ミツモア
背景画像

エアコンクリーニング

エアコンクリーニングを無料見積もりでお得に!信頼できるクリーニング業者に見積もりを依頼しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

エアコンクリーニングの相場

壁掛けタイプお掃除機能なし
(1.5~2時間)
8,000円~12,000円
壁掛けタイプお掃除機能あり
(2.5~3時間)
13,000円~18,000円
天井埋込タイプ
(3~5時間)
15,000円~18,000円
天井吊下式タイプ
(3~5時間)
25,000円~35,000円
床置式タイプ
(1~1.5時間)
10,000~13,000円
消臭抗菌コートオプション
1,000円〜2,000円
室外機洗浄オプション
3,000円~4,000円


エアコンクリーニングでは、エアコンの種類によって料金が大きく変わります。

壁掛け式 エアコン

壁掛け式

多くの家庭のエアコンはこのタイプ。ただし同じ壁掛け式でも「お掃除機能」の有無によって料金が違います。

 

お掃除機能の有無はリモコンに「手動掃除」や「フィルターおそうじといったボタンがあるかどうかで判断できますよ。ちなみに「内部クリーン」はお掃除機能とは別物です。

床置式 エアコン
床置式
床に置いてあるぶん作業が簡単なので、料金や時間はさほどかかりません。


このタイプのエアコンを洗浄する場合、エアコンを完全に分解して、大量の水で高圧洗浄を行います。床置形エアコンはメーカー・型番によってクリーニング方法が変わってくるのも特徴。プロが適切な洗浄方法を見極め、熱交換器の裏側までスッキリと洗浄してくれます。
天井埋め込み式 エアコン
天井埋め込み式
事務所や店舗などに多いタイプです。吹き出し口の数が機種によって異なる点に注意が必要。


一般的に吹き出し口が多いほど料金が高く、所要時間も長くなります。業者には事前に吹き出し口の数を伝えておくと良いでしょう。

天井吊下式 エアコン
天井吊下式
天井から吊り下げられているこのタイプは、クリーニングが非常に困難です。そのため料金が高く、時間もかかる点に注意してください。


実際の作業ではパネルやフィルター、ドレンパン、ファンまでも取り外すなどエアコンを完全に分解し、高圧洗浄を施します。

業者にエアコンクリーニングを頼むタイミング

タイミング1. 吹き出し口に黒い斑点が付いている

エアコンの吹き出し口が汚れてしまっていることで、カビやウイルスが風と共に排出され、吸い込んでしまう可能性があります。吹き出し口は手が届く範囲であれば自分で掃除できますが、エアコン内部のカビは本体を分解しないと難しいです。カビの斑点が気になったら分解から組み立ても実施してくれるプロにクリーニングを依頼しましょう。

タイミング2. 風が臭く感じるとき

エアコン内部が汚れているサインになるので、エアコンクリーニングの利用を検討しましょう。タバコやホコリ・カビ臭さが改善されるだけでも利用した価値は大きいものがあります。

タイミング3. 効きが弱くなっている

汚れやホコリをため込むことにより、エアコン本体の仕事効率が低下してしまっています。電気代がかかる原因にもなるため、早めにプロへ依頼しましょう。

エアコンクリーニング業者を選ぶときのポイント

「エアコンクリーニングなんて、とにかく安いところに頼めば大丈夫でしょう?」とお思いの方もいるかもしれません。しかし基本料金の安さだけで業者を選ぶと、後になって思わぬトラブルに繋がる可能性があります。ここでは業者の選び方について料金・技術力・オプション・接客といった観点から解説していきます!

<料金編>


契約前に料金を提示してくれるかチェック

正式契約の前に内訳を含めた作業料金を明確に見せてくれる業者に依頼しましょう。料金を確定しないまま作業に移られると、後に追加料金を請求される恐れがあるため要注意です。


また業者にエアコンの型番と設置場所の写真を送ることも大切。これにより業者も手間や時間を予測できるので、正確な料金を教えてくれるでしょう。



汚れによる追加料金や出張費・駐車料金がかからないか確認

汚れが多い場合には、まれに追加料金が発生します。場合によってはオプションとしてあらかじめ設定されている場合もあるようです。業者には事前に「しつこい汚れがあっても追加料金が発生しないか」聞いておくと安心でしょう。

そのほか「出張費・駐車料金」も注意したいポイント。自宅が出張費無料で来てもらえるエリアにあるのかどうかは要チェックです。また自宅に駐車できるスペースがない場合、パーキング代を業者が負担してくれるのかどうかも確認しておきましょう。


セット割引がある業者を選ぶとお得


エアコンクリーニングでは、複数台を同時に依頼するとお得になるケースが多いです。一般的に2台以上のクリーニングを依頼すると、1台あたり500~1,500円程度の割引がききます。「家じゅうのエアコンをまとめてキレイにしたい」という方は、業者が複数台割引などのセットプランを用意していないかチェックしてみると良いでしょう。

エアコンクリーニングの様子

<クリーニングの質編>


店舗の実績・資格を確認しよう


まずは店舗の実績を見てみましょう。エアコンクリーニングの経験年数や年間台数を見れば、エアコンの扱いにどの程度慣れているかがわかります。

また「エアコンクリーニング士」という資格をもった業者を選ぶのもオススメです。この資格は業者の知識・技術向上に取り組む一般社団法人日本エアコンクリーニング協会が定めているもの。所定のスクールに通ってエアコンに関する知識や技術を学び、試験に合格した業者だけに与えられます。つまりエアコンクリーニングに関する研修をしっかりと受けた証なのです。


