ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

アプリ開発ツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

アプリ開発ツールとは

アプリ開発ツールとは、度なプログラミング技術がない方でも、デフォルトで用意されている様々な機能を組み合わせることで、簡単にアプリ開発を可能とするツールです。

これまでは自社の独自機能を搭載したアプリを開発する場合、通常のシステム開発と同様に知見と実績のある外部ベンダへ委託するケースが多くありました。しかし、外部委託は多くの費用がかかり、時には要件の認識齟齬などで遅延や追加費用が発生してしまいます。

アプリ開発ツールを利用することで、1からコーディングする必要がなく、自社のリソースでもクオリティの高いアプリが開発可能になっています。また、工程管理やデータ分析などの便利な機能も多く、自社で開発する上での不安点を解消してくれます。

開発予定のアプリや開発者のスキルに合わせて適切なツール選定ができるよう、おすすめの製品や選ぶ際のポイントを説明します。

おすすめのアプリ開発ツール一覧

基本プラン要お問い合わせ
Google合同会社
Android Studio
基本プラン要お問い合わせ
  • Androidデバイス専用のアプリ開発ツール
  • コーディングの生産性を上げるコード編集機能
  • テストを簡略化する仕組みを用意

Androidデバイス専用のGoogle公式のアプリ開発ツールです。スマートフォン用だけでなく、タブレット用やAndroid Wear、Android Autoのアプリ開発にも対応しています。スマートなレイアウト作成やアプリ構築を図るツールがそろっており、アプリ開発初心者や未経験者でも安心です。

Javaをはじめとする、多くのプログラミング言語に対応した環境が整っています。高度なコード編集機能を搭載しており、コード補完機能を用いればショートカットキーを使ったコード入力が可能です。また書式やスタイルをコードスタイル設定しておくと、次回からは自動で適用されます。

完成したアプリのテストが簡略化できるように設計されており、複数のデバイスに対してのテストが短時間で済みます。高度なテスト設定もAndroid Studioで行えるため、公開前に十分な分析ができるでしょう。

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
  • アプリ作成機能完備の無料アプリ開発ツール
  • iOSやAndroidなどあらゆるプラットフォームに対応
  • 効率的なコーディングを助けるクラウド接続機能

Visual Studio Communitydはマイクロソフト社が提供するアプリ開発ツールです。個人開発者や小規模チーム向けに開発されており、全機能を無料で利用できます。アプリ開発に必要な機能をすべて搭載していて、コストパフォーマンスに長けたツールと言えるでしょう。

専用アプリをダウンロードすれば、iOSやAndroid、Windowsなど、あらゆるプラットフォームに対応したアプリを作成できます。使い慣れたプログラミング言語を使用できるため、柔軟なコーディングや修正ができるでしょう。また拡張可能なため、必要な機能のみ追加できる点も魅力です。

クラウド接続機能を活用すれば、複数のPC間でコーディングが可能です。外部ツールとも連携しVisual Studioから離脱せずに利用できるため、効率的なコーディングを実現します。「複数人で共同編集を行いたい」「なるべく作業時間を減らしたい」企業におすすめです。
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
Yappli
株式会社ヤプリ
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ヤプリ
Yappli
基本プラン要お問い合わせ
  • アプリの開発から運用までノーコードで提供
  • 豊富な機能により、利便性の高いアプリが開発可能
  • 600社以上(※1)の導入実績、年間200回以上の機能改善

プログラミング不要の直感的な操作で、iOSやAndroidのネイティブアプリを迅速に導入できます。デザインや機能の変更、アプリストア申請管理も簡単。さらに、導入後はアプリ内の行動・流入を可視化したダッシュボードで、すばやいPDCAが実現可能です。

アプリには豊富な機能が搭載できます。スマートフォンの通知機能を利用したプッシュ配信は、属性情報やエリア、会員情報の条件で設定可能。バーコード/QRコードの読み取り機能は、商品詳細や購入ページなどへの遷移を促し、購買体験の向上につながります。その他、クーポン発行やコンテンツ配信も可能です。

600社以上の導入実績で培ったノウハウをもとに、年間200回以上の機能改善や新機能のリリースが行われています。さらに、レクチャーやセミナーを通して成功事例が提供され、導入後の成長支援もしてくれて安心です。

※1 株式会社ヤプリ調べ(2022年2月時点)
更新日:2022-05-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Monaca
アシアル株式会社
Pro月 0円~
Business月 2200円~
Enterprise月 55000円~
アシアル株式会社
Monaca
Pro月 0円~
Business月 2200円~
Enterprise月 55000円~

