ミツモアロゴ
ミツモアメディア

接待交際費として個人事業主が計上できる経費の上限は? 交際費のポイントを解説

最終更新日: 2019年10月15日

個人事業主として自身で事業をされている方は、得意先などとの良好な交友関係の維持にも日々注力していることと思われます。接待や贈答などの交際に伴う支出は欠かせないものですよね。勘定科目としては「接待交際費」とされますが、その扱いは法人か個人事業主かによって異なってきます。

ここでは、接待交際費の上限や、個人事業主が接待交際費を経費計上する際のポイントについて解説していきます。

個人事業主の接待交際費とは

個人事業主の接待交際費とは
個人事業主の接待交際費とは

接待交際費とは、「交際費、接待費、機密費、その他の費用で事業者がその得意先、仕入先その他事業に関係ある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するもの」であると定義されています。

ただし、「専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用」や「飲食その他これに類する行為(以下「飲食等」といいます。)のために要する費用(専らその法人の役員若しくは従業員又はこれらの親族に対する接待等のために支出するものを除きます。)であって、その支出する金額を飲食等に参加した者の数で割って計算した金額が5,000円以下(※)である費用」は対象外となります。

(※)税込経理方式であれば税込金額で、税抜経理方式であれば税抜金額で判定する。

参考:第1款 交際費等の範囲|国税庁

つまり、接待交際費は接待をした場合の飲食代などの交際費だけを言うのではありません。利益を生み出すための事業活動に際して必要となる交友に係る支出であれば、すべて交際費として認められるのです。

個人事業主が計上できる交際費の上限とは?

個人事業主が計上できる交際費の上限とは?
個人事業主が計上できる交際費の上限とは?

税法上、一定金額までの接待交際費については経費として計上することが認められています。ただし、法人と個人事業主とでは、計上できる接待交際費の上限額が異なってきます。

ここでは、法人と個人事業主それぞれの接待交際費の上限額について説明していきます。

法人の交際費の上限

法人の接待交際費の上限については、以下のように定められています。無制限で経費として計上できるわけではないことが、法人における接待交際費の上限の特徴となります。

  • 資本金1億円以下の法人⇨年間800万円まで、もしくは接待飲食費の50%のいずれか大きい方
  • 資本金1億円以上の法人⇨接待飲食費のうち50%は損金算入可能

個人事業主の交際費の上限

一方、個人事業主の接待交際費については、法人と異なり上限金額はありません。そのため、接待交際費としての支出全てが経費として計上可能です。

個人事業主が交際費として計上する妥当な割合は?

中小企業庁が発表している「中小企業実態基本調査」では、業種ごと・売上規模ごとに売上高に占める交際費の比率の割合が公表されています。2017年のデータだと、たとえば建設業で売上高1,000万円~3,000万円の会社の場合、売上高の1.8%が支出する交際費の平均値ということとなっています。

参考:中小企業実態基本調査|e-Stat

ただし、こちらのデータはあくまで法人が対象となっています。個人事業主が接待交際費として計上する場合と異なります。参考の目安値としてご活用ください。

安田亮公認会計士・税理士事務所 - 兵庫県神戸市中央区

あまりに交際費の支出額が多いと、税務調査の際に一定金額以上の支出を全て否認されるという実務が行なわれています。交際費の支出にも上記のように“相場”というものがありますので、参考にしていただければと思います。
ミツモアでプロを探す

個人事業主が交際費として計上できる支出の例

個人事業主が交際費として計上できる支出の例
個人事業主が交際費として計上できる支出の例

接待交際費として計上するための見極めに重要なラインは、「事業に関係するかどうか」ということです。取引先との直接的な接待はもちろんですが、将来的に取引先となり得そうな相手との飲食代なども接待交際費となり得ます。

反対に、事業には関係しない、事業の利益を生み出すことにはならない費用は対象となりません。例えば、家族で観戦に行ったプロ野球の試合のチケット代などは接待交際費には含まれません。

