ミツモアロゴ

会社設立に強い行政書士

会社設立・起業・開業・独立のサポートを依頼するなら、ミツモアで行政書士を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

会社設立に強い行政書士登録数、日本最大級!

会社設立・開業に強い行政書士探しはミツモアで。

会社設立・起業・開業など、独立してビジネスを始めるなら、有能な行政書士に起業サポートを依頼しましょう。

複雑な書類の作成から、官公署への書類の申請まで、会社設立に関わる事務手続きを代行してくれます。

会社設立に必要な定款作成も、費用をおさえた電子定款を利用するなど、ニーズにあったアドバイスも受けられます。

また、会社設立に関わる費用や手続きの進め方など、起業相談にも対応してくれますので、上手に活用して、起業・開業を成功させましょう。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

実際の依頼例

会社設立に強い行政書士を探しています
T様

重視するもの
予算予算
サービスの質サービスの質
業種
卸売・小売業
会社の設立形態
株式会社を設立することを決めている
行政書士探しの状況
行政書士にお願いすべきかどうかも含め相談したい
希望業務
類似商号の調査
定款の作成
定款認証
プロの方へのメッセージ
悩んでおります。 予算はXXX以内で近い方が良いです。

3人の会社設立に強い行政書士から見積もりが来ました

平均価格
210,200円
会社設立に強い行政書士A
会社設立に強い行政書士A
はじめまして。Aと申します。 この度はお問い合せ頂きまして有難う御座います。 どうぞ宜しくお願い致します。 法人に設立に関しまして多数実績が御座いまし、近隣でも御座いますので、どうぞご安心してお任せ頂けますと幸いで御座います。 当事務所では設立に際しまして、設立時の留意点等は勿論、その趣旨等につきましてもご説明させて頂きまして適切なご案内が出来ればと思います。又、設立後におきましてもご要望に応じまして、記帳代行を含めた税務関係(税理士のご紹介)社会保険等のお手続きまでもワンストップでご対応させて頂きます。 長々と記載させて頂きまして大変恐縮で御座います。 又、最後まで一読頂きまして有難う御座います。 それではどうぞ宜しくお願い致します。 最後に、御社の益々ご繁栄をお祈りさせて頂きましてご挨拶ご提案に代えさせて頂きます。 宜しくお願い致します。 ※上記価額はお目安のご参考となります。(建設業許可+会社設立費用合算)詳細につきましてはご確認ご相談の上、協議にて、ご案内ご提案させて頂けますと有難く存じます。
会社設立に強い行政書士B
会社設立に強い行政書士B
はじめまして。Bと申します。お見積り依頼、ありがとうございます。 お気軽にご相談下さい。 会社設立実績も豊富にありますのでT様のご期待に沿った仕事ができると思います。 お見積り金額には、当事務所へお支払いいただく手数料と登録免許税等の税金および会社設立後の法人謄本2通と法人印鑑証明書1通が含まれております。 何かわからないことがあれば、いつでもお気軽にご質問ください。 どうぞよろしくお願いいたします。
会社設立に強い行政書士C
会社設立に強い行政書士C
初めましてCと申します。  会社設立ということですので、見積もりとしましては、消費税込みXXX円にまります。 また、提携司法書士の登記手数料が別途XXX円かかります。 何分宜しくお願いいたします。 初回相談料は無料となっておりますのでお気軽にご相談ください。

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

相場料金

定款認証収入印紙代40,000円
定款認証手数料
約52,000円
株式会社の登記申請
資本金の1,000分の7

ミツモアでの見積もり例

会社設立代行200,000円

どの地域でお探しですか?

ミツモアで行政書士を依頼するメリット

1.ミスがない

ミスの可能性が大きく減ります。会社設立までの忙しい時間を、書類の収集や調べものに費すストレスを軽減するためにも、行政書士に依頼しましょう。

2.安価になる場合も

電子定款作成を実施する行政書士も多く登録しており、通常の紙で認証申請をする定款とは違い、印紙代4万円がかからない方法ですので、正確性が増す上に場合によっては安価で済むこともあります。

3.豊富な専門知識

会社設立の支援に強みを持つ行政書士であれば、様々な書類作成の支援を行ってくれます。アドバイザーとして活用しましょう。

4.業務の代行可能

ちょっとした業務を行政書士が代行します。会社を立ち上げるまでは様々な手続きが発生しますので、行政書士の代行業務を上手に活用しましょう。

どの地域でお探しですか?

類似商号の調査

会社を登記する際、既に登記されている他の会社と「商号」、と、その会社の本店と住所が同じでないか調査することを商号調査と言います。商号と住所が同一になってしまうと、その商号は使用できないこととなっています。

定款の作成

定款とは、会社の運営に関する根本規則を定めたものです。記載内容は、大きく分けて絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項がありますが、必ず記載が必要な絶対的記載事項だけでも内容は多岐に渡ります。また、発起人が自由に定められるものですが、法に触れることは記載できませんので、法律の観点からも作成には注意が必要です。

定款認証

定款認証とは、公証人を立てて定款が正当な手続きにより作成されたと証明するものを言います。株式会社・一般社団法人・一般財団法人・法人・信用金庫等が公証人が必要になります。定款認証は、紛争になったときに内容を証明したり、不正行為を防止するために必要になります。

登記申請

会社を設立したときは、定款などを作成した後、登記申請をして完了です。登記申請は、司法書士の独占業務なため、行政書士自身が行うことはできません。法務局・郵送・オンラインで行うことができます。登記申請は会社の代表取締役が行う、本店所在地を管轄する法務局で行うなど、細かい規定がありますので、確認しながら申請を行いましょう。

経営計画書の作成

会社の設立や運営には、融資が必要です。資金調達にはしっかりした経営計画書の提出が必要になり、専門的な知識が必要です。自社サービスの内容や、どう顧客を獲得していくのか、どのように会社が成長していくかなどを記載していく中で、行政書士と連携していれば非常に心強いでしょう。

どの地域でお探しですか?