ミツモア
【2023年】RPAツール比較16選!目的・機能別おすすめ製品や選び方

RPAツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

RPAツールとは

RPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、単純な繰り返し行われるPC上の業務をロボットで自動化する仕組みのことです。


ロボットが作業することにより業務の効率化を実現し、最適な人的リソースの割り当てを支援するソフトウエアを「RPA」「RPAツール」と呼ばれています。人に代わってロボットが作業を行うことから「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」とも呼ばれ、注目されているテクノロジーの一つです。


関連記事:RPAの仕組みを簡単に解説。導入のメリットも知っておこう|ミツモア


AIやマクロとの違い

RPAツールは「AI」とは異なり、学習による自立的な判断はできません。日常的に発生する単純作業など、判断を必要としない作業を正確に繰り返すことが強みです。また「Excelマクロ」とも異なり、メールなど複数アプリをまたいだ作業ができるので、手順の決まった定型業務であれば汎用性が広くなるのが特徴です。


関連記事:今さら聞けないITとAIとの違い。基本的な用語を理解しよう|ミツモア


RPAツールが得意とする業務

RPAツールが得意とする主な業務は「ルール化された業務」「繰り返しが大量に発生する業務」「ツールやシステムをまたいだ作業」です。具体的なRPAツールの作業一例を挙げてみました。


  • Excelに記載データを他システムに入力する
  • 複数のシステムから情報を取得して、1つにまとめる
  • データの値からフォーマットを選定し、Excelへ張り付ける
  • インターネットで検索した情報をExcelへ貼り付ける
  • データを収集し、集計・加工してレポート作成する
  • 送られたメールの内容をExcelへ転記する
  • 決まった時間やタイミングにメールを送信する


RPAツールは繰り返し発生するさまざまな業務を大幅に短縮するだけでなく、24時間動き続けるロボットが正確に処理するので人為的なミスも防ぎます。


「RPAツールで何ができるか分からない」「どんなRPAツールが適しているかわからない」「RPAの知識がなくても扱えるのか」とお悩みの方もまだまだ多いのではないのでしょうか。この記事ではRPAツールのメリットや選び方など、おすすめの製品を紹介していきます。

RPAツールおすすめランキング!

ミツモアの「ソフトウェア診断」において、最もリクエスト数が多かったRPAツールをランキングにしました。ランキング結果は2021年7月~2022年6月の期間を対象にしています。


1位:WinActor(ウィンアクター)

NTTグループが研究・開発している純国産RPAツール「WinActor(ウィンアクター)」が第1位です。直観的な操作によりプログラミング経験がない方でも利用しやすいツールです。導入企業7,000社、国内シェア1位の実績は、幅広い業界や業種で評価されているツールといえるでしょう。


2位(同率):batton(バトン)

AI機能が搭載されているRPAツール「batton(バトン)」が同率2位となりました。オンプレミス型ですが、利用できるPC数に制限はなく、コストパフォーマンスに優れています。専任のカスタマーサクセスチームがツール導入から定着までサポートを徹底支援してくれる製品です。


2位(同率):RoboTANGO(ロボタンゴ)

低コストで開始ができる「RoboTANGO(ロボタンゴ)」が同率2位です。普段行われているPCでの作業をロボットが録画し、自動分析してシナリオを設計してくれる製品です。スピーディー、かつ正確に業務の自動化を実現してくれるでしょう。


4位:AUTORO(オートロ)

クラウド型のRPAツール「AUTORO(オートロ)(旧:Robotic Crowd)」が第4位です。自宅からなど場所を問わずどこからでも利用ができ、外部APIとも連携可能、とクラウド型ならではの特長を活かした製品です。RPAを代理構築するサービスもあるので、導入工数がかけられない方にはおすすめのサービスといえるでしょう。


5位:BizRobo!(ビズロボ)

シナリオ数に制限なく、低コストで利用ができるRPAツール「BizRobo!(ビズロボ)」が第5位となりました。機能制限がなくスモールスタートで始められることができるので、安定してきたタイミングで自由にプラン変更ができます。外部サービスとの連携も積極的で、導入実績も2,000社を超えて利用されている製品です。


まずは「一般的に人気の製品から検討を進めたい」という方は今回のランキングもぜひ参考にしてみてください!

RPAツールの主要製品比較表

主要なRPAツールを比較しました。初期費用や月額料金は、契約台数、提供形態や自動化する業務にオプションが必要かどうかによって大きく変わります。(表は右にスクロールできます)

製品名
ロゴ
初期費用月額料金無料トライアルプログラミング知識OCR(文字起こし)AI搭載スケジュール設定アプリケーション連携提供形態サポート・支援体制導入実績
batton要問合せ148,000円~/月不要デスクトップ
WinActor要問合せ要問合せ最長60日間不要連携可能オプションデスクトップ
サーバー
7,000社以上
AUTORO要問合せ要問合せ14日間不要クラウド
UiPath Platform要問合せ要問合せ30日間~デスクトップ
サーバー
クラウド
75万人以上
BizRobo!要問合せ900,000円~/年1カ月間
デスクトップ
サーバー
2,200社
Robo-Pat DX0円要問合せ1カ月間不要オプション〇(OCRのみ)デスクトップ900社
EzRobot0円55,000円~/月1カ月間不要デスクトップ350社以上
Blue Prism要問合せ要問合せ最長30日間デスクトップ
サーバー
クラウド
Automation Anywhere要問合せ要問合せ30日間クラウド
RoboTANGO105,000円~55,000円~/月不要デスクトップ
アシロボ200,000円~50,000円~/月1カ月間不要なしデスクトップ700契約

