ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

VPNサービスを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

VPNサービスとは

VPNとはVirtual Private Networkの略称で「仮想専用回線」のことを指します。インターネット上の既存の回線に仮想のプライベート・ネットワークを構築し情報のやり取りをするので、外からの傍受や情報の漏洩を防ぎ安全な通信が実現します。


機器の導入及び通信事業者との契約ですぐにネットワークを構築できるのが特徴で、従来のように拠点間に実際に物理的な専用線を敷く必要がありません。自宅のインターネット環境や公共のWi-Fiからでも仮想のプライベート回線にアクセスできるため、テレワークが普及する昨今ますます注目を集めているサービスです。


関連記事:VPNとは何のこと?メリットデメリットや選び方、おすすめ商品も紹介

おすすめのVPNサービス一覧

  • 複数のネットワーク環境を一本化できる
  • パブリッククラウドをセキュアに使える
  • 地域での災害時でもしっかり機能

複数の拠点でのネットワーク環境を統一できるサービスです。それぞれの拠点に合わせてアクセス回線を選べます。店舗や支社などの複数の拠点でネットワークを分け、管理の負担を増やしたくない企業におすすめです。

Amazon Web ServiceやMicrosoft360など、パブリッククラウドをプライベートネットワークによって直接繋げます。現状のクラウドサービスをよりセキュアな環境で利用可能です。

24時間365日の監視体制のもと、事故が起こればすぐに経路を切り替えたり、復旧作業を行います。拠点のある地域で災害が起こった場合でもただちに対応されるため、セキュリティ環境が止まることなく安心です。

導入事例
株式会社伊勢半、三菱地所など
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

  • パブリッククラウドにセキュアに接続
  • 年間故障時間は40秒未満の高い信頼性
  • 二重化されたアクセス回線でネットワークが途切れない


Amazon Web ServiceやGoogle Cloud Platformなど、各種パブリッククラウドに直接接続できます。インターネットを介さないため強固なセキュリティでの接続が可能です。年間での故障時間は40秒未満と高い稼働率を誇っており、安心して利用できます。さらにアクセス回線は二重化されているため、片方の回線が途切れた場合でも問題なく使えて安全です。


導入実績

亀田製菓、日産自動車、三菱電機など

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
セカイVPN
株式会社インターリンク
基本プランユーザ / 月 1100円~
株式会社インターリンク
セカイVPN
基本プランユーザ / 月 1100円~

  • 10ヵ国のサーバーを選んで使える
  • 海外から日本限定のサービスにアクセスできる
  • 専用アプリで切り替えが簡単


日本、アメリカ、ドイツ、韓国、台湾、フランス、イギリス、インドネシア、タイ、ベトナムの10ヵ国にサーバーが設置されているVPNです。利用したい端末からセカイVPNを選択すれば、接続する国のIPアドレスが取得でき、その国のサービスを利用できます。


海外から日本のサービスを使うことも可能です。海外の支店や工場から、個人情報などの流出の心配なく、相互にサービスやデータを閲覧し、利用できます。


セカイVPNには専用アプリがあり、接続のON/OFFをすぐに切り替えられて便利です。月額は1,100円(※1)と低価格なうえ、3ヶ月の無料トライアルもあり、導入しやすいシステムといえます。

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Master’sONE CloudWAN
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
Master’sONE CloudWAN
  • 申し込みから最短2営業日で利用可能
  • スピード感ある通信環境を構築できる
  • 社内システムと連携して扱える

日本企業の利用を念頭に開発されたサービスです。導入に時間がかかる場合が多いVPNですが、Master’s ONEでは申し込み後最短2日で運用を開始できます。さらに導入にかかる初期費用は0円と、リーズナブルな価格設定です。

特定の通信やアプリケーションを回避して接続できるため、アップデート時や特定のサービスへのアクセス時に遅延が生じません。インターネット回線の高速化により、作業の効率化が期待できるでしょう。

自社で運用しているグループウェアなどのシステムと連携すれば、厳重なセキュリティ環境を構築しながら利用できます。複数拠点のインターネット環境を遠隔で操作できるため、わざわざ各拠点で設定をする必要がなく便利です。

導入実績
株式会社虎屋、富士製薬工業など
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
FLESPEEQ VPN
日本通信ネットワーク株式会社
基本プラン月 10780円~
日本通信ネットワーク株式会社
FLESPEEQ VPN
基本プラン月 10780円~

  • 月額利用料が9,800円と低価格
  • テレワーク中のセキュリティも安心
  • 直接接続だから回線混雑の影響が少ない


9,800円と比較的安価で利用できるVPNです。低コストで高セキュリティ環境が実現できます。インターネットからの不正アクセスを完全にブロックし、行き来する機密情報を厳重に保護可能です。


