ミツモアロゴ

東京周辺に193人の

相続税申告に強い税理士がいます

東京周辺に193人の相続税申告に強い税理士がいます

相続税の申告であわてないために遺産や遺言の把握を!相続税申告に強い税理士を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

相続税申告に強い税理士登録数、日本最大級!

東京都の相続税申告に強い税理士探しはミツモアで。

相続税は、税理士の腕次第で、大きく金額が変わる税金です。

さらに相続税の計算方法や、相続税の申告は、遺産の種類や遺言の内容によっても異なるので、相続人が自分たちだけで対応するのは困難です。

土地の相続税、相続放棄の方法など、複雑で専門的な知識が不可欠です。かしこい相続の手続きについて相談してみましょう。

相続を専門とする有能な税理士におまかせすれば、大幅な相続税対策が可能になりますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

相続税申告に強い税理士の相場

363,000

標準相場

236,000

リーズナブル

573,600

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 相続対象の土地・建物の数(場所が離れている、数カ所に点在しているという場合は、交通費等の経費が必要な場合があります)
  2. 相続財産の総額(相続財産の総額の0.5~1%程度に設定されていることが多いです)
  3. サポート範囲(財産評価、相続税申告書の作成だけでなく、相続税の節税サポートなどを依頼すると価格が変動します)

photo by 青山

photo by 遠藤亜耶

photo by 池田俊文

どの地域でお探しですか?

東京は相続税の課税割合が全国1位!

東京は日本で最も地価が高く、高所得者も非常に多いです。そのため全国と比べ、相続税の課税割合が圧倒的に高く、東京国税局が発表した平成28年度のデータでは15.61%を誇ります。東京都民のおよそ6人に1人が相続税の申告が必要なので、注意が欠かせません。


東京都の中でも都心部やその近辺は、特に気を付けましょう。千代田区や港区、渋谷区、文京区などは頭1つ抜けていて、30%近くの非常に高い値を示しています。


また23区外も油断してはいけません。市町村部は都心に比べ、さほど土地は高くはありませんが、広い住宅を保有できます。さらにベッドタウンとして整備され、都心部から距離はありますが、交通アクセスがいいので人気を集め、年々土地価格は高騰。その結果、遺産総額は都心部とそれほど変わらないことが考えられます。


※相続税の課税割合…相続税の課税対象である被相続人/全体の被相続人

東京は地価も所得も非常に高い

東京都は世界でも有数の大都市で、古くから日本の政治やビジネスの中心地として発展してきました。良好な治安や生活環境を維持しながらも、最先端の技術やアニメ、ファッションなどの新しい文化の発信地でもあります。そのため交通網も充実しており、多くの人で賑わう東京は、その人気から地価が非常に高いです。


以下のデータは2020年の各都道府県の公示地価のTOP5です。


順位地域
公示地価平均
1位
東京都
116万0950円/㎡
2位
大阪府
33万6458円/㎡
3位
京都府
26万6064円/㎡
4位
神奈川県
25万6107円/㎡
5位愛知県

21万2251円/㎡


上の表から分かる通り、東京都は土地の価格が驚異的です。相続遺産のうち、土地が占める割合はおよそ40%と非常に大きいので、個人で土地を所有している場合は注意が必要です。また東京で生活を維持していくには、必然的に所得も高額になります。所得も相続遺産の大部分を占めますので、土地と所得のダブルパンチで、相続税が膨れ上がるのです。

相続税の申告は相続税に強い税理士に相談しましょう

相続は非常に複雑な問題なので、関わる士業が多いです。その中でも相続税の申告は税理士にしか対応できません。自分で申告することも可能ではありますが、不動産の評価など専門的な知識が必要になり、不備なく行うのは厳しいのが現実です。


先に説明した通り、東京は相続税の課税割合が非常に高いため、相続税の申告が必要不可欠。間違った申告をしてしまっては、必要以上に相続税を支払ったり、税務調査に引っかかったりするでしょう。そういった事態を避けるためにも専門家である税理士の力を借りるのが得策です。


しかし、医者に内科や外科など診療科が別々にあるように、税理士と一概に言っても得意分野はさまざま。特に相続税の分野は、得意な税理士、苦手な税理士がはっきりと分かれます。なぜなら相続税申告は他の税務申告と比べ、対象となる人が少なく、それに伴い申告件数も大幅に少ないからです。


相続税143,881件  
所得税(確定申告) 
21,946,000件
法人税 
2,716,818件


上の表からわかるように、税理士が相続税に関わる機会が極端に少ないので、技量の差が露骨に現れます。相続税に詳しくない税理士に相談してしまうと、納税する相続税が何倍にも増えてしまうかもしれません。

よくある質問

「相続税は相続専門の税理士さんにお願いすべき」と聞きました。相続税に強い税理士さんかどうか、見極めるには何を見ればよいのでしょうか?

