:2022-09-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

注目の給与計算ソフト9選

PCAクラウド 給与
ピー・シー・エー株式会社
ピー・シー・エー株式会社
PCAクラウド 給与
  • 複雑な給与体系の企業にも対応している
  • 人事管理などの外部システムと連携して機能拡張できる
  • 充実したサポート体制で問題はすぐに解決


PCAクラウド 給与の給与計算機能は、計算式の項目が豊富です。そのため自社の給与体系が複雑で計算を面倒だと感じている企業も、ソフトの導入によって労力を省けます。例えば同じ営業部門内であっても、管理職用の給与計算方法と一般社員用で分けられて便利です。


PCAクラウド 給与はAPI連携に対応しており、ほかの製品と幅広くつなげて機能を拡張できます。昇給、賞与シミュレーションを行う場合はPCA人事管理と、給与明細を自動作成したい場合はクロノスPerformanceと連携すると便利です。自由度の高い製品であるため、バックオフィス業務を広範にカバーできます。


またサポート体制が充実していることも特徴です。中でもAPI連携をスムーズに行うことを目的とした有償のPSIP制度は、顧客からも「信頼感へつながった」と評価されています。自社で解決できない技術的な疑問に対して迅速な回答を得ることができ、外部システムの連携などを問題なく進められて有用です。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整、マイナンバー管理
連携可能システムPCA 人事管理シリーズ
導入規模少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態クラウド/インストール/オンプレミス
無料トライアル3カ月間
導入事例東海ビジネスサービス、シャボン玉石けん、東京海上日動キャリアサービスなど
更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • NECが提供するクラウド型の給与人事システム
  • システム企画から安心の長期保守サービスまで
  • 22,000社が利用する勤怠管理システムと連携可能

NECが提供するクラウド型の給与人事システムで、年末調整における業務の効率化をサポートします。同システムに登録されたデータから、社員に配付する扶養控除等(異動)申告書や保険料/配偶者特別控除申告書を簡単に作成可能。データ取り込み機能も搭載されているため、中小企業で経理に割く時間や人員の余裕がない企業にとって、心強い味方になるでしょう。

給与計算システム EXPLANNER/S(エクスプランナー エス)では他のEXPLANNERシリーズ製品との組み合わせで、より効率的なデータ活用が可能です。ワークフローシステムの「EXPLANNER/FL Ⅱ」は、中堅・中小企業におけるワークフロー市場で8年連続シェアNo.1(※1)を獲得。誰でもすぐに使いこなせる操作性とプログラミングレスで短期間にシステム構築できるのが特徴です。

さらに稼働実績15年以上のクラウド型の勤怠管理システムである「勤革時(きんかくじ)」とシステム連携ができます。勤怠データを給与計算に活用できるので、各業務が独立した作業にならずシームレスな給与計算が実現可能です。

基本機能給与自動計算、明細書発行、年末調整、人事労務
連携可能システム勤革時
導入規模少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態インストール
無料トライアル

※1 ノークリサーチ社調べ(2021年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート)
更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 勤怠や人事情報とスムーズに連携できるから正確
  • 給与データをそのまま利用し、電子申請できる
  • 給与明細をPDFにしてメールで配信することが可能


勤怠情報や人事情報を給与計算ソフトに手入力していて面倒だという企業へ、人事届出サービスであるe-AMANOと連携すると、e-AMANOで収集したデータを給与計算システムに自動で反映できます。人事届出サービスと給与計算ソフトの両方に人事情報を手入力する手間が省けるのが嬉しいポイントですます。


また給与データを他のデータに移行させることなくそのまま利用して、社会保険の電子申請をすることが可能です。各システムで入力作業を行う必要がないため、余分な業務に費やす時間を軽減できて、より重要度の高い業務に時間を割けるでしょう。


さらにオプション機能を使用すれば、給与明細をPDFにしてメールでの配信が可能です。給与明細の配布がオンライン上で完結するため、紙媒体の給与明細よりも煩雑な作業とコストのカットが見込めます。

