ミツモア
【2023年】タスク管理ツール比較18選!料金・機能の比較表やおすすめ製品の紹介、おすすめ無料製品も

タスク管理ツールを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

タスク管理ツールとは?

注目されているのがタスク管理ツールでは、タスクを整理して抜け漏れを防止できるだけでなく、どこからでもアクセスができるのでタスクの進捗状況がお互いに把握しやすくなります。個人単位・チーム単位の仕事に関わらず、タスク管理ツールを導入することで、タスクを正確かつ労力をかけずに管理できて業務効率アップにつながるでしょう。


またタスク管理ツールと似ているもので、プロジェクト管理ツールがあります。プロジェクトとはタスクの集合体を指し、プロジェクト管理は最高責任者が、タスク管理はタスクの担当者一人ひとりが行うものです。


そのため、プロジェクト管理ツールはプロジェクトの進捗状況が視覚的にわかりやすくなっているものが多く、対してタスク管理ツールは多くの人が利用するのを想定し、マニュアル等がなくても直感的に操作しやすくなっています。両方の機能を兼ね備えているツールもあるので、どのようにタスク・プロジェクト管理をしていくのかを想定したうえで選定するのが大切です。


>>プロジェクト管理ツールをお探しの方はコチラ

タスク管理ツール比較表

人気のタスク管理ツールの料金と機能を比較しました。料金は、使う人数規模や機能数によって変動し、無料で使えるものから1アカウントあたり月額3,000円台円台のものまで様々です。加えて機能も、進捗状況を表にしてプロジェクト管理をしやすくするガントチャート機能や視覚的にタスクが見やすいカンバン機能など、各々のツールが強みとしている機能も異なります。自社に必要な機能を洗い出し、無料トライアルを活用しながら最適なタスク管理ツールを選びましょう。


製品名
ロゴ
初期費用
月額料金
料金プラン
タスクリスト
ガント
チャート

カンバン
対象
実績
Backlog0円
2,640円~
4種類



チーム
非公開
Evernote要問合せ
0円~
4種類



チーム
非公開
Asana要問合せ
0円~
3種類



チーム
10万社以上
Wrike要問合せ
0円~
5種類



チーム
2万社以上
Todoist要問合せ
0円~
3種類



個人
10万社以上
Microsoft
To Do
0円
0円~
1種類



個人
非公開
Group Task要問合せ
0円~
3種類



チーム
非公開
Jooto要問合せ
0円~
3種類



チーム
1.7千社以上
Trello要問合せ
0円~
4種類



チーム
非公開


※ミツモア調べ(2022年5月時点)


また以下のボタンを押して簡単な質問に答えるだけで、あなたにピッタリのタスク管理ツールを無料で診断できます。タスク管理ツールの料金や機能を比較して、自社の課題解決に役立てましょう。

タスク管理ツールの比較ポイントと選び方


タスク管理ツールを使う人数規模

タスク管理ツールを個人で使うのか、チームで使うのかによって最適なツールは変わります。


例えば、情報共有をする必要がなく個人でタスク管理を行う場合、やるべきタスクをリストアップできるシンプルな機能があれば問題ないでしょう。オフライン使用ができるものであればなお使いやすいです。オフライン使用ができるのは、TODOリスト型でシンプルな使い勝手の「Microsoft to do」、カスタマイズ性の高い「Todoist」があります。


反対にチームで使う場合、特にプロジェクトの規模が大きい場合は、部署を超えてタスク管理や情報共有がしやすく、全員が操作しやすいものである必要があります。プロジェクト管理もできるガントチャート機能がついているツールがおすすめです。ガントチャート機能がついているツールは「Trello」「Backlog」などがあります。


操作性が社員のリテラシーに合うか

直感的に使えるデザインのツールもあれば、多機能で多少複雑になっているデザインのツールもあります。どちらを選ぶのかは、実際にタスク管理ツールを使う社員の方のITリテラシーによって判断するのがおすすめです。

 

例えば、社員がITツールに慣れ親しんでいて1つのツールで一元管理したい場合は、多機能で多少操作が複雑なツールでも大丈夫でしょう。ITリテラシーが高い方向けのツールには、オープンソースで業務スタイルに沿うように改良しやすい「My Redmine」があります。


大人数が関わっているプロジェクト等で使う場合は、誰もが操作の仕方が簡単に理解できるものがぴったりです。例えば、操作がシンプルなツールには見た目・操作性ともにわかりやすく、サポートも手厚い「Notion」、直感的に操作しやすい「torio」があります。

 

無料版やデモ版がある場合は、実際に操作をしてから決めるとよいでしょう。その際は選定担当者だけではなく、現場社員の方にも実際に操作してもらうことが大切です。


必要な機能がそろっているか

チーム間で情報共有をしやすくする機能やマルチデバイス機能など、ツールごとに強みとしている機能にはばらつきがあります。そのためツールを選ぶ際には、導入目的を明確にしてから探すのがおすすめです。


