ミツモアロゴ

結婚式の動画・ビデオ撮影

心に残る結婚式の動画を美しいムービーに。結婚式のビデオ撮影カメラマンを探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

結婚式のビデオグラファー登録数、日本最大級!

結婚式は人生最大のイベント。思い出に残すビデオ撮影に、両親や友人と一緒に行うイベント。理想の式を追求していくと、費用がどんどんかさんでいきます。


そんなとき、「スナップ写真もあるし」、とビデオ撮影をカットしてしまうカップルも多いでしょう。でも、本当に結婚式でのビデオ撮影は、不要なのでしょうか。


この記事では、結婚式でビデオ撮影をしたほうがいい理由や、できるだけ安く抑えるコツ、オススメのカメラマンをご紹介します!”すでに結婚式ではビデオ撮影も外注でと考えている方はミツモアに登録の結婚式のビデオ撮影カメラマンを是非ご覧ください。


結婚式の動画・ビデオ撮影の価格分布

格安約50,000円
標準約65,000円
プレミアム約85,000円

結婚式のビデオ撮影は必要かどうか、迷っているカップルは多い

大手結婚情報誌の調査によると、「結婚式でやっておけばよかったこと」の2位に入るのがビデオ撮影。大切な記録を残せなかったと悔やむ人が多いのです。


どうせ見ない、と思っていても、意外に喜ばれ、活用法があるのがビデオの記録。ビデオ撮影をカットする前に、慎重に判断しましょう。


結婚式の感動を何度も味わえる

結婚式当日は、とにかく慌ただしくバタバタと時間が流れていきます。新郎新婦は、緊張しすぎて、段取りを1つ1つこなしていくことに精一杯になり、感動を味わっている余裕がないということもよくあります。


そんな状況でも、結婚式をビデオで撮影しておけば、結婚式が終わってから、ゆっくりと二人で結婚式を見直すことができますね。ビデオを見ながら、しみじみと結婚式の感激に浸ることができ、改めて結婚したことを実感できますよ。


親族に喜んでもらえる

結婚式の第二の主役は、新郎新婦の両親です。大切に育てた子どもの門出の日ですから、両親にとっても感慨ひとしおの一日です。本人達以上に結婚式のビデオを楽しんでくれるのは、新郎新婦の両親なのです。


さらに、おじいちゃんやおばあちゃんにとっても、孫の幸せな結婚式の様子を撮影したビデオを何度も見られるのは、何よりの楽しみになるようです。式に参列できなかった親族にも見せてあげたら、きっと喜んでもらえますよ。


子どもに見せることができる

結婚して、子どもが生まれ、ある程度大きくなると、自然に両親の結婚に興味を持ち始めます。結婚式の写真はもちろん、ビデオも、将来の子どもに見せるためという理由で、残したいと考える人も多くいます。


お父さんとお母さんの人生で一番幸せな一日を、子どもに見せてあげることで、子ども自身が家族の歴史を実感することができます。家族の絆も、ぐっと深まりますね。


参列者の様子がわかる

結婚式のビデオに映るのは、主役の新郎新婦ばかりではありません。参列してくれたゲストの方々の様子も映像に残ります。お祝いのスピーチや余興のほか、食事や歓談を楽しんでいる様子も伝わります。


受付やウエルカムドリンクの様子、新郎新婦が席を外しているときの様子など、いろいろな視点で結婚式の雰囲気を見直すのも楽しいですね。

結婚式のビデオ撮影はやっぱり友人に頼まないほうがいい

結婚式の費用を節約するために、ビデオ撮影を身近な友人にお願いしようと考えている人も多いでしょう。しかし、プロのカメラマンに頼まなかったために、あとから後悔する人は少なくありません。ビデオは撮り直しということができないもの。お金のことばかりを気にして、後悔することがないようにしたいものです。