交際費として計上できる支出

では、具体的に接待交際費とはどのような支出を対象とするのでしょうか。接待交際費として計上できる支出の具体例について、以下に挙げていきます。

飲食代

取引先などとの接待での支出です。通常の飲食代の他に、

  • 3万円のコース料理などの高額な支出
  • キャバクラでの接待飲食代

なども接待交際費として計上可能です。

ゴルフ

取引先などと懇親を兼ねたゴルフのプレーに伴うゴルフ代やゴルフ場利用税も接待交際費として計上できます。

お中元・お歳暮

取引先などとの良好な関係構築・維持として必要な贈答費です。こちらも接待交際費として計上できます。

慶弔金

取引先の家族などへの結婚や出産のお祝い金、お葬式などの不幸に際して家族へ支払うお金です。慶弔金も接待交際費として計上できます。このような場合、領収書をもらうことは出来ませんので、自身で出金伝票などを作成しておくことをおすすめします。

商品券

商品券は、一般の贈答品に比べると相手の好みを選ばないため利用しやすいです。贈答やお返しなどの目的で購入した商品券も接待交際費として計上できます。

飲食代などを割り勘で支払った場合

打ち合わせなどで複数人で食事をし、費用を各々で割り勘にした場合は、自分の分を経費計上することとなります。その場合、領収書を分割して発行してもらうことは難しいはずですので、自身で出金伝票などを作成しておくことをおすすめします。その際、以下のような事項をなるべく具体的に記載しておきましょう。

  • 日時
  • 店名・所在地
  • 金額
  • 使用目的・内容
  • 参加人数・相手

友人や親族との飲食代は交際費として計上できる?

取引先のみならず、友人や親族との飲食代も接待交際費として計上できる場合があります。重要なのは、その支出が「事業に関係する」ものであるかどうかということです。

例えば、取引先でもある友人と街でバッタリ遭遇し、そのまま飲みに行った、などという場合の飲食代も、接待交際費として計上して大丈夫です。

安田亮公認会計士・税理士事務所 - 兵庫県神戸市中央区

店舗名などの入ったカレンダーや手帳を取引先に贈答した場合は、交際費ではなく広告宣伝費となりますのでご注意ください。
ミツモアでプロを探す

交際費と会議費の違い

交際費と会議費の違い
交際費と会議費の違い

接待交際費と似た勘定科目として、「会議費」というものがあります。個人事業主が経費計上や確定申告をする際、飲食代が接待交際費なのか会議費なのか、区分する基準に迷う事があると思われます。これらの勘定科目は会計上処理を間違えやすく混同しやすいため、注意が必要です。

以下では接待交際費と会議費の違いや具体例について解説していきます。

交際費と会議費の違い

接待交際費と会議費の違いは、その支出の目的にあります。接待交際費は取引先などとの接待に伴う飲食代、会議費は社内での会議や打ち合わせなどに要した費用を言います。ちなみに、接待というと社外へのもてなしの費用をイメージしますが、税務上は従業員との飲食代でもその目的が通常の会議や従業員の慰安を目的としないものであれば接待交際費として処理することとなります。

交際費ではなく会議費で処理する飲食代の例

  • 取引先とのランチミーティングでのランチ代
  • 会議で出すお弁当代

以上のようなものは一般的には接待交際費ではなく会議費として計上します。

交際費ではなく「福利厚生費」で処理するもの

接待交際費 個人事業主 福利厚生費
交際費ではなく「福利厚生費」で処理するもの

もう一つ、接待交際費と似た費目として、福利厚生費があります。国税庁のホームページにて、以下のようなものが福利厚生費の具体例として挙げられています。

  • 創立記念日、国民の祝日、新社屋の落成式などに際し、従業員におおむね一律に、社内において供与される通常の飲食に要する費用
  • 従業員等(従業員等であった者を含みます)又はその親族等のお祝いやご不幸などに際して、一定の基準に従って支給される金品に要する費用(例えば、結婚祝、出産祝、香典、病気見舞いなどがこれに当たります)

接待交際費が事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答などの行為の結果に伴う支出である一方、福利厚生費は専ら従業員の慰安のために行なわれる行事に伴う支出を指すのです。「レクレーションのために要する費用」は福利厚生費として計上し、接待交際費からは除外されます。

