ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

DMPツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

DMPツールとは

DMPとはData Management Platform (データ管理プラットフォーム)の略称です。蓄積した大量のデータをインターネット上のサーバーに収集して、広告配信などのアクションプランの最適化を実現します。


顧客の属性や購入履歴、Webサイトへのアクセス履歴など、企業のマーケティング活動に必要となるデータはさまざまです。実際はこれらが別々の場所で管理されているケースは珍しくありません。


DMP(データ管理プラットフォーム)を利用すると、自社サービスを訪れたユーザーの行動履歴などを各所に散在しているマーケティングデータを統合して蓄積できます。それを自動分析してより深い顧客分析が可能になるため、「資料請求フォームで送信せずに戻った30代男性を対象に、キャンペーンバナーを表示する」ような、確度の高いプロモーション施策を実行できることが特徴です。


また月数千万件のユーザーや月数億件のアクセルログが格納されたデータベースを使えるパブリックDMPもあります。個人情報や行動履歴を絞った特定のユーザーに向けて、広告配信やメール配信ができるため、マーケティング施策が向上することがメリットです。


関連記事:DMPとは?初心者でもしっかりわかる基本から導入時のポイントまで解説

関連記事:データドリブンとは?マーケティングに生かす方法や実践ステップ

DMPツール比較表

そこで人気のDMPツールの料金を比較しました。表は横にスクロールできます。

製品名Rtoaster
JuicerTreasure Data CDPactivecore marketing cloudYahoo! DMP
初期費用
0円
0円0円0円0円
月額料金
要問合せ5万0円要問合せ要問合せ要問合せ
料金プラン
1種類2種類1種類1種類1種類
無料プラン
ありありあり
プライベートDMP
パブリックDMP
提供形態クラウドクラウドクラウドクラウドクラウド


※ ミツモア調べ(2021年11月時点)


以下のボタンを押して簡単な質問に答えるだけで、あなたにピッタリのDMPツールを無料で診断できます。DMPツールの料金や機能を比較して、自社の課題解決に役立てましょう。

おすすめのDMPツール一覧

Rtoaster
株式会社ブレインパッド
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ブレインパッド
Rtoaster
基本プラン要お問い合わせ

  • 顧客データ収集・統合から分析、マルチチャネルなマーケティング施策までをワンストップで実現するパーソナライズ基盤
  • 各業界のリーディングカンパニーなど350社(※1)への導入実績の信頼
  • 対応満足度98.6%(※2)。導入から運用まで手厚いサポート

 

コンテンツ最適化機能「action+」、マルチチャネルアクション機能「reach+」、カスタマーデータプラットフォーム「insight+」の3つの機能群(※3)で顧客のデータ収集、統合と分析、パーソナライズ施策をワンストップで行えます

 

DMPツールは収集データが多い場合、処理速度が遅くなってしまうことが懸念点です。Rtoasterは2006年の提供開始以来、パフォーマンスを磨き続けご要望に応えてきた実績から、セキュリティ対策、コンテンツ高速配信、大規模データ処理を万全の体制で実現しています。大規模サイトでも安心して利用可能です。

 

導入時にはコンサルタントが施策設計や初期設定を支援してくれます。導入後も使い方や運用方法に関するサポートが受けられ、サポート満足度は98.6%を実現。350社以上を支援してきたノウハウがあるので、初めてWeb接客ツールを導入する企業でも高い成果が期待できます。

  

導入実績

株式会社バロックジャパンリミテッド、株式会社オンワードデジタルラボ、株式会社フェリシモ、株式会社ピーチ・ジョン など

 

※1 2021年4月時点

※2 株式会社BrainPad調べ(2017年9月~2020年8月)

※3 3つの機能群について、詳しくはこちら

更新日:2022-08-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
IM-DMP
株式会社インティメート・マージャー
基本プラン要お問い合わせ
株式会社インティメート・マージャー
IM-DMP
基本プラン要お問い合わせ

  • 約4.7億のユニークブラウザに基づくデータ
  • 顧客データの分類に縛りがない
  • 分析からアクションまでを1つで網羅


4.7億にも及ぶブラウザ上の属性データや通信環境データを収集、解析し、独自の顧客プロファイルを構築できます。82種のセグメントが備わっているほか、カスタマイズ機能が充実しているため、企業の実情に応じた顧客データの活用ができて便利です。主要アドネットワークとの連携があるので、すぐに広告配信に移行することもできます。

