ミツモア
背景画像

東京周辺に12人の引越し業者がいます
東京周辺に12人の引越し業者がいます

引越し見積もりを無料でかんたん比較!! 一番安い地元の引越し業者がみつかる
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

引越し業者登録数、日本最大級!

東京都の引越しの業者探しはミツモアで。

引越しが決まったら、まずは引越し業者を探しましょう。

家族の大きな引越しから、単身の小さい引越しまで、引越しのスタイルもさまざまです。

プロの引越し業者なら、大型家具や冷蔵庫、エアコンなどの運搬や、面倒な生活用品の荷造りなども含めて、どんな引越し作業でも、ていねいに対応してくれますよ。

ダンボールの準備や、不用品の処分や手続きも、おまかせできるので安心ですね。

引越しの料金が気になるところですが、まずは見積もりを取って、相場を確認しましょう。

交渉次第で引越し費用の節約もできますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

引越し準備はいつから始める?

引越しの準備は、余裕を持ってはじめることが大切です。あまりギリギリになってしまうと、日程面でも費用面でも融通が利かなくなるかもしれません。



1カ月前を目安に業者選びを始めよう


引越し業者を選ぶには、最初に見積もりを取る必要があります。複数社に見積もり依頼を出し、自分にぴったりの業者を決定するまでには、2週間程度かかるといわれています。


業者選定後、荷造りのための期間も確保しなければならないことを考えると、引越し予定日の1カ月前を目安として業者選びをはじめるのがよいでしょう。


引越し業者の繁忙期である2~4月の引越しを希望する場合は、さらに2週間~1カ月ほど前倒しで準備を進めることをおすすめします。業者が所有する引越し用トラックの台数には限りがあり、早々に予約が埋まってしまう可能性があるためです。



料金は時期によって異なる


引越しにかかる料金の相場は、時期によって大きく変わります。


入学や卒業、入社、転勤など、新生活がスタートするタイミングである3~4月は、引越し業者の繁忙期です。業者の作業スケジュールが過密になるため、引越し料金も高騰します。一方、閑散期に当たる5月~翌2月であれば、比較的安価な料金での依頼が可能でしょう。


また、土日・祝日よりも平日の方が安く設定されている傾向もあります。


繁忙期においては、閑散期の2倍以上の料金になるケースも珍しくありません。どうしてもという場合以外は、繁忙期や週末を避けられるよう、引越し予定日を調整するとよいでしょう。



  • 引越し業者のタイプ


引越し業者は、全国的に名の知れた大手業者と、地域密着型の中小業者の2種類に大別できるでしょう。どちらのタイプにもそれぞれのよさがあるため、自身のニーズにあうほうを選びましょう。



全国区の大手業者


全国区の大手業者は、長距離の引越しをする際に向いています。全国各地に営業所を構えているため、対応可能な引越し先の範囲が広いのが強みです。


保証の充実度や、サービスの豊富さにも定評があります。常に一定数以上のスタッフを確保しているため、予約が取りやすいところも魅力でしょう。


中小業者と比べると人件費や宣伝費などの経費がかさみやすく、その分は料金設定がやや割高な傾向にあります。全営業所共通のマニュアルが整備されているため、作業品質は安定していますが、料金交渉の余地はほとんどないといえるでしょう。



地域密着の中小業者


市や県をまたがない近距離の引越しの場合は、中小業者への依頼も検討してみましょう。全国に拠点を持つ大手業者とは異なり対応可能地域は狭いですが、対象エリア内の地理や交通事情に詳しいという強みがあります。


地域密着型をモットーとする業者も多いため、利用者それぞれの細やかな要望への対応も期待できます。大手業者と比べると料金設定が割安で、値引き交渉がしやすいのも利点です。


注意すべきなのは、業者によってサービスの品質に差が出やすいことです。信頼できる業者かどうかを過去の実績や口コミなどを調べ、事前によく確かめましょう。



  • これで失敗なし。信頼できる引越し業者の選び方


中小業者も含めれば、数え切れないほどの引越し業者が存在します。大切な家財の搬出や運搬を任せる引越し業者には、信頼できる1社を選びましょう。



担当者の対応や口コミ


引越し業者を選ぶ際、料金の安さだけを重視するのはおすすめできません。相場よりも不自然に安い見積もりを提示してくる業者は、サービス品質が低い業者の可能性もあります。