例えば「外回りが多い社員とリアルタイムでタスク管理をしたい」という場合、PCのほかにスマートフォンでも操作できるように、マルチデバイス機能がある「Stock」「Jooto」などを選ぶのがおすすめです。


また「在宅勤務や客先常駐勤務をしている社員と情報共有を簡単にしたい」という場合、タスクに関しての言伝などが簡単に残せるチャット機能やメモ機能、フォルダを探す手間を省けるファイル共有機能があるとストレスなく情報共有できます。


このように導入目的によって必要な機能は変わってくるので、実際に使うメンバーにヒアリングをすると最適なタスク管理ツールを選べますよ。


コスト

タスク管理ツールの料金は、人数と機能数に応じて設定されています。無料のものと有料のものがあり、ツールを使う人数が少ない場合や求める機能が少ない場合は、無料で使えるものが多く存在しています。


人数規模・求める機能数が多く有料のツールを使う場合は、月額料金に注意が必要です。主に「アカウント数に応じた月額制」と「アカウント無制限の月額固定制」の2つがあるので、人数規模によってどちらの料金体系の方がお得になるのか変わってきます。20人を超えるとアカウント無制限の月額固定制の方が安く利用できる場合がほとんどです。


またタスク管理ツールをコスト面で比較する際には、以下の2点を確認しましょう。


  • 無料で使える機能の範囲

料金プランはタスク管理ツールごとに様々設定されています。なかには無料のものもありますが、期間や人数、機能数などの制限が設けられている場合もあるため注意が必要です。必要な機能や使う人数を確かめてからコストを比較すると、初期費用を抑えてツールを導入できますよ。


関連記事:無料のタスク管理ツールおすすめ10選|選定ポイントや導入メリットまで徹底解説【2022年版】


  • サポート体制の充実度 

チーム体制の変更などでタスク管理ツールに求めることも変わってくるでしょう。そんな時に、いつでも相談できるサポート体制があると安心です。問い合わせのしやすさや返答内容など、口コミも見てサポートの充実度も考慮するとよいでしょう。


外部連携が可能か

Googleカレンダーのようなスケジュール管理ツールやSlackのようなチャットツールなど、既存で使っているツールと連携できるものを選ぶのがおすすめです。外部連携ができると、データ移行などの手間を減らすことができ、情報を1つツールに集約できるので業務効率化が図れますよ。


また使っているうちに「この機能が欲しい」「この機能が弱いからほかのツールで補完したい」ということになった場合でも、外部連携可能なツールであれば対応できます。


「情報を1つのツールに集約したい」「自社の業務に合うようにカスタマイズしたい」という方は外部連携ができるものを選びましょう。


外部連携がしやすいタスク管理ツールとしては、500の外部ツールを埋め込むことができる「Notion」、400以上と連携できる「Wrike」、200以上と連携できる「Asana」があります。


>>ビジネスチャットも一緒にお探しの方はコチラ

おすすめのタスク管理ツール一覧

  • ガントチャートやカンバン方式で視覚的にタスク管理
  • ふせんを貼ったりはがしたりするのと同じ感覚で操作できる
  • タスクへの期日設定やリマインドメール設定が可能

Jooto(ジョートー)はカンバン方式でプロジェクトの進捗状況やタスクの担当者を確認できるタスク管理ツールです。マウス1つで思うがままに画面を操作できます。パソコン操作に慣れていない方でも問題ありません。また各タスクに期日を設定できるので、気付かない間に業務の期限が過ぎているといったケースを避けられます。設定後は自動でガントチャートが作成され、ぱっと見で優先度の高いタスクを把握可能です。

初期費用要問合せ
無料トライアルあり
導入実績1,800社以上
導入企業
加賀屋、レアジョブ、三菱地所ホーム、遠州鉄道など
更新日:2023-01-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Free月 0円~
Enterprise要お問い合わせ
Premiumユーザ/月 1730円~
Standardユーザ/月 900円~
Jira Software(ジラ ソフトウェア)
Free月 0円~
Enterprise要お問い合わせ
Premiumユーザ/月 1730円~
Standardユーザ/月 900円~
  • 企業の規模に関わらず利用可能
  • チーム内でのタスクを可視化できる
  • 簡単な操作で優先順位の変更ができる

大企業から中小企業まで、さまざまな規模の企業に導入されているタスク管理ツールです。柔軟性が高く、企業の規模やプロジェクトの成長に合わせてツールを最適化できます。成長に応じてシステムを変更する必要がありません。

