ミツモアロゴ
背景画像

法人税の節税に強い税理士

法人税の節税対策を行っていますか?節税に強い税理士を見つけましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

法人税の節税に強い税理士登録数、日本最大級!

法人税の節税に強い税理士探しはミツモアで。

事業を展開する上で、法人税の節税対策は大きな課題です。

節税のための法人化や法人決算など、法人税の税制についてを熟知した税理士なら、節税対策をかしこくアドバイスしてくれるはずです。

経費の使い方や帳簿の書き方など、専門家ならではの適切なアドバイスが受けられますよ。

税理士による決算の申告なども、まとめて依頼すれば、わずらわしい事務作業もスムーズに処理できますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

法人税の節税に強い税理士の相場

338,500

標準相場

220,000

リーズナブル

544,400

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 月間売上(月間売上額によって、価格を設定している場合があります)
  2. サポート範囲(節税対策以外に、顧問税理士業務や経営コンサルティングを依頼する場合、価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

実際の依頼例

法人税の節税に強い税理士を探しています
H様

業種
サービス業
創業時期
1~3年
事業形態
個人事業主
月間の売上
100~500万円
希望業務
経営コンサルティング
現在の税理士の有無
いない
特記事項
なし

5人の法人税の節税に強い税理士から見積もりが来ました

平均価格
78,200円
法人税の節税に強い税理士A
法人税の節税に強い税理士A
はじめまして、Aです。 どのように業務が行われているのか、お伺いさせていただき、最終的にはご提案したいと思います。 ご相談段階では無料とさせていただきます。 顧問契約を締結する場合の月額顧問報酬を目安をお知らせいたします。また、決算に伴う税務申告書の作成は税込〇〇円となります。 よろしくご検討ください。
法人税の節税に強い税理士B
法人税の節税に強い税理士B
Bです。今回は見積依頼ありがとうございます。 上記金額は決算報酬を含んだ標準的な月額です。年末調整も10名以内であればこの金額に含まれます。法定調書、償却資産税もよっぽど件数が多くない限りはこの金額に含まれます。 希望業務が経営コンサルティングということですが、いずれにしても詳細の確認は必要ですよね。 ご検討のほどよろしくお願い致します。
法人税の節税に強い税理士C
法人税の節税に強い税理士C
初めましてCといいます。 早速ですが見積りを送ります。ご検討ください。 例) 売上〇〇以下、年1回来所打合せ、記帳代行 月額顧問料〇〇円x12+記帳代行〇〇x12+決算料〇〇=〇〇(税抜) 売上規模、打合せ回数や仕訳数によって金額が変化します。 創業融資や助成金なども併せてご相談ください。
法人税の節税に強い税理士D
法人税の節税に強い税理士D
はじめまして!Dと申します。 月額税務顧問料の参考数字をお送りいたします。経理業務がどこまで社内で行えているかなどによって顧問料が変わってきます。 顧問契約開始にあたって、社内の方への経理指導もいたします。また、弊所では、給与計算・社会保険業務等の手続きに関しても承ることができます。結果、経理・総務業務の効率化が図れ、経営に専念することができます。 ぜひ一度ご相談ください。
法人税の節税に強い税理士E
法人税の節税に強い税理士E
Eと申します。 監査法人、外資系の税理士事務所等で実務経験を積みその後外資系の銀行、証券会社で経理・財務等の責任者としての実務経験を踏まえて、にアドバイス等を行うことができます。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?

法人税の節税対策の相場費用

決算申告(節税対策含む) 150,000円〜


ミツモアでの見積もり例

【サービス業】法人化の手続き、消費税申告、節税対策200,000円
【小売業】売り上げ5千万~1億円 記帳代行、年6回面談、月額顧問料、決算料
710,900円
【個人事業主 建設業】売り上げ500万/月 顧問税理士、設営アドバイス、経営コンサルティング
324,100円

どの地域でお探しですか?