業者の良しあしを見抜く際にヒントとなるのが、担当者の人柄や対応です。電話見積もりや訪問見積もりの際の態度や言動をよくみておきましょう。


ホームページに実績の記載があるかどうかを確認するのもおすすめです。またその業者を過去に利用したことのある人が身近にいれば、感想を聞いてみましょう。ネット上の口コミも参考になります。



見積もりの料金


見積もりで提示された料金の妥当性も、引越し業者を選ぶ上で軽視できない要素です。


とはいえ、転勤の多い会社に勤めているなどの事情がなければ、引越しは人生においてそう何度も繰り返すようなものでありません。不当に高額な料金を提示されても「そんなものかもしれない」と考えてしまうこともあるでしょう。


適正な引越し料金を見極めるためにも、引越し業者を選ぶ際は、複数社から相見積もりを取りましょう。相見積もりを取ることで、不自然に高すぎる金額を提示する業者だけでなく、安すぎる金額を提示する業者も弾くことができます。


他社であれば含まれていて当然の補償などが除かれているケースなどもあるため、注意しましょう。



プランやサービスの内容


業者によっては、自社独自のサービスやプランを提供している場合があります。


女性向けやカップル向けなど特定の対象者に向けたプランのほか、荷造りサービス付きや不要品の引き取りサービス付きなど、さまざまなプラン設定がされています。


似たり寄ったりだと思われがちな引越し業者のサービスは、きちんと見比べてみれば違うものです。自分の状況やニーズにもっともマッチするプランを提供してくれる業者を選ぶことで、高い満足度を得られるでしょう。



  • 引越し料金を安く抑える見積もりの取り方


安ければよいというものではないとはいえ、抑えらえる費用はしっかりと抑えたいものです。なるべく好条件の見積もりをもらうためのポイントを紹介します。



相見積もりを取る


引越し業者を選定する際は、必ず相見積もりを取りましょう。相見積もりとは、複数の業者から同条件で見積もりを取り、それぞれから提示された金額や内容を比較することです。


業者によっては、見積もりを出す前に予算について確認されることがあるかもしれません。その場合も安易に回答せず、「ほかの業者と比べてから決めるつもりです」と答えるとよいでしょう。


手間がかかって面倒なイメージのある相見積もりですが、見積もり依頼のプラットフォームである「ミツモア」を利用すれば、簡単な質問に答えるだけで、最大5社から相見積もりを取ることができます。手間も時間も省けるため、積極的に活用しましょう。



繁忙期を避ける


引越し費用を安く抑えたいのであれば、引越しの時期は慎重に選びたいものです。


進学や転勤など、自分で引越しのタイミングを選べない場合は別ですが、日程調整が可能な場合は、引越し業者の繁忙期を避けるとよいでしょう。


引越し業者の繁忙期は、引越しの需要が高いシーズンといえます。年度末に当たる3~4月が該当します。


この時期は高価格であっても依頼する利用者が多いため、引越し料金の相場自体が跳ね上がっています。相見積もりを取っても値下げ交渉の余地はほとんどないため、可能であれば閑散期である5~翌2月に引越し予定日を調整しましょう。



引越し日時は複数提示する


引越し業者に見積もりを依頼する際は、希望する引越し日時を伝える必要があります。複数の日時やある程度広い範囲の日程を伝えた方が、業者からの提案やサービスも余裕を持たせやすいのです。


複数の希望日時を提示すれば、その中から1番安い金額で依頼できる日程を選択することが可能です。なるべく早い段階から引越しの下準備を進めておくことで、日程の調整もしやすいでしょう。


