ミツモア
【2024年】請求代行サービス比較11選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

請求代行サービス比較おすすめ11選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
サービスを選ぶ

金額やサービス内容を比較して、ぴったりのサービスを選びましょう

請求代行サービスとは

請求代行サービスとは、企業間取引で発生する請求業務全般を顧客の代わりに行うサービスです。与信審査や請求書作成、入金管理などを依頼でき、コア業務へリソースを集中的に割けます。


入金確認や催促の連絡も任せられるため、経理担当者は請求業務に関与する必要はありません。また代金を保証しているサービスもあり、未回収のリスクを気にせず営業活動に取り組めます。


請求代行サービスは、一般的にBtoB向けのサービスが、近年はBtoC向けのサービスも少しずつ増えています。決済手段の選択肢が豊富な点が、BtoC向けのサービスの特徴です。クレジットカードの不正利用対策も充実しているので、比較検討しながら最適なサービスを選定していきましょう。





請求代行サービス選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。従業員数などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりのサービスを最短1分で自動診断。理想の請求代行サービスが見つかります。

請求代行サービスの主な業務範囲

市場に提供されている請求代行サービスは、BtoB向けが一般的です。企業間取引で発生する請求業務全般を依頼できるため、経理担当者の業務負担を大幅に削減できます。依頼できる業務は以下4つの内容に分類できます。


  • 与信審査
  • 請求書作成
  • 入金管理
  • 代金回収


与信審査

与信審査とは、相手企業の支払い能力を審査することです。一定水準の支払い能力がある企業と取引をしないと、商品やサービスを販売した代金をスムーズに回収できません。未回収に伴う多額の利益損失を回避するためにも、与信審査を行います。


また初めて取引をする相手の場合、反社チェックや限度額の設定もサービス提供側が対応します。


請求書作成

請求データをシステムに登録すれば、請求書の作成〜送付までベンダー側へ一任できます。煩雑な請求業務から解放され、業務負担軽減やペーパーレス化を促進できます。またメール添付であれば、事務手数料を無料としているベンダーも少なくありません。


入金管理

入金管理は期日内に請求金額が正しく支払われているかどうか、確認する作業です。正しく支払われている場合は、消込を行います。一方入金が遅れている場合や支払いが不足している場合、ベンダー側が確認の連絡を入れます。


催促の連絡は、経理担当者にとって精神的負担を強いられる業務の一つです。請求代行サービスを利用すれば、ベンダー側へ対応を一任できます。経理担当者は業務中のストレスから解放され、パフォーマンスにも良い影響がもたらされるでしょう。


代金回収

契約書に基づく回収方法に従い、請求書で通知した請求額を回収します。BtoBの場合、指定の金融機関の口座に振り込む形が一般的です。BtoCの場合は、クレジットカード決済やコンビニ決済、キャリア決済など、様々な決済方法への対応が求められます。


また多くのベンダーは代金の100%保証を掲げています。取引先が経営悪化によって支払いができなくなったとしても、踏み倒しのリスクを気にする必要はありません。

請求代行サービスのサービス一覧(全11サービス)

マネーフォワードケッサイ
マネーフォワードケッサイ
マネーフォワードケッサイ株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • 請求業務に関わる作業工数を大幅に削減
  • 面倒な督促も代行、売掛金未回収リスクも保証(※)
  • インボイス制度、電子帳簿保存法対応で請求業務の負担減


マネーフォワード ケッサイは与信枠審査から請求業務全般まで幅広く委託できるクラウド型BtoB請求代行サービスです。請求業務に関わる作業行程を大幅に削減できるため、急成長でバックオフィスの増員が追いつかないスタートアップやメガベンチャー企業の業務改革・大企業の新規事業の立ち上げなどのシーンで多く導入されています。


万が一未入金が発生した場合にも面倒な督促は一切不要です。期日を経過して未入金の状態が続くとマネーフォワード ケッサイから買い手側に督促を行います。与信審査通過取引に関しては、入金保証がつくため(※)、売掛金未回収リスクの心配もなく利用ができます。


