ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

テキストマイニングツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

テキストマイニングツールとは

テキストマイニングツールとは、大量のテキストデータから必要な情報を自動ピックアップし、内容を分析できるツールです。

「テキスト(=文章)からマイニング(=採掘・発掘)する」という意味で作られた用語であり、自然言語処理技術の発展と共に広がりを見せました。
特に、近年ビッグデータ分析の重要性が高まっていることで、テキストマイニングも注目を集めています。

Twitter・Instagram・Facebookなど各種SNSや、LINEなどのメッセンジャーツールを介しておこなわれるテキストコミュニケーションを分析することで、より時代のニーズに合ったマーケティングや経営判断ができるようになりました。

手動でテキスト分析するより圧倒的に早く、かつ確実な作業ができるため、現在多くの企業でテキストマイニングが導入されています。

おすすめのテキストマイニングツール一覧

見える化エンジン
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
見える化エンジン
  • 消費者の生の声が見える化する
  • 若者言葉やトレンドも分析
  • データを有効に活用するためのコンサルティング付き

商品を消費者に届けるにあたって、思い通りの反響が得られると確信できない場面もあるでしょう。そんなときに役立つのが見える化エンジンです。TwitterやInstagram、口コミサイトなどから消費者の生の声を分析し、自社の提言とのギャップを見える化します

また若者言葉を分析できる点が便利です。言葉を幅広く抽出できることでSNS上のトレンドに追いつき、商品の効果的な改善につながります。

分析コンサルタントによるサポートが付いています。「データを有効に活用できるか不安だ」「データ活用のノウハウを知りたい」と感じている人は、気軽に相談できおすすめです。

導入実績
アサヒ飲料、クラシエフーズなど
更新日:2022-07-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Social Insight
株式会社ユーザーローカル
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ユーザーローカル
Social Insight
基本プラン要お問い合わせ
  • SNS上の口コミからタイムリーな情報を収集
  • 自社に興味のあるファンのユーザー像を把握できる
  • アラートメール送付で風評被害対策も可能

Social InsightはSNSを通じてキーワードの評判やユーザーの動向を分析できるSNS運用ツールです。中でもソーシャルリスニング機能は特定のキーワードやドメイン、URLを含む口コミ情報を収集し評判や話題性を計測、視覚化します。ネット上に散らばる口コミから情報を集めるので、ユーザーの生の声をタイムリーに分析できます。

集めた口コミの中から自社に興味のあるユーザーを集計し、性別や年齢、居住地や普段興味のある事柄などユーザー像を把握できます。SNS上でのリツイートやハッシュタグキャンペーンを実施する企業は、キャンペーンのペルソナ設定に役立つでしょう。ユーザーのツイート数や内容の分析が容易なので、キャンペーン後の効果測定にも有効です。

自社名や特定のキーワードについての口コミが急増した際にはアラートメールが送信されるので、なぜ話題になっているかを早期に特定できます。万一炎上や風評被害によるものであった場合にも素早く察知できるため、大きな問題になる前に対処ができ安心です。

導入実績

東映、アイティメディア、山野楽器など

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Text Mining Studio
株式会社NTTデータ数理システム
基本プラン要お問い合わせ
株式会社NTTデータ数理システム
Text Mining Studio
基本プラン要お問い合わせ

  • 豊富な分析機能を搭載している
  • 分析結果をグラフィカルに表示
  •  データ分析ツールとシームレスに連携する


機能の豊富さや使いやすさが評価され、日本計算機統計 学会 ソフトウェア賞を獲得したテキストマイニングツールです(※1)。単語ごとの頻度を分析したり、ユーザーの属性を指定してニーズを抽出できます。


分析結果はグラフで表示するため、必要な情報を瞬時に把握できて便利です。多角的な分析結果を得るために、業務の時間を割く必要も無くなるでしょう。


同社シリーズの製品を合わせて利用すると、CRMやデータマイニングツールとシームレスに連携できます。より多くの要素を分析し、一元的に活用しやすくなる点が魅力です。プログラミングなど専門的な知識がなくてもマウス操作で扱えるため、心配は要りません


