ミツモア
【2024年】固定資産管理システム比較10選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

固定資産管理システムおすすめ10選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

固定資産管理システムとは

固定資産管理システムとは、1年以上保有する有形固定資産や無形固定資産、投資その他の資産を管理するシステムです。資産情報の管理や減価償却費の計算など、様々な機能を搭載しています。正確な資産管理や台帳作成を効率化するのが目的です。


また、リース契約の内容や毎月の支払額なども管理できるため、中小企業にも多数導入されています。リース資産の契約内容を可視化できると、設備投資の計画が立てやすくなります。


しかし、固定資産管理システムは選択肢が多いです。どのシステムを選ぶべきか、わからない方も多いでしょう。この記事では、固定資産管理システムのメリットや選び方、おすすめのシステムなどについて、まとめました。

固定資産管理システムの製品一覧(全10製品)

PCA固定資産DX
PCA固定資産DX
ピー・シー・エー株式会社

0
レビュー数
0
円
9900円~

  • リース契約が多い中小企業向けの固定資産管理システム
  • リース契約を締結している資産別に支払い額や契約状況を可視化
  • 固定資産に関する様々な情報を一元管理


固定資産の管理コストや経理担当者の負担軽減を目指す中小企業向けのシステムです。リース資産に関する機能が充実している点が特徴です。リース債務返済予定表によって、資産ごとに異なる契約期間を確認できます。


支払リース予定額一覧表では、資産ごとのリース料金を10年後まで確認できます。ファイナンスリースとオペレーティングリースの双方に対応しており、状況に応じた使い分けが可能です。


また、固定資産管理登録では、耐用年数や月次償却額、処分費用など、様々な項目を登録できます。売却損益や月次償却の額は自動計算されるため、経理担当者が計算をする必要はありません。システムで抽出したデータは、仕訳作業にも活用できます。

更新日:2023-01-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Assetment Neo
Assetment Neo
株式会社アセットメント

0
レビュー数
0
円
40000円~
  • 自社に保有する資産全般を管理可能な多機能型システム
  • 仮想環境下にあるハードウェアやソフトウェアの管理にも対応
  • 現物確認方法の選択肢が豊富

    資産管理の負担軽減や棚卸作業の効率化を目指す企業に適した固定資産管理システムです。IT機器やオフィス用備品など、自社が保有する固定資産の管理を効率化できる点が特徴です。

        IT機器の管理では資産マスタにIPアドレス一覧やサーバー台帳など、各種データを登録することで、情報をまとめて管理できます。仮想環境下にあるネットワーク機器やソフトウェアの管理にも対応可能です。

            システムの設定を変更する場合は、ワークフロー機能を活用し、資産情報と連動して変更履歴を管理できます。一方、オフィス用備品や什器管理に関しては、組織変更機能や帳票出力機能を搭載しており、管理個数の増減にも柔軟に対応できます。バーコードやQRコード、RFIDなど、現物確認の方法も多く、状況に応じた使い分けが可能です。
            更新日:2023-10-16
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            ProPlus固定資産システム
            ProPlus固定資産システム
            株式会社プロシップ

            0
            レビュー数
            0
            円
            要お問い合わせ
            • 導入実績は5,100社を突破(※1)
            • 固定資産に応じて減価償却の方法を設定可能
            • 複数帳簿機能を搭載し最大6つの償却計算に対応


            システム提供開始から40年が経過し、固定資産の管理に必要な機能が凝縮されたシステムです。完成度の高い固定資産管理システムを求める大企業におすすめです。固定資産の取得から除却までを一括で管理できます。


            減価償却の方法は定額法や即時償却、リース期間定額制など、豊富な選択肢が用意されています。資産の内容に応じて使い分けできるだけでなく、毎年の利益を正確に算出可能です。また、1つの固定資産に対して、複数の帳簿関連情報を設定できます。


            財務会計や税務、償却資産税申告など、複数の償却計算を同時に行えます。帳簿間で差額が発生した際もシステムが自動で調整計算を行うため、経理担当者が計算をする必要はありません。業務の正確性と効率性を高いレベルで両立できます。