  • モバイル・PC・Webの全環境に対応した開発ツール
  • アプリ開発に必要な機能をすべて網羅
  • トレーニングからメンテナンスまで、手厚いサポート


Monacaはモバイルアプリの他にPCやWeb向けのアプリも開発可能なツールです。HTML5やJavaScriptなどの使い慣れた技術でスマホアプリを開発することで、開発コスト高騰や技術者不足が解決できます。これまでの開発ユーザー数は30万人、作られたアプリの数は12万以上に上ります(※1)。


エディタやビルド環境は全て含まれ、面倒な開発環境の構築が必要ありません。高機能なクラウドエディタを備えているため、ブラウザ上で快適にプログラミングが可能です。もちろん、実機でアプリの動作を確認しながら開発できます。


アプリ開発が初めてのユーザーも安心のトレーニングメニューが提供されています。開発フェーズでは、不具合の調査やエラーの切り分けなど、さまざまな課題の解決を支援。リリース後は、iOS/AndroidのOSバージョンアップに伴う影響範囲の調査・修正など、必要なメンテナンス業務もサポートされます。


※1 アシアル株式会社調べ(2022年1月時点)

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Personal 月 0円~
Private月 4840円~
Enterprise 要お問い合わせ
Pro 月 3872円~
typeguard, Inc.
Glide Apps
Personal 月 0円~
Private月 4840円~
Enterprise 要お問い合わせ
Pro 月 3872円~
  • テンプレートから短時間にWebアプリが作成できる
  • 豊富な機能があり、データベース構築も必要なし
  • 無料で多彩なテンプレートを使用することが可能

プログラミング不要で、テンプレートから短時間でWebアプリが作成できます。ネイティブアプリの開発はできないためストア公開は不可ですが、見た目や使用感がほぼ同じである「PWA」の開発が可能です。簡単なモバイルサイトを作りたい場合に最適でしょう。

データ管理やお気に入り登録、ユーザー登録、ショッピングなどの機能が搭載できるため、データ検索を含むアプリの開発や、ECサイトの構築が可能です。データはGoogleスプレッドシートで管理され、MySQLのようなデータベースを構築する必要がありません。

チェックリストや出席確認、家計簿、レシピ、画像投稿など、無料で使えるテンプレートが豊富です。有料版は月額32ドル/40ドルのプラン(年間契約で割引)、さらに企業向けのカスタム版があります。より大きなデータを使用する場合や、Google Analytics、独自ドメインを利用したい企業におすすめです。
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Free月 0円~
Personal 月 3025円~
Production月 57475円~
Professional月 13915円~
Bubble Group, Inc.
bubble
Free月 0円~
Personal 月 3025円~
Production月 57475円~
Professional月 13915円~

  • ノーコードでアプリ開発ができる代表的なツール
  • 直感的な操作で非エンジニアでも開発可能
  • 無料でもほとんどの機能が利用できる


プログラミングなしでWebアプリの開発ができる代表的なノーコードツールで、開発期間や開発コストを削減できます。他のノーコードツールと比べて開発難易度がやや高いものの、その分カスタマイズ性が高く、柔軟な開発が可能です。


ドラッグ&ドロップ操作がメインなので、プログラミング知識がなくてもアプリの作成ができ、開発業務の内製化を実現可能です。米国製のツールですが、日本語で学習できる教材もあり活用できます。


無料でもほとんどの機能を使えることがメリットです。有料版で本番リリースを行うことができ、月額29ドル/129ドル/529ドルのプランがあります(年間契約で割引)(※1)。上位のプランになるほど使用できる機能が増えたり、手厚いサポートを受けたりできるため、サービスの規模によって検討しても良いでしょう。


※1 2022年1月現在

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Explore月 0円~
Business月 24200円~
Pro月 6050円~
Adalo, Inc.
Adalo
Explore月 0円~
Business月 24200円~
Pro月 6050円~
  • 初心者でも簡単にWebアプリ、ネイティブアプリが開発できる
  • ユースケースごとに最適化されたテンプレートが便利
  • 無料でも開発でき、有料プランではストア公開が可能

ノーコードでWebアプリ、ネイティブアプリどちらも開発できるツールです。操作が簡単で、プレゼン資料を作るような感覚でデザインや機能追加を行えます。ページ遷移でデータを受け渡す機能では、前後のページから判断し自動設定してくれて特に便利です。