チームのプロジェクトで発生したタスクのうち、自分のもののみを取り出して管理可能です。やるべきことがすぐに分かるうえ、他のタスクとの関連性もはっきりさせられるので、自分が今何に取り組んでいるか明確化できます。

積み残しの作業やバグ対応など、早めに取り組むべき課題の可視化が可能です。簡単操作によりタスクの優先順位の入れ替えができます。顧客対応やサポートなど重要なものに早めに取り組むことで、顧客満足度の向上を見込めて便利です。

初期費用要問合せ
無料トライアル7日間
導入実績65,000人以上
導入企業ebay、VISA、Ciscoなど
更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
フリーユーザ/月 0円~
プラスユーザ/月 968円~
ビジネスユーザ/月 1815円~
エンタープライズ要お問い合わせ
Notion(ノーション)
フリーユーザ/月 0円~
プラスユーザ/月 968円~
ビジネスユーザ/月 1815円~
エンタープライズ要お問い合わせ
  • 万能さと使いやすさが特徴のツール
  • コンテンツを視覚的に自由に操作可能
  • 500以上の外部サービスを埋め込めるカスタマイズ性

Notion(ノーション)はメモ機能を軸に、プロジェクト管理やスケジュール管理、タスク管理といったさまざまな使い方ができるサービスです。書きやすく読みやすいUIで、情報の集約や整理整頓に向いています。最大の特長はページ内にGoogle ドキュメントやスプレッドシートといった外部サービス500以上を埋め込める点です。あちこちで複数のアプリを開く必要はありません。複数のツールを併用するのではなく、1つのシステムにまとめた上でタスク管理を行いたい方におすすめです。

初期費用要問合せ
無料トライアルあり
導入企業NTT、サントリー、スマートニュースなど


関連記事:Notionの評判・口コミを紹介!ユーザーが実感した利便性やデメリットとは?

更新日:2023-01-18
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
更新日:2022-07-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
利用したお客様の口コミ
ビジネス20月 7128円~
ビジネス10月 3828円~
ビジネス5月 2178円~
大人数プラン要お問い合わせ
Stock(ストック)
株式会社Stock
Stock(ストック)
ビジネス20月 7128円~
ビジネス10月 3828円~
ビジネス5月 2178円~
大人数プラン要お問い合わせ
  • 他メンバーのタスクの進捗度合いが確認できる
  • プロジェクトやタスク単位でメッセージのやり取りが可能
  • 取引先やクライアントの招待が完全無料かつ無制限

Stock(ストック)は「チームの情報ストック」を手助けするツールです。プロジェクトを画像や動画、エクセルなどの資料と一緒に管理できます。タスクやメッセージはプロジェクトに紐づけて管理できるので、業務の内容や進捗度合の把握、過去の振り返りがしやすいです。各プロジェクトごとにやり取りが行われ、さまざまな話題が入り混じることはありません。情報の錯綜を防げて、ほしい情報をすぐに見つけ出せます。

初期費用0円
無料トライアルあり
導入企業シタシオンジャパン、栃木SC、ニューズベースなど
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Trello(トレロ)
Trello(トレロ)
アトラシアン株式会社
FREEユーザ/月 0円~
PREMIUMユーザ/月 1100円~
STANDARDユーザ/月 550円~
ENTERPRISE要お問い合わせ
Trello(トレロ)
アトラシアン株式会社
Trello(トレロ)
FREEユーザ/月 0円~
PREMIUMユーザ/月 1100円~
STANDARDユーザ/月 550円~
ENTERPRISE要お問い合わせ

  • カード単位でタスク管理ができる
  • 通知やリストの移動を自動化できる
  • タスクの進行状況が一目でわかるボード


世界中の企業に導入されているタスク管理ツールです。カード単位のカンバン形式でタスクを整理できます。カードにはタスクの内容や期限のほかにファイルやコメントの添付もでき、カードを見るだけでタスクの全容の把握が可能です。


カードはすべてボードに集約され、自分やチームメンバーのタスクの進行状況が一目でわかります。何をするべきかすぐに把握できるので、すぐに作業に取り掛かれて効率的です。


AIにより締め切りが近いタスクの通知の送信やタスクのリスト移動など、単純な仕事を自動化できます。作業にかかっていた無駄な時間をなくせ、本来の業務に集中することが可能です。


初期費用要問合せ
無料トライアル
あり
導入企業グーグル、コストコ、スクエアスペースなど
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Free月 0円~
Professionalユーザ/月 1078円~
Businessユーザ/月 2728円~
Enterprise要お問い合わせ
Pinnacle要お問い合わせ
Wrike(ライク)
Wrike Japan
Wrike(ライク)
Free月 0円~
Professionalユーザ/月 1078円~
Businessユーザ/月 2728円~
Enterprise要お問い合わせ
Pinnacle要お問い合わせ
  • 優先度の高いタスクを見落とさない
  • 柔軟性が高くあらゆる業務に対応可能
  • 部門を超えた情報共有を簡単にできる

