背景画像

荒川区の

相続税申告に強い税理士

荒川区の相続税申告に強い税理士

相続税の申告であわてないために遺産や遺言の把握を!相続税申告に強い税理士を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
40万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
190億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

相続税申告に強い税理士登録数、日本最大級!

東京都荒川区の相続税申告に強い税理士探しはミツモアで。

相続税は、税理士の腕次第で、大きく金額が変わる税金です。

さらに相続税の計算方法や、相続税の申告は、遺産の種類や遺言の内容によっても異なるので、相続人が自分たちだけで対応するのは困難です。

土地の相続税、相続放棄の方法など、複雑で専門的な知識が不可欠です。かしこい相続の手続きについて相談してみましょう。

相続を専門とする有能な税理士におまかせすれば、大幅な相続税対策が可能になりますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

相続税申告に強い税理士の相場

376,200

標準相場

246,100

リーズナブル

562,000

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 相続対象の土地・建物の数(場所が離れている、数カ所に点在しているという場合は、交通費等の経費が必要な場合があります)
  2. 相続財産の総額(相続財産の総額の0.5~1%程度に設定されていることが多いです)
  3. サポート範囲(財産評価、相続税申告書の作成だけでなく、相続税の節税サポートなどを依頼すると価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

相続税申告に強い税理士 おすすめプロランキングトップ3

内藤清剛税理士事務所

内藤清剛税理士事務所

東京都荒川区東日暮里
2
顧問料 月額10,000円から、決算料60,000円から 【中小企業のベストパートナーを目指して、マンツーマンでサポートいたします】 安心して続く事業・商売には潤沢なキャッシュが必要ですよね。 そのためには、もちろん本業の利益が必要ですが、銀行からお金を借りること、借りて返してまた借りる、借りられる立場であることが大事です。 経費節約や節税に血眼になっても、キャッシュはそれほど残りません。 企画、開発、商品・サービスの改善と営業を絶えず強化して、大きく稼ぐことに専念して、税金も相応に納めて、大きくキャッシュをのこしましょう。 経理状況の手薄なところ、税務・節税は当所でアシストしますので、とにかく右肩あがり、下がっても又すぐ上がる、下がっても又すぐ上げる、のグラフを作る。 黙っていても銀行は寄って来ますよね。 経理税務を通して、継続的な関係につれて経営相談なども提供しております。 また、「開業サポート」や「相続・事業承継」などについても ご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。 ■内藤 清剛(ないとう きよたけ)税理士 <保有資格> 税理士、相続士(上級)、相続アドバイザー2級(銀検) 認定経営革新等支援機関、AFP 金融機関での勤務時代、経理・決算書に触れる機会が多く、 より専門的かつ奥深い職業である税理士に興味を持ちました。 その後、懐の深い税理士先生のもとで 実務経験を20年積ませていただきましたので、 さまざまなお悩みに対応できると自負しております! *上記は消費税等抜き料金です。

プロへの口コミ

ありすがわみせ
私は、相続のことでたいへんお世話になった内藤さんに出会いました。 人柄が温和で、良心的に相談をしていただきましたので安心してお願いすることができました。
宮路幸人

宮路幸人

東京都荒川区西日暮里
こんにちわ 税理士の宮路です。 特に不動産関係に強みがあります。宅建士、マンション管理士、AFPを保有しております。なんでもお気軽にご相談下さい。
こんにちは、小原大輝公認会計士・税理士事務所代表の小原大輝(おばらだいき)です。 浅草近くの公認会計士・税理士事務所です。 経理支援・会計記帳・税務申告・freee導入等幅広いサービスで経営者をサポート致します。 どうぞお気軽にご連絡ください。 監査・税務・会計経験有。海外勤務経験があり英語対応可。 相談無料。土日平日いつでも対応します。

プロへの口コミ

有限会社トーク
打ち合わせ当日やメールでのやり取りは、大変親切で相談しやすいと感じました。 対応も早く助かりました。 少しでも疑問に感じた事は、確認の上ご提示いただきました。 これから本格的にお世話になりますが、 安心してお願いできると感じております。 依頼した背景は、今までお願いしておりました顧問税理士さんが、高齢のため廃業することになりました。そのため新しく税理士さんを探すにあたり、以前より気になっておりましたクラウド会計の導入を考えて依頼することとなりました。 選んだ決め手は、 良心的な価格設定と、クラウド会計導入にあたり全くわからない状態で面談させていただきました。面談後に出てきた疑問にも何度もメールで丁寧に対応していただきました。提案も私どもの状況も考えて選択できるように記してありました。 相談しやすく信頼できる方だと感じ今回お願いすることになりました。