個人事業主が交際費を計上するために行なうべきこと

接待交際費 個人事業主 領収書
個人事業主が交際費を計上するために行うべきこと

経費として接待交際費を計上するために注意しなければいけない点があります。接待交際費に関する税務調査が入った際に不適切な支出や虚偽の記載をしていると、証拠とともに事実関係の説明がしっかりできなければ認められないことがあります。

税務署に質問をされた時には、「事業に関係する支出であること」をしっかり証明できるかどうかが重要となります。以下にポイントを挙げていきますので、参考にしてみて下さい。

「誰と行ったか」を必ずメモする

接待交際費として計上する際に重要となる点は、先ほどから述べている通り「事業に関する支出であるかどうか」です。そのため、私的な飲食代を接待交際費に含めようとしても、税務署に対して事業に関するものと証明できなければ認めてもらえません。「誰と行ったのか」ということは必ずメモしておく必要があります。領収書に直接書き込むなどして問題ありません。

また、その証拠となる領収書の保存期間にも注意が必要です。白色申告の場合は5年間、青色申告の場合は7年間となります。

領収書をもらえなかった場合

領収書がもらえなかった場合は、「内容のメモ書きを残す」ことと、「出金伝票を利用する」ことが対応策となります。

取引の内容については自身でこまめに記録を取っておくことをおすすめします。また、市販されている出金伝票を用いて、取引の日時や金額、相手先、取引内容などの情報も加えておくことが必要です。

交際費の仕訳例

複式簿記における仕訳は、以下のようになります。摘要欄に取引相手の名前や人数を具体的に記載することを忘れないようにしましょう。

年月日 借方 貸方 摘要
2019年10月1日 交際費 20,000円 現金 20,000円 〇〇会社代表〇〇様と2人で会食

【まとめ】「交際費」として計上できるものを正しく理解して確定申告を

「交際費」として計上できるものを正しく理解して確定申告を
「交際費」として計上できるものを正しく理解して確定申告を
  • 個人事業主が経費計上できる接待交際費は、法人と異なり上限なし
  • 親族や友人との飲食代でも、「事業に関係する費用」であれば計上可能
  • 接待交際費を経費計上する際は「いつ誰と行ったか」「どのような取引内容か」などを記録し、記帳時も摘要欄に記しておくこと

接待交際費の経費計上に関する一般的な内容について触れてきましたが、経費に関する細かい疑問は税理士に直接相談することが最も確実で安心です。気になることがあれば、最寄りの税理士に相談してみましょう。

この記事を監修した税理士からのコメント

安田亮公認会計士・税理士事務所 - 兵庫県神戸市中央区

事業を行なっていくには交際費の支出は不可欠と言えます。ただし、何でもかんでも交際費として経費に算入してはいけません。事業に関係あるものと無いものをきちんと選別し、適切な税務申告を行ないましょう。
ミツモアでプロを探す

この記事を監修した税理士

安田亮公認会計士・税理士事務所 - 兵庫県神戸市中央区

安田亮(公認会計士・税理士・CFP🄬) 1987年 香川県生まれ 2008年 公認会計士試験合格 2010年 京都大学経済学部経営学科卒業 大学在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人に勤務し、その後、東証一部上場企業に転職。連結決算・連結納税・税務調査対応等を経験し、2018年に神戸市中央区で独立開業。所得税・法人税だけでなく相続税申告もこなす。
ミツモアでプロを探す

ミツモアならチャットで税理士を比較できる

ミツモア 税理士
ミツモアならチャットで税理士を比較できる

ミツモアは、完全無料、すべてWeb完結のシステムで、税理士と直接チャットでやり取りをすることができます。気軽に気になることを確認してから、直接会ったり、仕事を依頼したりできる簡単で便利なプラットフォームです。

また、チャット開始の際には、見積もり金額を含めたメッセージが届きますので、料金やサービス内容の問い合わせまで自然に行うことができます。隙間時間にスマホで税理士探しをしてみてください。

ミツモアで税理士を探す