ミツモア
【2024年】LINEマーケティングツール比較11選!おすすめ製品や導入メリットを解説

LINEマーケティングツールおすすめ11選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

LINEマーケティングツールとは

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、LINEの普及率はすでに81.6%を突破しています。(※1)そして老若男女問わず導入されているツールとして成長しており、LINEを使ったマーケティングに乗り出す企業も増えています。


LINEマーケティングツールとは、その名の通りLINEを使ったマーケティングをサポートするためのツールです。

ITに詳しくなくても誰でも簡単に使えるよう工夫されており、ワンタップでさまざまなプロモーションができるとして注目されました。現在では業種・規模・地域を問わず多くの企業や店舗で使われており、顧客を呼び込むツールになっています。


今回は、おすすめのLINEマーケティングツールを紹介します。搭載機能や比較のポイントにも触れるので、今後の導入を検討されている方はぜひご参考ください。


※1 モバイル社会研究所調べ (2022年5月16日時点)


LINEを活用したマーケティングの種類(手法)

LINEを活用したマーケティングの種類(手法)として、下記3点が挙げられます。


  • LINE公式アカウント
  • LINE広告
  • LINEプロモーションスタンプ


LINE公式アカウントは、企業・店舗の公式アカウントを取得し、自社の情報をダイレクトに伝える方法です。自社のポイントカードやクーポンをアカウントと紐づければリピーターの獲得に有効であり、ユーザーの情報も収集できるのでより効果的なマーケティングが叶うでしょう。LINEマーケティングツールは公式アカウントの運用をサポートするツールとなります。


LINE広告は、LINEユーザー9,300万人に向けて広告を配信する方法です。運用型なので広告料金は入札価格により変動するのが特徴であり、入稿のボリュームやタイミングも自由に調整できます。


LINEプロモーションスタンプは、自社公式のLINEスタンプを配信する方法です。ユーザー同士のコミュニケーションにスタンプを使ってもらうことで、自然な広告のように配信できます。

商品購入・アカウント登録・イベント来場などのインセンティブとしても活用可能です。




LINEマーケティングツール選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。業種や欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想のLINEマーケティングツールが見つかります。

注目のLINEマーケティングツール一覧

DECA for LINE
DECA for LINE
株式会社ギブリー (Givery, Inc.)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • コンバージョンの可能性が高いユーザーを集客できる
  • LINE内外のコミュニケーションとも連携できる
  • 初心者に使いやすく企業の要望に応じたカスタマイズも可能


DECA for LINEは、コンバージョンの可能性が高いユーザーの集客に長けているLINEマーケティングツールです。友だち登録の経路・アンケートの回答内容・診断コンテンツの結果などを個別に分析して、一人ひとりのユーザーをラベリングできるので、細かくターゲティングしたいときに役立ちます。


またライン内外のコミュニケーションとも連携できるので活用していきましょう。具体的にはECサイトでもリアル店舗でも使えるクーポンの配信やカウンセリング予約のインセンティブを追加でき、実際に足を運んでもらうなどのアクションの訴求が可能です。


デザインは直観的なユーザーインターフェースになるよう工夫されており、基本的な設定は全てドラック&ドロップのみで完結します。面倒かつ煩雑な設定を避けたいときや、LINEマーケティングツールの使用が初めてのときにおすすめです。またLINE IDの連携やWeb行動データを取得した配信やCRM等の顧客データとの連携状況や企業の要望に応じたカスタマイズにも対応しています。

更新日:2023-12-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
常連コボット for LINE
常連コボット for LINE
ディップ株式会社

0
レビュー数
0
円
初期費用
55000円~

  • LINEで店舗のポイントカードを作成
  • 店舗の割引やお得情報を発信し来店促進
  • データの可視化で好循環をつくり常連客を増やす


常連コボット for LINEはLINE使ってポイントカードを作成します。LINEはすでに多くの人が利用しているアプリで、新たなDLが不要のうえ会員登録も不要です。電子ポイントカードなら来店以外にもさまざまなポイント機能や魅力的なクーポンの設定が可能です。