よくある質問

「相続税は相続専門の税理士さんにお願いすべき」と聞きました。相続税に強い税理士さんかどうか、見極めるには何を見ればよいのでしょうか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税を専門にしていても、相続税申告においては税務調査の対象になることが多く、税務調査になった場合、申告の不足とされるものがそのうち80%(※国税庁の毎年の公表数値)。相続税申告に必要な情報を税理士の方から聞かれても、プライベートなことだからと、上手く税理士の方に伝えきれない。話したくない、とされることが往々にしてあります。そんなことも答えなくてはいけないのか、と思う質問をされる税理士の方であれば、結果的に、申告において安全、少なくとも税務調査時への心づもりができるでしょうか。

阿部税理士事務所
阿部税理士事務所 東京都千代田区

一つの指標として、年間何件の相続税申告をおこなっているか質問してください。 申告実績=相続税に強い税理士ではありませんが、一つの指標になります。

秋葉原会計事務所 大塚武
秋葉原会計事務所 大塚武 東京都千代田区

相続税に強い税理士かどうかは、担当している税理士の過去の相続の申告実績があるか、本当に相続に特化した税理士なのかを確認するのがよろしいのかと存じます。そのためには、その事務所のホームページへ行き、本当に相続に特化しているのかや、過去の相続申告実績を記載しているか等をご確認頂くのがよろしいのではないかと思います。

千代田創業支援パートナーズ
千代田創業支援パートナーズ 東京都千代田区

相続税の専門知識や経験が豊富かどうかは、相続税の申告、相続税の還付、相続税対策など相続税の関連業務を幅広く対応しているかどうかをチェックしましょう。 専門性が高く、かつ幅広く対応しているほど最大限節税するめの知識や経験の引き出しが多いということになります。

父が他界しました。相続の手続きは税理士と行政書士のどちらにお願いすればいいのでしょうか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税申告が必要であれば税理士の方に。必要なければご自身でも対応は十分に可能かと存じます。必要か否か不明な時には一度、税理士の方に相談されるのも一案かと存じます。

秋葉原会計事務所 大塚武
秋葉原会計事務所 大塚武 東京都千代田区

相続税のお手続きや納税方法、税金面でみた場合の遺産分割のアドバイス等は税理士にお願いされてみてよろしいのかと存じます。ただし、税理士は基本的には不動産の相続登記事態はできませんので、司法書士におまかせすることになります。 行政書士の先生は相続財産の整理や預金・車両等の名義変更を主にご担当頂ける場合が多いかと思います。 基本的に相続に特化した士業の方であれば横のつながりで、他の士業をご紹介頂けるかと思いますので、まずは、相続に詳しい司法書士、行政書士、税理士のどなたかにご相談頂ければと思います。

千代田創業支援パートナーズ
千代田創業支援パートナーズ 東京都千代田区

税理士にご相談ください。 相続税の申告は数ある士業の中でも税理士にしか行えません。 また、相続が発生した場合、相続税の申告の他に「準確定申告」を行う必要がございます。 準確定申告についても税金のプロフェッショナルである税理士であればスムーズに対応できます。 なお、行政書士は平たく言うと「書類作成の代行のプロ」になります。行政書士さんでも相続発生前の遺言書の作成や、相続発生後の遺産分割協議書の作成業務は行うことができます。しかし、これらの業務は基本的に司法書士や弁護士にも依頼できます。

税理士法人天星
税理士法人天星 東京都千代田区

相続の手続は、税金がかかるようでしたら税理士にお願いするのがよいでしょう。たとえば、遺産分割の如何によって、税務上の有利不利が生じます。また、不動産登記等が生じる場合には、司法書士にお願いすることもあります。司法書士との連携がある税理士に依頼をすれば、ワンストップで、これらの手続ができます。

相続税の手続きを全て自分でやることのメリットとデメリットを教えてください。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税申告が必要であれば、税理士の方にお任せするのが現実的です。相続税の手引き、パンフレット、国税庁のホームページ、各種参考書籍等多数ありますが、相続税申告の過半が過少申告となっている(※税務調査対象の80%程度)現実を踏まえると、税務調査自体が大きな負担になり、かつ、過少申告とされる際の現実的な金銭的な負担もありますので。少なくとも、申告前に税理士の方に相談、留意点等確認するのは必須と言えるのかと存じます。

