ミツモア
【2024年】ホスティングサービス比較9選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

ホスティングサービス比較おすすめ9選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

ホスティングサービスとは

ホスティングサービスとは、通信事業者(ベンダー)が持つサーバーをインターネット経由でレンタルできるサービスです。ベンダーは、データセンター内のサーバーを一定の料金で貸し出します。


ユーザーは遠隔地にあるベンダーのサーバーを利用できるため、初期費用やランニングコストを大幅に削減できます。レンタルしたサーバーは、Webサイトの構築やメールサーバーなど、さまざまな用途で利用可能です。


近年はECサイトやオウンドメディアを持つ企業も多く、高速通信を安定して望めるサーバーの利用が重要視されています。この記事では、ホスティングサービスの導入メリットや選び方、おすすめのサービスなどについて、まとめました。

おすすめのホスティングサービス9選

ベアメタルクラウド
ベアメタルクラウド
株式会社リンク

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 物理サーバをクラウド同様に使用できる
  • 便利なコントロールパネルで簡単操作
  • 25年以上のホスティングサービス提供実績


ベアメタルクラウドは仮想サーバと物理サーバの両方を、自由自在に利用できるサーバサービスです。さまざまなスペックのサーバを状況に応じて選択できるため、規模を問わずWebサービスやシステムの稼働を効率化・安定化させたいときに便利です。


従来難しかった物理サーバのオンデマンド利用を実現しています。コントロールパネルで作成・複製・消去ができ、バックアップやテンプレート化なども可能です。物理サーバを利用できるため、パブリッククラウド環境に置くことが難しいデータ類もクラウド化できます。


1996年から25年間以上ホスティングサービスを提供してきた実績があります。従来型の専用サーバサービスで培ってきたナレッジを「ベアメタルクラウド」に受け継ぎ、物理サーバのプロフェッショナルとして安心して利用できるサービス提供を続けています。

更新日:2024-06-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Clara Cloud
Clara Cloud
クララ株式会社

0
レビュー数
0
円
初期費用
0円~

  • 月額定額制の固定料金で利用可能
  • ハイパフォーマンスでデータ保護に優れている
  • 充実のサポート体制で安心して利用できる


月額固定制で利用が可能です。自社に必要なサーバタイプによってさまざまなプランから選択して導入できます。またHDDの追加やグローバルIPアドレスの追加など、自社の必要に応じたオプションサービスも豊富に用意されています。


オンプレミスベースのためクラウドよりも移行費用を抑えられます。しかもハイパフォーマンスでデータ保護に優れ、高いIOPSを実現。またノードに障がいが発生した場合にも、仮想マシンと同一のノード内に自動でデータコピーを作成します。常にデータを同一のノードから読み書きすることにより、ノード間のイーサネット遅延も許しません。


Clara Cloudでは直接エンジニアに相談できる手厚いサポート体制が整っています。インフラ専任の担当者が不在のプロジェクトには、必要に応じて専属のテクニカルアカウントマネージャーをアサインします。専属の担当者が不要な場合でも、プロジェクトの信仰を伴走し、支援してくれる体制が整っています。

更新日:2024-04-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
JETBOY
JETBOY
株式会社ライムテック

0
レビュー数
0
円
748円~
  • 軽量かつ高速通信を実現するApache互換のLiteSpeedを導入
  • HTTP/2への対応によって安全性と利便性を向上
  • サイト運営やWordPressに関する相談をいつでも可能

Apache互換のLiteSpeedを使用しており、各種機能は引き続き利用できます。消費リソースが少なくサーバーへかかる負担も少ないため、Apacheの3倍以上速い応答速度を記録しています(※)。


HTTP/2 にも完全対応しており、SSL通信の高速化実現できる点も魅力です。すべてのプランでSSL通信は無料で提供されており、コストをかけずに情報漏えいのリスクを最小化できます。

また、サポート体制が充実している点も魅力です。24時間365日体制で問い合わせに対応しており、疑問点をいつでも相談できます。WordPressの移転や運用に関する作業代行にも対応しており、安心して利用できる環境を構築できるでしょう。

※ 株式会社ライムテック(2023年3月時点)

