ミツモア

クラウド型ワークフローシステムおすすめ9選!特徴や価格で徹底比較

ぴったりのワークフローシステムをさがす

最終更新日: 2023年01月09日

スマホで外出先からの申請や承認ができるクラウド型のワークフローシステム。本記事では編集部が厳選したおすすめの9製品を徹底比較します。選び方のポイントや導入のメリットも紹介するので、ぜひ比較検討の参考にしてください。

クラウド型ワークフローシステムおすすめ9選

ジョブカンワークフロー Create!Webフロー コラボフロー 楽々WorkflowII X-point Cloud クラウドERP freee サイボウズ Office 承認TIME SmartDB
初期費用 0円 0円 要お問い合わせ 0円 0円 要お問い合わせ 0円 0円 要お問い合わせ
月額 300円/月~ 500円/1ユーザー~ 500円/月~ 要お問い合わせ 500円/1ユーザー~ 要お問い合わせ 500円/1ユーザー~ 3,000円/ 10ID~ 要お問い合わせ
無料トライアル 30日間 30日間 30日間 30日間 30日間
対象規模 中・小規模、大規模 中・小規模、大規模 中・小規模、大規模 中・小規模、大規模 中・小規模、大規模 中・小規模、大規模 中・小規模 中・小規模 大規模
モバイル対応

「ジョブカンワークフロー」あらゆる申請業務をペーパーレス化したい企業へ、約3分の1の時間で業務が完了!

公式ホームページ:ジョブカンワークフロー

「ジョブカンワークフロー」はあらゆる申請書に対応したワークフローを実現するシステムです。豊富な申請書テンプレートや、複雑なフローに対応可能な経路設定で、社内における申請業務を隅々までペーパーレス化してくれます。

申請書フォームの作成、および承認経路の設定はマウス操作でとにかく簡単。専門的な知識が無くてもスムーズに定着できる設計です。

また申請や承認はスマホからも行えて、外出先やリモートワーク中でも業務が滞りません。

申請・承認にかかる時間を約3分の1まで短縮してくれる(※1)ので、社内の意思決定を迅速化したい企業に打って付けの製品でしょう。

1分間の利用登録で30日間の無料トライアルができるので、自社に合っているか1度使って試してみるのもおすすめです。

初期費用 0円
月額 300円/月~
無料トライアル 30日間
対象規模 中・小規模、大規模
モバイル対応
主な機能 申請書テンプレート(50種以上)

申請時の入力補助

進捗ステータスの見える化

コメント機能

マウス操作での承認経路作成

条件付き申請経路の自動分岐

申請や承認のアラート通知

権限設定

外部サービス連携

※1 株式会社 DONUTS調べ(2023年1月現在)

「Create!Webフロー」馴染みある紙ベースの申請業務をなるべく変えたくない企業におすすめ

公式ホームページ:Create!Webフロー

「Create!Webフロー」は使い慣れた紙の申請書類を、システム上で再現できるワークフローシステムです。ExcelやWord、PDF形式の申請書を取り込んで、Web申請書フォームとしてそのまま継続運用できます。

