ミツモアロゴ
ミツモアメディア

無料で捨てられる?エアコンの正しい処分の仕方と費用相場!

最終更新日: 2019年07月09日

エアコン、使ってますか?特にこれからの季節、エアコンは重宝しますよね。

そんなエアコンにも寿命があります。寿命が来たら、処分する他ありません。

でも早々頻繁にある事ではないので、エアコンの処分ってどうすればいいの?費用は?無料で処分できるの?買取の場合の相場は?など疑問も沢山あるかと思います。

今回はそれらの疑問について解説していきたいと思います。

エアコンは家電リサイクル法の対象製品

エアコン処分
家電リサイクル法を守りましょう

エアコンは家電リサイクル法の対象商品であり、処分する際には家電リサイクル券を用意し、所定の方法で処分する必要がありますし、費用もかかります。ですが、無料回収にはそれなりのリスクが伴います。

処分の際には家電リサイクル券が必要

家電リサイクル券

引用:一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

家電リサイクル法とは、簡単にいうと資源の有効活用や廃棄量を減らす事を目的に、リサイクルを推進していく為の仕組みを規定する法律です。適用を受ける家電は4品目あり、今回の「エアコン」もその一つ。

これらの家電を処分する際には、「家電リサイクル券」を用意する必要があります。

家電リサイクル券は、処分する家電の品目、廃棄処分の際に必ず徴収されるリサイクル料、業者や小売店に払う収集・運搬料金を明記するもので、これを貼っていないとエアコンは処分できません。

リサイクル料はメーカーごとに異なりますが、一般的には972円(平成29年4月現在)となっています。

支払い方法

  • 買い替え・店頭引き取りの場合:店頭支払い(料金販売店回収方式)
  • 処分場まで運ぶ場合:直接振り込み(料金郵便局振り込み方式)

エアコンの無料回収はリスクが伴う!

「不要品を無料で回収します」と謳う業者の中には、回収したエアコンから希少金属類を取り出した上で不法投棄を行ったり、別の商品を高額で買わせるなどという違法行為を平然と行う業者もいます。

無料回収を謳う業者にアプローチする際には、こうした違法行為に加担してしまったり、回収は無料でも無茶な名目で法外な費用を請求されるリスクが伴うことを理解しておきましょう。

どんな業者が怪しい?違法業者の見抜き方

見抜くポイント

  • 「一般廃棄物収集運搬業」の許可がない
  • 会社の情報や料金システムを明確に説明してもらえない
  • 契約書をしっかりと作ってくれない

一般的に、エアコンの回収ができるのは「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けた業者に限られます。許可を受けている事を証明できない業者は違法である可能性が高いです。

また、会社の情報や料金システムを明確に説明でき、契約書をちゃんと作ってくれるかどうかというのも重要なチェックポイントです。

特に壊れているエアコンを「買い取ります」と謳う業者には要注意です。壊れたエアコンを買い取ってまで回収する理由は、希少金属資源の回収を目的としている場合が多いからです。

一番安心できるのは、市町村など自治体に問い合わせて業者を紹介してもらうことですが、こうした無料回収を謳う業者と関わる際にはこうした相応のリスクがあることを理解し、警戒して対応すべきでしょう。

それでも無料で捨てたい!

エアコンはどうせなら無料で処分したい!
エアコンはどうせなら無料で処分したい!

リスクがあることを承知で、それでもエアコンを無料で処分したい!と考える人もいるでしょう。そうした場合に、何か方法はないのでしょうか?

エアコンの処分費用を無料にしたいという場合は、例えば無料回収を謳うサイトを利用する方法があります。以下に紹介する2つのサイトは、実際に無料でかつ安全性の高いサイト、という口コミが多く寄せられています。