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Juicer
ログリー株式会社
ログリー株式会社
Juicer

  • 無料でDMPツールを利用できる
  • サイト訪問者の感情まで読み取れる
  • シンプルなUXで分析結果が一目でわかる


juicerの最大の特徴は無料でDMPツールを利用できる点です。導入に数十万円単位の価格がかかるDMPが多いなか、juiceでは期間や利用人数の制限なしでペルソナ分析やA/Bテストなど、ユーザー解析の基本的な機能を無料で利用できます。 4万社以上の企業に導入されている実績があるため、信頼して取り入れられるでしょう。


アクセス解析によって自動で訪問ユーザーの人物像を明確化できるので、ターゲットの絞り込みが可能です。単なる解析にとどまらず、訪問ユーザーの熱量や思考までも分析してくれるため、より綿密なマーケティング戦略の構築に役立ちます。


解析結果を示す画面はグラフや表が用いられており、アクセス状況を一目で把握でき便利です。A/Bテストやポップアップバナーの表示は簡単に編集、確認できるので、機械に不慣れな方でもすぐに戦略を打てます。


導入実績

イオン、ドコモ、ガンホーなど

更新日:2022-08-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
MOTHER
株式会社フリークアウト
基本プラン要お問い合わせ
株式会社フリークアウト
MOTHER
基本プラン要お問い合わせ

  • ブラウザ版とアプリ版を横断して分析
  • 独自のエンジンが無駄のない入札戦略を提案
  • GPS機能の活用でオフラインとオンラインが繋がりやすくなる


マーケティング業務に役立つツールを多数リリースしているフリークアウト社のプライベートDMPです。GPS機能が搭載されており、顧客の行動をより深く分析できます。さらにブラウザとアプリをまたいだ分析ができるため、アプリで閲覧した商品をブラウザで勧めることも可能です。広告を出す際は独自エンジンが顧客情報に基づいた最適な戦略を提案してくれるので、コストを抑えての広告運用に繋がります。

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
AudienceOne🄬
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
基本プラン要お問い合わせ
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
AudienceOne🄬
基本プラン要お問い合わせ

  • プライベートとパブリックのハイブリットDMP
  • デバイスとブラウザを超えて情報収集ができる
  • 豊富なオプションでより詳細に分析可能


AudienceOneは自社データとパブリックデータを統合して分析し、マーケティング戦略に生かせるDMPです。同一ユーザーの異なるIDを分析して収集できるため、1つのアプリやサイトにとどまらない広い範囲でデータを集められます。オプションではキーワードやユーザー分析結果から、関連度の高いユーザーを誘導することも可能です。

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Oracle BlueKai
日本オラクル株式会社
基本プラン要お問い合わせ
日本オラクル株式会社
Oracle BlueKai
基本プラン要お問い合わせ

  • シンプルなUIで誰でも直感的に使える
  • デバイスやブラウザをまたいでマーケティングできる
  • レポート機能で顧客の関心が一目でわかる


すっきりと見やすい画面なので、DMPツールの導入に難しさを感じている方も安心して利用できます。PCのデータをスマホでの広告表示に生かすといった使い方もでき、デバイスの垣根を越えたマーケティング業務を行えて便利です。顧客情報の分析もきめ細やかで、ユーザー別のレポートが発行されるため、ターゲットを個人レベルに絞れます。


導入実績

パナソニック、マツダなど

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
piano DMP
PIANO Japan株式会社
基本プラン要お問い合わせ
PIANO Japan株式会社
piano DMP
基本プラン要お問い合わせ

  • クッキーレスにも対応できるシステム
  • ゼロパーティーデータの収集が容易
  • ユーザーの使用デバイスに左右されない情報収集


自社所有のデータ、他社保有のデータの収集と分析に特化したDMPツールです。無作為なデータ収集を前提としていないため、2023年後半に行われるクッキー廃止に対応しています。さらに顧客に対してアンケートや購入情報などのデータの提供を促進するので、ピンポイントな情報収集が可能です。

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Salesforce CDP
株式会社セールスフォース・ジャパン
Salesforce Marketing Cloud要お問い合わせ
株式会社セールスフォース・ジャパン
Salesforce CDP
Salesforce Marketing Cloud要お問い合わせ

