ミツモア
背景画像

神奈川周辺に12人の引越し業者がいます
神奈川周辺に12人の引越し業者がいます

引越しの準備、見積もりはお早めに。費用を節約できる引越し業者を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

引越しの相場

引越し費用は主に「移動距離」+「荷物量」で決まりますが、同じ条件でも業者によって料金が異なります。だからこそ引越しの相場を知り、比較・検討することが重要です。


単身引越しと4人家族での引越しの相場を表にまとめたのでぜひ参考にしてみてください。


〇繁忙期(3~4月)

単身者4人家族

~15km(同市区町村)

35,000円

~15km(同市区町村)

100,000円

~50km(同都道府県)

44,000円

~50km(同都道府県)

140,000円

~200km(同一地方)

60,000円

~200km(同一地方)

200,000円

~500km(近隣地方)

90,000円

~500km(近隣地方)

250,000円

500km~(遠距離)

100,000円

500km~(遠距離)

340,000円


〇通常期(5月~2月)

単身者4人家族

~15km(同市区町村)

27,000円

~15km(同市区町村)

73,000円

~50km(同都道府県)

30,000円

~50km(同都道府県)

100,000円

~200km(同一地方)

42,000円

~200km(同一地方)

120,000円

~500km(近隣地方)

54,000円

~500km(近隣地方)

180,000円

500km~(遠距離)

66,000円

500km~(遠距離)

240,000円


▼引越しにかかる総額費用


引越しには、引越し業者に支払う料金のほかに「物件代」「原状回復費」「家具・家電購入費」などのお金が必要です。

一般的な費用総額は家賃の5カ月分程度と言われており、非常に高額なことがわかります。

後から金銭的なトラブルが起きないように、引越しにかかる全ての費用を事前にシミュレーションしておくことが重要ですよ


▼引越しを安くする3つのポイント


総額費用が高いからこそ、少しでも安く引越しをしたいですよね。そこで、費用を抑えるための3つのコツを以下でご紹介します!


①繁忙期(3~4月)を避けよう!狙い目は10月~1月

引越し需要が高い3月~4月は通常期に比べて価格が高くなるため、その時期を避けることが費用を抑える秘訣です。1年を通して引越し料金が安い時期は10月~1月となっているので、可能な範囲で時期を調整してみてくださいね。


また曜日によっても引越しの料金は変わってきます。最も安いのは平日の半ばである火曜~木曜日。次いで月曜・金曜が安く、土日・祝日は最も料金が高くなるようです。


さらに引越しは午後のほうが安くなる傾向があります。そこで午後便を指定したり、引越し日時を業者の都合によって決めてもらう日時おまかせコースを利用したりすることも費用削減に効果的ですよ。


②荷物量を減らそう

運搬にかかる時間や人員、トラックの大きさなどは荷物量によって変動します。そのため事前に不用品を処分して荷物を減らしておくことで、価格を抑えることが可能です。不用品回収買取サービスなどを利用して、効率よく引越しを進めましょう。引越し業者によっては回収・買取にも対応しているところもあるので、ぜひ確認してみてくださいね。


また小さな荷物は自分で運び、大きな家電のみの運搬を業者に依頼するのも費用を抑える一つの手でしょう。特に単身引越しは荷物が少ないため、細かいスポットプランが充実している業者がオススメですよ。


1台のトラックに複数の依頼者の荷物を一緒に積み込む混載便や、トラックとドライバーのみを用意してもらい作業は自分で行うチャーター便といった格安プランを用意している業者もいるので、各プランの詳細まで要チェックです。


③複数の業者から相見積もりを取って比較しよう

複数の見積もりを比較することで、自分の条件に合う最も安い業者を見つけることが可能。見積もりサイトを活用して大まかな金額を出してもらい、相見積もりに来てもらう業者を3~4つまで絞りましょう。


このときミツモアを使えば手間をかけずに一括で相見積もりを取ることができるため、簡単に複数の業者を比較することができますよ。ぜひ自分に合った業者を選んで、おトクに引越しをしてください!

