ミツモア
相続税の申告であわてないために遺産や遺言の把握を!相続税申告に強い税理士を探しましょう。

兵庫周辺に12人の相続税申告に強い税理士がいます
兵庫周辺に12人の相続税申告に強い税理士がいます

相続税の申告であわてないために遺産や遺言の把握を!相続税申告に強い税理士を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

相続税申告に強い税理士登録数、日本最大級!

兵庫県の相続税申告に強い税理士探しはミツモアで。

相続税は、税理士の腕次第で、大きく金額が変わる税金です。

さらに相続税の計算方法や、相続税の申告は、遺産の種類や遺言の内容によっても異なるので、相続人が自分たちだけで対応するのは困難です。

土地の相続税、相続放棄の方法など、複雑で専門的な知識が不可欠です。かしこい相続の手続きについて相談してみましょう。

相続を専門とする有能な税理士におまかせすれば、大幅な相続税対策が可能になりますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

相続税申告に強い税理士の相場

330,600

標準相場

215,500

リーズナブル

495,100

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 相続対象の土地・建物の数(場所が離れている、数カ所に点在しているという場合は、交通費等の経費が必要な場合があります)
  2. 相続財産の総額(相続財産の総額の0.5~1%程度に設定されていることが多いです)
  3. サポート範囲(財産評価、相続税申告書の作成だけでなく、相続税の節税サポートなどを依頼すると価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

相続税申告に強い税理士の口コミ

累計評価

4.9(92件)
2022年12月1日更新
兵庫県周辺で相続税申告に強い税理士を利用された方の口コミの平均点と累計数を表示しています。

兵庫県で相続税申告に強い税理士を利用した人の口コミ

ENDO

5.0
20日前

亡くなった父名義の土地が120坪、家屋の3/10も父名義でありどれだけ相続税を払わなければならないのか、家と土地を売らなければならないのかと大変不安でしたが、村田先生が様々な案を提案・検討して下さったことで、相続税をまったく払わずに済みました。 様々なケースに対応されておられるので、遺産相続手続きならば文句なしに村田先生をお勧めいたします。

依頼したプロ村田綜合税務会計事務所
山口

5.0
29日前

最高の税理士さんです。お仕事の速さや的確さ、すべてのご対応が素晴らしかったです。何よりお人柄もとても良かったです。このご縁に心より感謝しております。またお願いするなら絶対にこの先生と決めております。本当にありがとうございました!またどうぞよろしくお願い致します!

依頼したプロ山梨顕子税理士事務所
MS

5.0
1か月前

相続の手続きでお世話になりました。わからない事だらけで、細かい事まで質問しまくりでしたが、迅速丁寧に教えてくださり 安心してお願いできました。費用もリーズナブルで助かりました。また、何かあればお願いしようと思います。

依頼したプロ松尾大輔税理士・行政書士事務所
松井

5.0
1か月前

最後まで丁寧な対応でした。 機会がありましたらまたお願いしたいと考えております。 ありがとうございました。

依頼したプロ山梨顕子税理士事務所
梅田

5.0
7か月前

相続でお世話になりました。とても親切で、わかりわすく説明下さり、後々の事も教えて頂き安心できました。費用もリーズナブルで助かりました。ありがとうございました。

依頼したプロ山梨顕子税理士事務所

よくある質問

「相続税は相続専門の税理士さんにお願いすべき」と聞きました。相続税に強い税理士さんかどうか、見極めるには何を見ればよいのでしょうか?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

税理士の仕事は多岐にわたっています。通常の税理士は会社と顧問契約を結んで決算申告をするのがメイン業務です。当事務所のように相続税申告に強い税理士は少ないです。まずは、相続税に関する質問をしてみましょう。お話をする中で、その税理士の答え方の内容で、経験の有無がわかってくると思います。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

税理士といえども、全ての税法に精通するのは並大抵ではありません。従って、相続税に強い税理士さんならホームページや名刺・広告などで自分が相続税に精通している旨表示しているのが一般的です。

父が他界しました。相続の手続きは税理士と行政書士のどちらにお願いすればいいのでしょうか?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

まずは、遺産額が相続税の基礎控除(3千万円+6百万円×法定相続人の数)を超えるか、超えないかの確認が必要です。基礎控除額を明らかに下回る場合は、相続税の申告が必要ありませんので、税理士・行政書士のどちらでも大丈夫です。 その一方で、基礎控除額を超える場合や、相続税の特例を使って相続税がかからなくなったケースでは、相続税の申告が必要になりますので、そのときは、税理士しか代理ができません。 したがって、相続が発生した場合は、まずは税理士にご相談いただくのが良いかと思います。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