結婚式のビデオ撮影を友人に依頼することのデメリットをあげてみましょう。


専門的なテクニックやコツがわからない

いくらビデオ撮影に慣れている友人でも、結婚式のビデオ撮影の特別なテクニックやコツがよくわかっていないこともあります。


プロのカメラマンなら、プロ仕様の機材を使うのはもちろん、新郎新婦が最もきれいに映るアングルや照明の使い方なども熟知しています。


仕上がった映像には大きな差が出ますので、ぜひ、信用できる腕を持つカメラマンに依頼したいものです。


ビデオの編集技術が不十分

結婚式をそのまま撮影しただけのビデオは、意外と味気ないものです。無駄な部分を切り取ったり、場面に合った音楽を入れたり、編集の技術を駆使することによって、満足度の高いビデオが完成します。


プロのカメラマンなら、ビデオ撮影と合わせて、高度な編集技術も期待できるので、納得のいくビデオが仕上がります。


友人でもお礼が必要なので、予算は必要

結婚式の経費を節約するために、ビデオ撮影を友人に頼むことにしても、謝礼が必要となります。相場としては、1〜3万円くらいとされていますが、準備や編集などの手間も含めると、あまり少ない額では失礼になることもあります。


そこに少しのプラスで、確かな技術も期待できるのであれば、プロのカメラマンに依頼する方が、しがらみもなく、安心してお願いすることができますよ。


友人はゲストとして結婚式を楽しめない

友人にビデオ撮影をお願いするのであれば、ゲストとして、お料理やお酒を味わったり、余興を楽しんでもらうことは不可能です。結婚式の始めから終わりまで、気を張って撮影に集中するのは、とても大変なことなのです。


大切なゲストとして招待するなら、ビデオ撮影は大きな負担になりますので、避けたほうが無難でしょう。

結婚式のビデオ撮影の相場を知って格安で仕上げるポイント

結婚式のビデオ撮影は、ぜひ、プロのカメラマンに依頼しましょう。価格もピンからきりまでありますが、格安で、プロの確かな技術を利用するコツを確認しましょう。


結婚式のビデオ撮影の相場

実際に、プロのカメラマンにビデオ撮影を依頼した場合の費用はどのくらいかかるのでしょうか。


結婚式場に委託されているカメラマンに撮影を依頼する場合は、10万〜15万円くらいが相場のようです。外部の業者に依頼すると、費用は安くなり、5万〜10万円くらいに抑えられます。


格安にするポイント

ビデオ撮影の費用を安く抑えるためには、腕のいい外部業者を見つけることが重要です。


式場に委託されているカメラマンを利用すると、費用がかさみますが、そこにはカメラマンに直接支払われる代金のほかに、式場が中間マージンを上乗せしているからです。


気に入ったカメラマンに直接依頼すれば、ビデオ撮影を最低限のコストで済ませることができるのです。


ビデオ撮影を外注、持ち込みにする場合のチェックポイント

個人的に結婚式のビデオ撮影を依頼する場合には、事前に抑えておかなけれなばらないポイントがあります。


ビデオ撮影の価格を確認しておくのはもちろんですが、その価格に、どこまでの時間が含まれるのかを確認しておく必要があります。結婚式前の新婦のメイクの時間など、裏舞台の撮影は別料金になっている場合もありますので気をつけましょう。


また、業者によっては、撮影経験の浅いアルバイトスタッフなどを派遣する場合もあります。担当するカメラマンの経歴やサンプル画像を見せてもらって、納得のいくビデオを撮ってくれるプロであるかどうかを見極める必要もあります。


ビデオ撮影の業者に渡す指示書の書き方

結婚式のビデオ撮影を依頼する場合には、指示書を作成して、打ち合わせのときに、具体的な要望をしっかり伝えておきましょう。


ビデオ撮影の指示書には、結婚式や披露宴の進行表に沿って、特にフォーカスして欲しい場面を具体的に書き出しておくといいですね。しかし、あまりにもリクエストが多すぎると、カメラマンも余裕がなくなり、撮影に集中できなくなってしまいます。楽しいハプニングなどにも臨機応変に対応してもらえるように、指示は欲張りすぎないほうがいいでしょう。


全体のイメージとして、新郎新婦の様子を中心に撮影してほしいとか、ゲストの様子をたくさん撮ってほしいなどの要望を伝え、あとは絶対に外せないフォーカスシーンをいくつか挙げておきましょう。そのほかは、カメラマンのセンスにお任せするのも大切です。

結婚式のビデオ撮影、おすすめの業者を厳選紹介!