引越し業者の選び方

「引越し業者って色々あるけど結局どれが良いの?」という方も多いのではないでしょうか。ここでは最適な引越し業者を選ぶためのポイントを4つご紹介します!


①大手か地域密着か

引越し業者には大手と地域密着型の中小企業があります。有名な大手会社だけでなく知名度の低い中小規模の業者にも、ムラのない作業や柔軟な対応といった魅力があるのです。特に中近距離の引越しを行う単身者は地域密着型の中小企業を利用することで格安料金での引越しが望めるでしょう。

引越しの距離や荷物の量に合わせて最適なタイプを選んでください!


大手地域密着型

メリット

・全国に営業所があり長距離引越しも可

・作業員が多く大量の荷物もすぐ運べる

・補償が充実

メリット

・地域特有の事情に精通している

・同じ作業員による一貫した対応

・値下げや急な変更がしやすい

デメリット

・値下げやプラン変更が難しい

・途中で作業員が変わる可能性が高い

デメリット

・対応エリアが狭い

・会社によっては補償が少ない

こんな人にオススメ!

長距離の引越しをする方

・荷物量が多い家族

・壊れたら困る家財が多い

こんな人にオススメ!

中近距離の引越しをする方

・荷物が少ない単身者

・安さを重視している


②サービス内容

引越し会社のサービスには以下のようなものがあります。


・梱包材の郵送

・梱包・荷ほどきのサポート

・荷物一時預かりサービス

・不用品回収・買取


例えば仕事が忙しく荷造りの時間がない単身者や、子供がいて作業が大変だというご家庭では梱包や荷ほどきを業者にお願いすると良いでしょう。

安さだけで業者を選ぶと「やってもらえると思っていた作業をしてもらえない」というトラブルが起こりえます。また基本料金が安い分オプションサービスとして別途追加料金を徴収する業者も少なくありません。業者選びの際には各社のプランがご自身の希望するサービスに対応しているか要チェックですよ。


③口コミ

引越し業者を選ぶ際は、口コミも気になるポイントですよね。しかし「口コミのどこに注目して選べば良いか分からない」という方もいるのではないでしょうか。以下に口コミを見る時に着目したい点をまとめたので、参考にしてみてください。


・見積もり通りの値段になるか

・連絡のレスポンスは迅速か

・作業は丁寧でスムーズか


ミツモアで評判の業者には「追加料金が一切かからなかった」「臨機応変に対応してくれた」「人柄が爽やかで作業も丁寧」といった喜びの口コミが多く寄せられており、価格だけでなく作業員のムラなく細やかなサービスが好評です。是非注目してみてくださいね。


相見積もり・訪問見積もり

複数の業者を比較することも、お得に失敗のない引越しをするために欠かせません。まずは見積もりサイト等を使い、業者の候補を3つほど決めましょう

次に訪問見積もりを行います。実際に荷物の量を業者に見てもらい、正確な見積もり額を提示してもらいましょう。

またこのとき業者側の対応が丁寧かどうか、作業の段取りが良いかどうか見ておくことも大切ですよ。


保険・補償

大切な家財を運ぶ引越し作業。物損や事故など万が一の事態も想定し、以下の保険や約款もチェックしてください。


運送業者貨物賠償責任保険

 積み込みや運送で荷物を壊してしまった時に、業者に代わって補償をしてくれる保険。業者側が加入するもの。


標準引越運送約款

 国土交通省が指定する約款。業者側に重大な過失があると認められる物損では、この約款によって業者側が補償をする。業者によっては認可を受けて別の約款を提示している。


以上のポイントを参考に、ピッタリの引越し業者を見つけてくださいね。

神奈川県で引越しに必要な手続き一覧

引越しをするためには、様々な手続きが必要です。

「いつまでにどこで何をやるのか」をあらかじめ把握することで、スムーズに引越しを行うことができます。

ぜひ以下で引越しの主な手続きの流れを確認してみてください。


【引越し前に必要な手続き】


▼引越しの2~3週間前まで


固定電話の移転

NTT東日本

116(局番無し)

