ミツモア
【2023年】生産管理システム比較7選!おすすめ製品の選び方や導入メリットを解説

生産管理システムを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

生産管理システムとは

生産管理システムとは、製造業で重要な計画から仕入れ、製造、販売、在庫などの情報を一元的に管理するシステムです。原料や資材、完成品などのモノの動きと情報の流れを連動させて管理することで、生産性の向上に繋がります。煩雑な業務が多い製造業において人の手での管理は属人化されやすく、人的ミスが起こりかねません。生産管理システムで自動化することで、ミスなく効率的な管理が実現するでしょう。


また計画段階から製造、在庫と全てを一気通貫して管理できるため、業務量やコストの把握が容易になります。作業負荷の偏りをなくし、無駄なコストや在庫を省くことで大幅な業務改善が見込めるでしょう。


多様な生産形態を抱える大企業では必須のシステムですが、小規模企業においても業務の効率化と生産性の向上が期待できます。

おすすめの生産管理システム一覧

  • ERP対応で生産から販売まであらゆる情報を可視化
  • 従来のバーコードスキャンと双方向タブレットアプリの両方を提供
  • 品質管理機能で不良コストの削減が実現

Oracle NetSuiteは財務管理から顧客管理、販売管理まですべてをまとめて管理するERPシステムです。生産管理では製品データや作業命令、計画、品質など製造に関わる業務を一括管理できます。各プロセスの情報を可視化できるため、無駄を省き業務の効率化に繋がるでしょう。

製造工程における情報の伝達には従来バーコードスキャンが利用されてきました。しかしバーコードはデータ入力のスピードには優れているものの、伝えられる情報量には限りがあります。Oracle NetSuiteはバーコードに加えて高機能なタブレットデバイスを併用し、より的確なフィードバックが可能です。伝達スピードと詳細な情報が両立でき、質の高い製造業務が実現します。

事前に定義した検査プロファイルにもとづいて、受け入れ時や製造工程中に品質管理が行なえます。すでにテスト条件は定義されているため、簡単かつ確実に実行可能です。不合格が出た場所や不合格率などのデータが蓄積されるので改善に活かすことができ、品質アップと不良コストの削減に役立つでしょう。
更新日:2022-12-22
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
rBOM
rBOM
大興電子通信株式会社
基本プラン要お問い合わせ
rBOM
大興電子通信株式会社
rBOM
基本プラン要お問い合わせ
  • 受注から出荷まで個別受注生産の課題を解決
  • システム連携不要でコストを削減
  • ナレッジデータベースを作成しノウハウが蓄積される

個別受注生産に特化した生産管理システムです。営業や設計、資材、製造、経理それぞれの部門の情報や進捗をリアルタイムに「見える化」し、部門間の連携や次の工程への迅速な対処が可能になります。個別受注生産の課題を解決し、リードタイムの短縮と品質の向上に繋がるでしょう。

引合、見積、設計、製造、調達、保守など個別受注生産に関わるあらゆる業務機能がワンパッケージで提供されるため、別途設計データ用管理システムなどの導入が必要ありません。1つのシステムですべてを賄えるので、余計な費用がかからずコストダウンが実現します。

案件ごとに作成されたドキュメントは、ナレッジデータベースに保存されます。たとえば仕入先情報や受注仕様、図面や技術文書などがデータと関連付けて蓄積されるため、参照する際に探すのが容易です。ノウハウの蓄積は企業の財産となるだけでなく、属人化の防止にも役立つでしょう。
更新日:2022-12-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
攻撃型生産管理TPiCS-X
攻撃型生産管理TPiCS-X
株式会社ティーピクス研究所
攻撃型生産管理TPiCS-X
株式会社ティーピクス研究所
攻撃型生産管理TPiCS-X
  • 多様な生産形態の管理をワンパッケージで対応
  • 帳票テンプレートを標準で用意
  • 5カ国語に対応し国外の工場にも対応できる

同じ製品を大量に繰り返し生産する「量産繰返生産」や異なる種類の製品を少量ずつ作る「少量多品種生産」、受注の度に設計や仕様を変更する「個別一品受注生産」などさまざまな生産形態が混在していても、1つのシステムで管理可能です。生産形態ごとに別のシステムを導入する必要がなく、スムーズな生産管理が実現します。

作業指示書や注文書、出荷指示書など各種帳票があらかじめ用意されています。帳票はExcel形式のため、自社の仕様に合わせて自由に変更が可能です。企業によって異なる生産管理に合わせた帳票が簡単に作成でき、業務の効率化に繋がるでしょう。

