ミツモア
【2024年】座席管理システム比較11選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

座席管理システム比較おすすめ11選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

座席管理システムとは

座席管理システムとは、オフィス内の座席の利用状況の可視化や座席の管理がおこなえるシステムです。座席表に空席が表示され、利用状況を見ながら座席を予約できます。予約方法はQRコードやアプリ、Webブラウザなどさまざまです。


座席表には従業員の所在地や勤務状況が反映されており、探したい相手を社内を歩き回らずに見つけられます。システムによっては会議室予約や備品管理など、便利な機能を搭載しています。


座席管理システムの主な種類

座席管理システムには主に座席管理特化型と多機能型の主に以下の2種類があります。


  • 座席管理特化型

座席管理特化型は利用状況の確認や座席予約など、座席管理に特化した機能のみを搭載しています。機能が少ない分、多機能型より安く導入できる点が魅力です。


  • 多機能型

多機能型は会議室予約や備品管理、決済機能などを搭載しています。受付システムと連携している場合もあり、顧客との商談にも活用できる点が魅力です。





座席管理システム選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。従業員数や欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想の座席管理システムが見つかります。

座席管理システムの主な機能

座席管理システムには座席予約や在籍状況の確認機能、利用状況分析などさまざまな機能があります。


<座席管理システムの主な機能>
  • 座席予約
  • レイアウト作成
  • チェックイン
  • 在籍状況の確認・検索
  • 利用状況の集計・分析
  • 外部連携
  • セキュリティ・アクセス制限


以下の記事ではこれらの機能について、どのような場面で役立つのか、製品によってどのような機能に分かれるのかまとめています。ご参照ください。


関連記事:座席管理システムの機能を詳しく説明!フリーアドレスでの活用に役立つ特徴も解説|ミツモア

座席管理システム導入のメリット

座席の使用状況をすぐに把握できる

座席の使用状況がリアルタイムで画面に反映されるため、人を探す時間を削減できます。フリーアドレス制を採用している場合、座席の使用状況は日々異なります。


座席管理システムを導入すれば画面上で誰がどこに座っているかを素早く把握できるため、社内を探し回る必要がありません。電話の取次ぎや相談ごとをする場合も、すぐに相手を見つけられます。


またハイブリッドワークを導入している場合も、オフィスワークと在宅勤務のどちらの出勤形態か、素早く確認できます。複数の勤務形態を採用している場合も安心です。スムーズに情報共有ができ、トラブルが発生しても早期解決につなげられます。


オフィス稼働率向上により柔軟な働き方を実現できる

多機能型座席管理システムを導入すると、働き方の柔軟性が高まります。システム上で会議室予約や受付管理、出退勤時刻の打刻などが可能になり、業務効率化や利便性向上につながります。また働きやすい職場環境を整備でき、一定水準以上のオフィス稼働率が望めます。


スペースの利用状況を把握し最適化できる

座席管理システムには座席の利用実績をデータ化する機能が搭載されています。座席の利用状況からオフィスのスペースが適正か、フリーアドレスの座席数を調整すべきか、正確な判断が下せます。


空席が目立つ場合は会議スペースやコミュニケーションスペースとして構成し直すなど、別の利用方法を検討することもできます。


座席の固定化を防止できる

フリーアドレス制度には、近くにいる従業員が固定されないことで、さまざまな人とコミュニケーションを図れるメリットがあります。新しいアイデアも生まれやすくなるでしょう。


座席管理システムの種類によっては、ランダムに座席を決められる機能が搭載されている製品があります。座席の固定化を防止し、コミュニケーションの活性化・流動化を図ることが可能です。座る位置が変わると、気持ちの切り替えにもつながるでしょう。


関連記事:フリーアドレスとは?種類やメリット&デメリットについて解説|ミツモア

座席管理システムの選び方

予約・チェックイン機能の種類

座席管理システムを選ぶ際は、予約機能の種類に注目しましょう。時間単位で予約できる機能や、数カ月先まで予約できる機能など、細かい条件を指定できる機能があると便利です。