常連コボット for LINEで作成したクーポンやポイントをLINEメッセージで訴求し、常連コボット for LINEに誘導する事により、ログインや来店、友達紹介など、どんどんポイントが貯まる仕組みづくりでリピーター獲得の可能性を高められます。


サービスレベルの向上のため、来店者データでリピータを可視化します。来店回数などのデータをチェックし、サービスレベルの向上に役立てることが可能です。常連がさらに増えるような好循環をつくることが売上アップにつながります。

更新日:2024-01-15
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
MicoCloud
MicoCloud
Micoeorks株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • LINE公式アカウントの立ち上げから改善施策立案まで幅広くサポート
  • LINE公認テクノロジーパートナーとして認定されている
  • 1年単位の短スパンで契約・更新できる

MicoCloudは、LINE公式テクノロジーパートナーとして認定されているMicoworks株式会社が提供するツールです。ベンチャー企業・スタートアップ企業から大企業まで幅広く活用されており、集客からファン化まで一元管理できるツールとして注目されました。

支援体制が手厚いツールとしても有名であり、LINE公式アカウントの立ち上げから運用ノウハウの提供や改善施策の立案、業務効率化に向けたアドバイスなどさまざまなサポートを提供しています。「成果の出る体制にすることを重視したい」「効果的なPDCAサイクルを回したい」というときにこそ、頼ってみるとよいでしょう。

また1年単位の短スパンで契約や更新できることも魅力です。まずは短期間だけLINE公式アカウントを運用して試してみたい、というシーンでも便利です。
更新日:2022-12-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
LOYCUS
LOYCUS
エキステム株式会社

0
レビュー数
0
円
22000円~
  • 導入費用の最大2分の1が補助金として申請できる可能性がある
  • マーケターが選ぶLINEマーケティングツール支持率No.1(※1)
  • 分析・効果可視化に長けており運用しやすい

LOYCUSは、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の認定を受けているツールです。中小企業・小規模事業者であれば導入費用の最大2分の1が補助金として申請できる可能性があるので、コストパフォーマンスを重視したいときに検討してみましょう。

業界内外からも注目度も高く、マーケターが選ぶLINEマーケティングツール支持率No.1に輝いていることも特徴です。同調査においては「注目度」「効果が期待できる」ツールにおいてもNo.1を記録しており、多彩な業界で導入されるようになりました。

特に分析・効果可視化に長けているツールなので、効果的なPDCAサイクルを回したいときにおすすめです。運用効果を見ながらLINE広告を配信したり、最適なセグメントだけを抽出してメッセージを配信したり、効率化したいときに役立てましょう。

※1 日本コンシューマーリサーチ「LINEマーケティングツールを扱う10社を対象としたブランド名イメージ調査」(調査期間:2022年6月10日~6月15日)
更新日:2023-03-13
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Lステップ
Lステップ
株式会社マネクル

0
レビュー数
0
円
5000円~
  • 初期費用なし・30日間無料で利用可能
  • 累計上導入社数が業界No.1(※1)
  • Googleカレンダーと連携した予約管理が可能

Lステップは、初期費用なし、30日間無料で利用できるコストパフォーマンスの良いLINEマーケティングツールです。月額2,980円から利用できること、個別の相談会やコンサルティングの費用が無料なことも、コスト面で不安を抱える企業の支えとなっています。

累計上導入社数は業界No.1に輝いており、同調査では「有料ユーザーアカウント契約社数」「導入前後のサポートが充実の集客ツール」「マーケティング責任者が推奨する集客ツール」でもNo.1を記録しました。公式HP上にはさまざまな業界における導入事例が掲載されており、多彩な活用方法を学べます。

また最近カレンダー予約機能とGoogleカレンダーの連携が始まったことでも注目を集めました。特にLINEだけで予約を完結させたい業態や、日ごろからGoogleカレンダー上でタスク管理している会社におすすめです。

※1 日本マーケティングリサーチ機構調べ「2022年2月期 指定領域における市場調査」
更新日:2023-02-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
L Message
L Message
株式会社ミショナ

0
レビュー数
0
円
0円~
  • 導入実績は1万社以上(※1)
  • フリープランなら月1,000通まで完全無料
  • カウンセリングや打ち合わせの手間なくスピーディーに始められる

