ミツモアロゴ

あなたにぴったりのソファーの処分法を知ろう!費用相場も徹底解説!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年07月03日

ソファーは家の中でも最もよく使う家具の1つと言えます。それ故に汚れやすく破損し易かったりもしてしまい、意外とソファーの買い換え率が高いのです。

しかも基本的に大きなものが多いので、持ち運びが難しい場合もあり、そう簡単に捨てる事もできません。

今回はそんなソファーの5つの処分方法やそれにかかる費用の相場についてお話していきましょう。

ご紹介する5つの処分方法については以下の早見表を利用して、自分にはどんな処分法が最適かチェックしてみてください。

 粗大ゴミリユースリサイクル買い替え時
引き取り
業者
持ち運び自分自分
宅配は有料
無料宅配
の店舗多数
無料
(処分費用に含まれる)
無料
(処分費用に含まれる)
処分の
費用相場
¥200~2800持ち込んだ場合は無料相当バラつく(買取額)
¥500~100,000超
(ニトリの場合)
一律¥3,000
バラつく
¥10,000~20,000

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

いらなくなったソファー
粗大ゴミに出すのは最もオーソドックスな処分法

ソファーの処分方法として最もオーソドックスな方法は、粗大ごみとして回収してもらうことです。

ただ、粗大ゴミに出すと言っても毎日いつでも出せるわけでもありません。では粗大ゴミに出す際はどのような事に注意して回収してもらえばいいのでしょうか。

確認していきましょう。

粗大ゴミに出すメリットとデメリット

粗大ゴミに出すメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリットには、料金設定が明確で分かりやすいこと、集積所への粗大ゴミの持ち込みは自分で行うため、運搬料金がかからず格安に処分できることが挙げられます。

デメリットは、集積所への持ち込みが必須であることです。特にソファーは大きさによっては1人で運ぶ事は困難です。手伝ってもらえたとしても、玄関のドアに通らないなどの問題が発生することもあります。

回収料金が安い分、粗大ゴミとして出す際の持ち運びにおいてはデメリットがあると言えます。

粗大ゴミに出す手順

ここでは粗大ゴミに出す一般的な手順をお伝えしていきます。地域によっては少し違う場合もありますが、基本的には次の手順で粗大ゴミを出すことができます。

1, 粗大ゴミ受付センターに電話またはインターネットで回収の申し込みをする。

この際に回収料金、出す日時などを確認します。基本的に月曜から土曜であれば電話は繋がるようです。

最近ではラインでの受け付けも行われているようです。電話ですと繋がりにくい事もありますのでその際はインターネットやラインで受付をしてみましょう。

2, 自治体の粗大ごみ処理券を購入し、名前を記入する。

粗大ごみ処理券にはA券(200円)とB券(300円)の2種類があり、申し込み時に確認した処分費用分を、組み合わせて購入します。

3, ソファーに粗大ごみ処理券を貼り付け、収集日に指定の場所へ持ち込む

収集場所については、指定の場所がある場合もありますが、自宅がソファーを持ち出せないような狭い道に面している場合などでも、自治体に相談すれば対応してもらえるので、安心して処分しましょう。

粗大ゴミに出す費用の相場は?

粗大ゴミに出す費用は500~3000円ほどが相場のようです。地域や捨てたいソファーの種類によって処分費用はかなりばらつきますので、いくつか実際の処分費用例をご紹介します。

費用比較東京都港区大阪府大阪市愛知県名古屋市北海道札幌市福岡県福岡市
一人がけ用¥800¥700¥500¥500¥500
二人以上用¥2,000¥1,000¥1,500¥900¥1,000

このように自治体によって処分費用はかなり異なってきますので、粗大ゴミに出す場合はお住まいの自治体の処分料金目安をよく確認しましょう。

地域によってはソファーの表記が「応接いす」・「いす(応接用)」となっている場合もありますので覚えておきましょう。

自治体のリユースサービスを利用する

リユース
エコな処分方法

リユースと言う言葉をご存知でしょうか?ここ数十年で普及してきた言葉でもあります。

リユースサービスとはまだ使えるものの、捨てるはずだったものを自治体が引き取り、新しく使用したい人にお渡しするというサービスです。いわゆる「再利用」というものですね。

では早速このサービスについて詳しく見ていきましょう。

リユースするメリットとデメリット

リユースするメリットとデメリットについてお話していきます。

こちらのメリットとしては、まず処分する側はコストがかからないということです。

処分するのであれば処分費用が当然かかってきますがその費用が無料なのが魅力的です。またリユース(再利用)されたものは、新しい持ち主も格安で購入できるのがいいですね。

基本的には各自治体で対応が変わる事もありますが、オークション(競売)などで販売されることが多いです。

次に、デメリットとしては自治体まで大きなソファーを持ち運びしないといけない為、車が必要だったり重い物の場合はそれなりに人手も必要となるでしょう。依頼すれば自治体の方が回収しにきてくれるところもあるようですが、回収費用がかかりますので、その際は費用面の確認もしておきましょう。