インボイス制度に対応しており、管理画面上から「インボイス(適格請求書)モード」「区分記載請求書モード」を切り替えられます。制度が開始される2023年10月以降も追加の対応が不要です。また、電子取引に関する認証を取得しているため電子帳簿保存法にも対応しています。インボイス制度と合わせて業務効率化が期待できるでしょう。


※ 審査通過取引に限る。審査通過後に表明保証違反の発覚等、例外的な場合は対象外。

更新日:2023-09-15
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
cocreaBiz(コクリエビズ)
cocreaBiz(コクリエビズ)
C-design株式会社

0
レビュー数
0
円
55000円~
  • 繁忙期の担当者の負担を削減
  • 依頼内容に合わせたプランニングが可能
  • 人件費などの固定費をグッと削減

基本的なバックオフィス業務の効率化におすすめな代行サービスです。繁忙期に向けて請求書の作成、発行業務などを事前に必要な量だけ依頼できます。経理担当者は業務中のストレスから解放され、コア業務に集中できます。

チームで対応するためカバーできる業務範囲が広く、必要な人材がすぐに見つかります。請求代行以外にも営業サポートやマーケティング業務の対応が可能です。依頼内容に合わせてプランニングしてくれるので、希望の業務内容があれば相談してみるとよいでしょう。

アウトソーシングで固定費の削減が可能です。業務を代行するアシスタントクルーはチームで対応するので、現場採用に比べて離職リスクの心配はありません。ルーティンワークを外部委託することで、人件費などの固定費を減らし、社員の生産性向上が期待できるでしょう。
更新日:2024-03-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
カチアルサポート
カチアルサポート
NTT印刷株式会社

0
レビュー数
0
円
47300円~
  • 急に人材が必要なときリソースをすぐに確保できる
  • コア業務や新規事業に取り組む時間が増える
  • 業務ごとの繁忙にあわせて依頼の組み換えも可能

人材が急に必要になったとき、オンラインアシスタントサービスならばすぐにリソースを確保をでき、業務の穴埋めができます。依頼の業務内容のスキルを擁した人員がアサインされるので、教育も不要です。さらに勤怠やシフト管理も必要ないため人員管理の工数がかかりません。

コア業務や新規事業に取り組める時間が増えます。ノンコア業務を外部にアウトソーシングすることで、コア業務や新規事業などこれまで対応できていなかった業務に取り組む時間を生み出せるでしょう。

契約期間内で複数の業務を依頼できます。しかも業務ごとの繁忙にあわせて、時期ごとに依頼業務の組み換えが可能です。それにより余分な固定費がかからず、経費削減につながります。
更新日:2024-04-05
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
HELP YOU
HELP YOU
株式会社ニット

0
レビュー数
0
円
110000円~
  • 人事や労務管理なども依頼可能なアウトソーシングサービス
  • 依頼できる請求業務は各種帳票作成がメイン
  • 1ヶ月単位での契約も可能

慢性的な人手不足に悩まされている企業に適したオンラインアウトソーシングサービスです。HELP YOUの特徴は、バックオフィス業務全般を依頼できる点です。請求業務では、各種帳票作成や入金確認、振込などの業務を依頼できます。

作業代行者の多くは優れたスキルや豊富な実務経験を兼ね備えており、安心して業務を任せられます。正確かつスピーディーな業務遂行が期待できるため、細かく進捗管理を行う必要はありません。

また人事や労務管理もあわせてアウトソーシングができます。採用や人事評価制度の整備、勤怠管理など、多くの業務を効率化できます。

さらに1ヶ月単位で契約できるプランも用意されており、業務量の増減に応じて柔軟な選択が可能です。無駄な費用の発生を避けられます。
更新日:2023-12-07
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
セゾンインボイス
セゾンインボイス
株式会社クレディセゾン

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • データ登録をするだけで請求業務を依頼可能
  • 最短翌日の振込によって運用資金を早急に確保
  • サービス利用の際に発生する固定費用が無料

未回収リスクに悩みを抱える企業に適したBtoB向けの決済代行サービスです。与信審査や請求書作成、入金確認など、一連の請求業務を任せられます。顧客情報や取引内容を登録しておけば作業を依頼できるため、大きな負担は掛かりません。