インターネットでの手続きはこちら

NTT西日本

116(局番無し)

インターネットでの手続きはこちら

※東西をまたいだ引越しをする場合、NTT東日本での解約手続きとNTT西日本での新規契約手続きの両方が必要です。


▼引越しの1~2週間前まで


ガスの停止

主なガス会社連絡先
東京ガス株式会社

03-6838-9001

インターネットでの手続きはこちら

厚木ガス株式会社

046-228-3211

インターネットでの手続きはできません

小田原ガス株式会社

0465-34-6101

インターネットでの手続きはこちら

秦野ガス株式会社

0120-26-4652

インターネットでの手続きはこちら

日本瓦斯株式会社

0120-149-333

インターネットでの手続きはこちら

東上ガス株式会社

0120-088-082

インターネットでの手続きはこちら

大東ガス株式会社

0120-122-362

インターネットでの手続きはこちら

湯河原ガス株式会社

0465-63-1601

インターネットでの手続きはできません


電気の停止

主な電力会社連絡先
東京電力エナジーパートナー

0120-995-113

インターネットでの手続きはこちら


水道の停止

主な手続き窓口

連絡先

神奈川県営水道お客さまコールセンター

0570-005959

インターネットでの手続きはこちら

水道局お客さまサービスセンター(横浜市)

045-847-6262

インターネットでの手続きはこちら

水道料金センター(小田原市)

0465-41-1211

インターネットでの手続きはこちら

三浦市上下水道部

046-882-1111

インターネットでの手続きはできません

水道料金お客様センター(座間市)

046-266-5520

インターネットでの手続きはこちら

上下水道課経営総務班(南足柄市)

0465-73-8032

インターネットでの手続きはできません

上下水道局(秦野市)

0463-83-2112

インターネットでの手続きはこちら

川崎市上下水道局

044-200-3548

インターネットでの手続きはこちらのページの下部から

横須賀市上下水道局

046-823-3232

インターネットでの手続きはこちら


NHKの住所変更

NHK

電話番号:0120-151515

インターネットでの手続きはこちら


郵便物の転送

最寄りの郵便局インターネットでの手続きはこちら


転出届の提出

現住居のある自治体の役所または郵送で手続きをしてください。


【引越し後に必要な手続き】


▼転居から14日以内


転居届・転出届の提出・マイナンバーカードの住所変更

新居のある自治体の役所で手続きをしてください。


▼期限はないが引越し後早めに行う

運転免許証の住所変更

神奈川県警察運転免許センター

電話:045-365-3111 住所:横浜市旭区中尾1-1-1


・神奈川県内の警察署 ※横浜水上警察署を除く


上記のほか、一部の該当者が行う住所変更の例です。

・国民健康保険・国民年金

・介護保険

・ペットの登録住所

神奈川県で使える引越し関連の助成金一覧

引越しに使える補助金は地域や自治体によって変わってきます。ここでは神奈川県で使える補助金についてまとめています。(2021年11月現在)

神奈川県では住宅を取得する際に補助がおりる地域が多いです。その他、住宅取得の際にローンの金利が下がる制度や家賃の一部を補助する制度(横浜市など)があります。条件ごとに分類しているのでぜひ参考にしてみてください。


住宅を取得する際に補助金がおりるもの(あいうえお順)

地域名補助内容
愛川町

三世代同居定住支援住宅取得補助

申請期間:2021年4月1日(木)から2022年3月31日(木)まで

対象者:下記に該当する方

・申請者世帯とその他の世帯の両方または片方が転入または町内転居

・町内に親・子・孫等の三世代で同居

 ただし過去1年以内に転入先または転居先の住所で三世代同居をしていないこと

・取得した住宅に3年以上住み続ける

助成金額上限30万円(住宅取得費用の50%)