時間帯の融通が利くのであれば、さらに安い見積もり提示を期待できます。



  • 契約する引越し業者を決めたら


契約する業者を決めたあとも、やるべきことはあります。引越し当日を迎えるまでに、不確定な要素をしっかりと解消しておきましょう。



提出された「引越運送約款」を確認する


引越し業者は、利用者に対して見積もりを提示する際、同時に「標準引越運送約款」を提示する義務を負っています。


標準引越運送約款は、引越し業者と利用者の間のトラブルを未然に防ぐために作られた約款です。約款は、契約内容を明記した「ルール」と言い換えることができるでしょう。


引越運送約款には、業者が引受けを拒否できる品目の一覧や、見積もりに関する規定、荷物破損時の補償期間の規定など、重要な情報が多く記載されています。面倒がらず、しっかりと目を通しておくことで、トラブルを回避できるのです。



見積書を再度チェック


引越し業者から提示される見積もりには、引越しにかかる概算金額以外にも、プラン・サービスの内容や料金の内訳、運搬対象となる品目など、さまざまな情報が記載されています。


正式に取引が成立したことを証明する契約書とは異なり、見積書には法的な拘束力はありません。しかし実際に契約を交わしたあとは、見積書に書かれた内容がそのまま依頼内容とされることが一般的です。


そのため見積書の内容には、くまなく目を通しておく必要があります。疑問点が生じたときに問い合わせしやすいように、見積もりを作成した担当者の連絡先が記入されているかも確かめておきましょう。



契約する業者以外には断りの連絡をする


相見積もりを取ったあとに、実際に契約する業者以外に断りの連絡をする義務はありません。


とはいえ、どんな業者も「わが社と契約してほしい」と考えています。意向確認の電話のみならず、熱心な営業電話がかかってくることも考えられるでしょう。相見積もりを頼んだ業者数が多ければ多いほど、ひんぱんに電話がかかってくる可能性が高まるのです。


しかし契約しないことが確定した時点で早めに断りの連絡を入れておけば、そうした電話のために割く手間と負担を、利用者、業者ともになくすことができます。少し面倒でも、断りの連絡をすることがおすすめです。



契約時には疑問や希望事項を伝える


「〇時までには作業を完了してほしい」「この家具は壊れやすいので丁寧に扱ってほしい」「割れ物はどのように梱包すればよいか」など、引越し業者に対する希望や疑問がある場合は、契約時にしっかりと伝達・確認するようにしましょう。


プラン内容的に応じられないなどの事情がある場合は、そのように申し入れがあるため、希望を伝える時点で遠慮する必要はありません。


また「言った言わない」のトラブルを避けるために、メールや書面などの記録が残る手段でやり取りできるとベストでしょう。



  • こんな引越し業者は避けよう


業者選びの失敗は、そのまま引越しの失敗につながってしまいます。後悔する事態に陥らないために、避けるべき引越し業者の特徴を紹介しましょう。



訪問見積もりに来ない


引越し業者を選ぶときは、インターネットや電話を経由した通常の見積もりだけでなく、担当者に自宅の様子を見てもらった上で料金の概算を提出してもらう「訪問見積もり」も依頼しましょう。


この訪問見積もりに来ようとしない業者は、避けたほうが無難です。なぜなら引越し作業においては、実際に作業することになる現場を見なければわからないことがたくさんあるためです。


訪問見積もりを行わないまま契約を交わしてしまえば、引越し当日になってから「家の前の道幅が狭すぎて業者のトラックが進入できない」「別車両を用意するために追加料金がかかる」といった想定外のトラブルが生じる可能性もありえます。



契約の即決を迫る


相見積もりを依頼した際、「今決めてくれたらサービスしますよ!」「うちの金額より安いところなんてありませんよ!」などの営業トークを繰り返し、やみくもに契約の即決を迫る業者にも要注意です。


そうした営業トークは魅力的に聞こえるかもしれませんが、人は焦ると正常な判断ができなくなる傾向にあります。相手に熟考する時間を与えようとしない業者は、強引に物事を進めようとする可能性もあるでしょう。


押しに負けることなく、「ほかの業者と比較したいので時間をください」ときっぱり伝えましょう。それでも強引に契約を迫ってくるようであれば、トラブルを避けるためにも候補から外しましょう。



ポイントを押さえて失敗のない引越し業者選びを!