エアコン処分無料.com

「エアコン処分無料.com」は、関東地方の一部地域に絞って展開する、エアコンの無料処分を請け負うサイトです。

ポイント

  • 取り外しから回収まで全て無料

■注意点

  • 年式が古いと有料のことも

エアコン処分無料.comはエアコンの取り外しから回収まで全て無料で請け負ってくれます。

取り外しの仕方や処分の事例の説明・紹介や、エアコンの年式が古い場合に関して有料である場合もあること、その際の料金プランもしっかりとした説明が明記されています。

エアコン処分無料.comのサイトはこちら

エアコン無料回収王

「エアコン無料回収王」は、全国展開を行っているエアコンの無料回収サイトです。

電話やメールで依頼を行うことで、エアコン無料回収王と委託している協力会社が回収を担当してくれるようです。

ポイント

  • ほぼ全国どこでも回収を請け負ってもらえる
  • 無料回収

■注意点

  • 北海道と沖縄はサービス対象外
  • 「取り外し済」「室内機・室外機がセットで揃っている」であることが無料回収条件

エアコン無料回収王の大きなメリットは、ほぼ全国どこでも回収を請け負ってくれるところでしょう。ただし、現在は北海道と沖縄県のみサービス対象外となっていて対応できないようです。

また、「取り外し完了済みであること」と、「室内機・室外機セットで揃っていること」が無料回収の前提条件となりますので要注意です。

エアコン無料回収王のサイトはこちら

実際に利用した人の感想を紹介

上記のサイトを実際に使った人の感想を紹介して行きましょう。

「エアコン処分無料.com」を実際に利用した人の声を聞いてみると、こういった感想が見受けられました。

・「作業員の取り外しも手慣れていて、テキパキと行ってくれました。相当数をこなしていることが伺えました」

・「エアコン無料回収の理由についても口頭で詳細に説明してくれました」

「エアコン無料回収王」利用者からは、以下のような声がありました。

・「全国展開しているので、四国の田舎でも回収しに来てくれて助かりました」

・「3台あったエアコンをテキパキと効率よくトラックに積んでくれたので短い時間で済みましたし、本当に無料でした」

無料回収のリスクを再確認

こうした無料回収を謳うサイトの中には、エアコンの回収は無料でも、取り外しが有料であるところもあります。

しかし費用を浮かせる為に自分で取り外すとなると、工具を大量に用意する必要があり、手間も非常にかかりますので、とても大変です。また、ガス爆発などの事故の危険性もあります。

自分で作業を行う際にはくれぐれも慎重に。勿論、専門の業者に頼むのが一番安全ですが、その際は当然、別途費用がかかってしまいます。

安心安全に処分をお願いしたい!

エアコンを処分するなら、どうせならリスクのない安心・安全な方法で!
エアコンを処分するなら、どうせならリスクのない安心・安全な方法で!

エアコンを処分する際、無料回収であれば費用はかかりませんが、上述の通り様々なリスクが怖いです。

どうせなら、とにかく安心、安全にエアコンの処分がつつがなく終えられることが一番ですよね。

エアコンを安心安全に処分するには、以下のような様々な方法があります。

おすすめのエアコン処分法5選!

安心、安全にエアコンを処分していくためにオススメの方法としては、以下の5つが挙げられます。

・家電量販店に回収を依頼する

・自治体のサービスを利用する

・指定取引場所へ持ち込む

・友人や知人に譲る

・不用品回収業者に回収を依頼する

無料かどうかにかかわらず、とにかく安心してエアコンを処分する際にはこうした方法をとるといいでしょう。以下に、詳しく説明して行きます。

家電量販店に回収を依頼する

壊れたエアコンは家電量販店に回収してもらおう!
壊れたエアコンは家電量販店に回収してもらおう!

エアコンの安心安全な処分法の第一としては、家電量販店にエアコンの回収を依頼する方法があります。

尚、これは自分がエアコンを購入した家電量販店である場合か、あるいは家電量販店において新しくエアコンを買い替える場合にしか取れない方法なので要注意です。

以下に詳しく、家電量販店に回収を依頼する際の手順、費用の相場やメリットなどを見て行きましょう。

依頼するまでの手順

家電量販店に対してエアコンの処分を依頼するには、以下のような手順を踏む必要があります。

  1.家電量販店に直接赴き、エアコンの処分を依頼

  2.その際に家電量販店から家電リサイクル券を受け取る

  3.家電量販店経由で依頼された業者がエアコンの回収をしに来てくれる

この場合の費用相場は?