申請者や承認者、管理者といった社員全員が使いやすい画面デザインで、迷いなく操作できるのも大きな特徴です。

また申請進捗のステータスを確認したり、過去の文書を検索機能で取り出せたりと、内部統制の強化にもつながります。

社員が使い慣れた紙のワークフローを踏襲しつつも、オンライン申請を取り入れて業務効率アップを実現したい企業におすすめです。

初期費用 0円
月額 500円/1ユーザー~
無料トライアル 30日間
対象規模 中・小規模、大規模
モバイル対応
主な機能 申請フォーム作成

Excel/Word/PDF申請書のwebフォーム化

申請時の入力補助

進捗ステータスの見える化

コメント機能

保管文書の検索

マウス操作での承認経路作成

条件付き申請経路の自動分岐

印影表示

権限設定

外部サービス連携

「コラボフロー」使い手を選ばないので属人化しにくい!専門知識なしで使えるワークフローシステム

公式ホームページ:コラボフロー

「コラボフロー」は専門知識要らずでワークフローを作成できるシステムです。申請経路はパズル感覚の組み合わせで簡単に設定できます。

さらにExcelにある既存の申請書をWeb申請書フォームに変換できるので、ソフトを使って申請書を新規作成する手間も発生しません。

システムに詳しい担当者がいなくても安心して導入できる点、担当者が変わった場合の引継ぎがしやすい点が魅力でしょう。

1人単位から契約可能で、スモールスタートにも打って付けです。30日間の無料お試しを活用しつつ、デジタル化の効果を試してみるのがおすすめですよ。

初期費用 要お問い合わせ
月額 500円/月~
無料トライアル 30日間
対象規模 中・小規模、大規模
モバイル対応
主な機能 申請フォーム作成

Excel申請書のwebフォーム化

コメント機能

保管文書の検索

条件付き申請経路の自動分岐

一括承認

印影表示

権限設定

外部サービス連携

「楽々WorkflowII」高性能かつ大規模対応のシステムを短期間で導入できる

公式ホームページ:楽々WorkflowII

「楽々WorkflowII」はブラウザ上のカンタンな初期設定のみで素早く運用開始できるワークフローシステムです。申請フォームのレイアウトはノーコードで視覚的に編集できます。

複数の部門にまたがる複雑な申請経路も簡単に作成できるうえ、細かなユーザー権限を付与できるので、大規模なワークフローにも打って付けです。

また外部サービスとの連携が豊富なため、稟議から人事や経理周りの申請まで、幅広い業務のワークフロー基盤として活躍してくれます。

高性能で大規模に対応できるワークフローを、短期間で構築したい企業におすすめのシステムでしょう。

初期費用 0円
月額 要お問い合わせ
無料トライアル
対象規模 中・小規模、大規模
モバイル対応
主な機能 申請フォーム作成

申請書テンプレート

Excel申請書のwebフォーム化

申請時の入力補助

申請や承認のメール通知

保管文書の検索

権限設定

外部サービス連携

「X-point Cloud」いつでもどこでもワンクリックで承認作業、社内の意思決定をスピーディーにする

公式ホームページ:X-point Cloud

「X-point Cloud」は紙感覚で扱えるワークフローが特徴のシステムです。承認や決済はPCやスマホから場所を問わずワンクリックで行えて、企業の意思決定が迅速化します。

導入時に特別な知識は必要ありません。申請書フォームは1,000種以上のサンプルから選んで作成できたり、マウス操作で承認ルートを設定できたりと簡単です。

「X-point Cloud」は数名から1,000名規模の企業まで、業種を問わず導入されています。国内シェアNo.1のため、安心感を持って導入に踏み切れるでしょう。

社内のペーパーレス化を進めて業務を効率化したい企業や、テレワークを促進したい企業におすすめの製品です。

初期費用 0円
月額 500円/1ユーザー~
無料トライアル
対象規模 中・小規模、大規模
モバイル対応
主な機能 申請フォーム作成

申請書のサンプル(1,000種以上)

申請時の入力補助

一括申請

コメント機能

印影機能

承認忘れ防止通知

保管文書の検索

権限設定

外部サービス連携

「クラウドERP freee」バックオフィス周りの申請をワークフローで効率化

公式ホームページ:クラウドERP freee

「クラウドERP freee」はワークフロー機能を搭載した、バックオフィス向けのシステムです。勤怠管理や給与計算、人事周りの手続きなどを、ワークフローと組み合わせてスムーズに進められます。

例えば経費申請なら、スマホで証憑を撮影して申請フォームを入力するだけで、外出先から手軽に申請が行えます。承認状況もスマホ上でいつでも確認できるので便利です。

申請に必要なデータの取り込みは、OCRスキャンをはじめ、乗換案内アプリや交通系ICカードとの連携があります。手入力の工程を省いてラクにミスなく申請できるのが利点です。

