背景画像

東京周辺に236人の

相続税申告に強い税理士がいます

東京周辺に236人の相続税申告に強い税理士がいます

相続税の申告であわてないために遺産や遺言の把握を!相続税申告に強い税理士を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
70万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
325億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

相続税申告に強い税理士登録数、日本最大級!

東京都の相続税申告に強い税理士探しはミツモアで。

相続税は、税理士の腕次第で、大きく金額が変わる税金です。

さらに相続税の計算方法や、相続税の申告は、遺産の種類や遺言の内容によっても異なるので、相続人が自分たちだけで対応するのは困難です。

土地の相続税、相続放棄の方法など、複雑で専門的な知識が不可欠です。かしこい相続の手続きについて相談してみましょう。

相続を専門とする有能な税理士におまかせすれば、大幅な相続税対策が可能になりますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

相続税申告に強い税理士の相場

370,500

標準相場

242,300

リーズナブル

553,700

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 相続対象の土地・建物の数(場所が離れている、数カ所に点在しているという場合は、交通費等の経費が必要な場合があります)
  2. 相続財産の総額(相続財産の総額の0.5~1%程度に設定されていることが多いです)
  3. サポート範囲(財産評価、相続税申告書の作成だけでなく、相続税の節税サポートなどを依頼すると価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

東京は相続税の課税割合が全国1位!

東京は日本で最も地価が高く、高所得者も非常に多いです。そのため全国と比べ、相続税の課税割合が圧倒的に高く、東京国税局が発表した平成28年度のデータでは15.61%を誇ります。東京都民のおよそ6人に1人が相続税の申告が必要なので、注意が欠かせません。


東京都の中でも都心部やその近辺は、特に気を付けましょう。千代田区や港区、渋谷区、文京区などは頭1つ抜けていて、30%近くの非常に高い値を示しています。


また23区外も油断してはいけません。市町村部は都心に比べ、さほど土地は高くはありませんが、広い住宅を保有できます。さらにベッドタウンとして整備され、都心部から距離はありますが、交通アクセスがいいので人気を集め、年々土地価格は高騰。その結果、遺産総額は都心部とそれほど変わらないことが考えられます。


※相続税の課税割合…相続税の課税対象である被相続人/全体の被相続人

東京は地価も所得も非常に高い

東京都は世界でも有数の大都市で、古くから日本の政治やビジネスの中心地として発展してきました。良好な治安や生活環境を維持しながらも、最先端の技術やアニメ、ファッションなどの新しい文化の発信地でもあります。そのため交通網も充実しており、多くの人で賑わう東京は、その人気から地価が非常に高いです。


以下のデータは2020年の各都道府県の公示地価のTOP5です。


順位地域
公示地価平均
1位
東京都
116万0950円/㎡
2位
大阪府
33万6458円/㎡
3位
京都府
26万6064円/㎡
4位
神奈川県
25万6107円/㎡
5位愛知県

21万2251円/㎡


上の表から分かる通り、東京都は土地の価格が驚異的です。相続遺産のうち、土地が占める割合はおよそ40%と非常に大きいので、個人で土地を所有している場合は注意が必要です。また東京で生活を維持していくには、必然的に所得も高額になります。所得も相続遺産の大部分を占めますので、土地と所得のダブルパンチで、相続税が膨れ上がるのです。

相続税の申告は相続税に強い税理士に相談しましょう

相続は非常に複雑な問題なので、関わる士業が多いです。その中でも相続税の申告は税理士にしか対応できません。自分で申告することも可能ではありますが、不動産の評価など専門的な知識が必要になり、不備なく行うのは厳しいのが現実です。


先に説明した通り、東京は相続税の課税割合が非常に高いため、相続税の申告が必要不可欠。間違った申告をしてしまっては、必要以上に相続税を支払ったり、税務調査に引っかかったりするでしょう。そういった事態を避けるためにも専門家である税理士の力を借りるのが得策です。


しかし、医者に内科や外科など診療科が別々にあるように、税理士と一概に言っても得意分野はさまざま。特に相続税の分野は、得意な税理士、苦手な税理士がはっきりと分かれます。なぜなら相続税申告は他の税務申告と比べ、対象となる人が少なく、それに伴い申告件数も大幅に少ないからです。


相続税143,881件  
所得税(確定申告) 
21,946,000件
法人税 
2,716,818件


上の表からわかるように、税理士が相続税に関わる機会が極端に少ないので、技量の差が露骨に現れます。相続税に詳しくない税理士に相談してしまうと、納税する相続税が何倍にも増えてしまうかもしれません。

よくある質問

「相続税は相続専門の税理士さんにお願いすべき」と聞きました。相続税に強い税理士さんかどうか、見極めるには何を見ればよいのでしょうか?