※ミツモア調べ(2022年7月時点)


  • AI搭載

AIを搭載する製品が登場しています。RPAツールの弱点である判断能力をAIが補います。予め設定していない事象に対してもAIが対応して業務を遂行するなど、自動化の幅が飛躍的に広がるでしょう。


  • スケジュールの設定

RPAツールがスケジュールの設定に対応していることで、人の手で起動することなく自動化した業務を回し始めることができます。リマインドのメールを自動送信するなど、スケジュールの設定により自動で業務を遂行してくれるのは非常に便利です。


  • OCR(文字起こし)

文字起こしではロボットが音声を認識をして文面に落とし込んでくれます。「会議が多く、自動で議事録を作成したい」と考えている方におすすめの機能です。


関連記事:RPAツールの導入費用はどのくらい?内訳相場や主要な製品の料金比較【2022年度最新】|ミツモア

スモールスタートで利用して拡張しやすいRPAツール3選

  • プログラム未経験者への手厚いサポート
  • 日本企業の現場に寄り添った純国産製品
  • スモールスタートからの大規模拡張に対応

「重要な業務をエラー無く自動化できるか」という点は、初めてRPAツールを導入する企業が気になるポイントですよね。WinActor(ウィンアクター)は複雑な処理をワンタッチで組み込める部品集を、無料で300個以上用意しています。パズルをはめ込むようにマウス操作のみでシナリオを作成でき、初心者に優しい製品です。

純国産の製品のため、日本企業の働き方に合わせて使いやすいのが特徴です。現在の利用企業は7,000社を超え(※)、金融業から物流、小売業と幅広い業務をサポートしています

また全国に展開する販売代理店が、現場で導入やシナリオ作成を支援するため、自社の課題に合わせて要望を伝えやすいでしょう。

PC1台のスモールスタートから始められ、その後の大規模運用への拡張も簡単にできます。まずは費用を抑えて導入し、操作性や機能を確認したい企業におすすめです。

無料トライアル〇最長60日間
提供形態
デスクトップ
サーバー
導入実績
ノーリツ、ニッセン、大和物流など

※1 NTTアドバンステクノロジ株式会社調べ (2022年1月時点)
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
SynchRoid(シンクロイド)
ソフトバンク株式会社
SynchRoid(シンクロイド)
基本プラン要お問い合わせ
  • プログラミング不要で簡単に始められる
  • 導入から教育まで併走型の手厚いサポート
  • サポートつきの無料トライアルを実施している

SynchRoid(シンクロイド)はソフトバンクが提供するRPAツールです。1ユーザーから使えて、さらにノンプログラミングで開発を行えるので、スモールスタートに適しています。

またサポート体制が万全で、導入支援だけでなく開発スキルのトレーニングも実施。トレーニングはリテラシーの高さに合わせてカリキュラムを組めるため、自社に最適な研修を受けられます。RPAツールを操作する上で必要な知識をインプットしたい企業にぴったりでしょう。

サポートつきの無料トライアルを30日間実施しているのも魅力的。実際の操作感を確かめてから契約できるので、導入後のトラブルを避けることができます。

無料トライアル〇30日間
提供形態
クラウド
デスクトップ
導入実績
LIXIL、マレリ、足立区など


※1 マレリ株式会社における導入初年度の削減効果

更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
アシロボ
アシロボ
ディヴォートソリューション株式会社
基本プラン月 55000円~
アシロボ
ディヴォートソリューション株式会社
アシロボ
基本プラン月 55000円~
  • 中小企業から大企業まで多くの導入実績と98%(※1)の継続率
  • 試用期間から無料で研修会とサポートを受けられる
  • 本番と同じものを1か月間無料で試せる

月額5万円(PC2台)の低価格から始められ、サポートも充実していることから、中小企業や大手現場部門におすすめのRPAツールです。業種や規模を問わず800企業に導入実績があり、継続率は98%を誇ります。

導入前から操作、バージョンアップなど全てのサポートを無料で受けられるため、初めての導入でも安心です。参加人数や回数に制限のない説明会を、定期的に開催してくれるところも初心者にはやさしいポイントでしょう。

大企業では部署ごとに契約ができるため、ミニマムに始められるのも魅力です。本番と同じものを1か月間無料で試すことができます。

※1 ディヴォートソリューション調べ(2023年1月現在)
更新日:2023-01-05
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

AI機能で高度な自動化を実現するRPAツール3選

基本プラン要お問い合わせ
batton(バトン)
株式会社batton
batton(バトン)
基本プラン要お問い合わせ
  • 目標達成までの道のりを担当者がサポート
  • 直感的に扱える初心者向けRPAツール
  • 1つのアカウントで複数端末の業務を自動化できる
  • 業界初のAI搭載RPA