宮寺克和税理士事務所
宮寺克和税理士事務所 東京都練馬区

不動産の評価が一番判断を要する部分ではありますので、その点について、厚く検討してくれるかどうかを確認することで、相続税に強いか否かを確認できます。 また相続は頻繁に起こるものではございませんので、ご不明点は都度質問したほうが良いです。 そして、満足な回答が得られる税理士であれば、お願いしたほうが良いかと思います。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税を専門にしていても、相続税申告においては税務調査の対象になることが多く、税務調査になった場合、申告の不足とされるものがそのうち80%(※国税庁の毎年の公表数値)。相続税申告に必要な情報を税理士の方から聞かれても、プライベートなことだからと、上手く税理士の方に伝えきれない。話したくない、とされることが往々にしてあります。そんなことも答えなくてはいけないのか、と思う質問をされる税理士の方であれば、結果的に、申告において安全、少なくとも税務調査時への心づもりができるでしょうか。

大野公認会計士事務所
大野公認会計士事務所 東京都千代田区

相続税に強い税理士かどうかは、やはり、案件数(実績)によります。相続税の関連法律は、改正も多く、案件数(実績)が不足している場合には、これに対応できない税理士もいます。

EMZ総合会計事務所
EMZ総合会計事務所 東京都港区

相続税は特殊な業務ですので、豊富な経験を持つ税理士に依頼すれば安心ですが、数多くやっていればよいという訳ではありません。数多く申告している税理士は、担当者が同時に多くの案件を担当するので、雑に扱ってしまうリスクもあります。また、やり取りが多くなると、依頼者様の負担が多くなってしまいます。最初に、①どんなリスクがあるか?、②どんなことが負担になるか?(税理士側、依頼者様側)、③いつまでに申告書を完成してもらえるか?、④税理士がどこまでやってくれるか?、をクリアにしてくれる税理士は安心です。

父が他界しました。相続の手続きは税理士と行政書士のどちらにお願いすればいいのでしょうか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税申告が必要であれば税理士の方に。必要なければご自身でも対応は十分に可能かと存じます。必要か否か不明な時には一度、税理士の方に相談されるのも一案かと存じます。

大野公認会計士事務所
大野公認会計士事務所 東京都千代田区

相続の手続は、税金がかかるようでしたら税理士にお願いするのがよいでしょう。たとえば、遺産分割の如何によって、税務上の有利不利が生じます。また、不動産登記等が生じる場合には、司法書士にお願いすることもあります。司法書士との連携がある税理士に依頼をすれば、ワンストップで、これらの手続ができます。

EMZ総合会計事務所
EMZ総合会計事務所 東京都港区

相続の手続きには、大きく分けて、死去に伴う名義の変更、登記、税務申告、とがあります。名義の変更であれば、委任状をもって、行政書士がお願いでき、税務申告は、税理士になります。また、相続財産に不動産があれば、司法書士にお願いすることになります。但し、弊社のように、会計事務所が、名義変更と登記がとりまとめて、一元化することが多くなってきますので、そのような税理士に依頼されると、依頼者様の負担はかなり軽くなります。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

相続税がかかるかどうかは、必須の観点になりますので、まず、税理士に相談すべきと思います。遺産分割協議書の作成や相続登記は、税理士さんが司法書士さんをご紹介してくれると思います。あとは、相続手続きを受任する団体に相談して手続きをお願いして、相続税申告はその団体のご紹介で依頼する場合もあるでしょう。

相続税の手続きを全て自分でやることのメリットとデメリットを教えてください。

堤税理士行政書士事務所
堤税理士行政書士事務所 東京都豊島区

土地の財産評価、小規模宅地の減額、債務控除、葬式費用、配偶者の税額軽減等複雑な計算があります。適正な財産評価と控除漏れのない申告書の作成で節税ができるメリットがあります。 プロへの依頼ですから自分で手続きを行うより費用が掛かるデメリットがあります。

今村章太郎公認会計士・税理士事務所
今村章太郎公認会計士・税理士事務所 東京都文京区

相続税の相談員などをしていると、ご自身で申告をされようとする方も散見されますが、ご自身で相続税を申告すると以下のメリット、デメリットが考えられます。 【自分でやるメリット】 ・税理士に払う報酬等のコストがかからない 【デメリット】 ・事務手続きなどが煩雑で時間や手間がかかる ・誤った申告をするリスクがある ・土地の評価等を高く評価してしまい、相続税が高くなってしまう ・税務調査の対象となりやすい