L Messageは、コストパフォーマンスのよいLINEマーケティングツールとして知られています。フリープランなら月1,000通まで配信が無料で、初期費用がかかりません。従量課金もないので、予算内で確実に運用できる点も魅力です。

現在は導入実績が1万社を超える大手サービスとして成長しています。リピート率の高いネイルサロンや美容院などの業態はもちろん、より多くの人を安定して呼び込む必要のある不動産業・リフォーム業などでの導入も広がっており、活用方法も様々です。

またL Messageはカウンセリングや打ち合わせの手間なくスピーディーに始められます。LINE公式アカウントを取得してL Messageの管理画面とリンクするだけなので、思い立った日に導入が可能です。もちろん分からないことがあれば、専任チームが個別にアドバイスをしてくれるので、安心して使えるでしょう。


※1 ミショナ調べ(2022年12月時点)
更新日:2023-02-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
TSUNAGARU
TSUNAGARU
株式会社デジタルシフト

0
レビュー数
0
円
0円~
  • 最短5分・無料でのスタートが可能
  • 売上拡大とマーケティングDX推進におすすめ
  • LINE社認定のTechnology Partnerとして認定されている

TSUNAGARUは、最短5分かつ無料で使い始められるLINEマーケティングツールです。フリープランであれば初期費用・月額費用がかからないので、期間制限なくいつでも基本機能を使えます。「最初から料金がかかるのは心配」という場合、まずは無料から使い始めて徐々に拡張していくことを検討してみましょう。

またTSUNAGARUは特に売上拡大とマーケティングDX促進に向いており、購買可能性の高いホットなユーザーをピンポイントで狙えます。セグメント分析にも長けているのでマーケターの手間を削減しやすく、業務効率化にもおすすめです。

また提供会社である株式会社デジタルシフトはLINE社認定のTechnology Partnerとして認定されており、国内で唯一「Performance」と「Measurement」のバッジを取得しています。確実な実績・評判を求めるときには、ぜひ選択肢に加えてみましょう。
更新日:2022-12-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
CScloud
CScloud
スタークス株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 複数人での管理やチャットボットの拡充におすすめ
  • コールセンターや問い合わせ窓口の代用手段としても使える
  • 有人対応をスムーズにする機能が多いのでスタッフ間の共有に最適

CScloudは、複数人でのLINE公式アカウント管理やチャットボットの拡充に長けているLINEマーケティングツールです。まずはチャットボットでの一時対応、チャットボットだけでは解決できない案件を速やかに有人対応へ切り替える、などの動作ができるので顧客からの問い合わせを逃すことがありません。

コールセンターや問い合わせ窓口の代用手段としても使うことが可能です。より専門性の高い質問にだけ有人で対応できるため、コールセンターの負担軽減・担当者のスキル向上なども叶えられるとして注目されました。

また有人対応をスムーズにする機能も多数搭載されています。1対1のトーク画面を複数人で管理できたり、複数拠点にいる人に担当者を切り替えたりもできるので、今の実務を阻害しない使い方ができるでしょう。既存の顧客管理システムとも連携できるなど、使い勝手が良いのが特徴です。
更新日:2022-12-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
DMMチャットブースト
DMMチャットブースト
株式会社DMMboost

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 専門チームに導入と運用を丸任せできる
  • 完全成果報酬型の料金システム
  • 潜在顧客の獲得や離脱可能性の高い顧客の獲得に最適

DMMチャットブーストには専門チームが在籍しており、導入・運用を全て委託できます。ITツールを駆使する自信がない企業はもちろん、LINE公式アカウント運用の専任担当者を設置する余裕のない企業や軌道に乗るまでプロの力を借りたい企業にもおすすめです。

また料金は完全成果報酬型であり、必要以上のコストが発生しません。問い合わせ数・予約数・購買数や単価など実際に増えたコンバージョンに対してのみ料金が発生するので、投資に対して成果が出ないリスクを防げます。

サイトから離脱しようとした顧客に対しポップアップやキャンペーンを表示するなど、離脱可能性の高いユーザーの獲得に長けていることも特徴です。LINEに誘導しながら継続的な顧客接点を確保してくれるので、そもそもの顧客数自体を増やしたいときに検討してもよいでしょう。
更新日:2022-12-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Liny(リニー)
Liny(リニー)
ソーシャルデータバンク株式会社