満足のいく引越しになるかどうかは、業者選びの良しあしにかかっているといっても過言ではありません。


引越し業者を選定する際は、料金の高低だけでなくサービスの内容や口コミ、補償の充実度など、重要なポイントをしっかりと押さえることが大切です。


引越しにかかる費用を抑えるためには、できるだけ繁忙期を避けるなど調整し、余裕のあるスケジュールを組むことを心がけましょう。

どの地域でお探しですか?

東京都で引越しに必要な手続き一覧

引越しをするためには、様々な手続きが必要です。

あらかじめ「いつまでにどこで何をやるのか」を把握することで、引越しをスムーズに行うことができます。

ぜひ以下で引越しの主な手続きの流れを確認してみてくださいね。


【引越し前に必要な手続き】


▼引越しの2~3週間前まで

固定電話の移転

NTT東日本

116(局番無し)

インターネットでの手続きはこちら

NTT西日本

116(局番無し)

インターネットでの手続きはこちら

※東西をまたいだ引越しをする場合は、NTT東日本での解約手続き、NTT西日本での新規契約手続きの両方が必要です。


▼引越しの1~2週間前まで

ガスの停止

主なガス会社連絡先
東京ガス株式会社

0570-00-2211

インターネットでの手続きはこちら

武陽ガス株式会社

042-551-1621

※武蔵村山市のお客様は042-562-0741

インターネットでの手続きはこちら

昭島ガス株式会社

042-546-1111

インターネットでの手続きはできません

青梅ガス株式会社

0120-24-8112

インターネットでの手続きはできません

大東ガス株式会社

0120-122-362

インターネットでの手続きはできません


電気の停止

主な電力会社連絡先
東京電力エナジーパートナー

0120-995-333

インターネットでの手続きはこちら


水道の停止

主な手続き窓口連絡先
東京都水道局

【23区にお住まいの方】

水道局お客さまセンター

電話:03-5326-1100

インターネットでの手続きはこちら


【多摩地区にお住まいの方】

水道局多摩お客さまセンター

電話:0570-091-100

インターネットでの手続きはこちら

【武蔵野市】水道部水道お客様センター

電話:0422-52-0733

インターネットでの手続きは引越しれんらく帳

【昭島市】水道部業務課

電話:042-543-6111

インターネットでの手続きは引越しれんらく帳

【拝島市】上下水道部上下水道業務課

電話:042-554-2269

インターネットでの手続きは引越しれんらく帳


NHKの住所変更

NHK

電話番号:0120-151515

インターネットでの手続きはこちら


郵便物の転送

最寄りの郵便局

インターネットでの手続きはこちら


転出届の提出

現住居のある自治体の役所または郵送で手続きをしてください。


【引越し後に必要な手続き】


▼転居から14日以内

転居届・転出届の提出・マイナンバーカードの住所変更

新居のある自治体の役所で手続きをしてください。


▼期限はないが引越し後早めに行う

運転免許証の住所変更

場所:下記のうちいずれか


神田運転免許更新センター

電話:03-3294-3380 住所:千代田区内神田1-1-5 東京都産業労働局神田庁舎


新宿運転免許更新センター

電話:03-3343-2558 住所:新宿区西新宿2-8-1 都庁第二本庁舎2階


府中運転免許試験場

電話:042-362-3591 住所:府中市多磨町3-1-1


鮫洲運転免許試験場

電話:03-3474-1374 住所:品川区東大井1-12-5


江東運転免許試験場

電話:03-3699-1151 住所:江東区新砂1-7-24


・東京都内全ての警察署


上記のほか、一部の該当者が行う手続きの例です。

・子どもの転校手続き

・国民健康保険・国民年金の住所変更

・介護保険の住所変更

・ペットの登録住所変更

引越しに使える補助金・助成金

引越しの時に自治体から補助金が下りるかもしれないことをご存じですか? 