更新日:2023-03-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Just-Size.Networks
Just-Size.Networks
株式会社セブンアーチザン

0
レビュー数
0
円
210円~
  • サーバーのセットアップ代行を依頼でき従業員の負担を軽減
  • 導入作業代行によってWordPressを快適に利用できる環境を構築
  • ディスク容量とデータ転送量は共に大容量を確保

サーバーやWordPressのセットアップをベンダーへ一任できます。独自ドメイン取得やアカウント情報作成、指定OSのインストールなど、初期設定全般を任せられます。現行サーバーからの乗り換えにも対応しており、自社の従業員が設定作業をおこなう必要はありません。


一方、WordPressを新たに活用する場合も、インストールや初期設定などを自動化できます。Webページの最適化やセキュリティ対策を含めて依頼できるため、ストレスを抱えることなく利用できます。

また、ディスク容量は24GB、データ転送量は10GB/日まで利用可能です。容量不足を心配する必要はありません。月額210円から利用できる価格設定も魅力です。
更新日:2023-03-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Gandi
Gandi
Gandi

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 個人と企業の双方で利用可能なクラウドサーバーで、導入が簡単
  • 簡単にストレージ容量を拡張できるためファイル整理は不要
  • 24時間体制でサポートチームは稼働しておりいつでも問い合わせが可能

Gandiのクラウドサーバーはユーザビリティに優れています。ブログやホームページ、ECサイトなど、さまざまな用途で利用できます。クラウドサーバーのセットアップは2分で完了するため、導入作業に大きな負担はかかりません。


WordPressやEC-CUBEは自動でインストールができます。ストレージ容量はワンクリックで拡張できるため、容量を確保するためにファイル削除を定期的におこなう必要はありません。

SSL証明書は無料で発行でき、コストをかけずにサイトの安全性をアピールできる点も魅力です。また、テクニカルサポートは24時間体制で稼働しており、トラブルが起きても早期解決が望めます。
更新日:2023-03-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
WebARENA SuiteX
WebARENA SuiteX
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

0
レビュー数
0
円
3520円~

  • WordPressのインストールがワンクリックで完了、約2分で構築スタートできる
  • はじめてレンタルサーバーを使う企業からメールの安定性を重視したい企業まで、幅広く使える
  • データの自動バックアップによってBCPを確立


WebARENA SuiteXは株式会社NTTPCコミュニケーションズが提供する共用レンタルサーバーです。クレジットカードでの支払いならレンタルサーバーを月額1,497円(※1)から利用可能です。ボタンを押すだけでWordPressのインストールが完了するため、特別なスキルは必要ありません。


スタンダードプランのほかにもメールの安定性を重視したプランが用意されており、メーリングリスト作成やグループウェアなど、幅広く多くの機能を利用できます。また、高速SSDの搭載によって高速通信を維持する体制を整えており、ストレスを感じず快適に利用できるでしょう。


保存されたデータは自動バックアップがされており、最大7世代まで管理可能(※2)です。サイバー攻撃を受けたとしても最短で復元できます。経験豊富なエンジニアによる24時間365日体制のサポートがあり、万が一の際にも安心です。オンラインマニュアルやQ&Aも充実しており、必要な情報を短時間で集められるでしょう。


※1 SuiteX V2タイプ スタンダードの年一括払い契約のオンライン申し込み・クレジットカード支払いの場合

※2 バックアップ3世代から有料オプションサービス

更新日:2023-04-03
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Kinsta
Kinsta
Kinsta Inc.

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • GCPによってアクセス数が増加しても高速通信を安定して実現
  • WordPressのパフォーマンス維持に関する機能を豊富に用意
  • 24時間いつでも問い合わせに対応できる体制を整え安心感を付与

Googleが提供するGoogle Cloud Platform(GCP)をインフラに活用しており、高いパフォーマンスを発揮します。スピードや安定性、耐久性を兼備しており、トラフィック量が急激に増加しても、安定して高速通信を実現します。


第三者機関からの認証も取得しており、セキュリティレベルも問題ありません。独自技術によって開発したパフォーマンス監視ツールも搭載されているので、速度遅延の原因究明と改善を素早く実現します。

