ミツモア
背景画像

愛知周辺に12人の引越し業者がいます
愛知周辺に12人の引越し業者がいます

引越し見積もりを無料でかんたん比較!! 一番安い地元の引越し業者がみつかる
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

引越し費用の相場

引越し費用は主に「移動距離」+「荷物量」で決まりますが、同じ条件でも業者によって料金が異なります。だからこそ引越しの相場を知り、比較・検討することが重要です。


単身引越しと4人家族での引越しの相場を表にまとめたのでぜひ参考にしてみてください。


〇繁忙期(3~4月)


単身者4人家族
~15km(同市区町村)
35,000円
100,000円
~50km(同都道府県)
44,000円
140,000円
~200km(同一地方)
60,000円
200,000円
~500km(近隣地方)
90,000円
250,000円
500km~(遠距離)
100,000円
340,000円

〇通常期(5月~2月)


単身者4人家族
~15km(同市区町村)
27,000円
73,000円
~50km(同都道府県)
30,000円
100,000円
~200km(同一地方)
42,000円
120,000円
~500km(近隣地方)
54,000円
180,000円
500km~(遠距離)
66,000円
240,000円

引越しにかかる総額費用

引越しには「引越し業者に支払う料金」のほかに物件の初期費用(賃貸物件の場合のみ)家具・家電購入費などのお金が必要です。

一般的な費用総額は家賃の6~10カ月分程度と言われており、非常に高額なことがわかります。

後から金銭的なトラブルが起きないように、引越しにかかる全ての費用を事前にシミュレーションしておくことが重要ですよ。

引越しを安くする3つのポイント

総額費用が高いからこそ、少しでも安く引越しをしたいですよね。そこで、費用を抑えるための3つのコツを以下でご紹介します!


①繁忙期(3~4月)を避けよう!狙い目は10月~1月


引越し需要が高い3月~4月は通常期に比べて価格が高くなるため、その時期を避けることが費用を抑える秘訣です。1年を通して引越し料金が安い時期は10月~1月となっているので、可能な範囲で時期を調整してみてくださいね。


また曜日によっても引越しの料金は変わってきます。最も安いのは平日の半ばである火曜~木曜日。次いで月曜・金曜が安く、土日・祝日は最も料金が高くなるようです。


さらに引越しは午後のほうが安くなる傾向があります。そこで午後便を指定したり、引越し日時を業者の都合によって決めてもらう日時おまかせコースを利用したりすることも費用削減に効果的ですよ。


②荷物量を減らそう


運搬にかかる時間や人員、トラックの大きさなどは荷物量によって変動します。そのため事前に不用品を処分して荷物を減らしておくことで、価格を抑えることが可能です。不用品回収や買取サービスなどを利用して、効率よく引越しを進めましょう。引越し業者によっては回収・買取にも対応しているところもあるので、ぜひ確認してみてくださいね。


また小さな荷物は自分で運び、大きな家電のみの運搬を業者に依頼するのも費用を抑える一つの手でしょう。特に単身引越しは荷物が少ないため、細かいスポットプランが充実している業者がオススメですよ。


1台のトラックに複数の依頼者の荷物を一緒に積み込む混載便や、トラックとドライバーのみを用意してもらい作業は自分で行うチャーター便といった格安プランを用意している業者もいるので、各プランの詳細まで要チェックです。


③複数の業者から相見積もりを取って比較しよう


複数の見積もりを比較することで、自分の条件に合う最も安い業者を見つけることが可能。見積もりサイトを活用して大まかな金額を出してもらい、相見積もりに来てもらう業者を3~4つまで絞りましょう。


このときミツモアを使えば手間をかけずに一括で相見積もりを取ることができるため、簡単に複数の業者を比較することができますよ。ぜひ自分に合った業者を選んで、おトクに引越しをしてくださいね!

引越し業者の選び方

「引越し業者って色々あるけど結局どれが良いの?」という方も多いのではないでしょうか。ここでは最適な引越し業者を選ぶためのポイントを4つご紹介します!


①大手か地域密着か


引越し業者には大手と地域密着型の中小企業があります。有名な大手会社だけでなく知名度の低い中小規模の業者にも、ムラのない作業や柔軟な対応といった魅力があるのです。特に中近距離の引越しを行う単身者は地域密着型の中小企業を利用することで格安料金での引越しが望めるでしょう。

引越しの距離や荷物の量に合わせて最適なタイプを選んでください!