初心者でも扱えるRPAツールを探している企業におすすめの製品です。導入から目標達成に至るまで、専門のコンサルティングチームが親身にサポートしてくれます。操作に関する疑問点の解消はもちろん、ゴール設定やスケジュール設定といった運用面でのサポートが、継続的な成果につながるでしょう。

batton(バトン)のシナリオ作成は直感的にできるよう設計されています。実行したい操作や実行条件をプルダウンメニューから選択するなど、簡単なマウス操作とキーボード入力のみで扱えるため簡単です。

同時ログインをしなければ、1つのアカウントを複数端末でシェアできます。例えば「9時から12時の間はA支店で請求業務を自動化する」「12時から15時の間はB支店でメール配信を自動化する」という使い方をすると、複数業務の自動化が1アカウント分の料金で済むことになりお得です。

無料トライアル
提供形態
クラウド
導入実績
ユーカリ、ディップ、一貫堂など
更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 一般的な業務のシナリオが用意されている
  • 高い拡張性で大規模な自動化に対応
  • 重要な業務を安全に遂行する

UiPath Platform(ユーアイパス プラットフォーム)にはシナリオのテンプレートが用意されており、一般的なアクションの自動化を導入後すぐに行えます。社員1人ひとりが自身の業務の自動化に着手しやすいため、社内にスムーズに浸透するでしょう。

大規模な企業で利用するうえで必要なプランが様々選べます。例えば安全性や効率性を求めるなら、オンプレミス型やAutomation Cloudがおすすめです。またAI Centerを使用すると高度な認知作業を自動化できるようになります。

UiPath Platformの安全性はISO 27001と呼ばれる国際規格で認められています。メールの自動配信や書類作成時など、社外秘の情報を扱う業務でも心配なく任せられるでしょう。


無料トライアル
提供形態
デスクトップ
サーバー
クラウド
導入実績
大東港運、ファミリーマート、medibaなど
更新日:2022-06-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
NICE(ナイス)
NICE(ナイス)
ナイスジャパン株式会社
基本プラン要お問い合わせ
NICE(ナイス)
ナイスジャパン株式会社
NICE(ナイス)
基本プラン要お問い合わせ
  • 自動化すべき業務を分析して効果を予測できる
  • 簡単な操作で初心者の方でも導入しやすい
  • 事業規模の拡大にも柔軟に対応
  • AIでより迅速かつ容易な自動化を実現

NICE(ナイス)は業務をロボットに記憶させて自動化するだけでなく、どの業務をRPAツールにか委ねるべきか、導入後に分析してくれるも行うツールです。さらに自動化の効果を測定する機能もあるため、業務を効率化できているのか可視化でき、改善すべき部分を明らかにできます。

簡単な操作でプログラミングの知識は必要ありません。図で視覚的に操作のフローチャートを作成することで、ロボットが作業を自動化してくれます。直感的に分かりやすい操作で導入できるので、初心者の方でも導入しやすいでしょう。

事業規模の拡大に応じたRPAツール機能の拡張に柔軟に対応してくれるのもポイント。拡張性が高いので、事業規模の拡大に伴い自動化したい業務が変化しても安心です。
無料トライアル
提供形態
サーバー
導入実績
accenture、Deloitte、IBMなど


※1 ヘルプライン社の実績
更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

プログラミング知識がなくても利用できるRPAツール5選

基本プラン要お問い合わせ
AUTORO(オートロ)
オートロ株式会社
AUTORO(オートロ)
基本プラン要お問い合わせ

  • 手厚いサポート、RPA構築の代行サービス体制を構築
  • 100を超えるアクション、外部APIとの連携を実現
  • 人数や場所を問わず簡単設定でテレワーク利用が可能

利用時に発生する「わからない」は画面内のチャットから相談すれば、即回答してくれるサポート体制が整っています。初めての方向けにも、RPA構築を代理で構築してくれるサービスがあります。


自動化に必要なアクションが多数用意されているだけでなく、外部APIとの連携も可能です。高速で安定した取り組みが実現できます。


複数人で同時利用することも可能です。自宅からログインが可能なので、テレワーク業務にも不便なく活用できるでしょう。


無料トライアル
提供形態
クラウド
導入実績
Candee、プロトソリューション、スマートニュースなど


※1 オートロ株式会社調べ (2022年8月現在)

更新日:2022-09-15
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Robo-Pat DX(ロボパット DX)
Robo-Pat DX(ロボパット DX)
株式会社FCEプロセス&テクノロジー
基本プラン要お問い合わせ
Robo-Pat DX(ロボパット DX)
株式会社FCEプロセス&テクノロジー
Robo-Pat DX(ロボパット DX)
基本プラン要お問い合わせ
  • 現場で業務を自動化できるよう、直感的な操作でロボ作成が可能
  • 1ライセンス、複数のPC端末で利用が可能なフローティングライセンスも搭載
  • 専属の担当者によるDX推進、RPA活用サポートが全て無料

ロボパットDXは導入企業1000社突破の、現場部門向けに開発されたRPAツールです。プログラミングスキル無しに直感的な操作でロボを作成できるため、エンジニアに頼らないRPAツールの導入が叶います。いますぐ定型業務を自動化したい部署におすすめです。

