ミツモアロゴ

融資・資金調達・補助金に強い税理士

融資や補助金を活用して、事業拡大を目指すなら、資金調達に強い税理士に依頼しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

融資・資金調達・補助金に強い税理士登録数、日本最大級!

資金調達に強い税理士探しはミツモアで。

事業の拡大には、かしこい資金調達が欠かせません。

銀行の融資、公庫の融資、公的機関の補助金などを上手に活用して、資金繰りをスムーズにしておきたいですね。

そんなときに、頼りになるのが、融資制度を熟知した税理士です。

有能な税理士による決算の申告や事業計画書の作成などで、融資の審査もぐっと通りやすくなります。

会社創業のための融資の相談にものってくれるので、心強い起業のサポートもしてくれるはずです。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

融資・資金調達・補助金に強い税理士の相場

100,000

標準相場

65,000

リーズナブル

250,400

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 創業からどのくらい経っているか(創業からの経過年によって適した融資形態が異なります。必要資料の作成支援など、支援内容が異なることがあります)
  2. サポート範囲(融資以外に、顧問税理士業務や経営コンサルティングを依頼する場合、価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

実際の依頼例

融資・資金調達・補助金に強い税理士を探しています
S様

業種
卸売・小売業
創業時期
1年未満
事業形態
合同会社
売上
100~500万円
希望業務
顧問税理士業務
現在の税理士の有無
いる
特記事項
なし

5人の融資・資金調達・補助金に強い税理士から見積もりが来ました

平均価格
139,900円
融資・資金調達・補助金に強い税理士A
融資・資金調達・補助金に強い税理士A
はじめまして、Aです。 経理要員の有無やどのように業務が行われているのか、お伺いさせていただき、ご提案したいと思います。 ご相談段階では無料とさせていただきます。
融資・資金調達・補助金に強い税理士B
融資・資金調達・補助金に強い税理士B
はじめまして!Bと申します。 月額税務顧問料の参考数字をお送りいたします。経理業務がどこまで社内で行えているかなどによって顧問料が変わってきます。 顧問契約開始にあたって、社内の方への経理指導もいたします。また、弊所では、給与計算・社会保険業務等の手続きに関しても承ることができます。結果、経理・総務業務の効率化が図れ、経営に専念することができます。 ぜひ一度ご相談ください。
融資・資金調達・補助金に強い税理士C
融資・資金調達・補助金に強い税理士C
初めましてCといいます。 早速ですが見積りを送ります。ご検討ください。 例) 売上〇〇以下、年1回来所打合せ、記帳代行 月額顧問料〇〇円x12+記帳代行〇〇x12+決算料〇〇=〇〇(税抜) 売上規模、打合せ回数や仕訳数によって金額が変化します。 創業融資や助成金なども併せてご相談ください。
融資・資金調達・補助金に強い税理士D
融資・資金調達・補助金に強い税理士D
はじめまして。Dです。 お見積額は、月次顧問料の基本料金です。 記帳代行も月間で100仕訳程度であれば、上記基本料金に含まれます。 決算料は別途月額顧問料の4か月分から6か月分が目安となっています。 年末調整につきましては、5名様までは無料で行います。6名様からはご相談に応じます。 資金調達に関しては、綿密な事業計画書を作成して、調達を受けたい金融機関へ税理士自らが社長様と同行させていただくことを基本としています。 助成金につきましては、「経営革新等支援機関」に認定されておりますので、お気軽にご相談ください。
融資・資金調達・補助金に強い税理士E
融資・資金調達・補助金に強い税理士E
初めましてEでございます。 弊事務所の特徴は、会社の税務・会計をサポ-トするために法人税、会社で給料を一番多く貰っている社長様をサポ-トするために所得税、その後社長様の今後をアドバイスするために相続税と幅広くカバ-出来るところです。 経理業務のアドバイス、資金調達についてお任せ下さい。 社長様と同じ目線で対応します。 税務相談、税務調査対策はお任せ下さい。 上記価格は、売上高〇〇円以下の場合の見積もりです。 顧問料については、社長様の状況に応じて調整は可能です。 お気軽にご相談下さい。 是非一度面談を希望いたします。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

融資・資金調達・補助金に強い税理士の写真一覧

融資・資金調達・補助金に強い税理士 原・久川会計事務所平塚橋事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 大原政人税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 大原輝正税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 小村税務会計事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 鈴木文弘税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 鈴木文弘税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 鈴木文弘税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 鈴木文弘税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 鈴木文弘税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 鈴木文弘税理士事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 EMZ総合会計事務所
融資・資金調達・補助金に強い税理士 税理士法人ラポール会計事務所

融資・資金調達に強い税理士の相場費用

着手金
20,000円~50,000円 
資金調達の支援調達額の2%~


ミツモアでの見積もり例

【小売業】事業融資相談、個人事業主、売り上げ30~50万/月  融資額の0.5%
【サービス業】日本政策金融公庫から~500万円の融資サポートを希望
 162,000円

【教育業】日本政策金融公庫への紹介状、銀行の紹介、事業計画書作成支援、早期経営改善計画策定

510,00円

どの地域でお探しですか?