  • リサイクル料:972円
  • 収集運搬料:1,000円~1,500円
  • 条件により2,100円~2,700円の場合も

家電量販店に依頼する場合、かかる費用は大きく分けて2つ、「リサイクル料」と「収集・運搬料金」で、「リサイクル料」は概ねどこのメーカーも972円、「収集・運搬料金」は1,000〜1,500円ほどで、条件により2,100〜2,700円掛かる場合もあります。

処分費用の支払いに関しては、各家電量販店ごとに支払いのタイミングが異なりますので、不安であれば確認しておきましょう。

家電量販店のメリットとデメリット

■メリット

  • 対応を心得ていて安心できる

■デメリット

  • 購入した店舗でしか対応してもらえない

家電量販店のメリットとしては、家電量販店には家電リサイクル法対象品目である家電の回収義務がありますので対応を心得てますし、それゆえに安心して依頼できる点です。

デメリットとしては、回収を依頼するエアコンを購入した家電量販店でしか対応してもらえないことです。家電量販店で買ったものではないエアコンを処分したいという時には、依頼する家電量販店で新しいエアコンを買い替えなければなりません。

自治体のサービスを利用する

エアコンの処分の際は自治体のサービスを利用すると安心
エアコンの処分の際は自治体のサービスを利用すると安心

エアコンを安心、安全に処分したいなら、各自治体が運営しているサービスを利用するのも一つの手です。

基本的には家電リサイクル券を自分で購入して、自治体側に処分を依頼し、自治体が選定した業者に回収を頼む形となります。

以下に詳しく見て行きましょう。

サービスの利用手順

自分が現在住んでいる自治体にエアコンの処分を依頼する際の手順は以下の通りです。

サービスの利用手順

 1.郵便局備え付けの家電リサイクル券に必要事項を記入し窓口に提出

 2.郵便局窓口で直接、ないしゆうちょ銀行経由でリサイクル料を支払う

 3.自治体選定の回収業者に連絡を取り、エアコンの回収を依頼

 4.業者が自宅にエアコンを引き取りに来て、回収作業を完了

この場合の費用相場は?

  • 「リサイクル料」1400円前後
  • 運搬料:約3,200円

自治体が運営しているサービス、例えば東京23区の「家電リサイクル受付センター」や神奈川県横浜市の「横浜家電リサイクル推進協議会」などで回収を依頼する際にも「リサイクル料」と「運搬料金」が設定されています。

「リサイクル料」は概ね1,400円前後、「運搬料金」はおよそ3,200円ほどが相場となっています。

自治体サービスのメリット・デメリット

メリット

  • 信頼性が高く、作業等のリスクが低い
  • 自宅まで取りに来てもらえる

■デメリット

  • 家電量販店と比べると高い
  • 取り外しが作業対象に含まれない場合があり、追加費用がかかることも

自治体のサービスを使うメリットは、自治体が業者を指定しているので信頼性が高く、作業等にリスクが生じないことです。また自分で運搬する必要がなく職員が自宅まで取りに来てくれることもメリットでしょう。

デメリットは、費用が家電量販店に比べても高くかかってしまうこと。また、自治体のサービスである場合はエアコンの取り外しは対象作業に含まれないことが多いのもデメリットです。

そのため、自分で取り外すか、追加作業として取り外しを業者にお願いすることとなり、更に費用が嵩みます。

指定引取場所へ持ち込む

自治体の指定引取場所に持ち込めば運搬料金はかからない
自治体の指定引取場所に持ち込めば運搬料金はかからない

自治体などから許可を得ている指定引取場所に持ち込んで、エアコンを処分してもらう方法もあります。指定引取場所とは、都道府県ごとに定められている使用済み家電を対象にした回収所のことです。

指定引取場所に持ち込む場合は、事前にリサイクル料を郵便局で支払った上で持ち込みを行います。詳しい手順やメリットを以下に見て行きましょう。

持ち込みまでの手順

指定引取場所に持ち込む場合の手順は以下の通りです。

  1.郵便局で家電リサイクル券を受け取りリサイクル料を支払い

  2.指定引取場所に事前に連絡し、持ち込み可能日時を確認

  3.指定引取場所に自分で持ち込み、回収してもらう

この場合の費用相場は?