  • 同一ユーザーを発見できより多くのデータを集められる
  • シンプルなUIで顧客情報を一括管理
  • 個人レベルで顧客に寄り添ったきめ細やかな対応ができる


顧客のデータ収集に長けているツールです。さまざまなサイトに点在する同一ユーザーの異なるIDを正確性の高い照合機能によって解析できるので、より詳細なプロファイルを作成できます。個人レベルで細かくセグメント化されたデータはシンプルなUI上で管理され、簡単にメールや広告を通した宣伝を行えます。


導入実績

ライフル、新生銀行など

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
ヤフー株式会社
Yahoo! DMP
基本プラン要お問い合わせ

  • Yahoo!JAPANのデータをフル活用できる
  • Yahoo!社の他コンテンツにも広告掲載ができる
  • データ収集と保管を原則無料で行える


Yahoo!DMPの一番の特徴は月間約790億PV数(※1)を誇るYahoo!JAPANのビッグデータを活用できる点です。購入履歴から閲覧履歴まで、ユーザーのあらゆる情報を収集できます。集めたデータをもとにした広告を、Yahoo!JAPANはもちろんYahoo!トラベルや知恵袋などへ掲載可能です。データの収集、保管に関しては無料で利用できるため、気軽に導入できます。


導入実績

楽天市場、WOWOW、アディーレ法律事務所など


※1 Yahoo!JAPAN調べ(2020年9月度)

更新日:2022-07-14
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
アドビ株式会社
Adobe Audience manager
基本プラン要お問い合わせ

  • 世界にまたがる大企業に支持を受けているツール
  • あらゆる顧客データを統合して分析できる
  • データの取り込みが高速だからリアルタイムでアクションを起こせる


AdobeはBMW、Lenovo、ウーバーイーツなど世界中に事業を展開する大企業から導入されているプライベートDMPです。コンテンツ制作や大量のデータの隅々まで網羅した分析、長期にわたる大企業との安定した運用経歴などから、多くの企業に支持を得ています。


Adobeの特徴の1つは、アクセス履歴や購入情報などのオンラインからのデータと、店舗での買い物や会話などのオフラインからの情報を統合して分析できる点です。取り込まれたデータはリアルタイムで分類されるので、顧客の行動をすぐにマーケティング業務へ反映させられます。


データの分析後は、メールや各種SNS、ダイレクトメールなど豊富な連携ツールを通してさまざまな形態で広告を打つことが可能です。サイトやアプリへの利用頻度に応じ、若年層にはSNSの投稿で、サイト利用があまりない人にはダイレクトメールを通してなど、それぞれのターゲットに最も効果的な方法で宣伝を行えます。


導入実績

味の素、花王、ブリヂストンなど

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
GENIEE DMP
株式会社ジーニー
無料プラン月 0円~
有料プラン月 150000円~
株式会社ジーニー
GENIEE DMP
無料プラン月 0円~
有料プラン月 150000円~

  • LTVや広告収益を一目で把握できる
  • 企業内外のデータを統合して活用
  • 気軽にDMPを利用できる無料プランがある


他サイトへのアクセス履歴や課金履歴を含むユーザーデータの分析により、アドネットワークによるLTVや広告収益を可視化でき便利です。外部データだけでなく、自社の購入情報やサイトへのアクセス履歴など、内部のデータもまとめて収集し分析できます。売上や課金データ、クリック履歴などのパブリックデータのみであれば無料プランで利用できるので、高い導入費用にためらいがある方にもおすすめです。


導入実績

NHN JAPAN株式会社、APPBANKなど

更新日:2022-08-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
株式会社アクティブコア
activecore marketing cloud
基本プラン要お問い合わせ
  • マーケティングのPDCAサイクルを回せる
  • メールやサイト、LINEなどとの連携ですぐに施策を打てる
  • 国内企業による運営でサポート体制も安心
1つのプラットフォームで自社データの統合及び分析、施策の実行、フィードバックまでを行えるツールです。業種に合わせてデータを分析し、独自のDMPを構築できます。分析されたデータはグラフやプロファイルなどで可視化され、すぐに施策に移すことが可能です。一般にDMPは外国企業の製品が多いですが、アクティブコアの運営会社は国内企業なので、トラブルが起こった時でも安心してサポートを受けられます。 導入実績 味の素、アシックス、エイチ・アイ・エスなど
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
株式会社EVERRISE
INTEGRAL CORE
基本プラン要お問い合わせ