自治体によっては3世代同居や高齢者、子育て支援への補助金制度があり、条件が合えば引越し時にも利用することができます。うまく制度を活用できれば、数万円もお得に引越しができるかもしれません。

ここでは引越し関連の助成金を申し込む際の基本的な流れを紹介します!また自治体ごとの制度は下に表でまとめているのでぜひ参考にしてください。(2021年10月現在)


申請する

申請期限が定められているので事前に確認しておきましょう。制度によっては賃貸仮契約の前に申請が必要です。


提出場所:お住まいの地域の役所担当課

※場合によっては郵送での手続きも可能です。


必要なもの:

・届出人の本人確認書類

・申請書

・その他の必要書類(住民票、課税証明書、賃貸借契約書など)


審査を受ける

・制度によっては現地調査を求められることもあります。

・場合によっては追加資料の提出が必要です。


交付決定通知を受ける

審査を通過すれば、自治体から交付決定通知が送られてきます。


補助金を請求する

請求書に記入・押印しお住まいの地域の役所担当課まで提出してください。


補助金が振り込まれる

請求書受領後、口座振込みにより補助金が交付されます。


具体的な流れや期限、提出書類は自治体や制度によって違います。またここに載せているのは基本的な申請の流れであり、例外もあるため必ず各自治体のHPで詳細を確認してください。

ぜひ条件にあった補助金を見つけてお得に引越しを進めてくださいね。

東京都23区で使える引越し関連の補助金一覧

引越しに使える補助金は地域や自治体によって変わってきます。ここでは都内で使える補助金について23区を中心にまとめています。(2021年10月現在)


転居時にかかる費用(引越し費用、敷金、礼金など)への助成、保証会社利用料の助成、転居後の家賃への助成に分類しているのでぜひ参考にしてください。


▼転居時にかかる費用への助成

地域補助内容
新宿区

次世代育成転居助成

申請期間:令和3年11月1日(月)~令和 4年 3月31日(木)

対象者:区内の民間賃貸住宅に居住する義務教育修了前の子を扶養する世帯

助成金額

・転居前後の家賃差額:月額上限3万5千円(2年間)

・引越し代の実費:上限10万円


住み替え居住継続支援

対象者:居住する新宿区内の民間賃貸住宅の取り壊しなどに伴う立退きにより転居を余儀なくされた高齢者、障害者、ひとり親世帯

助成金額

家賃差額に係る支援(上限) 

・単身世帯 360,000円   ・二人以上世帯 540,000円

・引越し費用に係る支援: 上限150,000円


多世代近居同居助成

申請期間:令和 3年11月1日(月)~令和 4年 3月31日(木)

対象者:区内で新たに同居・近居する子世帯とその親世帯

助成金額:引越し代等 複数世帯上限20万円 単身世帯上限10万円

文京区

移転費用等助成

対象者:住宅の取り壊し等により立ち退き要求を受けている高齢者・障害者・ひとり親世帯

助成金額:移転費用上限15万円、家賃助成上限2万円(2年間)

台東区

高齢者等住み替え居住支援制度

対象者:自己の都合や責任によらない理由により立ち退きを受け、台東区内の民間賃貸住宅から台東区内の別の民間賃貸住宅に転居した高齢者・障害者・ひとり親世帯

助成金額:上限15万円

墨田区

墨田区民間賃貸住宅転居・転入支援制度

対象要件:区内で民間賃貸住宅へ転居した、又は区外から親世帯と同居・近居するために区内の民間賃貸住宅へ転入した子育て世帯

助成金額

賃貸借契約時に支払った仲介手数料 上限12万円

賃貸借契約時に支払った礼金 上限12万円

引っ越し費用 上限12万円

品川区

親元近居支援事業(三世代すまいるポイント)

申請期間:令和3年10月1日(金)~令和3年1月31日(月)

対象者:品川区内で親と近居または同居することになったファミリー世帯

助成金額:100,000~150,000ポイント(上限)、様々な品目と交換可能


不燃化特区支援制度

申請期間:令和7年度まで

対象者:品川区の除却支援制度を利用して除却される老朽建築物を平成28年5月31日以前から継続して使用している建物所有者または賃借人

助成金額(上限):転居一時金 420,000円  家賃420,000円 移転費用170,000円 

目黒区

不燃化特区制度(不燃化推進特定整備事業)