            ※1 株式会社プロシップ調べ(2023年1月現在)

            更新日:2023-01-27
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            HUE Asset
            HUE Asset
            株式会社ワークスアプリケーションズ

            0
            レビュー数
            0
            円
            要お問い合わせ
            • 導入実績は2,000社を突破(※)
            • ユーザーインターフェースに優れた固定資産管理システム
            • 煩雑な計算もシステムが自動で対応

            大手企業から多くの支持を集める固定資産管理システムです。ユーザビリティに優れたシステムを求める企業に適しています。自社の保有資産に関する情報を一元管理できる点が特徴です。

            建設仮勘定の精算や減損の兆候判定、棚卸実査結果の台帳反映など、様々な資産を効率的に管理できます。システムには常に最新の情報が反映されています。管理台帳を何度も確認する必要はありません。

            また、情報が整理されたシンプルな画面設計によって、初めて資産管理システムを利用する方も、直感的な操作が可能です。資産管理の項目設定や組織情報を変更する際も、ドラッグ&ドロップで簡単に作業を進められます。そして、減価償却のシミュレーションやリースの資産計上処理など、煩雑な計算も自動化できます。

            ※1 株式会社ワークスアプリケーションズ調べ(2023年1月現在)
            更新日:2023-01-27
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            FAManager
            FAManager
            株式会社 TKC

            0
            レビュー数
            0
            円
            要お問い合わせ
            • 固定資産台帳への登録作業を自動化
            • シングルインプットによってデータ登録の手間を削減
            • アップデートは無償対応

            会計業務全般の効率化や税制改正への対応力を高めたい企業におすすめのシステムです。外部システムとの連携性に優れ、販売管理システムや会計ソフトとの連携が望めます。

            システム間のスムーズなデータ連携によって、各資産台帳への記録を効率的に進められます。データ転記から台帳への反映までが自動で行われるため、ミスが起きる心配はいりません。

            固定資産台帳に登録された内容は、管理帳票や法人税別表16、償却資産申告書などへ自動で反映されます。また、税制改正へのスムーズな対応のため、定期的にアップデートが行われ、自社の会計・税務業務を強力にサポートしてくれます。機能追加を含めたアップデートは月額料金の一部に含まれており、追加費用は発生しません。コストを掛けずに常に最新版のシステムを利用できます。
            更新日:2023-01-27
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            multibook IFRS16号リース資産管理
            multibook IFRS16号リース資産管理
            株式会社マルチブック

            0
            レビュー数
            0
            円
            40000円~

            • グローバル企業に適したマネジメントコックピット型
            • 不正行為の抑止力を向上
            • 低コストでの導入と運用が可能


            海外に複数の拠点を展開する企業に適しています。コストパフォーマンスに優れたマネジメントコックピット型のシステムです。マネジメントコックピット型とは、売上や利益、資産残高など、経営者の意思決定に必要な情報をまとめて管理することです。


            画面上には全拠点の最新情報が反映されています。現地の担当者と何度もやりとりを重ねる必要はありません。抽出したデータは、前年対比や予算対比、取引先別など、様々な角度から分析が可能です。


            また、強力な不正検知機能を搭載している点も魅力の一つです。同じ取引先への複数回にわたる振込や一定金額以上の支払いがあった場合、アラートを発します。不審な動きをいち早く発見し、内部統制を強化します。システムはクラウド型で提供されており、月額7万円からとコストを抑えた運用が可能です。

            更新日:2023-01-27
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            Galileopt DX(ガリレオプト ディーエックス)
            Galileopt DX(ガリレオプト ディーエックス)
            株式会社ミロク情報サービス

            0
            レビュー数
            0
            円
            要お問い合わせ

            • 大量の物件データを保管可能
            • ワークフロー機能を搭載し資産取得までの流れを効率化
            • 20年後を見据えた減価償却費の予算計画を立案可能