主にバックオフィス周りの申請をワークフロー化したい企業に持ってこいの製品でしょう。

初期費用 要お問い合わせ
月額 要お問い合わせ
無料トライアル
対象規模 中・小規模、大規模
モバイル対応
主な機能 申請書類の作成

請求書の作成

ワークフロー(稟議・汎用, 支払依頼)

勤怠管理

有休管理

給与計算

Web給与明細

入退社手続き

権限設定

「サイボウズ Office」情報共有およびワークフローをシステム化、リモートワークにピッタリの製品

公式ホームページ:サイボウズ Office

「サイボウズ Office」はワークフロー機能を搭載した、中小企業向けのグループウェアです。予定管理やファイル管理で社内の情報共有を活性化したり、ワークフロー機能で稟議決裁に掛かる期間を短縮したりと、幅広い業務を器用にこなします。

ワークフロー機能では稟議書、交通費申請、休暇申請などをペーパーレス化でき、PCやスマホで出張先からの決済が可能です。申請の進捗ステータスが一目でわかる画面デザインなので、申請書の紛失や業務の滞りを防げます。

また承認や差し戻しがあった際には通知してくれるため、対応忘れのリスクヘッジにもなるでしょう。

リモートワークが増えて、社内の情報共有を全体的にクラウド化したいと考えている企業におすすめしたい製品です。

初期費用 0円
月額 500円/1ユーザー~
無料トライアル 30日間
対象規模 中・小規模
モバイル対応
主な機能 申請フォーム作成

Excel申請書のwebフォーム化

進捗ステータスの見える化

コメント機能

保管文書の検索

文書のバージョン管理

スケジュール管理

掲示板

施設予約

タイムカード

プロジェクト管理

権限設定

外部サービス連携

関連記事:サイボウズ Officeの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

「承認TIME」1IDあたり300円の低価格、中小企業向けのワークフローシステム

公式ホームページ:承認TIME

「承認TIME」は中小企業向けに提供されているワークフローシステムです。月額は1IDあたり300円と低価格で、10ID単位で契約ができます。

申請書、稟議書、報告書といった社内文書を電子化でき、PCやスマホから申請および承認が可能です。自宅や外出先から場所に縛られずに業務を進められるので、出張やリモートワークが多い企業にピッタリでしょう。

また複数言語に対応しており、海外拠点を持つ企業や外国人従業員を抱える多国籍企業にもおすすめです。

複雑な初期設定は不要なため、早くて1週間で導入できます。30日間の無料トライアルですべての機能を使えるので、とりあえず試してみるというのもよいでしょう。

初期費用 0円
月額 3,000円/ 10ID (1IDあたり300円)~
無料トライアル 30日間
対象規模  中・小規模
モバイル対応
主な機能 申請フォーム作成