内田税理士事務所
内田税理士事務所 東京都武蔵野市

税理士のプロフィールから専門部署での経験の有無を確認された方がよろしいと思われます。 相続税の申告はなかなか経験できるものではありません。 税法を読み込んでいたとしても、実際は実務能力が物を言う世界です。 相続専門の税理士事務所、または専門部署経験のある税理士に依頼をすることをおすすめします。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続税申告に強いかか否かは、土地評価の専門知識と実務経験を有しているか否かがポイントになります。 その為、土地評価についての実務経験についての質問をすると良いです。 例えば、土地評価については机上評価のみではなく、現地調査と役所調査が必須であり、私の事務所では、原則として現地調査と役所調査を行います。 その為、相続税申告に当たり、土地評価ではどんな事をするのでしょうかという質問をすれば、回答である程度の判断が出来て見極められると思います。

税理士法人天星
税理士法人天星 東京都千代田区

相続税に強い税理士かどうかは、やはり、案件数(実績)によります。相続税の関連法律は、改正も多く、案件数(実績)が不足している場合には、これに対応できない税理士もいます。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

どの程度注力しているかを見ていただくことはいかがでしょうか?当事務所であれば、相続税対策システムとして最上位のものを導入し、相続税の課題を見える化することを通じて、納得した相続税対策をしていただいています。

父が他界しました。相続の手続きは税理士と行政書士のどちらにお願いすればいいのでしょうか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続の手続は、税理士にお願いした方がいいです。 なぜなら相続の手続は、相続税が基礎控除の範囲内か否かで相続税申告の必要の有無が決まるからです。また、例えば、小規模宅地の特例という制度がありますが、この制度を使うことにより基礎控除内に収まり相続税が、かからなくなる場合があります。 しかし、この場合でも相続税申告が要件となりますので、相続税申告が必要です。 このように、相続の手続をする場合には、前提として税金の問題が出てきます。 その為、税金も含め相談出来る税理士が望ましいと思います。

税理士法人天星
税理士法人天星 東京都千代田区

相続の手続は、税金がかかるようでしたら税理士にお願いするのがよいでしょう。たとえば、遺産分割の如何によって、税務上の有利不利が生じます。また、不動産登記等が生じる場合には、司法書士にお願いすることもあります。司法書士との連携がある税理士に依頼をすれば、ワンストップで、これらの手続ができます。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

 お答えします。  遺産分割がスムーズにいかない場合は、弁護士への相談になります。  相続税の申告書作成に関しましては、税理士ということになりますね。 士ですね。  なお、行政書士の代表的な業務は、運転免許証の更新ですね。他に婚姻届等に関しても業務の一環かと思いますが、特に相続に関しては、ないと思います。  

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

相続税がかかるかどうかは、必須の観点になりますので、まず、税理士に相談すべきと思います。遺産分割協議書の作成や相続登記は、税理士さんが司法書士さんをご紹介してくれると思います。あとは、相続手続きを受任する団体に相談して手続きをお願いして、相続税申告はその団体のご紹介で依頼する場合もあるでしょう。

相続税の手続きを全て自分でやることのメリットとデメリットを教えてください。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続税の手続きを自分でやることのメリットとデメリットは以下の通りです。 ★メリット 報酬がかからないので、お金を節約出来る。 ★デメリット ①税務上、お客様にとって有利な制度があったとしても、それを見落とし税額が多くなってしまう。 ②誤った税務申告書になる可能性が高く、税務調査が入る可能性が高くなる。 ③相続税申告書作成は土地評価等、専門知識が必要な作業です。それを自分で行う場合には、勉強も必要になり精神的にも時間的にも浪費し、非常にストレスになると考えられます。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

民法の親族法、登記、法律の専門知識が必要になりますので、よほどの勉強する時間を厭わずにであれば、可能は可能と思いますが、一般にはそういう選択はなかなかいないと思います。遺言、遺産分割、相続登記でいえば、司法書士先生に依頼するか、専門の団体に依頼する、などが考えられます。登記など以外は自分でやる方が多いのではないでしょうか?

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

【相続税申告書の作成】 メリット:手数料がかからない デメリット:間違える可能性がある。税金を多く払いすぎる可能性が高い。手間がかかる。 【遺産整理業務(預貯金、証券、不動産等の名義変更手続き)】 メリット:手数料がかからない デメリット:わからないまま進めることで、漏れが生じる可能性がある

佐藤徹税理士事務所
佐藤徹税理士事務所 東京都中央区

《メリット》 ①士業へ支払う報酬が必要ない 《デメリット》 ①金融機関や役所は、通常、平日しか営業していないため、平日に何回も休暇をとって手続きを行うこととなる。 ②手続きを行うための時間をつくらないといけない。 ③分割の方法によっては、受けられなくなる税務上の特例があるので、専門家に相談しないことにより、相続税を多く納税することになる可能性がある。

会社経営をしていた父が亡くなりました。会社を相続する場合、何から始めたらいいでしょうか?