            株式会社ミロク情報サービスが提供する固定資産管理システムです。最大10万件まで物件データを保管できる点が特徴です。毎月管理物件が大量に発生し、作業の効率性を高めたい企業に適しています。


            資産取得報告書や稟議書、備品購入申請書など、資産取得に必要な書類の作成から承認まで、システム上で完結できます。ワークフロー機能によって進捗状況を一目で把握できるため、何度も確認をする必要はありません。


            また、1つの資産に対して最大5つまで、償却方法や簿価を指定できます。各方法によって算出した差額も確認できるため、償却方法を変更した際も柔軟な対応が可能です。償却シミュレーションは20年先まで予測できます。同社の提供する財務会計システムと連携すると、精度の高い予算を立案できます。

            更新日:2023-01-27
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            OBIC7 固定資産管理システム
            OBIC7 固定資産管理システム
            株式会社オービック

            0
            レビュー数
            0
            円
            要お問い合わせ

            • 固定資産の総合的な管理が可能
            • 非償却資産の関連書類保存に柔軟に対応
            • 減損処理によって正確な帳簿価額を反映


            非償却資産を含めて自社の資産状況を可視化したい企業に適したシステムです。資産の分割や売却、移動など、あらゆる変化を考慮して資産を管理できます。任意台帳との連携により、契約書類や賃借情報、図面、外観の写真など、関連資料の管理も可能です。


            関連資料や資産データをまとめてシステム上で管理することで、必要なデータを必要な場面で活用できます。過去の資料を紙書類として残しておく必要はありません。また、固定資産は6つの基準から減価償却の費用を計算でき、年度ごとの資産分配状況を明確化できます。


            事前の想定より固定資産の価値が大幅に下がった場合は減損処理を行い、会計処理の透明性や正確性を確保できます。そして、リース資産管理や建設仮勘定オプションを活用すると、自社の資産状況をより正確に把握できるでしょう。

            更新日:2023-01-27
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            Plaza-i固定資産管理
            Plaza-i固定資産管理
            株式会社ビジネス・アソシエイツ

            0
            レビュー数
            0
            円
            要お問い合わせ

            • 法令改正に強く、長寿命
            • 経理用、税務用の帳簿の他、IFRS等3つ以上の帳簿にも対応
            • リース会計、資産除去債務、減損会計、建仮資産管理等、機能豊富

            会計士自ら設計開発に携り、税制改正当、迅速かつ正確に対応可能な固定資産システムです。

            バージョンアップは保守料内で対応可能なため、税制対応の度に高額な費用がかかることはありません。


            経理・税務のほか、IFRS等複数帳簿をいくつでも管理可能で、複写機能により重複入力は不要です。ワンクリックで画面・帳票を英語に切替可能なため、外資系企業から親会社へのReport等便利です。


            とかくオプションになりがちな建設仮勘定の管理にも標準対応。建物やソフトウェアの取得等でおこなわれる建設(ソフトウェア)の仮勘定を通した、固定資産への繰入、費用振替等仕訳までカバーします。そのほか、減損会計、除去債務、リース会計、IFRS16等豊富な機能でユーザのニーズに応えます。

            更新日:2023-05-19
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
            SuperStream-NX 固定資産管理
            SuperStream-NX 固定資産管理
            スーパーストリーム株式会社

            0
            レビュー数
            0
            円
            要お問い合わせ

            • 管理台帳へ詳細な資産データを登録可能
            • リアルタイムの情報を統合会計や支払い管理に反映
            • 設備投資に踏み切るタイミングの見極めにデータを活用


            固定資産やリース資産の管理負担軽減を目指す企業に適した固定資産管理システムです。会計用やIFRS、管理会計用など、最大5つの台帳へ資産データを登録できます。


            1つの台帳に登録した内容はコピーして活用できるため、何度も台帳へデータ入力をする必要はありません。管理項目は保険情報や修繕時期など、付随情報も含めて最大20項目の設定が可能です。見積書や納品書なども保存しておけば、保管場所の移動や組織再編があったとしても、安心できます。管理台帳へ入力した資産データは、統合会計や支払管理へ自動的に反映される仕組みです。