申請時の入力補助

申請書へのファイル添付

承認忘れ防止メール通知

保管文書の検索

権限設定

外部サービス連携

関連記事:承認TIMEの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

「SmartDB」複雑なワークフローも簡単に再現、大企業におすすめの高性能システム

公式ホームページ:SmartDB

「SmartDB」は大企業向けのワークフローシステムです。細やかな権限設定で重要な書類をセキュアに管理しつつ、オンライン承認で意思決定を迅速化してくれます。

複雑な承認経路を柔軟に実現できるのが大きな特徴です。複数部門を並行して承認ルートを作成したり、金額などによる分岐条件を設定したりと自由度の高さに強みがあります。

また文書の更新履歴の保管や厳重なアクセス制限など、文書を安全に扱う仕組みが整っている点で大企業でも安心です。

さらに高性能ながらも、ノーコードでワークフローを構築できる点も魅力的。エンジニアを介さず、それぞれの部門で社員自らが業務をシステム化できます。

システム部門に負担を掛けずに、複雑な業務要件に対応できるワークフローシステムを導入したい大企業におすすめの製品です。

初期費用 要お問い合わせ
月額 要お問い合わせ
無料トライアル
対象規模 大規模 (1,000名以上を想定)
モバイル対応
主な機能 申請フォーム作成

申請書テンプレート

Excel申請書のwebフォーム化

申請時の入力補助

保管文書の検索

権限設定

外部サービス連携

関連記事:Smart DBの評判・口コミを紹介!ノンプログラミングで現場に即したワークフローを構築できる

ミツモアでワークフローシステムを比較する

自社にピッタリのクラウド型ワークフローシステムの選び方

クラウド型ワークフローシステムを選ぶ際に気を付けるべき点を2点解説します。

自社の申請業務に合った機能が搭載されているか

理想のワークフローを実現するためにも、自社に必要な機能が揃っているか確認しましょう。

例えば現在運用している申請書類と同じフォーマットを使い続けたい場合、「Create!Webフロー」や「コラボフロー」など、ExcelやPDFの文書を取り込める製品がおすすめです。

また金額など条件によって承認者の振り分けを変えたいなら、「コラボフロー」など自動分岐のできる製品を選ぶとよいでしょう。

企業規模に合っているか

ワークフローシステムは製品の性能によっては、中小企業や大企業など運用しやすい企業規模が変わってきます。

大企業であれば分岐経路の設定を柔軟に行えたり、細かな権限設定で強固なセキュリティを実現できたりと高性能な製品がよいでしょう。

反対に中小企業の場合、多機能すぎても使わない機能が多く、使い心地と料金が見合わないと感じることがあるかもしれません。

自社に合った規模のワークフローシステムを導入すると使いやすく、無駄な費用も発生しないため事前に確認することをおすすめします。

ミツモアでワークフローシステムを比較する

クラウド型ワークフローシステムを導入するメリット

クラウド型ワークフローシステムを導入した際のメリットを3点紹介します。

スマホやPCからいつどこにいても申請業務ができる

クラウド型のワークフローシステムは、インターネット環境があればスマホ、PC、タブレットなどで申請や承認業務を進められます。出張の移動中など隙間時間に作業を進められ、効率アップにつながるのが最も大きな利点です。

外回りや出張の多い企業、リモートワークなど多様な働き方に対応したい企業は、とくに恩恵を得られるでしょう。

申請業務の適切な管理につながる

クラウド型のワークフローシステムを利用すると、申請の進捗状況をシステム上でこまめに確認できます。進捗を見える化することで承認漏れなどの滞りを防ぎつつ、社員の心理的ストレス減少にもつながるでしょう。

また申請時に入力補助が付いている製品が多いことから、記入漏れや記入ミスによる差し戻しも削減できます。適切な管理を効率的に行えるのは大きなメリットの1つです。

低コストかつスピーディーに導入できる

クラウド型のワークフローシステムは設備投資が不要なため、低コストかつスピーディーに導入できます。

スモールスタートでシステムを確実に定着させたい企業や、コストを抑えてワークフローを導入したい中小企業に嬉しいメリットです。

ミツモアでワークフローシステムを比較する

クラウド型ワークフローシステムを導入して申請業務を効率化しよう

クラウド型のワークフローシステムは、申請・承認業務をPCやスマホから行えるシステムです。

初期費用を抑えて短期間で導入できるのが主な特徴で、インターネットにアクセスできれば場所を問わず使えるため、さまざまな働き方に対応できます。

コストや使いやすさ、セキュリティ等を比較し、必要な機能が過不足なくそろった自社に合うシステムを導入しましょう。

ぴったりのワークフローシステム探しはミツモアで

ミツモアロゴ

ワークフローシステムは製品によって機能もさまざま。「どのソフトを選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。

そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりのワークフローシステムが見つかります。

ぴったりのワークフローシステムを最短1分で無料診断

従業員数や欲しい機能などの項目を画面上で選択するだけで、最適なワークフローシステムを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。

ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。実際にかかる金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。

診断結果は最大5製品!比較・検討で最適なソフトが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬソフトとの出会いもあるかもしれません。

ミツモアなら、あなたにぴったりのワークフローシステムがすぐに見つかります。

ミツモアでワークフローシステムを比較する