チェックイン・チェックアウト機能にもさまざまな種類があります。専用端末・スマホアプリ・ICカードといった登録方法があるため、自社に適した機能を選びましょう。


そもそも座席管理システムでは、従業員が着席時や離席時にきちんと登録しなければ、現状が正確に反映されません。従業員の使いやすさにこだわって、システムを探すことも大切です。


自社のフリーアドレス運用方針に対応できるか

フリーアドレスを導入しているオフィスには、それぞれ独自の運用方針が存在します。ツールを選ぶ際は運用方針に対応できるかもチェックしましょう。


例えば管理職や特定部署のみ座席を固定したい場合は、それに対応できる機能が搭載されていなければなりません。座席の固定化を防ぎたいのなら、ランダムで座席を決められる機能が便利です。


システムによっては特定の座席を、永続的に予約できる機能や、内線番号を特定の席に指定できる機能が備わっているケースもあります。自社の運用方針に合ったツールを選びましょう。


出社状況確認機能の有無

コロナ禍が収束し、テレワークと出社を交えたハイブリッドワークを推進している企業も多いでしょう。出社状況確認機能が搭載された座席管理システムを選べば、テレワーク社員の出社状況も把握でき、意思疎通が取りやすくなります。


会議や営業で一時離席している状況が分かる機能も便利です。どこで誰が何をしているのかがひと目で分かるツールなら、人を探す手間や時間を大幅に削減できます。


勤怠管理システムと連動できる機能がある場合は、勤務時間の自動計算も可能です。テレワーク出社の打刻にも対応しているツールを選ぶのがおすすめです。


関連記事:ハイブリッドワークとは?国内状況や必要なツールについて解説|ミツモア

注目の座席管理システム比較11選

Colorkrew Biz(カラクルビズ)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • 利用者数No.1を誇る座席管理システム(※1)
  • QRコードで座席やスペースの利用状況と従業員の勤務地を可視化
  • スケジュール管理の手間を最小化


ユーザー数No.1を誇り、幅広い業種や企業規模に導入されています。社員1人ひとりの居場所から会議室、オープンスペースまで、予約や使用状況の一元管理が可能です。


またQRコードを読み取るだけで座席の利用状況を簡単に確認でき、従業員の居場所を可視化。外出や在宅勤務などのステータス変更もできるため、従業員の居場所が分からないといった問題は起こりません。


スケジューラー機能を活用すれば、Outlookとの連携により、人と会議室の空き状況を自動で組み合わせ、最適な会議の日時を提案してくれます。わざわざ相手の空き時間や会議室の空き状況を調べることなく、日程調整が可能です。


導入事例:ニチレイグループ、丸紅、商船三井など


※1 日本マーケティングリサーチ機構調べ(2022年9月時点)

更新日:2024-06-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
せきなび
せきなび
株式会社アスマーク

0
レビュー数
0
円
名/月
300円~

  • 色で従業員のステータスを可視化
  • テレワークはもちろん、複数拠点のある企業にもおすすめ
  • 簡単な操作と充実したサポートで初めてでも安心


座席表で従業員がどこで何をしているのか、ひと目で把握できます。また色別で「外出」や「会議中」、「在席中」などのステータスを管理できるため、社内で従業員を探す手間がなく、お客様から電話があった際も迅速な対応ができるでしょう。


テレワークをしている従業員のステータス管理はもちろん、複数フロア、支社がある場合でも従業員の情報を一括管理。フレックスタイム制などの働き方が多様化している企業にも十分対応できます。


座席表の自由なレイアウト作成が可能で、レイアウト変更や配置の移動など簡単に操作ができます。また専任担当者が導入から運用まで丁寧にサポートをしてくれるので安心です。無料トライアルもあるため、まずは使い勝手を試すところから始めることも可能です。