一から画面の遷移やレイアウトを作ることもできますが、テンプレートを選び、パーツを組み合わせるだけでも作成できます。予約サイトやタスク管理、チャットアプリなど開発頻度の高いユースケースであれば、レイアウトが最適化されているテンプレートの使用が便利でしょう。

Adaloはツールを無料で使える料金プランを用意しています。「アプリを開発したいけどコストをかけることに抵抗がある」という場合でも、気軽にツールを使い始められるでしょう。無料プランを使っていて機能を拡張したいときは有料プランへの切り替えが可能。有料プランでは開発したアプリをApp StoreやGoogle Playへ公開できるようになります。
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
JointApps
デジタルハリウッド株式会社
基本プラン月 0円~
デジタルハリウッド株式会社
JointApps
基本プラン月 0円~
  • アプリ開発に必要な素養が身につく
  • ブロックをつなげる簡単操作でアプリ制作を体験できる
  • ブラウザで制作し、再生専用アプリで動作を確認

オリジナルアプリ作りを体験できる無料のサービスです。プログラム言語の習得は必要なく、ブロックをつなげるという視覚的に分かりやすい操作で開発できます。作れるアプリはカメラアプリや地図アプリのほか、ルーレット、クイズ、塗り絵、パラパラマンガなどさまざまです。


アプリを作る上で「どういう要素が必要か」「どういう動作が必要か」といったプログラミング的思考を身に着けられます。アプリ開発を体験してみたい方や、を養う学習教材として、子供向けのプログラミング教室で活用するのがおすすめです。


パソコンやタブレットのブラウザで制作したアプリは、再生専用アプリである「JointAppsPlayer」で楽しめます。自分で作ったアプリ以外に、JointAppsユーザーが作った様々なアプリを使うこともできます。
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
Apple Inc.
Xcode
基本プラン要お問い合わせ
  • Apple製品のアプリ制作に必須の開発ツール
  • 便利な機能が数多く、生産性が非常に高い開発環境
  • Macパソコンがあれば誰でも開発可能

MacやiPhone、iPadなどApple製品で使えるアプリ制作には必須のメジャーな開発ツールです。ゲームやSNSから、教育、仕事効率化、エンターテインメントまで、あらゆるジャンルのアプリを作ることができます。

コードの補完や検索が速く、快適なコーディングが可能なほか、テキストやボタンなどの要素はドラッグ&ドロップの簡単操作で配置可能です。配置した要素に伴って、必要なクラスやコードは自動追加されます。テストに特化した機能もあり、編集中のコードに対して実行されるテストが自動的に追跡されるようになっています。

App Storeから無料で、通常のアプリと同じようにダウンロードできるので、Macパソコンがあれば誰でも開発可能です。ファイルの管理やコンパイル、検証やデバッグといったアプリ開発に関する一連の業務をこれ1つで行えます。なおサイズが約5GBと大きいため、インストールは時間・容量に余裕を持って行うのがおすすめです。
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SmartApps Mobile
ジーコンシャス株式会社
LITE月 8800円~
CUSTOMIZE月 22000円~
STANDARD月 13200円~
ジーコンシャス株式会社
SmartApps Mobile
LITE月 8800円~
CUSTOMIZE月 22000円~
STANDARD月 13200円~
  • 店舗での利用向けモバイルアプリの開発ツール
  • 柔軟なデザインやSNS連携機能を搭載
  • 料金プランによってさらに利便性の高いアプリ開発が可能

スマホやタブレット対応のアプリを、短期間で費用を抑えながら制作できるツールです。レストラン予約やテイクアウト料理の注文、クーポン配布などの機能が充実しているため、店舗でのアプリ利用を想定する企業におすすめです。

メニューデザインは6種類のテンプレートを利用でき、タイトルロゴや各種アイコンはオリジナル制作にも対応しています。SNSと連携することで、自社のSNSアカウントで投稿した最新の情報をアプリに自動で反映できます。さらに音楽・動画配信サイトと連携すれば、アプリ上で販促用の動画を流すことも可能です。

利用は初期費用が15,000円から(プランにより変動)、そして月額8,000円/12,000円/20,000円の各プランとなっています(※)。最上位のカスタマイズプランでは、既存DB、iBeacon対応などの機能が利用できます。