スタッフの研修制度が整っているか


スタッフへの新人研修や定期研修がしっかりと行われているかも注目したいポイントです。店舗にもよりますが、大手フランチャイズであればオーナー研修に2週間~1.5カ月ほどかけている模様。2週間程度の研修期間を設けている業者であれば安心といえるでしょう。



<オプション編>


エコ洗剤を使った洗浄が可能か


妊婦・赤ちゃん・ペットがいる家庭では、業者が使う洗剤にも注意した方が良いでしょう。


エアコンクリーニングでは通常、強アルカリ性の洗剤を使います。ほとんどの業者では中和処理やすすぎ洗いをして身体への害をなくしてくれますが、万が一すすぎ残しがあると肺やノドに悪影響を及ぼす可能性も。こういったケースが心配な方には、より安全性に配慮して作られたエコ洗剤がおすすめです。


代表的なエコ洗剤には「天使の松」があります。このようなエコ洗剤は中性・弱アルカリ性で、すすぎ残しによる害がありません。さらに植物由来の成分を含む場合が多く、環境や人体に優しい点が特徴です。通常の洗剤よりも洗浄力が弱いですが、普通の汚れであれば実績ある業者に任せれば問題なく落とせますよ。



抗菌(防カビ)コート施工をしてくれるかどうか


エアコンに発生するカビは、喘息やアレルギー性鼻炎の原因となりえます。「エアコン内でのカビの繁殖を少しでも抑えたい」という方は、クリーニングの仕上げに抗菌コートをしてもらうのもオススメです。

ちなみに抗菌コートの施工は業者によっては無料で対応してくれるところもあるので、見積もりの際に確認してみると良いでしょう。



室外機の洗浄ができるか


室外機が詰まっていると冷房の効率が悪くなります。室外機の裏側にビッシリと隙間なくホコリやコケが入り込んでいる場合は、エアコンと一緒にお掃除してもらうと良いでしょう。


ただし室外機は屋外で使うものなので、始めからある程度汚れることを想定して作られています。そのため室外機洗浄は予算に余裕がある場合や、よほど汚れがひどい場合だけで十分ですよ。



エアコンクリーニング 営業

<接客編、その他>


対応の良し悪しをチェック


親切に対応してくれる業者を選ぶには、まず店舗の口コミで利用者側の意見を見てみると良いでしょう。また口コミだけでは判断しきれない場合は、電話口やチャットでの対応を確認。電話口やチャットでの対応が丁寧なら、マナー教育がしっかりしている可能性が高いので、作業現場での対応にも期待できます。


女性スタッフの指名ができるか


1人暮らしの女性や家に1人でいる時間が多い主婦の方にとっては、男性のスタッフだけを自宅に入れることに抵抗を感じることもあるかもしれません。そのような場合、女性スタッフを指名できる業者だと安心できるでしょう。


自分のスケジュールに合った予約が取れるか


なかなか長い時間を確保できない方は、依頼から施工までのスピードが速い個人事業者に依頼すると良いかもしれません。また「エアコンクリーニングのために休みを取るのは難しい…」という方には、土日祝日に対応してくれる業者だとありがたいですよね。ご自身の都合に合わせてどこまで柔軟に対応してくれるかは、業者に連絡した段階で確認しておくようにしましょう。


作業の瑕疵をどこまで保証してくれるのか


頻度は多くないものの、クリーニング作業中にエアコンが故障してしまうこともあります。こういったトラブルに備えて多くの業者は損害賠償保険に加入していますが、保証してくれる範囲は業者によって様々。特に保証金額が小さい故障を保証の対象外としている事業者もいるので注意してください。

また製造後7年以上経っている古いエアコンには、ほとんどの場合保証が効きません。製造後何年までのエアコンなら保証できるのか、事前に業者から確認しておくと良いでしょう。


関連記事安心して依頼したい!失敗しないエアコンクリーニング業者の選び方【よくあるトラブルも紹介】

大手エアコンクリーニング会社の特徴


業者の選び方や相場を見ても、各社の特徴がわからないとエアコンクリーニングを依頼するのは難しいですよね。そこでまずは大手エアコンクリーニング会社の特徴をご紹介します。対応機種や価格、実績などをまとめたので参考にしてみてください。



スタンダード価格おそうじ機能付き価格
特徴こんな人にオススメ
ベアーズ
14,190円
21,780円
・顧客満足度96.5% 
・清掃・マナー研修
マナーを守れるプロに依頼したい人
おそうじ本舗
12,100円 
20,900円~
・累計197万台以上の実績
・実績が豊富なプロに依頼したい人
・初めてエアコンクリーニングをする人
おそうじ革命
9,980円
18,700円
45日間のオーナー研修
大型や置き型のエアコンにも対応
・費用を安く抑えたい人
・珍しい型のエアコンをクリーニングしたい人
ダスキン
14,300円
25,300円
25年以上の実績 
抗菌・防カビ処理が無料
・満足できない場合、何度でも無料でやり直し可能
・徹底的にキレイにしたい人
・清潔さを長く保ちたい人



また大手各社だけでなく、より低価格で迅速にエアコンクリーニングができる中小企業・個人事業者も気になるところですよね。ミツモア編集部おすすめの中小・個人エアコンクリーニング業者については「おすすめのエアコンクリーニング業者一覧」下部でご紹介しています。