導入実績

旭化成、アイエックス・ナレッジ、ジャパンネット銀行など


※1 株式会社 NTTデータ数理システム調べ(2022年1月現在)

更新日:2022-07-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
株式会社野村総合研究所
TRAINA テキストマイニング
基本プラン要お問い合わせ

  • 感情解析など、高精度のデータ分析ができる
  • 気付きをサポートするハイライト機能
  • 高速エンジンで快適に使える


消費者が使用した単語が、ポジティブ、ネガティブどちらの意味で使われる傾向が多いのかを表示します。例えば「デザイン」「効果」といった単語における消費者の印象を、一目で把握できる点が便利です。


分析結果を表示する際、グラフ上で注目すべき箇所を自動でハイライトします。分析の結果が明快に分かるため、重要な情報を見逃さずに活用できるでしょう。


ベンダーが独自開発した高速エンジンを使用しており、快適に分析作業を行えます。分析のスピードがアップするため、消費者からのFAQの集計など、とくに迅速な対応を要する場面で有効です。


導入実績

全日本空輸、三井住友トラストTAソリューション、エポスカードなど
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

  • 定性データを取得して多角的に分析する
  • SNSや口コミサイトから情報を取得できる
  • プロによる分析支援サービスが受けられる


「なぜ商品を購入したか」「どのように購入したか」に対する回答のように、数値では表せないデータを集約、分析します。キーワードの使用頻度を計測するだけでは分からなかった、発言の背景を明らかにできるでしょう。有料で2か月間プロからの支援を受けられるので、本格的な分析のノウハウが知りたい企業におすすめです。

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
VextMiner
ベクスト株式会社
基本プラン要お問い合わせ
ベクスト株式会社
VextMiner
基本プラン要お問い合わせ

  • 単語をもとに主要な話題を可視化
  • ビッグデータの分析に対応している
  • 重要度の高い少数意見を発見できる


複数の単語を自動的に結びつけることで、単なるテキストデータではなく、意味のあるトピックとして可視化します。数百万件規模のビッグデータの解析もできるため、集計などの工数を大幅に削減できるでしょう。また急増している少数意見を抽出するなど、細かい分析も得意です。


導入実績

富士フイルム、丸星、相模原市役所など
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
SCSK株式会社
VOiC Finder
基本プラン要お問い合わせ

  • 音声認識システムを介して話し言葉を分析する
  • 10万語以上を搭載した辞書でスムーズに分析
  • ペインポイントを分析し、顧客の離脱を防ぐ


VOiC Finderは話し言葉の分析を得意としたテキストマイニングツールです。音声データにおける文章の関係性を認識したり、不要な表現を除去したりすることで、話し手の意図を読み取ります。コンタクトセンターなど、音声を使った顧客対応をする企業におすすめです


また10万語以上の言葉を標準搭載しており、辞書作成など初期の設定が要りません。苦情や怒りといった内容に特化した辞書も用意されているため、迅速な対応につなげると、顧客が自社サービスから離脱するのを防止できるでしょう。


導入実績

サンベンド、TGオクトパスエナジー、福岡工業大学など
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 直感的に誰でも使える分析ツール
  • 単語の組み合わせから消費者の意図を可視化する
  • Twitterから消費者の声を把握できる

TextVoice用の定型フォーマットに揃えたデータを読み込み、ボタンを押すだけでテキストの分析を実行できます。事前の辞書登録も必要ないため、初心者でもすぐに分析が始められるでしょう。

最大6つの単語を組み合わせて、消費者の言葉の意図を分かりやすく表示します。文章の全体構造が可視化されることで、サービスの利用シーンなど具体的な情報が把握できて便利です。

Twitterのデータを取得し、投稿内容やハッシュタグの利用頻度などを分析できます。消費者の身近にあるSNSから情報を得ることで、使う人に寄り添ったサービスを提供できるでしょう。

