ミツモアロゴ

椅子の処分方法。自治体での処分方法、無料処分から業者回収まで!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年07月20日

不要になった椅子を捨てる時、皆さんはどのようにして処分していますか。椅子といってもその種類は様々です。木材で出来ているものもあればパイプ椅子なんかもありますよね。

どうやら椅子によってそれぞれ処分方法が異なるようです。では一体どのようにして処分していけばいいのでしょうか。早速確認していきましょう。

椅子を捨てようとお考えの方は是非一読してみてくださいね。

椅子は何ごみ?自治体のゴミ回収に出そう

椅子は何ごみ?自治体のゴミ回収に出そう
椅子は何ごみ?自治体のゴミ回収に出そう

捨てる際に椅子は何ごみになるのだろう?と悩む方は多いはずです。ここでは自治体のゴミ回収の際に何ごみでだせばいいのかを見て行きましょう。

また普通に捨てるだけではいけません。捨てる際にはどのような方法で捨てるのか、どんな準備が必要なのかは要チェックですよ。

分解して燃えるゴミとして出せる椅子

分解して燃えるゴミとして出せる椅子
分解して燃えるゴミとして出せる椅子

まず木材を中心として作られている椅子に関しては解体分別する事で燃えるゴミとして処分することが可能と言われています。そのままゴミ袋に入れて収まる大きさの椅子であれば問題ありませんが、はみ出すぎたりすると回収してもらえない可能性が非常に高くなってしまいます。

具体的な大きさはと言いますと、縦、横、高さのいずれかの寸法が30㎝以上の場合は粗大ゴミ扱いとなります。(地域によっては50㎝)

大きな椅子ともなると更に各辺が30㎝未満になるようにノコギリ等で細かくしてゴミ袋に捨てるようにしましょう。ちなみに自治体によってはゴミ袋が破れていると回収してくれない厳しい所もありますので、もし破れていたらテープで補強しましょう。

粗大ゴミとして出すイス

粗大ゴミとして出すイス
粗大ゴミとして出すイス

オフィスチェア(OAチェア)やパイプ椅子など、金属やプラスチックを多く使用している椅子に関しては粗大ゴミとして捨てましょう。また椅子の大きさと自治体によっては粗大ゴミとして強制的に出さなければいけなくなるところもありますので気を付けておきましょう。以下が粗大ゴミ回収へ出す際の手順です。

1.粗大ゴミ受付センターに電話かインターネットで事前予約

2.有料粗大ゴミ処理券をコンビニや酒屋で買う
*600円の場合は有料粗大ゴミ処理券B(300円)を2枚買う

3.見えやすい位置にごみ処理券を貼り付けて、指定日時に回収場所へ持っていく。

費用は300〜600円と安く抑えられ、指定場所へ持っていくだけなので楽で良いですね。ただし、椅子が大きい場合など、持っていくのが難しいのが難点です。

一般的に、粗大ゴミ処理料金は、上画像のパイプ椅子や小さめの木の椅子であれば300円。さらに大きい椅子や、大きなクッションがついている場合は600円となる場合が多いようです。お住いの地域を事前に確認しましょう。

椅子を無料で処分する方法

椅子を無料で処分する方法
椅子を無料で処分する方法

捨てなければいけない椅子がたくさんある、どうしても処分費をかけたくない。と思われている方も非常に多いのではないでしょうか。

今回はそんな方々の為に無料で椅子を処分する方法を見て行きましょう。売る、譲る等捨てる以外の選択肢を見て行きましょう。他の方々はどのような方法で処分しているのか早速見て行きましょう。

フリマアプリで売る

フリマで椅子をうる
フリマで椅子をうる

近年スマホやインターネットの普及によりスマホアプリで買取相手を探したり譲る相手を探すことができるようになりなりました。アンティークや高額なブランド品、もしくは特定の用途で利用できるピアノ椅子やドラム椅子等であれば高く売れる傾向にあるようです。

出品の際には、配送料の事を考えておかなければいけません。配送料に関しては売り手負担なのか買い手負担なのかしっかりと考えておく必要がありますね。一例ですが、メルカリの場合ですと「大型らくらくメルカリ便」というものがあります。これは梱包集荷配送まで全て行ってくれるサービスです。非常に楽ができます。ただし4320円とかなり高いです。