代金は100%保証されており、未払いや倒産による利益損失を避けられます。踏み倒しに伴う金銭的ダメージの発生を心配する必要はありません。未回収のリスクを気にせず、新規顧客獲得に向けた活動に励めます。

また取引内容の入力後、最短翌日には運転資金が振り込まれます。安定したキャッシュフローを構築できるため、設備投資や事業拡大に向け資金を投じられるでしょう。さらに事務手数料や月額費用は無料です。固定費用の支払いが発生せず、企業経営の圧迫を避けられます。
更新日:2023-01-24
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
paid(ペイド)
paid(ペイド)
株式会社ラクーンフィナンシャル

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 導入企業数は4,500社を突破(※)
  • 請求業務全般のアウトソーシングが可能
  • 代金は100%保証

業種や業態を問わず利用できるBtoB向けの請求代行サービスです。調理器具やwebサービス、日用品販売など幅広い商材を扱う企業に導入され、導入企業数は4,500社を突破。


与信審査や請求書作成、代金回収など請求業務全般を一任できます。工数の掛かる請求業務をアウトソーシングすることで、担当者は他の作業に集中して取り組めます。


また売掛金の支払いは100%保証されています。仮に取引先が経営悪化によって倒産したとしても、踏み倒しに伴う多大な利益損失の発生を心配する必要がありません。豊富なノウハウとAIを活用した与信審査によって、取引先の支払い能力を正確に把握できます。


※ 日本マーケティングリサーチ機構2021年9月期調べ

更新日:2023-01-24
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
NP掛け払い
NP掛け払い
株式会社ネットプロテクションズホールディングス

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 導入店舗数は2,700社(※1)
  • 企業間取引で発生する請求業務を全て一任
  • 業界最安水準の料金体系

BtoB向けの請求代行サービスとして、業界最大規模の利用実績を誇ります。年間決済額は979億円(※2)、累計決済額は3,500億円(※3)を突破しました。コストパフォーマンスに優れている点が、NP掛け払いの特徴です。

請求書発行や代金回収、入金確認など、請求業務全般を一任でき、経理担当者の業務負担を軽減できます。取引先によって締め日や支払日を個別に設定できるため、取引内容を変更する必要はありません。

また取引先の支払い遅延や未払い、倒産による利益損失が起きることはありません。売掛金の支払いは100%保証されています。未回収のリスクを気にせず、積極的に見込み顧客へ売り込みを掛けられるでしょう。

さらに月額費用や手数料など、固定費用は業界最安水準に設定されています。

※1 ネットプロテクションズ調べ(2022年3月末時点)
※2 ネットプロテクションズ調べ(サービス提供開始~2022年3月の実績)
※3 ネットプロテクションズ調べ(2021年4月~2022年3月の実績)
更新日:2023-01-24
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SEIKYU+(セイキュウプラス)
SEIKYU+(セイキュウプラス)
株式会社Biz Forward

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 請求業務の依頼ややりとりはオンライン上で完結
  • ペーパーレス化促進と自由度の高い働き方を実現
  • 外部システムとの連携によって多くの業務を効率化

多くの業務を効率化したい企業に適したBtoB向けの決済代行サービスです。与信管理や請求書発行、入金管理など、請求業務全般を依頼できます。オンライン上で依頼ややりとりが完結するため、紙書類の印刷や送付を行う必要はありません。

ペーパーレス化の促進やテレワークの導入を実現できます。売掛金の支払いは100%保証されており、未回収のリスクを気にする必要もありません。


また外部システムとの連携性に優れており、システム間のスムーズなデータ連携が望めます。受発注管理システムや会計システム、CRMなどと連携でき、バックオフィス業務全般を効率化できます。オリジナル機能を搭載した基幹システムへの対応も可能です。

更新日:2023-01-24
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
クロネコ掛け払い
クロネコ掛け払い
ヤマトクレジットファイナンス株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 導入企業数は2,000社を突破(※)
  • 通過率98%を誇る与信審査実績(※)
  • 初回取引相手や個人事業主とも売掛金での取引が可能

2,000社以上の企業が導入しているBtoB向けの決済代行サービスです。請求書発行や代金回収、入金管理など、請求業務全般をアウトソーシングできます。請求業務の自動化によって、営業やマーケティングなど、売上に直結するコア業務へ集中的にリソースを割けます。