行政書士は戸籍謄本の収集や遺産分割協議書の作成は業務範囲です。しかしながら相続税の特例や税額の計算等を納税者に指導することは禁じられています。税理士の中でも相続専門の先生なら当然、行政書士の業務である戸籍謄本の収集や遺産分割協議書の作成はお手のものです。相続税の申告も考慮すると相続専門の税理士に依頼するのが安心です。

相続税の手続きを全て自分でやることのメリットとデメリットを教えてください。

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

メリットは、お金が実費以外にはかからないということです。デメリットはたくさんあります。慣れていないことですので、時間がとられてしまうこと、そもそも正しいかどうかわからないこと、税務署がどのような観点でみているのか不明なこと、相続は一生のうちで何度も経験をすることがないため、今回勉強しても次に活かせないこと、不安は消えないこと、などが挙げられます。当事務所に依頼される方は、依頼しただけで、既にスッキリされた気分でおられます。きっと安心感があるのでしょう。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

戸籍謄本・印鑑登録証明書等の収集等は本人でもできると思います。しかしながら、相続税は他の税法と少し違って特例が沢山あり、適用を誤れば多額の税金を負担することになります。相続税がかかるほど基礎控除よりも多い相続財産がある場合は税理士に依頼することをお勧めします。

会社経営をしていた父が亡くなりました。会社を相続する場合、何から始めたらいいでしょうか?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

まずは、気持ちを落ち着けることが大事です。会社を今まで同様にまわしていくことが、最重要課題になってきます。顧問税理士が力になってくれると思いますが、相続では、自社株評価、死亡退職金をいくらにするのか、会社への貸付金はいくらあるのか、株主構成はどうなっているのか、名義株はないのかどうかなどの確認から進めていきます。まずは、取引銀行の協力や従業員への配慮、会社の安定が最優先です。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

会社は取引先や従業員や色々な人が関わっています。会社運営を滞りなく運営していくためには、まず父の後継者を早急に決めなくてはなりません。父が所有していた株を誰が相続するかも大きな問題です。

生前贈与を検討中です。税理士さんに相談する費用は何が目安になりますか?時間給?総財産額?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

生前贈与は、相続税対策の最大の決め手です。これができれば、財産額によっては他に対策をとらなくてもよいくらいです。そのため、当事務所でお受けする場合は、時間給でいただくことになります。相続が実際に発生した後の相続税申告時には初回無料相談をさせていただいておりますが、生前対策は時間給でいただきます。この生前対策で方向性が決まれば、より良い相続になっていくと考えます。生前対策は相続にとって最重要です。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

贈与財産により税理士費用も大きく変わってきます。1年だけでなく数年にわたって贈与するならその分報酬も高くなります。 贈与財産が土地なら評価に時間が掛かりますから当然費用も高くなります。

相続税が発生しないのは、どのような場合ですか?その場合は、何もしなくてよいのですか?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

相続税は、基礎控除という税金がかからない基準があります。 3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で計算され、これ以下の場合は相続税の申告も不要です。 また、これを超えても、小規模宅地の特例や配偶者の税額軽減を使って納税が0円になるケースもあります。しかし、この特例を使って0円になる場合は、相続税の申告自体は必要になってきます。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

相続財産の多可により相続税が発生しない場合があります。 相続財産が基礎控除以下なら相続税が発生しません。 基礎控除は3,000万円+相続人の数×600万円です。 特例(配偶者の税k額控除、小規模宅地の減額)を使うことにより相続税が発生しない場合は 申告をする必要があります。

山梨顕子税理士事務所
山梨顕子税理士事務所 兵庫県神戸市

相続税には基礎控除枠(3,000万円+600万円×相続人の数)があります。相続財産の課税価額が基礎控除以下の場合には申告が不要です。 また、配偶者が財産を取得する場合に適用することができる「配偶者の税額軽減」や自宅を相続した際に一定の要件の下で適用することができる「小規模宅地の特例」により、相続税額を0円にすることもできます。 ただし、税額が発生しない場合でも特例を適用するためには相続税の申告が必要です。

生前贈与や遺言書作成のスケジュールはどのように決めればよいですか?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

生前贈与は、早ければ早いほど、効果をもってきます。したがって、可能な限り早めにご相談いただき、方向性を決めることが最重要です。思いたったその時が一番若いわけですから、すぐに相談されるのが良いと考えます。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