対応言語は日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、ベトナム語です。すでに12カ国の海外工場やシステムインテグレーターで採用されているため、海外工場を持つ企業や海外進出の予定がある企業も安心して利用できます。(※1)

※1 株式会社ティーピクス研究所調べ(2022年11月時点)
更新日:2023-01-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SPENCER
SPENCER
株式会社セイノー情報サービス
基本プラン要お問い合わせ
SPENCER
株式会社セイノー情報サービス
SPENCER
基本プラン要お問い合わせ
  • 計画・実績・原価を一括管理できる
  • エクセルと同じ操作感で変更がリアルタイムに反映される
  • コンポーネント単位で他の生産管理システムに追加が可能

製造業に必須の計画管理、実績管理、原価管理を網羅することで、生産に関わるすべての業務を一括管理できます。そのため各管理で必要なデータを別途収集する必要はありません。情報収集にかける時間が短縮でき、業務が効率化されます。

カレンダーやガントチャートなど、エクセルのような画面と操作感で誰でも簡単に扱えます。ドラッグ&ドロップで計画が変更でき、計画表や工程表に瞬時に同期が可能です。変更をリアルタイムで確認できるため、ミスを減らしスムーズな業務が実現するでしょう。

計画、実績、原価それぞれの管理機能をコンポーネント単位で組み合わせて利用できます。たとえば計画管理から生産計画と調達計画を、実績管理からは工程管理だけを選ぶのも可能です。まずは必要な機能だけで小さく始めたり、他のシステムに足りない部分を補ったりといった使い方もできるでしょう。必要な機能だけを使えるので、コストの管理が容易になります。
更新日:2022-11-18
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
EXPLANNER/J
EXPLANNER/J
日本電気株式会社
基本プラン要お問い合わせ
EXPLANNER/J
日本電気株式会社
EXPLANNER/J
基本プラン要お問い合わせ
  • 受注生産業務に特化した生産管理システム
  • 製品構成情報を一括で取り込み原価や部品の把握が簡単
  • パッケージをべースにして個別機能の組み込みが可能

電気機械や工作機械、生産用機械などの受注生産に特化した生産管理システムです。受注前の見積段階から日程計画立案と負荷見込が確認できるなど、営業・設計・製造・購買の各部門と情報を共有しながら精度の高い見積作成が行えます。受注生産の問題点を解消し、スムーズな生産管理が実現するでしょう。

PDMやエクセルで作成した品目情報と構成表を一括で取り込めます。仕様変更の際の部品表更新が一括取り込みで完了するため、業務時間の短縮に繋がるでしょう。また製番間で部品を付け替えた際には、部品ごとの情報がすでに取り込まれているため付替後の原価計算が容易です。

EXPLANNER/Jの基本パッケージを軸に、追加機能や独自の機能を組み込めます。基本機能に組み込んでいくので、低コストでスピーディなカスタマイズが可能です。基本性能を保ったまま、自社の強みを活かした独自機能が追加できるでしょう。
更新日:2022-11-18
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
FutureStage
FutureStage
株式会社日立システムズ
基本プラン要お問い合わせ
FutureStage
株式会社日立システムズ
FutureStage
基本プラン要お問い合わせ
  • 顧客満足度調査1位の生産管理システム(※1)
  • kintoneとスケジューラに連携可能
  • グループ統合基幹システム構築で製造子会社とも連結

FutureStageは製造業や流通業に向けた基幹業務ソリューションです。中でも製造業向け基幹業務パッケージは、生産管理から購買、販売、在庫管理まで網羅しさまざまな業務や製造形態に対応します。豊富な機能で自社が求める要件にフィットし、効率的な生産管理が実現するでしょう。

顧客・案件管理、予実管理、品質管理は「kintone」と連携することで、難しいプログラミング無しに低コストで導入できます。また日立ソリューションズが提供するスケジューラソフトと連携し、自動で設備の割付や日程計画の立案が可能です。生産管理システムとのシームレスな連携で、入力ミスや作業時間の削減が叶うでしょう。

自社が生産管理システムを導入していても、製造子会社が未導入というケースは珍しくありません。もし製造子会社がFutureStageを未導入でも、統一テンプレートを開発し子会社へロールアウトすれば統合データベースへ連結可能です。親会社と子会社のシステム格差をなくし、業務効率の大幅アップが実現します。