基本機能

給与自動計算、明細書電子化、年末調整、マイナンバー管理、勤怠管理、人事労務

連携可能システムe-AMANO
導入規模少人数(1~20名)、中小企業
提供形態クラウド/オンプレミス
無料トライアル
導入事例製造業、サービス業など

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 役員や社員、アルバイトといった雇用形態に問わず給与計算が可能
  • 給与計算に加えペーパーレスも促進
  • Socia就業システムとの連携でさらに業務を効率化

役員や社員、アルバイトなどの雇用形態ごとに計算方法や締め日などを設定して計算が可能です。雇用形態だけでなく、子会社や関連会社の給与管理にも対応しているため、複数の設定で給与計算が必要な企業におすすめできます。

給与明細や源泉徴収票をオンライン上で確認、提出できるため、印刷や仕分けの手間を省ける点がメリットです。従業員は場所を問わずアクセスでき、勤務日に関係なく給与明細を確認できます。

別ソフトであるSocia就業システムと連携することで、勤務情報がそのままSocia給与システムに反映されるため、さらに作業を自動化できるでしょう。
更新日:2022-08-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 社労士向けの管理システム
  • 2,200件以上の保守契約実績があるため安心
  • Excelと同じ操作画面で使いやすい

Cells給与は社労士の給与計算方法に特化している給与計算システムです。社労士が作ったシステムであるため、顧問先ごとに給与計算ができる仕組みとなっており使いやすいでしょう。クライアントに応じて、給与の計算方法を変えられ、突然の手当にも対応しています。

2,200件以上の社労士と保守契約を結んでいる点はとても信頼性の高い商品といえます。初めて給与計算システムを導入する場合でも安心です。

Excelで操作画面が構築されているため、システム導入により新しく覚えることが少なく済みます。システムに慣れていない社労士の先生でも、すぐに給与明細の作成や年末調整の業務が行えるでしょう。
更新日:2022-08-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
JDL IBEX給与net2
株式会社日本デジタル研究所
株式会社日本デジタル研究所
JDL IBEX給与net2
  • 個人事業主や300名までの中小企業におすすめ
  • 月給、日給、時給の給与計算に対応
  • オンライン、オフライン問わず利用可能

最大300名までの企業に特化しており、月額1,480円とリーズナブルな料金設定です。個人事業主や中規模の企業におすすめで、昇給設定や賞与のシミュレーションも行えます。

支給形態は月給、日給、時給に対応しているため、アルバイトと社員が混在していても給与計算が可能です。

USBポートがあればオフラインでもサービスを使えます。給与計算業務には個人情報や漏洩できない大切な情報が含まれているため、給与計算をオフラインで実施できる点は安心でしょう。


関連記事:JDL IBEX給与net2の評判・口コミ| ユーザーの感想や料金プランを解説【2022年最新】

更新日:2022-08-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
Ceridian Dayforce Japan株式会社
クラウド型給与アウトソーシング
基本プラン要お問い合わせ
  • 交通費と通勤経路を自動で算出
  • 給与計算だけでなく、勤怠や労務周りの情報も一括管理
  • 各種税金や社会保険に対応


Workcloudに登録された勤怠情報をもとに、給与計算と同時に交通費の反映が可能です。また乗換案内Bizでは通勤や出張時の経済的で合理的な経路検索が素早くなります。給与と交通費を連携させれば会計業務が楽になるでしょう。


Ceridianクラウド型給与アウトソーシングは日本で唯一、給与計算のほかに勤怠と労務情報を一括で管理できる製品です。(※1) 一般的な給与計算システムに搭載されている給与の自動計算、賞与計算、給与明細の電子化などにはもちろん対応しています。


アウトソーシングのサービスを搭載したシステムであるため、住民税の年度更新や住民税異動届といった専門的な業務は委託可能です。また外部の社労士法人により社会保険周りの業務を遂行してもらえます。従来時間のかかっていた業務をすべてプロに委託することで大幅な効率化と人員削減を図れるでしょう。


