ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

日程調整ツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

日程調整ツールとは

日程調節ツールとは社内外問わずさまざまな人たちと、電話やメールで何度もコミュニケーションを取らずに日程調整が終わるツールです。連携しているカレンダーから候補日を自動抽出したり、開催日時を自動登録したりできるため、ダブルブッキングの防止にもなります。

メールや電話で日程調整するとなると、1つのイベントのために膨大な時間と手間がかかってしまい、業務効率は良くないことがほとんどです。しかし近年、日程調整をする事案が増加傾向にあるため、日程調整ツールを導入して業務を効率化したい企業が増えています。

しかし日程調整ツールには予約受付型と候補提案型の2種類があり、さらに無料や有料のもので大きく機能差があります。新規顧客とのビジネスチャンスに繋げることに重きをおくのか、社内の日程調整を行いたいだけなのか、などによっても必要な日程調節ツールが異なります。

自社にはどんな日程調節ツールが必要なのか、どんな機能が欲しいのか、明確にしながら比較しましょう。

おすすめの日程調整ツール一覧

調整アポ
株式会社RECEPTIONIST
スタンダード要お問い合わせ
エンタープライズ要お問い合わせ
プレミアム要お問い合わせ
株式会社RECEPTIONIST
調整アポ
スタンダード要お問い合わせ
エンタープライズ要お問い合わせ
プレミアム要お問い合わせ
  • 「URLを送ってお客様が選ぶ」の2ステップのみで調整完了
  • Salesforceをはじめとするさまざまなツールと連携できる
  • サイボウズのGaroonカレンダーと唯一連携できる日程調整ツール
  • 海外の取引先との会議の日程調整にも対応したタイムゾーン変更機能

調整アポは日程調整に関するさまざまな業務を丸々自動化するビジネス向けの日程調整ツールです。お客様との日程調整を手作業でするのは「手間」と思っている方も、問題ありません。URLを送って相手が選ぶだけで会議の日程調整が完了します。使用中のカレンダーに自動で日程を反映するので登録の手間や重複の心配は不要です。

シンプルな画面設計に見やすい管理画面が特長です。導入している企業からはUIが優れているとの声が多数上がっています。日程を選ぶ方にとっても操作しやすく、会議用URLや場所、担当者名といった情報が自動で共有されるので、コミュニケーションが円滑になるでしょう。

お住まいが海外の方と日程調整する際でも問題ありません。時差をわざわざ計算しなくてもタイムゾーンを変更すればスムーズに調整が行えます。取引先に海外企業、顧客が多くいる企業におすすめです。

導入実績
hacomono、SUPER STUDIO、HR Brainなど
更新日:2022-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ミニマムユーザ / 月 220円~
ベーシックユーザ / 月 385円~
プレミアムユーザ / 月 605円~
TOWN株式会社
Aipo(アイポ)
ミニマムユーザ / 月 220円~
ベーシックユーザ / 月 385円~
プレミアムユーザ / 月 605円~
  • メンバーの日程を画面表示してチーム内での共同作業を助ける
  • PCが苦手な方でもマニュアル無しで操作できる
  • 候補日はカレンダーの最新情報から選ばれるため重複が起こらない

Aipo(アイポ)は社内会議や営業先との商談、人事面接といったさまざまな場面での面倒な日程調整の業務を自動化するサービスです。チームのメンバーのスケジュールを1つの画面に表示させられるので、日程調整に時間がかかりません。

PC操作が苦手で使いこなせるか不安な方へ向けて、実際に利用している企業からは「使いやすい」「見やすい」といった声が上がっているので安心です。年配の社員がいる企業でも問題ありません。チーム内での共同作業を効率化し、シンプルに運用したい企業におすすめです。
更新日:2022-06-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
eeasy
株式会社 E4/E4 Inc.
基本サービスユーザ / 月 935円~
株式会社 E4/E4 Inc.
eeasy
基本サービスユーザ / 月 935円~
  • 最新のカレンダー情報での調整だからダブルブッキングがない
  • 会議場所まで自動調整、3社間以上の調整も可能
  • GoogleカレンダーやOutlook予定表と連携できる
  • ZoomやGoogle Meet、Teams と連携すればURL発行も自動化

eeasyは、グループウェアとの連携を通じて日程調整を自動化するビジネス向けサービスです。社員1人に対して1年間で100〜200時間削減できます(※1)。決まった日程は使っているカレンダーに自動で登録されるので、登録の手間や漏れの心配は必要ありません。東証一部企業からITベンチャー企業に人気のツールです。