  • 部署をまたいでデータ収集を行える
  • 業種に最適な環境へカスタマイズできる
  • シンプルな画面で簡単に操作できる


従来それぞれの部署や店舗が個別に保有して分析し、顧客へのアクションへ生かしていたデータをまとめて分析できます。処理や連携の手間が省けるほか、営業データやサポート履歴、店舗での購入情報などのさまざまな角度からデータを収集できて便利です。自社の業種やターゲットに合わせてデータを活用できるので、最適な環境でデータを活用できます。


導入実績

ホーユー、ビデオリサーチなど

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Treasure Data CDP
トレジャーデータ株式会社
基本プラン要お問い合わせ
トレジャーデータ株式会社
Treasure Data CDP
基本プラン要お問い合わせ

  • データ収集から顧客へのアクションまで行える
  • 顧客の行動動機まで可視化できる
  • 170以上の充実したデータ連携先


世界中の企業へサービスを提供するトレジャーデータのツールで信頼感があります。日本にも支社があるため、サポート体制も安心です。


Treasure Data CDPでは、オンライン、オフラインのあらゆるデータを1つの基盤にまとめて分析し、独自のきめ細やかな顧客データベースの構築を促します。アクションの動機まで同時に分析されるため、より顧客に寄り添ったマーケティングが可能です。


自社で導入しているツールと連携すれば、分析をもとに実際にアクションを起こすことができます。顧客の特徴をもとに細かくグループ分けをし、それぞれに最適なメールの配信やポップアップコンテンツの作成ができるので、リピーターの獲得に繋がるでしょう。


導入実績

三井住友銀行、SUBARU、YAMAHAなど

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

DMPは大きく分けて2種類ある


DMPはプライベートDMPとパブリックDMP(オープンDMP)の2種類に大きく分けられます。プライベートDMPは社内データ、パブリックDMPは外部データを管理することが役割です。DMPではプライベートDMPのみ備えたツールと、プライベートDMPとパブリックDMPのどちらの機能も使えるツールが存在します。


プライベートDMP

プライベートDMPとは、自社の顧客データを保有するDMPです。顧客の基本データをはじめ、自社サービス上の行動履歴と、オフラインでの購買行動を一元的に管理できます。


既存顧客の年齢、性別、住所、職業などのデモグラフィック情報や、初回訪問からの経過時間と訪問回数といった行動履歴を深く分析することで、アップセルやクロスセルといった営業活動をサポートすることがメインです。


企業が自ら入手した顧客情報を統合的に管理し、分析するため、パブリックDMPのようにオンラインに限定せず、顧客のオフラインでの行動も分析の対象とします。


パブリックDMP(オープンDMP)

パブリックDMPは主に他社が運営しているWebサイトの情報を利用できるため、オープンDMPとも呼ばれています。ネットユーザーは自社以外のWebサイトにて日々、検索や閲覧、購買をしており、その行動履歴を分析することでも、より厳密な見込み顧客のニーズや興味などがわかるでしょう。


パブリックDMPは、そういった見込み顧客による自社以外のWebサイトでの行動を保存しており、それを自社のマーケティングに活用します。不特定多数のユーザーの動きを分析するため、新規顧客の獲得に使われるケースが多いです。

DMPツールの導入メリット

膨大なデータを一元管理できる



DMPはさまざまなチャネルからの顧客情報を収集できるため、顧客行動の「見える化」できます。顧客情報や購買履歴などの自社で収集したデータに加えて、ユーザー属性や趣味嗜好といった外部データを第三者機関から取得することで、多角的な顧客分析が可能です。


マーケティング施策を改善できる

収集した顧客データを分析することによって、ターゲットがどのような興味を持っているのか、どのような属性を持っているのか正確に知ることができます。これらをもと顧客を分類(セグメント化)し、それぞれのセグメントに応じて最適なマーケティング施策を講じることができます。


自社のマンパワーのみで顧客の情報を分析するよりも、より精度の高いマーケティング施策を実行できるでしょう。またデータを分析していくことで、今まで見つけられなかったような新たなターゲット層の発見につながることもあります。


PDCAサイクルを高速で行える

さまざまなデータを整理して広告やメルマガなどのマーケティング施策に反映する取り組みは、すべて手作業を行うと膨大な時間がかかってしまいます。


それがDMPツールを使うことによって、広告に対してユーザーがどのような反応をしたのかのデータを自動で収集できるため、マーケティング施策に対する効果の検証、修正、改善策の実施を高速で行うことが可能になります。DMPの導入は自社スタッフの負担を軽減し、全体の業務効率化にも寄与します。