基本機能電子給与明細、電子年末調整、源泉徴収票
連携可能システムWorkday
導入規模200名~5,000名
提供形態クラウド型
無料トライアル
導入実績フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社、ジョンソン株式会社、株式会社カカオピッコマ、アフラック・アセット・マネジメント株式会社、Indeed Japan株式会社、SoftBank Investment Advisers、MARS Japan Limitedなど
※1 2022年9月時点(Ceridian Dayforce Japan調べ)
更新日:2022-10-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
給与計算Q太郎F
株式会社オー・エム・エス
無料版 0円~
有料版 5000円~
株式会社オー・エム・エス
給与計算Q太郎F
無料版 0円~
有料版 5000円~
  • 5人以下なら有料級の機能を無料で使える
  • 無駄のない作りだからサクサク動かせる
  • ソフトのインストールが一瞬で完了

給与計算Q太郎Fは税金や保険料を自動で計算でき、手軽に給与・賞与明細書の作成ができる給与計算ソフトです。5人以下の企業であれば無料で利用できるため経費の削減になるだけでなく、有料とほぼ同様の機能を使えます。

給与計算ソフトをはじめて導入する上で、社内で使いこなせるか不安な担当者もいるでしょう。給与・賞与計算の基本機能に限定しているため、パソコンやシステムの操作に慣れていない従業員が多い職場でも問題なく利用できます。動作が軽快でストレスなく利用できる点が好評です。

給与計算Q太郎Fは、ホームページから手軽にダウンロードして利用できます。シンプルな設計のため、ソフトのダウンロード・インストールに時間がかからず、思い立った時に気軽に始められて便利です。「とりあえず使ってみたい」という方は必見でしょう。


関連記事:給与計算Q太郎Fの評判 | 5名以下は無料で使える給与計算ソフト!

更新日:2022-09-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
給料らくだ22
株式会社 ビーエスエルシステム研究所
株式会社 ビーエスエルシステム研究所
給料らくだ22
  • 初心者でも使いやすい直感的なUI
  • パートやアルバイトなど様々な賃金体系に対応
  • 年末調整や源泉徴収票の作成ができる

給料らくだは月給・日給・時給の給与計算はもちろん、残業や休日出勤など、さまざまな自動計算機能を搭載した給与計算ソフトです。社会保険や労働関連の専門家である社労士が作ったソフトなだけあり、初心者に優しい設計で、手順通りに進めると簡単に給与計算ができます。


関連記事:給料らくだの評判 | 社労士が作った直感的に使える給与計算ソフト!

更新日:2022-09-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

個人事業主・小規模法人向けの無料で使える給与計算ソフトを比較

とにかくコストを抑えたい!という個人事業主や小規模法人の方向けに、ずっと無料で使えるおすすめの給与計算ソフトを比較しました。


無料でもかなり充実した機能を利用することが可能です。ただし、無料である代わりに法令改正への自動対応ができなかったり、データ保持制限や人数制限がある場合があります。自社のほしい機能が備わっているか確認しましょう。


少人数企業の給与計算ソフトについては「少人数の企業こそ給与計算ソフトを導入しよう!選び方やおすすめは?」でも紹介しているので参考にしてください。


また「やよいの給与計算」は無料ではありませんが、小規模事業者向けに開発されており、23年連続売上実績No.1で圧倒的なシェアを誇る、使いやすくて安心できるサービスです。


完全無料の給与計算ソフト比較表(表は右にスクロールできます)


製品名フリーウェイ給与計算
ジョブカン給与計算
PayBook
円簿給与やよいの給与計算
人数制限
5名まで
5名まで
10名まで
無制限
データ保持期間
無制限
無制限
3カ月間
無制限
連携サービス(勤怠管理システム)
フリーウェイ勤怠
ジョブカン勤怠
なし
記載なし
KING OF TIME
タッチオンタイムなど
連携サービス(勤怠管理システム以外)
フリーウェイシリーズ
ジョブカンシリーズ
年末調整・法定調書の達人記載なし
弥生シリーズ
給与の自動計算機能




