ミツモアロゴ

【結婚式のプロフィールムービーの作り方】曲とコメントのポイント!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年02月27日

最近の結婚式で人気なのが、新郎新婦のプロフィールムービー。プロに作成を依頼するとお金がかかるので、パソコンを使って結婚式のプロフィールムービーを自作する人もいます。

プロフィールムービーを自作するには素材・コメント・曲・ソフトの選び方にコツがあり、ムービーの尺もちょうどよい長さがあります。結婚式のプロフィールムービーの作り方を解説します。

結婚式のプロフィールムービーとは何かを知ろう

結婚式のプロフィールムービーとは何かを知ろう
そもそも、結婚式のプロフィールムービーとは…?

結婚式のプロフィールムービーとは、新郎新婦の生い立ちや二人の出会いをゲストにわかりやすく紹介するものです。

新郎新婦の幼馴染にとっては、懐かしい子供の頃の姿を見ることで思い出を共有することができますし、会社の同僚など社会人になってからの知り合いにとっては、今まで知らなかった二人の人となりを知ることになります。具体的にはどのような内容かを紹介します。

 結婚式プロフィールムービーの全体構成

プロフィールムービーのよくある構成例を紹介します。

① オープニングタイトル(CGや写真、テロップを入れて作る場合もあります。)
② 新郎の生い立ち
③ 新婦の生い立ち
④ 新郎新婦の馴れ初め(本人出演の再現VTRを作る場合もあります。)
⑤ プロポーズのエピソード
⑥ エンディング

新郎新婦が運命的に結ばれた、という演出が場を盛上げます。二人の人生をわかりやすく振り返り、二人が結ばれたなれそめをわかりやすく伝えられるといいですね。

結婚式プロフィールムービーは何分くらい?

プロフィールムービーの時間の長さの目安はだいたい5分くらいです。

自作するとあれもこれもと写真が増え、ついつい長くなってしまうのですが、長い映像は集中力を切らさずに見てもらうのは難しいものです。最長でも7分以内にはおさめましょう。

結婚式プロフィールムービー使われる写真の枚数は?

例えば6分間のプロフィールムービーを自作する場合、写真一枚を表示するためにだいたい9秒くらい必要として、40枚~46枚の写真が使えます。

ただし、オープニング部分やエンディング部分などもあるので、実際は36枚ほどになります。新郎の生い立ちに12枚、新婦の生い立ちに12枚、二人のスナップ写真に12枚くらいを目安に準備しましょう。

よく使われるBGMは?

結婚式のプロフィールムービーに使われる曲は、感動的なバラードが多いです。よく使われる曲をいくつかご紹介しましょう。

①「家族になろうよ」福山雅治
②「365日」Mr.Children
③「やさしさで溢れるように」JUJU

などです。新郎新婦二人の思い出の曲があれば、それを使うのもいいでしょう。

プロフィールムービー自作に必要な機材

プロフィールムービー自作の際に必要な機材
プロフィールムービーの自作に必要な機材とは?

プロフィールムービーを自作するには、必須の機材やあった方が便利な機材があります。機材やソフトによって出来ることと出来ないことがあるので、新郎新婦自身がどこまで凝って作りたいのか、どのくらい時間がかけられるのかなどで選び方も変わってきます。「無料のソフトでも自作できるの?」などの疑問にもお答えしていきます。

PCがなくても自作できる?

プロフィールムービーを自作するのであれば、パソコンはあった方がいいでしょう。もしなければ、スマホのアプリで作ることもできます。

ただ、ほとんどの式場は最終的にDVDに焼いた状態で持ち込まなければなりません。アプリによっては有料でDVDに焼いてもらえるサービスもありますが、パソコンがあった方が手間が少ないでしょう。

スキャナーはあったほうが便利?

また、あると便利なのがスキャナーです。結婚式のプロフィールムービーには欠かせない新郎新婦の子供の頃の写真は、データではなく紙焼きのものが多いものです。コンビニなどでもスキャンできますので必須ではありませんが、あった方が便利でしょう。

スマホで動画を撮影する時の注意点

スマホの動画撮影も最近のスマホであれば画質的にはほとんど心配いりません。ただ、撮影する際に縦で撮るか横で撮るかをあらかじめ決めておくことが大事です。あとで編集する際に、統一していないと編集がしにくくなります。

  無料PCソフト・無料スマホアプリでも自作できる?

