ミツモアロゴ

行政書士を見つけよう

行政書士を見つけよう

複雑な契約書作成や遺言書作成は行政書士におまかせしましょう。行政書士探しはこちらから。
どの地域でお探しですか?
登録プロ
72,262人
平均評価 4.92
総提案額
20億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

行政書士登録数、日本最大級!

行政書士を探しましょう。

官公庁に提出する書類の作成が必要なら、行政書士に代行を依頼しましょう。

各種契約書作成のほか、離婚協議書作成、遺言書作成や内容証明郵便作成なども、専門的な知識を持った行政書士が、あなたに代わってていねいに対応してくれるので安心です。

会社設立の手続きや、建設許可申請などのビジネスに関わる書類の作成もおまかせできるので、あなたの事業をしっかりサポートしてくれるはずです。

ミツモアなら、あなたにぴったりの行政書士がみつかりますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

実際の依頼例

相続手続きに強い行政書士を探しています
群馬県前橋市大手町のNさん

重視するもの
スケジュールが合うかスケジュールが合うか
行政書士探しの状況
行政書士にお願いすべきかどうかも含め相談したい
希望業務
相続財産の調査・確定
遺産分割協議書作成
相続財産の名義変更の支援
4人の行政書士から見積もりが来ました

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

行政書士に依頼する場合の料金相場

建設業許認可料金
(手続き費用+印紙代)
約250,000円~300,000円
遺産分割協議書の作成、戸籍の取り寄せ
登記簿謄本・評価証明の取り寄せ、不動産の名義変更
約140,000円~300,000円
遺言書の原案作成、公証人との連絡事務費
約70,000円~150,000円
自動車名義変更、車庫証明
約12,000円~20,000円
帰化申請
約100,000円~250,000円
在留資格認定証明書
約100,000円~200,000円
内容証明書郵便の作成、発送、相談費用
約20,000円~30,000円
公正証書文案作成、公証人手数料、
相談費用、当日立ち合い
約50,000円~100,000円
知的財産契約書作成
約50,000円~
電子定款で会社設立
公証人手数料、登録免許税、専門家への手数料
約200,000円~300,000円

ミツモアでの見積もり例

登録免許税+定款+公証人手数料+行政書士報酬+司法書士報酬298,000円
遺産分割協議書の作成+戸籍の収集+相続財産調査
152,000円
遺言書文案作成費用+証人手数料+公証人役場手数料
130,000円
自動車名義変更+車庫証明の取得
18,120円

どの地域でお探しですか?

ミツモアで行政書士に依頼するメリット

1.書類の作成を委託

たくさんの書類を必要とする複雑な申請手続きも、行政書士が代理人として手続きを行うことができます。必要書類の取得も行政書士に委任することができます。

2.手間や時間を節約

書類作成の専門家である行政書士に依頼することで、手間をなくし、申請までにかかる時間を短縮して円滑に申請をすすめることができます。

3.ミスがない

必要書類で不備があると、申請手続きに更に時間がかかる恐れがあります。ミスをなくし、最短で申請を得るためには行政書士に依頼することが必須です

4.スムーズに手続き

申請時になにか問題があった場合も、すぐに行政書士に相談することができます。行政書士という頼れるプロがあなたをバックアップします!

サービスの流れ

1.相談・事前調査

まずは行政書士に行ってほしい手続きを、電話やメールなどで相談しましょう。具体的な必要書類やかかる費用について聞くことができます。

2.行政書士の選任

行政書士に申請を依頼する場合、委任状が必要になります。ミツモアで自分の依頼に対応する専門家の行政書士を探しましょう!

3.書類作成

委任状を送付したら、行政書士が書類の作成を開始します。代理人として取得できる書類は手配し、申請書類が整い次第書類を提出します。

4.手続き開始

代理人として行政書士が手続きを全力サポートします。申請が完了したら、書類が行政書士事務所から返送されますので、大切に保管しましょう

どの地域でお探しですか?