導入事例:大塚食品、日本旅行、セブン・フィナンシャルサービスなど

更新日:2024-06-14
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
YourDesk(ユアデスク)
YourDesk(ユアデスク)
サイオステクノロジー株式会社

0
レビュー数
0
円
名/月
220円~
  • 企業や学内のフリーアドレスを効果的に運用
  • フリーアドレスやテレワークなど利用者の行動記録を実現
  • CSVによるユーザーの一括登録やログ管理が可能

企業や学内のフリーアドレスを効果的に運用できます。YourDesk(ユアデスク)はフリーアドレスやテレワークに対応した座席管理(ホテリング)や行動記録を実現するシステムです。座席管理システムとして10年以上の歴史があり、老舗のシステムとして安心して利用できるでしょう。

YourDeskは、利用者の行動記録を実現できるシステムです。出社や休暇、在宅勤務など利用者行動を記録できます。従業員の社内外の出勤状況を可視化し、フリーアドレスとテレワークを一元管理可能です。

CSVによるユーザーの一括登録やログ管理が実現できます。フロアの利用率や混雑度、座席の予約率、着席率など分析機能も搭載されているので、座席の有効活用が可能です。またフロア設定で座席位置の微調整もおこなえます。

更新日:2024-06-07
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ZAiSEKI(ザイセキ)
ZAiSEKI(ザイセキ)
株式会社ネットコムBB

0
レビュー数
0
円
名/月
110円~
  • 導入企業数は8,000社を突破(※1)
  • ユーザー30人までは無料で利用可能
  • 行動管理に関する機能を搭載

中小企業から大企業まで多くの企業が導入し、導入社数は8,000社を突破しました。またコストパフォーマンスに優れている点が特徴です。クラウド型のシステムのため、導入の際にサーバーやネットワーク機器の調達は必要ありません。

30人まで無料で使えるプランがあり、スケジュール管理や勤務状況表示など、行動管理の基本機能が搭載されています。予算に制限のある企業や使い勝手を知りたい企業におすすめです。

有料プランに移行した場合もユーザー数で料金が換算されるため、不要な費用を支払う必要はありません。またモバイル端末から行き先や帰社時間を入力でき、常に最新の行動予定を共有できます。災害時の安否確認やテレワークの所在確認ツールとしても活用可能です。

導入事例:十六フィナンシャルグループ、アーバンシステムなど

※1 ネットコムBB調べ(2023年1月時点)
更新日:2023-01-06
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Nimway(ニムウェイ)
Nimway(ニムウェイ)
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 人感センサーが座席や会議室の稼働率をデータ化
  • タッチパネルを配置し会議室の稼働率向上
  • ビーコンから従業員の位置情報を取得

人感センサーやタッチパネルなど、デジタル機器を活用して必要なデータを取得。座席や会議室に設置した人感センサーによって、利用状況をひと目で把握できます。

画面上には利用状況が色分けした状態で表示されるため、ダブルブッキングの発生を回避できます。会議室のタッチパネルには最新の利用状況が反映されており、事前予約なしでの利用も可能です。

予定時刻を過ぎても会議室が利用されない場合は、自動キャンセルとなります。また天井に設置したビーコンからスマートフォンの位置情報を取得できます。同僚の所在地を簡単に把握できるため、社内を探し回る必要はありません。

そして座席や会議室の稼働状況を分析する機能も搭載しています。稼働状況に応じてオフィスのスペースや働き方を見直せます。

導入事例:ソニーグループなど
更新日:2023-12-12
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Suwary(スワリー)
Suwary(スワリー)
プラス株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 座席管理に特化したシステム
  • 座席予約~退席までの作業を簡素化
  • 新型コロナウイルス感染対策機能も搭載

座席管理関連の機能のみを搭載したシステムで、アプリの起動やQRコードの読み取りだけで、座席予約〜退席までの作業が完了します。終了時刻を迎えると自動でチェックアウトされるため、余計な作業をする必要がありません。