導入実績

アサヒ飲料、クラシエフーズなど

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
AIテキストマイニング
株式会社ユーザーローカル
個人向け無料版要お問い合わせ
ビジネス版要お問い合わせ
株式会社ユーザーローカル
AIテキストマイニング
個人向け無料版要お問い合わせ
ビジネス版要お問い合わせ

  • 誰でも無料で使えるテキストマイニングツール
  • グラフで可視化でき情報を捉えやすい
  • 有料版ではセキュリティ強化や複数名利用に対応


AIテキストマイニングは株式会社ユーザーローカルが提供する無料のテキストマイニングツールです。テキストデータを専用サイトにアップロードするだけで、名詞や動詞の出現数をグラフ化したり、キーワード同士の関係性を図で可視化したりできます。


ビジネス向け有料版はセキュリティ面が不安な企業や、チームでデータ活用をしたい場合におすすめです。データの暗号化や結果のシェア、専門用語への対応といった機能がついています。

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 人工知能「KIBIT」搭載のビジネスデータ分析支援システム
  • 教師データ設定を変えるだけで調査レポートやレビュー分析など様々なシーンに対応
  • ハイライト機能で重要度の高い箇所がひと目で分かる

Knowledge Probe 20はビジネスシーンには欠かせない市場調査や口コミ分析など、大量のデータ分析が可能なテキストマイニングツールです。専門家が経験に基づいて精査した「教師データ」を人工知能「KIBIT」が学習し、専門家レベルの精度の高いスコア付けが実現します。これまで自身で情報の仕分けを行っていた監督者や担当者の作業工数を大幅に減らせるでしょう。

KIBITに学習させる教師データ設定を変えれば、あらゆる業務に対応可能です。例えば人事データを活用した離職予兆の検知や、日報及び顧客とのコミュニケーションデータを用いたコンプライアンスチェックも可能でしょう。職種を問わず利用でき、あらゆるデータ分析に役立ちます。

新たに搭載された「ハイライト機能」では、重要箇所のハイライト表示が可能です。解析対象のデータ内からスコアリングへの影響度が高い箇所が分かるので、精度評価にかかる手間と時間を大きく削減できます。

導入実績

グロービス、東京海上日動火災保険、イオン銀行など

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 「不満買取センター」のデータを活用したVOCテキストマイニングツール
  • 集計したデータを時系列でモニタリング可能
  • 独自AIとCRMデータ連携で優先課題を発見

アイタスクラウドは自社サービス「不満買取センター」に寄せられた膨大な意見を教師データとし、顧客ロイヤリティの向上が図れるテキストマイニングツールです。顧客が何を求めているのか、課題解決には何が必要かをコンタクトセンターのコールログやアンケートコメントから導き出せるので、顧客満足度がアップします。

顧客が何に対してどのように感じているかを時系列でモニタリングできます。分析結果は折れ線グラフや円グラフのような各種グラフで表示。意見の推移が視覚的に分かるので、評価の変動の原因特定に役立つでしょう。

既に社内で使用しているCRMデータとアイタスクラウド独自の感情を分類するAIを連携し、重要な意見を質的に評価します。さらに意見の量と掛け合わせると、優先して解決するべき課題が見つかります。経営改善のヒントが見つからず悩んでいる担当者の手助けになるでしょう。

導入実績

エン・ジャパン、パナソニック、TOKAIコミュニケーションズなど

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
VextCloud
ベクスト株式会社
ベクスト株式会社
VextCloud
  • ネット環境とデータだけですぐに始められる
  • 文単位の分析で趣旨を正確に把握
  • 直感的に操作できる視覚的なインターフェイス

VextCloudは500社を超える導入実績(※1)を持つテキストマイニングツール「VextMiner」のクラウド版です。オンライン上で簡単にアクセスできるので、インターネット環境と分析したいデータを用意するだけですぐに始められます。大量のデータを分析することの多いテキストマイニングではデータ容量が心配ですが、クラウド型なので自社サーバーの容量を圧迫することはありません。