            また、予測シミュレーション機能によって、将来的に発生する経費を把握できます。減価償却費や課税標準額などを算出し、設備投資のタイミングを正確に判断できます。

            更新日:2023-01-27
            ※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

            固定資産管理システムの主な種類

            固定資産管理システムは以下4種類に分類されます。


            • ERP型
            • 多機能型
            • 固定資産管理特化型
            • 現物管理特化型


            各タイプの特徴をみていきましょう。


            ERP型

            ERP型は固定資産管理に留まらず、企業経営のコア業務に位置づけられる業務に必要な機能を搭載しています。固定資産を管理する機能は、あくまでシステムの一部であるとの位置づけです。


            ERP型は1台で多くの機能を搭載している点が特徴です。人事や販売管理、生産管理など、様々な業務を効率的に進められます。部署ごとに何台もシステムを導入する必要がありません。選定や導入の手間を削減できます。


            半面、一般的な固定資産管理システムよりも、初期費用は高額です。選択肢も多く、ミスマッチを招く可能性も十分あります。資金力に余裕がある大企業向けのタイプと言えるでしょう。


            多機能型

            多機能型は国内だけでなく、海外に拠点を持つ企業に適したシステムです。取引通貨への換算や外国語表示に対応できます。システムによっては売上や利益、資金残高など、経営管理に必要な情報を表示可能です。


            リアルタイムの情報を常に確認できるため、経営者は意思決定の精度やスピードを高められます。また、ERP型と同様に、会計管理や在庫管理、購買管理など、複数の業務を効率化できる点も魅力です。


            一方、日本国内の税制や法改正への対応力にはやや不安を抱えています。場合によっては、システムのカスタマイズや業務プロセスの変更を強いられる可能性もあります。


            固定資産管理特化型

            固定資産管理特化型は、固定資産やリース資産の管理に特化したタイプです。資産別の情報管理や減価償却の自動計算、会計システムとの連動などによって、業務の正確性と効率性を高められます。


            固定資産管理特化型は、税法や法改正への対応力に優れている点が特徴です。ベンダーは国内の中小企業をターゲットにシステムを開発しており、安定した運用が望めます。半面、ERP型や多機能型よりも搭載されている機能は少ないです。


            固定資産やリース資産の正確な管理が導入目的であれば、大きな問題にはなりません。ただし、利便性や機能性を高めたい場合はカスタマイズが必要になり、追加費用が発生します。


            現物管理特化型

            現物管理特化型は、棚卸業務の効率化を目的としたシステムです。バーコードやQRコード、RFIDなどを搭載しており、現物確認に割く時間を大幅に削減できます。スマートフォンアプリでチェックリストも作成できるため、紙書類を用意する必要もありません。


            コストの安さも魅力ですが、経理や税務処理に関する機能は搭載されていません。外部システムとの連携性にも乏しいです。会計システムやERPを既に導入しており、棚卸実査を効率化したい企業に適したシステムです。

            固定資産管理システム導入のメリット

            固定資産の情報を一元管理できる

            IT機器やオフィス用備品など、自社が保有する固定資産の情報をシステム上でまとめて管理ができます。固定資産を管理する台帳を一元化し、各資産の状況を一目で把握できます。台帳はシステム上で管理するため、紙書類の印刷や保管をする必要はありません。


            ペーパーレス化を促進し、管理コストを削減できます。また、固定資産の取得価格や耐用年数、償却率など、管理項目は自由に設定できます。仮想環境下にあるソフトウェアや保守契約の有無など、関連情報もあわせて登録しておくと、より正確な管理体制を整備できます。


            管理台帳には常に最新の情報が反映されており、認識のズレが起きる心配はいりません。


            リース資産も正確に管理ができる

            固定資産管理システムを導入すれば、リース契約を締結した設備や機器の契約状況も正確に把握できます。リース契約とは、リース会社に毎月一定の料金を支払う代わりに、自動車や工作機械など、各種設備を利用できる契約形態です。