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税申告が必要であれば、税理士の方にお任せするのが現実的です。相続税の手引き、パンフレット、国税庁のホームページ、各種参考書籍等多数ありますが、相続税申告の過半が過少申告となっている(※税務調査対象の80%程度)現実を踏まえると、税務調査自体が大きな負担になり、かつ、過少申告とされる際の現実的な金銭的な負担もありますので。少なくとも、申告前に税理士の方に相談、留意点等確認するのは必須と言えるのかと存じます。

EMZ総合会計事務所
EMZ総合会計事務所 東京都港区

相続税の手続きとしては、①名義変更、②確定申告、③各機関への届出、にわけられます。メリットとしては、①コスト節約、②流れが理解できる、③相続財産を細かく把握できる、ということが挙げられます。デメリットとしては、①面倒、②確定申告等の専門的な知識を求められる、③時間がかかる、ということが挙げられます。 相続財産がシンプルであれば、全て自分でやることを検討しても良いとは思いますが、そうではない場合、相続税の確定申告、不動産登記は、専門家に依頼して、それ以外は全て自分でやる方がお勧めです。

会社経営をしていた父が亡くなりました。会社を相続する場合、何から始めたらいいでしょうか?

小松悟税理士事務所
小松悟税理士事務所 東京都練馬区

会社経営を引き継ぐ場合に重要となるのが、会社の株式となります。株式の所有割合で会社の経営に対する決定権の度合いが変わってきます。相続の場合は、相続財産の内容、相続人の数や関係性などを含めた上で、どのように相続するかを決めることになります。会社を引き継ぐ方が100%株式を相続することが理想ですので、その点も含めて相続手続きを進めることが重要かと考えられます。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

他の相続手続等は置いておいて、会社の株式の相続の面だけでいうと、だれがその株式を取得するようにするのか、その株式の評価額はいくらになり、どのくらい相続税がかかるのか、事業承継税制の適用を考えるのかを検討する必要があります。株式を相続人間で分散して取得するようにすることは会社経営の安定性の観点、意思決定の迅速性の観点から望ましくはありません。また、株式を取得した人とそうでない人との相続財産の分割のバランスと納税資金確保の観点から相続財産をどう分割するかを考えなければなりません。

堤税理士行政書士事務所
堤税理士行政書士事務所 東京都豊島区

まずは会社の運営をだれが行うか代表者はだれがなるか後継者の決定が必要でしょう。決定しましたら役員変更登記の申請を行います。他に社会保険等の変更手続きが必要となります。 次に運営するための資金繰り等の確認を会計担当者、金融機関と打ち合わせることが必要です。 後継者には会社株式を何株相続させるかで会社経営の決定権も違ってきますので株式の遺産分割も 協議します。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

顧問税理士の方に会社の概況、及び、相続にあたって留意点をお聞きするのが一番です。そちらで数字的な裏付けを持った概況を把握し、その後、社員の方、親族の方等のご意見を伺うというのが早期に現状を把握するのに効率的なのかと存じます。

生前贈与を検討中です。税理士さんに相談する費用は何が目安になりますか?時間給?総財産額?

今村章太郎公認会計士・税理士事務所
今村章太郎公認会計士・税理士事務所 東京都文京区

弊事務所では初回の相談1時間無料となっておりますので、簡単なご相談でしたら無料です。 生前贈与の検討で、シミュレーション等の作業が発生する場合には、作業量に応じた報酬をご請求させていただきます。 また、贈与税の申告を依頼される場合にも、申告の内容により報酬をご請求させていただきます。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

税理士の方次第ですが、相談だけであれば無料の方もいらっしゃいます。 概括的なものであれば、時間給。 税務上、慎重な検討等別途調査、検討等必要なものであればリスクに応じてといった内容それぞれとなるでしょうか。 最初の相談の際、税務上の論点が大まかに把握できればその時点で大まかな見通しをご相談いただけるのかと存じます。

EMZ総合会計事務所
EMZ総合会計事務所 東京都港区

生前贈与のご相談でも、色々なケースがあります。やるべきことして、相続財産のリストアップ、相続人と言われるご親族が誰なのか、相続財産をどのように分けるか?、等を検討しながら、相続税の試算、相続財産の分割の方法、等が考えられます。このような場合、総財産額を基にご相談料を一定額に決めるのが目安になってきます。時間給ですと、かなり高くなる可能性があるので、お勧めできません。もし相続税申告も税理士にお願いするのであれば、更にお値引きも可能だと思いますので、事前にご相談されてはいかがでしょうか?