無料PCソフトや無料スマホアプリでもプロフィールムービーを自作することはできますが、ソフトによっては編集までは無料、その後、DVDに焼くのに8,000円の有料ソフトが必要なものもあるので、確認が必要です。

無料ソフトはできることに限りがありますが、プロフィールムービーにこだわりがない場合は十分と言えるでしょう。

 有料PCソフト・有料スマホアプリで出来ること

有料のPCソフトだと1万円前後で購入することができます。そして一度パソコンにインストールしてしまえば、ずっと使用できます。有料ソフトは手軽に色々な効果を入れることができます。

中には結婚式のプロフィールムービー作成に特化したソフトもあります。こういったソフトは1年に1回くらいの割合で最新版が発売されるので、流行の演出を入れ込むことができます。

他にも子供の頃の紙焼きの写真をiphoneで撮るだけでソフトに入れることができるアプリなどがあります。これだとスキャナーが不要になります。また、無料のものに比べてオシャレなテンプレートが豊富なものが多いのも有料ソフトならではのサービスです。

更に上級者向けの「FinalCut X」などのソフトは、文字や写真の細かいカスタマイズが可能ですが、2万5千円から5万円とそれなりの値段がします。

プロフィールムービー自作に必要な素材・好ましい形とは?

プロフィールムービー作成に必要な素材・もの
プロフィールムービー作成に必要なものを考えてみましょう

プロフィールムービーを自作するには曲・写真・コメント、そして動画編集ソフトが必要になります。

本編だけでなくオープニングやエンディングまで凝って作りたいなどのこだわりがある場合、ソフト選びや素材選びが重要になってきます。

「使いたい曲がたくさんあるのだけど何曲使える?」「どんな写真を使うと出席者に喜ばれる?」などのポイントを説明します。

 プロフィールムービーに必要な音楽

結婚式のプロフィールムービーに必要な曲は、3曲くらいが目安になります。新婦の生い立ちで1曲、新郎の生い立ちで1曲、二人が出会ってからで1曲が目安です。ただ、3曲を全てだと長いので、編集ソフトで曲を編集して全体で5分くらいにする必要があります。

プロフィールムービーに必要な写真

プロフィールムービーでとても重要なのが、写真選びです。出席者が写っている写真を使うと喜ばれるので、そういったことも考えて慎重に選びましょう。

子供の頃の写真は実家にあることが多いと思うので、実家の親御さんにも協力してもらわないといけません。早めの準備が安心ですね。

ナレーション原稿も自分で用意する

ナレーションは自分で作成することが多いです。ここで、ナレーション原稿の文例を紹介します。

①誕生
1988年12月24日の明け方、3100gの元気な男の子が生まれました。
クリスマスイブに産まれたので、聖仁と名付けられました。
二歳年上のお兄ちゃんとは違い、甘えん坊な赤ちゃんでした。
おっぱいをよく飲み、離乳食もよく食べ、どんどん大きくなりました。

②幼少期
幼稚園に入園する時にも人見知りせず、お兄ちゃんと手をつないで元気に登園しました。
運動会のかけっこではいつも一等賞。お父さんとお母さんの自慢でした。

③学生時代
〇〇小学校に入学。お兄ちゃんと同じ色のランドセルに大喜び。区の水泳大会で入賞したこともありました。クラスの人気者でした。〇〇中学校に入学。野球部に入り、練習に試合に大忙し。楽しい仲間との出会いもありました。
〇〇高校に入学。第一志望の高校に合格し、家族みんなで大喜びでした。野球部では主将を務め、個性豊かな部員たちをまとめました。3年生の夏までは部活に行事に充実した毎日を過ごし、夏休みからようやく受験勉強に取り掛かりました。
〇〇大学入学。サークル活動、語学の勉強、塾講師のアルバイトで忙しく過ごしました。アルバイトで貯めたお金で、台湾、タイ、イギリスなど海外旅行にたくさん行き、グローバルな視点で物事を見れるようになりました。

④ 社会人
株式会社〇〇入社。最初は慣れないスーツ姿も板につき、先輩たちから仕事を教えてもらいながら、何とか一人前にしていただきました。頼れる先輩とかわいい後輩たちに囲まれ、良い環境で仕事をさせてもらっています。

⑤ふたりの出会い~結婚まで
ふたりの出会いは会社の内定式。同期入社の仲間として出会いました。
第一印象は、新婦は「背の高い人だなあ」、新郎は「気が強そうだなあ」でした。最初は戦友のような感じでしたが、お互いに愚痴など聞いてもらうようになり、いつしか交際が始まりました。三年たった新婦の誕生日、新郎が思い切ってプロポーズ!用意した指輪のサイズが合わないというハプニングはありましたが、めでたく今日の日を迎えることができました。これからもこんな二人ですが、よろしくお願いします。

いかがですか?イメージがわいてきたと思います。

結婚式のプロフィールムービーを編集するのにおすすめのソフト

無料PCソフトで一番手軽なのは、パソコンに内蔵されているソフトです。Windowsなら「ムービーメーカー」Macなら「iMovie」です。どちらも操作は簡単で、初心者でも手軽にプロフィールムービーを自作することができます。

例えばムービーメーカーの手順は、写真データを取り込み⇒曲を挿入⇒写真を並び替える⇒効果演出を設定⇒タイトル・コメントを入れる、です。

スマホでプロフィールムービーを自作できるアプリもあります。一つ目が、「Slide Story」です。世界中で使われている無料アプリです。スマホのアルバムから写真を選び、曲を入れるだけで簡単なスライドショーが作れます。ただし、コメントを入れることはできません。