            自社が設備を直接購入するわけではないため、導入費用を抑えられます。機器や設備の入れ替えもしやすく、最新シリーズが利用しやすいのも魅力的なポイントです。


            固定資産管理システムでは、毎月支払うリース料や契約満了日、保守契約情報など、契約内容全般を管理できます。保管場所や管轄部署の移動が頻繁に起きている場合でも、問題ありません。また、契約満了日が近づくとアラートを発し、契約漏れを防ぎます。


            設備計画の立案や迅速な意思決定を実現する

            減価償却の計算方法が充実していると、毎年発生する費用を正確に把握できます。減価償却は、資産の取得に掛かった費用を耐用年数で分割することです。取得した費用を一度に計上するのではなく、一定の費用を数年に分けて計上していく形です。


            定額法や定率法など、様々な方法で計算できると、減価償却費を正確に把握できます。シミュレーション機能を搭載していれば、減価償却費を長期的な視点で把握でき、設備投資のタイミングを正確に見極められます。


            また、マネジメントコックピット型のシステムを選ぶと、経営判断に必要な情報をすぐに入手可能です。売上や利益、資産残高の推移をリアルタイムで把握でき、意思決定の正確性とスピードを共に高められます。


            多くの業務を効率化できる

            ERP型の固定資産管理システムを選択すると、バックオフィス業務全般の効率化が望めます。人事や購買管理、在庫管理など、多くの業務を自動化でき、従業員の業務負担を軽減できます。業務の正確性と効率性を高いレベルで両立できる点も魅力的なポイントです。


            また、クラウド型の場合、インターネット環境さえ整っていれば、アクセス地点は問いません。在宅勤務やサテライトオフィスワークの導入など、働き方の柔軟性を高めるきっかけにもなります。


            働き方の選択肢が拡がると、通勤の負担軽減や優秀な人材の流出防止など、従業員と企業双方にとって多くのメリットをもたらします。

            固定資産管理システムの選び方

            導入形態はクラウドとオンプレミスのどちらにするか

            クラウドとオンプレミスの特徴を正確に理解することが重要です。クラウドは、全体的にコストを抑えられる点が魅力です。導入の際、インフラ環境の構築は必要ありません。


            アップデートやメンテナンスも依頼できるため、ランニングコストも削減できます。常に最新の状態を保っており、法改正へのスムーズな対応が望める点も魅力です。半面、カスタマイズ性は低く、自由に設定できる余地はほとんど残されていません。


            一方、オンプレミス型は、カスタマイズ性やセキュリティレベルの高さが魅力です。しかし、自社でサーバーやネットワーク機器を調達しなければならず、多額の初期費用が必要です。双方の特徴を把握してから導入形態を決断しましょう。


            課題解決に必要な機能は揃っているか

            自社が抱える課題を明確化することが重要です。導入目的が曖昧な状態だと選定基準に沿った決断ができず、ミスマッチを招く可能性が高くなります。


            たとえば、リース資産の契約状況の管理が統一されていない場合、リース資産の管理機能が充実したシステムを選びましょう。契約内容の登録によって、契約満了日や毎月のリース支払額など、必要な情報をすぐに見つけ出せます。


            物件情報や保守契約の有無もあわせて管理すると、管理部署や保管先が頻繁に変わっても、正確な資産管理を実現できるでしょう。上記のように導入目的を明確化すると、自然と固定資産管理システムに求める機能を絞りこめます。


            セキュリティ対策は万全か

            高いセキュリティレベルを実現しているシステムの選定が求められます。固定資産管理システムには、自社の資産に関する情報を多数保存しています。仮に情報漏洩が発生した場合、社会的信用低下は避けられません。


            取引先や顧客からの信頼を失い、今後の企業経営が厳しい状況に追い込まれるでしょう。システム選定時に、不正行為防止に向けた強力な措置が取られているかを確認してください。