また当然ですがあくまでも無料回収になりますので、どんなに高価なソファーであっても買取金額などがつくことはありません。

ソファーのリユース受付可能な団体・自治体

受付可能な団体は各地域に存在し、調べてみるといくつも出てきます。料金形態が団体ごとに変わってきますので、いくつか確認して比較してみることをお勧めします。

実際にリユースを受け付けている団体を3つご紹介します。

1, NPO法人すぎなみ環境ネットワーク

リユース家具の展示や販売を行っています。使い捨て生活の見直しや、ごみの減量を目指して簡単な修理・清掃をしたうえで、格安に販売しているようです。

2, 川崎市のリユースサービス

リユース可能な家具を収集し、橘リサイクルコミュニティセンターで展示した後、希望者に抽選の上で提供しています。家具の状態によっては、他の家具の補修用部材等としてリサイクルしてもらえます。

3, 豊田市のリユース施設「リユース工房」

家庭から粗大ごみとして出された再使用が可能な家具などを、清掃または補修して、リユース(再使用)家具として展示し、入札方式で販売している施設です。

インターネット等でリユースを実施している団体を検索する際は、「NPO法人 リユース お住まいの地域名」や「リユース お住まいの地域」で検索していただくとすぐに出てきますので、ぜひ確認してみてくださいね。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップ
処分してお小遣いがもらえるかも?

いらないソファーがある程度綺麗である場合は、リサイクルショップに買い取ってもらうというのも処分方法の1つです。程度の良いものであれば高価な金額で買い取ってもらえるのも魅力ですね。

では早速処分方法について見て行きましょう。

買い取ってもらうメリットとデメリット

リサイクルショップに買い取ってもらうメリットとデメリットについて確認していきましょう。

まずはメリットからです。

先ほども触れましたが、ソファーの状態が良ければ高価な金額で買い取ってくれることは大きな魅力ではないでしょうか。また、無料出張買取サービスを実施しているお店も多いので、大きなソファーを運ぶ手段や人手がない方にはとても便利です。

またデメリットとしては、買取業者によって買取価格が大幅に変わってきますので見積もりを取るのが大変という一面もあります。

そして、買取拒否の場合があるというのが最も大きなデメリットとして挙げられます。状態が悪いと判断されたものや、経過年数の長いものは買取を断られる場合や、処分はしてもらえても有料になってしまうという場合もあるので注意が必要です。

買い取ってもらうまでの手順

買い取ってもらうまでの手順を説明していきましょう。非常に簡単です。

1, 買取店に電話をするかインターネットから申し込みをする

自分で持ち運びができる場合は、運搬のぶん高く買い取ってもらえる場合があるので買取店に持ち込みましょう。持ち運びが難しい場合は出張買取をしてくれるところに依頼をしてみるといいですね。

2, 買取日当日を迎える

この2つの手順で簡単にリサイクルショップに買い取ってもらえます。

より高く買い取ってもらうために買取日を迎えるまでにやっておきたいことがあります。それはソファーを綺麗にしておくことです。取れる汚れはとっておくに越したことはありません。

汚れが多いと買取評価が下がりますし、最悪汚すぎて買取してもらえない事も…。そのような事にならないように事前にできる限りの清掃はしておきましょう。

買取価格の相場は?

買取価格の相場はいくら?と聞かれることが多いですが、ソファーの大きさ、ブランドなどによりかなり金額に差がでてしまいます。

そんな時は10~20社の買取店で無料見積もりが取れるサイトで買取評価をして貰いましょう。そうすれば現在のソファーの相場がわかるはずです。それを元にそのネットのお店に売るか地元の買取店に売るかを検討してみてもいいでしょう。

おいくらというサイトが査定価格の一括比較にお勧めです。

中古品は汚れや状態によっても大きく買取価格が変動してしまいます。とにかく高く売るには綺麗な状態にしておく!というのが鉄則です。

買い替えと同時に引き取ってもらう

家具量販店
事前の手間が最も少ない処分方法

家具量販店で新しくソファーを買い、そのついでに古いソファーを引き取ってもらうという方法があります。

この方法は、引き取ってもらうまでの事前の準備が最も少なく、手っ取り早くソファーを回収してもらいたい方にはぴったりの処分方法といえます。それでは詳しく見ていきましょう。

引き取ってもらうメリットとデメリット

引き取ってもらうメリットとしては、不用品回収業者より安いこと、新しいソファーの配送と同時に引き取ってもらえるので、不用品がずっと自宅に置きっ放しという状態にはならないことが挙げられます。

デメリットは、どんなに価値があるソファーでも買取金額などは発生せず、引き取り料金を取られる場合の方が多いということです。販売店によっては無料で引き取ってもらえますが、大手の販売店では引き取り料金が課されるところが多いです。