キーワードのみの検索だと様々な行動や情報が混在してピックアップされるので、該当ワードについてどんな問題が増加しているかを分析するのは困難です。しかしVextCloudでは、単語単位の検索では発見できない予兆を文単位で検索・抽出し発見できます。例えば「更新」について検索した場合に「更新した」「更新しないと」「更新できない」と様々な現象が検出されます。文単位の分析を選び「話題の自動検出機能」と「トレンド分析機能」を使えばその中からキーワードについて増加している問題を簡単に特定できるので、早期の問題解決に役立つでしょう。

操作に専門的な知識や技術は必要ありません。ドラッグ&ドロップで操作できる直感的なインターフェイスなので誰でも簡単に使用できます。システムの利用開始にあたって特別な研修をせずに済むので、時間が割かれることなくスムーズに導入可能です。

導入実績

富士フィルム、丸星、相模原市役所など


※1 ベクスト株式会社調べ(2022年3月現在)
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

テキストマイニングツール導入のメリット

市場ニーズやトレンドを素早く分析できる

テキストマイニングツールを活用することは、市場ニーズやトレンドを素早く把握することにつながります。

SNS・メッセンジャーツール・メール・チャットなどさまざまなテキストコミュニケーションがおこなわれるようになった時代において、日々やり取りされる情報量は非常に膨大なものになりました。

市場ニーズやトレンドが移り変わるのも早く、長期間のプロジェクトを経てようやく販売した商品・サービスが既に時代遅れになってしまっていたというケースも少なくありません。

テキストマイニングツールを活用すれば、大量の文章から内容の傾向を掴んだり、特定のワードとともにつぶやかれている文章を把握したりできます。市場ニーズやトレンドの素早い分析に役立つでしょう。

大きなビジネスチャンスを逃さないためにも、上手に活用していきましょう。

データ分析に割く工数・人員を削減できる

テキストマイニングツールを活用することで、データ分析に割く工数・人員を大幅に削減できます。

テキストマイニングは、まずテキストデータを細分化するところから始めます。全体に目を通しながら文節・単語・品詞ごとに分解し、言語上意味のある最小単位にすることが必須であり、特定単語の出現度合いや時系列ごとの変化を観察するために必須の要素とされてきました。

しかし大量のテキストデータを手動で細分化するには、膨大な時間と手間がかかります。
テキストマイニングツールには自然言語処理技術が活用されているため自動化しやすく、少ない工数で圧倒的なボリュームのデータを分析できるようになるでしょう。

工数だけでなく人員の削減もできるため、ツール利用料を加味してもトータルコストを抑えやすいという点も大きなメリットです。


ビッグデータを用いて将来予測できる

テキストマイニングツールは、ビッグデータ分析とも非常に相性がいいツールとして知られています。

テキストに含まれる情報は多く、数値など客観的な指標として表される定量データはもちろん、口コミ・感想・意見など数値では表せない非構造化された定性データも分析可能です。
一見些細に見える情報でも大量に収集・分析することで将来予測に役立つケースもあるでしょう。

実際に、今後のトレンドやニーズを先読みするだけでなく、混雑度合い・株価の変動・選挙結果・商品の売れ行き・インフルエンザなど感染性力の高い疾病の流行について予測する動きも見られています。

小コストで最大限の効果を得るためにも、将来予測によるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

経営判断のスピード化を図れる

テキストマイニングツールを通してさまざまな情報を入手し将来予測をすることは、経営判断のスピード化にも貢献します。

例えば日本ではあまり人気がない商品であっても、調査の結果、海外ではニーズがあることがわかるかもしれません。

こうした可能性に気づければ早期の段階で海外販路確保に舵取りでき、機会損失を大幅に減らすことができるでしょう。

また「自社の商品・サービスを効果的に宣伝できる手法は雑誌・新聞など紙媒体での広告ではなくYouTubeやゲームに含まれる動画広告である」と気づくなど、さまざまなメリットが生まれます。