※1 日経コンピュータ調べ(顧客満足度調査 2022-2023「ITコンサルティング/上流設計関連サービス(メーカー系)部門」「システム運用関連サービス(メーカー系)部門」2022 年9 月1 日号時点)
更新日:2023-01-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 特色の違う4つの製品で幅広い業種・業態に対応
  • 直感的に使えるわかりやすいインターフェイス
  • 日々の運用で蓄積されたデータを簡単に集計可能

中堅や中小企業向けの生産管理システムで、計画立案から受注、発注、進捗、在庫などを総合的に管理します。また請求や入金のような販売管理機能を標準装備した、生販一体型であるのも魅力でしょう。量産繰返型の「MRP版」や受注生産形態の「製番管理版」、両方が混在した「ハイブリッド版」、「販売管理ベース」の4つの製品が用意されており、様々な業種や業態に対応します。

わかりやすくカラー分けされた画面やアイコンボタンで、誰でも直感的に使える画面設計
です。さらにテーマやキャプション、フォントを変更できたり、メニュー設定でよく使う機能だけをまとめたりも自由に行なえます。使いやすいインターフェースで運用事故防止に繋がるでしょう。

単純集計とクロス集計の両方の集計機能で、管理業務をサポートします。生産にかかったコストや在庫の偏りなどが見える化され、今後の業務計画に役立つでしょう。エクセル出力が可能なため、統計グラフ資料の作成にも活用可能です。
更新日:2022-11-18
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

生産管理システムのタイプ

特定の生産形態に対応するタイプ

業態や業種によって生産形態は異なります。たとえばひとつの製品を繰り返し大量に製造したり複数の異なる製品を少量ずつ作ったり、受注ごとに仕様や設計を変更したりとさまざまです。自社の形態に合わない生産管理システムを導入してしまうと却って業務が複雑になる他、カスタマイズ費用が余計にかかる事態になることもあるでしょう。生産管理システムの導入で業務を効率化したいなら、生産形態にピッタリと合ったシステムを選ぶ必要があります。


rBOMやEXPLANNER/Jは受注生産業務に特化し、設計や仕様変更に伴う部署間の連携をスムーズにします。またFactory-ONE 電脳工場MFは生産形態ごとに異なるパッケージを用意し、その中から自社に合った製品選びが可能です。


複数の生産形態に対応するタイプ

大規模工場を複数抱えるような企業では、工場や部署ごとに生産形態が異なることもあるでしょう。社内で生産形態が複数存在する場合には、複数の生産形態に対応するタイプを選ぶと全てを一元管理できて業務がスムーズになります。


たとえばTPiCS-Xは「量産繰返生産」や「少量多品種生産」、「個別一品受注生産」などの多様な生産形態がひとつのシステムで管理可能です。さらに5カ国語に対応しているため、海外工場を抱える企業も安心して使えるでしょう。


ERPに対応し他の基幹システムと一元管理できるタイプ

生産管理システムを財務や人事、総務などと一元管理したいなら、ERPに対応している製品を選びましょう。他の基幹システムと連動することで、企業の業務全体を俯瞰して把握可能となり部門間の情報や業務の連携が効率化されます。


Oracle NetSuiteは部門間の情報の受け渡しを、従来のバーコードに加えて高機能なタブレットデバイスを併用して行います。バーコードでは載せきれない細かな情報をタブレットデバイスで伝えられ、より的確なフィードバックが可能です。またJ WALDのように、奉行クラウドなどの外部アプリとの連携が可能なシステムも存在します。

生産管理システムの比較ポイントと選び方

自社が求める機能が搭載されているか

生産管理システムを導入する際には、自社の抱える課題と導入の目的を明確にすることが大切です。その上で、課題や目的を解決できる機能が搭載されているシステムを選びましょう。たとえば製造工程に遅れが出がちなら、スケジュール管理が甘いのかどこか特定の部署で工程が詰まりがちなのかなど、原因を特定しなければいくら高機能なシステムを導入しても問題は解決できません。


ただし、生産に関わる部署それぞれの課題を一気に解決できる製品を選ぶのは容易ではないでしょう。複数の問題を抱えている場合は、自社にとって優先するべき課題を明確にし段階的に改善できるよう、後に機能が追加できる製品を選ぶのもひとつの手です。


自社の生産方式に適しているか

生産方式には大きく分けて、ひとつの製品を大量に繰り返し作る「量産繰返生産」や異なる製品を少量ずつ複数種類作る「少量多品種生産」、受注の度に設計や仕様を変更する「受注生産」の3つがあります。