1つのライセンスを複数のPCで利用できるフローティングライセンスを標準搭載しています。使用できるPC台数は無制限なので、使い方は自由自在です。

契約者専⽤のヘルプデスクをはじめ、全ての導入企業に専属の担当者がついてサポートしてくれるのも魅力です。他にも動画コンテンツやオンライン上のWeb家庭教師や集団勉強会が用意されています。基本的な機能から運用のコツまで習得できるため安心です。

無料トライアル30日間
提供形態
デスクトップ
導入実績
三井住友トラストクラブ、ニシウオマーケティング、三和ホールディングスなど
更新日:2022-12-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ビジネスプランライセンス/月 5940円~
Coopel(クーペル)
株式会社DeNA
Coopel(クーペル)
ビジネスプランライセンス/月 5940円~
  • 各操作ボタンの動きを実行する前に理解できる
  • 1アカウントからの契約ができるのでスモールスタートが可能
  • オプションで代行サービスにも対応

Coopel(クーペル)はプログラミングの知識に自信がない方でも簡単に使えるRPAツールです。操作ボタンにカーソルを合わせると動作イメージが表示されるため、行いたい操作のためにどこをクリックすればよいのかが理解できます。操作性からRPAツールを導入に不安がある企業でも安心して導入を検討できるでしょう。

1アカウントから契約できるので、スモールスタートにも向いています。「初めは小規模で導入して、業務効率化が見込めそうなら導入規模を拡大しよう」という方にうってつけです。

またオプションでロボットの設定や管理の代行サービスがあるのもポイント。シナリオの作成や修正だけでなく、ロボットで対応できない業務に人的リソースで対応してくれるので、自社でRPAツールの設定をする時間がない場合に特におすすめです。


無料トライアル
提供形態
クラウド
導入実績
TIC、オロ、メルカリなど

Copyright ©1999 DeNA Co., Ltd. All rights reserved.

更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
nalgo-bot
nalgo-bot
日本アルゴリズム株式会社
基本プランライセンス/月 917円~
nalgo-bot
日本アルゴリズム株式会社
nalgo-bot
基本プランライセンス/月 917円~
  • 1ライセンスあたり年間1万円から使えるRPAツール
  • プログラミングの知識無しでシナリオが作成できる
  • 統計レポートで、削減された作業時間を定量的に把握できる

1ライセンスあたり年間1万円からの低価格で利用できるRPAツールです。PCのキッティングやウイルスチェック、メールアドレスの貼り付けなど、「簡単だけど時間のかかる作業」を自動化できます。

作業の自動化に必要なシナリオは、手作業で行っていた業務を録画するだけで作成されるので、コードを書く必要がなくプログラミングの知識は不要です。プログラム初心者でも簡単にシナリオを作成できるでしょう。なお作成したシナリオはスクリプトに変換できるので、より高度なシナリオに変更することも可能です。

nalgo-botを利用する際、自動化した業務の作業時間が記録され、自動化前と比べてどのくらい業務が効率化したかを統計レポートで示してくれます。業務効率化を定量的に見積もれるので、RPAツールの効果を評価しやすいです。30日間の無料トライアルで、使い心地を試せますよ。


無料トライアル30日間
提供形態オンプレミス
更新日:2022-08-24
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 現場社員でも実務に沿ったロボットが作成できる
  • 低コスト・短期間での導入ができる
  • 運用定着のサポートが手厚い


ipaSロボは、直感的な操作性が特徴のRPAツールです。画像認識技術を用いて自動化対象の業務を特定してくれます。人がする作業は、アイコンと文字で設定されているコマンドを作業順に並べるだけなので、業務を熟知している現場社員自身が簡単にロボットを作成・編集できます


新規システムを開発したりする必要がなく、端末1台1か月単位で導入できるのもうれしい点です。スモールスタートが可能で、初期費用を大幅に抑えられるだけでなく、導入が短期間で済みます。


また運用定着のサポートが非常に手厚いです。無料トライアルから実際に導入した3か月後まで、ロボット作成の支援などの個別サポートが受けられます。「有識者がおらずRPAツールを使いこなせるか不安」という企業でも安心です


無料トライアル30日間
提供形態
デスクトップ
導入実績
トランスコスモス、読売IS、学校法人杏林学園、ワタミなど
更新日:2022-10-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

大規模事業向けRPAツール3選

  • 拡張性に優れたRPAツールで様々な業務に対応
  • 安定して稼働し続け、業務処理に優れる
  • 会社形態によって柔軟にサービスを提供

段階的に会社全体の業務を自動化できるよう、拡張性を重視して開発された製品です。拡張性があるので「最初は試験的に、慣れてきたら大幅に自動化したい」と考えている大規模事業を行う企業にうってつけ。

また安定した稼働力も魅力です。エラーが起こっても自動的に再実行し、処理結果を残すため、原因不明の不具合のせいで業務が滞ることがないでしょう。RPAツールの懸念点である不具合により業務処理が停止する心配がないので、「期限が厳しく確実な業務処理が求められる」という会社にもおすすめです。

またクラウド型やオンプレミス型など会社に沿ったプランを準備しているのもポイント。初期コストの低いクラウド型や外部にデータを置けない場合に対応可能なオンプレミス型など柔軟に対応してくれます。