秋葉原会計事務所 大塚武
秋葉原会計事務所 大塚武 東京都千代田区

【メリット】 なんと言っても士業の先生にお支払いする報酬をなくす事ができます。 【デメリット】 ・相続税の手続きには大変な手間が掛かることが多いです。そのため、調べる時間も含めて労力は相当に必要になります。 ・相続税では特例を適用することによって財産の評価額が変わり、納税を抑えることが出来る制度が多数存在します。ですが、ご自身で申告される際はその特例等に気づくのは難しい場合もあります。そのような場合には税理士にお願いすれば払わなくても済んだ税金を払わなくてはならなくなる可能性があります。

千代田創業支援パートナーズ
千代田創業支援パートナーズ 東京都千代田区

相続税申告に慣れていない税理士にも当てはまりますが、相続税の申告に慣れていないと相続財産を高めに評価しがちです。 相続人が適正額より高い相続税を払うと税収入が増えるため、税務署は「税金の払い過ぎ」を指摘してくれません。 また、適用することができる「評価を下げる特例」を考慮することを失念してしまう場合がございます。 相続税に特化した税理士を選べば、その税理士報酬以上の節税効果があるものと悪寒がいただいても間違いではないでしょう。

鈴木幹大税理士事務所
鈴木幹大税理士事務所 東京都中央区

メリットは、税理士や司法書士などへの報酬の支払いが不要な点です。最近では税務署も丁寧に対応してくれるので、申告書も自分で作ることも可能です。デメリットは、相続税は税法の中でも複雑なので、特例の適用漏れがでる恐れがあることです。また相続手続きに必要な資料は多岐に渡り量も多いので、ご自身で行うと相当の時間と労力がかかってしまいます。

会社経営をしていた父が亡くなりました。会社を相続する場合、何から始めたらいいでしょうか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

顧問税理士の方に会社の概況、及び、相続にあたって留意点をお聞きするのが一番です。そちらで数字的な裏付けを持った概況を把握し、その後、社員の方、親族の方等のご意見を伺うというのが早期に現状を把握するのに効率的なのかと存じます。

秋葉原会計事務所 大塚武
秋葉原会計事務所 大塚武 東京都千代田区

まずは、税理士等の専門家にご相談されることをおすすめします。 専門家であれば、会社の株価を算定し、その上で適切な方法を提案いただけるかと思います。 そのうえで、どなたに承継するのか、いつ取引先に伝えるべきなのか、どのような制度(事業承継税制等)を適用して承継するのか等、その専門家とよく話し合った上で、検討されてみてはいかがでしょうか。

千代田創業支援パートナーズ
千代田創業支援パートナーズ 東京都千代田区

まずは、「株主」としての立場と「経営者」としての立場で区別して考えましょう。 株主としての立場 会社を経営していたといことは,父親は会社の株式をもっている株主になっていたかと思います。まずは父親の株式の保有割合を調べましょう。 この父親が保有していた株式が「相続財産」の対象となります。 経営者としての立場 経営者である父親は会社の代表取締役になっているはずです。会社の登記簿を確認してください。 父親が亡くなり、代表取締役が変更した旨を登記する必要があります。

鈴木幹大税理士事務所
鈴木幹大税理士事務所 東京都中央区

まず会社の資金繰りを確認しましょう。従業員への給与や、得意先への支払いが滞ってしまうと会社の存続に関わります。またお父様に死亡退職金を支給するかどうかで、相続税への影響も生じるため、早前に顧問税理士に確認されることをお勧めします。

生前贈与を検討中です。税理士さんに相談する費用は何が目安になりますか?時間給?総財産額?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

税理士の方次第ですが、相談だけであれば無料の方もいらっしゃいます。 概括的なものであれば、時間給。 税務上、慎重な検討等別途調査、検討等必要なものであればリスクに応じてといった内容それぞれとなるでしょうか。 最初の相談の際、税務上の論点が大まかに把握できればその時点で大まかな見通しをご相談いただけるのかと存じます。

秋葉原会計事務所 大塚武
秋葉原会計事務所 大塚武 東京都千代田区

将来の相続税の負担を減らすための生前贈与をお考えでしたら、一度、現時点の相続税額を試算しておくことをおすすめ致します。 なぜなら、それにより毎年の効果的な生前贈与財産額を把握することが出来るようになるからです。 報酬額の体系は税理士の先生により様々ですが、弊社の場合は概ねの財産状況をヒアリングさせて頂いた上で、作業工数を過去の経験から割り出し、作業時間に見合った報酬を事前にご提案させて頂きます。