ミツモアで融資・資金調達に強い税理士に依頼するメリット

1.助成金、補助金アドバイス

様々な補助金、助成金の中から、適切なものをアドバイスいたします。応募期間の短いものなど適宜提案が可能です。

2.事業計画書の作成

提出する金融機関に合わせた事業計画書を作成いたします。実現可能な行動計画、返済計画、資金繰り計画などを作成します。

3.融資窓口を紹介

融資に強い税理士は各金融機関の窓口担当者と企業をつなぎ、融資の際は同席しサポートが可能です。

4.関連機関の助言

助成金、補助金は関連機関の助言が必要な場合があり、税理士は関連機関の登録事業者となっています。

融資・資金調達業務の流れ

1.事業計画相談

具体的な事業計画についてご相談を承ります。事業の規模、成長予測などから適切な資金調達の方法を助言いたします。

2.資金繰り計画

ヒアリングで得た情報を元に、資金繰り計画を作成します。これにより、いつどのくらいの資金調達が必要かを確認します。

3.事業計画書作成

調達先に合わせ、より具体的に実現可能な事業計画書、資金繰り書、返済計画書、などを作成をします。

4.金融機関面談

金融機関への面談に同行し、必要な説明の補足説明などを行ないます。審査結果を待ちます。

どの地域でお探しですか?

資金調達支援

補助金、助成金、金融機関からの借り入れ、日本政策金融公庫からの融資制度、投資家、ベンチャーキャピタル等、様々な融資制度についてクライエントの財務状況、事業系計画に合わせて適切なアドバイスを行ないます。窓口担当者への紹介、面談同行など確実でスピーディーな資金調達を実現するためのサポートを行ないます。

書類作成支援

金融機関、助成金、補助金窓口に合わせ適切な提出用の書類を作成いたします。必要とされる書類は窓口により異なりますが、事業計画書、決算書、資金繰り書、借入申込書、返済計画書などです。融資先に融資された資金がどのように活用され、事業に活かされるか、その後返済計画まで見通せるかなど、ポイントを抑えた書類作成を支援します。

事業計画作成支援

事業計画書は融資がスムーズに進むのに必要不可欠な書類になります。事業計画書のポイントは理念が明確に提示され、実現可能な計画であり、計画に対する行動が明確に記され、振り返ることができるかという点です。人をわくわくさせるような事業計画で、分かりやすく、説得力のある事業計画書であれば、融資もスムーズに実行されます。

資金繰り計画書の作成

資金繰り計画書は起業後の資金の状況を管理するだけでなく、金融機関への融資の際に重要な書類となります。現金、普通預金のお金の流れを計画的に把握することにより、適切な資金計画を作成することが可能です。財務状況、財務体質を分析し適切な資金繰り計画書を作成します。

日本政策金融公庫

国が100%出資して作られた銀行です。創業支援、地域活性化支援、中小企業支援、復興支援などのための融資を積極的に行なっています。基本的には無担保、無保証人で長期、低金利での融資が可能です。様々な支援融資が作られていますので、起業や再生などの際、どちらかの融資制度に当てはまり、融資を受けることが可能です。心強い融資制度です。

挑戦支援資本強化特例制度創業・新事業展開・海外展開・事業再生等に取り組む方の財務体質強化を図るために資金を供給するための融資制度です。広い範囲での事業主、事業項目をカバーしているので、資本教強化をして起業、再生を目指す事業主はまず一番最初に検討したい融資制度になっています。
新創業融資制度
            
事業開始時または事業開始後に必要となる事業資金を無担保・無保証人で3,000万円まで融資を受けることができる制度です。新規開業資金、女性、若者/シニア起業家資金、再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)新事業活動促進資金他、12の融資制度を受ける際に合わせて申請することができます。
中小企業経営力強化資金
創業直後から、無担保無保証で最大2,000万円まで借りることが可能な融資制度です。新規事業を行なう際の経営力強化、資金調達に利用することが可能です。認定機関になっている税理士の助言を受けながら、事業計画書を作成し提出することが必要です。低金利で融資を受けることができ、申請から認定までも短い期間で受けることができます。唯一フランチャイズ経営のみ摘要外となっています。