小松悟税理士事務所
小松悟税理士事務所 東京都練馬区

会社経営を引き継ぐ場合に重要となるのが、会社の株式となります。株式の所有割合で会社の経営に対する決定権の度合いが変わってきます。相続の場合は、相続財産の内容、相続人の数や関係性などを含めた上で、どのように相続するかを決めることになります。会社を引き継ぐ方が100%株式を相続することが理想ですので、その点も含めて相続手続きを進めることが重要かと考えられます。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

会社を相続する場合には、亡くなったお父様が会社経営をしていた会社の株主になっていたか否かを確認しなければなりません。 なぜなら、お父様が株主であった場合には、非上場会社の株式としてお父様の相続財産に入れなくてはならないからです。 その為、まずはお父様が会社の株主か否かの確認をした上で、株主である場合には、非上場会社の株式を相続税計算の為に、評価しなければいけません。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

他の相続手続等は置いておいて、会社の株式の相続の面だけでいうと、だれがその株式を取得するようにするのか、その株式の評価額はいくらになり、どのくらい相続税がかかるのか、事業承継税制の適用を考えるのかを検討する必要があります。株式を相続人間で分散して取得するようにすることは会社経営の安定性の観点、意思決定の迅速性の観点から望ましくはありません。また、株式を取得した人とそうでない人との相続財産の分割のバランスと納税資金確保の観点から相続財産をどう分割するかを考えなければなりません。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

まず、株主総会などで、不在となった代表取締役を選任して、実務も含めて回るようにしないといけないと思います。融資を受けている銀行などとも、継続してもらうよう話をしないといけません。相続財産の分割を協議して決めて、分割。相続登記などをして、相続税の申告をします。中小企業は株式が評価が高くなり、相続税の負担が大きくなることが課題と言われております。生前に株式を上手に譲る、事業承継税制を使うことが求められます。

生前贈与を検討中です。税理士さんに相談する費用は何が目安になりますか?時間給?総財産額?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

生前贈与を税理士に相談する費用は、事務所によって異なります。 私の事務所では、贈与する財産の種類、金額で報酬を決めております。 まずは、税理士先生に報酬について相談すれば宜しいと思います。 私の事務所では、初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

 ご質問のような費用に関しては、あらかじめ協定されているようなことはありません。  但し、贈与を予定されている資産の内容、数量、資産の価額等が目安になろうかと思います。従いまして一律時間という訳ではありませんし、資産の内容又は所在場所の確認を含めての判断し、協議によって決定するということになりますね。  また、贈与を行なった後の贈与税の申告書作成を依頼を前提としたご相談であれば、特に相談料は貰い受けないケースが多いでしょう。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

いろいろな見積もりがあるとは思いますが、当事務所ではまず相続税対策シミュレーションを有料で行っていただき、その後、相続対策を行う2年間は月額顧問契約をお願いしております。成功報酬的な算定で報酬を

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

生前贈与は、様々な選択肢がある中の一つです。生前贈与ありきで進めるべきではありません。まずはトータルで何をするべきかを相談した方がよいです。初回相談は無料で対応するケースも多いですから、そこから始めた方がよいと考えます。 費用としては、一般的に贈与する財産が何かで変わります。不動産か現金かでは、当然現金の方が簡単ですので、費用も安くなります。評価する難しさにより変わると考えればよいかと存じます。

相続税が発生しないのは、どのような場合ですか?その場合は、何もしなくてよいのですか?

内田税理士事務所
内田税理士事務所 東京都武蔵野市

相続税が発生しないケースとして、大きくは2つあります。 1つ目は、そもそも、課税される相続財産額が基礎控除以下の場合です。基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」となりますので、事前にご確認されることをおすすめします。こちらは申告不要です。 2つ目は、特例を適用した結果、課税される相続財産額が基礎控除以下の場合、または納税が発生しない場合です。相続税申告において代表的な特例は「配偶者の税額軽減」「小規模宅地等の特例」がありますが、こちらは申告することが必須要件となります。

