会計ソフト

会計ソフトの導入によって「作業時間が劇的に短縮できた」や「経営分析がしやすく不安がなくなった」という声が聞かれます。しかし「安かろう悪かろうで必要な機能がなかった」や「税理士がクラウド会計に疎かった」という失敗例も多いです。

そこで自社に最適な会計ソフトを比較しましょう。会計ソフトとはあらゆる会計業務を効率化するためのツールです。 毎日の入出金や取引情報を記録することで、それらのデータを自動集計し、仕訳帳から総勘定元帳、貸借対照表、損益計算書、決算書まで、さまざまな必要書類を正確に作成できます。

担当者の会計知識にかかわらず簡単に使える仕様のため、会計業務の手間やミスを最小限に抑えられるでしょう。

ただし会計ソフトは月額費用が1,000~80,000円と幅広く、プランによって機能差が大きい製品です。無料で使える会計ソフトにも落とし穴があることから、導入前の検討が欠かせません。国内大手10社以上の中からメジャーな製品を紹介しながら、比較するポイントを解説します。

会計ソフトをもっと見る

経費精算システム

経費精算システムとは従業員が一時的に立て替えた旅費交通費や消耗品費といった費用を、効率的に処理できるサービスです。


例えば「スマホで交通系ICカードの履歴を読み取る」や「アプリで領収書やレシートを撮影する」のみで経費を申請できます。さらにクレジットカードのウェブ明細とつなげて自動反映するなど、今は経費申請の手間を省くタイプが主流です。


また二重申請や規程違反の自動チェックで不正な経費をはじき、ワークフロー機能で申請を承認することで、経費精算の精度を高めます。今までかかった作業時間と作業費用を削減できるでしょう。

電子契約システム

電子契約システムとはオンライン上で契約を締結できる仕組みです。従来の紙の契約書では印刷、署名、押印をして、原本を郵送していました。それが電子契約システムでは電子署名やタイムスタンプで安全性を確保し、正式な契約書としてスピーディーなやり取りができます。


契約締結後は物理的に保管する必要がなく、システム上で管理できることもメリットです。テレワークやDX化の流れで電子契約システムの導入企業数は拡大しており、各社ともコスト削減に努めています。

請求書管理システム

請求書管理システムとはウェブ上で請求書の作成や送付ができるサービスです。請求書のみならず日々の見積書、明細書、領収書など、さまざまな伝票をPDFや画像に出力し、デジタルデータとして管理します。

 

スケジュール設定で請求書を自動発行し、ペーパーレスで郵送コストを削減できることも特徴の1つです。外部の会計ソフトと連動できる製品もあり、事業規模を問わず導入が進んでいます。