また、24時間365日いつでもサポートが得られる点も魅力です。カスタマサポートチームは、豊富な実務経験を持つエンジニアで構成されています。問い合わせに対して正確な回答が期待でき、はじめてサービスを利用する場合も安心感が持てます。
更新日:2023-03-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
お名前.comレンタルサーバー

0
レビュー数
0
円
891円~
  • ハイスペックなサーバーシステムによってアクセス量の急激な増大にも対応
  • 予算に制約のある企業や個人事業主が利用できる料金体系
  • AIによるWebページの最適化によって検索エンジンで上位表示を実現

高性能サーバーシステムの採用やHTTP/2への対応によって、サーバー稼働率は99.9%を誇ります(※)。初期費用や独自ドメイン取得費用は無料です。月額費用も最大2カ月分無料となるため、予算の確保が厳しい企業も安心して利用できます。


また、Webサイト高速化エンジンを標準搭載しており、検索エンジンでの上位表示が期待できます。検索エンジンの順位は、Webページのスピードや最適化が大きく影響します。サービスの利用によって、サイトの認知度向上や新規顧客獲得を望める点がメリットです。


AIがWebページの最適化や高速化をおこないます。管理画面から設定作業を簡単におこなえるため、従業員に負担はかかりません。


※ GMOインターネットグループ株式会社(2023年3月時点)
更新日:2023-07-25
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらインターネット株式会社

4.0
レビュー数
1
円
131円~
  • ストレージ容量やマルチドメイン数に応じて月額料金が変動
  • CDNによってサーバーの負荷増大による不具合を回避
  • 最小限のコストでオウンドメディアやECサイトを構築

料金プランの選択肢が豊富です。プレミアムプランを選択すると、月額900円で400GBまで利用できます。初期費用は発生しません。CDN(Content Delivery Network:コンテンツ配信ネットワーク)も無料で利用できるため、最小限の手間で高速通信を安定して実現できます。


独自ドメイン取得やメーリングリスト作成、FTP接続など、サーバーの基本機能は標準搭載されています。また、クイックインストールによって、WordPressやEC-CUBEを無料で入手できる点も魅力です。


WordPressは、オウンドメディアの運営を検討している方におすすめです。一方、EC-CUBEは、ECサイトの運営に必要な機能を搭載したシステムです。どちらもオープンソース型のソフトウェアで、自由にカスタマイズができます。

更新日:2023-11-05
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
職種
職種名
データがまだありません
業種
業種
データがまだありません
企業規模
企業規模
小規模企業(100%)
非公開ユーザー

コスパ良いレンタルサーバ

ホスティングサービスの主な種類

共用サーバー

共有サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有するタイプです。共有サーバーは、比較的低コストで利用できる点がメリットです。管理やメンテナンスをベンダーに依頼できるため、ランニングコストを抑えられます。


半面、他のユーザーと共有する形になるため、サーバーへ負荷がかかりやすい点がデメリットです。


専用サーバー

専用サーバーとは、1台のサーバーを独占して利用できるタイプです。専用サーバーは、安定した稼働が望める点が特徴です。他のユーザーは利用しないため、負荷の増大にともなう速度遅延や通信障害が発生する心配はいりません。


自由にカスタマイズもできます。ただし、設定や運用には、専門的な知識が求められます。


仮想専用サーバー(VPS)

仮想専用サーバーとはVPS(Virtual Private Server)とも呼ばれ、1台のサーバーに仮想環境を複数形成し、1台の仮想サーバーを1人のユーザーに割り当てるタイプです。仮想専用サーバーの特徴は、専用サーバーと同等の機能を低コストで利用できる点です。


半面、OSやミドルウェアなどの設定も必要になるため、専門知識を持つ人材の確保が不可欠となります。


クラウドサーバー

クラウドサーバーは、インターネット上に仮想サーバーを構築するタイプで、コストパフォーマンスに優れている点が特徴です。導入費用や月額費用を抑えられるだけでなく、拡張性にも優れています。


一方で、第三者の目に触れやすく従業員のセキュリティ意識が低いと、情報漏えいのリスクが高まります。

ホスティングサービス導入のメリット

システム担当者の業務負担を軽減できる

ホスティングサービスを利用するメリットは、システム管理者の業務負担を軽減できる点です。システム管理者は、社内システムのメンテナンスやPCのライセンス管理など、さまざまな業務をこなさなければなりません。