小松悟税理士事務所
小松悟税理士事務所 東京都練馬区

相続税が発生しない場合は、相続財産が基礎控除額以下の場合です。基礎控除額は、3,000万円+法定相続人×600万円となり、相続人が1人の場合は3,600万円、相続人が2人の場合は、4,200万円となります。基礎控除額以下の場合は相続税が発生しません。 基礎控除額を超える場合でも、自宅等を相続する場合の「小規模宅地等の特例」と配偶者が相続する場合の「配偶者の税額軽減」などの適用により相続税が発生しないケースもあります。特例を適用する場合には、相続税の申告が必要となりますのでご注意ください。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続税が発生しないのは、いくつかありますが以下の場合が多いです。 ①相続財産全体の評価額が基礎控除の範囲内のケース ②土地について小規模宅地の特例を使える場合で、その結果、相続財産全体の評価額が基礎控除の範囲内になったケース ③相続人の中に配偶者がいる場合で、相続税の配偶者控除により相続税がかからなくなるケース ただし、②と③の場合には、①の場合と異なり相続税申告が要件ですので、相続税申告は必要となりますので注意してください。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

相続財産の合計額が基礎控除以下だった場合には相続税は発生せず、申告も不要です。基礎控除は3,000万円+600万円×相続人の数で計算します。ただし、小規模宅地等の特例を適用して相続財産の評価額が基礎控除以下となる場合には申告しなければ特例は適用されません。また、相続財産が基礎控除以上であったとしても、配偶者の税額軽減を利用して相続税がゼロとなることもありますが、この場合にも申告は必要です。

生前贈与や遺言書作成のスケジュールはどのように決めればよいですか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

生前贈与や遺言書作成は、相続対策の方法です。 その為、生前贈与や遺言書作成は、相続対策として被相続人対象者(生前対策が必要な方)が健康な内に、スケジュールを決めた方が良いです。 被相続人対象者(生前対策が必要な方)と相続人が話し合って、早めにスケジュールを決めた上で、実際に実行すべきです。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

生前贈与は相続財産の内容・評価額とすべての財産を贈与ではなく相続により相続人に移転させる場合に係る税金との比較、相続時精算課税の活用、非上場株式であれば次の経営者が取得すべき株数などを検討してスケジュールを決めます。遺言書は贈与計画と矛盾しないように贈与計画と合わせて作成されるのがいいかと思います。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

相続対策では、遺産分割を円満に行うことを考えること先決です。 そのため現状の「推定遺産」をしっかり把握しておくことです。 推定遺産が現金や預貯金のように容易に分割できないケースもあるからです。 そして「相続税額」を知ることです。納税額が税額が生じないケースありますが、納税資金を確保した対策が必要だからです。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

相続が発生してから4ヶ月後が準確定申告書の期限になります。49日が終わって、3ヶ月目4ヶ月目はこのあたりの準備になると思います。この時期は保険の請求や預貯金の解約、役所の手続きもあります。6ヶ月後7ヶ月後あたりが、遺産の分割を決めて遺産分割協議書を作成、相続の登記申請を一連で行っていきます。相続税の申告期限は10ヶ月後です。大まかなスケジュールはだいたいこんな流れと思います。

相続申告期限までもうあまり時間がありません。書類作成や申告は最速でどれくらいの時間がかかりますか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続税申告書の作成は税理士の中でも専門分野です。 その為、得意な税理士と不得意な税理士がいます。 慣れていない税理士にお願いした場合には、3か月以上はかかると思います。 慣れている税理士であれば1か月以内でも対応可能です。 この場合、特急対応として割増報酬がかかるのが通常です。 私の事務所では、割増報酬がかかりますが、1か月以内であったとしても対応可能です。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

相続財産の内容や相続人の数などにもよりますが、最低でも1~2か月は要すると思われます。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

相続税の申告期限は相続開始後10ヶ月ですが、普通に進めればやはりそれくらいはかかります。ただ、期限が迫り、どうしてもというときに、申告書だけ10日間程度で対応したことがあります。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

書類のそろい状況と評価する財産の数・性質によります。すべての条件がそろっていれば、最短1日~2日でできると考えます。 役所関係や保険関係の資料がそろっていないと、その請求だけでも1週間以上かかることはよくありますので、ご注意ください。

相続税の税務調査には税理士の方に立ち会ってもらうほうがよいのでしょうか?どのようなことを訊かれますか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続税の税務調査には税理士に立ち会ってもらう方が、絶対によいです。相続税の税務調査が法人税、所得税等の他の税目に比べ税務調査の確立が高いです。 また税務調査が入った場合には、ほとんどのケースで追加で相続税の支払いが発生します。税理士がいなければ、税務調査の際に、不利な回答をする可能性が高くなり、お客様にとって不利な納税額になると思います。 また、税務調査では亡くなった方(被相続人と言います。)の趣味、交友関係、仕事内容等を聞かれたり、お金の使い道などを聞かれます。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

 税理士は、必ずしも立ち会を依頼しなくてもよいのですが、どんな質問をされるか不安でストレスを感じる場合、また、当日調査官に正当な計算と申告を行っていることを表見したい気が前面にでて、結果的に自身に不利となるような説明をしてしまうケースも起こり得ます。不安の解消と知らないことで損をしないために依頼されることが多いかも知れませんね。立会に伴う報酬は、30,000円(/日)程が平均的かと思いますが、

