ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

アクセス解析ツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

アクセス解析ツールとは

アクセス解析ツールとは、Webサイトに訪れたユーザーの行動を計測できるツールです。解析したいWebサイトにタグを埋め込むことで、訪れたユーザーのページ遷移やCV結果を確認できます。

流入キーワードの確認や、ユーザー属性の分析、ページ単位での行動可視化など、できることはツールによりさまざまです。

誰でも利用できる無料ツールから、使いやすくまとまった有料ツールまで、機能とあわせて紹介します。

おすすめのアクセス解析ツール一覧

  • 無料でありながら高い性能を持つアクセス解析ツール
  • 専用のヘルプコミュニティで不明点を解消できる
  • 他のGoogle製品との親和性が高い


高性能な分析機能を無料で利用できるのがGoogle アナリティクスの特徴です。自社サイトへの訪問経路や、コンバージョンにいたるまでのサイト内での動きなど、ユーザーの行動を詳しく解析します。他にもGoogle独自の機械学習によって新たなインサイトを発見する機能があり、ワンランク上のデータを活用できるでしょう。


専用のヘルプサイトが用意されており、Googleの専属スタッフに質問ができます。過去の類似した質問を参考にして、すぐに疑問を解消することも可能です。利用者の多いサービスならではの豊富な情報量で、正確な解析をサポートします。


Googleの開発した製品との親和性が高く、連携によってデータ活用の幅が広がります。例えばGoogle 広告と連携すると、ユーザーが広告をクリックした後のサイト内滞在時間や、直帰率などを分析できて有用です。獲得したデータに基づいて、さらに効果的な広告を打ち出せるでしょう。

更新日:2022-07-20
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
Bundle Pack Free月 0円~
Bundle Pack Growth月 10978円~
Bundle Pack Premium要お問い合わせ
株式会社Ptmind
Ptengine
Bundle Pack Free月 0円~
Bundle Pack Growth月 10978円~
Bundle Pack Premium要お問い合わせ

  • 直感的に使えるUIで国内利用者数No.1(※1)
  • ヒートマップでユーザーの関心を可視化する
  • ノーコードで使えるWebエディターを搭載

 

サイト内にタグを設置してから、たったの5分でデータ解析を始められます。1つのタグで訪問回数や離脱率など複数のデータを取得できるという扱いやすさから、国内利用者数No.1、利用満足度90%以上(※2)の実績を保持しているサービスです。


ユーザーの関心を可視化するヒートマップはPtengineの特徴的な機能です。頻繁にクリックされる個所を色付けするため、特にクリック回数の多い箇所に情報を充実させると、サイトの滞在時間を伸ばすのに有効でしょう。「サイトを手軽かつ効果的に改善したい」企業におすすめです。


ノーコードで使えるWebエディターを搭載しています。ユーザーのニーズを把握することも、Webサイトの手直しも、1つのプラットフォームでできる点が便利です。ユーザーの体験を向上させるための施策を作り、実行に移すまでのスピードが早くなるでしょう


導入実績

マイクロソフト、ビックカメラ、スバルなど


※1 Builtwith調べ(2022年1月現在)

※2 株式会社Ptmind調べ(2020年時点)

更新日:2022-09-14
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Juicer
ログリー株式会社
ログリー株式会社
Juicer

  • 自動でペルソナを作成する
  • CV率を向上するバナー表示
  • 顧客の声を手軽なテストで簡単集計


「 サイトの訴求力を上げ、コンバージョン率を増やしたい」という企業におすすめのサービスです。自動でペルソナを生成し、マーケティング施策の質をアップします。顧客に合わせたバナー表示ができるため、コンバージョン率の向上が見込めるでしょう。


導入実績

ローソン、JTB、楽天など

更新日:2022-08-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
タイプ1年 0円~
タイプ2月 316円~
忍者ツールズ株式会社
忍者アクセス解析
タイプ1年 0円~
タイプ2月 316円~

  • 機能制限なく無料で使える
  • ユーザーのニーズをリアルタイムで表示する
  • アクセスログを4か月間保存
  • ユーザーのアクセス環境を解析できる


忍者アクセス解析は機能制限なく無料で利用できます。ホームページの訪問者数を制限なく閲覧可能で、アクセス解析を低コストで済ませたい企業におすすめのサービスです


リンク元や検索ワードなど、ユーザーの検索状況をリアルタイムで表示します。常に最新の情報に基づいた解析結果を得られるため、売り上げアップに効果的なコンテンツを市場の動きに合わせて作成できるでしょう。