無料トライアル〇最長30日間
提供形態
デスクトップ
サーバー
クラウド
導入実績
ポリプラスチックス、河内屋酒販、ふくおかフィナンシャルグループなど
更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • クラウド型で導入コストを下げて大規模な導入を簡単に実現
  • 複雑なシナリオ設計に対応している
  • 無料トライアルを実施しているので、安心して導入できる

クラウドサービスなため、サーバの事前準備必要がなく、簡単に大規模な導入ができます。またアップデートやメンテナンスも自社で行う必要が無いので、維持コストも抑えられるでしょう。

システム設計に似たUIで開発を行い、複雑なシナリオに対応しているのもポイント。複雑な操作にも対応できるので高度な自動化を行いたい企業におすすめのRPAツールです。

無料トライアルを実施しているため、実際に使ってみて納得してから契約できるので、安心でしょう。「操作を自動化することで、狙った通りの業務効率化が図れるかを確かめたい」という方におすすめです。

無料トライアル〇30日間
提供形態
クラウド
導入実績
JTB、日立ソリューションズ、呉共済病院など
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
BizRobo!(ビズロボ)
BizRobo!(ビズロボ)
RPAテクノロジーズ株式会社
BizRobo! mini月 75000円~
BizRobo! Lite年 1200000円~
BizRobo! Basic月 600000円~
BizRobo!(ビズロボ)
RPAテクノロジーズ株式会社
BizRobo!(ビズロボ)
BizRobo! mini月 75000円~
BizRobo! Lite年 1200000円~
BizRobo! Basic月 600000円~

  • 圧倒的なコストパフォーマンスを実現
  • いつでもどこでも開発が進む
  • 導入から拡張まで親身にサポートする


BizRobo!は大規模事業向けRPAです。業務の自動化に必要な管理機能や実行機能を、まとめて低価格で提供します。分かりやすい価格体系のため「欲しい機能を追加購入したら、いつの間にか値段が高くなっていた」という心配はありません。


ライセンス1つで複数の端末にインストールできます。社員に開発環境が行き届くため、業務の自動化がスムーズに進むでしょう。在宅用のパソコンにインストールすると、リモートワークでも開発を行えて便利です。


10年以上の開発、運用で獲得したノウハウを活かし、充実したサポートを提供します。専任体制で活用や定着に向けた支援をし、悩みや疑問点を解消してくれるため安心です。


無料トライアル〇30日間
提供形態
デスクトップ
サーバー
導入実績
広島市、東神開発、豊田油気など
更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

価格を抑えてコストパフォーマンスに優れたRPAツール2選

EzRobot(イージーロボット)
EzRobot(イージーロボット)
株式会社RPAソリューションズ
基本プラン月 55000円~
EzRobot(イージーロボット)
株式会社RPAソリューションズ
EzRobot(イージーロボット)
基本プラン月 55000円~

  • 中小企業向けの低価格RPAツール
  • 初心者でも使えるシナリオ設定画面
  • ユーザーに好評の手厚いサポート


中小企業が手軽に挑戦できるよう開発された、コストパフォーマンスに優れたRPAツールです。初期費用は無料、月単位の契約で始められます。1ヶ月間の無料トライアルを利用でき、本契約と同じ機能とサポート体制を試せるため、初めて導入する企業でも安心でしょう。


シナリオ作成にソースコードを使う必要はなく、自動化したい手順の通りテキストボックスに入力するなど簡単な操作で扱えます。シンプルな画面設計なため、初心者でも抵抗なく使える点が特徴です。


EzRobot(イージーロボット)を利用した企業からは「サポートの質と誠実さ、自社のために割いてくれる時間の長さに驚いている」との声が寄せられています(※1)。ビジネスチャットやTV会議での個別サポートや、オンライン勉強会等、充実したサポートが魅力です。


無料トライアル〇30日間
提供形態
デスクトップ
導入実績
山本幸、平澤昭洋税理士事務所など


※1 株式会社RPAソリューションズ調べ (2022年2月現在)

更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
RoboTANGO(ロボタンゴ)
RoboTANGO(ロボタンゴ)
スターティアレイズ株式会社
基本プランライセンス/月 55000円~
RoboTANGO(ロボタンゴ)
スターティアレイズ株式会社
RoboTANGO(ロボタンゴ)
基本プランライセンス/月 55000円~
  • パソコン上の操作を録画することで作業を自動化できる
  • カスタマイズは自由で対応操作の幅広い
  • 1アカウントを5台のパソコンで使いまわせる
 
データ入力やデータ集計、ファイル保存といったルーティンワークはRoboTANGOが代行します。パソコン上の作業を録画することで、RoboTANGOが手順を分析し、自動操作するシナリオを作成してくれるため、初心者にも簡単です
 
シナリオには「ダブルクリック、テキスト入力、クリック」のような動作条件が登録されており、カスタマイズも自由自在。1度RoboTANGOに登録してしまえば、あとは実行するだけで同じ操作が再現できます。
 
プログラミングの知識は不要ですし、1社1アカウントを発行し、ライセンスを5台のパソコンで使いまわせるため、コストが大幅ダウン。月額50,000円の料金にヘルプセンターが含まれており、お得感があります。月額料金にはヘルプセンターの利用が含まれているので、初心者でも安心して導入できるでしょう。


無料トライアル
提供形態
デスクトップ型
導入実績
東邦レオ、白山印刷、東芳紙業
更新日:2022-09-21
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