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

立ち会ってもらうべきですね。どうしても緊張してしまいますし、うかつなことを言ってしまうこともありますので。 尋ねられることはたくさんありますが、生前にお子さんに多額のお金を渡していた、などということはよくあります。生前にもらっていたお金について贈与税を納税していれば別ですが、相続税で問題になります。相続税の税務調査は大変厳しいです。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

税務調査が入るような方(イメージとして2億円以上の財産をお持ちの方)は、必ず税理士に立ち会ってもらう方がよいです。 ケースバイケースですが、お金の動きを聞かれるのは間違いないでしょう。被相続人の財産形成のみならず、相続人(孫など相続人でない直系尊属も含みます)の財産形成も確認されますので、注意が必要です。

相続税を払わなくて済む特例は、場合によっては、利用しないほうが、相続税を減らすことができると聞きました。どのような場合でしょうか?詳しく教えてください。

小松悟税理士事務所
小松悟税理士事務所 東京都練馬区

配偶者が相続する場合に配偶者の法定相続分(配偶者と子の場合は1/2)又は1憶6,000万円のいずれか大きい金額分まで控除することができる「配偶者の税額軽減」という特例があります。 この特例の適用により相続税がかからない場合でも、配偶者の方のご年齢や体調具合によっては次の相続(二次相続)も含めて検討する必要があります。 最初の相続では相続税がかからなくても、二次相続では多額の相続税が発生してしまうというケースもあります。相続税の申告に際しては二次相続まで考慮した遺産分割が必要かと考えられます。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

特例として、以下2つが考えられます。 ①土地について小規模宅地の特例を使える場合 ②相続人の中に配偶者がいる場合で、相続税の配偶者控除が使える場合 この内、②の相続税の配偶者控除については、利用しない方が相続税を減らすことが出来る可能性があります。 ただし、この場合の相続税は1次相続と2次相続の相続税の合計の事を言います。 この1次と2次の相続税の合計を考えた場合には、あえて1次相続の際に、相続税の配偶者控除を利用しない方が、1次と2次の相続税の合計が少なくなる可能性がありますという事です。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

二次相続を踏まえて、税負担が下がるような分割方法を行う場合に、そのようなことはあるとは思います。ただ、一次相続の相続税を多く納税する、二次相続との税の総額を調べるところまで、考える例は、よほどの財産が多いケースに限られるのではないかと思います。もちろん、きちんと考えたほうが良いとは思いますが、税を最重要にして、分割が整うのか、合意できるのかも、難しい場合があります。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

相続税だけで考えれば、2次相続まで想定したケース自社株等の納税猶予制度を活用するケースが考えられます。また、相続税はそこまで減らないが、相続税以外の税金の優遇措置が検討できるケースと考えられます。

税理士報酬は遺産総額次第と聞いたのですが、遺産総額がわかりません。このような時、お見積りをいただくことはできるのでしょうか。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

遺産総額が分からない場合には、ご質問させて頂いた上で、概算での遺産総額を把握させて頂き、お見積りを出させて頂く事は可能です。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

財産の内容だけで概算の見積もりはお出しできますが、財産の内容により評価の手間が大きく変わりえますので改めてお見積りさせていただくことになります。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

推定相続財産の価額を計算が困難な場合、まず、税理士へのご相談をお勧めします。 よろしかったら、お受けします。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

可能ですので、ご相談ください。概算的な額でお見積りは出来ると思います。当方にシートがございますので、まず、シートに財産や相続人の状況を記載いただき、ご相談ください。

相続税申告の税理士報酬には、加算報酬という仕組みがあると聞きました。これは、申告手続きを進める中でどんどん報酬額が増えてしまうことがある制度なのでしょうか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続税申告の税理士報酬には、加算報酬がありその報酬の算定方法は税理士事務所によって異なります。 私の事務所では、最初に加算報酬も含めお見積りを出させて頂き、その上でその報酬に合意頂いた後に、契約をさせて頂きます。 その為、申告手続きを進める中で報酬額が増えるような事はございませんので、ご安心ください。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

税理士報酬の仕組みや報酬の制度的なものは存在しません。 一般的には、双方の協議によって、当初決めた計算方法によるのが原則かと思います。 ところが、推定遺産の所在場所が遠隔地で予想以上の日数や費用がかかったとか、証明資料の不足により、当初予定の費用に追加があったのであれば、十分な説明を受け、納得した金額を支払うようにすることです。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