量産繰返生産では需要に応じた製造を適切に行えるよう、販売管理や在庫管理との連携が重要です。また少量多品種生産では過剰な在庫を抱えないよう、受注頻度の把握やロットサイズの分類を把握するなど細かな管理が必要でしょう。受注生産に関しては営業から設計、製造、販売まで関わる部署間の連携がより重要となります。


それぞれに必要な機能や管理するべき範囲が異なるため、自社の生産方式に適しているかは生産管理システムを選ぶ上で非常に重要です。


サポート体制は充実しているか

どんな製品でも、サポート体制の充実度はチェックするべき項目です。特に生産管理システムは、導入したからといってすぐに成果が出るものではありません。ある程度運用してみた上で、業務が効率化されているかやコスト面でのメリットなどを分析する必要があります。


もしあまり成果が出ていない場合には、運用方法を見直す必要があるでしょう。システム提供会社によっては導入時のサポートのみや、導入時だけでなく活用の支援を行なう会社もあります。システム提供会社からのサポートがどのような形で受けられるかを確認しておくと安心です。


またシステムに不具合などの問題が起こった際には、製造ラインがストップする可能性もあります。製造できない状況が長引くほど損失が膨らむため、速やかな復旧が求められます。サポートデスクの対応時間や、対応可能範囲を確認しておきましょう。


ERP対応の場合利用するアプリとの連携は可能か

ERP連携が可能なタイプの場合は、対応アプリの種類を確認しておく必要があります。すでに自社で導入しているアプリに対応していれば新たに他のアプリを入れる必要がなく、導入がスムーズになるでしょう。また利用したいアプリが決まっている際も、該当アプリに対応しているかの確認が必要です。


ERP対応の生産管理システムの中には、対応アプリが決まっているものも少なくありません。一方、API連携である程度幅広いアプリと連携可能な製品も存在します。最初からERP連携が必要な場合はもちろんですが、後に連携することを視野に入れている場合も対応アプリの種類は確認しておきましょう。


導入方法が適しているか

生産管理システムの導入方法は、自社のサーバーやネットワーク機器に設置して運用する「オンプレミス型」と、インターネット経由で提供される「クラウド型」に大きく分類され

ます。


オンプレミス型は自社サーバーへ設置するためセキュリティが保ちやすく、必要に合わせてのカスタマイズ性が高いというメリットがあります。一方、導入費用や保守費用が高額な傾向にあるのはデメリットでしょう。


クラウド型は導入費用が安価なことに加えて、導入日数が短い傾向にあります。気軽に導入できる点は魅力ですが、ほとんどが月額課金制のため長い目で見ると運用費用が高額になるケースもあるでしょう。


導入規模やカスタマイズの必要性によって選ぶ形態は変わるため、複数の製品を比較して選ぶ必要があります。

生産管理システム導入のメリット

利益率の改善とコスト削減に繋がる

生産管理システムでは、常に製造原価のチェックが可能です。また資材や製造の工程にかかるコストが容易に管理できるため、より詳細な原価計算が可能になります。どうしても原料のコストを下げられない場合には資材のコストを見直すなど、細かな対応ができるようになるでしょう。


また在庫管理によって余剰在庫が見える化されます。その結果作り過ぎの防止に繋がるだけでなく、不動在庫を処理すれば保管コストの削減が実現するでしょう。


作業負荷がわかり品質が向上する

複数の生産工程が存在する製造現場では、工程によって作業の偏りが生じます。特定の工程に負荷が集中すると、生産効率が悪くなるなど多くの問題発生に繋がります。生産管理システムの導入で情報を一元管理すれば、どこの負荷が偏っているかが分かり作業が平準化できるでしょう。


また属人化されていた作業を一元管理によって平準化すれば、全ての工程において安定した品質が保たれます。工程単位で発生していた不良原因の追求にも役立ち、品質向上に役立ちます。


リードタイムを短縮できる

業務の大部分を自動化できるため、作業効率の向上に役立ちます。また複数の部署や工程が関係する生産現場では、いかに連携を潤滑にし各作業をスムーズに遂行するかが納期短縮に繋がります。生産管理システムを導入すれば部署を横断した一元管理が可能になるので、たとえば資材発注や次の工程に移るタイミングを逃しません。