鈴木幹大税理士事務所
鈴木幹大税理士事務所 東京都中央区

相続財産額を基に計算をします。まだ実際に生前贈与を行うべきかどうか迷われている場合には、初回の面談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 生前贈与する財産は贈与税の申告となりますので、その財産の価格が基準となる場合が多いと思います。現金であれば金額がすぐわかりますが、不動産や株式などは評価する必要がありますので評価業務報酬が、税法上の特例を適用する場合は特例適用加算報酬があることが多いです。

相続税が発生しないのは、どのような場合ですか?その場合は、何もしなくてよいのですか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

基礎控除額30百万+法定相続人6百万×人数 この範囲内に相続財産が収まれば不要となります。これを超えた場合、税務上の優遇措置、配偶者控除160百万、小規模宅地の特例による土地の評価減等によって、結果的に相続税がゼロとなっても、相続税申告自体は必要という場合もあり、上記の額を超えるか不明な場合はまず、税理士の方に相談されるのがよろしいのかと存じます。

千代田創業支援パートナーズ
千代田創業支援パートナーズ 東京都千代田区

相続財産の額が基礎控除以下である場合には相続税は生じません。 基礎控除とは、3,000万円+相続人の人数×600万円になります。 例 相続人が、「配偶者」「長男」「次男」の3人の場合 3,000万円+600万円×3=4,800万円 となります。

鈴木幹大税理士事務所
鈴木幹大税理士事務所 東京都中央区

基礎控除(3,000万円+600万円×相続人の人数)以下であれば相続税は発生せず、申告は必要ありません。ただし、名義の変更をしておかないと将来所有者が不明の財産が残ってしまい、手続きも複雑となってしまいます。税金の申告が必要ない場合には、司法書士に依頼して名義変更手続きを進めておきましょう。また銀行でも相続手続きの代行をしてくれるので、懇意にされている銀行があればお願いしてみるのも良いと思います。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 相続財産(借入金等の負の財産を差し引いた後)が基礎控除額を超えなければ相続税額が発生しませんので申告も不要です。  現在の税法でいえば、基礎控除額は、「3000万円+600万円✖法定相続人数」で計算した額となります。

生前贈与や遺言書作成のスケジュールはどのように決めればよいですか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

受贈される方ではなく、あくまで、贈与、遺す側の方のお気持ち次第です。 受ける側が考えることはご法度、と言えるでしょうか。 他方、遺す側の方が渡そうといったお気持ちになればその時点で税理士の方に相談されるのがよろしいのかと存じます。

千代田創業支援パートナーズ
千代田創業支援パートナーズ 東京都千代田区

生前贈与 早ければ早いほど実施することができる相続対策の幅が拡がります。相続対策をお考えの場合はお早めに専門家にご相談ください。 遺言書 ご本人が急逝してしまった。 ご本人の認知症が急速に進んでしまった。 等の事象が生じることがないよう、遺言書作成についてもお早めに専門家にご相談ください。 しかし、一般に推奨されている「公正証書遺言」については、作成するたびに手数料が生じます。いったん作成した遺言書から財産の状況が大きく変更する予定がある場合には遺言作成のタイミングに気を付けましょう。

鈴木幹大税理士事務所
鈴木幹大税理士事務所 東京都中央区

相続発生以前3年以内の贈与財産は、相続税の計算の際に足し戻す必要があります。したがって生前贈与はできるだけ早めにはじめた方が得策です。ご自身やお子様、お孫様のライフイベントに応じて、いつ、いくら、どのように贈与していくかを決めていくと良いと思います。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

やると決めれば公正証書遺言作成であっても最短1か月程度で作成可能です(公証人のスケジュールによります)が、ケースバイケースです。まずは専門家にご相談してください。

相続申告期限までもうあまり時間がありません。書類作成や申告は最速でどれくらいの時間がかかりますか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

税務申告は期限内の当初申告の場合、立証責任は税務署側。いったん、仮に出しておき、その後、更正の請求(※税額を下げる申告となるのが正しいとする申告)の場合は、申告者側となります。 最初から出しておけば認められたものも認められないことが多々生じ、当初(最初の)申告にてしっかりとしたものを準備、申告する価値は非常に大きなものがあります。 ケースバイケースになりますが、いたずらに出すことにこだわるのではなく、期限後であっても当初申告においてきっちりとした申告書にすることを優先されるのも一案です。