給与明細の電子化機能




法令改正や料率変更への自動対応機能


手動改定
次期バージョンアップ製品を無償で提供
賃金台帳などの法定帳簿との連携機能
要問合せ

要問合せ

年末調整機能




マイナンバー管理機能

フリーウェイマイナンバーと連携可能

要問合せ

給与計算以外の機能
社会保険
労働保険
所得税
リマインド
複数口座振り込み

社会保険
労働保険
社会保険
労働保険
サポート
マニュアル
FAQ
電話
メール
メール
マニュアル
FAQ
電話
メール


関連記事:無料の給与計算ソフト11選!機能や選び方のポイントも紹介

個人事業主・小規模法人向けの給与計算ソフト4選

フリーウェイ給与計算
株式会社フリーウェイジャパン
有料版月 2178円~
無料版月 0円~
株式会社フリーウェイジャパン
フリーウェイ給与計算
有料版月 2178円~
無料版月 0円~
  • 給与計算の対象が5人以下では無料&無期限で使える
  • 6人以上でも月1,980円定額で価格満足度が高い
  • 年末調整や支払調書など17種類以上が無料で出力


シリーズ累計30万以上、給与計算では8万名以上の利用者がいる給与計算ソフトです。クラウド型給与計算ソフトのため、インストールしなくてもWindowsやMacの両方で使えます。5名までは無期限で無料で利用可能で、6名以上で利用したくなった場合もユーザー制限なしで月額1,980円で利用できるため、従業員が増えても低価格で利用でき安心でしょう。また有料プランでは電話やメール、リモートサポートがついており迷ったときに相談できます。


源泉所得税や住民税などの税金計算、社会保険料の登録、年末調整といった基本的業務はすべて対応可能です。シンプルな画面、かつマニュアルが完備されているため簡単に使いこなせるでしょう。

基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整
連携可能システム

フリーウェイ経理

フリーウェイタイムレコーダー

フリーウェイマイナンバー

導入規模少人数(1~20名)、中小企業、大企業
提供形態クラウド
無料トライアル無料プランあり(5名まで無期限)
導入事例越佐ロード、有限会社 竹隆庵岡埜、大仲会計事務所など
更新日:2022-08-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
Paybook
合同会社Pay-book.jp (ペイブック)
フリー月 0円~
スタンダード月 1000円~
プロ月 3000円~
合同会社Pay-book.jp (ペイブック)
Paybook
フリー月 0円~
スタンダード月 1000円~
プロ月 3000円~
  • インストール不要の給与計算ソフト
  • 最短3分で給与計算が完了する
  • 無料もしくは格安で利用できる

Paybookは社名・担当者名・メールアドレス・パスワードを設定するだけでブラウザ上で使えるため、面倒な手続きがいりません。ITソフトを使い慣れていない企業や、すぐに導入したい企業におすすめです。

使いやすいシンプルなユーザーインターフェースと最低限の給与計算に特化しており、最短3分で給与計算が完了します。日々の給与の計算はもちろん、控除項目への対応、社会保険料の計算、給与明細の印刷とメール送信など、設定項目が限りなく少ないため、給与計算を行ったことがない方でも簡単に扱えるでしょう。雇用保険料率などあらかじめ決められている控除額は既にPaybookに組み込まれているため、照会しながらの手入力も要りません。


Paybookには無料プランがあり、給与計算・給与明細出力・給与明細の個別メール配信・CSV出力など最低限必要な機能だけであればコストがかかりません。最もランクの高いプロプランでも、月3,000円という非常に安価な料金設定が魅力と言えるでしょう。課金プランであれば登録従業員数やデータ保持期間も無制限になるため、長期的に利用し続けたいときにも便利です。全機能を利用できるトライアルが3カ月用意されているので、まずは無料トライアルから試してみるのもおすすめでしょう。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整
連携可能システム年末調整・法定調書の達人(NTTデータ)
導入規模少人数(1~20名)、中小企業
提供形態クラウド
無料トライアル無料プランあり(10名まで無期限)
導入事例
更新日:2022-08-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
円簿給与
株式会社円簿インターネットサービス
基本プラン要お問い合わせ
株式会社円簿インターネットサービス
円簿給与
基本プラン要お問い合わせ
  • 全機能を無料で使える
  • 社会保険実務もカバー
  • メールアドレスだけでログインできる