優先度順でタスクの並び替えができ、重要な課題を見落とさず管理できます。優先順位の入れ替えも簡単にできるため便利です。ワークフローの作成やダッシュボード設定など、さまざまな機能を柔軟にカスタマイズでき、業種を選ばず利用できます。部署をまたいでタスクを共有したりコメントを付与したりできるため、多くの部署が関わるプロジェクトでも情報伝達が容易です。


初期費用要問合せ
無料トライアルあり
導入実績20,000社以上
導入企業
シーメンス、へんげ、メタウォーターなど
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • オープンソースかつクラウド型のタスク管理ツール
  • 各タスク、誰が何を行うのかが明確にわかる
  • ガントチャートでタスクとスケジュールを確認できる

My Redmine(マイレッドマイン)はやるべきタスクを記録・管理したり、チーム内で共有したりできるオープンソースのタスク管理システムのクラウド版です。タスクをチケットとして管理する仕様で、チケットには業務内容、担当者、期日などを設定できます。そのため誰が何の業務を担当しているのかを手軽に把握可能です。

チケットに登録されたタスクはガントチャート上だけでなく、カレンダー上にも表示します。オープンソースのクラウド型サービスのため、ソースコードといったITに関する知見がある程度あって、タスク管理ツールを探している方におすすめです。


初期費用要問合せ
無料トライアル
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

  • 内容、期限、担当者が一目で把握できる
  • タスク終了をメールで通知してくれる
  • 30日間の無料トライアル期間で機能を試せる


シンプルな画面でタスクの内容や期限、担当者を一目で把握可能です。自分のTODOリストとして利用できるほか、チームメンバーの進捗状況の確認など、さまざまな使い方ができます。


タスクに直接コメントができるため、やりとりをひとつに集約できて便利です。タスクが新規作成されたときやコメントがついたとき、完了したときにシステム内とメール両方に通知が届きます。システムを開いていないときでもすぐに気づくことが可能です。


30日間のトライアル期間が設けられており、利用してから導入できます。トライアルが終わるまで支払い情報を入力する必要がないため安心です。


初期費用0円
無料トライアル30日間
導入企業富士通、ソフトバンク、ヤマト運輸など
更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Basic月 0円~
Premiumユーザ/月 1200円~
Businessユーザ/月 2700円~
Asana(アサナ)
Asana Japan株式会社
Asana(アサナ)
Basic月 0円~
Premiumユーザ/月 1200円~
Businessユーザ/月 2700円~

  • タスク間の関連や優先度が一目でわかる
  • タスクの割り当てや期限の設定を自動化
  • 200を超えるツールとの連携が可能


TODOリスト上では、自分のやるべき仕事のみならず、関連するタスクや優先度が一目でわかるようになっています。優先順位やタスクが及ぼす影響がすぐにわかり便利です。


タスクの割り当てや期限の設定など、単純な作業を自動化できます。わずらわしい業務が少なくなり、本来するべき仕事に注力できるため効率的です。


Microsoft TeamsやGoogleドライブ、Zoomなど、200以上のツールとの連携ができます。既に扱っているシステムとともに使うことで、ファイルの共有やタスク関連のコミュニケーションが容易になり、ツールをさらに効果的に使えるでしょう。


初期費用要問合せ
無料トライアル30日間
導入実績100,000社以上
導入企業資生堂、三菱地所、ANAなど
更新日:2022-11-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
フリー月 0円~
ビジネスユーザ/月 1650円~
プレミアムユーザ/月 880円~
エンタープライズ要お問い合わせ
Taskworld(タスクワールド)
フリー月 0円~
ビジネスユーザ/月 1650円~
プレミアムユーザ/月 880円~
エンタープライズ要お問い合わせ

  • メンバーと共有しながらタスク管理できる
  • タスク内でのファイルや知識の共有が容易
  • ルーティン化したタスクを設定できる


期限や内容などを付与したタスクを簡単に作成できます。作成したタスクはすぐにメンバーに共有されるので、チーム間で情報共有をスムーズにしたいときに便利です。それぞれの業務に直接ファイルを添付したりコメントしたりでき、情報を1つに集約できます。定期的に発生する仕事は繰り返しタスクとして設定することにより、設定した周期で自動で設定され効率的です。