子世帯が転入し、なおかつ世帯主か配偶者が40 歳未満の場合、20 万円を加算。

厚木市

親元近居・同居住宅取得等支援事業補助金

申請期間:売買契約・請負契約の前に事前相談書を提出すること

対象者: 子世帯が市外から新たに500万円以上の土地・住宅を取得して市内に居住する親世帯のもとに転入する場合

助成金額近居の場合は40万円、同居の場合は60万円

     下記の場合は10万円ずつ加算

     ・子世帯に中学生以下の子がいる

     ・子世帯の世帯主か配偶者が40歳未満

     ・指定の定住促進地に住宅を取得する(HPを参照)

     ・1年以上市内に通勤する方


若年世帯住宅取得支援事業補助金

申請期間:当該住宅の所有権保存登記または移転登記の完了後6ヶ月以内

対象者:市外から転入または居住する若年世帯が、本市に住宅を新築・購入し、下記の条件を満たすこと。

・世帯主または配偶者が40歳未満

・世帯に中学生以下の子がいる世帯 ※胎児を含む

・補助対象住宅に3年以上居住予定

助成金額最大40万円

基本額20万円に対し、下記の条件に応じて10万円ずつ加算

・対象住宅が指定の定住促進地域内にある場合。詳細はHPを参照

・対象世帯員に、市内に継続して1年以上在勤する勤労者等がいる

大井町

大井町三世代同居等移住定住促進補助金

申請期間:建物登記完了または改修工事完了の翌日から2カ月以内

対象者:町内に新しく住宅を取得し、下記1、2のいずれかに当てはまる方。

1.三世代同居をする方で以下のいずれか(三世代同居住宅取得補助金)

・親世帯または子世帯のうち片方が転入

・親世帯・子世帯が両方町内に居住していて、町内で住宅を新たに取得し同居する

・すでに三世代で同居していて、現在の住宅を建て替える

2.以下のいずれか(住宅取得補助金)

①町外から町内に転入する

②過去・現在に1年以上にわたり町内に居住していた方(定住、Uターン移住)

③親世帯と子世帯の両方が転入し、町内で三世代同居をする

※このほか、住宅改修に適用できる場合もあります。

助成金額:上記1の場合…30万円

     上記2の場合…①20万円 ②20万円 ③10万円

清川村

住宅取得奨励金

申請期間:対象住宅の取得日から6カ月以内

※中古住宅を取得し村内業者に改修を依頼した場合、住宅を取得した日から1年以内

対象者

・2021年4月1日以降に床面積55㎡以上の居住用戸建て住宅(建売住宅等も含む)を取得した方

・交付申請時に取得した住宅に居住している

・舟沢分譲地に係る定住促進減額譲渡要綱による減額措置を受けたことがない

助成金額

新築の場合…最大100万円

村内に住宅を取得で20万円

村内業者で新築した場合50万円、村外からの移住者の場合30万円を加算

中古住宅の場合…最大80万円

村内に住宅を取得で20万円

村内業者で改修した場合30万円、村外からの移住者の場合30万円を加算

中井町

三世代同居等推進事業補助

申請期間:規定なし

ただし三世代同居等の開始日と、住宅取得または住宅改修に係る契約日が2018年4月1日以降であること

対象者

三世代同居等をする親世帯および子世帯の親または子で、下記のすべてに該当するもの

①子世帯が次のいずれか

 ・孫が中学生以下である

 ・妊娠中で、孫が生まれてからに三世代同居等をする予定

 ・子夫婦のうち片方または両方が40歳未満である

②申請時点で三世代世帯の世帯員が全員町内に居住しており、住民基本台帳に登録されている

③親世帯と子世帯の両方または片方が町内に転入している

   ※転入した世帯が1年以内に中井町に居住していた場合は対象外

④三世代同居等の開始日から5年以上、三世代同居等が継続できる

⑤親または子が補助対象経費を負担している

助成金額最高100万円

 基本上限額80万円(住宅取得費の1/2)