RPAツールを導入するメリット

生産性が向上する

RPAツールにあらかじめ業務の手順を登録しておくと自動で実行し続けます。人力よりも正確で早く、長時間パフォーマンスを落とすことがないため、生産性が大幅に向上するでしょう。


例えば、経理部門では社員の交通費の精算の際に、経路を調べて領収書と比較する必要がありますが、RPAツールで自動化することで最適経路の検索や比較するまでの業務を自動化することができます。膨大な領収書や経費精算を処理する必要がある経理部門で、領収書の読み取りから照合まで自動化できるのは魅力的です。


社員が単純作業を減らすことにより、業績に直結する業務に集中できる点も魅力です。例えばコンサル業務やマーケティング業務では、クライアントに提出するレポートを定期的に作成する必要がありますが、情報収集からグラフ化など手順の決まったレポーティング作業はRPAツールで自動化することができます。レポート作成がなくなることで、より生産性の高い分析や戦略を立てることに時間を多く割けるようになるでしょう。


人手不足を解消する

人手が足りず残業する従業員が多かったり、業務をアウトソーシングする必要があったりと人的リソースの課題を抱えている企業もあるでしょう。RPAツールによる業務の自動化は人手不足を解消し、時間外労働も減らすことが期待できます。


少子高齢化による労働人口の減少は、これからも深刻な問題となることが予想されています。人手不足による企業倒産も増加傾向にあるため、RPAツールの導入が解決策の一つになるかもしれません。


人為的なミスを減らす

人による作業とは異なり、ロボットは設計された通りに正確に動き続けるため、ケアレスミスを削減できます


例えばExcelファイルのデータを別のExcelファイルに移したり、リマインドのメールを一斉送信したりといった社内業務をRPAツールで自動化することで、データの移し漏れやメールの送り忘れなどのミスを防ぐことができるでしょう。


関連記事:RPAツール導入のメリットと注意点!自動化に適した業務とは?|ミツモア

RPAツールの比較ポイントと選び方

自動化したい業務や作業規模に対応できるか

RPAツールで自動化したい作業の種類や規模、専門的な業務に対応できるか、同時に何人が利用できるのかは確認しておきましょう。特定部門や業界に特化したRPAツールであれば、カスタマイズせずにスムーズに導入することができます。


例えば「EzRobot(イージーロボット)」では会計事務所と提携し専用のRPAツールを取り扱っています。弥生会計やfreeeなど多くの会計事務所で利用されている会計ソフトとの連携することで、ロボット稼働するためのシナリオ設計も対応しています。業務を自動化するためのシナリオ設計やテスト稼働も最小限の工数で実現できるでしょう。



一方で自動化したい業務が他部署にまたがっている場合、試用期間を経て社内でRPAツールの使用を拡大しようと考えている場合には汎用性の高いツールがおすすめです。


また自動化したい業務が複雑な必要な場合には、高機能な製品を選びましょう。AI(人工知能)と連携した製品も登場しているので、RPAツールが自動化できる業務範囲も広がっています。


例えば「UiPath Platform(ユーアイパス プラットフォーム)」ではAIとRPAツールを連動させることで、データの読み取りからの不動産の評価や入出庫記録から、在庫変動の予測など単純作業だけでなく判断を下すことも可能です。


プログラミングの知識がなくても操作ができるか

プログラミングの知識がなくてもシナリオを設定できる製品があります。「batton(バトン)」はシナリオ設計が直感的にできるよう設計され、実行したい操作や実行条件をプルダウンメニューから選択するなど、簡単なマウス操作とキーボード入力のみで扱えるため簡単です。


また定期的なメンテナンスなど、運用していく上で専門的な知識が求められることがあります。その際に運用サポートが充実していると安心でしょう。各社サポート・支援体制には力を入れているので比較しながら検討していきましょう。


「SynchRoid(シンクロイド)」はサポート体制が万全で、導入支援だけでなく開発スキルのトレーニングも実施しています。トレーニングはリテラシーに合わせてカリキュラムを組めるため、自社に最適な研修を受けられます。RPAツールを操作する上で必要な知識をインプットしたい企業にぴったりでしょう。


「Coopel(クーペル)」は通常のサポートに加えて、オプションでロボット対応できない業務に人的リソースで対応してくれます。「RPAツールの設定に時間がかけられない」という場合に構築までを対応してくれるのは魅力的です。


各社サポート・支援体制比較(表は右にスクロールすることができます)

