ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

ノーコードツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

おすすめのノーコードツール一覧

KARTE Blocks
株式会社プレイド
Growth月 100000円~
株式会社プレイド
KARTE Blocks
Growth月 100000円~

  • Webサイトをブロック単位で編集できる
  • ブロック単位でのサイト分析ができる
  • 顧客ひとりひとりに合ったページの表示が可能


KARTE Blocksはサイトを複数のブロックの集まりととらえ、分割して編集できるサイト作成ツールです。サイト全体を編集するよりもミスが少なくなるほか、ブロックごとのA/Bテストや分析ができ、どの項目がどれほど効果的かがすぐに分かります。ノーコードで簡単にサイトを作成できるうえ、顧客の属性ごとに表示する画面を変更することも可能です。難しい設定いらずで高度なサイト構築、分析を行え、マーケティング業務にも役立つでしょう。


導入実績

ゾゾタウン、サンリオオンラインショップ、レノボなど

更新日:2022-08-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ペライチ
株式会社ペライチ(Peraichi Inc. )
株式会社ペライチ(Peraichi Inc. )
ペライチ
  • およそ400種のデザインから選んで作れる
  • 仕上がりを見ながらホームページ作成ができる
  • 商品販売や予約システムの構築も簡単

約400種類と豊富なテンプレートからデザインを選び、必要な項目を入力することで簡単にホームページを作れるツールです。ホームページを作りたいが作り方が分からない方でもすぐに作成できます。

編集画面では仕上がりのイメージを実際に確認しながらの作業が可能です。直感的にイメージ通りのページを作れるため、何度も作り直す手間がかかりません。画像の貼り付けや移動も簡単にでき、企業のオリジナリティを出せます。

企業の商品を販売するECサイトや予約システムをホームページ内に構築することも可能です。他製品を使わずともページ内に作成できるので、利用料金を抑えて機能を使いたい企業によいでしょう。


関連記事:ペライチの評判・口コミを分析!怪しいはデマ?ユーザーのリアルな声を解説

更新日:2022-09-09
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
  • 初期費用、サーバー維持費が無料
  • 高度な機能が標準搭載されている
  • 分析機能により課題を明確化できる

最大30日間無料で利用でき、さらに初期費用やサーバーの維持費が無料と、リーズナブルに利用できるツールです。さまざまな規模や職種の20万以上の企業から導入されており、低価格でも高い効果が期待できるでしょう。

アンケートフォームや予約フォームなどの複雑なフォーム、ショッピングカートなどを標準搭載しています。顧客から需要が高かったものの開発が進まなかった企業も、機能を選択するだけで設置完了です。

Google Analyticsと連携することにより、サイトへのアクセス数やクリック数などの分析が可能です。具体的なユーザー像を明確化するとともに、設定した目標に必要なステップを示してくれます。ただサイトを作るだけでなく、課題を明確にしてさらに効果を高めたい企業におすすめです。

導入実績
株式会社LIFULL、FINE株式会社


関連記事:BiNDupの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じた機能や料金の特徴

更新日:2022-09-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ライトコースユーザ / 月 858円~
スタンダードコースユーザ / 月 1650円~
サイボウズ株式会社
kintone(キントーン)
ライトコースユーザ / 月 858円~
スタンダードコースユーザ / 月 1650円~
  • 業種に合わせたシステムを簡単に構築できる
  • 20,000社以上に導入されている業務システム開発ツール
  • システムの設定変更や管理が容易

業種に合わせ、柔軟にシステムを構築できるサービスです。業務システムアプリを開発して組み合わせることで、自社に最適化された作業基盤を作ることができます。たとえば営業部なら、案件管理アプリと顧客管理アプリを作成し、相互にデータを連携させるという使い方ができ、業務の効率化が可能です。複数のシステムをまたいで使うのが煩わしいという企業によいでしょう。