売掛金は100%保証されており、未払いや倒産による多額の利益損失を気にする必要はありません。踏み倒しのリスクを気にせず、積極的に新規顧客開拓に励めます。また与信審査の通過率は98%を誇り、最短5分で結果が出るため、スピーディーに取引を始められます。

取引を始める際、登記簿や決算書を送付する必要はありません。未回収リスクもないため、個人事業主や小規模企業とも活発に取引ができます。

※ ヤマトクジレットファイナンス調べ(2023年1月現在)
更新日:2023-01-24
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
請求代行サービス
請求代行サービス
株式会社キャッチボール

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 業界問わずさまざまなサービスに対応
  • 代金回収率を高める機能を多数搭載
  • コンビニ決済やLINE Pay請求書支払いに決済方法を限定

公共料金や通販、役務サービスなど、さまざまなビジネスに対応可能な決済代行サービスです。請求情報を登録するだけで、請求書の作成や入金確認など、請求業務全般を一任できます。サービスの利用に必要な手続きも少なく、大きな負担は掛かりません。

また決済方法は作業をスムーズに進めるため、コンビニ決済やLINE Pay請求書支払い、PayB払込票決済に特化しています。支払いが遅れている場合は請求書を自動で再発送するため、何度も催促の連絡を入れる必要はありません。
更新日:2023-06-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
集金代行サービス
集金代行サービス
リコーリース株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 導入企業数は10,000社を突破(※)
  • 代金回収に特化した決済代行サービス
  • 請求が発生しない月の月額料金は無料


医療や教育、不動産など、幅広い業界の企業に導入されている決済代行サービスです。導入企業数は10,000社を突破しました。

集金代行サービスは、代金回収に特化している点が特徴です。口座振替とコンビニ決済、2種類の決済方法から代金を回収します。代金回収を依頼することで、入金管理のコストや集計作業の負担を軽減できます。請求件数は1件から依頼できるため、法人だけでなく個人事業主の方も利用可能です。

また集金代行サービスを導入する際、初期費用は発生しません。代金回収が発生しない月は、月額費用も発生しません。固定費用の支払いが不要なため、予算の確保が厳しい場合も利用しやすいサービスです。さらにオプションを利用すれば、請求書の発行~送付も依頼できます

※集金代行サービス調べ

更新日:2023-07-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

請求代行サービスの選び方

請求業務以外も依頼する必要があるかどうか

請求業務以外も外注する必要性があるかどうか、明確にしておくことが重要です。請求業務の効率化が目的の場合、大きな問題にはなりません。請求代行サービスの多くは、与信審査や請求書発行、入金確認など、請求業務全般に対応しています。


入金の消込や催促も依頼できるため、自社の従業員は他の作業に労力を割けます。しかし人事や労務管理、営業事務など、他の業務も効率化したい場合、別の選択肢も検討しておきましょう。請求代行サービスの利用が正しいとは限りません。


たとえばオンラインのアウトソーシングサービスを利用すれば、バックオフィス業務全般を効率化できます。業務量の増減に応じてサービスを選択できるため、無駄な費用の発生も避けられます。


与信審査のタイミングや上限額は適切か

与信審査のタイミングや上限枠は、請求代行サービスによって異なります。タイミングに関しては2種類あるため、取引の頻度によって選択しましょう。


1つ目は新規顧客と取引を開始する前に与信審査を行うタイプです。継続的な取引が多い場合に適しています。2つ目は取引のたびに与信審査を行うタイプです。単発での取引回数が多い場合に適しています。


また与信の上限額に関しては、個人事業主やベンチャー企業との取引有無が判断基準です。どちらも支払い能力が低いと判断されるケースが多く、与信の上限額は低く設定されます。ただし支払い能力に問題がなく、購買意欲が高い場合は販売機会を逃すことになるため、慎重な見極めが必要です。


代金は100%保証されているか

顧客や取引先に請求した代金が100%保証されているかといった点も、請求代行サービスを選ぶ上で重要なポイントです。代金が100%保証されていれば、支払い遅延や未払いが発生したとしても、心配はいりません。