ミツモアで節税対策を依頼するメリット

1.リスクのない節税の提案

節税は税制をよく理解し、適切な適用が大切です。脱税、粉飾等の疑いのもたれないクリーンな節税対策を提案します。

2.控除制度や非課税制度

税制度は毎年見直し、新税制どの施行が行なわれます。常に最新の控除制度や非課税制度をご案内いたします。

3.漏れのない書類の作成

税務署から指摘を受けない、漏れのない申告書類の作成が大切です。チェックリストで完璧な書類を作成いたします。

4.税務調査に立会い

税務調査が入った際は立会いをし、申告に対しての説明を行ないます。申告書類に修正が必要な際は対応します。

法人税申告の流れ

1.相談

お問い合わせをいただきましたら対面にて、事業内容を伺い、決算書作成について、必要な節税に対してご相談を伺います。

2.節税対策の案内

ご相談いただいた内容を踏まえて必要な決算書の作成、節税対策のご提案、お見積もりをご提示させていただきます。

3.節税実施

ご同意いただいた節税対策について、着々と実行を進めていきます。最終的な節税効果の検証をし、中長期な節税対策に繋がるように支援をいたします。

4.決算と税務調査

年度内に必要な節税対策を実施し、適切な決算書を作成します。税務調査の立会いg亜必要な場合は、実施した対策の説明をいたします。

どの地域でお探しですか?

決算書作成

決算書は会社の1年間の業績をまとめる資料です。決算書を元に法人税の納税、確定申告を行ないます。銀行融資や信用調査に使われる資料になります。事業年度が終了する決算日の翌日から2ヶ月以内に作成、申告を行ないます。必要な書類は総勘定元帳、領収書綴り、決算報告書など、9種類に及びます。

法人税申告

法人税申告に必要な書類を作成します。経理のデータをチェックし、法人税、消費税申告書、都道府県民税申告書、法人市民税申告書等を作成し、申告書の提出まで行ないます。会計ソフトで決算書までの作成が完了している場合は、申告書書類の作成とチェックを代行委託できます。

節税対策

決算後に支払う税額のシュミレーションをし、節税対策が必要な際は、適切な時期に適切な方法での節税をアドバイスします。税制は毎年変わるため、常にアップデートし最新の税制の中で対策をとることが必要です。節税対策は在庫の調整、生命保険加入、固定資産、役員報酬、福利厚生、交際費、積極投資、など様々な対策を検討することが必要です。

法人保険・共済による節税

法人の保険には経営者保険と福利厚生保険があります。保険は貯蓄性があり、終身保険以外の保険は保険料が損金に参入できるので税負担を軽くすることができます。適切な時期に解約することにより大きな支払い、退職金や設備投資などに充てることが可能です。小規模企業共済、倒産防止共済などに加盟することで貯蓄性の高い節税をすることも可能です。

固定資産による節税対策

少額減価償却資産は30万円まで経費として計上することができます。パソコンやソフトウェア、事務機器などに適用可能です。また、これらを修理した際の修繕費も適用されます。特許権、商標権、無形固定資産にも適用され、年額300万円まで可能です。中古自動車については登録後3年10ヶ月を経過した車については、1年後に100%のを経費として計上することができます。

役員報酬による節税対策

役員報酬は決算後3ヶ月以内に増額することにより会社利益を抑え、節税効果を得ることができます。ただし、いったん変更した報酬額は期中に変更はできませんので、業績予測を立てて対応することが必要です。役員報酬の変更については臨時株主総会を開催し承認を得ることも必要です。

どの地域でお探しですか?

福利厚生による節税対策

福利厚生として社宅を借り上げて、賃料を支払うことで節税することが可能です。賃料は通常家賃の20%くらいに設定することができます。賃料は経費として計上が可能です。その他、社内行事として行なわれる忘年会、新年会、親睦会などは全員参加を原則として福利厚生費として計上することが可能です。

積極投資による節税対策

積極的に投資をすることで節税対策をすることも可能です。所得拡大促進税制により従業員の給与を増額することにより増加額の10~20%の税額が控除されます。生産等設備投資促進税制によりコンピューター、ソフトウェア、コピー機など原価償却費を計上することができます。その他、研究開発税制、環境関連投資促進税制などを利用して控除を得ることが可能です。

どの地域でお探しですか?