大手地域密着型

メリット

・全国に営業所があり長距離引越しも可

・作業員が多く大量の荷物もすぐ運べる

・補償が充実

メリット

・地域特有の事情に精通している

・同じ作業員による一貫した対応

・値下げや急な変更がしやすい

デメリット

・値下げやプラン変更が難しい

・途中で作業員が変わる可能性が高い

デメリット

・対応エリアが狭い

・会社によっては補償が少ない

こんな人にオススメ!

長距離の引越しをする方

・荷物量が多い家族

・壊れたら困る家財が多い

こんな人にオススメ!

中近距離の引越しをする方

・荷物が少ない単身者

・安さを重視している


②サービス内容


引越し会社のサービスには以下のようなものがあります。


・梱包材の郵送

・梱包・荷ほどきのサポート

・荷物一時預かりサービス

・不用品回収・買取


例えば仕事が忙しく荷造りの時間がない単身者や、子供がいて作業が大変だというご家庭では梱包や荷ほどきを業者にお願いすると良いでしょう。

安さだけで業者を選ぶと「やってもらえると思っていた作業をしてもらえない」というトラブルが起こりえます。また基本料金が安い分オプションサービスとして別途追加料金を徴収する業者も少なくありません。業者選びの際には各社のプランがご自身の希望するサービスに対応しているか要チェックですよ。


③口コミ


引越し業者を選ぶ際は、口コミも気になるポイントですよね。しかし「口コミのどこに注目して選べば良いか分からない」という方もいるのではないでしょうか。以下に口コミを見る時に着目したい点をまとめたので、参考にしてみてください。


・見積もり通りの値段になるか

・連絡のレスポンスは迅速か

・作業は丁寧でスムーズか


ミツモアで評判の業者には「追加料金が一切かからなかった」「臨機応変に対応してくれた」「人柄が爽やかで作業も丁寧」といった喜びの口コミが多く寄せられており、価格だけでなく作業員のムラなく細やかなサービスが好評です。是非注目してみてくださいね。


相見積もり・訪問見積もり


複数の業者を比較することも、お得に失敗のない引越しをするために欠かせません。まずは見積もりサイト等を使い、業者の候補を3つほど決めましょう

次に訪問見積もりを行います。実際に荷物の量を業者に見てもらい、正確な見積もり額を提示してもらいましょう。

またこのとき業者側の対応が丁寧かどうか、作業の段取りが良いかどうか見ておくことも大切ですよ。


保険・補償


大切な家財を運ぶ引越し作業。物損や事故など万が一の事態も想定し、以下の保険や約款もチェックしてください。


運送業者貨物賠償責任保険

 積み込みや運送で荷物を壊してしまった時に、業者に代わって補償をしてくれる保険。業者側が加入するもの。


標準引越運送約款

 国土交通省が指定する約款。業者側に重大な過失があると認められる物損では、この約款によって業者側が補償をする。業者によっては認可を受けて別の約款を提示している。


以上のポイントを参考に、ピッタリの引越し業者を見つけてくださいね。

愛知県で引越しに必要な手続き一覧

引越しをするに伴って、やらなければならない手続きは多くあります。

あらかじめ「いつまでにどこで何をやるのか」を把握することがスムーズに引越しを行う秘訣です。

ぜひ以下で引越しの主な手続きの流れを確認してみてください。


引越し前に必要な手続き


▼引越しの2~3週間前まで


固定電話の移転(電話またはインターネットでの手続き)

NTT西日本

116(局番無し)

インターネットでの手続きはこちら

NTT東日本

116(局番無し)

インターネットでの手続きはこちら

※東西をまたいだ引越しをする場合は、NTT西日本での解約手続き、NTT東日本での新規契約手続きの両方が必要です。


▼引越しの1~2週間前まで


ガスの停止(電話またはインターネットでの手続き)

主なガス会社連絡先
東邦ガス株式会社

0120-015455

インターネットでの手続きはこちら

犬山ガス株式会社

0568-61-0002

インターネットでの手続きはこちら

津島ガス株式会社

0567-28-1331

※インターネットでの手続きは受け付けていません。

サーラエナジー株式会社 (旧中部ガス株式会社)

0532-32-5511

インターネットでの手続きはこちら


電気の停止(電話またはインターネットでの手続き)

主な電力会社連絡先
中部電力ミライズ

0120-921-691

インターネットでの手続きはこちら


水道の停止(電話またはインターネットでの手続き)

現住所を管轄する水道局各水道局のHPを参照してください。


NHKの住所変更(電話またはインターネットでの手続き)