初期費用要問合せ
無料トライアルあり
導入企業サイバーエージェント、パソナテック、ジックサックなど
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
FREE月 0円~
PERSONAL月 680円~
PROFESSIONAL月 850円~
TEAMS月 1100円~
Evernote(エバーノート)
エバーノート株式会社
Evernote(エバーノート)
FREE月 0円~
PERSONAL月 680円~
PROFESSIONAL月 850円~
TEAMS月 1100円~
  • 必要な情報をノート感覚でまとめられる
  • ノート内でタスク管理を行える
  • タスクの割り当てやアラートが容易

プロジェクトにおけるタスクに必要なファイルや情報すべてをシステム上のノートにまとめられます。ノート内でTODOリストの作成ができるため、仕事を漏らさず管理することが可能です。他の人へのタスクの割り当てや、期限が迫ったタスクのリマインドなど、便利な機能が多数搭載されています。

初期費用要問合せ
無料トライアル14日間


関連記事:Evernoteの使い方|基本機能と仕事・勉強・生活で使える8の活用術

更新日:2022-10-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
無料月 0円~
ビジネスユーザ/月 558円~
プロ月 338円~
Todoist(トゥードゥーイスト)
無料月 0円~
ビジネスユーザ/月 558円~
プロ月 338円~
  • 重要なタスクを強調させられるハイライト機能
  • カスタマイズでタスク画面を見やすくできる
  • マルチデバイス対応だからどこでも確認できる

タスク管理に特化したツールです。見やすく直感的に操作できる画面で、タスクの見落としややりこぼしを防げます。タスクを作成する際、優先度を段階評価で設定でき、重要なタスクはハイライトで強調されて便利です。タスク管理画面は柔軟なカスタマイズが可能なため、自分に使いやすいように設定できます。マルチデバイスに対応しており、ネット回線があればどこからでも確認が可能です。

初期費用要問合せ
無料トライアル30日間
導入実績100,000社以上
導入企業アマゾン、フェイスブック、ネットフリックスなど
更新日:2022-04-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • パソコンとスマホの両方で使えるシンプルなツール
  • カレンダーとの連携でタスク追加が簡単にできる
  • 同僚とのリスト共有ができて便利

Microsoft To Do(マイクロソフト トゥードゥー)はパソコンのデスクトップアプリとスマホアプリがあり、どちらからでもスムーズに使えるタスク管理ツールです。シンプルな画面で、操作方法が直感的にわかります。Outlookのカレンダーと連携すればカレンダーに登録した予定をそのままタスクとして登録できるため、再度入力する手間が省けて便利です。リストは他の人へ簡単に共有でき、チーム内で自分や他のメンバーのタスクを相互に確認できます。


初期費用0円
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Group Task(グループタスク)
Group Task(グループタスク)
ピーアールジャパン株式会社
フリー月 0円~
スタンダードユーザ/月 310円~
プレミアム月 8500円~
Group Task(グループタスク)
ピーアールジャパン株式会社
Group Task(グループタスク)
フリー月 0円~
スタンダードユーザ/月 310円~
プレミアム月 8500円~

  • 無料で使えるシンプルなツール
  • 自分のタスクに集中できる表示形式
  • リーダーはタスクの終了や変更ができる


期間無制限で無料で使えるタスク管理ツールです。余計な機能がなく使いやすいシンプルな操作画面で、導入後すぐに利用できます。ダッシュボードには自分のやることのみが表示されるため、作業者は集中力を削られません。マネージャーやチームリーダーに管理者権限を与えることで、メンバーのタスクの達成状況を確認できます。さらにタスクを終了させることや変更を加えることもでき、業務進行の促進が可能です。

更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Basic月 980円~
Enterprise要お問い合わせ
torio(トリオ)
アスニカ株式会社
torio(トリオ)
Basic月 980円~
Enterprise要お問い合わせ
  • エンジニアが機能を厳選した設計だから無駄がなく使いやすい
  • プロジェクト単位だけでなく各メンバーのタスクも確認できる
  • 期限の近いタスクをダッシュボード上でリマインド

Torio(トリオ)はエンジニアが本当にほしい機能だけを選んで、搭載した無駄のないタスク管理ツールです。シンプルな機能に優れたUIだから、職種や業種、ITに関する知識を問わず誰でも手軽に利用できます。またユーザーダッシュボードでプロジェクト単位だけでなく各メンバーのタスクも把握可能です。そのためどれほどやるべきタスクが残っているのか、誰がどのタスクを担当しているのか、どれほどタスクの進捗が進んでいるのかを素早く確認できます。

初期費用要問合せ
無料トライアル30日間
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
TeamHack(チームハック)
TeamHack(チームハック)
株式会社カタリストシステム
ビジネス月 1100円~
フリーランス月 1650円~
TeamHack(チームハック)
株式会社カタリストシステム
TeamHack(チームハック)
ビジネス月 1100円~
フリーランス月 1650円~
  • 各タスクにチャット機能があるからやり取りがしやすい
  • タスクの完成度合いがグラフで表示される
  • 複数プロジェクトはタブの切り替えで管理できる

