ミツモア
背景画像

結婚式の写真撮影

挙式・披露宴から二次会まで、晴れの日にぴったりの出張撮影カメラマンを探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
110万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
325億円以上

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

結婚式のカメラマン登録数、日本最大級!

ウエディングカメラマン探しはミツモアで。

式場の撮影プランが高くて持ち込みを検討している方も、二次会のカメラマンを探している方も、撮り直しできないからこそ絶対に失敗したくないのが結婚式のカメラマン。

「メイクシーンをきれいに撮ってほしい」「参列者を一人ひとり撮影してくれないかな」「式場との交渉に慣れてる人がいいんだけど」そんなこだわりを持っている方こそ、お試しを!きっと、ご予算内でお気に入りのカメラマンが見つかるはず。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

結婚式の写真撮影の相場

50,000

標準相場

36,000

リーズナブル

70,100

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. 撮影時間の長さ(メイクシーン・挙式・披露宴・二次会のどれを撮影するのかによって価格が変動します)
  2. オプション(ビデオ撮影、エンドロール、アルバム作成があると価格が大きく変わります)
  3. 撮影時期(春や秋、週末はハイシーズンとなります)
どの地域でお探しですか?

結婚式場専属カメラマンと持ち込みカメラマンの違いとは?

人生の晴れ舞台、結婚式で絶対に失敗したくないのが、結婚式の写真やビデオ撮影!イメージどおりの写真を残すためにも、センスが良くて、納得できる料金で、外注カメラマンにお願いしたいですよね!


ここで、「式場専属カメラマン」という壁にぶち当たることとなります。プランナーに式場カメラマンを紹介されます。でも、とても頼む気になりません。なんたって撮影料金がバカ高い(相場20万円〜50万円)!結婚式場や仲介業者への高額な中間マージンが含まれているためです。カメラマンのサンプルを見せてもらうと、全くもって自分好みではないことも判明。気に入りません。これでは自分の大切な結婚式撮影をとても任せられませんよね!


早速、自分好みの写真を撮ってくれるカメラマンを見つけて、安心してお任せしましょう。弊社では、たくさんの方に結婚式のカメラマンをご紹介してきました。そんな弊社が独自に調べた相場感・価格感や、おすすめカメラマンを、地域ごとに一挙にご紹介いたします。編集部渾身の記事です、ご期待を!


外注カメラマンをおすすめする理由

式場カメラマンに比べ、費用を節約できます。マニュアルどおりな式場カメラマンと違い、こちら側の好みを聞いて撮影してくれます。撮影シーンやアングルなど、希望に応じた対応をしてくれるでしょう。明らかに撮影内容が充実します。きっと、素敵に、たくさん撮ってあげたい!みんなで喜んでもらいたい!という気持ちが前面に現れる撮影となることでしょう。


重要:その前にクリアしておくべきこと

ただでさえお金のかかる結婚式。写真撮影もクオリティは落としたくないけれど、できるだけ費用を抑えたい、と思われるのも無理ありません。


そこで、よく取り上げられるのが、安い外注カメラマンをどうにか使いたいために、プランナーに「写真が得意な友人に撮影をお願いした」と伝え、ゲストとして外注カメラマンを出席させるという方法です。式場に外注カメラマンを頼んでいることを秘密にして撮影させるという力技です。


うーん、これってバレバレですよね。


現に、あるカメラマンは帰り際に式場側の出入り禁止を言い渡されたり、結婚式が終わった後に式場から新郎新婦が契約違反の賠償を請求されたり、などなど、せっかくの思い出の日が台無しになりかねない事態も生じています。そんなの嫌ですよね!


朗報として、外注カメラマンを一切認めていない式場は、最近の傾向として徐々に少なくなっているようです。また、式場のプランナーも、「新郎新婦の願いは叶えてあげたい」と思っているはずです。「この式場であげたいけれども、式場カメラマンの作風がどうしても好みではない」と伝えれば、融通してもらえることは多いです。内緒で外注カメラマンを頼んでいたことが後でばれて、人間関係がギクシャクするよりも、事前にプランナーに相談して方法を考えることをおすすめします。


外注カメラマンの撮影を許可してもらう方法はいくつかあります。

  • 持ち込み料を払う
  • 進行の流れを妨げないなどの念書を記した書類を提出
  • 招待客として料理や引き出物などのお席代を支払う
  • 式場カメラマンに集合写真を頼み、外注カメラマンがスナップ写真カメラマンとして入る

などがあります。


ただし、撮影制限がある場合もあります。

  • チャペルでの挙式撮影禁止
  • 挙式中の祭壇立ち入り禁止
  • メイクルーム、美容室での撮影禁止

当日指摘されてキリキリするよりは、事前に確認して、交渉するなり何らかのを対処しておきましょう。


カメラマンによっては、外注カメラマン禁止の結婚式場との交渉に慣れている方もおられます。いろいろな裏技もあるようです。プランナーとの交渉の仕方など、相談してみてください。きっと実際的なアドバイスをしてくれることでしょう。