IT資産管理システム

IT資産管理サービスとは、サーバーやスマホといったハードウエア、Windowsなどのミドルウエア、画像編集ソフトやスマホアプリなどのソフトウエアに加え、クラウドサービスからインターネット回線まで、IT資産を管理するツールです。


ワークフロー申請とライセンス設定で使用者を限定し、社内にあるIT資産の名称や状態、利用実績を自動収集します。さらにサイト閲覧操作ログの監視しており、セキュリティ対策でも抜け漏れがありません。

Web会議ツール

Web会議ツールとはオンラインでビデオ会議ができるサービスです。ネット環境さえあれば、在宅勤務や海外勤務の人とともリアルタイムで顔を合わせて話ができます。


画面共有やチャット機能、ファイルの送受信機能を有しており、利用機会は多いです。契約プランによっては100人以上のウェビナーや説明会でも使えるでしょう。リモートワークの流れもあって続々と企業が導入に踏み切っています。

Web会議ツールをもっと見る

ビジネスチャット

テレワークを実施する企業が増えるにしたがって、コミュニケーションツールとしてビジネスチャットが選択する機会も増えました。

ビジネスチャットとは社員間の業務連絡を円滑にするツールです。個人向けのLINEと使い方は似ていて、メッセージ送信以外にもスタンプ機能、画像や動画の送受信、音声ビデオ通話、ユーザー管理、タスク管理などができます。

さらに予約投稿や進捗管理、プロジェクト管理アプリや開発者向けアプリといった外部サービスとの連携も充実しており、コミュニケーションを活性化できることが特徴です。

オンラインストレージ

オンラインストレージとは、インターネット上のストレージにファイルをアップロードしてデータの保管や共有を行えるサービスのことで、クラウドストレージとも呼ばれます。オンラインストレージを利用すれば、ファイルをPCや外付けハードディスクドライブ(HDD)に保存する必要がなく、PCやサーバの容量不足に悩まされずに済みます。データの増減に合わせて、ストレージ容量を柔軟に調節できます。また、インターネット環境さえあれば、場所や時間を問わずにデータやファイルにアクセスでき、複数拠点にあるデータも一元管理・共有できます。

グループウェア

グループウェアとは、組織内での情報共有を目的としたアプリケーションソフトウェアの総称です。 グループウェアには複数のツールが組み込まれているため、業務に必要なソフトやアプリを同時に立ち上げることができます。 また、社内の情報を一元管理することで、社員間のコミュニケーションの円滑化が可能になります。 1996年にIBMが「Lotus Notes」をリリースしたことをきっかけにグループウェアが急速に普及し始めましたが、 当初はパソコンにインストールする「オンプレミス型」が主流とされていました。 しかし現在ではIT技術の発展に伴い、Webブラウザ上で利用できる「クラウド型」が普及したことから、中小企業でも簡単に導入できます。 さらに働き方改革の一環として多くの企業が生産性向上に取り組む中で、グループウェアは業務効率化を図れることから需要を大きく伸ばしています。

グループウェアをもっと見る

ナレッジマネジメントツール

IT化が進み加速するビジネスの世界では、スピード感を持った意思決定や行動が常に求められています。そんななか社内の情報やノウハウを共有し合い、組織力の強化に活かすナレッジマネジメントが注目されています。

ナレッジマネジメントとは、企業や個人が持つ知識、経験を社内全体で共有することで、業務の効率化や新たな事業開発に活かす経営手法です。技術を高めていく必要のあるシステム開発者や、お客様からの質問を集約していくヘルプデスクはもちろん、あらゆる組織や業種に適用できます。

ナレッジマネジメントツールは情報の蓄積や検索、従業員間のコミュニケーションがよりスムーズに進行するようサポートするツールです。製品によって使いやすさや情報蓄積の手段は変わってくるため、比較するポイントを押さえて自社に合ったナレッジマネジメントツールを導入しましょう。