税理士事務所ごとにいろいろな報酬体系があると思いますが、当初よりも内容が複雑で、想定以上に何度も面談しなければならない場合や、土地などについて土地や評価を予算をかけて調査・評価することにメリットが有る場合など、また、国際相続が含まれる場合など、手数や難易度が想定よりも増える場合がゼロではありませんので、その場合には、見積もりの訂正をご相談する場合はないとは言えません。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

当初の面談では想定していなかった財産がでてきたり、相続人間で争いがあるようなケースでは、報酬額が増額する可能性が高いです。

遺産総額をもとに、税理士報酬の見積もりを頂いていたのですが、申告手続きを進める中で、遺産総額が増えたり減ったりしたときはどうなりますか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続税申告の税理士報酬は、遺産総額を元に報酬の算定をしている税理士事務所が多いです。 私の事務所でも、そのように報酬をお見積りさせて頂きます。 ただし、最初に加算報酬も含めお見積りを出させて頂き、その上でその報酬に合意頂いた後に、契約をさせて頂きます。 その為、申告手続きを進める中で遺産総額が増えたり減ったりしたとしても報酬額を増減させるような事はございません。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

多少の変動はつきものです。 しかし、予定した以上の遺産額となるなどが判明し大幅な日数の増加となり、報酬を増額する場合でも十分な協議によって納得するものであることが必要かと思います。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

見積額の計算が、相続税評価額にパーセンテージを掛ける形で決めた場合には、その評価額に応じて報酬も変わる場合があります。当事務所では、例外的な場合を除き、殆どが見積もりどおりでの業務になります。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

多少の増減であれば報酬額は変わらないと考えられます。 また、はじめに報酬表のようなもので見積りを出されているケースは、それに則った報酬になるため、資産の増減にかかわらず、わかりやすいかと思われます。

インターネットから税理士さんを探すことに不安があるのですが、探す方は多いのでしょうか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

昨今のインターネットの利用が当たり前の時代では、インターネットで税理士さんを探す方は非常に多いと思われます。 インターネットで税理士さんを探す場合には、ホームページ等の情報しか分からず不安があると思います。 その為、その税理士が信頼できるか否かは、その税理士の実績、アンケート、記載があればお客様の声などを参考に選ぶしかないと思います。 私の事務所では、セミナー講師の実績が沢山ありますので、そのような実績も参考にして頂けましたら幸いです。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

今は多いと思います。地域の近所のどこに税理士事務所があるのか、そこが相続税に注力しているのか、なかなか事務所の外観だけではわかりませんので、ネットで探すことも増えていると思います。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

多いかと思われますが、多すぎてなかなか決められないと思います。 信頼できる先からの相続専門税理士の紹介がベストです。 ただし、やってはいけないのは、友人・知人からの(相続専門でない一般の)税理士の紹介です。一般の税理士は法人の税務顧問や所得税の確定申告をメインに担当しているため、相続税の専門性は極めて低いためです。

養子縁組による節税を検討しています。デメリットがあれば教えてください。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

養子縁組の節税のデメリットは、ずばり感情面だと思います。 例えば養子縁組で養子になるのがお爺ちゃんのお孫さん(女性)とした場合に、そのお孫さんがお爺ちゃんと苗字が違う場合に、感情的に悪い印象を持つことが往々にしてあることです。 私のお客様でも、節税効果を含め養子縁組を提案した際に感情的な面でやりたくないと言われた事がありました。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

 実質的にお子さんのいらっしゃらないケースでは、親となり、子となり幸せと言えましょう。しかし、納税のことのみを考えた養子縁組は、幸せとは言えないケースも報告されています。まず、姓が変わることでの負担が多いようです。そして、生涯養子としての営みを抱え込むことにあるようです。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

養子縁組により法定相続人を増やすことで、相続税の基礎控除などを増やす節税があります。親族を養子にするなどが多いとは思いますが、相続人が多いということは、争いになる可能性も増えるとは思います。法定相続分を無視した分割を行えば、遺留分侵害になりますし、特別受益などのアンバランスも起こりやすいため、そのあたりは十分に検討すべきです。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 現在の税法でお話しすると、養子縁組による基礎控除額の増加分は、実子がいない場合2名分までで1200万円、実子がいれば1名分までで600万円となりますので、この増加分に対する相続税率部分が節税になります。  しかし、養子縁組することで法定相続割合に変動がありますので、税金面以外の相続財産をめぐるトラブルには注意が必要です。

親が山と農地を持っていますが、これを相続した場合相続税を支払う必要があるのでしょうか。また、相続しない方法はありますか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

親が山と農地を持っていた場合には、親が何処に住んでいるか否かで相続税の評価方法が異なりますので、何処に住んでいるかが重要です。 親が田舎に住んでいる場合には、山も農地も相続税の為の評価額は低くなりますので、おそらく相続税を支払う必要はありません。 しかし、親が東京などの都会に住んでいる場合には市街地山林、市街地農地といって市街地の土地になりますので、評価が高くなります。 その結果、評価額次第では、相続税を支払う必要があります。 また相続しない方法として、例えば相続放棄をする方法などがあります。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