同時並行での複数日程の調整にお悩みの方へ向けて、常に最新のカレンダー情報で調整が行われるため、予定の重複が起こりません。そのため1度に複数の相手とスケジュール調整する場合でも同時並行でスムーズに進みます。日程の再調整をしなくて済むので多くのリソースが生めるでしょう。

会議や打合せの参加者だけでなく、場所を設定できます。ZoomやGoogle Meet、Teamsを使っている方は会議用URLの発行をする必要がありません。自動でURLを発行し会議を行う場所・手段を調整します。3社間以上の調整を行える点は魅力です。

導入実績
弁護士ドットコム、レバレジーズ、あしたのチームなど

※1 株式会社E4調べ(2022年2月時点)
更新日:2022-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 1対1だけでなく3社間以上の日程調整ができる
  • ユーザーアンケートを元にして作られたわかりやすいUI
  • URLなしにオンライン名刺交換ができる

ScheConはGoogleカレンダーまたはOutlook予定表と連携して、対象者の空き時間を自動抽出したり、会議やランチなどの日程調整を手軽に行ったりできるサービスです。1対1の商談や大人数へのプレゼンの会議、オンラインミーティングの日程、場所などの調整を手軽に行えます。

使いこなせるか不安な方へ向けて、100名以上を対象にしたアンケート結果を元にして設計されたUI/UXデザインで、見やすく操作しやすい仕様なので安心です。お客様がネットに不慣れな年配の方の場合でも問題ありません。年配のお客様でもマニュアルなしで利用できます。無料で使えるフリープランがあるので、お試し感覚で1度利用してみるのがおすすめです。

URLなしに日程調整を行った方とも、オンライン名刺交換ができる点も特徴の1つです。交換した名刺は自動でアドレス帳に登録される上、CSV出力ができます。また第三者による情報漏洩や改竄を心配する必要はありません。全ての通信は暗号化されており安心です。

導入実績
イニシャル、ウィルゲート、207株式会社など
更新日:2022-06-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • Zoom App Marketplaceで国内1位の日程調整ツール
  • バッファ時間の調整や、移動時間の考慮が可能
  • 投票機能の活用、複数人の調整ができる
  • ZoomやGoogle Meet、Teams と連携で、URL発行を自動化

エンタープライズを中心に、調整難易度の高い日程調整に対応可能なツールです。社内・社外複数人の日程調整に対応しているため、全社的な導入や既存業務への組み込み、BtoB、BtoCなどの幅広い調整で利用されています。


前後のバッファ調整はもちろん、Google Mapから情報を取得して、来訪や訪問、実際の移動時間を考慮することが可能です。


Zoom App Marketplaceでは現在、国内の日程調整アプリで1位にランキングしています。海外との調整が可能なタイムゾーン機能や、英語の言語対応も万全です。


導入実績
ラクス、エス・エム・エス、KINTO、辻・本郷税理士法人など
更新日:2022-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
TimeRex
ミクステンド株式会社
ベーシック月 825円~
プレミアム月 1375円~
ミクステンド株式会社
TimeRex
ベーシック月 825円~
プレミアム月 1375円~
  • 日程候補のリストアップからカレンダーへの登録まで自動化
  • ダブルブッキングなく同時並行で日程調整可能
  • AWSのクラウド環境と通信暗号化でセキュリティ面も安心
  • 「調整さん」のビジネス向けバージョン