千代田創業支援パートナーズ
千代田創業支援パートナーズ 東京都千代田区

申告期限が間近である場合には、最優先で申告手続きを進めさせていただきます。財産の状況等によるため、一概に「何日間」等はお伝えしづらいのですが、確実に期限に間に合うように対応させていただきます。

鈴木幹大税理士事務所
鈴木幹大税理士事務所 東京都中央区

資料がそろっていれば1カ月程度で書類作成等を行うことは可能です。 ただ、預金の動きなどを確認した結果、相続人の方がご存じない財産が見つかることも少なくありません。相続人の方が全て資料がそろっていると思っていても、実際には不足していることもよくあります。相続税の申告についてはできるだけ早めにご相談されることをお勧めします。どうしても間に合わない場合には一旦手元の資料で申告をしておき、後日修正申告や更正の請求といった手続きをして正しい税額を申告し直す方法もあります。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 基礎資料が揃っていれば、1ケ月もかからずに相続税申告書を作成することは可能です。しかし、基礎資料が揃っていない場合は、揃えるための時間が必要です。資料のボリュームによりますが、さらに1ケ月か2ケ月を覚悟したほうがよいでしょう。

相続税の税務調査には税理士の方に立ち会ってもらうほうがよいのでしょうか?どのようなことを訊かれますか?

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相続税申告を税理士に依頼される際に税務調査の際の立ち合いも求めておくのがよろしいのかと存じます。相続税申告においては、相続人の方にとっては初めてのことも多く、不慣れなことから申告作成、また、税務調査の際の心理的な負担感も大きいものがあります。特に、相続税調査では税務調査の対象になった時点で、税務署側が既に漏れ、誤りを把握してから対象に選定されていることが多く、大きな負担となることが多く、慎重にご検討いただくのがよろしいのかと存じます。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

税務調査が入るような方(イメージとして2億円以上の財産をお持ちの方)は、必ず税理士に立ち会ってもらう方がよいです。 ケースバイケースですが、お金の動きを聞かれるのは間違いないでしょう。被相続人の財産形成のみならず、相続人(孫など相続人でない直系尊属も含みます)の財産形成も確認されますので、注意が必要です。

佐藤徹税理士事務所
佐藤徹税理士事務所 東京都中央区

相続税の申告を税理士が作成しているのであれば、その税理士に立ち会ってもらうのが良いです。 相続税の申告書を作成するまでの経緯や、下記の質問内容を事前に確認をしていると考えられるからです。 《一般的な質問内容》 1. 被相続人の出生から死亡までの経歴等 2.被相続人がどのようにして財産を築いたか 3.被相続人の趣味、月々の生活費 4.印鑑の保管場所と印影の確認 5. 貸金庫の存在の有無 6. 被相続人の配偶者の財産状況 7. 被相続人の財産管理の状況 8. 被相続人が亡くなったときの状況

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

立ち会ってもらうべきですね。どうしても緊張してしまいますし、うかつなことを言ってしまうこともありますので。 尋ねられることはたくさんありますが、生前にお子さんに多額のお金を渡していた、などということはよくあります。生前にもらっていたお金について贈与税を納税していれば別ですが、相続税で問題になります。相続税の税務調査は大変厳しいです。

相続税を払わなくて済む特例は、場合によっては、利用しないほうが、相続税を減らすことができると聞きました。どのような場合でしょうか?詳しく教えてください。

相田会計事務所
相田会計事務所 東京都文京区

相次相続、といって特殊な場合なので一般的にはほぼ考慮する必要はありません。 資産家のご両親が不幸なことに相次いで亡くなった際に、結果的に検討するもので、生前に検討できる性質のものではありません。 稀な例となりますが、2018年父親死亡。2019年母親死亡。この場合に、父の財産を母がすべて相続する。160百万まで配偶者控除として無税にもできますが、二次相続において母から子が相続する。この時の相続税額が配偶者控除を利用しない方が手取りが多くなる場合がある、といったものとなります。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

相続税だけで考えれば、2次相続まで想定したケース自社株等の納税猶予制度を活用するケースが考えられます。また、相続税はそこまで減らないが、相続税以外の税金の優遇措置が検討できるケースと考えられます。