結婚式のビデオ撮影は、やはりプロのカメラマンにお願いして、結婚式の感激が深くよみがえるような印象に残るものを残したいですね。


ビデオ撮影は、式場のカメラマンに依頼すると、どうしても高額になってしまいますから、腕のいいプロのカメラマンを自分で見つけて、外注にすることをおすすめします。


ここからは、ミツモアに登録しているカメラマンの中から、優秀なおすすめビデオカメラマンをご紹介します。

実際の依頼例

結婚式の動画・ビデオ撮影を探しています
M様

重視するもの
スケジュールが合うかスケジュールが合うか
撮影対象
メイクシーン
挙式
披露宴
ゲスト人数
21-50人
担当範囲
企画・撮影・編集の全部
受取フォーマット
CD/DVD
撮影日時
10月25日 水曜日(午前)
他の日時は不可
プロの方へのメッセージ
撮影と編集のみの場合のお値段もお教えいただけると助かります。 よろしくお願いいたします。

5人の結婚式のビデオグラファーから見積もりが来ました

平均価格
90,100円
結婚式のビデオグラファーA
結婚式のビデオグラファーA
Mさんこんにちは! お問合せ頂きありがとうございます。 Aと申します。 お二人のお力になれればと思います。 撮影・編集のみでのデータ納品でも 同じ金額となります。 ご検討頂ければと思います。
結婚式のビデオグラファーB
結婚式のビデオグラファーB
M様 動画撮影のお問い合わせ頂きありがとう御座います。 当方メイクシーン・挙式・披露宴まで撮影させて頂いて〇〇円になります。 編集は挙式スタートまでをダイジェスト風に纏めさせて頂きます。 メニュー画面を作成させて頂きチャプターを割り振らせて頂きます。 また撮影のみ素材渡しですと、〇〇円になります。 共に税別金額になります。 素材渡しですとデーター量が大きい為SDカード及びUSBメモリ等をお預け頂ければそちらにデーターを入れお渡しさせて頂きます。 SDカード等当方でご用意させて頂く事も出来ますがその際はメディア代ご負担お願いしております。 その他ご質問など御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
結婚式のビデオグラファーC
結婚式のビデオグラファーC
M 様 はじめまして!Cと申します。この度は誠におめでとうございます。 下記、ご依頼内容につきましてご案内させて頂きます。 撮影日時 10月25日(水)午前式・・・お伺いする事が可能です。 撮影範囲 メイクシーン~挙式~披露宴~お見送り  その他、ご希望により一部のゲスト様よりお祝いメッセージを収録します。 撮影のみ・・・〇〇円(税別)  SDカードにてお渡し 編集・・・上記に+〇〇円(税別) 編集は冒頭にメニュー画面、チャプターお入れします 見やすいようにカット割り編集いたします 仕上がりはDVD-Rです 以上、よろしくお願い致します。
結婚式のビデオグラファーD
結婚式のビデオグラファーD
初めまして、Dと申します。 見積させていただいた価格は撮って出しエンドロールの撮影編集込みの価格となります。 エンドロールの撮影のみ、編集のみはいずれも〇〇円とさせていただいております。 県外の場合は別途交通費をご請求させていただきます。 記録撮影の場合は〇〇円から承っております。(納期2か月パッケージ付きDVD or blue-ray選択可。料金変わらず。1本納品。追加作成1本当たり〇〇円)
結婚式のビデオグラファーE
結婚式のビデオグラファーE
はじめまして Eと申します。 当社ブライダルビデオを中心として活動しています。 M様、このたびはおめでとうございます! 平日特典としましてコピーを1枚付けさせていただきます。 お二人の一生に残るメモリアルビデオ 是非、当社にお任せください! 宜しくお願い致します。
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?

結婚式のビデオグラファーの写真一覧

どの地域でお探しですか?

相場料金

挙式前準備・リハーサル撮影53000円~
挙式撮影
53000円~
披露宴撮影
53000円~
二次会撮影
15000円~
エンドロールムービー撮影
36000円~
オープニングムービー撮影
30000円~
プロフィールムービー撮影
40000円~
自宅鑑賞ビデオ撮影
59000円~
DVD焼き増し
500円~/1枚

ミツモアでの見積もり例

挙式・披露宴ビデオ撮影
【ハイビジョン・DVD納品】
45000円
挙式・披露宴撮影・編集
150000円
+交通費

どの地域でお探しですか?