100個以上のサンプルアプリから選択し、欲しい機能を選択するだけの簡単操作でアプリ作成が可能です。アプリは1,000個まで作成できる(※1)ため、数を気にせず使いたいシステムを追加できます。


アプリを作成した後の設定の変更やデータの取り込みが容易です。項目の追加はドラッグ&ドロップで簡単にできます。またエクセル形式のファイルを同期させればファイルの取り込みが自動で可能です。

導入実績
日産自動車、資生堂、京王グループなど


※1 スタンダードコース


関連記事:kintoneの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じた機能や料金の特徴

更新日:2022-09-09
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Yappli
株式会社ヤプリ
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ヤプリ
Yappli
基本プラン要お問い合わせ
  • 自社アプリを簡単に開発できるツール
  • プッシュ通知やクーポン配信ができる
  • シンプルな管理画面でカスタマイズも簡単

難しい操作や専門知識いらずで自社のオリジナルアプリを開発できるアプリプラットフォームです。iOSとAndroidどちらにも対応しているアプリを時間や手間をかけずに開発できます。

作成が簡単なうえに、カスタマイズの自由度が高いのが特徴です。デザインの幅が広く、スタイリッシュなアプリ画面の作成ができます。プッシュ通知の送信やクーポン配信などの機能は、O2Oのマーケティングにも役立てられるでしょう。

管理画面は見やすくシンプルで操作が簡単です。サイトを編集するとすぐにプレビューを確認できるため、仕上がりを見ながらカスタマイズできます。自社のイメージを保ったアプリをローコストで開発したい企業におすすめです。

導入実績
アンダーアーマー、トヨタ、モスバーガーなど
更新日:2022-05-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Canbus.
株式会社システナ
スターター月 11000円~
スタンダード月 38500円~
株式会社システナ
Canbus.
スターター月 11000円~
スタンダード月 38500円~
  • 企業に必要な業務をまとめたシステム構築ができる
  • プロジェクトや企業の成長に合わせて運用可能
  • 既存データの登録が一括でできる

顧客管理や勤怠管理、プロジェクト管理など、企業の業務に合わせたシステムを構築し、1つのツールにまとめられます。複数のシステムを導入する費用や、またいで利用する手間がかかりません。テンプレートをもとに機能を増やしたり項目を変更したりできるので、企業や業務の規模感に合わせてシステムを運用できます。エクセルやスプレッドシートで管理されていたデータをCSVで一括登録でき、システムの引継ぎも簡単です。

導入実績
ヤフー株式会社、横浜銀行など
更新日:2022-07-20
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
BASE株式会社
BASE
基本プラン要お問い合わせ
  • ショップ開設数170万突破(※1)のネットショップ作成ツール
  • 柔軟なカスタマイズであらゆる商品販売に対応
  • SNS広告や動画による商品説明で販促効果が期待できる

170万に及ぶネットショップを開設してきたネットショップ作成のプラットフォームです。ファッション、食品、雑貨など、商品の種類を選ばず、ネットショップを開設できます。


動画や地図などのコンテンツをドラッグ&ドロップで追加し、文章を編集していくだけの簡単操作です。自力でのホームページやオンラインショップの開設に難しさを感じている企業でもすぐに作成できるでしょう。拡張機能も充実しており、Instagramで広告を打ったり、商品説明に動画をつけてカスタムしたりでき、売り上げの増加が見込めます。


※1 BASE株式会社調べ(2022年2月時点)


関連記事:BASE(ベイス)の評判・口コミを紹介!0円で始められて売上が出るまで手数料なし

更新日:2022-09-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • アカウント登録後すぐにECサイトを作れる
  • テンプレートを直感的にカスタマイズ
  • 在庫や顧客管理も簡単にできる

無料のアカウント登録ののち、即日でECサイトを作成できるサービスです。テンプレートを選び、商品や写真を登録するだけで自社ECサイトがすぐに完成します。自社でのサイト作成に困難を感じている企業や、作成委託にかかる膨大な費用に懸念を感じている企業におすすめです。さらにノーコードの直感的な操作で自分好みにカスタマイズできます。在庫や顧客の管理ができる機能も搭載されており、サイト制作後の負担も少なくすむでしょう。