佐藤徹税理士事務所
佐藤徹税理士事務所 東京都中央区

「相続税を払わなくて済む特例」=「相続税の配偶者の税額軽減」として回答します。 「配偶者の税額軽減」とは、配偶者が1億6,000万円か法定相続分の範囲内で相続財産を相続した場合には、相続税がかからないとする特例です。 有利な特例ですが、その次の配偶者の相続時に相続税の負担が大きくなる可能性があります。なぜならば、次の相続時には、相続人が一人減ってしまうため、適用される相続税率が高くなる可能性があるからです。次の相続において、税率が高くならないように、配偶者の相続割合を調整することが重要です。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

二次相続を踏まえて、税負担が下がるような分割方法を行う場合に、そのようなことはあるとは思います。ただ、一次相続の相続税を多く納税する、二次相続との税の総額を調べるところまで、考える例は、よほどの財産が多いケースに限られるのではないかと思います。もちろん、きちんと考えたほうが良いとは思いますが、税を最重要にして、分割が整うのか、合意できるのかも、難しい場合があります。

税理士報酬は遺産総額次第と聞いたのですが、遺産総額がわかりません。このような時、お見積りをいただくことはできるのでしょうか。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 はっきりした遺産総額がわからなくても、税理士と話をしてどのような相続財産があるかを説明していただければ、おおよその報酬金額を提示することは可能です。ただし、最終的には確定した遺産総額での報酬金額となりますので、当初のお話にないような財産があった場合などは報酬金額が増加することも考えられます。

牛島幹夫税理士事務所
牛島幹夫税理士事務所 東京都中野区

財産の内容だけで概算の見積もりはお出しできますが、財産の内容により評価の手間が大きく変わりえますので改めてお見積りさせていただくことになります。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

可能ですので、ご相談ください。概算的な額でお見積りは出来ると思います。当方にシートがございますので、まず、シートに財産や相続人の状況を記載いただき、ご相談ください。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

推定相続財産の価額を計算が困難な場合、まず、税理士へのご相談をお勧めします。 よろしかったら、お受けします。

相続税申告の税理士報酬には、加算報酬という仕組みがあると聞きました。これは、申告手続きを進める中でどんどん報酬額が増えてしまうことがある制度なのでしょうか?

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 一般的には、当初のお話を伺って、物件の評価業務に関する報酬、特例適用に関する報酬、相続人数による加算報酬は事前にお示しできるものと思います。  ただし、当初のお話になかった財産が途中で分かった場合に、追加で報酬額が増える場合があることも事実です。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

当初の面談では想定していなかった財産がでてきたり、相続人間で争いがあるようなケースでは、報酬額が増額する可能性が高いです。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

税理士事務所ごとにいろいろな報酬体系があると思いますが、当初よりも内容が複雑で、想定以上に何度も面談しなければならない場合や、土地などについて土地や評価を予算をかけて調査・評価することにメリットが有る場合など、また、国際相続が含まれる場合など、手数や難易度が想定よりも増える場合がゼロではありませんので、その場合には、見積もりの訂正をご相談する場合はないとは言えません。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

税理士報酬の仕組みや報酬の制度的なものは存在しません。 一般的には、双方の協議によって、当初決めた計算方法によるのが原則かと思います。 ところが、推定遺産の所在場所が遠隔地で予想以上の日数や費用がかかったとか、証明資料の不足により、当初予定の費用に追加があったのであれば、十分な説明を受け、納得した金額を支払うようにすることです。

遺産総額をもとに、税理士報酬の見積もりを頂いていたのですが、申告手続きを進める中で、遺産総額が増えたり減ったりしたときはどうなりますか?

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 見積もりは業務を受任する前の目安ととらえてください。実際には、申告手続きが終了した時点で確定した遺産総額をもとに算定することになりますので、見積金額と同額の報酬となることはなかなかないと思われます。もちろん、多少増えた分をサービスとして値引調整する場合もあります。遺産総額が減った場合は、当然、報酬金額も減額となります。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

多少の増減であれば報酬額は変わらないと考えられます。 また、はじめに報酬表のようなもので見積りを出されているケースは、それに則った報酬になるため、資産の増減にかかわらず、わかりやすいかと思われます。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

見積額の計算が、相続税評価額にパーセンテージを掛ける形で決めた場合には、その評価額に応じて報酬も変わる場合があります。当事務所では、例外的な場合を除き、殆どが見積もりどおりでの業務になります。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

多少の変動はつきものです。 しかし、予定した以上の遺産額となるなどが判明し大幅な日数の増加となり、報酬を増額する場合でも十分な協議によって納得するものであることが必要かと思います。

インターネットから税理士さんを探すことに不安があるのですが、探す方は多いのでしょうか?