二つ目は、「レコフォト」です。こちらはコメントを入れることができる無料アプリです。音楽もアプリ内で選ぶことができます。分かりやすくて簡単で、カテゴリを選択し、写真41枚を入れ込んでいきます。急いでいる人には、プラス料金で「かけこみプラン」もあります。

プロフィールムービー自作は手間と時間がかかる…

プロフィールムービーの自作は手間と時間がかかる
プロフィールムービー自作は予想外に手間と時間がかかるもの

いざプロフィールムービーを自作しようと作業を始めたものの、思ったより時間がかかり完成しなかったり、予想以上に編集ソフトの操作が難しく、思ったように制作が進まない新郎新婦もたくさんいるようです。一生に一度だけの結婚式の演出は絶対に失敗できません。後悔しないためにも、自作するのか依頼するのかは慎重に判断したいものです。

 自作と依頼のメリット・デメリット

結婚式のプロフィールムービーを自作する際のメリットは、何と言ってもお金がかからないということでしょう。逆にデメリットは、普段編集することに慣れていない人にとっては、作るのに時間がかかるということです。

動画の編集というのは、やればやるほど凝りたくなってきて、気づくと何時間もかかってしまうものです。作業時間の平均は、個人差はあるにせよ編集作業だけで20時間以上はかかると思っておきましょう。

また、編集ソフトの他にDVDに焼くためのソフトも必要だったり、またそのソフトがパソコンに内蔵していない場合にはダウンロードしなければならなかったりと、パソコンがあったとしても何かと手間がかかります。

プロフィールムービーを業者に依頼した場合のメリットは、結婚式の2週間前でも間に合うなど、時間の融通がきくことです。そしてクオリティーが高いものができ、結婚式をより盛り上げることができます。デメリットは、それなりに金額がかかるということです。

 自作してもクオリティ高いものが出来る?

プロフィールムービーを自作する場合、特に無料ソフトで編集すると、出来ることに限りがあり、エフェクトや文字の飾りがチープになってしまうことは否めません。完成したものを見ると、だいたいは手作りしたなというのがわかってしまうような出来になります。

有料のソフトにすれば、写真を読み込みテンプレートを選べばある程度のものは出来ます。ただ、それ以上のこだわりがある場合は、それでも物足りないものになるでしょう。

結婚式場に依頼した場合の費用は?

結婚式場にプロフィールムービー作成を頼む場合の相場は、だいたい5万円程度かかると思ってください。エンドロールや当日のムービー撮影とセットにすれば安くなる、などのサービスがある式場もあります。ただ、業者探しの手間が省ける分、割高になることは否めません。

プロに依頼するという選択肢

プロに撮影依頼を頼んでみよう
プロに撮影依頼するとどんなことが?

 

今まで述べてきたように、結婚式のプロフィールムービーを自作するには膨大な時間と手間がかかります。また、クオリティーを追及して有料のソフトを購入したり、DVDを焼くのに別のソフトを購入したりと、気づけば費用もかかってしまうものです。それならば、思い切ってプロに依頼して思い通りの作品を作ってもらうのはどうでしょうか。

プロカメラマンが雰囲気に合わせた写真を撮ってくれる

結婚式のプロフィールムービーに使用する写真をプロカメラマンに依頼して撮ってもらうこともできます。そうすれば、単なるスナップ写真や自撮りの写真とは違い、新郎新婦の雰囲気に合わせた素敵な写真をプロが撮ってくれます。

新郎新婦の思い通りの作品が出来上がる

「プロフィールムービーをとことんこだわって作成したい」「テレビやYoutubeの映像のパロディを作ってほしい」「どこにでもあるような映像にはしたいくない」などなど、プロに依頼すれば新郎新婦が思い描いた通りのプロフィールムービーが出来上がります。しかも作業が早く、最短3日でプロフィールムービーが作成したり、何度でも新郎新婦の希望に沿って修正してくれる業者もいます。

テンプレートを使えば安く、頼めば完全オリジナルも

既存のテンプレートを使えば安く作ってもらえますし、しかも自作するよりテンプレートの選択肢が豊富です。とにかく凝って作りたい場合は、早めの依頼であれば完全にオリジナルのあなただけのプロフィールムービーを制作してくれる会社もあります。

ミツモアでプロフィールムービー制作を依頼できるプロを探そう

ミツモアでプロに依頼してみよう
ミツモアでプロに依頼してみよう

ここまで見てきたように、結婚式のプロフィールムービーを自作するには膨大な手間と時間がかかり、クオリティも保証できません。自作するのが難しい場合は、プロに依頼することをおススメします。

ミツモアを使えば、質問への答えをクリックするだけであなたにぴったりの制作会社、最大5社から見積りが届きます!制作会社のプロフィール・クチコミも見ることができ、安心です。無料で使えて予算や希望通りのプロを見つけられるミツモアを、この機会にぜひ使ってみませんか。