座席は3カ月先まで予約でき、部署やプロジェクトチームごとに座席を利用できます。予定時刻を過ぎても座席が利用されない場合、システムが自動でキャンセルします。空予約が発生しづらく、使いたい人が会議室をつかえるでしょう。

またスマートフォンのGPSと連動しており、従業員の所在地をひと目で把握できます。そして新型コロナウイルスの感染者が出た場合、システム上で濃厚接触者の特定が可能です。素早い対応によって従業員へ安心感を与えるだけでなく、職場内のクラスターを回避できます。

導入事例:神奈川大学、慶応義塾大学など
更新日:2023-12-12
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
フリーアドレス座席システム
フリーアドレス座席システム
大成ネット株式会社

0
レビュー数
0
円
20000円~
  • QRコードの読み取りによるダイレクトチェックイン
  • 複数人の座席確保もスムーズ
  • Google WorkspaceやMicrosoft 365とも連携

ユーザビリティに優れており、PCからの入力やQRコードの読み取りだけで、チェックインが可能です。複数座席や代理予約を活用すれば、チームメンバー分の座席を事前に確保できます。

座席は3カ月先まで予約できるため、ワークスペースを決めておけば、毎回予約をする必要もありません。またGoogle WorkspaceやMicrosoft 365を利用していれば、カレンダーとの自動連携が可能です。

カレンダーに入力した内容が自動で反映されるため、同じ内容をシステムに入力する必要がなく、スケジュール管理が楽になります。

導入事例:ジェネリス、ブルーコンパスなど
更新日:2023-01-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SEKIDOKO(セキドコ)
SEKIDOKO(セキドコ)
株式会社JR東日本情報システム JR East Information Systems Company

0
レビュー数
0
円
30000円~
  • 必要最低限の機能やボタンのみで直感的な操作性を実現したシステム
  • 座席状況はレイアウト上に表示
  • 利用状況のデータは1年分保存可能

情報が整理されたシンプルな画面設計によって、直感的な操作で初めてでも使いやすいです。座席の利用状況がレイアウト上に表示されるため、空席の有無をすぐに把握できます。座席予約やステータス変更もワンクリックで変更可能です。

またオフィスのレイアウト図面は、自社の既存のフロア図面を活用できます。新しい図面を作成する場合でも特別なITスキルは必要ありません。

オフィスの出入口にタッチパネルを設置すると、従業員の着席状況を確認できます。特定の従業員と会話するためにオフィス内を探し回る必要はありません。

そしてフロアの利用状況に関するデータを1年分保存できます。算出したデータは、オフィスの縮小やハイブリッドワーク導入の検討材料として活用可能です。

導入事例:JR東日本建築設計、東日本旅客鉄道など
更新日:2023-12-12
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
セキメル
セキメル
株式会社ASJ

0
レビュー数
0
円
5500円~
  • 新型コロナウイルスへの対応機能も搭載
  • タイムカード機能によって勤怠管理も可能
  • テレワーク導入を促進

感染症対策と勤怠管理機能を搭載した座席管理システムです。使用できない座席を設定でき、ソーシャルディスタンスを確保し、職場内クラスターの発生を防ぎます。パーソナルスペースの確保によって、作業効率や成果物の品質向上が期待できる点も魅力です。またタイムカード機能を搭載しており、モバイル端末から出退勤時刻を簡単に打刻できます。

従業員の労働時間や遅刻の有無、有給休暇の取得状況など、勤怠データの集計〜反映までをシステムへ一任できます。常に最新の勤怠状況が反映されており、管理職は部下の勤怠状況に関して労務担当者と何度もやりとりを重ねる必要はありません。
更新日:2023-12-12
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
とれ太くん
とれ太くん
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • スマートフォンやPCからいつでも予約可能
  • ソーシャルディスタンスを確保したレイアウト作成
  • 会議室と備品予約機能を搭載

モバイル端末から24時間365日いつでも座席が予約できます。外出先や移動時間で予約ができ、隙間時間を有効活用できるでしょう。会議室や備品予約も行えるため、使用予定日に慌てて準備する必要もありません。