農家の承継者が農地を相続する場合、特例により納税が多くはありません。 農地と言えども大都会に近い地方もありますが、山林もあるということですから人里離れた場所ということも想定されます。そうしますと極めて評価額が低廉で路線価がないと思いますから、市町村役場で評価額を確認した方が良いですね。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

農地には特別な制約があり、農業委員会への届け出や許可が必要となります。農地の評価は制約を考慮して低く計算されるように定められています。山林は倍率評価されるものと、宅地評価額を基準に評価されるものがあります。相続放棄は全ての相続財産に対して放棄することになりますので、一旦相続してから譲渡するなどの方法で処分する方法が考えられます。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 相続財産全体で相続税の計算をしたときに、基礎控除額以下で相続税が発生しない場合は、どの財産を相続しても相続税を支払う必要はありません。  相続税が発生する場合は、全体の財産のうち、あなたが相続する財産の割合に応じた相続税を納めることになります。相続しない方法として、他の相続人との遺産分割協議で自分の相続財産がないことに同意すること、あるいは、自分しか相続人がいない場合などは、弁護士に依頼して、相続を知った日から3カ月以内に相続放棄の手続をしてください。

調べて頂いた結果、相続税申告が不要となった場合は、税理士報酬はどのように決めるのですか?

内田税理士事務所
内田税理士事務所 東京都武蔵野市

税理士事務所の規定によると思いますが、2つのケースがあると思います。 1つ目は、課税される相続財産額による場合です。このケースですと、相続財産額に割合を乗じた計算による報酬額になると思われます。 2つ目は、作業工数に応じる場合です。このケースですと、作業工数に工数単価を乗じた計算による報酬額になると思われます。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

調べた結果、相続税申告が不要となった場合には、そもそも税理士報酬はかからず、私の事務所でも報酬はかからず、契約を致しません。 ただし、相続税申告が不要だとしても、被相続人から相続人への預金、不動産、金融商品などの名義変更等の財産整理業務を依頼頂く場合には、別途報酬をお見積り致します。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

見積もり等の方法によって、合意していただくことだと思います。一定の土地評価や試算などの調査、作業が発生していると思いますので、無料でないことについて、ご理解いただく必要があります。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

特にルールはありませんので、はじめに調査を依頼する際に、報酬を確認するとよいと考えられます。無償で対応できます、という業者もあれば、財産調査という名目で金銭を請求するケースもあるかと考えられます。

相続対策に不動産の購入を進められています。どのような点に注意するべきでしょうか

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

相続対策には、財産の分割対策、納税資金対策、認知症対策、相続税節税対策の4つの視点があります。この内、不動産の購入は相続税対策に効果があります。 ただし、タワーマンションを購入し著しく相続税評価額が落ちた相続税申告をした際に、その申告内容を税務当局に否認された事案も出てきております。その為、必ずしも不動産の購入で相続税対策になると断言出来なくなっている点に注意が必要です。 また、そもそも不動産の購入は投資ですので、投資リスクがあります。投資リスクについても注意するべきです。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

推定相続財産がかなり見込まれる場合、不動産業者ならずとも銀行、証券会社等が日参してくることになります。しかし、あなたの利益をのみを考えているものではないことに留意する必要があります。 まず、推定遺産額やそれに対する納税額を知る等現状を把握することから始めます。 そのうえで、家族でどのように遺産を分け合うか、納税資金をどうするか、そして節税対策をどのようにするかを決めます。独立系のFPなどと相談するをことをお勧めします。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

あくまで相続税の対策ですので、いずれ売却してお金に戻すことも想定して、価値が急激に下落しないような物件を選ぶ必要があります。よい仲介業者さんに依頼することがよいと思います。当事務所では腕利きの優良な仲介業者さんをご紹介しております。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

直近で相続発生の可能性はあるか、借入をしての購入か否か、相続人が何名いらっしゃるか、個人で購入すべきか法人で購入すべきか、そもそもの不動産としての資産価値がどうか、等を総合的に判断して進めるべきです。

土地の評価について、いろいろな方法があると聞いたので、他の先生の意見を聞いてみたいと思っています。このようなお願いは聞いていただけるのでしょうか。また、土地評価にかかる期間を教えてください。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

私の事務所では、相続税申告における土地の評価については、様々な知識と実務経験を有しております。 その為、セカンドオピニオンにして土地評価についてアドバイスをする事は可能です。 その場合には、別途お見積りの上、報酬を頂きますのでご了承ください。 土地評価にかかる期間ですが、ご自宅しかないような場合ですと、作業自体は最短2日ほどで対応可能です。地主のお客様で沢山の土地をおもちの場合には、1か月程度を頂く場合もございます。 簡単な相談は無料ですので、お気軽に相談してください。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