市場競争を勝ち抜くには、スピード感のある経営判断が命だと言われるようにもなりました。市場ニーズやトレンドの把握は、マーケティングだけでなく経営判断にも効果的です。


分析ノウハウの属人化を防いでメソッドとして蓄積できる

手動でテキストマイニングをすることも不可能ではありませんが、分析ができる特定の人材にノウハウが集約されやすく、業務の属人化が起こる可能性があります。

ITに関する知識やノウハウが少ない人でも扱いやすいテキストマイニングツールを選択すれば、分析ノウハウの属人化から脱却できるでしょう。「人」ではなく「会社」がノウハウを持てるため、メソッドの蓄積手法としても有効です。

テキストマイニングツールの基本機能

形態素解析機能

形態素解析機能は、文章を文節・単語・品詞ごとに分解する機能です。言語上意味のある最小単位にできるため、特定単語の出現度合いを把握したいシーンに便利です。

また時系列ごとに頻出単語の移り変わりを分析するなど、他の機能と組み合わせて活用することもあります。

構文解析機能

構文解析機能は、特定のキーワードに基づいて修飾・被修飾の関係性を分析する機能です。

例えば「あの会社は商品の質と営業マンの対応はいいけれど、アフターフォローが足りないしサポートもいまいち」という評判があった場合、「商品の質」と「営業マン」にはプラスのイメージがあり、「アフターフォロー」と「サポート」にはマイナスのイメージがあると細かくデータ化してくれます。

一見当たり前のことをしているように思われますが、大量のテキストデータから短時間でプラス・マイナス要素をピックアップしてくれるため、非常に便利です。

センチメント分析機能

センチメント分析機能は、別名「ネガティブ・ポジティブ分析機能」とも呼ばれています。
商品・サービスや会社イメージに対するセンチメント(=感情分析)をする機能であり、ポジティブかネガティブかどちらの印象が強いかを分析できます。

例えば「やばい」という言葉でも、いい意味で使っているのか、悪い意味で使っているのかなどを文書の流れから分析してくれるため、より正確性のあるデータが得られるでしょう。

クラスター分析機能

クラスター分析機能とは、特定のキーワード・ジャンル別にユーザーをクラスター(=集団)分けする機能です。

「30代の既婚女性」「首都圏在住のサラリーマン」「年収1,000万円以上の共働き家庭」など共通する要素を探し出せるため、どんな属性の人がどんな発言をしているのか知るうえで役立ちます。

これまで見えてこなかった共通要素が浮き彫りになり、マーケティングや広報・宣伝に役立つ可能性が出てきます。

テキストマイニングツールの比較ポイントと選び方

導入目的と搭載機能にズレがないか

まずは、テキストマイニングツールを導入する目的を明確にしておきましょう。そのうえで、ツールに搭載されている機能とズレがないか、確認していくのがおすすめです。

例えば、スピーディーな経営判断や業務効率化を最優先したい場合、分析速度が早いツールを選定するのがよいでしょう。自社に分析メソッドを蓄積したい場合は、誰でも扱いやすいUI/UXのツールを選び、気軽なテキストマイニングを促進するのが効果的です。

目的と合った機能を重視することが、ツール選びのミスマッチを防ぐことにつながります。
複数の機能を比較・検討のうえで選んでいきましょう。

分析精度が高いか

分析効果を高めるためにも、ツールの精度をあらかじめチェックしておきましょう。テキストマイニングツールによっては試用期間やデモ版を設けているケースもあるため、実際に生のデータでテストしてみるのがおすすめです。