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

いろいろな見積もりがあるとは思いますが、当事務所ではまず相続税対策シミュレーションを有料で行っていただき、その後、相続対策を行う2年間は月額顧問契約をお願いしております。成功報酬的な算定で報酬を

相続税が発生しないのは、どのような場合ですか?その場合は、何もしなくてよいのですか?

小松悟税理士事務所
小松悟税理士事務所 東京都練馬区

相続税が発生しない場合は、相続財産が基礎控除額以下の場合です。基礎控除額は、3,000万円+法定相続人×600万円となり、相続人が1人の場合は3,600万円、相続人が2人の場合は、4,200万円となります。基礎控除額以下の場合は相続税が発生しません。 基礎控除額を超える場合でも、自宅等を相続する場合の「小規模宅地等の特例」と配偶者が相続する場合の「配偶者の税額軽減」などの適用により相続税が発生しないケースもあります。特例を適用する場合には、相続税の申告が必要となりますのでご注意ください。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

相続財産の合計額が基礎控除以下だった場合には相続税は発生せず、申告も不要です。基礎控除は3,000万円+600万円×相続人の数で計算します。ただし、小規模宅地等の特例を適用して相続財産の評価額が基礎控除以下となる場合には申告しなければ特例は適用されません。また、相続財産が基礎控除以上であったとしても、配偶者の税額軽減を利用して相続税がゼロとなることもありますが、この場合にも申告は必要です。

堤税理士行政書士事務所
堤税理士行政書士事務所 東京都豊島区

相続財産から債務額と葬儀費用を控除した金額が相続税の基礎控除額3,000万円と相続人1人当たり600万円の合計額を上回らないと相続税は発生しません。その場合申告は不要です。 後日税務署の問い合わせがあった場合に備え上記計算の過程をメモしておけば良いでしょう。

今村章太郎公認会計士・税理士事務所
今村章太郎公認会計士・税理士事務所 東京都文京区

相続税が発生しないのは、被相続人(故人)の財産(資産と負債の純額)が基礎控除額を下回っている場合です。 その場合には、何もしなくても大丈夫です。 基礎控除金額は、「3000万円 + 法定相続人の人数 × 600万円」で計算することができます。 ただし、小規模宅地の特例等を利用してはじめて、基礎控除金額を下回る場合には、相続税は発生しませんが、相続税の申告は必要となりますのでご注意ください。

生前贈与や遺言書作成のスケジュールはどのように決めればよいですか?

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

生前贈与は相続財産の内容・評価額とすべての財産を贈与ではなく相続により相続人に移転させる場合に係る税金との比較、相続時精算課税の活用、非上場株式であれば次の経営者が取得すべき株数などを検討してスケジュールを決めます。遺言書は贈与計画と矛盾しないように贈与計画と合わせて作成されるのがいいかと思います。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

受贈される方ではなく、あくまで、贈与、遺す側の方のお気持ち次第です。 受ける側が考えることはご法度、と言えるでしょうか。 他方、遺す側の方が渡そうといったお気持ちになればその時点で税理士の方に相談されるのがよろしいのかと存じます。

EMZ総合会計事務所
EMZ総合会計事務所 東京都港区

最近、エンディングノートという言葉がやっと広まってきています。これは、いわゆる終活の一環で、ご逝去までに、何をやっておきたいか、どんな財産があるか、財産を誰に渡すか、親族関係の把握と整理、といったことをまとめておくことです。その意味で、どんな財産があるか、を把握すること以上に、財産を誰に渡すかを決めるのは時間がかかることです。いつというのは個人差がありますが、確実に判断能力がある時期に、生前贈与の方針、遺言書の元になる分け方を決めておくことをお勧めします。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

相続が発生してから4ヶ月後が準確定申告書の期限になります。49日が終わって、3ヶ月目4ヶ月目はこのあたりの準備になると思います。この時期は保険の請求や預貯金の解約、役所の手続きもあります。6ヶ月後7ヶ月後あたりが、遺産の分割を決めて遺産分割協議書を作成、相続の登記申請を一連で行っていきます。相続税の申告期限は10ヶ月後です。大まかなスケジュールはだいたいこんな流れと思います。

相続申告期限までもうあまり時間がありません。書類作成や申告は最速でどれくらいの時間がかかりますか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

税務申告は期限内の当初申告の場合、立証責任は税務署側。いったん、仮に出しておき、その後、更正の請求(※税額を下げる申告となるのが正しいとする申告)の場合は、申告者側となります。 最初から出しておけば認められたものも認められないことが多々生じ、当初(最初の)申告にてしっかりとしたものを準備、申告する価値は非常に大きなものがあります。 ケースバイケースになりますが、いたずらに出すことにこだわるのではなく、期限後であっても当初申告においてきっちりとした申告書にすることを優先されるのも一案です。