売掛金はベンダー側から支払われるため、踏み倒しによる多大な利益損失を回避できます。また商品やサービスを販売した代金が確実に返ってくるため、新規顧客開拓にも積極的に取り組めます。


未回収のリスク有無は、営業戦略立案や収益拡大を図る上で非常に重要です。代金が100%保証されているかを必ず確認しましょう。


外部システムとスムーズな連携が望めるか

外部システムとの連携性に優れた請求代行サービスを選択しましょう。様々なシステムとデータを連携できると、多くの業務を効率的に進められます。請求代行サービスは、受発注管理システムやCRM、会計システムとの関連性が特に強いです。


上記のシステムと連携できれば、販売業務全般を自動化でき、組織全体の生産性を高められます。ホームページ上で、API連携の可否や連携可能なシステムを確認しましょう。またECサイトの構築を検討している場合は、ECカートとの連携性も確認してください。


初期費用とランニングコストがどの程度かかるか

請求代行サービスを利用する際に掛かる費用は、初期費用と月額費用、決済手数料の3つです。初期費用や月額費用を無料としているかどうかは、ベンダーによって異なります。有料と無料どちらに設定されているか、ホームページ上で確認しましょう。


また決済手数料率もベンダーによって異なります。決済手数料の高さによって、1回の取引から得られる利益が大きく変動します。安定した収益確保のためにも、決済手数料が低いサービスを選ぶことが大切です。


さらに請求書を紙で郵送するケースが多い場合、事務手数料の有無や料金もあわせて確認が必要です。

請求代行サービス導入のメリット

請求業務の効率性と正確性を高められる

請求代行サービスを利用するメリットは、請求業務全般を効率化できる点です。与信審査や請求書の作成、入金確認など、業務全般を一任できます。入金管理や催促の連絡も任せられるため、経理担当者はストレスから解放されます。


請求書で提示した額が期日通りに正確に支払われているか、何度も確認する必要はありません。請求代行サービスの利用によって、工数の掛かる業務を自動化でき、業務の正確性と効率性を高められます。


また請求業務をアウトソーシングすることで、浮いた人員を有効的に活用可能です。営業や商品企画、新商品開発など、売上に直結するコア業務に集中してリソースを割けます。


未回収のリスクを気にせず営業活動ができる

未回収のリスクを削減できる点も、請求代行サービスを利用するメリットの一つです。請求代行サービスを提供する企業の多くは、代金の100%を保証しています。支払い遅れや未払いが発生しても、売掛金を失う心配はいりません。


未回収のリスクが高い場合、思い切った営業戦略を実行できません。貸し倒れに伴う利益損失を回避するため、既存顧客を中心とした営業活動に重点を置く形になります。既存顧客の売上が下がった場合は、他の顧客で売上を補填できず減収となってしまうでしょう。


しかし請求代行サービスを利用すれば、踏み倒しの発生を抑えられます。リスクを気にせず新規顧客獲得に励めるため、安定した収益確保につなげられるでしょう。


すぐに取引を始められる

新たな取引先や顧客との取引をスピーディーに始められます。豊富なノウハウを持つサービスが多く、すぐに与信調査の結果が通知されます。取引を始める前に、企業調査やデータ入力を行う必要はありません。


また与信審査の精度が高く、相手の支払い能力を正確に把握できる点も魅力です。個人事業主やオンラインでのやりとりが中心の企業など、相手の顔が見えにくい場合でも、安心して取引が始められるでしょう。


与信審査のスピードと精度が高まることで、新規顧客や仕入先と取引を始めやすくなります。販路拡大や商品ラインナップの拡充、仕入れコスト削減など、さまざまなメリットが期待できます。

請求代行サービス導入時の注意点

BtoC向けのサービスは少ない

請求代行サービスの多くは、企業間で発生する請求業務を代行するサービスです。BtoC向けのサービスは、少数である点を頭に入れておきましょう。BtoC向けの請求代行サービスを選ぶ際に重要な点は、決済方法とセキュリティ対策の充実度です。


決済方法に関しては電子マネーやキャリア決済、ID決済など、キャッシュレス払いにも幅広く対応しているかどうかが重要です。決済方法の選択肢が多ければ利便性が高まり、リピート率向上が期待できます。