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

多いかと思われますが、多すぎてなかなか決められないと思います。 信頼できる先からの相続専門税理士の紹介がベストです。 ただし、やってはいけないのは、友人・知人からの(相続専門でない一般の)税理士の紹介です。一般の税理士は法人の税務顧問や所得税の確定申告をメインに担当しているため、相続税の専門性は極めて低いためです。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

今は多いと思います。地域の近所のどこに税理士事務所があるのか、そこが相続税に注力しているのか、なかなか事務所の外観だけではわかりませんので、ネットで探すことも増えていると思います。

養子縁組による節税を検討しています。デメリットがあれば教えてください。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 現在の税法でお話しすると、養子縁組による基礎控除額の増加分は、実子がいない場合2名分までで1200万円、実子がいれば1名分までで600万円となりますので、この増加分に対する相続税率部分が節税になります。  しかし、養子縁組することで法定相続割合に変動がありますので、税金面以外の相続財産をめぐるトラブルには注意が必要です。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

養子縁組により法定相続人を増やすことで、相続税の基礎控除などを増やす節税があります。親族を養子にするなどが多いとは思いますが、相続人が多いということは、争いになる可能性も増えるとは思います。法定相続分を無視した分割を行えば、遺留分侵害になりますし、特別受益などのアンバランスも起こりやすいため、そのあたりは十分に検討すべきです。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

 実質的にお子さんのいらっしゃらないケースでは、親となり、子となり幸せと言えましょう。しかし、納税のことのみを考えた養子縁組は、幸せとは言えないケースも報告されています。まず、姓が変わることでの負担が多いようです。そして、生涯養子としての営みを抱え込むことにあるようです。

親が山と農地を持っていますが、これを相続した場合相続税を支払う必要があるのでしょうか。また、相続しない方法はありますか?

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 相続財産全体で相続税の計算をしたときに、基礎控除額以下で相続税が発生しない場合は、どの財産を相続しても相続税を支払う必要はありません。  相続税が発生する場合は、全体の財産のうち、あなたが相続する財産の割合に応じた相続税を納めることになります。相続しない方法として、他の相続人との遺産分割協議で自分の相続財産がないことに同意すること、あるいは、自分しか相続人がいない場合などは、弁護士に依頼して、相続を知った日から3カ月以内に相続放棄の手続をしてください。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

農地には特別な制約があり、農業委員会への届け出や許可が必要となります。農地の評価は制約を考慮して低く計算されるように定められています。山林は倍率評価されるものと、宅地評価額を基準に評価されるものがあります。相続放棄は全ての相続財産に対して放棄することになりますので、一旦相続してから譲渡するなどの方法で処分する方法が考えられます。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

農家の承継者が農地を相続する場合、特例により納税が多くはありません。 農地と言えども大都会に近い地方もありますが、山林もあるということですから人里離れた場所ということも想定されます。そうしますと極めて評価額が低廉で路線価がないと思いますから、市町村役場で評価額を確認した方が良いですね。

調べて頂いた結果、相続税申告が不要となった場合は、税理士報酬はどのように決めるのですか?

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 相続税申告が不要となった場合でも、それぞれの税理士によって基本報酬や相続財産基準報酬、財産評価報酬を定めていると思われますので、その税理士の基準に応じた報酬が計算されることになります。

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

特にルールはありませんので、はじめに調査を依頼する際に、報酬を確認するとよいと考えられます。無償で対応できます、という業者もあれば、財産調査という名目で金銭を請求するケースもあるかと考えられます。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

見積もり等の方法によって、合意していただくことだと思います。一定の土地評価や試算などの調査、作業が発生していると思いますので、無料でないことについて、ご理解いただく必要があります。

内田税理士事務所
内田税理士事務所 東京都武蔵野市

税理士事務所の規定によると思いますが、2つのケースがあると思います。 1つ目は、課税される相続財産額による場合です。このケースですと、相続財産額に割合を乗じた計算による報酬額になると思われます。 2つ目は、作業工数に応じる場合です。このケースですと、作業工数に工数単価を乗じた計算による報酬額になると思われます。

相続対策に不動産の購入を進められています。どのような点に注意するべきでしょうか

税理士事務所つなぎコンサルティング
税理士事務所つなぎコンサルティング 東京都千代田区

直近で相続発生の可能性はあるか、借入をしての購入か否か、相続人が何名いらっしゃるか、個人で購入すべきか法人で購入すべきか、そもそもの不動産としての資産価値がどうか、等を総合的に判断して進めるべきです。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