配偶者の居住権を確保する必要があったり、長男に自宅を相続させ祭事をしてもらうこと等が 確認できれば、できるだけ生前贈与や遺言書を作成する準備をしていいのではないでしょうか。

相続申告期限までもうあまり時間がありません。書類作成や申告は最速でどれくらいの時間がかかりますか?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

ケースバイケースになりますが、当事務所は最短1週間で仕上げたことがあります。ただし、相続人の方の書類の揃い具合やご協力が必要不可欠になりますので、二人三脚で取り組んでいくことが重要です。不動産の数や、預貯金等の金融機関の数、証券会社の数、生命保険会社の数、などの資料取り寄せに時間がかかりますので、ある程度(1ヶ月以上)は、時間をいただけると助かります。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

相続財産をすべて把握する必要があります。これらを誰が相続するか確定し、遺産分割協議書を作成する必要があります。分割協議が整っても、申告書に押印が必要です。 これら諸々のことを考慮するとできれば申告期限の2か月前には着手する必要があります。

山梨顕子税理士事務所
山梨顕子税理士事務所 兵庫県神戸市

相続人の家族構成、お亡くなりになられた方が保有されていた財産の状況に左右されます。 配偶者やお子さんが相続人で、保有財産が現金・預金、上場株式、保険金など金額や保有数がわかる書類がそろっている場合は1~2か月ほどで申告書を作成することが出来ます。 また、相続財産に土地・家屋が含まれている場合は不動産の評価が別途必要になるため、2~3か月ほど時間を要します。

相続税の税務調査には税理士の方に立ち会ってもらうほうがよいのでしょうか?どのようなことを訊かれますか?

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

まずは、立ち会ってもらってください。相続人の方は不安です。そもそも”税務署が来る”といっただけで、嫌な気分がその連絡を受けた日から続きます。食欲も落ちます。その状態で税務調査の当日を相続人だけで迎えるということはできるでしょうか?余程、肝っ玉がすわっていないとできません。そのため、何も不正なことをしていなくても立ち会ってもらってください。申告書をご自身で作成され、税理士がいない場合は当事務所にご連絡ください。立ち会わせていただきます。それだけでも安心材料になるかと思います。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

税務調査の際には、通常税務署から事前に連絡があります。税理士なら相続税申告書から何が問題点か、どういう質問をしてくるか把握してくれます。それだけでも税理士に立ち会ってもらうメリットがあると思います。調査になり税務署員がな案げなく聞いてくる質問の意味が解らなかったりします。そういうときも税理士に立ち会ってもらうと心強いです。

相続税を払わなくて済む特例は、場合によっては、利用しないほうが、相続税を減らすことができると聞きました。どのような場合でしょうか?詳しく教えてください。

森川和彦税理士事務所
森川和彦税理士事務所 兵庫県神戸市中央区

配偶者の税額軽減規定は非常に大きな特例です。配偶者の法定相続分又は1億6千万円の大きい金額まで、配偶者が取得しても配偶者には相続税がかかりません。しかし、二次相続を考慮すると、配偶者自身に多額の財産がある場合は、一次相続であまり配偶者が取得しない方が得になる場合が出てきます。一次相続+二次相続の全体シミュレーションをすることが必要です。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

相続税は、一次相続だけでなく二次相続も考慮して遺産分割や特例の適用の有無を考える必要があります。二次相続では相続人が減少しますし、配偶者の税額軽減が亡くなります。 配偶者の固有財産が多ければ一次相続でほとんど相続せずに他の相続人に相続させるほうが一次・二次の相続税の合計は少なくなるケースがあります。

税理士報酬は遺産総額次第と聞いたのですが、遺産総額がわかりません。このような時、お見積りをいただくことはできるのでしょうか。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

相続財産のうち最も高額なものが不動産です。固定資産税課税明細書と預貯金の概算額で遺産総額がだいたい計算できます。遺産総額とは特例や評価減を子叙する前の金額をいいますから 税理士報酬は計算できます。

相続税申告の税理士報酬には、加算報酬という仕組みがあると聞きました。これは、申告手続きを進める中でどんどん報酬額が増えてしまうことがある制度なのでしょうか?

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

税理士報酬は、基本報酬と加算報酬の2本立てで決定するのが普通です。基本報酬というのは相続財産(特例、土地の評価減及び債務を控除する前)の何%とします。 加算報酬というのは土地の筆数、相続人数、遺産分割協議書作成等申告手続きを進める前に決定できます。ですから、委託契約を締結前に報酬額の総額は決定できます。

遺産総額をもとに、税理士報酬の見積もりを頂いていたのですが、申告手続きを進める中で、遺産総額が増えたり減ったりしたときはどうなりますか?