一方セキュリティ対策に関しては、クレジットカードの不正利用防止対策を確認してください。不正検知サービスや3Dセキュアを搭載していれば、不正取引での利益損失を避けられます。


継続的に一定のコストが発生する

請求代行サービスの利用によって、毎月一定額のコストが発生します。初期費用や月額費用を無料に設定しているベンダーは一定数いますが、すべてのベンダーが上記のように対応しているわけではありません。


また初期費用や月額費用を抑える代わりに、手数料を高めに設定している場合もあります。いずれにしても、社内で請求業務を処理していた時よりもコストはかかります。請求代行サービスを利用する限り、半永久的にコストが発生することを頭に入れておきましょう。


選定作業の際、初期費用や固定費用がどの程度発生するか、正確に把握することが重要です。コストを把握した上で、多くのメリットが得られるサービスを選びましょう。


事前に取引先への説明が必要になる

これまでと請求方法が大きく変わる場合、事前に取引先から理解を得ておく必要があります。請求代行サービスは自社に多くのメリットをもたらす一方、取引先にとっては業務負担が増大する一因となります。


請求書のフォーマットや支払期日、振込先の変更など、新しい請求方法に対応しなければなりません。事前通知なしに請求代行サービスを導入した場合、取引先に大きな不信感を与えることになります。


最悪の場合は取引先との信頼関係が悪化し、取引量減少や取引停止も考えられるでしょう。請求業務を代行する企業名やこれまでの請求方法との違いなど、丁寧に説明することが重要です。


サービス導入に慣れるまで一定の時間がかかる

請求代行サービスに限りませんが、新たなシステムやサービスをスムーズに運用するためには、一定の時間が必要です。導入後のギャップを最小限に抑えるためにも、導入前に社内ルールを周知する場を設けましょう。


従業員の間で認識のズレが発生していた場合、かえって作業効率が悪化する可能性が高くなります。説明会の開催や業務フロー図の配布など、情報共有の場を設け、スムーズな導入につなげることが重要です。


また専用の問合せ窓口を設けておくと、トラブルが発生しても早期解決が望めます。


社内にノウハウが蓄積されなくなる

請求代行サービスは、業務の効率性と正確性を高められる点がメリットです。半面、請求業務に対応する機会がなくなるため、従業員は実務経験を積めない状態が続きます。サービスを利用している限り、請求業務に関するスキル習得やノウハウの蓄積は望めません。


「請求業務は継続的にアウトソーシングする」との企業方針であれば、大きな問題にはなりません。ただし将来的に内製化を考えている場合、請求業務を任せられる人材がいない可能性が高くなります。


内製化を考えている場合、依頼する業務範囲を限定することで、請求業務の効率化と人材育成が両立できるでしょう。

平均2分!ぴったりの請求代行サービス探しはミツモアで

請求代行サービスは、企業間取引で発生する請求業務全般を依頼できるサービスです。与信審査や請求書作成、入金確認など工数の掛かる業務をベンダーへ一任できます。請求業務の自動化によって、コア業務へリソースを集中して割けます。


初期費用や月額費用を無料とするサービスも多く、全体的にコストを抑えられる点も魅力です。しかし請求代行サービスは選択肢やチェックポイントが多いため、どのサービスを選ぶべきかわからない方もいるでしょう。


ミスマッチを避けるためにも、ミツモアで平均2分でできる自動診断を試してみましょう。従業員数や業種などの簡単な質問に答えるだけで、自社に合った請求代行サービス候補を見つけられます。

請求代行サービスについて

請求代行サービスを利用するメリットは何でしょうか?

売上に直結するコア業務へ従業員リソースを集中できる点です。請求代行サービスを利用すると、与信審査〜入金確認まで、一連の業務を任せられます。工数の掛かる請求業務を自動化でき、大切な従業員を営業やマーケティングなどに配置できます。

個人事業主でも利用可能な請求代行サービスはありますか?

リコーリース株式会社が提供する「集金代行サービス」がおすすめです。個人事業主の方が利用しやすいよう、請求件数は1件単位で設定されています。また導入の際に発生する初期費用はかかりません。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。