NHK

電話番号:0120-151515

インターネットでの手続きはこちら


転出届の提出(現住居のある自治体の役所での手続き)

引越しの14日前から手続きが可能です。

転出届を提出したときに受け取る転出証明書は、引越し後に転入届を提出する際に必要になるため、大切に保管しておきましょう。


郵便物の転送(最寄りの郵便局またはインターネットでの手続き)

転居届を提出することで、届出日より1年間、旧住所に届いた郵便物を新住所に転送してもらうことができます。

インターネットでの手続きはこちら


引越し後に必要な手続き


▼転居から14日以内

転居届または転入届の提出

場所:新居のある自治体の役所

同市区町村内での引越しであれば「転居届」、別の市区町村へ引っ越す場合は「転入届」を提出

マイナンバーカードの住所変更
場所:新居のある自治体の役所


▼期限はないが引越し後早めに行う

運転免許証の住所変更

場所:下記のいずれか

・運転免許試験場

電話:052-801-3211

住所:名古屋市天白区平針南三丁目605番地


・東三河運転免許センター

電話: 0533-85-7181

住所:豊川市金屋西町2-7


・近くの警察署

※中部空港警察署では変更手続きができません。


そのほかにも、該当する一部の人が行わなければならない住所変更があります。

・国民健康保険・国民年金(自営業などの第1号被保険者)

※社会保険・厚生年金に加入している場合は、会社がまとめて住所変更の手続きを行ってくれるため役所での手続きは不要です。

・介護保険(要介護者または要介護者の家族がいる世帯)

・ペットの登録(ペットを飼っている世帯)など。

引越しに使える補助金・助成金

引越しの時に自治体から補助金が下りるかもしれないことをご存じですか? 

自治体によっては3世代同居や高齢者、子育て支援への補助金制度があり、条件が合えば引越し時にも利用することができます。うまく制度を活用できれば、数万円もお得に引越しができるかもしれません。

ここでは引越し関連の助成金を申し込む際の基本的な流れを紹介します!また自治体ごとの制度は下に表でまとめているのでぜひ参考にしてください。(2021年10月現在)


申請する

申請期限が定められているので事前に確認しておきましょう。制度によっては賃貸仮契約の前に申請が必要です。


提出場所:お住まいの地域の役所担当課

※場合によっては郵送での手続きも可能です。


必要なもの:

・届出人の本人確認書類

・申請書

・その他の必要書類(住民票、課税証明書、賃貸借契約書など)


審査を受ける

・制度によっては現地調査を求められることもあります。

・場合によっては追加資料の提出が必要です。


交付決定通知を受ける

審査を通過すれば、自治体から交付決定通知が送られてきます。


補助金を請求する

請求書に記入・押印しお住まいの地域の役所担当課まで提出してください。


補助金が振り込まれる

請求書受領後、口座振込みにより補助金が交付されます。


具体的な流れや期限、提出書類は自治体や制度によって違います。またここに載せているのは基本的な申請の流れであり、例外もあるため必ず各自治体のHPで詳細を確認してください。

ぜひ条件にあった補助金を見つけてお得に引越しを進めてくださいね。

愛知県で使える引越し関連の補助金一覧

引越しに使える補助金は地域や自治体によって変わってきます。ここでは愛知県で使える補助金についてまとめています。(2021年10月現在)


条件ごとに分類しているのでぜひ参考にしてみてください。


▼愛知県移住支援事業

概要東京23区に在住または通学・通勤者が愛知県に移住し、移住支援金対象求人に就業した場合に、国・県・市町村が共同で支援金を支給する制度
支給金額

単身:60万円

世帯:100万円

対象市町村

常滑市、大治町を除く県内52市町村

詳しくはこちら

申請期間
転入後3か月以上1年以内
支給要件

移住する直前の10年間で、合計5年以上、直近1年以上東京23区に住んでいた、もしくは条件不利地域を除く東京圏に住み23区へ通勤していたこと

※2021年4月1日以降に移住した場合、条件不利地域を除いた東京圏に住んでおり、かつ23区内の大学へ通学し、その後23区内の企業へ就職した者であれば、通学期間も移住元としての対象期間とすることが可能