他にもユーザーのアクセス環境を解析可能です。サイトの閲覧に使用している機種やブラウザ、言語などの情報を取得できます。どのような環境に向けてサイトをデザインすべきか分かるため便利です。

更新日:2022-05-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

  • ユーザーの細かい動向を無料で把握できる
  • 解析結果をCSVファイルとして残せる
  • いつでもどこでも解析結果を快適に閲覧


自社のサイトを訪問したユーザーに名前を付けて、継続的に追跡できます。リンクのクリック回数やユーザーの位置情報など、解像度の高い情報を獲得し、サイトの改善に役立つでしょう。


解析の結果はCSVファイルとして、無期限でGoogleドライブに保管できます。過去と現在の解析結果を比べ、サイトの改善効果を測定する際に有効です。またWebサイトの改ざんを防ぐなど、防犯目的でも役立ちます。


解析結果はPCのみならずスマホでの閲覧に最適化されています。さらにアクセス解析研究所のサイト全体で通信を暗号化しており、情報漏洩の心配がありません。カフェのWi-Fiなど、外出先のネットワークを利用して手軽に閲覧できる点が特徴的です。

更新日:2022-05-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

  • アクセス状況を見やすく簡潔に表示する
  • 多角的な解析がアクセス数のアップにつながる
  • 過去4か月の解析ログを閲覧できる


表やグラフでサイトのアクセス状況を一目で把握できるため、解析結果の集計が簡単です。さらに人気キーワードの傾向を調査したり、社員のIPアドレスを除外したアクセス情報を取得したりと、多角的に解析ができます。自社に合った柔軟な解析を行うと、アクセス数の向上につながるでしょう。

更新日:2022-07-20
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
User Insight
株式会社ユーザーローカル
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ユーザーローカル
User Insight
基本プラン要お問い合わせ

  • スマホでの閲覧に対応したヒートマップ
  • ユーザーの属性を分析し、コンテンツの改善に活かす
  • 導入後サポートで基本から活用まで習得できる


PCのみならずスマホやタブレットからのアクセス解析を得意としたサービスです。マルチ端末に対応したヒートマップで、顧客の興味関心を見える化します。またユーザーの年齢や男女比など、細かなユーザーの属性を分析できるため、サイトの改善に役立つでしょう。


導入実績

首相官邸、ソフトバンク、日産など

更新日:2022-05-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
User Heat
株式会社ユーザーローカル
基本プラン月 0円~
株式会社ユーザーローカル
User Heat
基本プラン月 0円~

  • 無料で使えるヒートマップ
  • 簡単なステップで始められる
  • マルチデバイスに対応している


User Heatは無料で使えるヒートマップツールです。基本情報の登録をし、サイト内に解析タグを埋め込むと利用開始できます。PC以外にもスマホやタブレットに対応しており、幅広いユーザーのニーズを調査できて便利です。

更新日:2022-05-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Metaps Analytics
株式会社メタップス
流入計測プラン月 50000円~
スタンダードプラン要お問い合わせ
株式会社メタップス
Metaps Analytics
流入計測プラン月 50000円~
スタンダードプラン要お問い合わせ

  • 200社以上に導入された実績あり
  • ユーザーの流入経路を明らかにする
  • ワンストップで分析を施策に反映できる


Metaps Analyticsは200社以上に導入されたサービスです。6000以上のネットワークと連携し、ユーザの流入経路を解析します。例えば「どの広告からサイトを訪問し、どのような行動をしたか」が分かり便利です。解析結果に基づいて、その場でプッシュ通知やポップアップ表示を追加できるため、サイトをスムーズに改善できます。


導入実績

リンナイ、GMOプレイミュージック、ミーアンドスターズなど

更新日:2022-07-20
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
無料プラン月 0円~
Starter月 2747円~
Growth月 9041円~
Business月 18196円~
Pro月 34218円~
株式会社APOLLO11
mouseflow
無料プラン月 0円~
Starter月 2747円~
Growth月 9041円~
Business月 18196円~
Pro月 34218円~

  • ユーザーの視線をもとにサイトのUIを改善
  • フォームの離脱率を下げる分析機能
  • 手厚い導入後のサポート


ユーザーがサイトを利用する様子をレコーディングし、録画データとして視聴できます。ユーザーの視線を追体験する点で、コンバージョンに要らなかった理由など、具体的な改善点が見えてくるでしょう。またサイト内に設置したフォームの回答率を上げるため、入力時のストレスを計測してくれるのが便利です。mouseflowの管理画面は英語表記ですが、日本公式販売代理店の手厚いサポートが付いているため、安心して利用できるでしょう。