円簿給与では、全ての機能を無料で使うことができます。さらに会計、青色申告、営業支援ツールもあり、それぞれ無料で利用可能です。基本的な給与計算だけでなく、賞与計算・年末調整・従業員情報管理なども無料であるため、コストをかけることなく運用できるでしょう。また細かな機能にも長けており、算定基礎届や「確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表」といった面倒な書類の作成まで行えます。給与明細をWeb上で限定配信する機能もあり、面倒な封入・配布作業から解放されることもメリットです。

社会保険実務のカバーができるよう、健康保険料率や雇用保険料率の改定があり次第、即座にアップデートされます。万が一公的機関からの情報を見落としてしまっても、給与計算でミスをすることがありません。年事業務である労働保険料申告もワンクリックでできるようになっており、都度計算する必要がないこともポイントです。

ログイン用のID・PWを設定する必要がなく、メールアドレスのみでログインできます。社名・従業員名など個人情報と結びつく重要データを設定する必要がなく、セキュリティ環境を重視したいときにおすすめです。データ通信自体もSSLで暗号化されており、第三者による不正な改ざん・不正アクセスから情報を守ってくれます。またデータは自動バックアップし、関東と関西で2重保管されているため、データ消失の心配も不要です。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整
連携可能システム記載なし
導入規模少人数(1~20名)、中小企業
提供形態クラウド
無料トライアル無料プランあり(人数制限なし、無期限)
導入事例
更新日:2022-08-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
セルフプラン初期費用 29700円~
ベーシックプラン初期費用 29700円~
トータルプラン初期費用 46200円~
弥生株式会社
やよいの給与計算 22
セルフプラン初期費用 29700円~
ベーシックプラン初期費用 29700円~
トータルプラン初期費用 46200円~

  • 中小企業に特化したインストール型ソフト
  • 初心者向けのユーザーインターフェース
  • マイナンバー管理に対応している


従業員数20名までの小規模~中小企業向け給与計算ソフトです。給与計算・賞与計算・年末調整・社会保険事務など幅広く対応しており、ローコストで運用したいシーンで役立つでしょう。大企業向けパッケージと同じく法律や保険料の改正(改定)に対応しているため、最新のプログラムを利用したいときにも向いています。


給与計算ソフトを初めて使う人でもわかりやすいよう、シンプルかつ分かりやすいユーザーインターフェースになっています。クイックナビゲーター機能を使って作業の流れを一目で可視化したり、導入を手助けするスタートアップガイドが搭載されていたりするため、ITソフトを使い慣れていない人でも安心して利用できるでしょう。


やよいの給与計算は、マイナンバーの収集、管理、破棄まで一元管理できます。管理部門の誰にどこまでの権限を与えるのか個別に設定できるため、役職ごとに規定を分けたい企業でも使いやすいでしょう。マイナンバーの収集もシステム上で実施できるため、紙で集めて手作業入力するリスクも予防できます。


基本機能給与自動計算、明細書電子化、年末調整、社会保険事務
連携可能システム弥生シリーズ
導入規模少人数(1~20名)、中小企業
提供形態インストール型
無料トライアル30日間
導入事例アメリア・ネットワーク、L.S.P、仁済など
関連記事:やよいの給与計算の評判|経理初心者、20人程度の小規模企業向け


更新日:2022-08-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

給与計算の業務効率化とは?エクセル・社労士・ソフトを比較

給与計算ソフトの導入目的は主に業務効率化です。そのため給与計算ソフトを検討する前に、業務効率化にはどのような手段があって、どれが自社に最適であるかを比較・確認しましょう。