TimeRexはGoogleカレンダーやOutlook予定表とリアルタイム連携することで、自動で日程調整をするビジネス向けのサービスです使っているカレンダーとメールを行き来する必要はありません。また最新のカレンダー情報で調整されるのでダブルブッキングなしに、複数人に対して同時並行で日程調整ができます。知名度のあるツールを1度試してみたい方は、登録者6万人以上を誇るTimeRexの無料プランで体験してみるのがおすすめです。

導入実績
アドレス、カンブラント、NagatachoGRiDなど
更新日:2022-09-07
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
調整さん
ミクステンド株式会社
基本プラン月 0円~
ミクステンド株式会社
調整さん
基本プラン月 0円~
  • 無料で使いやすく利用者は累計2,500万人以上
  • 出欠表作成はたったの30秒、リテラシーを問わない直感的なUI
  • スマホからログインなしで即利用可能

調整さんは忘年会や飲み会といったプライベートなイベントのスケジュール調整が得意な日程調整ツールです。忘年会などの幹事になりスケジュール決めに悩んでいる方へ向けて、URLをメンバーに送るだけで出欠確認やスケジュール調整が簡単に行えます。出席をとるためのURLは、複数の決まった項目に入力するだけで、たった30秒で作成可能です。無料であるだけでなく、スマホやタブレットから操作できるので移動時間などの隙間時間にサクッと日程調整ができます。
更新日:2022-06-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Spir
株式会社Spir / Spir, Inc.
個人プラン月 0円~
チームプランユーザ / 月 1480円~
株式会社Spir / Spir, Inc.
Spir
個人プラン月 0円~
チームプランユーザ / 月 1480円~
  • 予定管理から日程調整までを効率化
  • 予定前後の移動時間を条件付けした上で候補日を抽出可能
  • 確定した日程と重複した候補日は自動削除

Spirは予定管理から日程調整までの業務を効率化するビジネス向けサービスです。候補日を連絡するために何度もカレンダーとメッセージを見比べて、日時をテキスト入力する必要はありません。候補日を選んでURLをシェアする、たったの2ステップだけです。相手が都合の良い日時を選んでクリックすれば、自動で双方のカレンダーに登録されます。
更新日:2022-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
トントン
株式会社アマネク
基本プラン月 0円~
株式会社アマネク
トントン
基本プラン月 0円~
  • 会員登録なしに無料で手軽に使える
  • 候補日を選択してURLを送信するだけ
  • 機能数は多くなく必要最低限

トントンは会員登録をせずに無料で簡単に日程調整が行えるサービスです。女子会やサークルの飲み会、忘年会といったイベントのスケジュール調整に適しています。シンプルに日程調整のみを行いたいと思っている方は、機能数が多くなく必要最低限の機能に抑えられたトントンがおすすめです。
更新日:2022-06-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

日程調整ツール導入のメリット

複数人相手の日程調整が大幅に効率化できる

社内会議やセミナーのような複数人と日程調整を行わなくてはならない時、メールや電話で対応していると予想以上に時間がかかってしまいます。なぜなら個別にメールを返信していたり、参加者からの簡単な質問に答えたり、参加可能日時をまとめたりする必要があるからです。

しかし日程調整ツールと参加者のカレンダーが連携していれば、全員が空いている日時を自動抽出します。さらにひとりひとりに詳細を連絡せずとも、メールに記載しているURLを開けば内容や日程がわかるのでコミュニケーションコストの大幅削減が可能です。

もちろん日程調節ツールと連携していない参加者がいる場合でも、連携している人たちだけで自動抽出した日程から空いている日時を選ぶだけなので、簡単に日程調整ができます。このように複数人相手でも、何度も何度も似たようなメールを送る必要がなくなるので、大きく業務改善ができるでしょう。


日程調整コストを削減できる

顧客との日程調整は、思った以上に時間がかかる作業です。候補日時の抽出を行い、その日時をテキストにおこし、メールを送信します。さらに顧客からの返信メールにも対応しなくてはなりません。

