ミツモア
【2024年】ファクタリングサービス比較15選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

ファクタリングサービス比較おすすめ15選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりのサービスとプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
サービスを選ぶ

金額やサービス内容を比較して、ぴったりのサービスを選びましょう

ファクタリングサービスとは

ファクタリングサービスとは未回収の売掛債権をファクタリング会社へ譲渡することで現金化できるサービスです。


本来商品やサービスを提供して代金が入金されるまでに1カ月~数カ月かかりますが、ファクタリングサービスを利用すると、取引先の支払いを待たずに最短即日で現金化できます。



ファクタリングサービス選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。業種などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりのサービスを最短1分で自動診断。理想のファクタリングサービスが見つかります。

ファクタリングサービスの仕組み



ファクタリングサービスには2種類の仕組みがあります。


仕組み特徴
2社間ファクタリング
取引先に知られずファクタリングを利用できる。現金化のスピードが早い分、手数料が高い。
3社間ファクタリング
取引先にもファクタリング利用が知られる。現金化のスピードは遅いが、手数料が安い。


2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは利用者とファクタリング会社の2社間でおこなわれるファクタリングサービスです。


2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の間で取引が行われるので、ファクタリングの利用を取引先に知られることはありません。取引先に知られることなく資金調達ができるので信用問題に発展する心配がなく、取引に影響が出ることなく資金調達を行えます。


また3社間ファクタリングと比べると、手数料が高く調達できる資金額が少ないですが、現金化までのスピードは早いです。


3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは利用者、ファクタリング会社、取引先の3社間でおこなわれるファクタリングです。


3社間ファクタリングをおこなう場合、取引先の支払先がファクタリング会社になるため、貸し倒れのリスクを避けられます。また2社間ファクタリングよりも手数料が安いため、より多くの資金を調達できる可能性が高いです。


ただし取引先もファクタリング会社との契約を交わすため、利用者がファクタリングサービスを利用することが取引先に知られてしまうのはデメリットになる場合もあります。

ファクタリングサービスを利用するメリット



ファクタリングサービスを利用するメリットを5つ紹介します。


早期資金化を実現する

まずは早期資金化を実現できます。売掛債権が入金されるまでに多くの時間がかかる場合、資金繰りをおこなう必要性があるでしょう。


ファクタリングサービスを利用することで後に支払われる売掛債権を最短即日で現金化できます。


返金リスクがない

ファクタリングサービスは返金するリスクがないのも大きなメリットです。金融機関から融資を受けた場合、後で融資された金額を返金する必要があります。


ファクタリングサービスの場合、入金される予定だった現金が事前に手に入る仕組みなので、返済リスクや無駄遣いのリスクもありません。


少額から利用できる

ファクタリングサービスは少額対応ができるのも大きなメリットです。多額の資金を調達するのではなく、少額でもいいのですぐに入金してほしい時もあるでしょう。


中には少額即日のファクタリングに対応している会社もあるため、緊急時にも役立つでしょう。


負債にはならない

ファクタリングサービスはあくまで売掛債権を現金化する方法なので、借金をしているわけではありません。


金融機関から融資を受けた場合、会計上の負債が増えるだけでなく、返済が滞るとブラックリストに載る可能性もあります。ファクタリングサービスを利用すれば負債扱いにならず、保証人や担保も必要ないため、安心して資金調達ができるでしょう。


比較的審査が通りやすい

ファクタリングサービスは、金融機関からの融資よりも比較的審査に通過しやすいといわれています。


売掛債権の現金化なので、自社の業績の良し悪しや借入状況が影響しません。そのため金融機関で融資を断られた企業でも資金調達をしやすいです。

ファクタリングサービスの主な種類


ファクタリングサービスは、大きく分けて買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの2種類があります。


買取型ファクタリング

買取型ファクタリングとは、現在所有している売掛債権をファクタリング会社が買い取り、支払期日までに現金化する方法です。本来であれば取引先から支払いを待つ必要性がありますが、買取型ファクタリングなら手数料を引いた売掛債権を現金化して早く受けとれます。


支払期日よりも先に早いタイミングで現金化できるだけでなく、取引先の信用力が高いほどファクタリングにおける審査が通りやすくなるのもポイントです。自社の借入金にも計上されないこともあるため、多くの企業や個人事業主にとって有益な資金調達方法になり得るでしょう。


保証型ファクタリング

保証型ファクタリングとは、利用者が事前にファクタリング会社へ保証料を支払うことで、取引先が倒産などによって売掛債権が回収不可能になった時の損失を軽減できる方法です。


審査通過後に売掛債権が回収できなかった場合の保証契約を交わします。そして保証契約の内容で契約を交わしたら資金調達が可能です。万が一の場合、ファクタリング会社が取引先の代わりに保証金を支払うため、売掛債権が回収できなくなるリスクを最小限に抑えられます。

ファクタリングサービス導入時の注意点


ファクタリングサービスを導入する際の注意点を4つ紹介します。


利用手数料が発生する

2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも手数料が発生するため、実際に入金される資金は売掛債権よりも少なくなるので注意しましょう。


また保証型ファクタリングを利用する場合は保証料が発生します。保証料を支払ってでも確実に現金化したい時に利用しましょう。


現金化できる範囲が限定される

ファクタリングサービスには現金化できる限度があります。ファクタリングサービスはあくまで売掛債権を現金化するので、売掛債権以上に資金を現金化することは不可能です。


より多くの資金を調達したいなら金融機関から融資を受けましょう。加えてファクタリングサービスには上限額が設定されているので、売掛債権の一部しか現金化できない可能性もあります。


取引先に知られてしまう可能性がある

2社間ファクタリングであれば取引先にファクタリングサービスを利用していることは知られません。一方、3社間ファクタリングは取引先にファクタリングサービスを利用することが知られてしまいます。


取引先にファクタリングサービスの利用を知られた場合、「もしかしたら資金繰りが厳しいのではないか」「取引に支障が出るのではないか」と取引をためらわれてしまう可能性があるので注意しましょう。


悪徳業者も存在する

ファクタリングサービスを選定する際は提供元の実績や口コミに否定的な内容や苦情がないかを確認しておくとよいでしょう。闇金業者でないかを見破るためには、手数料や解約条件、返済スケジュールなどの事項を注意深く読むことが必要です。


また事業者が専門機関から認証を受けているかを確認するのも有効です。信頼できる業者は多くの場合サポートの品質が優れていて、質問や懸念点に対して的確なサポートを行います。

ファクタリングサービスの選び方