プロジェクト管理ツール

プロジェクト管理ツールとは、プロジェクトで発生するタスクを登録し、進捗状況を全体で把握することで、効率的に業務を進行できるツールです。

タスクに期限や担当者を設定するだけで、簡単にTODOリストやガントチャートを自動で作成してくれ、管理にかかる手間を大幅に軽減できます。

タスクへ直接ファイルの共有やコメントの付与ができ、リモートでも情報共有をはかれます。タスク単位での情報共有ができるため、知識や会話がバラバラになりません。

製品によって特徴はさまざまです。料金や機能を比較して、自社に合った製品を選びましょう。

RPAツール

RPAツールとは、コンピューター上で実行されている反復処理を自動化するためのツールです。ルーティン化した作業を、社員に代わってロボットが行います。


RPAツールの導入は単純作業の効率アップや人手不足の解消に有効です。しかし「具体的にどのような業務を自動化できるのか」「プログラミングが苦手でも使いこなせるのか」といった不安があり、導入に踏み切れていない人もいますよね。


そこで自社に最適なRPAツールを比較しましょう。RPAツールを導入する際は、自動化できる業務の対象範囲を知ることが大切です。自動化に向いている主な業務として「基幹システムへの情報入力」「外部サイトからのデータ取得」などが挙げられます。RPAツールは人間のような判断こそできませんが、単純なルーティン作業と相性がいいため、積極的に自動化すると導入効果を実感できるでしょう。

RPAツールをもっと見る

タスク管理ツール

タスク管理ツールとは、個人もしくはチームが抱えている業務をリストアップし、完了・未完了などステータスをつけることで整理できるツールです。完了すべき期限を入力して優先順位をつけたり、ステータスを付与して「今どの状況にあるのか」を可視化したりする際にも使われます。

プロジェクトチームなど複数人でタスク管理ツールを共有し、誰がいつまでに何の業務を担当するのか整理して組織運営に役立てることもあります。新入社員から役員クラスまで幅広く活用されているツールです。

タスク管理ツールをもっと見る