テレワーク中では各従業員の作業中のセキュリティ環境に不安を抱える企業も多いでしょう。FLESPEEQではリモート環境から社内ネットワークにアクセスできるため、家でも安全に作業を行えます。


各デバイスからVPNに直接接続し、クラウドにアクセスするため、回線が混雑していても遅延がほとんど起こらず快適です。通信速度も高速で、ストレスフリーで作業できます。

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
FortiGate NGFW
フォーティネットジャパン株式会社
基本プラン要お問い合わせ
フォーティネットジャパン株式会社
FortiGate NGFW
基本プラン要お問い合わせ
  • 超高速なセキュリティを実現
  • セキュリティ上の問題を可視化できる
  • AIやMLによってリアルタイムで情報を守れる

企業の機密情報を強力に保護してくれるVPNです。発信先から受信元まで、高速かつ強力なセキュリティ環境での通信をサポートします。セキュリティを適用したい端末の数に応じて5種から選んで導入できます。

情報の保護状況を確認でき、セキュリティで問題が起こるとすぐに見つけられるので、トラブルに即座に対応可能です。複雑なセキュリティ環境でも問題を可視化できるため、複数の回線を利用していても安心して対処できます。

AIや機械学習を利用し、通信中でも一貫したリアルタイムでの情報保護が可能です。サイバー攻撃の脅威に対処する知能が備わっており、外部からの攻撃を特定してすぐに処理できます。

導入実績
京王電鉄、北海道大学、兵庫県など
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
Cato Networks株式会社
Cato SASEクラウド
基本プラン要お問い合わせ
  • 各種クラウドサービスへのアクセスを高速化
  • モバイル端末のセキュリティも守れる
  • 管理アプリで通信状況を可視化できる

Amazon AWSやMicrosoft Azureなど、主要なクラウドへ直接接続する経路を作り、安全なアクセスを可能にします。回線が混み合っていても高速な通信ができ、通常のインターネット回線と比べて最大20倍(※1)の速度です。モバイル端末での利用も可能で、端末での通信はセンターで検査されるため安心でしょう。セキュリティ状況に関する分析をレポートしてくれるアプリの提供があり、社内通信の安全性の可視化に繋がるでしょう。

導入実績
ライオンなど


※1 Cato NETWORKS調べ

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
MORA VPN Zero-Con
株式会社テリロジーサービスウェア
株式会社テリロジーサービスウェア
MORA VPN Zero-Con

  • 月額3,500円(※1)から利用可能
  • 機器設定いらずで導入できる
  • 複数拠点も安心できる万全のサポート体制


1拠点あたり月額3,500円からと業界最安値クラスで利用できるVPNです。ルーターの購入や設定の必要もなく、手軽に導入できます。複数拠点での利用にも対応しており、拠点のある地域で事故が起こった場合、サービス窓口へ直接連絡するだけですぐに事故後の処理が行われ、わざわざその場所へ行く必要がありません。


導入実績

株式会社アイルネットなど

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 世界基準のセキュリティ認定を取得
  • 導入から運用まで寄り添った支援を受けられる
  • 障害時のシステムサポートも安心

ICSA LabsのFirewall認定を取得しており、世界基準でそのセキュリティの高さが認められているVPNです。導入前の相談や初期設定、運用中の監視や障害対応など、常に丁寧なサポートを受けられます。年中無休のサポート体制のため、障害が起こった場合もすぐに対応されるので安心です。

導入実績
株式会社アトラスなど
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

  • 機器購入の必要がなく経済的
  • 海外拠点と迅速な通信ができる
  • VPN機器はオンサイト対応で保守されて安心


ソフトバンク社が提供するVPNです。VPN機器はバンドルで提供されるため、設置に伴うオプション料金はかかりません。海外拠点から本社サーバーを経由することで、高速通信が実現できます。VPN機器に不調が生じた場合、担当者が実際に赴いてメンテナンスを行ってくれるため、自分たちで対処する手間がかかりません。


導入実績

みずほ情報総研、東京堂など

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
1か月プランユーザ / 月 1434円~
1年間プランユーザ / 月 590円~
2年間プランユーザ / 月 495円~
NordVPN
NordVPN
1か月プランユーザ / 月 1434円~
1年間プランユーザ / 月 590円~
2年間プランユーザ / 月 495円~

