ミツモア
【2024年】PDMシステム比較6選!導入メリットやおすすめサービスの選び方

PDMシステム比較おすすめ6選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

PDMシステムとは

PDMシステムとは、製造業で必要な設計に関するデータを一元管理するシステムです。Product Data Managementの頭文字を取った名前で、製品のCADデータや図面、部品表、ドキュメントなどが管理できます。

生産性の向上が重要となりつつある昨今、一元管理やシステム連携により製造業の現場で効率化が図れるPDMシステムに注目が集まっています。


PDMとPLMの違い

PLMはProduct Lifecycle Managementの略で、製品ライフサイクル管理と呼ばれるシステムです。製品の開発から製造までの各段階の情報を管理できます。

PLMはPDMの後に開発されたシステムであり、製品のライフサイクル全体のデータを管理できる点が特徴です。一方PDMは設計プロセスのデータのみを管理します。PDMとPLMは機能的に重複する部分があり、PLMにはPDMの機能も備わっています。


PDMシステム選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想のPDMシステムが見つかります。

PDMシステムを導入するメリット

製品設計のデータを一元管理できる

製品に関するデータはCADデータ、部品リスト、製品仕様、製造手順、文書など多岐にわたるため、個別に管理すると情報が分散してしまいます。PDMでは、1つのシステムで関連情報をすべて見ることができるため、更新や連携のし忘れが起きにくくなっています。そのため、更新日時が一致せず、どれにあわせたらいいかわからないということはありません。


プロセスの標準化につながる

PDMシステムには、ワークフロー設定機能が備わっていることがあります。ワークフローを作成しておくことで、それに沿って業務を進められるため、業務プロセスの標準化につながります。社歴の浅い人でもベテラン従業員と同様に手順を踏んで業務を進められるでしょう。誤って工程をスキップしてしまったり、進め方を忘れてできなくなったりしにくい機能です。


業務削減による生産性向上

PDMシステムは複数の担当者がデータを編集できるため、情報の共有がスムーズです。また、手動の作業も極力減らせるため管理スピードが上がり、余った時間をほかの業務に回せます。より多くの仕事をこなせる可能性が高くなれば、生産性の向上が期待できます。

PDMシステムの主な機能

部品表(BOM)管理

PDMシステムは製品や設計に関するデータを管理するためのシステムです。部品表(BOM)管理機能があるケースは珍しくありません。部品表(BOM)管理機能は、製品単位で部品データを紐づけることができる機能です。部品構成が変わったり、ほかのパーツに代替したりしたときに間違えないように記録することができます。


ワークフロー機能

PDMシステムによっては、プロジェクトの追跡や進捗の可視化ができるワークフロー機能があります。進み具合がわかるため、タスクの漏れに気づきやすい仕組みです。また、承認プロセスの手順通りに進めることもできるため、より高い品質を保ちやすいでしょう。


検索機能

PDMシステムには、たくさんのデータが登録されますので、検索機能があると便利です。検索機能があれば、過去案件のファイルや図面も探しやすくなります。PDMシステムによってはファイル名だけでなく、ファイル内で使われている文言で検索できるものもあります。データへのアクセスが早くなることで作業効率のアップが期待できます。


アクセス権管理

PDMシステムのアクセス権管理機能を使うと、ユーザーのデータや機能へのアクセス権を設定できます。たとえば、管理者や設計者、エンジニア、製造者などの職種に応じて権限を振り分けることが可能です。そのため、設計者にはCADデータの編集権限を与え、一般従業員には閲覧権限のみを与えるなどの設定がおこなえます。

PDMシステムの比較ポイント

CADデータや図面などのデータ管理機能があるか

PDMシステムには、製品データを管理するためのさまざまな機能があります。たとえば、CADデータ管理や図面管理、ドキュメント管理、部品表(BOM)管理、プロジェクト管理などがあります。必要なデータを1つのシステムにまとめられれば、保管場所や保管者がバラバラになって所在が不明になることはありません。

データ数が多く、まとめて管理したいという方はデータ管理機能があるPDMシステムを選ぶとよいでしょう。


ユーザ管理やアクセス権管理機能があるいか

PDMシステムにユーザ管理機能やアクセス権管理機能があれば、システムの利用権限を設定することで機密データへのアクセス制限ができ、セキュリティ対策にもなります。たとえば、重要な製造技術に関わるデータを役職者のみが閲覧できるように設定することも可能です。

さまざまな役職や契約形態の従業員が在籍していて、限定公開にしたいデータがある場合はアクセス権管理などの機能で比較してみましょう。


生産管理システムとの連携はできるか

生産管理システムとは生産、販売、在庫管理、原価計算などの業務を一括管理するための製造業向けソリューションです。PDMシステムが生産管理システムと連携していると、設計に関する情報が即座に共有され、製品の開発から製造までの時間を短縮しやすくなります。

製造工程をより効率化したい企業は、生産管理システムとの連携ができるPDMシステムを探すとよいでしょう。


導入サポートや運用保守サービスは充実しているか

PDMシステムの中には、技術者派遣やシステム保守サービス、IT環境設定サービス、トレーニングなどのサポートをおこなっているものもあります。サポートの出番は、システムが不具合を起こしたときに限りません。操作方法がわからないときや使い方を教わりたいときも開発会社を頼ることが可能です。