0
レビュー数
0
円
5500円~
  • プログラミング知識不要で柔軟なカスタマイズができる
  • 顧客カルテをつくるような感覚でユーザー情報を一元管理できる
  • 運用後の効果をユーザー単位で可視化できる

Linyは、プログラミング知識不要で柔軟なカスタマイズができるノーコードタイプのLINEマーケティングツールです。LINE公式アカウントだけでは不可能な分析・情報の追加・セグメント分析などができるので、手軽に本格的な機能を活用できます。


特にユーザー管理機能は手厚く、顧客カルテをつくるような感覚で情報を一元管理できることが特徴です。LINE上で収集した内容はもちろん、電話やメールで話した内容や写真、動画も添付したオリジナルの顧客管理ができるので、次回のアプローチにも役立ちます。


なお、セグメント配信後の効果はユーザー単位で閲覧できるので、より効果のある配信をしたいときに活用しましょう。他にも性別や年代、居住地単位で分析できるなど幅広い機能が搭載されています。

更新日:2022-12-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

LINEマーケティングツール導入のメリット

顧客との関係強化、顧客(お友達)が増加する

LINEマーケティングツールを使うことで、顧客との関係を強化できます。顧客の属性に合わせてピンポイントなメッセージを配信できれば、違和感なくコンバージョンにつなげられるでしょう。結果的に顧客満足度が上がるなど、目に見えづらい効果も発揮できます。


またLINEを使えば24時間365日問い合わせに対応できるなど、顧客から見たメリットも多いです。使い勝手の良さが認められればさらに顧客が増えると期待でき、顧客属性データもより効率的に収集できます。


購入率や再訪率の最大化

一度自社に興味を持ってくれた人に最適なアプローチができれば、リピート率(再訪率)が上がります。繰り返していくことで自社のファンになってくれる可能性も高く、同業他社が似たようなサービス・商品を展開してもあえて自社を選択してくれるようになるかもしれません。


リピーターの獲得には、セグメント配信やマーケティングオートメーション(MA)の視点が欠かせません。LINEマーケティングツールにはどちらの機能も搭載されていることがほとんどなので、手作業でLINE公式アカウントを運用するとき以上の効果が期待できるのです。


効果の可視化され分析に活用できる

LINEマーケティングツールには効果検証・分析機能が搭載されており、ワンクリックで運用効果を可視化できます。採用した手段や投資したコストに対してどの程度の効果が得られているのかすぐに分かるので、万が一思うような効果が発揮されていなかった場合の修正・改善も容易です。


繰り返すことで自社にLINE公式アカウント運用のノウハウが身につくこともあり、さらに業務効率化できることも多いでしょう。効果的にPDCAサイクルを回したいときこそ、最初はLINEマーケティングツールを頼ることがメリットとなります。


自動化による業務の効率化、運用負担を減らす

LINEマーケティングツールに搭載されているチャットボットを活用すれば、電話・メールでの問い合わせ対応にかかる手間を削減できます。他にも、自動分析ツールを使ってマーケティングの手間を減らしたり、予約機能を使ってスケジュール調整を簡略化したりすることも可能です。


業務の効率化や運用負担を軽減できるので、LINE公式アカウントを作ることが大きな手間になりません。現場で働く従業員のワークライフバランスも実現しやすく、空いた時間を他の業務に充てられるなど生産性向上の効果も高くなります。

LINEマーケティングツールの比較ポイントと選び方

必要な機能が揃っている

検討しているLINEマーケティングツールに、自社が求める機能が搭載されているか確認しましょう。非常に多機能なツールもあれば、特定の機能に長けているツールもあり、使い方次第で相性が大きく変わります。


選び方に困ったときは、今現在LINE公式アカウントを運用していて困っていることや、LINE公式アカウントを使って何を成し遂げたいかを考えるのが近道です。自社の課題を解決してくれそうな機能を重視して選べば、大きなミスマッチになることはありません。