対象者:現在の老朽建築物に2年以上継続して居住している建物賃借人又は借地上の建物所有者

助成金額:引越し費用10万円 家賃費用30万円(3か月分)

大田区

立退き等に伴う転居費用の助成(大田区転居一時金助成)

対象者:住宅の取り壊し等により立ち退き要求を受けている高齢者・障害者・ひとり親世帯

助成金額:上限10万円

渋谷区

立ち退きに伴う住み替え家賃補助制度

対象要件:住宅の取り壊し等により立ち退き要求を受けている高齢者・障害者・ひとり親世帯

助成金額:住宅政策課居住支援係(電話:03-3463-1848)までお問い合わせください。

北区

ファミリー世帯転居費用助成

申請期間:転居日から1年以内

対象者:区内の民間賃貸住宅から、最低居住面積水準以上かつ転居前より広い区内の民間賃貸住宅に転居した北区に1年以上居住している18歳未満の子どもを2人以上扶養・同居している世帯

助成金額:上限30万円


障害者世帯及びひとり親世帯転居費用助成

申込期限:転居日から1年以内

対象者:住宅の取り壊し等により立ち退き要求を受けている障害者・ひとり親世帯

助成金額:上限15万円


高齢者世帯住み替え支援助成事業

対象要件:区内の民間賃貸住宅に居住する高齢者世帯

助成金額:一世帯につき5万円、自己の都合や責任によらない立ち退き等の求めによる場合は上限15万円

荒川区

不燃化特区住み替え助成事業

対象者:対象老朽建築物に引き続き2年以上居住している者

助成金額(上限)

・転居一時金 21~42万円

・住居用家財移転費用 10万4千円~17万9千円

・家賃 21~42万円


高齢者住み替え家賃等助成事業

対象者:70歳以上のひとり暮らしまたは、70歳以上の方とその配偶者若しくは兄弟姉妹で構成されている世帯

助成金額

・家賃 月額4万円

・転居費用 4万円

・礼金・権利金 家賃補助額の2か月分

・仲介手数料 家賃補助額の1か月分

・契約更新料 契約更新後の家賃補助額の1か月分

江戸川区

民間賃貸住宅家賃等助成

民間賃貸住宅家賃等助成制度(障害者)

対象者:住宅の取り壊し等により立ち退き要求を受けている高齢者・障害者世帯

助成対象

・転居前後の住宅の家賃差額

・転居に伴う礼金及び仲介手数料

・転居前後の住宅の更新料差額


他に以下のような制度もあります。


▼保証会社利用への補助

保証人が見つからないために賃貸契約が困難となっている方が民間賃貸住宅に入居できるように、保証会社利用料を補助する制度。


高齢者等民間賃貸住宅入居支援制度(千代田区)

家賃債務保証制度利用助成(中央区)

すみかえサポート事業(文京区)

家賃等債務保証(家賃等債務保証料の助成)(目黒区)

家賃債務保証サービス等利用料の一部助成(中野区)

高齢者等入居支援事業(杉並区)

居住支援制度保証料の助成(練馬区)

家賃債務保証制度利用助成(葛飾区)


▼家賃などを対象とした月額制の助成

引越し後にかかる家賃等の費用をおさえるために月額制で支給される補助金です。子育て世帯や高齢者世帯といった世帯による条件や、収入による条件がついているため詳しくは各HPで確認してください。


次世代育成住宅助成(千代田区)

居住安定支援家賃助成(千代田区)

高齢者等安心居住支援家賃助成制度(千代田区)

住居確保給付金(中央区)

民間賃貸住宅家賃助成(新宿区)

住居確保給付金(大田区)

住居確保給付金(就労支援と家賃助成)(世田谷区)

家賃の助成(住居確保給付金)(渋谷区)

高齢者世帯等住み替え家賃助成制度(豊島区)

子育てファミリー世帯家賃助成制度(豊島区)

住宅確保給付金(豊島区)