製品名battonWinActorAUTOROUiPath PlatformBizRobo!Robo-Pat DXEzRobotBlue PrismAutomation AnywhereRoboTANGO
主なサポート・支援体制
・専任のコンサルタントチームによる業務の洗い出し
・slackやチャットワーク経由で専任カスタマーサクセスとの相談サポート
・コミュニティサイト(UserForum)
・カスタマーサクセスプログラム
・DXマーケットプレイス
・教育サポート in COBOTPIA
・グローバルサポート
・チャットサポート
・個別対応プラン
・構築代行プラン
・UIPATHアカデミー
・認定資格
・ナレッジベース/デベロッパーブログ
・COMMUNITYイベント/フォーラム
・カスタマーサポート
・サポートプログラム
・BizRobo! アカデミー
・チュートリアル動画
・ハンズオンセミナー
・有償研修
・RPA成功ガイド
・操作検証実績/FAQ
・開発者向けSNS
・ユーザー会
・専任コンサルタント+スタマーサクセスチームによる支援
・集合型/個別/超個別サポート
・認定プログラム
・事例共有会
・オンライン勉強会
・個別サポート(TV会議/ビジネスチャット)
・コミュニティサポート
・ベーシックサポート
・プロダクションサポート
・ビジネスクリティカルサポート
・カスタマーポータル
・カスタマーポータル
・電話によるサポート
・セミナー/イベント
・英語(多言語)によるサポート
・専門コンサルティング
・サポート専用ページ
・導入支援サービス
・オンラインレクチャー
・個別チャットサポート(Chatwork)
・オンラインサポート(zoom等)
・専任サポート

※ミツモア調べ(2022年7月時点)


スモールスタートで利用ができるか

RPAツールを初めて導入するので不安という方は、スモールスタートで利用開始ができるサービスを選定しましょう。稼働が安定してきたら、プラン変更ができる製品も多くみられます。


「WinActor(ウィンアクター)」はPC1台のスモールスタートから始められ、その後の大規模運用への拡張も簡単にできます。費用を抑えて導入し、操作性や機能を確認したい企業におすすめです。


また無料トライアル期間として、お試しで利用できる製品もあります。「自動化した業務が要件通りに実現できているか」「簡単に操作ができる、複雑な仕様になっていないか」などを確かめることができます。契約後のミスマッチを防ぐために利用してみましょう。


また、期限制限がなく無料で利用できるRPAツールがあります。「個人や小規模で利用したい」「RPAツールの作業イメージを付けたい」という方は特に適しています。ただし有料プランと比べると機能制限やロボット台数制限がありますので、操作しやすさや機能を試しながら検討しましょう。


  • UiPath - Community Edition

国内外で幅広く導入されているRPAツール「UiPath」が無料で利用することができます。従業員250人未満、年間収益500万ドル未満の企業、ロボット台数5台と利用者条件と機能制限がありますが、有料と変わらない機能を利用することができます。「UiPathアカデミー」によるオンライン学習やコミュニティ利用はできますが、メールなどによるサポートが受けることはできません。


  • Automation Anywhere - Community Edition

「Automation Anywhere」は世界90カ国で利用されているクラウド型のRPAツールです。従業員が250人未満、マシン台数が250台未満、年間収益は500万ドル未満の企業という利用者条件があります。利用できる人数も5人までと限られ、機能制限が一部ありますがクラウド型なのですぐに開始ができるでしょう。


  • Microsoft - Power Automate Desktop

マイクロソフト社が提供しているRPAツールです。Windows10、Windows11であればデスクトップ版が無料で利用することができます。プログラミングなどの知識がない方でも操作しやすく、自動化することができるでしょう。ただし、サポートは受けられずコミュニティは日本語ではなく英語になるので注意しましょう。


  • マクロマン(MACROMAN)

利用制限がなく、PCに複数台インストールしても無料のデスクトップ型RPAツールです。導入者数も2,500社以上、自治体にも導入実績があります。エラー発生時の相談や不明点対応などの対面(オンライン)での相談サポートは有料ですが、1時間単位で相談できるチケット制のため、無駄のない運用ができるでしょう。


関連記事:無料で使えるおすすめRPAツール6選|導入のメリット・デメリットも徹底解説【2022年版】|ミツモア


ツールの提供形態は自社に適しているか

RPAツールの提供形態は「デスクトップ型」「サーバー型」「クラウド型」の3種類です。「デスクトップ型」「サーバー型」は「オンプレミス型」と呼ばれることもあります。予算や自動化する規模に応じて選定していきましょう。「Blue Prism(ブループリズム)」は、クラウド型やオンプレミス型など、要望に沿ったサービスを提供している製品です。


  • デスクトップ型

デスクトップ型はPC単位で導入するタイプなので、比較的安価に利用ができます。小規模な業務で利用したい、スモールスタートで試しに開始したいなどの要望に適しています。ただし、利用者が限定されることによる属人化が起こりやすいので、注意しましょう。


  • サーバー型

自社内のサーバーでRPAツールを稼働します。社内全体や部署を横断した業務の自動化、大規模な利用で一括管理したい場合に適しています。セキュリティ面に関しても安心して利用できるでしょう。自動化する内容が複雑であったり、データ量も多い傾向にあるため、導入までの時間がかかったり、費用面でも大きくなる傾向にあります。


  • クラウド型

クラウド型はWebブラウザ上でロボットが稼働するので、どこでも設計・稼働できたり、外部システムとも連携がしやすいのが特徴です。初期コストがかからない製品もあり、ツールのアップデートも自動で行われます。セキュリティに関しては他タイプより課題があるといえます。

RPAツールを導入する際の注意点

初めて導入する方も乗り換えを検討される方もRPAツール候補に目途が立ちましたら、 改めて社内体制や導入する目的や目標を確認していきましょう。「コストに対するメリットが感じられない」「スモールスタートで開始すればよかった」「ツールを変えても何も変わらなかった」など、認識の相違が起きないよう準備してください。導入前後の注意点について解説します。