  • 「リサイクル料」1400円前後
  • 収集・運搬費用は無料

指定引取場所に持ち込んで回収してもらう場合は、自分で直接持ち込むので、必要なのはリサイクル料金のみで、収集・運搬料金はかかりません。

「リサイクル料」は概ね1,400円前後となっていて、運搬料金は無料です。もしエアコンの取り外しを業者に頼む場合は、更に数千円の作業代金が上乗せされることとなります。

引き取り所へ持ち込む場合のメリット・デメリット

■メリット

  • 料金が安い
  • リサイクル料のみで、収集・運搬費用が掛からない

■デメリット

  • 自分で持ち込む手間がある
  • エアコンの取り外しを自分でやるか、依頼する

指定引取場所に持ち込んでエアコンを処分する際の最大のメリットは、料金が非常に安く済むことです。

かかるのはリサイクル料のみで、特に収集・運搬料金がかからないというのは大きなアドバンテージです。

しかし、エアコンを直接持ち込むということは相応の手間がかかるということと同義です。自分で持ち込まないといけませんから、費用をかけたくないのであればエアコンの取り外しも自分でやらないといけません。

思わぬリスクを避けたい場合は専門の業者に依頼すれば効率はいいですが、作業代金が数千円単位でかかってしまいます。

友人や知人に譲る

エアコンを友人、知人に譲ると安心!
エアコンを友人、知人に譲ると安心!

ある意味最も安心なエアコンの処分方法は、友人や知人に譲ることかもしれません。

友人に譲るという形をとれば、面倒な家電リサイクル券の手続きも不要ですし、料金のやりとりも場合によっては不要となります。

以下にメリットとデメリットを詳しく見て行きましょう。

知人に譲るメリット・デメリット

メリット

  • リサイクル料などの料金がかからない
  • 友人知人であればリスクも低く信頼できる

■デメリット

  • 引き取り手が見つかるまでに時間がかかる場合がある
  • 取り外しや、運搬を自分で行う

取り外し作業や運搬作業を自分でできる場合はいいですが、業者に全て任せるとなると、結局ゴミとして処分する場合と変わらないコストがかかってしまうこととなります。

不用品回収業者に回収を依頼する

不用品回収業者にエアコンの処分を依頼する時はしっかりと業者を調べよう!
不用品回収業者にエアコンの処分を依頼する時はしっかりと業者を調べよう!

不用品回収業者にエアコンの回収を依頼する方法もあります。

価格に非常にばらつきが大きいのが不用品回収業者の特徴で、処分費用は無料を謳うところからまとまったパック料金をとるところまでまちまちです。

不用品回収業者の場合は違法な業者によるトラブルも目立ちますので、依頼の際はよく調べて、慎重に対応しましょう。

業者に依頼する手順

不用品回収業者にエアコンの処分を頼む場合の手順は非常にシンプルです。

1.チラシやインターネット経由で業者に連絡し依頼

2.業者が自宅へ来て、エアコンの回収作業を行う

この場合の費用相場は?

  • 無料~数千円
  • 一万円を超える業者も

家電リサイクル法におけるリサイクル家電対象品目であるエアコンの回収の場合は特にですが、不用品回収業者に依頼する際にかかる費用は非常にばらつきが大きいです。無料を謳う業者もいれば、数千円単位、1万円を超える業者もいます。

不用品回収業者を選ぶ際は、まずは複数業者から見積もりを出してもらうと安心です。複数業者の見積もりを比較できるミツモアや、エコノバといったサイトで見積もりを出してもらって比較検討するのがお勧めです。

「エコノバ」サイトはこちらから

不用品回収業者のメリット・デメリット

■メリット

  • 自分で処分する手間が省ける
  • 業者数が多い

■デメリット

  • 違法業者によるトラブル

不用品回収業者に依頼するメリットとしては、自分で処分をする手間が省けることと、非常に業者が多いため、緊急時にも気軽に依頼ができることです。

デメリットは、違法な業者によるトラブルが多く報告されているので、業者選びの際にしっかり注意しないといけないことです。

まとめ :エアコンの処分の際はミツモアの業者に依頼してみよう!

エアコンの処分・回収もミツモアで業者を探してみよう!
エアコンの処分・回収もミツモアで業者を探してみよう!

以上、エアコンを処分する際の様々な方法を一通り説明しました。

費用の相場や手順、メリットやデメリットも一通り理解していただけましたでしょうか。

手間をかけず気軽に、しかもできるなら安い値段で、エアコンを処分したい。そういう場合は、ミツモアで不用品回収業者を探してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数の不用品回収業者から無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロの業者から最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった業者を探してみましょう。業者によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りの不用品回収業者がみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

エアコンの処分をプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収業者にエアコン処分の見積もりを依頼する >>