また新型コロナウイルスへの機能が充実している点も特徴の1つです。事前に予約できる席とできない席を設定しておけば、ソーシャルディスタンスを確保できます。

パーソナルスペースを確保し、安心して業務に打ち込める環境を整備します。座席利用を1日1席に限定すれば、1つの座席を複数人で利用することはありません。座席利用後の消毒や除菌作業の負担も軽減できます。
更新日:2023-12-12
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SEATouch(シータッチ)
SEATouch(シータッチ)
ソニー株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 座席課金制のためスモールスタートが可能
  • ソニー非接触IC技術を在籍管理に応用
  • ブラウザベースでアプリ不要な導入しやすいシステム

SEATouchはオープンスペースから特定の部署まで、あらゆるスペースで利用できる座席管理システムです。従業員数が増えても一定のシステム利用料金で運用できます。通勤時のICタッチ動作を、オフィスでも応用して在席登録や退席登録を行えます。
更新日:2024-04-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

ぴったりの座席管理システム選びはミツモアで

ミツモアロゴ

座席管理システムは製品によって特徴や機能もさまざま。「どの製品を選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。


そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりの座席管理システムが見つかります。


ぴったりの座席管理システムを最短1分で無料診断

従業員数や欲しい機能などの項目を画面上で選択するだけで、最適な座席管理システムを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。


ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。概算金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。


診断結果は最大5製品!比較・検討で最適な座席管理システムが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬ製品との出会いもあるかもしれません。


ミツモアなら、ぴったりの座席管理システムがすぐに見つかります。

関連記事一覧

在席確認ツールおすすめ4選!特徴や機能で徹底比較

在席確認ツールおすすめ4選!特徴や機能で徹底比較

現在の行動が確認できる在席確認ツールは、リモートでも労働状況を把握できるのが特徴です。座席表として利用するのはもちろん、外部ツールと連携できるツールも存在します。おすすめの在席確認ツールと選び方...

フリーアドレスを成功に導くツール9選!働きやすいオフィス環境の実現を

フリーアドレスを成功に導くツール9選!働きやすいオフィス環境の実現を

フリーアドレスを快適に運用していくにはツールを活用することがおすすめです。複数のツールを組み合わせて活用することで、座席を自由に決められるフリーアドレスでも滞りなく仕事を進められます。フリーアド...

フリーアドレスとは?種類やメリット・デメリットについて解説

フリーアドレスとは?種類やメリット・デメリットについて解説

「チームメンバーを大幅に増員したい」「オフィスのレイアウトを状況に応じて自由に変更したい」そんなときに有効なのがフリーアドレスです。この記事ではフリーアドレスとはどのような働き方なのか、メリット...

座席管理システムの機能を詳しく説明!フリーアドレスでの活用に役立つ特徴も解説

座席管理システムの機能を詳しく説明!フリーアドレスでの活用に役立つ特徴も解説

フリーアドレスオフィスには欠かせない座席管理システム。座席管理システムはオフィスの快適な運用に役立つさまざまな機能を備えています。当記事では座席管理システムの機能の特徴やできることをわかりやすく...

フリーアドレスを導入するメリットを解説!成功事例や失敗への対処法もまとめました

フリーアドレスを導入するメリットを解説!成功事例や失敗への対処法もまとめました

コロナの影響で増加したフリーアドレス。従来の働き方と比べ、用途に合わせた自由な働き方や、部署に囚われないコミュニケーションができる点が魅力です。一方で、フリーアドレスは「一度やったが上手くいかな...

ハイブリッドワークとは?国内状況や必要なツールについて解説

ハイブリッドワークとは?国内状況や必要なツールについて解説

新型コロナウイルスの感染拡大を発端に一気に増加したテレワーク。完全なリモート勤務を選ぶ企業は減少しましたが、状況に応じてテレワークとオフィス勤務を組み合わせるハイブリッドワークを採用する企業は増...

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。