EMZ総合会計事務所
EMZ総合会計事務所 東京都港区

相続税の申告を作成する際に、一般的に、一番時間のかかることは、資料の収集、遺産分割方針、財産評価、です。資料の収集、遺産分割方針が既に完了していれば、財産評価ですが、土地が多かったり、規模の大きい非上場株式があると、時間がかかります。そのような場合でない限り、凡そ2-3週間もあれば、書類作成や申告は可能です。弊社は、もっとシンプルな場合、1-2週間で完了する場合もあります。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

相続税の申告期限は相続開始後10ヶ月ですが、普通に進めればやはりそれくらいはかかります。ただ、期限が迫り、どうしてもというときに、申告書だけ10日間程度で対応したことがあります。

税理士法人原・久川会計事務所(平塚橋事務所)
税理士法人原・久川会計事務所(平塚橋事務所) 東京都品川区

当事務所では、資料さえいただければ、実績として、最短、1周間で提出したことがございます。すべての案件でこうは行かないかもしれませんことを予めお断りします。

相続税の税務調査には税理士の方に立ち会ってもらうほうがよいのでしょうか?どのようなことを訊かれますか?

堤税理士行政書士事務所
堤税理士行政書士事務所 東京都豊島区

相続税税務調査の1番の目的は申告漏れ財産の把握です。相続前後の被相続人の健康状態、財産管理、財産管理場所、被相続人の趣味等を聞くことにより申告書に計上されていない財産が相続人に 引き継がれていないか調査されますので税理士に立ち会ってもらいアドバイスをもっらったが良いでしょう。住居内の厳しい調査になることもありますのでご検討ください。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税申告を税理士に依頼される際に税務調査の際の立ち合いも求めておくのがよろしいのかと存じます。相続税申告においては、相続人の方にとっては初めてのことも多く、不慣れなことから申告作成、また、税務調査の際の心理的な負担感も大きいものがあります。特に、相続税調査では税務調査の対象になった時点で、税務署側が既に漏れ、誤りを把握してから対象に選定されていることが多く、大きな負担となることが多く、慎重にご検討いただくのがよろしいのかと存じます。

EMZ総合会計事務所
EMZ総合会計事務所 東京都港区

実務的に、相続税の確定申告の中身を詳細に把握している依頼者様がおられないのが実情です。その意味で、是非税理士には立ち会ってもらうことをお勧め致します。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

立ち会ってもらうべきですね。どうしても緊張してしまいますし、うかつなことを言ってしまうこともありますので。 尋ねられることはたくさんありますが、生前にお子さんに多額のお金を渡していた、などということはよくあります。生前にもらっていたお金について贈与税を納税していれば別ですが、相続税で問題になります。相続税の税務調査は大変厳しいです。

相続税を払わなくて済む特例は、場合によっては、利用しないほうが、相続税を減らすことができると聞きました。どのような場合でしょうか?詳しく教えてください。

小松悟税理士事務所
小松悟税理士事務所 東京都練馬区

配偶者が相続する場合に配偶者の法定相続分(配偶者と子の場合は1/2)又は1憶6,000万円のいずれか大きい金額分まで控除することができる「配偶者の税額軽減」という特例があります。 この特例の適用により相続税がかからない場合でも、配偶者の方のご年齢や体調具合によっては次の相続(二次相続)も含めて検討する必要があります。 最初の相続では相続税がかからなくても、二次相続では多額の相続税が発生してしまうというケースもあります。相続税の申告に際しては二次相続まで考慮した遺産分割が必要かと考えられます。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相次相続、といって特殊な場合なので一般的にはほぼ考慮する必要はありません。 資産家のご両親が不幸なことに相次いで亡くなった際に、結果的に検討するもので、生前に検討できる性質のものではありません。 稀な例となりますが、2018年父親死亡。2019年母親死亡。この場合に、父の財産を母がすべて相続する。160百万まで配偶者控除として無税にもできますが、二次相続において母から子が相続する。この時の相続税額が配偶者控除を利用しない方が手取りが多くなる場合がある、といったものとなります。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

二次相続を踏まえて、税負担が下がるような分割方法を行う場合に、そのようなことはあるとは思います。ただ、一次相続の相続税を多く納税する、二次相続との税の総額を調べるところまで、考える例は、よほどの財産が多いケースに限られるのではないかと思います。もちろん、きちんと考えたほうが良いとは思いますが、税を最重要にして、分割が整うのか、合意できるのかも、難しい場合があります。