DMPツールにある4つの機能

データ収集


顧客に関するさまざまな種類のデータを収集する機能です。顧客の基本情報や属性、これまでの購入履歴をはじめ、オンラインでの行動履歴や嗜好の変化なども収集します。より具体的には、次のようなデータが収集対象です。


  • 会員情報(年齢性別、住所など)
  • 購買履歴
  • サイトの閲覧履歴(初回訪問からの経過時間、訪問回数)
  • オンライン広告の配信データ
  • オフライン広告の配信データ
  • デモグラフィック情報(居住地域、所得、職業など)

オンラインのデータは、主にブラウザのcookie情報を元に収集を行います。DMPにはcookie情報を集めるための独自タグを発行する機能があり、それを調査対象とするWebサイトに組み込むことで、情報が収集できるようになる仕組みです。

さらに自社の取引先から提供してもらうデータや、第三者機関が提供しているデータも収集します。これらは主にパブリックDMPで活用されるデータです。


データ整理・分析

  • 統合

収集した大量のデータには同一ユーザーの情報がさまざまな形で散在しています。同一ユーザーの情報を一つにまとめることによって、1ユーザーの詳細な情報を把握することができるようにします。


  • 抽出

特定のルールに従って、データを分割(セグメント化)する機能です。RFM分析(Recency frequency monetary analysys)やクラスター分析などを通して、似ている集団を形成します。これらのユーザーに最適なマーケティングを行うことがメリットです。


  • 分析(行動)

例えば1週間でのサイトの訪問回数が2回以上のユーザーは「関心度が高いユーザー」とし、これを1つのセグメントとします。他にも会員登録をした場合は10点、関連ページへのアクセスをした場合は5点などのようにユーザーの各アクションを点数化することによって、点数ごとにセグメントを作り、ユーザーを分割することも一般的です。


データ活用

収集・分析をしたデータを活用するための機能です。自社のWebサイトに訪問履歴のあるユーザーに対して、アプローチを行う広告(リマーケティング広告)を出したり、メルマガを配信したりなど、さまざまなアクションでマーケティング活動を支援します。


さらにプライベートDMPでは、会員情報に基づいて既存顧客にDMを配信したり、既存客が自社サイトに訪問した際に、会員用のWebサイトへの切り替えを行ったりする場合もあります。企業のマーケティングにDMPを活用すれば、データに基づいた戦略的な施策が打てるようになるわけです。


外部サービス連携

  • CRM

CRMの情報と連携することで、Webページを各ユーザ―にパーソナライズした形で運用することができます。例えば、ユーザーの情報を踏まえて関心度の高いコンテンツを優先的に表示することで、商品の購入や顧客満足度の向上につながります。


  • 広告配信ツール

広告配信ツールと組み合わせることによって、ユーザーの属性や関心度、嗜好性などの情報から、最適な広告を表示することができます。例えば、過去に自社サイトを訪問しており、小さい子供がいる母親に絞って自社の子供用の靴の広告を表示することなどが可能です。

比較ポイントと選び方

プライベートDMPとパブリックDMP

DMPツールにはプライベートDMPやパブリックDMP、さらにどちらにも対応したDMPがあります。それぞれ収集できるデータや価格が異なるため、自社データを管理、分析することが目的なのか、外部からのデータも統合したいのかなど、利用用途に合わせて選ぶ必要があります。


必須機能の有無

大手のDMPツールであれば、基本的なデータ管理はできるため、特に問題はありません。ただし契約したプランによっては「ビッグデータの分析がうまくできない」や「広告配信との連携が難しい」こともあります。自社の機能要件を満たすプランを選びましょう。


分析機能が充実しているか

製品とによって分析機能には差があります。アクセスログ解析やセグメント分析はどの製品でもできますが、アトリビューション分析、サイト・アプリ内動線分析、ペルソナ分析、NPS・エンゲージメント分析、オーディエンスデータ取得、ペルソナ分析、NPS・エンゲージメント分析、類語取得・分析などは、一部の製品やプランでしかできません。


また取り扱えるデータもDMPの種類によって異なります。自社と同じような業種への導入実績を確認することによって、欲しいデータと扱っているデータがどの程度マッチしているのかを把握できるでしょう。