いずれの業務も専門知識が問われるため、特定の従業員へ負担がかかります。ホスティングサービスを利用すれば、サーバーの管理や運用をベンダーへ一任できます。サーバーダウンの際も復旧作業を依頼できるため、早朝出勤や深夜残業を命じる必要はありません。


ホスティングサービスの利用によって、システム担当者が担当業務に集中して取り組める環境を整備できます。


基本的なセキュリティ対策を実施してくれる

充実したセキュリティ対策を講じているベンダーが多い点も、ホスティングサービスを利用するメリットの1つです。サーバーには多くの機密情報が保存されています。仮に機密情報の漏えいが発生した場合、社会的信用低下やブランドイメージの低下は避けられません。


ホスティングサービスを提供しているベンダーは、WAFの搭載やSSL通信暗号化など、サイバー攻撃への対策を強化しています。


24時間365日体制でサーバーの異常監視をしているサービスを利用すれば、不正アクセスや内部不正を素早く検知できます。また、データの自動バックアップによって、サーバーがダメージを受けても最短でのデータ復元が可能です。


全体的にコストを抑えられる

自社でサーバーを構築するよりもコストを抑えられます。自社でサーバーを運用する場合、さまざまな機器の購入が必要になるため、多額の初期費用がかかります。


ホスティングサービスは、すぐにサーバーの運用を始められる状態が整っており、自社でインフラ環境を構築をする必要がありません。また、ホスティングサービスを利用すると、WordPressのインストールや異常監視などさまざまな作業をベンダーへ依頼できます。


コア業務へリソースを集中して割ける体制を整備でき、生産性向上や収益拡大につなげられます。月額費用は数百円〜数千円に設定されており、大きな負担にはなりません。


短期間で運用を始められる

ホスティングサービスは契約締結後、最短即日から運用を始められます。メールサーバーやWebサーバー、ソフトウェアなど、必要な機器がベンダー側で用意されており、運用までの期間を大幅に短縮可能です。


自社でサーバーを導入する場合、サーバー用電源やネットワーク機器の購入など、さまざまな機器を調達しなければなりません。多額の費用が必要なだけでなく、業務負担増大によって本業へ支障が及ぶ可能性も高まります。


ホスティングサービスの場合、必要な機器はすべてベンダー側が揃えている状態です。新たに機器を購入することもなく、最小限の手間でサーバーの運用を始められます。

ホスティングサービスの選び方

利用目的に合っているか

サーバー別の特徴を理解しつつ、導入目的に合っているかを判断することが必要です。たとえば、ECサイトへの利用を検討していたとしましょう。多くのユーザーからのアクセスが予想されるため、安定した運用が望める専用サーバーを選択するのが無難な対応です。


容量をすぐに拡張できるクラウド型サーバーの利用も有効です。一方、自社のWebサイトにサーバーを利用する場合、ECサイトほどトラフィック量は多くありません。共有サーバーでも十分対応できます。


ミスマッチを避けるためにも、導入目的を明確化してからサーバーの種類を選びましょう。


拡張性に優れているか

拡張性に優れたベンダーを選びましょう。柔軟に料金プランを変更できれば、急激にトラフィック量が増加しても、簡単にストレージ容量を増やせます。アクセス集中にともなうサーバーダウンのリスクを回避でき、安定した稼働が望めます。


特に新商品販売のプロモーションサイトやキャンペーンサイトを設立する機会が多い場合、注意が必要です。また、CPUやメモリを増強できると、サーバーのデータ処理能力も高められるため、エラー表示や速度遅延のリスクを抑えられます。


サポート体制が充実しているか

サポート体制の充実度も重要なポイントです。はじめてホスティングサービスを利用する場合、疑問点や不安な点も多いでしょう。導入〜運用まで、手厚いサポートが期待できれば、安心して利用できます。


また、24時間365日体制でサポートチームが稼働していると、トラブルが起きても早期解決が望めます。すぐに情報共有ができるよう、メールや電話、Web会議など、複数の方法でコミュニケーションが取れるか、確認をしておきましょう。