あくまで相続税の対策ですので、いずれ売却してお金に戻すことも想定して、価値が急激に下落しないような物件を選ぶ必要があります。よい仲介業者さんに依頼することがよいと思います。当事務所では腕利きの優良な仲介業者さんをご紹介しております。

柴田博壽税理士事務所
柴田博壽税理士事務所 東京都大田区

推定相続財産がかなり見込まれる場合、不動産業者ならずとも銀行、証券会社等が日参してくることになります。しかし、あなたの利益をのみを考えているものではないことに留意する必要があります。 まず、推定遺産額やそれに対する納税額を知る等現状を把握することから始めます。 そのうえで、家族でどのように遺産を分け合うか、納税資金をどうするか、そして節税対策をどのようにするかを決めます。独立系のFPなどと相談するをことをお勧めします。

土地の評価について、いろいろな方法があると聞いたので、他の先生の意見を聞いてみたいと思っています。このようなお願いは聞いていただけるのでしょうか。また、土地評価にかかる期間を教えてください。

土屋久仁男税理士事務所
土屋久仁男税理士事務所 東京都足立区

 土地の相続税評価事務を業務として受任することは可能です。それぞれの税理士によって決めている土地の評価事務に対しての報酬が発生するものと思われます。  基礎資料が揃っている前提ですが、机上の評価であれば1~2日で可能と思われます。しかし、特殊事情があるような土地になると、現地を実際に見て、利用状況や減額される要素があるかどうかまで確認が必要ですので、3~4日程度を見ておいたほうが良いでしょう。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

可能は可能ですが、土地の評価方法をすべてご依頼者様が理解することは容易ではないと思います。最初から土地の評価をしっかり下げることができるかどうかを聞いてから、依頼することも一つの方法です。

良くある相続トラブルを教えてください

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

相続面では、遺産分割で揉めること、アンバランスな分割をしたことによる遺留分減殺請求などになります。あと、自宅土地建物など、分けられない財産を相続するときなども、トラブルになりかねません。

マンション相続税の節税策として有名な「タワマン節税」は規制が厳しくなったそうですが、現在も有効なのでしょうか?

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

固定資産税評価額が、上層階に行くほど高くなるように見直され、節税効果は多少減少しましたが、節税として有効であることは、現在も変わりません。

税務調査の際に、意表を突かれた質問があれば教えてください。

原・久川会計事務所
原・久川会計事務所 東京都品川区

特にありませんが、過去の預金の動きから質問されることが多いと思いますので、10年以上は把握しておきたいと思っております。ご協力ください。

実際の依頼例

相続税申告に強い税理士を探しています
T様

相続財産
土地・建物
土地・建物の数
1か所
希望業務
節税対策提案
プロの方へのメッセージ
公正証書遺言の作成もお願いできるのでしょうか?

5人の相続税申告に強い税理士から見積もりが来ました

平均価格
260,000円
相続税申告に強い税理士A
Aと申します。 監査法人、外資系の税理士事務所等で実務経験を積みその後外資系の銀行・証券会社で経理・財務等の責任者としての実務経験を踏まえて、業務等を行うことができます。
相続税申告に強い税理士B
はじめまして、Bです。相続対策、遺言書作成へご対応いたします。当方、夫が同事務所内で行政書士をしており、一緒にご対応できます。公正証書遺言の場合は、遺産総額によって料金が変動します。詳細な情報提供いただければ、具体的な金額のご提示ができます。
相続税申告に強い税理士C
ご相談段階では無料でお受けします。全体の相続財産の把握及び税額シミュレーションなど、書面で報告書を提出することを受任する場合は、基本報酬は税込〇〇円からとなります。 遺言の作成は、パートナーの司法書士と共に対応させていただきます。 ご検討ください。
相続税申告に強い税理士D
はじめまして!Dと申します。 当所は創業60年を超える会計事務所です。単なる税務申告にとどまらず、経理代行・給与計算・金融機関に提出する事業計画作成・事業承継等の経営に関する総合的なサービスをワンストップで提供しております。 相続税申告のご参考のお見積りをお送りいたします。相続対象の資産や業務範囲によって変わってきますので、ご参考までに。財産の一覧表などをいただければ正確なお見積りが可能です。 公正証書遺言の作成も他の事務所と連携して作成可能です。 ぜひ一度ご相談ください。
相続税申告に強い税理士E
相続対策を得意としております。 ホームページをご覧頂けたらと思います。 よろしくお願いいたします。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?