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

遺産総額をもとに税理士報酬の見積をする際には遺産の幅をある程度緩やかにするのが普通です。例えば遺産総額が1億から2億円までなら0.5%という風にです。もし2億円を少しでも超えたら報酬金額を変更するということはあまりありません。

インターネットから税理士さんを探すことに不安があるのですが、探す方は多いのでしょうか?

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

結構多いのではないでしょうか。知人や親せきの紹介であれば安心というわけでもありません 税理士の経歴や得意分野をホームページや初対面の特にお話しすることである程度お分かりになると思います。

養子縁組による節税を検討しています。デメリットがあれば教えてください。

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

養子縁組は節税効果がありますが、むやみに養子縁組を行うことは、「争族」のもとになりかねません。養子縁組により長男の嫁や孫が本来相続人でない者も法律上相続人になり相続県とともに遺留分の権利も持つことになります。 ですから、本来の相続人全員の理解が必要です。

親が山と農地を持っていますが、これを相続した場合相続税を支払う必要があるのでしょうか。また、相続しない方法はありますか?

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

山や農地以外の財産も総合的に合算して基礎控除以下になるかどうかです。 山や農地は、比較的評価が小さくなりますが相続財産に加算しなくてもよいというわけでは ありません。

調べて頂いた結果、相続税申告が不要となった場合は、税理士報酬はどのように決めるのですか?

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

税理士と最初契約を締結の際に、相続税の申告が必要か不必要かのギリギリの案件については 特に相続税の申告を提出する報酬を決めておくようにすればいいのではないでしょうか。

相続対策に不動産の購入を進められています。どのような点に注意するべきでしょうか

井上勝税理士事務所
井上勝税理士事務所 兵庫県神戸市

不動産は、土地と家屋と二つあります。土地は評価が時価よりも低くなりますので相続対策として進められることがあると思います。土地を購入しても利用方法をどうするのかも考える必要があります。空地にしておれば住宅用地でないので固定資産税が高くなります。貸家を建てれば家賃収入が入ってきますが、空き家になることも考慮しなければなりません。

どの地域でお探しですか?

実際の依頼例

相続税申告に強い税理士を探しています
T様

重視するもの
予算内におさまるか予算内におさまるか
依頼主
相続人(財産を受け取る側)
相続財産
現金・預金
土地・建物
生命保険・退職金
土地・建物の数
3か所
希望業務
財産評価
公正証書遺言の作成サポート
相続税の節税対策
遺産分割協議書の作成サポート
相続税申告書の作成
税理士探しの状況
出来る限り早く探して契約したい
プロの方へのメッセージ
とくにありません

3人の相続税申告に強い税理士から見積もりが来ました

平均価格
508,600円
相続税申告に強い税理士A
はじめまして。Aです。 紹介のところでも申しましたが、我々は相続税に注力しており、本年に入り昨日までに12件の相続税の申告の依頼を受けております。 料金につきましては先に申しました私どもの規定により計算させて頂ければと思います。仮に遺産総額〇〇円。相続人2名として見積金額を出させて頂きました。 宜しくおご検討ください。
相続税申告に強い税理士B
はじめまして Bと申します。 相続税の申告料金については基本料金〇〇円(税抜)+遺産総額の0.6%を目安とさせていただいております。(価格の表示はシステムの都合上、基本料金のみの表示となっております。) そのため、現状の情報のみに基づき正確な見積もりをお出しできませんがご参考頂ければと思います。 例えば遺産総額〇〇円の場合は、〇〇万円+〇〇円*0.6%=〇〇万円(税抜)といったイメージです。 上記の見積額には準確定申告書(亡くなられてから4か月以内の所得税の確定申告)の料金も含まれます。 よろしければ①現金・預金の合計額 ②土地・建物の固定資産税評価額&状況(自宅用・事業用・賃貸状況など) ③生命保険・退職金の概要 をお教え頂ければ概算金額を追ってお伝えはさせて頂きます。 お急ぎでしたらお電話でお話をお伺いすることもできますのでご希望でしたらお申し付け下さい。 以上、宜しくお願い申し上げます。
相続税申告に強い税理士C
こんにちは 当社では相続税の報酬は、総資産の1%をいただいております。 各種評価減を行った後の、評価額に対しての1%となります。 よろしくご検討ください。
どの地域でお探しですか?