しかし日程調整ツールであれば、日程の候補日を自動抽出して、日程調整のためのURLを作成できます。顧客は受信したメールに記載されたURLへ飛び、自身が空いている日程のボタンをタップすれば良いだけです。

このように顧客にとっても企業にとっても、スムーズな日程調整ができます。結果、お互いコミュニケーションコストが削減できるため、ビジネスチャンスにも繋がりやすくなるでしょう。


ビジネスチャンスを逃さずに対応できる

日程調整ツールは顧客と企業間のコミュニケーションコストの削減によって、ビジネスチャンスに繋げるだけではありません。カレンダーツールと連携することで、ダブルブッキングを防止したり、メールの連絡では起こりがちな返信忘れやコピー&ペーストによる編集漏れのリスクを軽減したりすることで、チャンスを逃さずに対応できます。

さらに日程調整に時間をかけないことで、ビジネスチャンスをものにするための準備に時間を割けるでしょう。本業の時間が増やせるということは、新規の顧客開拓にも関わりますが、既存の顧客の満足度にも関わります。そのため日程調整ツールによる時間創出は、企業にとって大きなメリットとなるでしょう。

日程調整ツールの基本機能

カレンダーツールとの連携

GoogleカレンダーやOutlook予定表、iCloudカレンダーなどのよく利用されるカレンダーツールとの連携が可能です。連携したカレンダーから空いている日時を自動的に抽出するため、候補日時の書き出し作業がなくなるでしょう。


イベントURL作成、送付

連携したカレンダーツールから抽出した日時を記載した、イベントURLの作成ができます。URLを参加予定者に送付するだけで、予定者はイベントの候補日時を確認し、参加可能日時を開催者へ共有しつつ、イベント内容の詳細確認まで可能です。

複数人相手の日程調整

参加予定者が多ければ多いほど、イベントの詳細や候補日時を記載したメッセージを何通も送らなければなりません。さらに都合の良い日時を記載した個別返信に改めて返信する必要があります。

しかし日程調整ツールであれば、参加者の選択を行うだけで自動で候補日を送信可能です。日程調整の回答はツールに集約させるため、個別返信に対応する必要もありません。

このように複数相手の日程調整も行えるため、セミナーやWeb会議を行うことが多い企業ほど日程調整の作業コストを減らせるでしょう。

候補日時テキスト化

連携カレンダーを参照して空いている日時をテキスト化できる機能です。カレンダーを確認しながら複数の「〇月〇日〇時」を記載していると、どうしてもミスが発生します。

しかし日程調整ツールであれば候補日時を自動抽出してテキスト化するため、取引先や上司のような日程調整用のメッセージを送りづらい相手へのメール送付の時間短縮にも繋がるでしょう。

条件設定

日程調整ツールへ連携カレンダーを自動で反映するときは、反映する曜日や時間帯の限定ができます。さらに誰かがある日時に予約を入れた場合、予約者のところへの前後の移動時間の設定も可能です。移動時間が設定できないとダブルブッキングが起こってしまうため、条件設定があるタイプのほうが安心して日程調整できるでしょう。

スケジュール自動登録

日時調整ツールを利用して日時が決まると、即時に連携カレンダーへ自動登録されます。そのため自分でカレンダーへ記入する必要はなく、さらにそのあとのダブルブッキングの防止も可能です。

Web会議ツールとの連携

ZoomやGoogleMeet、Microsoft TeamsのようなWeb会議ツールとの連携が可能です。会議の日程調整やWeb会議用のURL発行も行えるため、メッセージやチャットの手間が省けるでしょう。

比較ポイントと選び方

日程調整業務にどの程度使っているか

日程調整業務にどの程度の時間、人員を割いているかまず確認しましょう。

社内はもちろん、社外の人との日程調整を含めるて計算するのがおすすめです。日程調整自体が頻発しなかったり、調整相手が大人数でなかったりすると、日程調整ツールのメリットがあまり実感できない可能性もあります。