そして、オンラインヘルプが充実していれば、必要な情報をすぐに収集できます。わざわざベンダーに問い合わせをする必要もありません。


セキュリティレベルが優れているか

セキュリティ対策が充実したベンダーを選びましょう。セキュリティレベルが低いと、情報漏えいやサーバーダウンが起きる可能性が高くなります。トラブルが頻繁に起こると社会的信用が低下し、多大な利益損失を招きます。


SSL通信暗号化やIPアドレス制限、アクセスログ取得など、ホームページ上でどのような対策が講じられているか、確認をしておくことが重要です。また、データの自動バックアップがされていれば、仮にサーバーがダメージを受けても、最短でデータを復元できます。


BCP(事業継続計画)対策としても有効で、取引先や顧客に安心感を与えられます。

ホスティングサービス導入時の注意点

トラブルの対応が事業者頼みになる

ホスティングサービスは、管理負担やコストを抑えられる点がメリットです。半面、トラブルが起きた場合、ベンダーの復旧作業が完了するまでサーバーを利用できません。トラブルの原因がわからない場合は、復旧するまで多大な時間を要します。


サーバーが復旧しない限り、Webサイトやメールは利用できず、通常業務に多大な支障が発生します。サイバー攻撃によるサーバーダウンのリスクを最小化するためにも、セキュリティ対策が充実しているベンダーを選びましょう。


また、高性能サーバーを採用しているベンダーを選ぶと、トラフィック量が急に増えてもサーバーダウンを回避できます。


他のユーザーの利用状況に影響を受ける

共有サーバーを使用していた場合、他のユーザーの使い方によっては、速度遅延や通信障害が起きる可能性が高まります。特定のユーザーがサーバーに高負荷をかけると、サーバーを利用するユーザー全体に悪影響が及びます。


コストよりも高速通信の安定化を重視する場合、専用サーバーや仮想専用サーバーを選択するようにしましょう。1台のサーバーまたは1つの仮想専用環境を独占して利用する形になるため、他ユーザーからの影響を最小限に抑えられます。


カスタマイズ性が低い

共有サーバーはコストを抑えられる一方、カスタマイズ性は低くなります。複数のユーザーで1台のサーバーを利用する形を取っているため、自由にカスタマイズできる余地はありません。


他のタイプのサーバーを選んだ場合でも、カスタマイズをするには高度な専門知識が必要になります。また、多くのサービスはデータ転送量やストレージ容量に制限を設けており、容量が多くなるほど月額費用は高騰します。


使用容量に合った料金プランを選ぶためにも、無料トライアルを積極的に活用しましょう。コストをかけずに、サービスの使い勝手やデータの使用容量を確認できます。

ぴったりのホスティングサービス選びはミツモアで

ホスティングサービスは事業者によって特徴や機能もさまざま。「どのサービスを選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。


そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりのホスティングサービスが見つかります。


ぴったりのホスティングサービスを最短1分で無料診断

従業員数や欲しいサービスなどの項目を画面上で選択するだけで、最適なホスティングサービスを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。


ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランもサービスと一緒に診断します。概算金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。


診断結果は最大5サービス!比較・検討で最適なホスティングサービスが見つかる

最大で5サービスの診断結果をお届けします。検討していたサービスだけでなく、思わぬサービスとの出会いもあるかもしれません。


ミツモアなら、ぴったりのホスティングサービスがすぐに見つかります。

ホスティングサービスについて

無料で利用できるホスティングサービスはありますか?

「お名前.comレンタルサーバー」を選ぶと、月額費用を最大2カ月無料で利用できます。支払方法をクレジットカード払いにすることが条件です。初期費用やドメイン取得費用もかからないため、全体的にコストを抑えられます。また、高速化エンジンWEXALを標準搭載しており、SEOへの波及効果も期待できます。

ホスティングサービスを利用するメリットは何ですか?

自社でサーバーを購入するよりも、導入や運用にかかる費用を抑えられる点です。月額数百円〜数千円で利用できるサービスも多いです。メンテナンスや障害復旧作業も任せられるため、自社の従業員へかかる負担を削減できます。また、セキュリティ対策が充実しており、情報漏えいのリスクを削減できる点も魅力です。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。