導入実績
LINE、象印など
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 業務システムと連携して自動化できる
  • プロセス変更に柔軟に対応できる
  • ソフトのアップデートの影響を受けない

GmailやSalesforce、Slackなど、企業で既に導入しているSaaSとノーコードで連携して業務を自動化できるツールです。例えばSalesforceを利用している企業であれば、Slackで担当者のみに承認申請を通知する、といった使い方ができ、見落としを防げます。プロセスが変わった場合でも簡単に変更できるため、古いプロセスを放置するといった事態の防止が可能です。

AnyflowはAPI連携をとっているので、システムの仕様変更の影響を受けにくく、こまめな更新が必要ありません。

導入実績
ウォンテッドリー、グロービス、チャットワークなど
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Platio
アステリア株式会社
スタンダード月 22000円~
プレミアム月 99000円~
エンタープライズ月 220000円~
アステリア株式会社
Platio
スタンダード月 22000円~
プレミアム月 99000円~
エンタープライズ月 220000円~

  • アプリで業務を効率的に行える
  • 作成後すぐに利用をはじめられる
  • 気軽に導入できるリーズナブルな価格設定


自社オリジナルの業務用アプリを専門知識いらずで開発でき、日頃の業務を効率化できるツールです。製造から営業、健康管理まで、さまざまな目的や業種に対応した豊富なテンプレートを選び、必要な項目を入力するだけで簡単に作成できます。開発後のアプリ審査は不要で、現場への導入がスムーズです。


初期費用無料、月額20,000円(※1)からと価格設定が手軽なため、気軽に導入できます。アプリ開発に価格面で敷居の高さを感じている企業におすすめです。


導入実績

京セラ、HIS、加賀屋


※1 2022年2月時点

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

ノーコードツールの導入メリット5選

開発工数とコストを削減できる

ノーコードツールはプログラミング知識なしでもWebサイトやアプリケーションを開発できるため、開発工数とコストの削減に最適です。

例えばこれまで開発をプロのエンジニアに外注していた企業がノーコードツールを導入することで、外注コストの削減が叶います。細かな要件定義を自社内で完結でき、外部とのコミュニケーション工数を減らせるという意味でもメリットがあるでしょう。

また専門知識を持つハイキャリアエンジニアを採用せずに今いる人材でノーコードツールをフル活用すれば、採用・育成コストの削減にもつながります。

開発スピードがあがる

エンジニアに開発を依頼する場合、要件定義をし、その内容をエンジニアとすり合わせながら進める必要があります。もし要件が誤っていたり、すり合わせに齟齬が発生したりすると、1から開発をしなおすリスクもあるでしょう。

ゼロから作成する場合数カ月かかるような開発も、
ノーコードツールを使えば数日から数週間で作成できます。また自分でテストできるので「思っていたものと違う」といった手戻りを減らすことが可能です。不具合や利用者からの要望で開発したサービスの変更をする必要が出てきても、ツールで即時に反映できます。


新規サービスをリリースする場合は特に、十分にニーズを検討したつもりでも、思うように市場に受け入れられないことは少なくありません。複数回検証、改善する上でノーコードツールが役に立つでしょう。

自社内に開発メソッドを蓄積できる

外部に頼らず自社で開発できれば、開発に関するノウハウの蓄積が可能です。これまでどんな開発をしてどんな成功・失敗を得てきたのか、どれくらいの規模の開発にどれくらいの工数とコストがかかるかなどを長年蓄積していけば、自社にとって大切な財産になるでしょう。


またノーコードツールの扱い方を学び、新入社員や若手人材に教育を繰り返していくことで、誰でもWebサイトやアプリケーションの開発ができるようになります。社内で経験を積めるという意味でもノーコードツールの活用は有用です。