可能は可能ですが、土地の評価方法をすべてご依頼者様が理解することは容易ではないと思います。最初から土地の評価をしっかり下げることができるかどうかを聞いてから、依頼することも一つの方法です。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 土地の相続税評価事務を業務として受任することは可能です。それぞれの税理士によって決めている土地の評価事務に対しての報酬が発生するものと思われます。  基礎資料が揃っている前提ですが、机上の評価であれば1~2日で可能と思われます。しかし、特殊事情があるような土地になると、現地を実際に見て、利用状況や減額される要素があるかどうかまで確認が必要ですので、3~4日程度を見ておいたほうが良いでしょう。

良くある相続トラブルを教えてください

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

良くある相続トラブルは、相続人どおしの仲があまり良くなくて、総則税申告の期限までに、相続財産の分け方が決まらないような場合です。 この場合には、相続税の計算に当たり有利な特例等も使えなくなり相続税が多額になってしまいます。 そうしますと、経済的にも精神的にも非常に疲労する事になってしまいます。 その為、このような事にならないように、事前の相続対策が重要となります。私の事務所では、相続対策について多くの知見を有しており様々な提案が可能です。是非、お気軽に相談ください。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

相続面では、遺産分割で揉めること、アンバランスな分割をしたことによる遺留分減殺請求などになります。あと、自宅土地建物など、分けられない財産を相続するときなども、トラブルになりかねません。

マンション相続税の節税策として有名な「タワマン節税」は規制が厳しくなったそうですが、現在も有効なのでしょうか?

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

タワマン節税は、規制が厳しくなったのは事実です。 タワーマンションを購入し著しく相続税評価額が落ちた相続税申告をした際に、税務当局に、その申告内容を否認された事例も散見しております。 その為、現在も有効とは必ずしも言えません。 あくまでも税務リスクがあることを前提に検討する必要があります。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

固定資産税評価額が、上層階に行くほど高くなるように見直され、節税効果は多少減少しましたが、節税として有効であることは、現在も変わりません。

税務調査の際に、意表を突かれた質問があれば教えてください。

池田幸弘公認会計士事務所
池田幸弘公認会計士事務所 東京都杉並区

税務調査の際に、意表を突かれた質問は亡くなったお父様(被相続人)には、奥様以外に仲良くしているような女性はいましたかという質問です。 これは税務上、特殊関係人と言いますが、そういう人がいる場合に、亡くなったお父様の財産がどうなっているかを検討する一つの判断材料にするものと思われます。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

特にありませんが、過去の預金の動きから質問されることが多いと思いますので、10年以上は把握しておきたいと思っております。ご協力ください。

どの地域でお探しですか?

実際の依頼例

相続税申告に強い税理士を探しています
T様

相続財産
土地・建物
土地・建物の数
1か所
希望業務
節税対策提案
プロの方へのメッセージ
公正証書遺言の作成もお願いできるのでしょうか?

5人の相続税申告に強い税理士から見積もりが来ました

平均価格
260,000円
相続税申告に強い税理士A
Aと申します。 監査法人、外資系の税理士事務所等で実務経験を積みその後外資系の銀行・証券会社で経理・財務等の責任者としての実務経験を踏まえて、業務等を行うことができます。
相続税申告に強い税理士B
はじめまして、Bです。相続対策、遺言書作成へご対応いたします。当方、夫が同事務所内で行政書士をしており、一緒にご対応できます。公正証書遺言の場合は、遺産総額によって料金が変動します。詳細な情報提供いただければ、具体的な金額のご提示ができます。
相続税申告に強い税理士C
ご相談段階では無料でお受けします。全体の相続財産の把握及び税額シミュレーションなど、書面で報告書を提出することを受任する場合は、基本報酬は税込〇〇円からとなります。 遺言の作成は、パートナーの司法書士と共に対応させていただきます。 ご検討ください。
相続税申告に強い税理士D
はじめまして!Dと申します。 当所は創業60年を超える会計事務所です。単なる税務申告にとどまらず、経理代行・給与計算・金融機関に提出する事業計画作成・事業承継等の経営に関する総合的なサービスをワンストップで提供しております。 相続税申告のご参考のお見積りをお送りいたします。相続対象の資産や業務範囲によって変わってきますので、ご参考までに。財産の一覧表などをいただければ正確なお見積りが可能です。 公正証書遺言の作成も他の事務所と連携して作成可能です。 ぜひ一度ご相談ください。
相続税申告に強い税理士E
相続対策を得意としております。 ホームページをご覧頂けたらと思います。 よろしくお願いいたします。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?