※2022年2月現在
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Beginners月 3025円~
Ultimate月 60500円~
Team月 16335円~
Pro月 8470円~
Exadel, Inc
Appery.io
Beginners月 3025円~
Ultimate月 60500円~
Team月 16335円~
Pro月 8470円~
  • ドラッグ&ドロップの簡単操作でアプリを制作
  • テンプレートが充実し、拡張機能も豊富で柔軟なカスタマイズが可能
  • 開発規模やアプリ数、サービスに応じて料金プランを選択

プログラミングを行うことなく、ブラウザからドラッグ&ドロップの簡単操作でアプリが制作できます。iOSやAndroid、HTML5、Windows Phoneなど幅広いプラットフォームに対応し、50万を超える企業やユーザーが導入しています(※1)。

直感的に操作でき、利用できるオブジェクトやテンプレートも充実しているため、プログラミングのスキルがない初心者でも高品質なアプリが作成できます。さらにツールの仕様を柔軟にカスタマイズできるため、ニーズに合った使い方で使用可能です。初心者から、アプリ開発に知見があるエンジニアまで不安なく使えるでしょう。

料金形態は初心者向けからチーム向けまで4種類のプランを用意(※2)。さらにすべてのプランは自社の利用目的に合う内容にカスタマイズできます。開発者数や制作できるアプリ数に応じて選択可能です。

※1 Exadel株式会社調べ(2022年2月時点)
※2 2022年2月時点
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本月 1980円~
プラチナ月 6600円~
ゴールド月 3960円~
基本月 1980円~
プラチナ月 6600円~
ゴールド月 3960円~
  • コーディングなしにモバイルアプリが開発できるツール
  • 非常に簡単な作成手順と、豊富な機能が特色
  • 料金プランによりiOS/Android両方のストア配布が可能

コーディングを一切せずにiOSやAndroidアプリ、アプリケーションソフトウェアを開発できるツールです。作成方法は非常にカンタンです。アプリケーション名を入力し、配色とカテゴリを選択したあと、必要な機能を追加するだけで完成します。社内にIT人材がいない企業でも安心でしょう。

機能は豊富で、プッシュ通知やチャットルーム、高解像度フォトギャラリー、音楽・ビデオストリーミング、Googleマップ統合、アプリ内ショッピングなどが事前に用意されています。

料金プランは1,800円/月の基本プランのほか、3,600円/月のゴールドプラン、6,000円/月のプラチナプランがあります(※)。基本プラン、ゴールドプランではAndroidのみのサポートですが、プラチナプランではiOSもサポートされ、App Storeで配布できます

※2022年2月時点
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
GameSalad Home Edu月 880円~
GameSalad Basic月 1870円~
GameSalad Prp月 2750円~
GameSalad Inc.
GameSalad
GameSalad Home Edu月 880円~
GameSalad Basic月 1870円~
GameSalad Prp月 2750円~
  • ノーコードでゲームアプリを作成できる
  • AppleやAndroidなどのプラットフォームへ公開可能
  • コーディングやゲームデザインの学習にも役立つ

100万人以上(※1)が利用しているMac用のゲームアプリ開発ツールです。GameSaladにはあらかじめ各種ゲームのテンプレートが用意されており、ノーコードかつドラッグ&ドロップの簡単操作でアプリを作成できます。専門知識は不要なため、プログラミングやコーディングのスキルに自信がない方でも安心です。

GameSaladで作成したゲームアプリは、App StoreやGoogle Playへリリースできます。広告収入や課金制度で収益化も可能です。「自社で開発したゲームを世界中に公開したい」「ゲーム開発で収入を得たい」企業におすすめです。

GameSaladではコーディングやゲームデザインを学習するための講座提供されています。プログラミングやゲーム設計の基礎を学びながら、ゲーム構築のスキルを身につけられます。未経験者でも楽しみながらゲームアプリを開発できるようになるでしょう。

※1 GameSalad Inc.調べ(2022年3月現在)
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • コードなしでアプリ作成ができるアプリ開発ツール
  • デザイン性の高いアプリ用テンプレートを用意
  • 専門家によるアプリ開発のサポートを受けられる

ShoutEmはAndroidとiPhone用のアプリ開発ツールです。コーディングは不要で、ドラッグ&ドロップの操作だけでアプリを作成できます。リリースしたアプリは、広告の埋め込みやアプリ内課金で収益化が可能です。

ニュースやイベント、ラジオ、観光など豊富なテンプレートがあらかじめ用意されています。すべてのテンプレートがデザイナーによって作成されているため、アプリの見た目にこだわりたい企業にぴったりです。テンプレート内の機能やコンテンツは、ニーズにあわせてカスタマイズや編集に対応しています。

