ミツモアロゴ
ミツモアメディア

電子レンジの正しい処分方法|ヤマダ電機で無料処分?ケーズデンキやエディオンも解説!

最終更新日: 2019年09月09日

電子レンジが動かなくなったり新しいモデルに買えかえるとき「電子レンジはどのように処分したらいいのか?」と悩む人も多いと思います。

電子レンジにはリサイクルしてまた使える貴金属が含まれているため、自治体のゴミ分別に合わせた処分が必要です。

処分費用に定めがないため無料で引き取る場所もあります。電子レンジの処分方法やヤマダ電機などの下取り情報など詳しく解説します。

電子レンジは小型家電リサイクル法を守って処分しよう

電子レンジは小型家電リサイクル法を守って処分しよう
電子レンジは小型家電リサイクル法を守って処分しよう

電子レンジは小型家電リサイクル法に従った処分方法が必要です。

家電リサイクル法との違いや小型家電リサイクル法について、燃えないゴミや粗大ゴミとして処分できるのかなど詳しく説明していきます。

電子レンジは家電リサイクル法対象製品ではない

これまで家電製品を処分する際は「家電リサイクル法」に従って処分していました。

この家電リサイクル法の対象となる家電が、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の4品目です。家電リサイクル法の対象家電は一般ごみや粗大ゴミとして処分できずリサイクル料を支払って処分しなくてはいけません。

しかし、電子レンジは「小型家電リサイクル法」に基づいた処分をするため、リサイクル料を支払わずに処分できます。一般ごみとは違い小型家電リサイクル法が適用されるので、処分する際は少しだけ注意が必要です。

小型家電リサイクル法とは?

電気や電池で動く家電製品には、鉄やアルミ、金銀銅、レアメタルなどの有用金属が含まれています。

これまでの処分方法は、地面に穴を堀り埋め立てていましたが、まだ使える資源をリサイクルして有効活用するため、平成25年4月に「小型家電リサイクル法」ができました。

この小型家電リサイクル法の対象となる製品は、電子レンジ以外にもゲーム機やパソコン、携帯電話などが含まれています。電子レンジの本体だけではなく、電気コードなども貴重なリサイクル品になるため、電源コードなどもまとめて処分するようにしましょう。

小型家電リサイクル法の処分料に定めはありません。しかし、処理に手間がかかる品目は、自治体によっては手数料が発生する可能性があります。電子レンジを処分する際は、自治体のルールを確認してください。

粗大ゴミや燃えないゴミとして処分して大丈夫?

家電リサイクル法と違い、小型家電リサイクル法の電子レンジは、粗大ゴミや燃えないゴミとして処分できます。

環境省は電子レンジを捨てる消費者の責務を「分別して排出」としか定めていません。したがって、私たちは自治体の規則にしたがって電子レンジを処分すれば良いのです。

自治体での小型家電回収
参照:環境省経済産業省作成パンフレットより

電子レンジを処分する際、「小型家電リサイクル法」に則って自治体ではさまざまな回収方法を行っています。たとえば、公共施設でのボックス回収やゴミ回収場所に小型家電専用コンテナを設置したステーション回収などがあります。

粗大ゴミや燃えないゴミとして出した場合も、ゴミ処理施設でピックアップ回収が行われているので、自治体でも環境に優しく処分することができますね。

繰り返しますが、以上のように自治体が小型家電リサイクル法に対する策を講じているため、私たち消費者は自治体のルールにしたがって処分すれば良いのです。

電子レンジを自治体で正しく処分する方法

電子レンジを自治体で正しく処分する方法
電子レンジを自治体で正しく処分する方法

電子レンジは市区町村が決めた処分方法に従う必要があります。電子レンジは粗大ゴミとして分けられる場合と、燃えないゴミとして処分される場合があるので、お住いの地域をよく確認してから処分しましょう。

自治体で正しく電子レンジを処分するために、ゴミの出し方について確認しておきましょう。

粗大ゴミとされる場合

多くの地域では、電子レンジを粗大ゴミとして処分できます。ただし、電子レンジ内にある中皿(ターンテーブル)などの付属品は、燃えないゴミとして回収する自治体もあります。捨てる前に、付属品の処分法についても確認しておきましょう。

電子レンジを粗大ゴミとして処分する方法

  1. 粗大ゴミ受付センターへ3日前までに申込み手続きする
  2. コンビニやスーパーなど指定された場所で有料粗大ごみ処理券を購入する*
  3. 収集員から見えやすい位置に有料粗大ごみ処理券を電子レンジに貼る
  4. 指定した日時と場所へ処分する電子レンジを置く

*処理料金が400円の場合は、有料粗大ゴミ処理券A(200円)を2枚買う必要があります。

粗大ゴミは自治体によって月1回というケースも珍しくありません。お急ぎの場合は他の処分方法をとりましょう。また、指定した日時と場所以外へ置くのは、不法投棄として罰せられる可能性があるので気をつけてください。

燃えないゴミの場合

一部の自治体では燃えないゴミとして回収してくれます。年間のゴミ収集日が記載されたカレンダーなどへ、燃えないごみとして出せる品目が記載されているので、事前に確認することが大切です。

燃えないゴミとして電子レンジを出すときは、指定のゴミ袋に入れるなどルールに合わせた処分方法をしてください。また、地域によって燃えないゴミは月2回という場所もあるので、必ず電子レンジを処分する際は、燃えないゴミの日に合わせましょう。

 電子レンジの処分に掛かる費用は?