またディクショナリー機能が搭載されているツールであれば、類義語・対義語など関連するキーワードに基づいた分析や誤字の自動修正なども可能になります。

精度が低いと本来の姿とは別の結果が出てしまうこともあるため、注意しておきましょう。

誰でも扱いやすいUI/UXであるか

誰でも扱いやすいUI/UXであれば、テキストマイニングすること自体へのハードルが下がります。

IT知識がない人でも気軽なテキストマイニングがしやすく、直感的な操作で楽に扱うことができるでしょう。

また抽出されたデータが見やすいか、結果に至るまでの経緯・理由も含めてピックアップしてくれるかを重視し、マーケティングや経営への活かしやすさを重視するのも効果的です。

反対に、複雑かつ手間を要するテキストマイニングツールを選定してしまうと思ったように工数の削減ができないため、注意が必要です。

コストが予算内に収まっているか

テキストマイニングツールごとのコストをリストアップし、予算内に収まるか比較することも重要です。

買い切りなのか月額課金制なのかも見ながら、トータルコストを試算すると分かりやすくなるでしょう。

なかには、無料で活用できるテキストマイニングツールも存在します。ただし機能・精度などが足りないと、本来の意味が果たせません。

コストに対するパフォーマンスを比較しながら決めていくのがおすすめです。


サポート体制が充実しているか

ツール提供元からのサポート体制が充実しているかも、チェックしておきましょう。特に、はじめてテキストマイニングツールを導入する場合や、テキストマイニング自体に関する知識があまりない場合はサポートが充実しているツールを使うのがよいでしょう。

なかにはオンボーディングが丁寧な会社もあり、導入時のハードルを大幅に下げられます。一方、無料もしくは安価なテキストマイニングツールはサポート体制が整っていないことが多く、既に知識・経験のある企業向けであることが多いです。

自社のレベルと照らし合わせながら選定し、運用後のミスマッチを防ぐのがおすすめです。

テキストマイニングツールの活用シーン

顧客アンケート分析

自社が実施した顧客アンケートを分析するため、テキストマイニングツールを活用する手法です。

選択肢のなかから選んでもらうだけのアンケートであれば比較的集計に手間取らない事が多いですが、フリーコメント欄などを設けている場合、手作業での集計は困難です。集計したとしても共通するキーワードやクラスターが予測できず、ただ目を通して参考意見に留めるまでになってしまうことも多いでしょう。

テキストマイニングツールを導入しておけば、ユーザーから期待されていることや本音の感想を浮き彫りにしやすく、今後の改善に役立ちます。

チャットボットやカスタマーサポートツールの精度向上

チャットボット・問い合わせフォーム・LINEなどのメッセンジャーツールに寄せられたコメントをテキストマイニングツールで分析し、サポートの精度向上を図る手法です。

サポートを自動化しやすく、AIが搭載されているサポートツールの修正・メンテナンスにも効果的だと言えるでしょう。

また顧客アンケート分析に使うときと同じく、ユーザーの本音が見やすくなることも大きなメリットです。

SNS・ブログからの情報抽出

SNS・ブログ・YouTubeやTikTokに寄せられたコメントを材料にテキストマイニングをおこない、情報を抽出する手法です。

アンケートや問い合わせには現れない潜在ニーズを把握できるほか、市場のトレンドや競合となる同業他社への評価なども可視化できます。

ユーザーからの声に答えて商品開発をしたい企業と相性がよく、ミスマッチのない戦略立てをしやくなるでしょう。また将来予測とも相性がよく、今後の動向を把握したいときにも便利です。

平均2分!ミツモアでテキストマイニングツールを相見積もり


テキストマイニングは、データ化社会における企業活動に必須の取り組みとして確立しつつあります。

市場のニーズやトレンドを把握して先手のマーケティングをしたり、スピーディーな経営判断に役立てたりすることもできるでしょう。手作業で分析する以上に工数・コスト・時間の削減が叶うことも、大きなメリットです。

まずは自社に合ったテキストマイニングツールを選定するためにも、相見積もりを行うことがおすすめです。ミツモアなら従業員数や業種などの簡単な質問に答えるだけで、自社の条件にマッチするCRMと料金プランが無料でわかります。

コストはもちろん、導入目的に合った機能が搭載されているかどうかも参考に、検討してみましょう。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。