導入実績

マイクロソフト、ダイソン、ビー・エム・ダブリューなど

更新日:2022-07-20
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Dockpit
株式会社ヴァリューズ
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ヴァリューズ
Dockpit
基本プラン要お問い合わせ
  • サイトやキーワードを入力するだけでデータ分析
  • 競合調査、市場動向、消費者ニーズ・トレンド把握ができる
  • 国内最大規模250万人の消費者パネルでユーザーを深堀り


「Dockpit」はわかりやすいダッシュボードと直感的な操作で、誰でも簡単にデータ分析ができるマーケティングツールです。


データ分析をするときは分析したいキーワードやサイトURL、業界を入力するだけ。国内250万人規模を誇る消費者モニター会員のWeb行動データをもとに、自社や顧客、競合の3C分析を手軽に行えます。


ダッシュボードでは一目でデータを網羅することが可能です。限られた時間の中で情報を集めなければならないマーケターの、競合調査や業界分析、トレンド把握を手助けするでしょう。

更新日:2022-05-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

アクセス解析ツールには無料版と有料版がある

訪問ユーザーの行動を解析し、Webサイトの改善に繋げられるWeb解析ツール。アクセス解析ツールには『Google Analitics』を代表とした無料ツールと、『User Insight』などの有料ツールがあります。

有料ツールが無料ツールと異なる点は「必要な機能がまとまっている」「サポートがある」の大きく2点です。

無料のツールでも、それぞれ必要なツールを使えば十分にアクセス解析を行えます。ただしWeb解析に慣れていない担当者が初めから使いこなすのは難しいでしょう。

その点有料ツールであれば、解析すべき内容を初めから機能としてまとめているため、どのツールを使えばいいのか悩まずに済みます。またベンダーによる導入や運用サポートを受けられるのも特徴です。

なお無料で使えるツールの中にも、機能を追加で使えたり広告を非表示にできたりする有料プランが用意されているものもあります。

無料のアクセス解析ツール 導入メリット3選

メリット①ユーザー行動を数値で可視化できる

ユーザー行動の可視化は、無料ツール、優良ツールに限らずアクセス解析ツール導入の最大のメリットと言えるでしょう。サイトやページへの訪問数、流入後の遷移や離脱などどういった行動をとったか把握可能です。


メリット②具体的な改善アクションを考えられる

ユーザーのアクセス数や行動を数値化することで、次に打つべき一手を考えやすくなります。またサイトやページを改善した際、改善結果をリアルタイムで確認できるのもメリットです。


メリット③比較的簡単に利用開始できる

大抵の場合、サイト内にタグを埋め込むだけで利用開始が可能です。なかにはWebサイトのドメインを登録するだけで利用できる製品もあります。

有料ツールが提供する無料プランの場合は例外ですが、 申し込み手続きをしたりクレジット決済をしたりといった作業も必要ありません。


無料のアクセス解析ツールのデメリット

無料ツールの場合、設定は全て自身で行う必要があります。また取得した数値の分析も自身で行うため、ツール利用や分析に慣れていない方にとっては難しいでしょう。


ツールの活用方法はインターネット上の記事で説明されている場合も多いです。必要に応じて検索し、疑問点を解決しましょう。

有料のアクセス解析ツール 導入メリット3選

メリット①必要な機能がまとまっている

無料のツールの場合、PV数取得は『Google Analytics』、キーワード分析は『Search Console』というように目的ごとにばらばらのツールを使うことが多いです。

有料ツールはそれらの機能を1つに集約しているため、複数のツールを参照する手間がかかりません。見るべき数値を事前にグラフ化してくれている製品も多く、サイトの分析がスムーズです。

メリット②ベンダーのサポートを受けられる

製品によってはツール提供会社からの運用サポートを定期的に受けられます。アクセス解析のノウハウがない企業や、一定期間使い方のレクチャーを受けたい担当者に役立つでしょう。

メリット③広告が表示されない、利用制限がない

利用にあたりツール内に広告が表示される無料ツールでは、有料プランにすると広告を非表示にできます。余計な情報が目に入ってこないため、業務に集中できる点でメリットでしょう。

また有料ツールの無料プランの場合は、PV数やサイト数に制限が設けられていますが、有料プランにするとその上限を拡大できます。

有料のアクセス解析ツールのデメリット

有料ツールには月額費用や運用コストがかかります。機能を余り活用しないと、導入したものの「無料のツールで十分だった」という事態になりかねません。無料トライアルを利用したり、年間契約でなくまずは単月から契約したりして、使用感を確認することをおすすめします。