アプリ開発にかかる時間を削減したい企業向けに、専任担当者によるアプリ開発のサポートが提供されています。細かなヒアリング力や豊富な経験と知識で、高品質なアプリ開発を手助けしてくれます。メールサポートは24時間年中無休対応しているため、急なトラブル時にも迅速な対応が期待できます。
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
HOBBYIST月 880円~
ULTRA月 3690円~
PRO月 2310円~
Andromo
Andromo
HOBBYIST月 880円~
ULTRA月 3690円~
PRO月 2310円~
  • 多様なデザインのテンプレートを用意
  • 30種類以上のアプリ構築機能
  • 広告を組み込んで収益化を図れる

約100万人(※1)が利用しているAndromoは、コーディング不要のアプリ開発ツールです。完成度の高いテンプレートが多数用意されており、お好みのデザインを選ぶだけでたった数分でアプリを作成できます。ドラッグ&ドロップの操作のみで必要な機能やコンテンツを選択できる点も強みです。

ニーズにあったモバイルアプリを開発するための機能が充実しています。フォトギャラリーやオーディオスピーカー、電話やメールをワンクリックで行えるボタン、QRコードスキャナーや広告枠などを簡単に設置可能です。思った通りのアプリを作成するのに役立つでしょう。

Andromoには効率的にアプリで収益化を図る仕組みが整っています。関連広告を追加したりアプリの販売を行ったりと、手段は多岐にわたります。Andromo独自のシステムで、高価格な広告をリアルタイム表示できるため、収益額アップに有効です。

※1 Andromo調べ(2022年3月現在)
更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

アプリ開発ツール導入のメリット

ノーコードで開発できる

アプリ開発ツールを利用することでノーコードでの開発が可能です。それぞれのツールに様々な機能がテンプレートとして用意されており、組み合わせることで簡単にプログラムを構築できます。

そのため、特定の言語や環境に詳しいエンジニアがいなくても、社内の既存人員が素早く習得し、直感的な操作で開発に着手することが可能です。

完全にノーコーディングのツールでは自由度が低いため、計画しているアプリの機能構築に懸念がある場合は、ローコーディングのツールも検討してみましょう。一部をコーディングできるため、開発の手間を省きながらも痒い所に手が届きます。

導入コストが下がる

通常のアプリ開発では、スキルや実績を求めて外部の開発ベンダーに発注することが多いですが、外注は内製よりもコストが高いです。開発だけでなく、要件定義やリリース後の保守まで一貫して任せることで品質を担保しようとすると、さらにコストがかかります。

ツールで社内人員が直接アプリを作成し、保守まで担えるので、今までのようにアプリ開発に多くのコストをかける必要はありません。

初回導入は社内のシステム部門で担当し、将来的にはフロント側へ作りやツールの使い方を引き継ぐことで、機能追加やバグ対応などを低コストで対応する方法も考えられます。

バグの発生数が少ない

ツールでは1からコーディングをすることがないため、テスト時にコード記述によるバグ対応は必要ありません


また全ての機能がコーディングされていると、バグを直したことで別の箇所に不具合を起こすこともあります。ツール利用時はテンプレート機能の過不足によるバグが大半を占めるため、修正時に別のバグを引き起こす可能性も最小限に留めることができます。

バグの発生数が少ないことで、当初計画していたスケジュール通りに進めることができ、UAT時やリリース後のユーザ満足度も高くなるでしょう。

開発期間を短縮できる

ノーコーディングによる開発時間の短縮や、バグ発生数が少ないことによるテスト工数の削減だけでなく、選ぶツールの機能によってはさらに開発期間を減らすことが可能です。


例えば、開発工程を管理する機能や、設計書を自動生成する機能があるツールを選ぶことで、通常のシステム開発に必要なプロジェクト管理に係る工数まで削減することができます。


素早いリリースによって、企画時の温度感が下がらないうちにリリースができ、使っていく中でのさらなるアイデアや不満点を反映していくサイクルを生み出すことに繋がります。

アプリ開発ツールの基本機能

プログラム自動生成

設定、データ項目、環境などの情報をインプットするだけで、自動でソースコードやデータベースが構築されます。ツールが自動でコーディングしてくれるためプログラミングの知見がなくても使用しやすく、実装工数やバグの削減も期待できます。

開発工程管理

開発やテストを遅延なく行うためには、計画に沿った日々の進捗管理は欠かせません。しかし、開発する機能やテストケースに合わせた消化計画などをエクセル等で管理すると、手作業のため管理工数が増大します。