各工程での業務効率改善は微々たるものでも、全体を通して見ればリードタイムの大幅な短縮が実現するでしょう。


人的ミスを大幅に減らせる

生産管理は実際に作業をする現場を管理するだけではありません。計画から設計、資材調達、製造と管理するべき情報は多岐にわたり、全てを人の手で管理するのは非常に困難です。エクセルなどを用いた複雑な管理によってミスが起こる可能性は否めないでしょう。部署ごとに管理者を分けたとしても、伝達ミスや連携漏れなどミスが起こる要因は拭えません。


生産管理システムは生産に関わる管理業務を自動化します。操作性の良いインターフェースを備えた製品も多く、手入力管理と比べて簡単・正確に管理が可能です。

生産管理システムの基本機能

生産計画管理

販売データや購買データなどから需要を読み取り、いつまでに何をどれだけ生産すればいいかを計画します。さらに計画には目標利益や生産コストを加味する必要があり、さまざまなデータを参照しながらの計画が必要です。


月〜年単位でおおまかな計画をするほか、週ごとや日単位で工程を割り当てたりと計画を立てるスパンもさまざまです。生産の全体方針を決める管理のため、非常に重要な機能です。利益は大切ですが、納期を守るためにもくれぐれも無理のない生産計画を立てましょう。


資材管理

作成された販売計画にもとづいて、製品を作るのに必要な原材料や資材を調達します。材料や資材は、生産量に対して不足しないよう発注しなくてはいけません。また過剰な発注はコスト増加に繋がります。生産管理システムに備わっているMRP(資材所要量計画)機能を使えば、製品の生産量から必要な部品の数量が自動で導き出されるため過不足のない資材調達が実現するでしょう。


また仕入先の選定機能が備わっている製品もあるため、たとえば繰り返し製造する製品に対して、在庫切れが起きないよう継続した材料の供給が可能かを加味して選ぶことが可能です。


販売管理

商品の見積から受注、出荷、売上など商品の販売に関する業務を全て管理します。製品を製造しても、売れなければ利益にはなりません。また販売数を正しく把握することで、在庫の推移が明確になり次の生産予測に繋がります。受注から出荷までタイムリーに反映されるため、在庫不足を防げるでしょう。


出荷管理システムとしても機能するため、納品書や請求書など各種帳票が出力できる製品も存在します。顧客データと連携できる製品なら、さらにスムーズな出荷管理が可能です。


工程管理

生産計画で策定した大まかな計画を、実際の製造工程に落とし込んでいきます。基本的にはガントチャートを使用して、納期に間に合うよう各工程に設備や人員を割り当てます。その際に作業負荷に偏りがないか、日程に無理はないかを確認しましょう。


実際に製造が始まれば、適宜進捗状況を確認します。生産管理システムに備わっている工程管理機能を使えばひと目で進捗が分かるので、遅れが発生している場合は原因を取り除くことが可能です。


在庫管理

商品や資材、原材料などの在庫数を適切に保つために管理します。仕入れた数や完成品の数量だけでなく、引き当て済みの数や在庫の保管場所などがリアルタイムで管理可能です。在庫管理が正しくできていないと在庫原価の計算や保管コストを正確に分析できません。また正しく在庫数を管理することで、過剰在庫や在庫不足を防げるでしょう。


また仕入れたタイミングや製造された時期ごとにロット番号を付けて管理し、在庫の新旧を瞬時に判別できます。入庫順に出荷を行なうことで、古い在庫がいつまでも残り余剰在庫になることを防ぎます。

平均2分!ミツモアで生産管理システムを相見積もり

どんな製品を作っている企業でも、計画や工程、在庫などを一元管理できる生産管理システム無しには効率的な製造業務は実現しません。それぞれの管理を独立して行っていれば、無駄なコストが発生するだけでなく人的ミスを防ぐのも容易ではないでしょう。生産管理システムは生産性の向上に加えて、コスト削減やリードタイム短縮など製造業にとって大いにメリットがあります。


ただし、すべての生産管理システムが自社にとって有益とは限りません。製造形態には1製品のみを大量に作ったり、受注ごとに設計から仕様までを変える受注生産であったりと様々な形態が存在します。また会計や人事システムなどと連携し、総括的にコストや人の流れを管理できるシステムもあります。


多くの製品の中から自社にとって最適な生産管理システムを選ぶためには、平均2分でできる無料の相見積もりを試してみるのがおすすめです。製造形態や業種、利用目的などの簡単な質問に答えるだけで、自社の条件にぴったりな生産管理システムがわかります。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。