TeamHack(チームハック)はタスク管理や情報共有などのツールを1つのシステム上に集約して、担当者の管理工数を減らすサービスです。わざわざ複数のツールを行ったり来たりする必要はありません。各タスクやプロジェクトのドキュメントにチャット機能が備わっているので、業務内容に関するやり取りや振り返りが簡単です。また各タスクがどれほど進んでいるのかがグラフで視覚的に表示されるので、達成度を一目で確認できます、

初期費用要問合せ
無料トライアルあり
更新日:2022-07-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • かんたんにチェックリストを作成できる業務可視化ツール
  • 複数人のチェック体制が必要な管理業務に最適
  • チェックする頻度や担当者のスケジュールも管理できる


Check Do!(チェックドゥ)はスマホで使えるチェックリストツールです。チェック項目は「チェック有無」以外にも、「良い・普通・悪い」といった評価を含めるなど、業務にあわせてカスタマイズできます。


チェックしたデータはCSVでダウンロード可能です。印刷専用の画面も用意されているので、そのまま資料として取り扱えますよ。


初期費用11,000 円
無料トライアル
要問合せ
更新日:2022-07-06
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

個人が無料で使えるタスク管理ツール



個人が無料で使えるタスク管理ツールの比較ポイントと選び方

個人向けのタスク管理ツールを選ぶ際は「豊富な機能を搭載しているか」というよりも「説明書を見なくても直感的に操作できるか」という操作のしやすさを見るのがおすすめです。


個人で利用する場合、多くの場合が情報共有をする必要がないため、タスク作成機能や日時指定機能などの基本的な機能があれば、機能数が豊富でなくても問題ないでしょう。


ただし、フリーランス等で「相手先の企業と情報を共有しやすい方がいい」などの事情がある場合、個人向けのタスク管理ツールではなく、チーム向けに開発されたものや外部連携ができてカスタマイズしやすいものの方が最適だといえます。


  • Todoist
こんな方におすすめ

すでに使っているツールが複数ある方

・見やすさを重視している方

・通信環境が不安定な場所で働くことが多い方


Todoistは、高いカスタマイズ性が特徴のツールです。カレンダーやメール、会議ツールなど、豊富な外部ツールと連携できます。既存のツールと連携することで、使いやすいようにカスタマイズできるので「すでに日常的に使用しているツールがある」という方におすすめです。


またタスクの進捗度合いを週次・月次単位でグラフ化できる機能があるため、タスクの進捗度合いや作業効率を可視化することができます。「使いやすさと同時に見やすさも重視している」という方にもぴったりです。


またオフラインで使用できるのもうれしい点です。「通信環境が不安定な場所で働くことが多い」という方に最適でしょう。


  • Microsoft To Do

こんな方におすすめ

Outlookメールをお使いの方

・リスト型の直感的に操作ができるツールをお探しの方

・複数のデバイスでタスク管理ツールを使いたい方


Microsoft To Doは、Microsoftアカウントを持っていれば誰でも無料で使えるタスク管理ツールです。Outlookとの連携ができるので、送られてきたメールとタスクを紐づけることで、メールを探す手間を省くことができます。普段Outlookで業務連絡をしている方にぴったりです。


また操作が簡単にできるのもうれしい点です。リスト型でタスクが管理できるようになっており、期限設定や通知設定なども簡単にできるようになっています。「直感的に操作できるツールを使いたい」と考えている方におすすめです。


加えてクラウド型なので、デスクトップやスマートフォンなど複数のデバイスで同期できる点も魅力の1つ。通勤や休憩で外出している際など、ふとした時に思いついたタスクを書き留めたりタスクを確認したりすることが可能ですよ。


  • Google Keep

こんな方におすすめ

・外出して業務をすることが多い方

・豊富な機能をお求めの方

・Googleアカウントをお持ちの方


Google Keepは、Googleアカウントを持つ方なら誰でも無料で使えるメモ型のタスク管理ツールです。思いついたタスクをその場でメモできるのが特徴で、タスクに関連する概要とともに留めておくことができます。外出して業務をすることが多い方におすすめです。


また豊富な機能が備わっているのもうれしい点。スマホで撮った画像データ・音声データを文字に変換してくれる機能や時間・場所でリマインダーできる機能など、便利な機能が多数搭載されています。「使い方の自由度が高いツールを探している」という方にもぴったりです。


加えてGoogleアカウントでかんたんに複数のデバイスに同期できます。Googleを普段から使用していて、複数のデバイスに同期して使いたいと考えている方にもうってつけですよ。

タスク管理ツール導入のメリット

タスクの抜け漏れがなくなる

どんな職種でもひとつの業務だけに集中できることは珍しく、マルチタスクで同時進行しなければいけないシーンは多いものです。


エクセルやチャットツールだけでの管理だと「期限設定ができない」「リアルタイムに進捗確認ができない」といったデメリットがあります。


タスク管理ツールでタスクの期限設定をしておけば、通知で抜け漏れをすることを防げますし、万が一抜け漏れしていたとしても、進捗状況がリアルタイムに反映されるため、リマインドもしやすいでしょう。


急な仕事が入っても対応しやすくなる

トラブルの発生などで急に仕事が降りてくることもあります。急な仕事に追われて、元々あるタスクをこなすのが難しくなってしまったことはありませんか?