税理士法人原・久川会計事務所(平塚橋事務所)
税理士法人原・久川会計事務所(平塚橋事務所) 東京都品川区

二次相続での相続税を踏まえての節税の効率を考慮した場合には、一次相続であえて税金が多少高い選択をするということはあるとは思います。ただ、殆どの場合に、一次相続での税を最小化する、という方針で行うことが多いですね。二次相続まで考えるのは、財産の多い方で、生前に時間をかけて対策しなくてはなりませんね。

税理士報酬は遺産総額次第と聞いたのですが、遺産総額がわかりません。このような時、お見積りをいただくことはできるのでしょうか。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

財産の内容だけで概算の見積もりはお出しできますが、財産の内容により評価の手間が大きく変わりえますので改めてお見積りさせていただくことになります。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

可能ですので、ご相談ください。概算的な額でお見積りは出来ると思います。当方にシートがございますので、まず、シートに財産や相続人の状況を記載いただき、ご相談ください。

公認会計士鹿谷会計事務所
公認会計士鹿谷会計事務所 東京都文京区

不動産に関しては固定資産税課税明細書をいただければ相続税評価額は簡単に計算できます。また、その他の財産について不明な場合には取りあえず概算で計算しておき、詳細が判明してから精算すれば良いと思います。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 はっきりした遺産総額がわからなくても、税理士と話をしてどのような相続財産があるかを説明していただければ、おおよその報酬金額を提示することは可能です。ただし、最終的には確定した遺産総額での報酬金額となりますので、当初のお話にないような財産があった場合などは報酬金額が増加することも考えられます。

相続税申告の税理士報酬には、加算報酬という仕組みがあると聞きました。これは、申告手続きを進める中でどんどん報酬額が増えてしまうことがある制度なのでしょうか?

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

税理士事務所ごとにいろいろな報酬体系があると思いますが、当初よりも内容が複雑で、想定以上に何度も面談しなければならない場合や、土地などについて土地や評価を予算をかけて調査・評価することにメリットが有る場合など、また、国際相続が含まれる場合など、手数や難易度が想定よりも増える場合がゼロではありませんので、その場合には、見積もりの訂正をご相談する場合はないとは言えません。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 一般的には、当初のお話を伺って、物件の評価業務に関する報酬、特例適用に関する報酬、相続人数による加算報酬は事前にお示しできるものと思います。  ただし、当初のお話になかった財産が途中で分かった場合に、追加で報酬額が増える場合があることも事実です。

遺産総額をもとに、税理士報酬の見積もりを頂いていたのですが、申告手続きを進める中で、遺産総額が増えたり減ったりしたときはどうなりますか?

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

見積額の計算が、相続税評価額にパーセンテージを掛ける形で決めた場合には、その評価額に応じて報酬も変わる場合があります。当事務所では、例外的な場合を除き、殆どが見積もりどおりでの業務になります。

公認会計士鹿谷会計事務所
公認会計士鹿谷会計事務所 東京都文京区

不動産に関しては固定資産税課税明細書や名寄帳を元に計算しますので物件数が増えたり減ったりすることは通常ありません。 また金融資産や有価証券、金の地金等が途中から出て来ることはよくありますが、それほどの額でなければ報酬を増やすことはないのではないでしょうか? ただし減少した場合には当然ながら減額することになると思います。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 見積もりは業務を受任する前の目安ととらえてください。実際には、申告手続きが終了した時点で確定した遺産総額をもとに算定することになりますので、見積金額と同額の報酬となることはなかなかないと思われます。もちろん、多少増えた分をサービスとして値引調整する場合もあります。遺産総額が減った場合は、当然、報酬金額も減額となります。

インターネットから税理士さんを探すことに不安があるのですが、探す方は多いのでしょうか?

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

今は多いと思います。地域の近所のどこに税理士事務所があるのか、そこが相続税に注力しているのか、なかなか事務所の外観だけではわかりませんので、ネットで探すことも増えていると思います。

養子縁組による節税を検討しています。デメリットがあれば教えてください。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

養子縁組により法定相続人を増やすことで、相続税の基礎控除などを増やす節税があります。親族を養子にするなどが多いとは思いますが、相続人が多いということは、争いになる可能性も増えるとは思います。法定相続分を無視した分割を行えば、遺留分侵害になりますし、特別受益などのアンバランスも起こりやすいため、そのあたりは十分に検討すべきです。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 現在の税法でお話しすると、養子縁組による基礎控除額の増加分は、実子がいない場合2名分までで1200万円、実子がいれば1名分までで600万円となりますので、この増加分に対する相続税率部分が節税になります。  しかし、養子縁組することで法定相続割合に変動がありますので、税金面以外の相続財産をめぐるトラブルには注意が必要です。

親が山と農地を持っていますが、これを相続した場合相続税を支払う必要があるのでしょうか。また、相続しない方法はありますか?