導入がはじめての方や、過去に導入したシステムでサポートが受けられず不便な思いをしたという方はサポート体制で比較してみるとよいでしょう。

注目のPDMシステム6選

Base-Right(ベースライト)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • ユーザ情報や権限の設定が自在でカスタマイズしやすい
  • クライアントライセンス不要のため、企業規模を問わず導入できる
  • 一般的なWindows対応のファイルであれば何でも管理可能

Base-Right(ベースライト)は運用方法や業務にあわせた構築が可能なPDMシステムです。ユーザ情報や権限など、豊富な設定メニューが用意されています。クライアントライセンスは不要のため、導入したいユーザ数にあわせて利用可能です。Windowsファイルであれば、CAD、画像、ドキュメントなどの種類に制限なくデータ管理ができます。
更新日:2024-03-25
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SOLIDWORKS PDM

SOLIDWORKS PDM

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 1カ所で図面や文書など、すべてのデータを保守
  • ファイルの改訂をサポートするリビジョンコントロール機能あり
  • 高度な検索機能があり、ファイルが探しやすい

SOLIDWORKS PDMは設計者が共同で設計作業をしやすいPDMシステムです。単一のワークスペースですべてのデータを作成、保守することができます。ほかのメンバーの編集内容を上書きすることを防ぐ、リビジョンコントロール機能を搭載しているため、編集作業がスムーズです。
更新日:2024-03-15
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Visual BOM(ビジュアルボム)

Visual BOM(ビジュアルボム)

株式会社図研プリサイト

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 3Dデータを活用する機能とBOM(部品表)を融合したシステム
  • 類似形状検索で過去の図面や成果物の流用を促進
  • 複数の業務を同時進行させるコンカレントエンジニアリングをサポート

Visual BOM(ビジュアルボム)は、BOMに3Dを融合することで製品情報の活用を実現するPDMシステムです。UI構成や3Dグラデーションなど、3Dデータを活用した独自機能が搭載されています。類似形状検索機能があるため、3D CADデータから類似形状の部品を探し、既存品の流用を検討するなど多様な使い方ができます。
更新日:2024-03-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Aras Innovator(アラス・イノベーター)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • ライセンス初期費用不要で、全機能が使えるサブスクリプションモデル
  • 新任管理者でも使い方を学べるトレーニングあり
  • 一般的な開発環境でカスタマイズが可能

Aras Innovator(アラス・イノベーター)はライセンスフリーのサブスクリプション型PDMシステムです。サブスクリプション版であれば、操作方法を学べるトレーニングや無償アップグレード、メールサポートが利用可能。.NETやJavascriptの開発環境があればカスタマイズ可能なため、時間と費用の負担を抑えてアプリケーション開発ができます。
更新日:2024-03-15
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Obbligato(オブリガート)

Obbligato(オブリガート)

NEC(日本電気株式会社)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 同時利用ユーザ数だけライセンスを購入することで、費用を抑えられる
  • 製品の企画から設計、生産、保守までデータを管理
  • SCMやSFA、CRMなどのシステムとも連携可能

Obbligato(オブリガート)は開発リードタイム短縮、費用削減、品質向上の実現を目指すPDMシステムです。機能ごとに同時利用ユーザ数の分だけ購入するフローティングライセンス形式を採用。組織編制や海外展開など、ユーザ数が拡大する際にも支出を抑えることができます。
更新日:2024-03-22
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
PDMics

PDMics

株式会社アイ・シー・エス

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 必要なデータを見つけやすい絞り込み検索機能
  • 異なるCADソフトのファイルを一括管理
  • 設計情報管理に必要な機能を標準装備

PDMicsは、費用を抑えて導入できる必要十分な機能を備えたPDMシステムです。絞り込み検索機能により、データが探しやすいため既存の成果物の流用を促進できるでしょう。最新データに更新履歴がひもづいたリビジョン管理機能があり、更新の管理もスムーズです。
更新日:2024-03-15
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

PDMシステムを導入する際の注意点

ワークフローが複雑にならないようにする

PDMシステムは製造プロセスの効率化のために導入するものですので、導入した結果、より不便になってしまっては本末転倒です。そのため、承認や管理の工数・手順が増えて全体のワークフローが複雑にならないように注意しましょう。たとえば、従業員一人ひとりに異なるアクセス権限を付与すると、その分設定に時間がかかります。シンプルなルールで運用できるように管理方法を決めておくことが肝心です。


事前に自社の課題を明確にする必要がある

PDMシステムを選ぶにあたって、自社がどのような課題を抱えているかを把握することが大事です。抱える課題によって必要な機能が変わり、それによりシステムが決まるためです。事前に割り出しておくことで、運用の計画を立てやすくなるでしょう。

企業がどのような課題を抱えているか知るには、従業員へのヒアリングが有効です。社内調査で課題を洗い出し、解決につながりそうなPDMシステムを選びましょう。

ぴったりのPDMシステム選びはミツモアで

ミツモアロゴ

PDMシステムは製品によって特徴や機能もさまざま。「どの製品を選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。


そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりのPDMシステムが見つかります。


ぴったりのPDMシステムを最短1分で無料診断

従業員数や欲しい機能などの項目を画面上で選択するだけで、最適なPDMシステムを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。


ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。概算金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。


診断結果は最大5製品!比較・検討で最適なPDMシステムが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬ製品との出会いもあるかもしれません。


ミツモアなら、ぴったりのPDMシステムがすぐに見つかります。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。