タスク管理ツールを用いれば、視覚的に優先度を確認しながら急に舞い込んだ仕事の処理をすることができるので、元あったタスクとの調整もしやすくなります。


情報共有がしやすくフォローアップができるようになる

ひとつのタスク管理ツールをチームメンバー全員で使うことで、情報共有しやすくなる効果もあります。誰がどの業務をしているか明確になるため、業務の重複を避けることができ、フォローアップもしやすいでしょう。


客先常駐・テレワーク・モバイルワーク・サテライトオフィスなど多彩な働き方をする社員が多い企業とも相性がよく、離れた場所にいても業務状況をチェックできるため便利です。


なかにはファイル添付・チャット・メモなどの機能が搭載されているタスク管理ツールもあります。個人用タスクとチーム用タスクを切り替えながら管理していけば、より業務を効率化させやすくなります。


より生産的なタスクに時間を割くことができるようになる

タスクを可視化することで、いつどんな業務をすべきか優先順位をつけながら整理できるので、業務計画を立てやすくなります。


繁忙期から逆算して今やるべきことに着手しておいたり、時間を捻出して会議や新しいアイディア出しに時間を割いたりと、より生産的な仕事をしやすくなるでしょう。


「利益に直結する仕事にもっと時間を割きたい」「計画的にタスクを消化して効率的に仕事をしたい」という方にはうってつけのツールです。

タスク管理ツールの基本機能

タスクの進捗具合を視覚的に把握できる機能

  • タスクリスト作成機能

タスクリストを作成し、ToDoを可視化する機能です。メモ帳に羅列するような管理もできれば、カレンダーに落し込んで日付ごとに管理する方法もあり、自分にとって一番使いやすいデザインにできます。


ステータス変更で「14時以降に着手すること」など時間単位での管理もできるため、優先順位をつけながらタスクを管理できますよ。


ほかにも複数部署に所属している人が部署ごとのタスクリストを細分化してチェックすることもできるなど、タスク管理ツールならではの使い方も可能です。


  • ガントチャート機能

大規模プロジェクトにタスク管理ツールを導入し、ガントチャートとして活用する手法もあります。


ガントチャートとは横軸に時間を、縦軸にメンバーや作業内容を配置した管理表であり、工程・タスクごとの進捗状況を帯状に可視化するための機能です。あらかじめスケジューリングした予定を入れておけば現状と照らし合わせやすく、遅れやズレに気づいて軌道修正しやすくなるでしょう。


「誰がメイン担当者か」を付与する機能も搭載されているため、チームメンバー間の情報共有にも便利です。特定のメンバーに業務が集中しないよう配慮したいときにも役立つでしょう。


またタスクだけでなくプロジェクト全体を管理したい場合はプロジェクト管理ツールもおすすめです。


  • カンバン機能

「誰が」「いつ」「どのタスクを」の3点を書いたカンバンと呼ばれるカードを縦軸の列に並べて、タスクを視覚的に把握しやすくする機能です。


特徴は、縦軸の列を業務スタイルに合うようにアレンジができる点。例えば「未着手」「進行中」「完了」のステータスを作りカンバンを移動させると、タスクの進捗状況を一瞬で把握することができます。


チームメンバーが抱えているタスク数や全体のうちいくつのタスクを完了しているのかといった情報共有がしやすく、業務の重複や偏りに悩んでいる方にうってつけの機能です。


タスクの抜け漏れを防止できる機能

  • 開始・終了日時指定

タスクごとに開始・終了日時を付与し、スケジューリングする機能です。来週以降着手できるようになる業務なのか、今すぐ急ぎで始めなければいけない業務なのかの区別がつけやすくなるため、整理・整頓に役立ちます。


例えば「3日後に関連部署から情報が戻ってきているかチェックする」などメモとしての意味合いが高いタスクに日時指定を施すことで、今すべきでない業務が混在しても問題なく運用できることも利点だと言えるでしょう。