            たとえば、本人認証やログ取得の機能があれば、不正行為をした犯人を早期に特定可能です。また、不正検知機能を搭載していれば、不正行為の発生を未然に防げます。同じ取引先への複数回の振込や在庫額を上回る購買発注などが発生した場合、アラートを発します。


            使いやすいシステムかどうか

            ユーザビリティに優れたシステムを選択することが重要です。固定資産管理システムを導入する目的は、多くの従業員が固定資産の情報登録や編集を行えるようにすることです。


            しかし、情報入力や契約内容確認など、一つひとつの作業に時間が掛かると、かえって業務効率が悪化します。ミスマッチを避けるためにも、無料トライアルを積極的に活用しましょう。無料トライアルは1ヶ月前後、システムを無料で利用できる制度です。


            クラウド型であれば、多くのベンダーが無料トライアル期間を設定しています。コストを掛けずに、機能性や操作性を確認できます。仮に導入を見送ったとしてもコストは掛かっておらず、ダメージは発生しません。


            外部システム連携との連携性に優れているか

            既存システムも含め、外部システムとのスムーズなデータ連携が望めるシステムを選びましょう。固定資産管理システムは単体使用よりも、複数のシステムと連動した方が、より多くの業務を効率化できます。


            特に会計システムや購買システムは業務との関連性が強いです。ホームページ上や商談時に、データ連携が望めるかを確認してください。また、ERP型の固定資産管理システムを選択するのも一つの選択肢です。


            企業経営の中心を担う業務に対応する機能が搭載されており、多くの分野でミスの削減と業務効率改善が期待できます。


            導入・運用サポート体制が充実しているか

            手厚いサポートが望めるベンダーを選択しましょう。初めて固定資産管理システムを導入する場合、不安な点も多いでしょう。しかし、導入から運用まで、段階に応じた丁寧なサポートが望めれば、安心して利用できます。


            ヒアリング調査やコンサルティングサービスなどに対応していると、自社の業務課題を反映した運用方法の提案が望めます。運用マニュアルの作成も依頼できれば、早期の安定運用にもつなげられるでしょう。


            また、税理士や会計士からのサポートが得られるベンダーを選ぶのも有効です。既存資産の移行やシステム導入後の効果測定など、税務面での手厚いサポートが期待できます。

            平均2分!ぴったりの固定資産管理システム探しはミツモアで

            固定資産管理システムはIT機器やオフィス備品など、自社が保有する固定資産全般を管理するシステムです。リース資産の契約状況を含めて管理できるため、設備投資の計画立案を効率的に進められます。


            また、固定資産管理台帳に記録した内容は、管理帳表や法人税別表16などに自動で反映されます。管理内容にバラつきが生じる心配はいりません。


            しかし、固定資産管理システムは選択肢やチェックポイントが多く、どのシステムを選ぶべきか、わからない方も多いでしょう。ミスマッチを避けるためにも、平均2分でできる無料の自動診断を試してみましょう。従業員数や業種などの簡単な質問に答えるだけで、自社に合ったシステムを見つけられます。

            固定資産管理システムについて

            固定資産管理システムを利用するメリットはありますか?

            リース資産も含めて自社が保有する固定資産の情報をまとめて管理できます。管理台帳の一元化によって、拠点ごとに点在している固定資産の状況を可視化できます。システムには常に最新の情報が反映されるため、担当者に何度も確認する必要はありません。情報の一元化によって、管理コストを削減できます。

            中小企業向けの固定資産管理システムはありますか?

            「PCA固定資産DX」であれば、複雑な減価償却費計算や償却資産税の電子申告など、中小企業の求める機能全般を搭載しています。リース資産の管理機能も充実しており、資金調達の選択肢を拡げるきっかけにもなります。また、3ヶ月間の無料トライアルが利用できる点も魅力です。ミスマッチのリスクを減らせます。

            サービス提供事業者さま向け
            ミツモアにサービスを
            掲載しませんか?
            ミツモアにサービスを掲載しませんか?

            ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。