ツールを導入する目標を明確にする

RPAツールを導入する際、企業によっては費用対効果を求められることもあるでしょう。ツール導入することで「どれくらいの業務削減が実現できるのか」「業務削減により、どれだけの効果を生み出せるか」を具体的な数値に落としましょう。定着するまでの時間や理解が必要となるケースも多くみられますので、製品選びと合わせて準備を進めてください。


導入するまでに時間がかかるので余裕をもっておく

RPAツールが決まってから、本格的に稼働するまで一定の時間がかかります。急いでツール導入にならないよう余裕をもって選定してください。一般的な稼働までの流れを以下紹介します。


  • 一般的な導入するまでの流れ

・自動化したい業務を洗い出しリスト化する

・自動化しやすい、かつ業務改善インパクトがある業務を決定する

・無料トライアルでRPAツールを試す(使いやすさや機能、相性をチェックする)

・要件定義をして、デザイン/開発を行う(シナリオ設計する)

・テスト稼働する、結果を反映する

・問題なければ本格稼働を開始する

・安定稼働が見込めれば、業務の自動化の幅を広げ拡大する


不正利用による情報漏洩をしないよう体制を整える

RPAツールが不正利用された場合、会社に大きな損失が生じるリスクがあります。具体的には、ネットワークにつながったロボットへの不正アクセスやサイバー攻撃などで社外秘の情報が外部に漏れてしまうなどです。社内でのRPAツールの使い方を徹底して、ツールのアップデートを欠かさないなどセキュリティ面を強化する必要があるでしょう。


システム障害によるツール停止に備える

RPAツールを管理するサーバーやクラウドが不具合でRPAツールの利用ができなくなる可能性があります。ロボットが自動化している業務に関して手動作業によるマニュアルがなかったり、社員の教育がなかったりする場合は業務が滞り、会社全体に影響がでてしまうリスクがあるでしょう。


間違った作業を自動化しないようテストしながら進める

RPAツールの特徴である自動化で記憶させたシナリオが間違ったままでも作業を繰り返します。指示内容が曖昧で間違った作業を繰り返した結果、リカバリーにコストがかかる、という事態を防ぐ為にもテスト運転による動作確認やスモールスタートで開始するなど、余裕をもってすすめましょう。


関連記事:RPAツールの乗り換えは目的の明確化から!比較ポイントを紹介|ミツモア

RPAツールの業界別導入事例

RPAツールを導入することでどのような業務改善を実現しているのでしょうか。各社導入事例を多数紹介しているので、導入イメージをつけて製品を選定していきましょう。以下、一例を紹介します。


①将来の労働人口減少に備えて働き方改革のためにRPAツールを導入

業種:製造業

従業員数:約2,000名(※)

課題:労働人口の減少を見据えて、社員のオーバーワークを見直したい

具体的な施策:組織単位で自動化する業務を選定し、スモールスタートからの全社展開を目指す

導入効果:

・製造部門では100時間/年以上、品質保証部門では2000/年以上の工数削減を実現

・人的ミスや作業漏れが大幅に減少


②人的リソース不足をロボットが稼働することでカバー

業種:医療

従業員数:約100名(※)

課題:数万件ある患者データの新システムへ移行するための人的リソースが不足<労働人口の減少を見据えて、社員のオーバーワークを見直したい

具体的な施策:患者データの移行作業

導入効果:

・専任チームが1年かかる作業をロボットが代わりに作業を行うことで人的リソースをカバー

・人件費も抑えることができている


③集計業務を自動化し、抜け漏れがなくなる

業種:医療

従業員数:約200名(※)

課題:社内用のレポート抽出・共有など毎日決まって行う業務への対応に抜け漏れが増加

具体的な施策:管理画面へのログインやCSVダウンロード、集計などの業務を自動化

導入効果:

・レポート集計する作業がなくなったことで業務対応へ抜け漏れが解消された

・頻度の高い集計が実現し、>経営課題の特定と改善策を素早く実行できるようになった


※ミツモア調べ(2022年7月時点)

平均2分!ミツモアでRPAツールを相見積もり


労働人口の減少が見込まれるなか、従業員の残業を余儀なくされている企業も多いでしょう。そのような背景から、RPAツールでの自動化によって対策を取る企業が増えています。


ただし全てのRPAツールが自社の課題を解決してくれるとは限りません。自動化したい業務に対応しているか、利用規模や予算は適切かなどの確認が必要です。


最適なRPAツールを選ぶためにも、平均2分でできる相見積もりを試してみましょう。従業員数や業種などの簡単な質問に答えるだけで、自社の条件にマッチするRPAツールと料金プランがわかります。もちろんすべての見積もり費用は無料です。

RPAツールについて

RPAツールとマクロの違いは何でしょうか?

RPAツールは複数のアプリケーションにまたいで作業を実行することが可能です。例えば「CSVファイルのデータをExcelに移動させたのち、グラフや表を作成しレポートの所定の位置に貼る」などパソコン上で行う幅広い定型業務の自動化を実現することができるでしょう。

RPAツールはプログラミング知識が必要でしょうか?

プログラミングの知識がなくても、自動化したい業務を画面録画したりフローチャートを作成することで、簡単に業務の自動化することが可能です。サポート体制も充実している製品も多いので、初心者でも利用することができるでしょう。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。