補助金・助成金

 創業時の資金として有用な資金繰り対策として補助金・助成金があります。創業時は実績がないため、実質金融機関からの融資は難しい場合が多いため、これらの補助金、助成金を有効に活用することが必要となります。補助金、助成金は返済が不要な点が大きなポイントになります。補助金の場合は、公募期間が限定され短く、事業企画書などの提出が必要になります。審査がある場合が多く、助成を受けられるかどうかは事業計画書などで決まります。一方、助成金は助成の基準に達していれば受けることができ通年受付をしています。


■中小企業庁 

 「創業支援事業者補助金」

(平成30年度の公募期間 5月21日~6月22日)

市区町村から民間事業者に対して産業競争力強化、地域経済活性化を図ることを目的として補助されます。対象者は特定創業支援事業(経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身につく事業)と創業機運醸成事業(創業に関する普及啓発を行なう事業)を行なう事業者とされています。補助金は対象経費の2/3まで、1000万円までとなっています。人件費、事業費、委託費に充てることができます。


■厚生労働省  

「キャリアアップ助成金」

(随時受付)

国の労働改革、雇用促進の助成制度として、非正規社員の地位、処遇向上を行なうために支給される助成金です。平成29年4月には8つのコース設定となり助成の範囲が広がりました。助成を受けられる事業主の条件は、雇用保険に加入していること、キャリアアップ管理者がいること、キャリアアップ計画を作成し、認定を受けること、期間内での適切な運用、帳簿、台帳の整備などが必要となります。長期計画での運用が必要な助成制度です。

■公益財団法人東京中小企業復興公社 
「創業助成事業」

(次回の公募:平成30年10月下旬頃予定)

都内の産業活力向上のため、創業期に必要な人権費、賃貸料、広告費等の一部を助成されます。助成限度額は300万円で、助成対象と認められた経費の2/3が助成されます。申請には具体的な事業計画書、経費見積書、資金計画書等が必要に成ります。申請から交付まで約4ヶ月かかり、交付日から2年以内に必要となる経費が対象となります。助成対象期間終了後に実績報告書の提出が必要となります。


銀行融資

メガバンク、地銀、信用金庫からの融資を得ることで会社の収益を増加の曲線に乗せることが可能です。どの銀行から融資を受けるかは融資を受ける事業とその規模等で検討することが必要です。信用金庫は金利は高めですが、地域密着型で中小企業にも広く融資の扉を開いてくれています。地銀も信用金庫と同じように地元密着の企業の強いみ方になってくれる銀行です。信用保証協会付き融資を受けた後に、返済実績をつけることで、プロパー融資を得やすくなり、数千万~億の融資を得ることも可能です。メガバンクからの融資を得るには実績と信頼を得る事業計画書が必要となりますが、将来事業を拡大していく予定がある場合は、早めの段階で融資実績を作っていくことが大きな融資=会社の成長に欠かせません。

■信用保証協会
 「保証付融資」

信用保証協会が保証人となって融資を受けやすくする公的な仕組みです。信用保証協会が保障している「保障付融資」は所定の信用保証料を支払うことにより代表者以外の保証人を必要とせず、過度な担保も必要ありません。万が一、返済が滞った場合には「立替払い」を行ないます。利用条件としては事業の規模、業種、区域、業歴などがあります。各地域にサポートセンターを置き地域に密着した企業融資を行なっています。

■地方自治体
「制度融資」

信用金庫、地方自治体、信用保証協会の三者が強調して行なう融資です。信用保障協会が融資の保証人となり地方公自治体が融資の一部を保証料、金利などの形で負担することで金融機関の負担を減らし融資をスムーズに行なえる仕組みを整えています。金利も安く設定されており措置期間も長く設定されているので、企業時には活用したい融資の一つです。各自治体で制度融資を実施していますので、地方自治体で申し込みが必要です。

■東京都産業労働局
「創業融資」

東京都産業労働局が行なっている制度融資の一つです。事業創業を予定している事業主に運転資金、設備資金を融資してくれる制度です。融資上限は3,500万円となり、融資期間は7年~10年となっています。審査期間は1~2ヶ月程度必要です。市区町村の制度融資より、実行が早く借りやすい条件になっている場合が多いようです。

どの地域でお探しですか?