プランが予算に見合っている

予算に見合っているツールか、事前に試算しておきましょう。毎月月額で課金されるツールであれば、ランニングコストの計算が容易です。反対に成果報酬型のツールであれば、成果に対して投資額が上回ってしまうリスクを予防でき、コストパフォーマンスの良い運用が実現できるでしょう。


なかには無料で利用できるLINEマーケティングツールもあるので、機能に制限がかからないかを比較し、最低限使いたい機能を使えるか検討しておくことが大切です。


外部システムとデータ連携できる

外部システムとデータを連携できるか調べ、拡張性を持たせることも大切です。既に使っている顧客管理システム(CRM)やMAツールと連携できれば導入のハードルが低くなり、ユーザー情報の一元管理も可能です。


また他にもチャットボットや自社のECサイトと連携できるか、Googleカレンダーなどを使えるかなど、比較しておきましょう。複数のツールを使いすぎて情報が分散してしまうことのないよう、対策することが重要です。


>>CRMをお探しの方はコチラ

>>MAツールをお探しの方はコチラ


機能が使いやすい

使いやすさを重視し、ストレスフリーに活用することも大切です。例えば初心者でも使いやすいユーザーインターフェースを採用しているLINEマーケティングツールであれば、担当者のIT知識に左右されずに誰でも手軽に使えます。


迷ったときは、無料トライアル期間やフリープランの利用を検討してみましょう。まずは小規模な範囲から導入したり、実際に運用担当者が触ってみたりすることで、感覚が掴めることも多いです。2~3個使ってみるとそれぞれのメリット・デメリットがわかってくるケースもあるので、納得して導入を決定できるでしょう。


導入サポートや運用コンサルティングサービスがある

導入サポートの手厚さや、運用のコンサルティングサービスの有無で決める方法もあります。導入サポートが手厚い場合、企業がつまづきがちなオンボーディングから伴走してくれるので操作や設定に戸惑うことがありません。


運用のコンサルティングサービスを使うのであれば、いざ効果が出なかったときの対策や分析の手法に悩んだりしたときに効果的なアドバイスをしてくれます。


同業種や同業界の実績がある

LINEマーケティングツールの導入実績や導入事例をチェックし、同業他社での活用方法を学ぶのもおすすめです。似た業態で上手に活用できている事例があれば、自社に共通する要素が見つかるかもしれません。


また公式HPに掲載されている内容だけでなく、営業担当者から情報収集するのもおすすめです。実際に利用している人の口コミ・評判なども参考にしながら、イメージを固めていきましょう。

LINEマーケティングツールでできること(主な機能)

顧客管理・ユーザー分析

自社の公式アカウントを友だち登録してもらうことにより、ユーザーの詳細情報を分析できます。年代・性別・居住地・訪問店舗・購入商品などがわかるので、自社のファンとなっているユーザーがどのような属性にあるか知るきっかけとなりす。


より詳細なターゲティングをしてプロモーションしたり、顧客属性に合った商品・サービスを改善したり、さまざまな活用方法が考えられます。


経路分析(開封・クリック計測)

どの広告から友だち登録したかが分かるので、その後の広告戦略に情報を活かすことができます。


また配信したメッセージの開封率・実際にリンク先へ飛んだ割合(クリック計測)なども可能なので、より効率のよいメッセージになるよう検証・改善するヒントも得られます。前項で判明したユーザー情報と照らし合わせれば、さらに費用対効果の高いプロモーションができるでしょう。


自動応答化・自動化

LINEチャットボットを導入し、問い合わせ対応を自動化することができます。例えばユーザーが「営業時間は?」という問いをメッセージで投げかけると、キーワードを自動で取得したLINE側が「平日10:00~20:00・土日祝日10:00~18:00です」と回答してくれるので、電話やメールでの問い合わせ率を低くできるでしょう。


また「営業時間」「開店時間」「応対時間」などの表記ブレや「いつまで開いている?」「今やっている?」などの問いにも同じ回答を提供できるようになっているので、精度の高い自動化ができます。


キャンペーン・情報配信

キャンペーン情報やセール情報、新商品情報などを、メッセージ経由でお知らせすることができます。ただしあまり高頻度になってしまうと却って煩わしく感じられてしまうため、月ごと・季節ごと程度のアナウンスに留めておくのが理想です。