高度な暗号化で情報を保護できる

60ヵ国5,000以上のサーバーから選んで使える

複数デバイスでの利用が可能


複雑かつ高度な暗号化セキュリティが特徴のVPNです。第三者に読み取れない暗号により情報をしっかりと保護できます。5,000以上のサーバーが60ヵ国に置かれており、国境上の制限がありません。さらに1つのアカウントで6台までデバイスを登録でき、外出先やテレワークでも安全に利用できます。

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ExpressVPN
Express VPN International Ltd.
1ヶ月プランユーザ / 月 1424円~
6ヶ月プランユーザ / 月 1099円~
12ヶ月プランユーザ / 月 915円~
Express VPN International Ltd.
ExpressVPN
1ヶ月プランユーザ / 月 1424円~
6ヶ月プランユーザ / 月 1099円~
12ヶ月プランユーザ / 月 915円~

  • 世界中で利用できる高速サーバー
  • 匿名でインターネットを利用できる
  • 24時間対応のチャットサポート


94ヵ国にサーバーが設置されており、それらを無制限で切り替えられるVPNです。国境の制限なく利用できるため、国際的なビジネスに向いています。匿名でデータの閲覧や送信ができるため、第三者に身元を明かすことなく安全です。チャットサポートは24時間利用可能なので、不具合が生じた場合時間を選ばず相談できます。


導入実績

BBC、Financial Timesなど

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

  • パッケージ型だから発注後すぐに使える
  • 安定した品質のパッケージ
  • 必要な機能のみで低価格で利用可能


3Qクラウドは必要な機能が凝縮され、パッケージ化されたVPNです。エンジニアによって高品質かつ重要なサービスが厳選されているため、安心して利用できます。不要な機能は一切入っていないので、値段を極力抑えての導入が可能です。


導入実績

ゲオール化学株式会社、ヒノキヤグループなど

更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

VPNとは?仕組みを解説

VPNの通信方法には大まかに分けて「インターネットVPN」と「IP-VPN」があります。


インターネットVPNは繋ぎたい拠点双方にVPNルーターを設置し、ルーターを介して通信を行う仕組みでうす。通信が通るネットワーク自体は既存のものですが、ルーターを介することでネットワーク上に仮想の専用経路を構築します。専用経路を作って情報を通すことを「トンネリング」といい、他者は外からこのトンネルに侵入できません。またトンネルの中を通る情報をカプセル化や暗号化し、さらにセキュリティレベルを高めています。


一方IP-VPNはプロバイダなどの通信業者が持つ閉域網を使用する仕組みです。閉域網へは事業者との契約無しでは入れません。インターネットVPNに比べて閉じられた通信となるので、セキュリティ品質はより高くなります。


IP-VPNで通信する際には宛先の識別にIPアドレスでなく「ラベル」を使用。ラベルの転送経路によって通信者を識別し、契約者毎に割り当てられた経路を使って通信を行います。

VPNの導入メリット

比較的低コストで高セキュリティな通信ができる

VPNのメリットは安全性の高さです。通信の傍受や情報の流出を防ぐためには専用回線で通信するのが一番の対策となりますが、専用回線を敷くには多くのコストがかかります。工事も必要となるためすぐには導入できず、現実的に難しい企業も多いでしょう。


VPNを導入すれば既存の回線上に仮想の専用線を用意するのですぐに使用が開始でき、専用線敷設工事に掛かる高いコストは必要ありません。既存の回線を使いますが通信は暗号化されるので、専用線に近いセキュリティ状態を保ちながら使用できます。


複数の拠点間を同時に繋げられる

実際の専用回線を敷く方法だと基本的には本社と拠点間の1対1でしか繋げず、支社が複数あるような企業では全ての拠点を同時に繋ぐのは困難でした。しかしVPNなら既存のインターネットや通信事業者の通信網を使用するので、どれだけ離れた拠点間でも同時に接続が可能となります。


拠点間の接続がシームレスかつ安全に行えれば、業務の効率化にも繋がります。全国に事業を展開する会社には無くてはならない通信方法でしょう。


リモート環境でも安全に社内ネットワークへ接続できる

コロナ禍でテレワークが普及し、様々な環境から社内ネットワークへ接続がなされるようになりました。自宅からのLAN接続やWi-Fi接続、公共のフリーWi-Fiを使うこともあるでしょう。しかし自宅や公共の場所からの接続はセキュリティ面が心配です。


VPNにはモバイル環境にも対応しているものもあるので、どんな環境からでもセキュリティの高い通信が可能です。インターネットに繋がりさえすればアプリを通して利用でき、難しい設定無しに接続できます。新しい働き方が推進される中で、VPNはますます重要視されていくでしょう。