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

農地には特別な制約があり、農業委員会への届け出や許可が必要となります。農地の評価は制約を考慮して低く計算されるように定められています。山林は倍率評価されるものと、宅地評価額を基準に評価されるものがあります。相続放棄は全ての相続財産に対して放棄することになりますので、一旦相続してから譲渡するなどの方法で処分する方法が考えられます。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 相続財産全体で相続税の計算をしたときに、基礎控除額以下で相続税が発生しない場合は、どの財産を相続しても相続税を支払う必要はありません。  相続税が発生する場合は、全体の財産のうち、あなたが相続する財産の割合に応じた相続税を納めることになります。相続しない方法として、他の相続人との遺産分割協議で自分の相続財産がないことに同意すること、あるいは、自分しか相続人がいない場合などは、弁護士に依頼して、相続を知った日から3カ月以内に相続放棄の手続をしてください。

調べて頂いた結果、相続税申告が不要となった場合は、税理士報酬はどのように決めるのですか?

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

見積もり等の方法によって、合意していただくことだと思います。一定の土地評価や試算などの調査、作業が発生していると思いますので、無料でないことについて、ご理解いただく必要があります。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 相続税申告が不要となった場合でも、それぞれの税理士によって基本報酬や相続財産基準報酬、財産評価報酬を定めていると思われますので、その税理士の基準に応じた報酬が計算されることになります。

相続対策に不動産の購入を進められています。どのような点に注意するべきでしょうか

堤税理士行政書士事務所
堤税理士行政書士事務所 東京都豊島区

相続税対策で購入した賃貸物件の賃料が減少し借入金の返済に困っているオーナーもおられます。 購入後数年は良いのですが10年経過すると修繕工事が増え収入より支払が多く賃貸経営が危なくなることもあります。不動産の取得が生活資金の減少に影響しないか重要な点です。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

あくまで相続税の対策ですので、いずれ売却してお金に戻すことも想定して、価値が急激に下落しないような物件を選ぶ必要があります。よい仲介業者さんに依頼することがよいと思います。当事務所では腕利きの優良な仲介業者さんをご紹介しております。

土地の評価について、いろいろな方法があると聞いたので、他の先生の意見を聞いてみたいと思っています。このようなお願いは聞いていただけるのでしょうか。また、土地評価にかかる期間を教えてください。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

可能は可能ですが、土地の評価方法をすべてご依頼者様が理解することは容易ではないと思います。最初から土地の評価をしっかり下げることができるかどうかを聞いてから、依頼することも一つの方法です。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 土地の相続税評価事務を業務として受任することは可能です。それぞれの税理士によって決めている土地の評価事務に対しての報酬が発生するものと思われます。  基礎資料が揃っている前提ですが、机上の評価であれば1~2日で可能と思われます。しかし、特殊事情があるような土地になると、現地を実際に見て、利用状況や減額される要素があるかどうかまで確認が必要ですので、3~4日程度を見ておいたほうが良いでしょう。

良くある相続トラブルを教えてください

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

相続面では、遺産分割で揉めること、アンバランスな分割をしたことによる遺留分減殺請求などになります。あと、自宅土地建物など、分けられない財産を相続するときなども、トラブルになりかねません。

マンション相続税の節税策として有名な「タワマン節税」は規制が厳しくなったそうですが、現在も有効なのでしょうか?

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

固定資産税評価額が、上層階に行くほど高くなるように見直され、節税効果は多少減少しましたが、節税として有効であることは、現在も変わりません。

税務調査の際に、意表を突かれた質問があれば教えてください。

原・久川会計事務所平塚橋事務所
原・久川会計事務所平塚橋事務所 東京都品川区

特にありませんが、過去の預金の動きから質問されることが多いと思いますので、10年以上は把握しておきたいと思っております。ご協力ください。

どの地域でお探しですか?

実際の依頼例

相続税申告に強い税理士を探しています
T様

相続財産
土地・建物
土地・建物の数
1か所
希望業務
節税対策提案
プロの方へのメッセージ
公正証書遺言の作成もお願いできるのでしょうか?