またユーザー属性に合わせてマッチするキャンペーンの情報のみ配信するなど、工夫してもよいでしょう。


個別メッセージ(1対1会話)

友だち登録してくれたユーザーに対し、手作業かつ個別にメッセージを配信することができます。細かな情報を必要とする、問い合わせや相談、見積もりなどに最適な使い方です。


「いつも対応してくれる人とLINEでもコミュニケーションできる」という安心感を与えられるので、ファンの獲得に役立ちます。

反対に個別メッセージを閉じてチャットボットによる返信のみに設定することも可能です。


アンケート

アンケートを配信し、LINE上で手軽に回答してもらう機能も搭載されています。選択式はもちろん、自由回答や写真のアップロードにも対応しているので、柔軟なアンケート項目を設定できることも特徴です。

また集計結果は自動で表やグラフになって可視化されるので、手作業での集計を防げることもメリットです。


商品販売・予約管理

LINEとECサイトを連携させて商品を販売したり、予約を取ったりする機能です。住所・電話番号などの情報や商品決済に必要なクレジットカード情報も登録できるので、電話・メール等で個別に聞き取る必要がありません。


聞き取りミスや情報漏洩によるトラブルも起きにくく、流入元を拡大したい企業との相性が抜群です。


セグメント配信・ステップ配信・シナリオ設定

「セグメント配信」とは、居住地や購入履歴などの条件を絞り込んでメールを配信する手法です。LINEマーケティングツールを使えばLINEのメッセージ上で配信できるので、ターゲットと予算を絞って効果的に情報を届けられます。


またあらかじめ用意しておいた内容やタイミングでメッセージを配信する「ステップ配信」や、登録しておいた複数のメッセージを指定のタイミングに合わせて自動配信する「シナリオ設定」も可能です。


メンバー管理

LINE公式アカウントは、メンバー管理機能を使うことで管理者を複数人に設定できます。最大で100人まで管理者を設定できるので、自分ひとりでアカウントを運用するのが負担なときや、大企業や大規模店舗でLINEアカウントを使うときは検討してみましょう。


なお、権限に応じてどの業務まで担当できるか細かく設定することも可能です。管理者にだけ全ての権限をつけ、運用担当者には配信の権限だけ外しておくなどの柔軟な対応もできるので、リスク管理も万全です。

ぴったりのLINEマーケティングツール選びはミツモアで

ミツモアロゴ

LINEマーケティングツールは製品によって特徴や機能もさまざま。「どのソフトを選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。


そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりのLINEマーケティングツールが見つかります。


ぴったりのLINEマーケティングツールを最短1分で無料診断

業種や欲しい機能などの項目を画面上で選択するだけで、最適なLINEマーケティングツールを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。


ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。実際にかかる金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。


診断結果は最大5製品!比較・検討で最適なソフトが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬソフトとの出会いもあるかもしれません。


ミツモアなら、ぴったりのLINEマーケティングツールがすぐに見つかります。

LINEマーケティングツールについて

無料で利用できるLINEマーケティングツールはありますか?

完全無料で利用できるLINEマーケティングツールは、複数あります。初期費用もなく、月額費用もかからないフリープランであれば永年無料のケースもあるのでチェックしてみましょう。

ただしその分機能に制限がかかっている場合が多いです。管理者の人数が少なめに設定されていたり、サポートやオンボーディングが限定されていたりするケースもあるので、自社が使いたい機能が備わっているか確認しながら申し込むことが大切です。

LINEマーケティングツールを利用するメリットは何ですか?

LINEマーケティングツールを使うメリットは、主に収益性の改善と業務効率の向上です。

自社へのニーズやどのようなユーザーから評価されていているか可視化できれば、効果的なプロモーションを打てるようになります。結果的に新規顧客の獲得・リピーターの増加・購買単価の上昇などの効果が現れるようになり、収益が向上していくでしょう。

また時間のかかっていた効果検証を簡略化したり、誰でも一目でわかりやすい分析資料を用意したりすることで、業務効率は各段に改善します。社内の意思決定がスピード化する効果も現れやすく、LINEマーケティングを原因とした無理な働き方もなくなります。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。