情報規制のある海外からでも接続が可能

VPNは仮想の専用線を使って通信を行うため、通信規制の干渉を受けません。中国などインターネットに対して規制が厳しい国だと通常のインターネット回線では閲覧できないコンテンツがあり、該当国に拠点を持つ企業は不便を強いられます。IP制限を設けているサイトを閲覧する際も同様の問題が起こります。


VPNを使えば、制限や規制を受けずに接続が可能です。ただし、通信業者によってサーバーの展開国は様々です。希望する通信業者が拠点のある国に対応しているか、導入前に確認すると良いでしょう。

VPNの基本機能

仮想ネットワーク機能

VPNの通信には大きく分けて以下の3つの方法があります。いずれかの方法を用いて仮想ネットワーク回線を構築し、安全な通信を行うのがVPNの特徴です。


  • インターネットVPN

既存のインターネット回線上に、仮想のプライベート回線を作成し通信する方法です。インターネット環境があれば、VPNルーターを設置するだけで利用が可能になります。より安価にVPNを始められるので、手軽に導入したい方に向いているでしょう。


  • IP-VPN

通信事業者が保有する閉域IP網を利用するVPNです。通信事業者とVPN契約を結ぶので、ルーターなど機器の購入・設置は必要ありません。通信業者の閉域網を使用するため回線の使用者が限られ、インターネットVPNよりさらに高いセキュリティが保たれます。インターネットVPNに比べると費用は高くなりますが、通信事業者のサポートが受けられるため拠点数が多く自社管理が難しい企業に最適です。


基本的にはIPーVPNと変わりはありません。しかしIP-VPNがプロトコルをIPに限っているのに比べ、広域イーサネットは「レイヤー2」の多彩なプロトコルに対応しています。故にネットワーク構築の自由度が高いのが特徴です。しかし事業者によっては帯域範囲が狭かったり回線の選択肢が少ないといった問題もあるので注意が必要でしょう。


セキュリティ機能

そもそもが高いセキュリティを誇るVPNですが、本当の専用線では無いため不正アクセスや情報の漏洩などの驚異を完全に防ぐことはできません。そこでVPNには他にも色々なセキュリティ対策が取られています。


データをやり取りする際に仮想の通信路(トンネル)を構築する「トンネリング」、事前に登録された機密情報の特徴に合致する情報がやり取りされた際にログを保存するなどして情報漏えい対策を取る「DLP」が主な対策です。またメールやファイルの送受信の際にフィルターを掛けてセキュリティを高めるサービスもあります。


無線アクセス機能

リモートワークの普及で重要になってくるのが無線アクセス機能です。リモートワークでは必ずしも有線接続ができる環境とは限りません。無線アクセスが可能なVPNを使えばWi-Fi環境下でも使用できるので、どこからでも接続が可能です。マルチデバイスにも対応しているものも多く、時と場所を選ばずに使えます。


帯域制御機能

大量のデータを毎日毎時間送受信していると、通信量(帯域)超過によりネットワークエラーが起こり得ます。業務上重要なファイルをやり取りしている際にこういったエラーが起こると、正しく送受信されないばかりかファイルが損壊することもあります。


通信量超過によってネットワークラーを起こさないために働くのが帯域制御機能です。通信量や通信速度をコントロールし、通信品質を常に一定に保つのに役立ちます。


レポート機能

VPN通信にはトラフィックレポートを閲覧できるものもあります。週毎、日毎、時間毎のように一定の期間における通信量を参照できるので、今後のVPN運用の参考に役立つでしょう。トラフィックレポートは回線単位、拠点単位で確認でき細かな分析が可能です。

比較ポイントと選び方

セキュリティの高さ

基本的にはセキュリティの高いVPNですが、インターネットVPNとIP-VPN及び広域イーサネットでは閉域網を使用するIP-VPNと広域イーサネットの方がセキュリティ面では優位です。


また閲覧履歴や閲覧者のIP情報を一切保存しない「ノーログポリシー」を掲げているVPN事業者もあります。ログが保存されないので情報流出の危険も無く、より強固なプライバシーの保護が実現します。自社にとってはどのくらいのセキュリティレベルが必要かを見極めて選ぶといいでしょう。


関連記事:ノーログVPNとは?おすすめノーログVPNサービスも紹介


通信形態と価格

VPNの通信形態は大きく分けて「インターネットVPN」「IP-VPN」「広域イーサネット」の3種類がありますが、それぞれに導入コストも異なります。インターネットVPNは自社でVPNルーターを用意し、既存のインターネット回線に繋ぐので初期費用のみで済み月額料金はかかりません。ルーターの価格は大体2万円~5万円程度です。ルーターをレンタルしてくれる事業者もありますので、まずは試してみたいというのであれば選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。