セキュリティリスクを低減できる

あらかじめセキュリティ対策が施されているノーコードツールを使うことで、セキュリティリスク低減に役立ちます。


ノーコードツールには2段階認証・ドメインによる認証管理・サードパーティー認証といった認証機能が初めから備わっている製品が多いです。またデータの暗号化・各種ログの管理などができる機能もあり、ハイレベルなセキュリティ対策ができるでしょう。


プログラミング知識が十分でない状態の場合、1から開発に着手し、リリース後に重大な欠陥に気づいたり情報漏洩を起こしたりするリスクがあります。ノーコードツールであればツールに事前にセキュリティ対策が施されているため、情報セキュリティを守った活用が可能です。


テレワークなど多様な働き方と相性がいい

ノーコードツールはクラウド上で複数のメンバーで同時編集できるサービスが多く、テレワークなど多様な働き方と相性がよいです。

オンラインミーティングをしながらリアルタイムで変更を施したり、複数の部門から得たアイディアをスピーディーに形にしたりするときに役立つでしょう。

一般的にシステム部門や開発部署はテレワーク向きでないとされていますが、ノーコードツールの導入によって働き方改革の可能性が広がります。

離れた場所にいても情報格差なく仕事ができるようにしたい企業には、特におすすめです。

ノーコードツールの基本機能

Webサイト構築機能

ホームページやランディングページをノーコードツールで構築できる機能です。オウンドメディアなどをノーコードツールで作成する企業も増え、自社主体の情報発信に役立つようになりました。

外注する開発コストやデザイン費用を削減できるほか、内容を変更したいときにすぐ反映できるなどのメリットが多く、業態を問わず活用されています。

ECサイト構築機能

ECサイトなどインターネットショッピングのシステムを構築できる機能です。自社商品をオンラインでも販売したい企業に最適でしょう。

すでに構築されているECサイトを利用する手法もありますが、利用料やマージンを可能な限り削減したい場合は、ノーコードツールを使って自社ECサイトを構築することがおすすめです。

掲載する画像の数・使用する言葉やキーワード・関連商品の表示方法・ポップアップを出すタイミングなど全て自由に設定できるため、制約を受けずに商品PRをしたいシーンにも向いています。

モバイルアプリケーション開発機能

スマートフォンやタブレットで利用できるモバイルアプリケーションを開発できる機能
です。自社の運用法に合わせて開発できるため、理想を形にしやすくなるでしょう。

顧客用のアプリケーションを開発してリピーターの獲得やキャンペーンの宣伝に活用することもあれば、社員用のアプリケーションを開発して業務効率向上を狙うこともあります。

モバイルデバイスが生活と密接に関わっている時代だからこそ、ユーザーや従業員の利便性を上げるために有用な開発機能です。。

業務システム開発機能

勤怠管理・経費精算・ワークフロー・顧客管理など業務システムを開発する機能です。特定の業務に特化したシステムを作ることで、業務効率の改善や生産性向上を図りやすくなるでしょう。

ノーコードツールで開発する場合、自社の文化・特性に合わせられることがメリットです。既存のシステムでは対応しきれない細かな設定をしたいときや、豊富な連携機能を持たせて対応業務の幅を広げたいときに検討するとよいでしょう。

ペーパーレスや効率化が叶えられるので、DX化や残業抑制による働き方改革が急務な企業におすすめの機能です。

サイト運用・改善機能

既に使用しているWebサイト・オウンドメディア・ECサイトの運用を最適化する機能です。サイト内のありとあらゆるデータを統合してチェックすることで、改善すべき項目を浮き彫りにしやすくなるでしょう。

前述したWebサイト構築機能やECサイト構築機能と併せることで、より高い効果を発揮します。サイトづくりをすることをゴールに据えず、その後の運用・改善によって高い収益を狙いたい場合に効果的です。