アクセス解析ツールの基本機能8選

サイト全体のアクセス計測

Webサイト全体のPV数と、ページごとのPV数を計測できます。ページを指定したり、期間を区切ったりして確認可能です。時系列に沿ったアクセス推移も簡単にわかります。


ページ遷移分析

サイト内で、ユーザーがどのページからどのページに移動しているかわかる機能です。


ヒートマップ

単一ページ内のユーザー行動を可視化できる機能です。一般的に、よく見られている箇所が色濃く移ります。どのボタンがよくクリックされているかどうかも視覚的にわかって便利です。


流入キーワード分析

ユーザーがどのキーワードで検索してサイトに訪れているかわかる機能です。特定のページごとのワードを確認することも出来ます。


広告流入分析

広告配信を行っている場合、どの広告から訪れたのかわかる機能です。配信結果の確認だけでなく、広告配信までワンストップで行える有料ツールもあります。


コンバージョン計測

資料請求や申し込みなど、成果となる地点を設定して到達した数を測れます。どのページからCVが発生したのか、ひいてはどのキーワードがCVに繋がったのかを確認可能です。


ユーザー属性分析

サイトに訪れたユーザーの属性や興味関心がわかる機能です。年齢や性別、利用デバイスを確認できます。主に広告でのトラッキングをオンにしているユーザーが対象です。



他社サイト分析

自社以外のサイトのPV数推移や、流入キーワードを把握できる機能です。競合サイトを登録して自社サイトと比較すれば、自社に足りない点や改善するポイントが明確になります。

アクセス解析ツールを選ぶポイント4つ

達成したい目標を明確にする(KPI/KGI)

アクセス解析ツールをただ導入しただけでは、サイト改善には繋がりません。自社のWebサイトで現在何を達成したいのかを明確にし、その数値を確認できる機能をもつ製品を選びましょう。

目的と必要な機能の例は以下です。

  • サイト全体のPV推移をまず確認したい→アクセス解析ツール全般
  • 流入数を増やしたい→流入キーワード分析
  • コンバージョンを増やしたい→ページ遷移分析
  • 離脱の多いページを改善したい→ヒートマップ
  • アクセス結果を毎月社内で報告したい→豊富なレポート機能

コストパフォーマンス(月額利用料)

有料プランの場合、大抵月額利用料がかかります。無料利用可能なツールもある以上、コストに見合った効果を出せるのかどうかは確認しておきたいところ。

機能を使いこなせるかを考え、運用する上での人的コストも考慮しツールを選定しましょう。なお機能をフルで使っても月額5万円程度が相場のため参考にしてください。

サポートの充実度

有料のアクセス解析ツールを選択する際、ベンダーサポートが充実しているかも重要です。問い合わせに早めにレスポンスしてくれるかどうか、製品サイトのサポートページが整っているかどうかを確認しましょう。

アクセス解析やツール運用に慣れていない担当者は、月1で定例会を開いたり、コンサルティングを申し込んだりと相談環境が整っている製品を選ぶのもおすすめです。

3種類のツールタイプと特徴

アクセス解析ツールにはデータ取得の仕組みが3種類あり、それぞれ設定方法と取得可能なデータが異なります

仕組み設定方法とデータの特徴
サーバログ型
Webサーバーにリクエストしてデータを取得
  • 設置が1回で済む
  • ユーザー判別の制度は低い
Webビーコン型

各ページにタグを設置し情報を収集
  • タグ設置の手間が毎回発生
    • ユーザー判別の制度が高め
パケットキャプチャ型
パケットデータを専用サーバーに蓄積
  • ユーザー行動のすべてを記録できる
  • サーバ設置コストが高い

それぞれの特徴を把握しておくと、今後の運用時に「思うようなデータがとれない「予想以上に手間がかかる」という事態を防げるでしょう。

自分に合ったアクセス解析ツールを選択しよう



アクセス解析ツールは、ユーザーによく見られているページやページ遷移、流入キーワードを明確にすることで、サイト改善の指標となるツールです。分析と改善を繰り返すことで、Webサイトの目標達成に繋げられるでしょう。

ただしアクセス解析ツールには無料ツール、有料ツール含めさまざまな製品があるため、どれを利用すべきか迷うこともあると思います。

自社に最適なツールを探すために、平均2分でできる相見積もりを試してみましょう。従業員数や業種などの簡単な質問に答えるだけで、自社の条件にマッチするアクセス解析ツールと料金プランがわかります。もちろんすべての見積もり費用は無料です。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。