5人の相続税申告に強い税理士から見積もりが来ました

平均価格
260,000円
相続税申告に強い税理士A
相続税申告に強い税理士A
Aと申します。 監査法人、外資系の税理士事務所等で実務経験を積みその後外資系の銀行・証券会社で経理・財務等の責任者としての実務経験を踏まえて、業務等を行うことができます。
相続税申告に強い税理士B
相続税申告に強い税理士B
はじめまして、Bです。相続対策、遺言書作成へご対応いたします。当方、夫が同事務所内で行政書士をしており、一緒にご対応できます。公正証書遺言の場合は、遺産総額によって料金が変動します。詳細な情報提供いただければ、具体的な金額のご提示ができます。
相続税申告に強い税理士C
相続税申告に強い税理士C
ご相談段階では無料でお受けします。全体の相続財産の把握及び税額シミュレーションなど、書面で報告書を提出することを受任する場合は、基本報酬は税込〇〇円からとなります。 遺言の作成は、パートナーの司法書士と共に対応させていただきます。 ご検討ください。
相続税申告に強い税理士D
相続税申告に強い税理士D
はじめまして!Dと申します。 当所は創業60年を超える会計事務所です。単なる税務申告にとどまらず、経理代行・給与計算・金融機関に提出する事業計画作成・事業承継等の経営に関する総合的なサービスをワンストップで提供しております。 相続税申告のご参考のお見積りをお送りいたします。相続対象の資産や業務範囲によって変わってきますので、ご参考までに。財産の一覧表などをいただければ正確なお見積りが可能です。 公正証書遺言の作成も他の事務所と連携して作成可能です。 ぜひ一度ご相談ください。
相続税申告に強い税理士E
相続税申告に強い税理士E
相続対策を得意としております。 ホームページをご覧頂けたらと思います。 よろしくお願いいたします。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

photo by 佐藤智春

photo by 山本裕子

photo by 末吉孝章

どの地域でお探しですか?

相続税申告に強い税理士の写真一覧

相続税申告に強い税理士 原・久川会計事務所平塚橋事務所
相続税申告に強い税理士 EMZ総合会計事務所
相続税申告に強い税理士 東山秀之
相続税申告に強い税理士 税理士法人better
相続税申告に強い税理士 税理士法人better
相続税申告に強い税理士 税理士法人better
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
相続税申告に強い税理士 ベンチャーサポート相続税理士法人
どの地域でお探しですか?

都道府県一覧

| 東京都 | 愛知県 | 大阪府 | 神奈川県 | 埼玉県 | 福岡県 | 兵庫県 | 千葉県 | 静岡県 | 京都府 | 北海道 | 岐阜県 | 新潟県 | 香川県 | 広島県 | 奈良県 | 宮城県 | 山口県 | 栃木県 | 長野県 | 熊本県 | 茨城県 | 滋賀県 | 岡山県 | 三重県 | 石川県 | 愛媛県 | 山梨県 | 鹿児島県 | 福島県 | 和歌山県 | 大分県 | 宮崎県 | 群馬県 | 秋田県 | 富山県 | 佐賀県 | 沖縄県 |

地域一覧

| 錦糸町・両国 | 新橋・汐留 | 銀座・有楽町 | 秋葉原 | 市ヶ谷・四ツ谷 | 六本木・赤坂 | 神保町・御茶ノ水 | 戸越銀座・学芸大学 | 後楽園・飯田橋・神楽坂 | 池袋 | 高田馬場 | 表参道 | 原宿 | 浜松町 | 五反田・目黒 | 多摩・新百合ヶ丘・調布 | 東京駅・大手町 | 新大久保・大久保 | 大井町・大森 | 日暮里・巣鴨 | 中野・高円寺 | 江古田・鷺ノ宮 | 代々木公園・下北沢 | 上野・御徒町 | 新小岩 | 荻窪・阿佐ヶ谷 | 吉祥寺・三鷹 | 二子玉川・自由が丘 | 府中・聖蹟桜ヶ丘 | 恵比寿・三軒茶屋・中目黒 | 赤羽 | 豊洲・月島 | 成城学園前・千歳烏山 | 葛西・東陽町 | 蒲田 | 石神井公園 | ひばりヶ丘 |

市区町村一覧

| 新宿区 | 港区 | 豊島区 | 中央区 | 千代田区 | 品川区 | 渋谷区 | 北区 | 大田区 | 台東区 | 板橋区 | 文京区 | 杉並区 | 世田谷区 | 中野区 | 武蔵野市 | 墨田区 | 練馬区 | 町田市 | 江東区 | 府中市 | 小平市 | 小金井市 | 八王子市 | 江戸川区 | 多摩市 | 西東京市 | 調布市 | 荒川区 | あきる野市 |