比較ポイントと選び方

ノーコードツールを導入したい目的と機能が合っているか

まずは自社がノーコードツールを導入したい目的を明確にしましょう。そのうえでノーコードツールに搭載されている機能が目的と合っているか検証し、ツールを選定していくことが重要です。

例えばECサイトの構築・運用・改善を第一の目的としている場合、ECサイト構築に強いノーコードツールを選定するとよいでしょう。顧客のステータスを自動で振り分けたり流入元を探ったりできる機能が搭載されているため、マーケティングにも役立ちます。

自社サービスのアプリを作りたい場合、直感的に操作できるUI/UXのノーコードツールを選定することがおすすめです。今ある材料を最大限活かしつつ、エンジニアやプログラマーが不在でもアプリ開発できるようにしておけば、最大限活用できる可能性が広がるでしょう。

またLINE・Twitter・Instagramなど既に公開しているツールとの連携可否を調べ、連携できるツールを選定する方法もあります。


自社のセキュリティポリシーに合っているか

ノーコードツールを使用する場合、ノーコードツール側のセキュリティポリシーに従う必要があります。そのため自社のセキュリティポリシーと見比べながら、選定をしていきましょう。

特に認証機能やアクセス制御など、自社が特に重要視したいセキュリティ対策がある場合はチェックが欠かせません。どんなセキュリティ機能があるかを確認したうえで、セキュリティのレベルだけでなく、ノーコードツール側に提供する情報の内容もチェックしていきましょう。

社内向けの業務システムを開発する場合は、社内規定やコンプライアンスと照らし合わせることも大切です。


ログを取得しやすいか

開発したシステムやアプリケーションが業務監査を受ける可能性をあらかじめ視野に入れ、ログを取得しやすいかでツールを選定する方法です。監査に合格するには正確かつリアルタイムなログ取得が欠かせないケースもあるため、参考にしておきましょう。

監査だけでなく適切な運用・改善を図るためにも、ログ取得に優れたノーコードツールである方がよいでしょう。リアルタイムに市場を分析するきっかけにもなるため、コンバージョン向上や効果的なPRに役立つケースが多いです。

不具合・サービス停止・撤退に関する対応が明記されているか

万が一ノーコードツールが不具合やサービス停止を起こしたときの対応を調べ、リスクを回避する方法です。一時的な不具合でも大きな機会損失となるケースがあるため、ツールへの依存度が高くなりそうなときほどチェックしておくことが欠かせません。

ノーコードツール提供ベンダーからサービス停止することが決まった場合、自社で1からシステムの作り直しが求められます。無料のノーコードツールや海外製品の場合は特に注意し、リスクヘッジしておきましょう。


導入後のサポートが手厚いか

導入後に不明点があった場合に対応してもらえるか、サポート体制の有無で選定する方法です。特に不具合があったときの対応は確認しておいた方がよいでしょう。

サポート内容によっては別途料金がかかるケースもあるため、どこまでが無料の範囲か、サポートの利用回数に制限があるかなどをチェックしておくこともおすすめです。

メールだけでなく電話・チャット・オンラインでの遠隔操作などに対応しているようなサポートの手厚いノーコードツールであれば、はじめて自社開発する企業であっても安心できるでしょう。

平均2分!ミツモアでノーコードツールを相見積もり


ノーコードツールは、自社でWebサイト・アプリケーション・業務システムなどを構築できるツールです。プログラミング知識やエンジニア人材が十分でない企業でもDX化が求められている昨今、開発へのハードルを下げられる効果的なツールだと言えるでしょう。

まずは自社の目的に合った機能を搭載しているノーコードツールを選定していくことが大切です。コストはもちろん、セキュリティレベルやサポートの手厚さなども参考にしながら選定すれば、導入後のミスマッチを防げます。

最適なノーコードツールを選ぶためにも、平均2分でできる無料の相見積もりを試してみましょう。事業形態、業種、従業員数、利用目的などの質問に回答すると、自社に合ったノーコードツールが見つかります。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。