業務ごとの納期を設定することもでき、期限管理を徹底したいシーンで有効です。


  • 通知・アラート機能

設定した期限に合わせて、通知・アラートを出す機能です。ポップアップで表示するよう設定しておけば、パソコンを起動した瞬間に急ぎのタスクが表示されるため、抜け・漏れを防げます。


チームリーダーが全体の進行状況を可視化するためにも便利なほか、打ち合わせや来客対応など時間ごとに必須なタスクを登録して準備することにも使えるでしょう。


スマートフォンやタブレットとも同期しておけば、出先でアラートを受け取ることができて便利です。


情報共有しやすくする機能

  • ファイル共有機能

Word・Excel・PowerPointなど業務に必要なファイルを共有する機能です。特定のタスクに必要な資料を添付しておけば、情報の確認漏れを防ぎやすくなるでしょう。


複数の資料があっても共有フォルダ内を行ったり来たりする必要がなく、スムーズに業務を始められることもメリットです。なかには前回実施された会議の議事録を添付したり、別部署でおこなわれたオンラインミーティングの録画データを添付したりしながら使うケースもあります。


ノウハウやナレッジの蓄積としても役立ちますので、積極的に活用していきましょう。


  • メモ・コメント機能

タスクにメモやコメントを付与し、共有すべき情報・注意点を記載する機能です。一文程度のボリュームで運用されることが多く、わざわざドキュメントファイルに起こす程ではない小さな確認事項の共有に便利です。


後から編集・削除することもできるため、「急ぎで申し訳ないですが宜しくお願いします!」など気遣いを含めたコミュニケーションがしたいときにも使えるでしょう。


タスク管理ツールを使いながら同時並行でメール・電話・チャットツールによるコミュニケーションを取らずに済み、一元管理する効果も現れます。


  • チャット機能

チームメンバー間で気軽なコミュニケーションができるよう、チャット機能が搭載されています。「このタスク、今どこまで進んでいるの?」「明日お休みだと言っていたけれど、この仕事の担当変えようか?」など、細かなコミュニケーションをしたいときに活用できるでしょう。


タスク管理ツールとチャットツールを開いて見比べる必要がなく、こちらも複数ツールを一元管理するときに効果的です。


メモ・コメント機能は情報共有に、チャット機能は確認やコミュニケーションに使えば、情報が混在することを防げます。


  • マルチデバイス機能

スマホやパソコンなど、複数の端末で同じ情報を閲覧・編集できる機能です。マルチデバイス機能があると、どんな端末にも簡単に情報を同期できるため、出先で使う場合でもストレスフリーで使えます。


「営業等で出先でタスク管理ツールを使うことを想定している」「外出しているチームメンバーとリアルタイムで進捗管理できるようにしたい」という方におすすめです。

タスク管理ツールの運用を成功させるためのコツ

毎日タスク管理をする時間を取る

タスク管理ツールを導入しても、形骸化して誰にも使われないようになっては意味はありません。形骸化を防ぐためにも毎日タスク管理に集中できる時間を確保し、整理・整頓していくのがよいでしょう。


多くの企業で導入されているのは、朝礼・昼礼・終礼など1日の節目となるタイミングにおけるタスク管理です。


全員が一同に集まるシーンがなくとも、「業務を始めるタイミング」「業務時間が半分過ぎたタイミング」など組織ごとに設定して振り返ります。


タスク管理ツールの更新漏れを防ぐほか、都度進捗を確認する意味合いもありますので都度タスクの内容をチェックする習慣をつけることがポイントです。


タスクは細分化して登録する

タスク管理ツールに登録するタスクはなるべく細分化し、ゴールを明確にしていきましょう。やるべきことが一目で分かると着手しやすくなるため、ボトルネックを防ぐ意味でも効果的です。


例えば「次の会議に出す案を考える」など曖昧な表記をせず、「同業他社3社分の最新プレスリリースに目を通して共通項を探る」「マーケティング部の〇〇さんに相談してトレンドに関するヒントをもらう」など具体的な行動に落し込みます。


タスク管理が苦手な人でも円滑な進行をしやすくなりますので、ぜひ取り入れてみましょう。

平均2分!ミツモアでタスク管理ツールを相見積もり


タスク管理ツールは、業務のミスや抜け・漏れを防いで効率化したいときに欠かせません。社内情報共有のために活用している企業も多く、複数メンバーが同時に関わるプロジェクトなどでは必須のツールだと言えます。


まずは自社にあったタスク管理ツールを選定しましょう。そのためには同時に複数のツールについて相見積もりを取り、比較・検討することが重要です。コストはもちろん、目的の機能が搭載されているか、どんなツールと連携可能かなどを見比べつつ、参考にしてみましょう。


ミツモアなら平均2分で無料の相見積もりができます。事業形態、業種、従業員数、必要な機能などの質問に回答すると、自社に合ったテレビ会議システムが見つかります。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。