許認可

許認可申請とは事業を始める際に、官公署へ書類を提出し、許可を得るものです。許可がない場合、刑事罰に問われることもあり、新たなビジネスを始めるときに必須な許可です。建物を建てたり、会社を設立したり、物を販売する場合、行政から許可を得て運営します。

会社設立

会社を設立するにあたり、行政書士に起業サポートを依頼することができます。複雑な書類の作成から、行政への書類申請までの事務手続きを代行してもらうことができます。会社設立に必要な定款作成も、費用を抑えた電子定款を利用するなど、専門家のアドバイスを聞くことができます。

相続手続

行政書士の業務の一つに相続手続きに関する書類作成があります。まず、相続財産の調査や相続人の調査を行い、さらに法的紛争段階にある事案や税務、登記の別申請が必要なものを除く、遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求書、遺言所の作成、相続人調査等の書類作成を行います。

契約書手続き

行政書士は本人に代わり、「権利義務に関する書類」を作成することができます。主に遺産分割協議書、各種契約書、念書、示談書、協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、始末書、定款等があり、行政書士や弁護士という専門家に代行してもらうことで、契約書自体の有効性を高め、不備をなくすことができます。

遺言書作成

通常遺言には、本人を筆者とする「自筆証書遺言」、公証人を筆者とする「構成証書遺言」、筆者不特定の「秘密証書遺言」の3種類がありますが、行政書士はこれら全ての遺言に対応することが可能です。書類に不備があると法的に無効になる場合もあるので、専門家である行政書士のアドバイスを受け作成することが重要です。

自動車の手続き

自動車を購入・保有する際には、自動車を特別に登録する必要があります。新たに自動車を購入する際には新規登録申請、ナンバーや名義を変更する際には移転登記申請や変更登録申請、車を廃車にする際の抹消登記申請等の手続きが必要となります。 また、これらの手続きに加えて、車検証の名義変更、住所変更、車庫証明など、自動車に限らず原付やバイク関連の事務手続きは車専門の行政書士に代理してもらうことができます。 

日本国籍取得

日本人国籍を取得しようとする人のために、行政書士は帰化申請を行うことができます。年々、日本に長年住んでいる人や日本人と結婚した人で日本国籍の取得を希望する方がが増えており、帰化申請に必要な膨大な書類を提出し、法務局から許可を得るために、行政書士の力を借りましょう!

外国人雇用関係

外国人を雇用する場合、入国管理局への申請手続きが必要です。原則として申請人が管理局へ赴きますが、また一方で、一定の研修を受け、認められた「申請取次行政書士」に依頼することで、申請取次行政書士が申請人に代わり手続きをおこなうことが可能です。

内容証明

行政書士は内容証明の証明書の作成が認められています。内容証明とは何月何日に誰から誰宛にどのような文書が送られたが証明する謄本のことで、後々のトラブルを未然に防ぐために利用されます。また、行政書士は債権者、債務者の依頼に基づいた法的な書類を作成することが可能です。

公正証書

公正証書とは法律の専門家が公証人となり、権利義務に関する事実を証明する証書のことです。公正証書を作成することで、その事実に関する証明力・執行力・安全性を確保することができ、行政書士は契約等を公正証書にする手続きの代理人となり、法的に適切な書類を安価で作成することが可能です。

知的資産・知的財産

文化庁への登録申請業務は行政書士の主な業務であり、行政書士の登録申請分野は多岐に渡ります。著作権分野、産業財産分野、農業分野、契約業務など、ありとあらゆる知的財産権を保護・利用するために行政書士は活動しています。知的財産権の中でも工業所有権では弁理士の方の専管業務と言われることも多いですが、行政書士の職域も拡大しつつあります。

電子申請・電子調達

従来では窓口手続きであったものが、国や政府の「電子政府・電子自治体」への取り組みに伴って、行政手続きの申請をインターネット経由で行うことが可能となってきました。行政書士の業務の中でも、電子定款作成代理、嘱託代理などの電子公証手続き、入札参加資格審査申請代理、特殊車両通行許可申請代理、自動車保有関係手続代理が現在、インターネット経由で申請が可能となっています。

どの地域でお探しですか?