東京23区または条件不利地域を除いた東京圏から愛知県へ移住し、移住支援金対象求人の業務に就くこと

※就業に関する条件は区分ごとに詳細が異なるため、こちらのページの(2) 就業に関する要件をご確認ください。


▼転居時にかかる費用への助成

地域補助内容
豊橋市

豊橋市歩いて暮らせるまち区域定住促進事業費補助金

申請期間:固定資産税の納税通知書を受領した日~当該年度の9月末日

対象者:「歩いて暮らせるまち区域」に家屋を新築、または分譲マンションや中古住宅を購入した者

※居住検討場所が「歩いて暮らせるまち区域」に該当するかどうかはメールまたはFAXにてご確認ください。詳しくはこちら

助成金額:家屋・土地にかかる3年分の固定資産税相当額

※中学生以下の子どもがいる場合は、子ども1人につき10万円の奨励金を加算

一宮市

結婚新生活支援補助金

申請期間:2021年6月1日(火)~2022年1月28日(金)

対象者:2021年1月1日から2021年12月31日までに婚姻届を提出し受理された39歳以下、所得合計が400万円未満の夫婦

助成金額:上限20万円

瀬戸市

ムーブイン応援補助金

対象者:新たに築20年以上の中古住宅を購入した40歳以下の単身・ともに40歳以下の夫婦世帯・中学生以下の子を持つ世帯のいずれか

助成金額: 1世帯10万円

豊川市

豊川市まちなか居住補助金

申請期間:固定資産税・都市計画税納税通知書兼課税明細書を受領した日~同年度の2月28日

対象者:都市機能誘導区域内に家屋を取得して転入した、または分譲マンションや中古住宅を購入した者

助成金額:家屋・土地にかかる3年分の固定資産税相当額

※中学生以下の子どもがいる場合は、子ども1人につき10万円の奨励金を加算

津島市

津島市まちなか定住促進補助金

対象者対象地域に新たに住宅を取得した50歳未満の者

助成金額:住宅・土地ともにそれぞれ上限10万円

※長期優良住宅である、または中学生以下の子がいる場合は、それぞれ10万円を加算

豊田市

豊田市山村地域等定住応援補助金

申請期間:契約日前に行う事前申請日から2年以内、かつ住民票異動日または住宅登記日から1年以内

対象者:対象地域で新たに住宅を取得し、自治区の地域活動に参加する意思がある者

※対象地域はこちらのリンク先の3ページ目で確認できます。

助成金額:住宅、住宅用地ともに取得費の10分の1以内/上限50万円

※中学生以下の子どもと同居していない、または申請者もしくは配偶者が40歳未満でない場合は限度額が変わります。

犬山市

犬山市働きて定住促進サポート事業

申請期間:建物の登記前かつ住所の異動前

対象者:市内の事業所で1年以上勤務し、市外に1年以上継続して住んでいる本人もしくは配偶者が40歳以下の者

助成金額:上限20万円

※多子世帯の場合は20万円加算

田原市

田原市定住・移住促進奨励金

申請期間:各年度4月1日より先着順

対象者:田原市内において新築住宅または建売住宅を取得する、本人または配偶者が45歳以下の者

助成金額:上限20万円

※市外に1年以上住み転入する、または市内の社宅・賃貸住宅等に5年以上住み転居するという条件を満たさない場合は上限10万円

※中学生以下の子どもと同居:加算額10万円

赤羽根・福江市街化区域、光崎、夕陽が浜で住宅を取得:加算額10万円

市内業者が建築:加算額20万円

愛西市

愛西市新婚世帯住居費等支援補助金

申請期間:婚姻から1年以内

対象者:2021年4月1日以降に婚姻届を提出し、婚姻日時点で共に45歳以下の夫婦。婚姻日の6か月前から申請日までの間に市に転入届を提出して受理されている者。

助成金額:上限額(引越し費用)5万円、(住宅取得)25万円、(住宅賃貸)5万円


他に以下のような制度もあります。


▼三世代等で同居または近居する際に申請できる助成


瀬戸市:三世代同居・近居応援補助金

蒲郡市:蒲郡市三世代同居 ・近居促進補助金

犬山市:犬山市ふるさと定住促進サポート事業

岩倉市:三世代同居住宅支援補助金及び三世代近居住宅支援補助金

豊明市:豊明市多世代同居・近居に係る固定資産税相当額一部補助事業

東浦町:三世代近居等定住促進補助金

大府市:三世代住宅支援事業

小牧市:小牧市三世代同居・近居住宅支援事業

安城市:安城市多世代住宅補助金

刈谷市:三世代同居等住宅取得等支援補助金 ※今年度分は終了


▼離職・休業により住居を喪失している方への家賃補助等


住居確保給付金

県内全54市町村が申請を受け付けています。

自治体ごとの相談・申請窓口一覧はこちらから