給与計算の業務効率化には「エクセルで計算する」「社労士・税理士に頼む」「給与計算ソフトを使う」といった3つの方法があります。


計算方法
エクセルで計算する社労士・税理士に頼む給与計算ソフトを使う
月額費用従業員数20名の相場無料別途Microsoft Officeの費用は必要3万~6万円5,000~2万円
メリット〇エクセルが導入済みなら無料である〇法令や料率の変更に対応してもらえる 〇給与計算担当者を雇用する費用が抑えられる〇法令や料率の変更に自動で対応できる
〇給与計算担当者の負担を抑えられる
〇ペーパーレス化が進められる
デメリットミスが発生しやすく、税制や料率の変更も自分でする相性のいい社労士を探す手間がかかる社内の業務フローを変更する必要がある
対象者
雇用形態や労働条件がシンプルで費用を抑えたい企業給与計算の社内業務を最小限に抑えたい企業人事労務担当者がいて、DX化を進めたい企業


エクセルで無料で給与計算をする

  • メリット

個人事業主の方や開業したての方には「エクセルの機能で給与計算できないか」と考える方も多いのではないでしょうか。エクセルはMicrosoft Officeを契約していれば、追加費用なしで給与計算ができます。費用を節約したい方にとって大きなメリットでしょう。


  • デメリット

手動で計算式などを入力するため、間違いが発生しやすいです。また税制や社会保険料率変更への対応にも手間がかかります。社会保険料率の改定は年に1度は発生するため、毎回エクセルの計算式を直さないといけません。


  • このような方におすすめ

雇用形態や労働条件がシンプルで、従業員数が少ない企業であれば取り入れることができるでしょう。単に費用を抑えたい場合は、期限なしで無料で利用できる給与計算ソフトもあります。詳しくは個人事業主・小規模法人向けの無料で使える給与計算ソフトを比較に掲載しました。


社労士や税理士などの専門家に給与計算を頼む

  • メリット

社労士や税理士などの専門家に頼むのは、給与計算担当を雇用する費用が抑えられます。法令や料率の変更にも対応してもらえるという安心感があります。


  • デメリット

相性が良い社労士や税理士を探す手間がかかります。特に士業の方にはご高齢の方も多く、必ずしもITリテラシーが高いわけではありません。自社の業務やニーズを理解して適切なサービスを提供してくれる専門家を探せないときは、むしろストレスを感じるでしょう。


  • このような企業におすすめ

給与計算の社内業務を最小限にするために、相性の良い専門家を根気強く探せる方にはおすすめです。給与計算を依頼するなら税理士?社労士?それぞれの費用相場や選び方を解説の記事も参考にしてみましょう。


給与計算ソフトを導入する

  • メリット

給与計算ソフトでは法令や料率変更にもソフトウェア側で対応してくれます。特にクラウド型の給与計算ソフトは自動でアップデートされるため、対応漏れが発生しません。給与計算業務が自動化されるため、人事労務担当の負担も抑えられるでしょう。さらに給与明細の電子化となり、社内のペーパーレス化も進みます。


  • デメリット

給与計算ソフトを導入すると、給与計算ソフトへの勤怠情報の入力から給与明細の発行まで、ソフトウェアに合わせて社内の業務フローを変更する必要があります。今までの業務に慣れ切っていると業務フローの変更は負担かもしれません、また給与計算は業務効率化されますが、依然としてミスをしてはいけないプレッシャーから開放されるわけではないです。


  • このような企業におすすめ

給与計算にかかるフローをDX化して、バックオフィスだけではなく会社全体の業務効率化やペーパーレス化したい企業におすすめです。また給与計算の業務自体は存在し続けるため、人事労務担当者がいたほうがいいでしょう。

給与計算ソフトの基本機能

給与の自動計算

従業員の基本給、時間外手当、各種手当、税金、保険料といった毎月の給与計算を自動化する機能です。勤怠管理システムと連携すると、より正確なデータを反映できます。 


関連記事:給料計算の仕組みを解説!差し引き内容やミスの防ぎ方もチェック

 

給与明細の電子化

紙の給与明細は印刷、封入、配布に時間がかかります。給与計算ソフトでは必要な各種明細をワンクリックでPDF化して、自動で全従業員にお知らせできます。 


法令改正や料率変更への自動対応

税制改正や保険料率改定といった給与計算に影響する制度変更のたびに、計算式を自動アップデートしてくれます。そのため見落とし事故を未然に防げるでしょう。


賃金台帳等の法定帳簿との連携

従業員の給料や賞与に必要な台帳を管理する機能です。紙の書類が必要ないため、オフィスのスペースを取りません。


年末調整

従業員に1年間支払った給与と、住宅ローン控除や保険料控除を元に、所得税額の過不足を自動計算し、

年末調整申告書の作成、自治体提出用書類の作成が効率化できる機能です。ソフトによっては、年末調整申告書の配布や回収、源泉徴収票のオンライン交付に対応しているものもあります。