そして、処分したいソファーがブランド物などであれば多少汚れていても値がつくこともありますので、その場合は非常にもったいないですね。多少面倒かもしれませんが手放す予定のソファーの価値くらいは前もって確認しておいても損はないでしょう。

さらに意外と引き取りの条件が細かい場合があり、条件を満たさずに引き取ってもらえないこともあります。「同種・同容量・同数に限り」など、販売店によって様々な条件があるので引き取りを依頼したい販売店のサイトをよく確認する必要があります。

引き取ってもらう手順と費用:ニトリの場合

買い替え時の引き取りについて家具販売店の中で最も質問されることが多いのが、ニトリでの引き取りサービスです。まずはこちらについてご説明していきます。

引き取ってもらう際の手順としては基本商品配達の際に、新しいソファーと交換で古いソファーを引き取ってもらいます。購入された家具と引き取り家具を物々交換というイメージです。

ニトリでは、ソファー1つの引き取り注文につき3000円(税別)がかかります。無料ではありませんので注意が必要です。

古いソファーの引き取りのみというのは行っていないので、引き取ってもらいたい場合は新しいソファーの購入は必須になってしまいますが、手っ取り早くソファーが処分できるのでお勧めの方法であるといえます。

引き取りを実施しているその他の家具販売店

その他の家具販売店ではソファーの買取は行っているのでしょうか。

IKEA ナフコ無印良品などのニトリ以外の大手家具販売店でも、新しいソファーの買い替え時に古いソファーを引き取ってくれるようです。基本はニトリと同じく有料での引き取りになりますが、ナフコでは対象商品であれば無料で引き取ってもらえるので、買い替えの際にはぜひチェックしてみてください。

不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収のトラック
便利だけど実はリスクもある?

最後に不用品回収業者について見てましょう。どの地域にも業者がいて手軽に利用できるので、意外と自治体の回収業者よりも利用している方も多いのではないでしょうか。

では早速確認していきましょう。

業者に依頼するメリットとデメリット

不用品回収業者に依頼するメリットとしては当然家具を引き取りに来てくれることです。

基本回収に来てくれることがメインなので「どうやって持っていこうか、家からどのように運び出そうか」と、心配しなくて良いのがいいですね。最大のメリットとも言えます。

そして業者によっては即日対応を実施している場合もありますので、時間がない人にとってはメリットになります。

一方デメリットとしては、基本有料になりますし、運搬も全てしてもらえる分割高になる可能性が非常に高いです。よくあるのが軽トラ1台分引き取りで10,000円!というものです。こういうプランですとソファー1つにしても10,000円取られることもあり、お得とは言いづらいですよね。

あとは1つ1000円からで引き取りですが、出張料が3000円~5000円なんてところもあります。回収業者によってプランや金額が大きく異なりますので注意しておきましょう。

そしてたまにあるのが悪徳業者の存在です。

見積もり金額とは違う金額を提示されたり、料金面において詐欺まがいな事をしたり、不法投棄をする業者がいるのも事実です。レビューなどがあればそれも確認しつつ、じっくり検討してどこの業者にするか決めましょう。安いから!と言う事ですぐに依頼をしてしまうのは危険です。

業者に依頼する手順

不用品回収業者に依頼する手順は非常にシンプルで簡単です。

お電話でもいいですし、インターネットが出来る環境であればメールからの問い合わせも可能です。そこで料金の見積もりを聞き、納得いけば回収にきてもらうという流れになります。

単純に回収にくるだけの作業になりますから、細かな事も聞かれることはほとんどありません。

業者に依頼した場合の費用の相場は?

費用に関しても先ほど同様回収業者によってかなり変わります。

一般的な費用の考え方としては、

トラックの大きさでの計算(軽トラ1万円、2tトラック3万円など)

トラックでの質量計算の場合ですと、軽トラであれば8000~12000円が相場のようです。そこからエリア外の場合は+出張費がかかるところもあります。

回収の数+出張費

例えば、縦横奥行の数値を足して合計100センチ以内であれば1000円、200センチ以内であれば2000円というように、大きさで金額が変動する業者さんもいます。またそれにプラスで出張費を取るところもあります。

予め見積もりの段階で金額は分かりますが、しっかりと確認することをお勧めします。

このように回収業者の相場は地域や業者ごとに変わってきますし、悪徳業者と取引をしてトラブルに巻き込まれてしまうことがないように、業者の選定は慎重にするように心掛けましょう。

ミツモアで不用品回収業者に見積もりを依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

いかがでしたか?あなたにぴったりのソファー処分方法が見つかったでしょうか。

不用品回収業者への見積もりは比較が大変だということをお伝えしていましたが、ミツモアでは業者の見積もり比較が簡単にできます。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数の業者から無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、登録している不用品業者さんから最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった業者を探してみましょう。業者によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りの業者がみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

ソファーの処分をプロの業者さんに依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収業者にソファー回収の見積もりを依頼する >>