現在日程調整にかかっているコスト感と、ツールの導入にかかる時間やコストと比較して、導入の可否や予算を決定しましょう。


予約受付型か候補提案型か

日程調整ツールの調整方法には、予約受付型と候補提案型があります。予約受付型はお客様や取引先が自分で日時を選択する方法で、候補提案型は先にいくつかの候補日時を提案する方法です。

予約受付型のほうが提案の手間が省けるので、営業のアポ取りのように候補日時がたくさんあるほうが良い場合には安心でしょう。ただし相手へ自分のスケジュールがわかってしまうのがデメリットです。

なお予約受付型も候補提案型も使える日程調整ツールもありますが、片方しか使えないツールもあるのでどちらを優先するかは決めておくことをおすすめします。

連携できるツールは何か

既存のカレンダーツールがある場合は、日程調整ツールとの連携が可能なのか確認しましょう。連携できないツールでは日程調節ツールのメリットをほとんど活かせないため注意が必要です。

またカレンダーツールだけでなく、営業支援ツールやWeb会議ツールのような日程の管理が必要なツールとも連携できるかの確認をおすすめします。なぜなら既存のツールと連携することで、より確実なダブルブッキングの防止や正確な候補日時の抽出に繋がるからです。

さらにslackやChatworkなどのビジネスチャットツールとも連携が取れれば、日程調整ツールで確定した日時の反映だけでなく、タスク追加やコンタクト追加が自動で行われます。これによって社内共有の簡素化が可能です。

どのデバイスに対応しているか

今後3Gのガラケーはなくなっていく予定ですが、docomoであれば2026年3月末までは使えます。そのため日程調整ツールもパソコンやスマホだけでなく、ガラケー対応が必要な企業もあることでしょう。

ですから、利用する人がどんな年齢層なのかを考慮に入れて、日程調整ツールの対応デバイスを決定する必要があります。

日程調整画面の使いやすさ

日程調整画面のデザイン性は日程調整ツールの中でもひときわ大切なポイントでしょう。なぜならわかりやすい画面でないと、お客様が操作方法をわからずに未回答となってしまうからです。

これではビジネスチャンスを逃してしまうだけでなく、顧客満足度の低下にも繋がります。顧客の年齢層やデバイスを考慮して、使いやすそうな日程調整画面を提供しているツールを導入しましょう。


管理画面の使いやすさ

管理画面の使いやすさは、社内のツール浸透率に直結します。各従業員が直感的に使うことができる日程調整ツールでないと、だんだんにツールを使わなくなる可能性が高いためです。

特に社内でしかツールを使う予定がない場合には、お客様よりも従業員のことを考えてツールの導入を検討しましょう。


無料のものも有料のものもある

日程調整ツールをまず導入してみたい際には、いったん社内運用として無料のツールを導入してみても良いでしょう。そのくらい無料のものでも使いやすいツールが多いのが特徴です。

また元々は無料ですが、使いやすくなる機能を追加したい場合に有料となるツールもあります。「社外の人ともツールを利用したい」「社内の別のツールと連携したい」という希望があれば有料ツールへ移行しましょう。

有料ツールは、高くて1人当たり月1,000円程度の料金感です。予算と作業時間短縮によるコストを比較して導入しましょう。

平均2分!ミツモアで日程調整ツールを相見積もり


電話やメールでの日程調整は時間や手間がかかる上、ダブルブッキングや返信漏れのようなミスが起こりえます。さらに最近ではオンラインの会議やセミナー、営業が増えているため移動時間を加味する必要がありません。そのため今まで以上に、アポを取る頻度が増加傾向にあります。そこで日程調整ツールを導入して、日程調整にかかる時間や手間を削減しましょう。

しかしすべての日程調整ツールが、自社の日程調整業務を改善してくれるわけではありません。日程調整ツールによって、予約受付型か候補提案型か、自社で使っているカレンダーと連携できるか、などのさまざまな特徴があります。

その中から最適な日程調節ツールを選択するためにも、平均2分でできる無料の相見積もりを試してみましょう。調整方法、連携したいカレンダーツール、対応デバイスなどの質問に回答すると、自社に合った日程調節ツールが見つかります。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。