最近では、出品から発送まで全て匿名で行えることが多いです。無駄なトラブルに巻き込まれる心配もなく、とても安心ですね。

リサイクルショップに買取依頼

ブランド品や、まだ綺麗な椅子は、捨てるには勿体無いですよね。ですが、フリマアプリでは売れるまでに時間がかかってしまいます。すぐに売ってしまいたい!というかたはリサイクルショップを利用しましょう。

リサイクルショップは色々ありますが、以下2つがおすすめです。

ハードオフ

HARD OFF
HARD OFF

ハードオフは、大型チェーンなので取実績が多いです。そのため、価格査定もしっかりしていて、相場にあった価格で買い取ってもらえるでしょう。また、出張買取も行なっているので、家から持ち出すのが大変という方にはとてもおすすめです。

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリー
トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーも一部上場の大企業であり、ハードオフと同様価格査定もしっかりしています。店頭買取、出張買取、宅配買取。さらには、引っ越しとそのさいの買取まで行なっているので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

他の家具とまとめて椅子を処分したいなら

他の家具とまとめて処分したいなら
他の家具とまとめて処分したいなら

椅子の他にもまとめて処分したい家具がある事も多いでしょう。その場合は迷わず不用品回収業者に確認してみることをオススメします。

基本的に何でも回収してくれるので本当にお金になりそうにないものやいらないものであれば不用品回収業者にご依頼してみてもいいでしょう。

不用品回収業者がオススメ

不用品回収業者がオススメ
不用品回収業者がオススメ

不用品回収業者は本当にオススメです。どんな物でも回収してくれますし、2階からの重い荷物の運び出しなども全て行ってくれるからです。

ただし、不用品回収業者は全てが安全という訳ではなく、中には悪質な業者もいます。以下、安全な業者を選ぶための心得をいくつか記載しましたので、参考にしてください。

悪徳業者に注意!

不用品回収業者のデメリット…悪い部分があります。それは料金形態が業者によってかなり違うところです。例えば今回の椅子に関しては不用品回収業者であれば、一脚1000円~5000円ほどで回収してくれます。当然回収にくる人がくるのですから人件費がかかります。ですからその分自分で捨てに行ったりするよりも割高になるのは当たり前なのです。

ですが、そんな部分にうまく付け込んで多額の金額を提示してくる業者さんもいれば、見積もりを出さずにいきなり引取りにくる業者さんがいることも確かです。

口約束だけで依頼してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性は非常に高くなってしまいます。何でもそうですが取引をする際は必ず書面にてやり取りをするように心がけましょう。

安心な不用品回収業者の選び方

安心な業者さんってどうやって見分けるのか?非常に難しいですよね。一番安心な業者探しの方法は、お住いの地域の役所に電話して尋ねるという方法です。役所はいくつかの紹介先を持っており、安全な不用品回収業者を紹介してくれます。

ご自身で不用品回収業者を選ぶ際は、電話やメールである程度しっかりとした金額提示をしてくれるところは安心な業者だと言えます。ですが、逆に見積もり金額の提示を一切出さずに家に来ようとする業者さんはかなり注意が必要と言えるでしょう。このように、安心して任せられる業者さんというのは基本的に金額にも何でもオープンな傾向にあります。

不用品回収業者を探す際は安心な業者さんを選べるようにじっくりゆっくり考えつつ、他の方のレヴュー等を参考にして依頼していきましょう。

ミツモアで不用品回収を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

椅子の処分方法について解説してきましたが、いかがでしたか。もう要らない椅子は自治体での処分が簡単で安いです。他にも、買換えサービスやフリマアプリなどの無料処分方法も様々ありましたね。

処分したい椅子がたくさんある場合や、自治体で処分ができない事業者さんの場合は、ミツモアで不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

ミツモアは日本最大級の登録数を誇るお仕事マッチングサイトです。不用品回収はミツモアで見積もり依頼してみましょう。

簡単!2分で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のプロから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、撮影の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

椅子の処分を不用品回収業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

不用品回収業者を探す!