開発ツールの中に工程管理のツールも含まれていると、計画と進捗が可視化され、各種数値の集計も自動化されるので、実際の開発やバグ修正に注力できます。

統合開発環境(IDE)

ソースコードのエディタやデバッカ、コンパイラなど、開発からリリースまでに必要な各種ツールを1つのアプリケーションの中で提供します。

ソースコードを書く際に別のエディタソフトを用意する、というように、開発に必要なツールを別々に準備する必要がなくなります。

他サービス連携

既存のサービスやアプリケーションに対し、定型処理などの共通で利用できる機能を提供します。


例えば、開発したアプリから既存アプリケーションにデータ連携機能を構築する場合、データの暗号化やログ取得機能を提供できるツールがあります。

他システムとの連携時に、1から開発する機能を削減することが可能です。

データ分析

リリースしたアプリ内でのユーザ行動を分析し、新たなマーケティング施策や新機能の構築に繋げていくことでアプリの存在意義を高めることができます。

アプリのダウンロード数や起動回数はもちろん、各ページの滞在時間やボタンのクリック回数などの様々な数値が自動集計され、仮説検証に役立ちます。

設計書自動作成

通常のシステム開発では、作成した設計書に沿って開発を行いますが、アプリ開発ツールには設計書の自動作成機能が備わっているものもあります。

先にプログラム生成を実施し設計書自動作成機能を使用することで、ツールがコードを分析して設計書を作成してくれます。設計書の構成を考えたり、記載に不備がないか確認したりする時間を大幅に削減可能です。

比較ポイントと選び方

機能の充足度

様々なアプリ開発ツールがある中で、開発するアプリの企画や事前検討をしっかりと行い、どのツールを使えば予定しているアプリの開発が問題なく進められるかを見極める必要があります。

特に、ノーコード型のツールに搭載されている各種機能のテンプレートを確認し、アプリに搭載したい機能が標準で備わっているか事前に見ておきましょう。

開発に関わる機能だけでなく、工程管理やデータ分析などの便利機能も必要か確認することが大切です。

操作性の良さ

実際に開発を行う人材に合わせて、ツールの操作性を確認しておく必要があります。

機能のテンプレートをドラック&ドロップでパズルのように組み合わせることで、開発ができるツールは、開発経験のないユーザでも抵抗なく取り掛かることができます。

逆に、普段1からコードを書いているシステム部門の方が開発を担当するのであれば、ある程度カスタムも可能なツールの方がかえって使いやすいかもしれません。

料金体系の違い

基本的には利用するユーザごとにライセンスを購入します。そのため、利用人数と1ライセンスあたりの料金で費用を見積もることができます。

ただし、基本機能以外が別のライセンス購入により使えるようになったり、データ容量やサポート範囲によっても追加料金が必要になったりする場合があります。利用する可能性のある機能を洗い出し、それぞれにどのくらい料金が係るか確認しましょう。


また、売上が決まった金額より少なければ無料、利用料無料のトライアル期間あり、といったツールもあるので、ツール選定時や本格導入が決まっていない段階であれば有効活用できます。

サポート体制

ツールの使い方に係る不明点や原因不明の不具合は、プロジェクトの進捗を妨げる原因になります。何かあった時にツール開発元にすぐにQAできるよう、サポート体制の充実度は確認が必要です。

サポート内容で料金体系が異なる場合もあります。また実際に使ってみると、連絡手段やサポートの対応可能時間がネックになることもあるため、検討しているツールごとに比較してみましょう。

平均2分!ミツモアでアプリ開発ツールを相見積もり



社内の業務効率化から顧客体験の向上まで、自社アプリ導入によるメリットは多くあります。スマホ上で各種サービスが手軽に利用できることは、顧客や社員満足度に直結する重要なポイントです。

自社でアプリ開発することにより、社内の意見を素早く取り入れてナレッジを溜め込むことができます。一方で、アプリ開発のエキスパートではない人員で1から開発を進めていくことは容易ではありません。

アプリ開発ツールには、システム知識のない人員でも直感的に開発できるものから、設計書や工数管理などの必要作業を簡略化できるものまで、様々な種類が存在します。

実現したい要件とリソースに合わせて最適な開発アプリを導入するため、平均2分でできる無料の相見積もりを試してみましょう。事業形態、業種、従業員数、必要な機能などの質問に回答すると、自社に合ったアプリ開発ツールが見つかります。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。