ミツモアで撮影依頼するメリット

1.結婚式の思い出

結婚式の思い出を、プロが映像で残します。テロップやBGMなどを挿入すると、より本格的な仕上がりになります。

2.高品質

何度も見返したくなるような、高品質の映像が撮影できます。プロの撮影技術は、一生の思い出をとっておきの形で残します。

3.式の最中の楽しみ

披露宴のオープニング用の動画や、式の間の余興的な役割、エンドロールにその日の式の様子などを使うことができます。

4.ゲストに喜ばれる

その日の式の様子を見られることは、ゲストにとっても楽しいもの。撮って出しを依頼して、名場面を振り返りましょう。

結婚式・ビデオ撮影の流れ

1.撮影の申し込み

結婚式の日時、撮影料金の確認をしながら日程を合わせましょう。ミツモアなら事前にカメラマンとチャットでやり取りが可能です。

2.打ち合わせ

結婚式の進行や、撮影してほしいシーン、式場側からのNGや納品方法について等を打ち合わせで話します。進行表の提出が求められる場合が多いので、準備しておきましょう。

3.式当日

挙式や披露宴の撮影をします。カメラマンは事前の打ち合わせでリクエストのあったアングルや、撮影方法に応えます。

4.納品

編集等が終了したら、いよいよ納品です。データでの納品も可能ですが、親戚に配るためにDVDやBDで複数枚納品してもらうことが多いようです。

どの地域でお探しですか?

挙式前準備・リハーサル撮影

結婚式の準備やリハーサル等を撮影します。式に臨むまでの新郎新婦の様子は、結婚式を作り上げていくメイキングムービーの役割があります。映像を見返した時に、当日の記憶が鮮明に思い返せるでしょう。

挙式撮影

挙式の様子を撮影します。写真以外にも動画で残しておくと、新郎新婦だけでなく、親族や友人の表情や動きなどを振り返ることができてより思い出深いものになります。

披露宴撮影

披露宴の様子を撮影します。披露宴は主役である新郎新婦は、周りの様子を見ることはあまりできません。この日の為に打ち合わせしてきた演出がどんな風になっているのか、ゲストの様子はどうだったのか等、後から見返したくなる要素が沢山あるのが披露宴の動画でしょう。

二次会撮影

二次会の様子を撮影します。二次会の撮影は、挙式・披露宴よりも力を入れない傾向がありますが、動画で撮影すると後々よい思い出になります。気の置けない友人たちに祝福されて幸せに包まれる新郎新婦の表情を、プロのカメラマンの映像で残しましょう。

当日上映ムービー撮影

当日撮影した挙式・披露宴の様子をその日に編集し、流すことが出来ます。結婚式のDVD等は新郎新婦の手元と、両家の家族の元にしか配らないのが殆どです。ゲストにも式全体の様子を楽しんでもらうのに最適です。

エンドロールムービー撮影

披露宴のエンドロールに使用するムービーを作成します。新郎新婦から、ゲストへのお礼のコメントなどを入れて、式に参加してくれた方々へ映像で感謝を伝えることができます。

どの地域でお探しですか?

オープニングムービー撮影

披露宴のオープニングに使用するムービーを作成します。披露宴で新郎新婦の入場前に流す映像で、2人の生い立ちを簡単に紹介したり、映画やアニメのパロディで新郎新婦入場の期待度を高めるような演出をしたりする方が多いようです。

プロフィールムービー撮影

新郎新婦のプロフィール紹介をするムービーです。幼少期からの写真を使用して、2人が結婚に至るまでの半生を紹介します。家族や旧友が登場することもあり、会場が盛り上がる楽しい演出の一つです。

自宅鑑賞DVD作成

自宅で結婚式を振り返るためのDVDを作成します。編集作業のほかに、BGMの挿入やメッセージの挿入、字幕などを入れることもできます。事業者によって対応の可否があります。

どの地域でお探しですか?