外部ツールと連携できるか

DMPはマーケティングの効率や質を向上させるツールであり、利用用途によっては外部ツールと連携する必要があります。CRMへ情報提供することによって、Webサイトをユーザーにパーソナライズされたものにしたいのか、広告配信ツールと組み合わせることによって、確度の高いユーザーに最適な広告を表示したいのかによって、適切なDMPツールが変わってきます。


利用目的に合っているツールなのか確認しておくと良いでしょう。例えば広告配信のためにDSPツールと密に連携している必要があるなどの場合があります。その際に利用したい外部ツールと連携ができないため、マーケティングの効果が最大化されないなどということがあっては本末転倒となってしまいます。そのため、自社の利用方法を想定し、利用したいツールとの連携を確認しておくことが望ましいです。

DMPツールのデメリットや注意点

毎月コストが発生する

DMPのデメリットとしては、導入・運用に相応の費用がかかる点が挙げられます。高度な情報収集・分析機能が実装されているため、10万~1,000万円程度の導入費用がかかるのが一般的です。


従って、スタートアップ企業や、ビジネス規模の小さい中小企業は導入が難しいかもしれません。ただし、最近ではクラウド型のDMPも増えているため、徐々に導入に敷居は下がってきていると考えられます。


また、プライベートDMPの場合、外部からのデータも収集しますが、基本的に外部データは公開されていないため、収集するまでデータの質を見極めるのが難しいのもデメリットといえるでしょう。どういった種類のデータを提供しているのか、事前に提供元によく確認しておくことが重要です。


費用に対しての効果を考える

DMPの導入には多大な費用を負担する必要があり、運用体制の構築にも時間とコストがかかります。そのため、事前に費用対効果をしっかりと試算して、確実に効果が見込めるかどうかを厳しくチェックしておかなければいけません。


時間や費用の問題を疎かにしてしまうと、導入後に思うような効果を上げられなかった場合に、大きな経営上のダメージを追ってしまうでしょう。


導入後に問題なく運用できるか、コストに見合ったリターンが得られるのか、できるだけ定量的に分析し、費用対効果がプラスになると判断してから導入に踏み切る必要があります。


導入目的を明確にする

DMPは自社のマーケティング活動を効率化するのに有効なツールですが、非常に機能が多彩で、工夫次第でさまざまな施策に活用できます。しかし、何のために導入するのか、どういった使い方がしたいのかが事前に明確になっていなければ、宝の持ち腐れになってしまうでしょう。


どのような情報を収集・分析し、マーケティング活動に活かすのかは、実際にDMPを活用する部署だけでなく、全社的に明らかにしておくことが重要です。実行するマーケティング施策によってDMPの運用は大きく変わってくるため、具体的な運用体制も整えておかなければいけません。

平均2分!ミツモアでDMPツールを相見積もり




各所に存在している顧客データや、第三者機関による調査データなどをまとめて管理できるDMPツールは、データに基づいた有効なマーケティング施策を打ち出せます。既存客のセグメンテーションや顧客層の拡大に活用することで、売上の大幅な向上も期待できるでしょう。


ただし、すべてのDMPツールが自社のマーケティング課題を解決してくれるわけではありません。DMPツールには機械学習で自動分析できるタイプから、大企業向け、広告配信システムと連携できるタイプまで、さまざまな製品とプランが存在しています。


その中から最適なDMPツールを選ぶためにも、平均2分でできる相見積もりを試してみましょう。従業員数や業種などの簡単な質問に答えるだけで、自社の条件にマッチするDMPツールと料金プランがわかります。もちろんすべての見積もり費用は無料です。

DMPツールについて

DMPとは何ですか?

自社のオンラインサービスを訪れたユーザーの行動履歴を蓄積できたり、他サービスへのアクセスログを閲覧できたりするツールです。前者はプライベートDMP、後者はパブリックDMPと呼ばれます。データをもとに広告を打ったりキャンペーンバナーを表示させるなど、プロモーション活動に役立てられます

無料で使えるDMPツールはありますか?

「Juicer」は無料かつ人数制限なしで使えるDMPツールです。無料ながらA/Bテストやアクセス解析によるペルソナ分析など、プロモーション施策を考えるのに便利な機能が多数搭載されています。DMPツールはほとんどが初期費用無料で、リーズナブルに導入できます。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。