関連記事:年末調整とは何なのかを簡単にわかりやすく解説!やり方の手順や必要書類も紹介

関連記事:控除とは?税金の計算や節税に欠かせない考え方をわかりやすく解説


マイナンバー管理

源泉徴収票など税理署に提出する書類に記載する必要がある、マイナンバーの収集と管理ができます。

平均2分!ミツモアで給与計算ソフトを相見積もり


表計算ソフトや計算機による給与計算では、誤りを見つけるための確認作業を何度も行い、担当者の負担は増すばかりです。そのため給与計算ソフト、特にクラウド型の給与計算ソフトを導入する企業が増えています。

 

ただし、すべての給与計算ソフトが自社の業務課題を解決してくれるわけではありません。給与計算ソフトには各種書類をスピーディーに作成できるタイプから、大企業向け、人事評価システムと連携できるタイプまで、さまざまな製品とプランが存在しています。

 

その中から最適な給与計算ソフトを選ぶためにも、平均2分でできる無料の相見積もりを試してみましょう。事業形態、業種、従業員数、必要な機能などの質問に回答すると、自社に合った給与計算ソフトが見つかります。

給与計算ソフトについて

無料で使える給与計算ソフトは?

無料で使用できるソフトは「フリーウェイ給与計算」「ジョブカン給与計算」「PayBook」「円簿給与」です。無料プランの場合、人数やデータ保持期間、機能に制限があるため注意しましょう。「円簿給与」であれば人数制限なしで使えます。

少人数向けの給与計算ソフトを選ぶポイントは?

導入費用とランニングコスト、外部システムと連携可能かが大事です。初期費用はクラウド型のソフトが最も安く、0円から始められます。また自社で使っている勤怠管理システムや会計ソフトと連携できる製品もあり、なるべく業務を効率化したい場合には重要なポイントです。

関連記事一覧

標準報酬月額とは?手取りとの違いや計算方法についても解説

「標準報酬月額って何のこと?」「手取りとは違うの?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。標準報酬月額とは、社会保険料を算出するための基準となる金額のことです。4~6月の報酬月額の平均値に基...

給与体系とは?方法と具体例にみる理想的なモデルの作り方

給与と従業員のモチベーションは切っても切れない関係です。従業員との信頼関係を良好に保つためにも、企業は給与体系を定期的に見直して、問題点があれば改善を加えなければなりません。この記事では給与体系...

無料で使える給与計算ソフト11選!機能や選び方のポイントを解説

「給与計算ソフトが多すぎて選べない」「どれが自社に合っているかわからない」とお困りではありませんか。「従業員数が少ない」「どうせならお金をかけずに利用したい」といった企業に、無料の給与計算ソフト...

収入金額や所得金額の違いとは?源泉徴収票や確定申告書の見方も確認

会社員の給与や個人事業主の売上などの話をするとき、収入金額と所得金額の区別がついていないと混乱の元です。そこで収入金額と所得金額の違いについてくわしく解説をしていきます。計算方法や控除の種類、金...

差引支給額とは?控除額の内訳から給与計算の基本まで詳しく解説

差引支給額とは給与明細の「差引支給額」とは具体的にどのような概念を指すのでしょうか。正確に給与計算を行うためにもしっかりと意味を理解しましょう。差引支給額は総支給額から控除額を引いた手取り額「差...

やよいの給与計算の評判|経理初心者、20人程度の小規模企業向け

「やよいの給与計算」は弥生株式会社が提供する、初心者でも簡単に使いこなすことができる給与計算ソフトです。給与計算・年末調整業務だけでなく、社会保険や集計・マイナンバー管理など便利な機能と使いやす...

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。