電子レンジを処分する際に必要な費用は、0円~400円ほどです。

処分方法によって費用は異なるため、まずは自治体に合わせた処分方法と照らし合わせて確認してください。

ゴミの区別処分費用
燃えないゴミ無料
粗大ゴミ400円

上記粗大ゴミの処分費用は、粗大ごみ受付センターの情報をもとにしています。

燃えないゴミで電子レンジを回収してくれる自治体なら、手数料0円で無料処分できるので古くなって汚れたり壊れたりした電子レンジを処分するのに最適です。

電子レンジをヤマダ電機で無料処分しよう

電子レンジをヤマダ電機で無料処分しよう
電子レンジをヤマダ電機で無料処分しよう

一般的に電子レンジの処分は粗大ゴミで回収するケースが多く、この方法だと処分料が発生してしまいます。

実はヤマダ電機を活用すると、古い電子レンジなども費用0円で無料回収してもらえるのです。条件やお得な処分方法など、詳しく確認していきましょう。

ヤマダ電機の家電買取キャンペーン

ヤマダ電気
参照:ヤマダ電機の家電買取キャンペーン

ヤマダ電機では、電子レンジを店頭買取しているのはご存じですか?

まだ使える状態の電子レンジなら、最大2,000円の買取も可能です。最近の電子レンジは機能性が充実した最新モデルが販売されるなど、良い商品が売られています。しかし、旧型の電子レンジでも、まだ使えるなら需要はあるのです。

買取査定は、運転免許証や健康保険証など身分を証明できる書類だけ持って行けば大丈夫。あとは、買取査定をしてもらい、価格に納得できたら引き渡して終わりです。ただし、未成年の人が買取査定してもらう場合、親権者の同伴が必要なので注意してください。

 ヤマダ電機の電子レンジ買取条件は?

ヤマダ電機の電子レンジ買取査定は、基本的に「現在使用できる電子レンジ」が対象です。

そのほかにも、いくつか条件があるので確認しておきましょう。

ヤマダ電機の電子レンジ買取条件

  •   2019年~2012年製
  •   破損やサビ、変色、色あせは対象外
  •   付属品がある電子レンジのみ
  •   電気コードがついた電子レンジ

サビや変色、色あせなどは、見方によって違うため、あまり大きな範囲で汚れていなければ、買取査定してもらうのがおすすめです。

もしかすると、思わぬ利益になる可能性もありますよ。

買い取られた電子レンジはどうなる?

ヤマダ電機で買い取った電子レンジは、自社工場でキレイにします。その後、中古品として商品化しリサイクルします。悪徳業者のように、不法投棄や海外へ売却するなど違法行為をしていないため、安心感がありますね。

また、環境に優しい方法でリサイクルするため、捨てる予定だった電子レンジで収益を得られるのは家計に大助かりです。

買い替えがお得になることも!

ヤマダ電機の家電買取サービスは、不要になった電子レンジを買取するだけではありません。新しくヤマダ電機で電子レンジを買う人の下取りとしても活用できます。

買い替えする場合、購入予定の電子レンジを値引きしてくれるなど、お得な割引サービスもあります。割引額は購入する電子レンジのモデルによって違いますので、店頭スタッフと相談しながら決めていきましょう。

買い替えする際は、今まで使っていた電子レンジを買取して欲しいことを伝えてくださいね。

ケーズデンキやエディオンで電子レンジを処分

ケーズデンキやエディオンで電子レンジを処分
ケーズデンキやエディオンで電子レンジを処分

使わなくなった電子レンジは、ケーズデンキやエディオンの大手家電量販店でも処分できます。

家電量販店によって無料で処分してくれるところや有料なところがあるので、利用する前に確認しておくことをおすすめします。

2社の電子レンジ処分費用と条件について、詳しく解説します。

ケーズデンキで買換え時に無料処分

ケーズデンキの家電買取キャンペーン
参照:ケーズデンキの家電下取りキャンペーン

ケーズデンキが指定した機種を購入することで、使わなくなった電子レンジを下取りしてもらえます。

まだ使える電子レンジはもちろん、故障して動かなくなったものも無料で処分してくれます。また、下取りしてもらう電子レンジの購入先は、ケーズデンキ以外でも対象です。

ケーズデンキで新しい電子レンジに買い替えると、割引に応じてもらえるケースもあります。詳しくは、電子レンジ購入時に店員さんに確認してみてください。

壊れた電子レンジはエディオンで有料処分

エディオンで電子レンジを有料処分
エディオンで電子レンジを有料処分

エディオンは、動かなくなった電子レンジを1台540円で買取します。

ただし、電子レンジの大きさなど、回収には条件があります。

エディオンの電子レンジ回収条件

  • 縦横高さの合計が120cm以下
  • 重さが10kg以下
  • 取り外し工事が不要
  • 1人で運べるもの

エディオンは、小型家電リサイクル法のルールに沿った方法で再資源化を目指した企業です。環境に優しい処分方法をしているため、回収後も安心してお願いできます。

電子レンジの回収はミツモアにおまかせ!

ミツモア
ミツモアで不用品回収の見積もりを依頼しよう!

いかがでしたか?電子レンジの処分方法についてご理解いただけたでしょうか。

電子レンジは簡単に運べるので、自治体で処分するのが一番お安い方法です。まだ美品でしっかり動く場合は、ヤマダ電機の買取サービスを利用するといいです。ケーズデンキは買い替えの際に、エディオンはお急ぎで処分したい方にオススメです。

電子レンジだけではなく、引越しの際に冷蔵庫、テレビ、洗濯機なども一緒に処分したいという方には不用品回収業者をオススメします!ミツモアでは不用品回収業者を安心安全に見つけ、迅速に費用の見積もり比較をすることが可能です。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数の業者から無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、不用品回収業者から最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった業者を探してみましょう。業者によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りの不用品回収業者がみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

電子レンジやその他家電の処分をプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収業者に家電処分の見積もりを依頼する >>