IP-VPNと広域イーサネットはインターネットVPNに比べると少々高額になりますが、平均して月1,500円前後と驚くような価格ではありません。1年契約や2年契約とまとめて契約するとそれに伴って安くなる事業者も多く、長く使うほどお得になります。また中には通信データ量によって価格が変動する従量課金制のサービスもあります。


関連記事:無料のVPNサービスおすすめ7選!注意点や有料サービスとの違いも解説


同時接続できるデバイス数

VPNには接続できるデバイス数に限りがあるものもあります。単純に拠点間を繋ぐために導入するのか、リモートワークを見据えての導入かで必要な接続数も変わります。社員数や会社の規模によって選ぶと良いでしょう。規模の大きな企業や1人で複数のデバイスを使うシーンがあるなら、接続数無制限の製品を選ぶと安心です。


通信速度と繋がりやすさ

スムーズに業務を行うには、通信速度と繋がりやすさが大事です。VPN通信業者によって使用できるサーバーが異なるので、できるだけ通信速度が早く安定した通信が叶えられるVPNを選びましょう。


使える国とサーバー数もVPNによって様々です。複数の国で使用予定があるなら該当する国で使えるかは非常に重要です。サーバー数が多いと回線の混雑が回避でき繋がりやすくなります。使用可能国やサーバー数はほとんどのVPNで公開されていますので、選ぶ際の1つの目安になるでしょう。


サポート体制

VPNには日本の製品もありますが、現在主流となっているものは外国製がほとんどです。何かトラブルがあった際にきちんと対処が可能か、サポート体制がしっかりしているかの確認は業務に支障をきたさないためにも大切です。


外国のVPNの中には日本語に対応しているものもあります。英語に自信がなかったり不安な場合は日本語対応の製品を選ぶと良いでしょう。

平均2分!ミツモアでVPNを相見積もり

リモートワークの普及で、外から社内ネットワークへアクセスする機会の増えた企業は多いのではないでしょうか。その一方で情報の漏洩や不正アクセスを危惧する声もあり、セキュリティ対策は危急の問題となっています。外部から社内ネットワークへ安全にアクセスするために、VPNの導入は欠かせません。


一口にVPNと言っても、接続方法や導入のしやすさは様々です。また複数デバイスでの使用を想定しているのか、外国からのアクセスを重視しているのかでも選ぶ製品は変わります。


様々な製品の中から自社に最適なVPNを選ぶためには、2分でできる無料の相見積もりを試してみましょう。事業形態や業種、従業員数、重視する機能などの質問に回答すると、自社に合ったVPNが見つかります。

関連記事一覧

ノーログVPNとは?おすすめノーログVPNサービスも紹介

VPNは機密情報やプライバシー情報を安全にやり取りするため、多くの企業が導入しています。そのVPNでも最近、ノーログVPNを聞くようになりました。ノーログVPNとは何か、その解説とおすすめノーロ...

帯域とは何のこと?測定方法や広くする4つの方法も紹介

最近よく聞く帯域とは何なのか?疑問に思う人もいるのではないでしょうか。本記事では帯域が何かについて説明し、帯域が狭いと起こる問題や必要帯域を調べるための測定方法、帯域を広くする方法について解説し...

スマホの通信速度制限が発生する原因とは?解除方法や対策も解説

スマホに通信速度制限がかかってしてしまうと、快適なインターネット環境を楽しめずストレスがたまってしまいます。しかしまずは、落ち着いて対処法を確認しましょう。さらに繰り返し制限が発生しないように対...

広域イーサネットとは?専用線やIP-VPNとの違いも解説

広域イーサネットは、業務情報を安全に通信するために、企業が導入している専用通信回線です。広域イーサネットの特徴だけでなく、広域イーサネットとよく比べられるIP-VPNや専用線との違いも解説してい...

ネットワークの仮想化?仮想ネットワークをかんたんに解説

IT機器やネットワークの発展により、ソフトウェア上でハードウェアを再現する仮想化が進んでいます。仮想化のなかでも特に注目されているのが、仮想ネットワークです。今回は複雑な仮想ネットワークを、注目...

無料で安全に使えるVPNサービス7選!注意点や有料サービスとの違いも解説

VPNは有料のサービスだけでなく、無料で利用できるサービスも多いです。無料でも高いセキュリティや容量の大きい通信データを無制限で使用できる場合があるため、目的に合ったものを選べば効率的な環境を構...

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。