 町内業者が施工する場合、20万円を加算

※このほか、住宅改修に適用できる場合もあります。

箱根町

若者世帯住宅取得補助

申請期間:住宅の取得日から起算して6か月以内

対象者:町内に住宅を新築または購入し、所有権登記を行った日に下記のいずれかに該当したもの。なおかつ、当該住宅に居住していること。

・世帯員がみな40歳未満の世帯 ※夫婦(子がいる場合は、子を含む)、母子または父子で構成される世帯に限る。

・小学生未満の子がいる世帯 ※親子二世代で構成される世帯に限る。

助成金額:上限100万円(住宅取得費用(土地の取得費及び設計費を含む。)の10分の1)

松田町

住宅取得促進奨励金

申請期間:建物登記完了日または松田町に住民登録をした日のいずれか遅い日から6カ月以内

対象者:居住用に取得した住宅の延べ床面積が50平方メートル以上であること。

助成金額10万円(新築、購入、中古物件購入)


二世帯同居等支援奨励金

申請期間:建物登記完了日または松田町への住民登録日のうち遅い日から6カ月以内

対象者

・同居・近居する親が連続して1年以上にわたり町内に居住・住民登録している

・子世帯が新規取得した住宅または増改築(改修は対象外)をした住宅に、居住・住民登録している

・子世帯が二世帯同居等に係る費用を負担

・同居もしくは近居の状態が1年以上続く

・取得住宅の延べ床面積が50㎡以上(居住用に限る)

助成金額同居30万円、近居20万円

山北町

新築祝い金

申請期間:登記の日または引き渡しの日からおおむね2年以内

対象者:町内に新築戸建て住宅を取得し、下記に該当するもの

・5年以上続けて居住する

・建築主が50歳未満で、世帯人数が2人以上

助成金額転入20万円、転居(世帯分離等)10万円

親と同居または町内で近居する世帯には10万円を加算

横須賀市 

子育てファミリー等応援住宅バンク補助金

申請期間:実績報告を補助対象行為の完了日から30日または2022年3月31日(木)のいずれか早い日までに行うこと

対象者:市の「子育てファミリー等応援住宅バンク」に掲載された物件を子育て世代の方が購入・居住し、下記のすべてに該当するもの

・中学校3年生未満の子(妊娠中を含む)がいるか、夫婦ともに50歳未満の世帯(持ち家に居住する市内在住世帯は除く)

・当該住宅への住民登録を実績報告までに完了する

・2022年3月31日までに、補助対象行為(リフォーム、解体・新築工事、家具・家電の購入及び設置)を完了する

助成金額最大50万円

物件購入助成(上限35万円)に対し、事前申請で家具・家電購入費も加算

またリフォーム・解体に対し上限15万円(補助率2分の1)の補助

※対象者の条件について、上記の表内に記載されていなくても「世帯全員に市税等の滞納がないこと」「世帯全員に暴力団員との関与がないこと」等の条件が設定されている場合があります。詳細は各自治体のHPをご確認ください。


住宅資金利子補給制度がある地域

地域内で住宅を取得するために指定の金融機関から融資を受けた場合、利子の一部を補助または軽減する制度です。


地域名制度名
伊勢原市
伊勢原市勤労者住宅取得資金利子補給制度
開成町
町勤労者住宅資金利子補助金制度
相模原市
勤労者住宅資金利子補給制度
座間市 
勤労者住宅資金利子補助制度
茅ヶ崎市
茅ヶ崎市勤労者住宅資金利子補給金制度
逗子市
逗子市勤労者住宅資金利子補給制度
二宮町 
二宮町勤労者住宅資金利子補給制度
藤沢市

藤沢市勤労者住宅資金利子補助


家賃補助がある地域

地域内の指定住宅を借りる、または所定の条件を満たした場合に、家賃の一定割合を補助する制度です。


地域名制度名
愛川町
愛川町新規就農者支援家賃補助金
箱根町
箱根町民間賃貸住宅家賃補助制度
松田町
民間賃貸住宅家賃補助金交付制度
横浜市 

ヨコハマ・りぶいん:中堅所得ファミリー世帯向け

子育てりぶいん:低所得子育て世帯向け

家賃補助付きセーフティネット住宅:低所得世帯向け

高齢者向け地域優良賃貸住宅:低所得高齢者向け